プロフィールPROFILE

石垣の海は恋人さんのプロフィール

住所
石垣市
出身
新宿区

自由文未設定

ブログタイトル
ナイチャーオジイの海日記
ブログURL
https://tokkuriyashi.blog.ss-blog.jp/
ブログ紹介文
石垣島での海との係わり合いのなかで、海で出会った色々な生き物の姿を、コメントを混ぜて紹介します。
更新頻度(1年)

167回 / 365日(平均3.2回/週)

ブログ村参加:2009/07/31

石垣の海は恋人さんのプロフィール
読者になる

石垣の海は恋人さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/08 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,145サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 50 10 50 0 30 10 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,929サイト
水中写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 221サイト
地域生活(街) 沖縄ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,812サイト
石垣(市)・石垣島情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 166サイト
今日 12/08 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 全参加数
総合ランキング(OUT) 29,719位 28,694位 33,874位 31,446位 36,636位 32,713位 35,426位 980,145サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 50 10 50 0 30 10 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 521位 477位 627位 546位 695位 581位 671位 32,929サイト
水中写真 3位 2位 4位 2位 6位 3位 6位 221サイト
地域生活(街) 沖縄ブログ 86位 87位 103位 101位 111位 96位 104位 2,812サイト
石垣(市)・石垣島情報 13位 15位 17位 17位 17位 15位 15位 166サイト
今日 12/08 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,145サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 50 10 50 0 30 10 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,929サイト
水中写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 221サイト
地域生活(街) 沖縄ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,812サイト
石垣(市)・石垣島情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 166サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、石垣の海は恋人さんの読者になりませんか?

ハンドル名
石垣の海は恋人さん
ブログタイトル
ナイチャーオジイの海日記
更新頻度
167回 / 365日(平均3.2回/週)
読者になる
ナイチャーオジイの海日記

石垣の海は恋人さんの新着記事

1件〜30件

  • 海のアイドル再演-183 「インターネットウミウシ」

    (2009.05.29掲載) 今日のアイドル再演ー182 「インターネットウミウシ」2009年5月頃(詳細不明) 石垣島 米原リーフ下 この名前、うまく付けたものだと感心しますウミウシは時々見かけますがいちいち名前を覚えていないのでとりあえず写真を撮っておきますあとで写真を見ながら図鑑などで名前を見つけるのも楽しみのひとつ これも後から図鑑を探しましたがどうも似ているようで似ていないインターネットで調べてやはりインターネットウミウシだとわかりましたインターネットでインターネットを・・・なんかうまくできた話です ポチっとお願いしますにほんブログ村

  • 海のアイドル再演-182 「クロユリハゼ」

    (2009.05.24掲載) 今日のアイドル再演ー182 「クロユリハゼ」2009年5月頃(詳細不明) 石垣島 米原リーフ下 イノー(礁池)の岩陰で幼魚の集団を見ることはあったが久しぶりに成魚に出会った ハゼの仲間にしては珍しくとても整った形色合いがまたとてもシックで私好みの魚の一つだ驚かさないようにそーっと近付き、写真を数カットそのあとじっくりと観察させてもらった ポチっとお願いしますにほんブログ村

  • 海のアイドル再演-181 「ナンヨウカイワリ」

    (2009.05.23掲載) 今日のアイドル再演ー181 「ナンヨウカイワリ」2009年5月頃(日時不詳) 石垣島 米原オトヒメ御殿   ポチっとお願いしますにほんブログ村

  • 海のアイドル再演-180 「アナモリチュウコシオリエビ」

    (2009.05.22掲載) 今日のアイドル再演ー180 「アナモリチュウコシオリエビ」2009年5月頃(日時不詳) 石垣島 米原ミノカサゴの根 ロボコンの愛称でお馴染みでハサミロボットコンテストではなくアニメキャラクターのロボコンですフフッ、そっくりですね、 それにしてもこの和名、長い!初めてこの名を知ったとき「チュウ「」ってなに?と思いましたどうやら大中小の中らしい穴を守る中型のコシオリエビということのようです中型といってもこれも結構小さい5mmくらいの穴に潜んでいるのでマクロレンズ越しに探します初めて見つけたときブルート(ポパイの恋敵=ロボコンよりもっと古い?)の毛むくじゃらの腕を思い起こさせるハサミ脚が印象的でした ポチっとお願いしますにほんブログ村

  • 海のアイドル再演-179 「ニセアカホシカクレエビ」

    (2009.05.21掲載) 今日のアイドル再演ー179 「ニセアカホシカクレエビ」2009年5月頃(日時不詳) 石垣島 米原オトヒメ御殿 ニセではない「アカホシカクレエビ「」というのもいますニセなのかニセでないのかややこしいところです図鑑の説明にある生息域からみると、石垣にいるのはニセの可能性大です 透明な身体で、これも老眼泣かせですがだいたい動き回っているのでなにか居るぞ・・くらいはわかりますところで、彼が乗っかっているこのベッドはなんでしょうイソギンチャクの一種でしょうか、よく見ておけばよかった・・・ ポチっとお願いしますにほんブログ村

  • 海のアイドル再演-178 「幼魚の集団」

    (2009.05.20掲載) 今日のアイドル再演ー178 「幼魚の集団」2009年5月頃(日時不詳) 石垣島 米原ミノカサゴの根 マイポイントのある日の情景です陸上が初夏を迎える頃水温が上がり始めると何種類もの幼魚たちがこの根を埋め尽くします 今年は水温が上がらずサンゴも産卵を見合わせているし幼魚達の集まり方もまだまだでしたこの根も幼魚たちにとって安心な場所かと言えばそうでもなく彼らを狙ってミノカサゴも集まってきますときにハタやウツボが居座っていたりカスミアジもウロウロうろつきます 砂地にポツントある小さな根ですが海の生き物たちの生きる様を観察することができる興味深い根なのです ポチっとお願いしますにほんブログ村

  • 海のアイドル再演-177 「シマキンチャクフグ?」

    (2009.05.19掲載) 今日のアイドル再演ー177 「シマキンチャクフグ」2009年頃(日時不詳) 石垣島 米原オトヒメ御殿辺り またまたパッチリ目の幼魚ですそっくりな魚がいるということでよく話題になります実のところこの写真もそっくりさんの「ノコギリハギ」(カワハギの仲間)かもしれません フグなのかカワハギなのか背中の第一背鰭で区別できるのですがこの写真ではよく見えませんハギの仲間を英名でトリガーフィッシュと言います第一背鰭を銃の引き金(トリガー)に見立てたそう銃を持っているのに毒のあるフグに擬態しているそこまでしなくても・・・なんていうのは人間の勝手な言い分かな? ポチっとお願いしますにほんブログ村

  • 海のアイドル再演-176 「サンゴのお花お畑?」

    (2009.05.18日掲載) 今日のアイドル再演ー176「サンゴのお花畑?」2009年5月(日時不詳) 石垣島 米原オトヒメ御殿辺り マクロで覗いたサンゴをもう一つまるでビロードの畝に埋もれた小さな花々のようですサンゴの種類を確かめようと図鑑を捲りましたがこれが難しいハマサンゴでもないしコモンサンゴの仲間かもしれません マクロで覗くのもいいが種類を見極めるには全体像も押さえておかないとこういうことになるという教訓です ポチっとお願いしますにほんブログ村

  • 海のアイドル再演-175 「トゲサンゴのポリプ」

    (2009.05.17掲載) 今日のアイドル再演ー175 「トゲサンゴのポリプ」2009年5月頃(日時不詳) 石垣島 米原オトヒメ御殿辺り またまたマクロレンズを携えて普段意識しない部分を覗きますワイドで撮ることが多いサンゴマクロで覗くとまた違った感動を見ることができます 整然と並んだポリプその色・形が自然界の神秘を物語っています ポチっとお願いしますにほんブログ村

  • 海のアイドル再演-174 「ハナミノカサゴの角」

    (2009.05.17掲載) 今日のアイドル再演ー174 「ハナミノカサゴの角」2009.05(日時不詳) 石垣島 米原ミノカサゴの根 前にもありましたように、マクロレンズでの被写体探しに行き詰ったときにちょっとしたジャレ心で撮ったハナミノカサゴの眼上皮弁のアップですちょうど岩穴を覗いたとき、逆に向こうからなにかが覗いている全体が見えなかったのでこれは一体なんの角? やがて眼が現れミノカサゴの角と判明戦国時代の兜飾りか、戦場で兵士が背に立てている旗を思わせるヒラヒラ他にも色々なものを想像させてくれます ポチっとお願いしますにほんブログ村

  • 海のアイドル再演-173 「ロクセンヤッコ」

    (2009.04.16掲載) 今日のアイドル再演ー173 「ロクセンヤッコ」2009年4月頃(詳細不明) 石垣島 米原リーフ下 この日はマクロ狙いのレンズをつけてのダイビングでしたいつものコースでお馴染みさんを一通り巡った後さてそろそろ帰ろうかと浮上ポイントの駆け上がり下に来たときこの子がいました 以前どこかの海で見たときにはカップルでしかも遠目でしか見ることはできませんでしたが今回は単独で近寄っても逃げないのです一匹でなぜか寂しげで、連れ合いとはぐれ途方に暮れた様子そっとしておいてあげたかったのですがこれとないチャンスとカメラを向けましたマクロレンズで近寄って撮ったのでこのように撮れましたこれはこれで、うろこ模様まではっきり撮れて意外な美しさに感激した一枚です ポチっとお願いしますにほんブログ村

  • 海のアイドル再演-172 「バブルコーラルシュリンプ」

    (2009.04.19掲載) 今日のアイドル再演ー172 「バブルコーラルシュリンプ」2009年4月頃(詳細不明) 石垣島 米原オトヒメ御殿 このエビ(一時アカヒゲとよばれていたこともあるようです)を探すには先ず宿主であるミズタマサンゴ(バブルコーラル)を探すことになりますミズタマサンゴを見つけてもこのエビが必ずいるとは限りませんいるとしてもサンゴの奥に隠れている場合もありますから目を凝らして探しますが、これが老眼にとっては難問題です小さいことに加えて体が透明なのでエビなのかゴミなのか区別がつきませんそこで活躍するのがマクロレンズでのファインダー覗き術ですこの固体は卵をはらんでいますここまではっきり見えるのはやはりマクロレンズの威力でしょう新しい命を育んで、この先もずーっと私たちの目を楽しませてくれることでしょう ポチっとお願いしますにほんブログ村

  • 海のアイドル再演-171 「カンザシヤドカリ」

    (2009.04.18掲載) 今日のアイドル再演ー171 「カンザシヤドカリ」2009年4月頃(詳細不明) 石垣島 米原オトヒメ御殿辺り 歳をとるとどうしても目に問題が生じてきます私もご他聞に漏れず老眼鏡のお世話になっていますが潜っていて困るのは、マクロな生物を探すのが難しくなるのです今ではダイビングショップへ行けばマスクに付ける老眼用のレンズもあるようですが近眼用と違って、付けたり外したりするのが煩わしくとりたてて欲しいとは思いません そこで私流の奥の手、よく見えないけれど何かいそうだと思ったらカメラのマクロレンズを通してライブビューで確認する方法ですこのカンザシヤドカリはマクロレンズ越しに探すほどではないですが意識して探さないと見逃してしまうほどの大きさですマクロで撮るとマラカスのようなかわいい目玉や巣穴の周りの色彩に海の生物の造形の不思議を感じます ..

  • 海のアイドル再演-170 「イロブダイ 幼魚」

    (2009.04.17掲載) 今日のアイドル再演ー170 「イロブダイ 幼魚」2009年4月頃?(詳細不明) 石垣島 米原オトヒメ御殿辺り イロブダイと書いて、はて成魚はどんな色・形をしていたかな?ということで図鑑を引っ張り出して調べてみました画像を見てああなるほど・・・、しかしあまり見たことがないような・・・要するに、成魚はどれも地味で変わり映えしないしほとんど注目していなかったからでしょう図鑑によると、このブダイは雄型・雌型・幼魚が全く違う体色を示す代表格の魚だそうですここでちょっと疑問・・・、雄型・雌型ということは雄でも雌型、雌でも雄型があるということなのでしょうかそれぞれを雄・雌と書き分けている図鑑もあるのですが果たしてどうなんでしょう、どなたか教えてください まあそれにしても幼魚はかわいいですね近付こうとすると尻尾をくるっと曲げて左右に振り返りながら逃げる格好が..

  • 海のアイドル再演-169 「カスリヘビギンポ」

    (2009.04.15 掲載) 今日のアイドル再演ー169 「カスリヘビギンポ」2009年4月?(詳細不明) 石垣島 米原リーフ下 この魚もただ見ただけでは地味な魚ですストロボを利かして写真に撮ると、どうですこの艶やかさ透明感のある体色にまるで色とりどりの宝石をちりばめたよう 特に意識しないで何気なく撮った魚がこのように変身した姿を見せてくれることがあるのですいつも見慣れている魚も、時には撮ってみるものだとそして写真の楽しみ方をも教えてくれた貴重な魚くんです ポチっとお願いしますにほんブログ村

  • 海のアイドル再演-168 「クレナイニセスズメ」

    (2009..04.14掲載) 今日のアイドル再演ー168 「クレナイニセスズメ」2009年4月?(詳細不明) 石垣島 米原リーフ下 海の中で魚を始めいろいろな生物を見るとき光を当てると当てないとで、まるっきり印象が変わることに驚きます昨日のオニハゼもそうですがこのクレナイニセスズメも光を当ててみて、改めて美しさに感動する魚の一つです 暗い岩陰にいることが多いので、紫がかった地味な魚にしか見えないのですがストロボを利かせて撮るとその鮮やかなパープルカラーに一目惚れですそして、アイシャドウを利かした視線に魅了されてしまいます光を当てて見てくれたあなたに感謝ヨ!と言っているみたい・・・ ポチっとお願いしますにほんブログ村

  • 海のアイドル再演-167 「オニハぜ」

    (2009.04.13掲載) 今日のアイドル再演ー167 「オニハぜ」2009年4月?(日時不詳) 石垣島 米原オトヒメ御殿辺り   -20メートルの砂底にテッポウエビと共生するハゼですハゼ好きのダイバーにはメジャーなハゼは数多くありますがこのオニハゼは、水中写真の雑誌などでもモデルになっているのは見た記憶がありません ハゼの中でもすごくマイナーで見向きもされないかわいそうなハゼなのです個体数もさほど多くは見かけません中には数が多くてどこでも見かけるのに相手にされないハゼもいますが・・・ 太陽光が遮られる水底では華やかな色が消えます特にオニハゼはラインではなくドットなので目立たないし他のハゼと見分けがつけにくいのかも知れませんでも、光を当ててみると灰色のドットが金色に輝くのですそしてどうです、この凛々しい立ち姿???私の好きなハゼの一つです ポチっとお願い..

  • 海のアイドル再演-166 「スザクサラサエビ」

    (2009.04.20掲載) 今日のアイドル再演ー166 「スザクサラサエビ」2009年4月頃(日時不詳) 石垣島 米原ミノカサゴの根 伊豆の海などでも良く見かけるサラサエビの仲間ですが琉球列島で見かけるものはこの種ですサラサエビに比べて縞の赤色が鮮やかで太くはっきり交差しています 珊瑚の根の窪みを覗くとぞろぞろいるので珍しくはないのですがこれもマクロで見ると多分にフォトジェニックな被写体です不思議な輝きの目、頭上に黄金の剣を頂いている姿は何度もシャッターを押させる魅力を持っています ポチっとお願いしますにほんブログ村

  • 海のアイドル再演-165 「モンハナシャコ」

    (2009.04.21掲載) 今日のアイドル再演ー166 「モンハナシャコ」2009年4月頃(詳細不明) 石垣島 米原リーフ下辺り これを見てのファーストインプレッションは戦国時代の派手好きな武将の鎧兜でした緑色のビラビラが鎧の鎖帷子(くさりかたびら)に見えたし洋風には、幕末に下田へ来航したペリー提督の軍服の肩章を連想してしまいましたまあどちらにしてもユニークな色・形の生き物です 寿司ネタになるシャコの仲間ですが彼らは強力な護身術の持ち主で、海で下手に捕まえようとすれば凄まじい猫パンチならぬシャコパンチを食らって痛い思いをすることになるそうです私はまだ経験がありません、見るだけにしておこうと思います ポチっとお願いしますにほんブログ村

  • 海のアイドル再演-164 「トラフシャコ」

    (前記事、公開の日時を間違えてしまいました、元に戻します) (2009.04.22掲載) 今日のアイドル再演ー164 「トラフシャコ」2004年4月(詳細不明) 石垣島 米原リーフ下辺り シャコのなかでも一番大きくなるシャコだそうですいろいろ調べてみると、このシャコは関西では超もてる存在のようですなぜかというと寿司ネタとしてではなく腹の部分にある縞模様が野球の阪神タイガースカラーだから、ということですでも私はその縞模様を見たことがありません海で見るときはいつもこのスタイルなのでお腹がどのようになっているのかわかりませんでした樽型の特徴ある眼をぐるぐる回すとミラーボールのようにも見えるのですよ ポチっとお願いしますにほんブログ村

  • 海のアイドル再演-163 「サラサゴンべ」

    (2009.04.23掲載) 今日のアイドル 「サラサゴンべ」2009年4月頃(詳細不明) 石垣島 米原オトヒメ御殿辺り サンゴの根にチョコンと乗っかっているかわいいやつゴンベ(考えてみたら変な種名ですね)の仲間でも一番の器量よしといってもいいでしょう 彼らも私たちに興味があるらしくちょこっと逃げては振り向いてこちらを伺う姿についカメラを向けてしまいますそれにしても、背びれの先のヒラヒラ、チアガールでもやりたいのでしょうか ポチっとお願いしますにほんブログ村

  • 海のアイドル再演-162 「タテジマキンチャクダイ」

    (2009.04.24掲載) 今日のアイドル再演ー162 「タテジマキンチャクダイ」 2009年4月?(詳細不明) 石垣島 米原リーフ下 魚には成魚と幼魚が全く姿かたちの違う種が多くありますがこのタテジマキンチャクダイはその代表格この話題には必ず顔を出すので言わばお馴染みさんですね成魚の姿は、紫と黄色のグラデーションと流れるような縞模様で派手さの中に優雅さを感じます 幼魚はまた、白を強調した渦巻き模様が可愛さを強調しています 成魚幼魚共に、見ごたえある魚の代表でもありますね。 ポチっとお願いしますにほんブログ村

  • 海のアイドル再演-161 「クビアカハゼのカップル」

    (2009.04.25 掲載) 今日のアイドル再演ー161 「クビアカハゼのカップル」2009年4月?(詳細不明) 石垣島 米原礁斜面下 -20mの砂地のコースを巡って帰る途中砂地からガレ場に変わるあたりで石の上に乗っているのをよく見かけますそしてもし見つけたらとりあえずレンズを向けるアイドルですでも慎重に寄らなければすぐに穴に引っ込むのでなかなか手強い相手でもありますこの仲の良さそうな二匹、左が雄で右が雌ですね、雄にはきれいな臀鰭が見えますそして雌はどうやら卵をはらんでいるようで、お腹がふっくらしているのが分ります ポチっとお願いしますにほんブログ村

  • 海のアイドル再演-160 「ハナゴイ」

    (2009.04.26 掲載) 今日のアイドル再演ー160 「ハナゴイ」2009年4月?(詳細不明) 石垣島 米原オトヒメ御殿 海ならず淡水の魚を思わせる名前ですがれっきとした海の魚海外ではクイーンの称号を持つ仲間もいる美しい魚です暗い水中では濃い紫色で地味な色合いですが雌を相手に鰭を広げてディスプレーする姿はクイーンそのものです ディスプレーするのは雄なのにクイーンはちょっとおかしいですねそれはそれとしてとにかくクイーンを連想させる優雅な姿は魅力たっぷりです ポチっとお願いしますにほんブログ村

  • 海のアイドル再演-159 「ミツボシクロスズメダイ 幼魚」

    (2009年4月27日掲載) 今日のアイドル再演ー159 「ミツボシクロスズメダイ 幼魚」2009年4月頃(日時不詳) 石垣島 米原オトヒメ御殿辺り 人も動物も幼いうちはなんとも可愛い姿形をしていますねこのミツボシクロスズメダイも大きくなるとズングリムックリなんともふてぶてしい姿で敵を蹴散らす憎たらしい奴・・・ ですが、子供のうちは大きな目をパチクリちょっとおどおどした泳ぎ方がなんとも言えず可愛いのですこれからいろいろな試練を経て生き抜いていかなければなりませんつい頑張れよっ・・と声を掛けたくなります ポチっとお願いしますにほんブログ村

  • 海のアイドル再演-158 「ヨスジフエダイの群れ」

    (2009.04.28掲載) 今日のアイドル再演ー158 「ヨスジフエダイの群れ」2009年4月?(詳細不明) 石垣島 米原リーフエッジ さんご礁の海では普通に見られる魚でサンゴのリーフエッジの岩場にほどよくまとまって漂うようにゆっくり泳いでいます同じ場所に留まっていることが多いようであちこちに「○○ヨスジの根」と呼ぶポイントがありますあるときコースを外れて新規のポイントを探しているとき私流「新ヨスジの根」を見つけましたそのときのワンカットがこれです群れている数はこれまでで一番多かったと思いますヨスジの顔顔顔、いったい何匹写っているでしょうかお暇なら数えてみてください ポチっとお願いしますにほんブログ村

  • 海のアイドル再演-157 「フタイロカエルウオ」

    (2009.04.29掲載) 今日のアイドル再演ー157 「フタイロカエルウオ」(2009年春?日時不詳) 石垣島 米原礁斜面 カエルウオの仲間はだいたいひょうきんな面構えとか大胆な色彩といったものが多いのですがその中でなんとも言えずエレガントさを漂わせています ちょこまか動き回ってなかなか撮りにくい相手ですがこのときは2匹が着かず離れず、岩の上で行ったり来たり縄張り争いかと思いましたがどうも喧嘩には見えないのです求愛中だったのかもしれませんちょうど2匹が向き合ったチャンスを撮りましたあなたは喧嘩?求愛?どちらだと思います? ポチっとお願いしますにほんブログ村

  • 海のアイドル再演-156 「ゴマモンガラ 幼魚」

    (2009.11.11掲載) 今日のアイドル再演ー156 「ゴマモンガラ 幼魚」(日時不詳) 石垣島 米原礁原 ゴマモンガラといえば名前を聞いただけでビビるダイバーが多いと思います実はこの子の親は知る人ぞ知る、凶暴な魚として有名なのですサンゴ礁の比較的浅い海域に縄張りを作ります水平方向だけではなく垂直方向にも近づくものに対して猛攻撃をするのです特に初夏の産卵時期に襲われることが多いようです マイポイントダイブの時も毎回のように礁原で姿を見ますが遠巻きに迂回しながら彼の動きを観察します今のところ危険を感じたことはありませんが注意するに越したことはありませんこの子もそんな凶暴な親になるのでしょう・・・信じたくない気持ちです ポチっとお願いしますにほんブログ村

  • 海のアイドル再演-155 「イッテンチョウチョウウオ」

    (2019.08.20 再々掲載) 今日のアイドル再演ー155 「イッテンチョウチョウウオ」2009.11.04頃(日時不詳) 石垣島 米原礁原 礁斜面のサンゴの周りをいつも仲良く2匹で泳いでいます2匹一緒といっても常に寄り添っている訳でなくそれぞれが相棒を意識しながら自由に行動するので2匹一緒のところを撮ろうとしてもフレームに収まるようには並んでくれません こちらを意識しない距離を保ちながらひたすら追いかけてチャンスを見計らいます動きながらの撮影なのでせっかくのチャンスでもぶれたりフォーカスが合わなかったりなかなか思うようには撮らせてくれないのです ポチっとお願いしますにほんブログ村

  • 海のアイドル再演-154 「ホウセキキントキ 幼魚」

    (2019-08-22 掲載) 今日のアイドル再演ー154 「ホウセキキントキ 幼魚」2009.11.4日頃(日時不詳) 石垣島 米原オトヒメ御殿   この写真を見て、さてこの魚は何だったかな?見たことあるような無いような・・・クルマダイという魚に似ているような気がするとりあえず図鑑で確かめてみるとな~んだ、そうだったのか~10月14日にアップした ホウセキキントキの幼魚でした あの不気味な目玉の魚も小さいうちはこんなに可愛くて無垢な瞳の持ち主だったのですね~ ポチっとお願いしますにほんブログ村

カテゴリー一覧
商用