住所
出身
ハンドル名
しろさん
ブログタイトル
「しろ」のディズニーシーに行った日だけ日記
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/massirosiro/
ブログ紹介文
おもに「東京ディズニーシー」に行った日だけ 綴られる日記風の文章です。
自由文
2004年3月から、ディズニーシーに行った時の記録と記憶のために日記を書き始めました。 私と夫は もう随分長い間一緒にいる夫婦です。 もちろん 毎日暮らしていれば嬉しいこと楽しいことばかりではありません。 考えなければならない深刻なことだっていっぱいあります。 でもここではそんなことは忘れて、TDRで過ごしたことだけを綴っていきます。
参加カテゴリ

その他趣味ブログ / ディズニーランド&シー

テーマパーク・遊園地

家族ブログ / 夫婦

更新頻度(1年)

30回 / 243日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2009/06/28

※ランキングに参加するとカテゴリ順位・ポイントが表示されます。

今日 06/26 06/25 06/24 06/23 06/22 06/21 全参加数

しろさんのブログ記事

  • こんなふうにいつも。

    我が家の記念日を祝うためにホテルミラコスタとディズニーシーで過ごした日から約三週間。 きょうは主に私の誕生日を祝うための「一日ディズニーシー」です。 ここ数年の私達は以前に比べると少々多忙になり 

  • きのうから続く一日。(その3)

    (…その2から続く) メディテレーニアンハーバーで本日二回めの「Tip-Topイースター」が終わろうとする頃、カフェポルトフィーノのピアッツァトポリーノ側にあるフォトロケーションではカメラマンさんによるフォ

  • きのうから続く一日。(その2)

    (…その1から続く) 朝のディズニーシーを見渡せる ホテルミラコスタ4階の部屋の窓辺に戻り着いたのは9:10頃でした。 ――このあとお部屋で朝ご飯食べてー そのあと10:30からは窓からショーをみ

  • きのうから続く一日。(その1)

    (一日目の日記より) 眠っている間に、私は夢の中で深夜のディズニーシーがたてるいろいろな音を聞いていたのかもしれません。 頭の中の奥深いところで パークの路面を洗い流すために撒かれた水がさらさらと

  • あたらしい明日も。(その5)

    (…その4からつづく) 本日宿泊するお部屋の様子を把握した後は 室内テレビ画面で明日の朝食ルームサービスの詳細を決めて注文を完了し、ディズニーシーのパークに再入園しました。 (朝食はスペチアーレルー

  • あたらしい明日も。(その4)

    (…その3から続く) ところで。 すっかり言い忘れていましたが、今回のディズニーシー&ホテルミラコスタで私達が宿泊するのは、公式サイト通りにいうと 「スペチアーレルーム&スイート、ポルトパラディーゾ

  • あたらしい明日も。(その3~ オチェーアノなど)

    (…その2から続く) ブロードウェイミュージックシアターから出た後は、いつのころからかこの時期のディズニーシー&ホテルミラコスタ滞在時の必須事項となっている「記念撮影」ポイントを求めて私達はウォータ

  • あたらしい明日も。(その2~ “Tip-Topイースター”)

    (…その1から続く) 今年のディズニーシーのイースターのショー「Tip-Topイースター」をパーク内鑑賞エリアで観るのは、私はこれが初めてです。 前回オチェーアノのテラスから観た時は、「見た目も賑やかだけ

  • あたらしい明日も。(その1)

    元号が新しくなるその日を控えて 世の中が少々浮足立っている大型連休の二日目。 今年も私達は早朝からディズニーシー、ホテルミラコスタを目指して東京ディズニーリゾートにやってきました。 もちろん目的は 

  • 春になったら芽吹くもの。(その2 ~オチェーアノ)

    (…その1から続く) “うさピヨ”讃歌 の余韻漂うディズニーシーのメディテレーニアンハーバーを見渡せるテラスからオチェーアノの店内に戻ったのは14:30くらいでした。 席に着くとすぐにキャストさんが

  • 春になったら芽吹くもの。(その1 ~“Tip-Topイースター”)

    今年から新しくなったというディズニーシーのイースターイベント。 メディテレーニアンハーバーで行われるショー鑑賞は引き続き一部エリアは抽選制となり、何やら新しい生き物の登場もあるとのことで パークファン

  • 待ちに待った。

    東京ディズニーシーのピクニックエリアの大島桜が咲きました。 ホテルミラコスタエントランスから見下ろせる 皆さんおなじみのあの場所の桜です。 17日の日曜日に立ち寄った時にはまだ一輪も咲いていなか

  • (自分用記録)

    ふと思いついて、ディズニーシーのパークエントランス・ノースにある「ピクニックエリア」の大島桜の開花状況を見に行きました。 (発作的に首都高速道路にのり、12:30舞浜到着→イクスピアリ駐車場→アンバ

  • 景色が変わっても。(~「オチェーアノ」)

    少し早い夫の誕生日のお祝いを 今年もホテルミラコスタ「オチェーアノ」でしてきました。 理由あって私は夫の誕生日を祝うのが大好きなので 毎年2月下旬は夫の「誕生日週間」として盛大にお祝いしてさしあげる

  • ガラスの箱の中から。(~「ベッラヴィスタ・ラウンジ」など)

    ずいぶん長いこと予約が取れずにいた土曜のベッラヴィスタ・ラウンジの席が思いがけず急に確保できたので、ディズニーシーを窓の向こうに見ながら昼食をとってきました。 久しぶりに正面から眺めた「ハーバーとプ

  • 年 明けて。(~オチェーアノ・ブッフェ)

    夫とふたり、2019年になって初めてホテルミラコスタのオチェーアノに出かけてきました。 私達としてはとても珍しいことに今日はブッフェの利用です。 予約時間はちょうどディズニーシーのパーク内でのニュー

  • (自分用記録)

    電車利用 東京ディズニーランド 8:30~20:45

  • とことんかわいいクリスマス。

    クリスマスシーズン最終週末の土曜日、東京ディズニーランドホテルのドリーマーズ・ラウンジで夫とふたりアフタヌーンティーを楽しんできました。 ドリーマーズ・ラウンジではこの11月1日利用分より ランチタ

  • (自分用記録)

    2人:車利用 東京ディズニーランドホテル 8:00~11:00

  • 瞳を閉じれば。(その2)

    (…その1から続く) ホテルミラコスタ&ディズニーシー滞在での最後の食事は、今回は「シルクロードガーデン」での昼食となりました。 PSをお願いしてあったのは13時台で、さらにランチコースを注文した

  • 瞳を閉じれば。(その1)

    (…前夜から続く) 目が覚めると 時刻は5:30でした。 ディズニーシーのパークに行くつもりはなくても開園風景だけは見たいから…と、私は目覚まし時計やアラームを7:20過ぎに鳴るようにセットしていた

  • 鐘の音 響く。(その5)

    (…その4から続く) 今夜の「カラー・オブ・クリスマス」は、夕方からディズニーシーに吹き始めた北西の風の影響を受け、さきほどのファンタズミック!に引き続き 強風バージョンでの開催となったようでした。

  • 鐘の音 響く。(その4)

    (…その3から続く) 今回のディズニーシー&ホテルミラコスタ。 予約をしていたのは 「ポルトパラディーゾサイド・スーペリアルーム・ピアッツァビュー」 のツインのお部屋です。 いわゆる、 ごく普通のピ

  • 鐘の音 響く。(その3)

    (…その2から続く) “イッツ・クリスマスタイム!” 終了後のディズニーシー、メディテレーニアンハーバーの凄まじい人ごみから抜け出して、私達が向かった先はアメリカンウォーターフロントのブロードウェイ方

  • 鐘の音 響く。(その2 ~“イッツ・クリスマスタイム!”)

    (…その1から続く) そして 11:30。 ワクワクしながらステージ真横の隅でこの時を待ち続けた私の耳に、まるで雪の結晶が小さく輝くようなきらきらとした音がきこえてきたかと思うと。 ショーの始まり

  • 鐘の音 響く。(その1)

    12月最初のあたたかな週末。 運よくホテル・ミラコスタに宿を確保することができて 私達は7か月ぶりにディズニーシーのパークを訪れることになりました。 「クリスマスシーズンのミラコスタ宿泊」に限って言

  • パークには最上級があふれてるらしい。(その2~“イッツ・クリスマスタイム!”)

    (…その1から続く) 今年の東京ディズニーシーのクリスマスのショー“イッツ・クリスマスタイム!”を一週間前にこのテラスから初めて観た時、私は メインテーマ曲「We Wish You the Merriest」がとても印象

  • パークには最上級があふれてるらしい。(その1)

    秋の三連休初日のオチェーアノへ出かけてきました。 ちょうど一週間前の先週の金曜日ひとりでお邪魔したお店へ 今日は夫とふたりでお出かけです。 JR舞浜に着いたのは12:00を少し過ぎた頃。 途中通

  • クリスマスソングの大洪水。~「オチェーアノ」と“イッツ・クリスマスタイム!”

    クリスマスイベントの始まっている舞浜に出かけて ディズニーシーのハーバーショー“イッツ・クリスマスタイム!”開催中の様子も少しだけ眺めてきました。 11:10 JRとリゾートラインを乗り継いでホテル

  • 秋らしく。(~オチェーアノ)

    「オチェーアノの鴨をもう一度食べたいなあ」と夫が言うので、再度出かけてきました。 予約取れるかしらん…?と思っていたのですが平日だからか金曜日ながらもなんとか取れて、ディズニーシーの“ザ・ヴィランズ・