searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
アハ!文学  ひらめき・ひかるの世界  https://ameblo.jp/cm15945411/

詩と哲学とひらめきで、人間を、人生を、鋭く斬新に描写したいと思います。

作家のたまごです。『心に残る人生訓』の企画進行中。 「実績より大切なもの。それは実力である。未知の未来さん談」。 是非ブログをご覧ください。 ・アメーバブログ、 ポーエム部門で14位、エッセイ部門で16位。 (4月8日現在。記事総数2000以上)

ひらめき・ひかる
フォロー
住所
御所市
出身
御所市
ブログ村参加

2009/04/09

1件〜100件

  • はじめよう

    ⬛美しく微笑みで怒りたいところをはじめよう違う 違う から昔は なにも なかったそれでも

  • できたものが

    ■できなくなったできたものが手を抜いていたらこの不自由を

  • 光を求める目

    ■目を 閉じる争いを 天に 返したいしかし 目は 光を求めすきあらば

  • 視界

    ■悪くなるのは目だけではなかった視界も である人生のゲームばかりと戯れていると

  • 予想不可能

    ⬛考え方へ考えたこと具合例との戯れ畏敬の念予想不可能たちへの警戒安易さ便利の罠

  • 幻の安定

    ⬛かれらはかれらの手でかれらの首をいつも 高い ところでいつも 一歩 ひいて見透かされては安定を 求めるが あまり

  • なるように

    ⬛楽だけど記憶はだれかが 用意してくれたうそまちがいむだどくがい悪いくすり武器不気味に 笑うんだ

  • かすかな記憶

    ⬛だれも頼んでいないアドバイスおおきな お世話にならぬよう頭を 働かす疑問を 取り戻すかすかな記憶の

  • 寄り添う

    ⬛意味泣くひとを 睨み付けるひとたちと 暮らす日常はストレスの逃げるじょうずにときには寄り添うだまって

  • 奥行き

    ⬛さがしている大切な目には みえない一緒に しないで叫んで みても輝くしか内面から奥行き 人間としての

  • マイナス

    ⬛ゼロいいところとか努力とかそしてマイナスはそのままマイナス全体をみる力

  • 氷の努力

    ⬛はやくおわれと願ったんだ嘆きも批判も愚痴願望自慢へと氷の努力

  • 息が

    ⬛しらけることに慣れてしまったこのぼくは息が笑顔に 隠れながら

  • 出会えていない

    ■あなたを必要としている人がいるあなたは出会えていないだからあなたは天に向かって問いかける「わたしは何のために生きているの?」

  • かいつまんで

    ⬛わからないしゃべりすぎたおおくをかいつまんで

  • 口笛

    ⬛去っていく口笛を ふきながらなんども 目が あっているのになにを まなぼっかなといいながら

  • 鋭利な孤独

    ⬛自由なのだろうしたがって 孤独で鋭利で営利とは ちがい

  • 感謝を忘れ

    ■シンプル永遠の瞑想?迷走?数値化病不幸感謝を忘れ

  • 待ち時間の長い病院のごとし

    ⬛期待は泣き崩れ成長は気を失う呆然と待ち時間の長い病院のごとし

  • 朝日は ガラガラ

    ■毎日赤ん坊が誕生するわたしという名の笑わせてくれる朝日は ガラガラ

  • 文字文字してばかり

    ⬛実験かよ生きられる幸せにものごとを深く 考えぬまま流されたり泣かされたり文字文字してばかり

  • 楽しむ むだを

    ⬛わからないさっぱりなにが いいたいのかこれも 特徴ある意味 平和の楽しむ むだを

  • 言葉は

    ■生きていく悲しみと殴り合い苦しみに抱きつかれながら息をするようにピアノを奏でるように言葉は生まれ

  • 個性豊かな常識人

    ■いつの時代にもどんな場所にもいたんだろう個性豊かな常識人

  • さまよう

    ⬛宇宙は広いその理由を本の中に探した

  • 試行錯誤

    ⬛背中を むけて力と質が美が たりない思考も試行錯誤

  • 宝石

    ⬛この世には文章など存在せず宝石しか

  • ふ~んだ

    ⬛答えはここに あるよ安いよ~ 安いよ~魅力的なことをいいだしたとしてもふ~んだ

  • ほほとほほを すりすり

    ⬛見えない目にはほんとうに 大切なしかし 信じてこれだけはいるよいるからいつだってそばにほほとほほを すりすり

  • どこまでも

    ⬛刺激と問いと重い腰など目先の損得好き嫌いどこまでも 大人で感じればいい

  • この十二分に

    ⬛目に見える世界ばかり少数意見の魅力に気づいてみるこの十二分に しらけたなにもない一見 なんでも ありそうでまた おまえかいまた おいらです

  • メリーゴーランド

    ⬛あたまは メリーゴーランドあるだろうないなんてなにがってほとばしる立派で なくていい立派で ないほうがいい

  • ⬛安住というなの目隠しおわってしまうただ おもしろいはい つぎの方の肩の上にどっしりと

  • あばれるホース

    ⬛無数の人間が 重なり意思のコントロールを 失いあたりは すっかり 水びたしあばれるホース みたい

  • ⬛賢い人間のつくったものなぜ 牙を美への あくなき

  • 感謝の行方

    ■感情的なときには無理だとしても冷静なときにはあるかないかそれだけの存在だった感謝の行方

  • もっと 話したい

    ⬛もう 離さないもっと 話したいなにを 知っているかではないなにを 知らないどんなに大切な本質を

  • 命に抱きつきながら

    ■正常な幸せのものさしで幸せをちゃんと感じとれるように命に抱きつきながら生きる

  • なにを失った

    ■じぶんをみつめじぶんをみがきじぶんをたかめ分厚いサイフはいうわたしを得るためにあなたはなにを失った文明にはノイズが天敵深く考え悩むものには

  • その差を わけるもの

    ⬛この世界は ほんものそれとも もっと ほかに原因不明のしびれその差を わけるもの

  • 微笑みの裏側で

    ⬛いかにして怒りを 飼うか微笑みの裏側で賢者は 環境が偉人は 運命が

  • 光輝く

    ⬛まだ 見ぬその先にある殴り愛盲目と気づきの頭で考えた理想心で感じた理想魂が叫ぶ理想100あってこその1光輝く

  • なにげない日常さえ

    ⬛忘れたはずの涙信じた未知かすれ声でなにげない日常さえ芸術にかえるひとたちが豊かさの

  • 心のすきま

    ⬛矛盾と美と幻想とみたされぬいたたまれず心のすきま生きるさらけ出しながら

  • わかりやすくなろうと

    ⬛喜怒哀楽七転八倒葛藤と衝動とそれから・・・成長していったあたまをおさえつけられながらわかりやすくなろうと

  • 取り残される

    ■文明だけが、進歩する。むかしの人だけが、いいことをいう。ぼくは、取り残される。

  • 悪夢との殴り合いの

    ■卒業なにからそっちじゃないどうでもいいことばかりほんとうに大切なそう 多くはない立ち止まることも許されぬ実は悪夢との殴り合いの

  • 手足を バタバタ

    ⬛ああ なった考えたからどうなる深く 考えたなら安易な浅はかな表面だけを氷山の手足を バタバタ

  • わたしのまわりだけは

    ⬛そのあとが つづかない完成満足自慢つめあといつも 真剣な鋭い眼光のここは まだたしかに 楽園わたしのまわりだけはつながっているリンク

  • 微妙な寿命

    ⬛のこるあたまに寿命そのものの微妙

  • 刺激の海

    ⬛くさりに つながれたどうも こうも聞きたくない 説明なんか怒りに ふるえなければならない世界にポツンと刺激の海○○には したくないのですふるえさせて あげてよ

  • やばいひとで

    ⬛風も ふかないほら ばかりほらねいまだに 争いいすから ずる~あしもと ぐら~やばいひとで いなさいこの こわれた感じの

  • つめあと

    ⬛だれでも できることをやるのだれも やらないことをやるの存在するということつめあと

  • 目が しょぼしょぼ

    ⬛宇宙のように地球のように大自然のようにだめかな美しくおおらかこまかすぎてなにもかも目が しょぼしょぼ

  • 点で 見ない

    ■自然体で 優しい計算して 優しいみわけよう点で 見ないそのひとをものごとも

  • このこわれた感じの

    ⬛適度に ふるえ適度に いかり適度に きずつく机上の砂上の棚のうえのこのこわれた感じの世界

  • 皆無に

    ■皆無に等しく。生きる人間など。まったく同じ経験をしながら。難しい。経験から、学ぶことは。 「経験が、すべてではない」ことを。

  • きゅうくつ

    ■常識は おりである世間体は 目隠しである前例は 口をふさぐハンカチである

  • 人間は 難しい

    ■誤解する誤解されるあなたは悪い人だれかにとってはわたしも悪い人だれかにとっては人間は 難しい

  • 暴風雨

    ⬛言葉だけは 知っているしかし 意味は よく わからないしかし 正解⬛じぶんを 嫌いな幼子は いないじぶんを 大好きな幼子も 自我の⬛問いだらけの暴風雨が宇宙…

  • 知りに 火を

    ⬛まるで 大切なことを気づかれると困ると いいたげに⬛じつに 多くの作品をそして やがておのれを 傷つけ⬛説明を はじめる熱量を知りに 火を

  • ひととしての魅力より

    ⬛多忙の質を見直そう⬛ひととしての魅力より便利で 快適⬛奇跡がいう出直すが いい多くを 語るもの⬛じぶんが 育たない目が 外に いきすぎて

  • 大切な一瞬

    ■一瞬一瞬の奇跡のつらなり立派な一本の未知ではなく人生は

  • きよらかな抵抗

    ⬛生かされて操られて流されてきよらかな抵抗笑いながら怒りながら

  • ここは・・・

    ⬛背中をむけてすねている本質は多忙だった見失うほどじぶん・・・ところでここは・・・

  • 深呼吸

    ⬛無に なること美しく ありたければなにも たさないなにも ひかない深呼吸

  • 点滅した信号

    ⬛ありすぎるいろんな影響は放置してはいけない理解不能になるくらい日々問われて耳には聴こえないくらい澄んだ声で点滅した信号を

  • 思い出という名の

    ■ときは流れくよくよしていても奇跡の人生はばかばかしくなる思い出という名の宝物

  • 自慢

    ■水不足を自慢するものがいないように涙がこぼれないことを

  • 嗅覚

    ⬛違う 違ういって くれないだれもおとなに なるということはじぶんの足だけがじぶんの嗅覚だけが

  • 手がすべちゃった

    ⬛あらされる?技術だけを有した深く考えず哲学を持たず盲目の手がすべっちゃったとかいいながら

  • 事実への配慮

    ■嘆くためでもなく批判するためでもない考えるために事実とはつぎの事実を良質のものに審査員にはならないまだそんな年齢では

  • 泣いている

    ⬛崩れゆく砂上の不平不満ばかりをじぶんが どれだけ 恵まれてあなたさまがでるまでも ございませんとすぐに 枯れちまういけない つぎに泣いているなぜ 聴こえない…

  • 架け橋

    ⬛事実は 事実として理想は 理想として努力の架け橋嘆きも批判も祈りも解説もつぎの獲物を 待つことも

  • 思い出の場所のように

    ⬛答えのない問いにチャレンジ大量に仕入れた答えがわれわれを 弱虫に思い出の場所のように哲学は平和は 遊び時間では泣く全体を見る力

  • ま~だだよ

    ⬛押し寄せる波のごとしがんばるほめられるまでそして いうんだわたしなんて まだまだ ま~だだよ導かれおかしな方向へと深い思考の海にあたまから 飛び込む

  • まったく異質の現実

    ■同じ欲望を有していても目の前にある道具の違いによりまったく異質の現実演者と化し

  • 嵐の前の

    ⬛にらみつけたかと思えば目を そらす嵐の前のいやな漢字なにを 欠いている大切な使命感を 見失った立派と 一流と哲学が死んだふりを

  • 気を 失ってみる

    ⬛けせない過去の あやまちはしかし未来は かえられる気を 失ってみる薄目で

  • どんどん 美しくなる

    ■美しいものに囲まれて どんどん 美しくなる 受け身過ぎると・・・ときには

  • ■自分が自分自身の敵になることさえ憂うべき問題含みの現実を直視しない人生は知識を情報をほとんど絡めない思考とは

  • こんどは どこへ

    ■よその家に行き自分の家の常識が非常識だと知るよその国へ行き自分の国の常識が非常識だと知るこんどは どこへ いこう

  • 虚しき理解

    ■「人間を理解した」という自信が大嫌いにする生きている人間を

  • 幻の会話

    ⬛変化変質その都度新鮮臨機応変360度のどこからなと生きているからこそつかみどころが幻の会話また おまえさんかいまた おいらです

  • うちに 秘めたる

    ⬛職人は 寡黙職人は 背中で 語る洗練するまえに宣伝うちに 秘めたる

  • 人間 と ある人間

    ⬛あらゆる可能性を 秘めたいいこともわるいことも原因理由プロセスいま 目の前にいるそのひとに なるまでの立場環境見たいから目には 見えぬとっても 大切な知りた…

  • 熱量

    ⬛深く 考えなさいさもなくばこの人工世界にらみつけながら薄っぺらな表面だけ氷山のかたちばかりただただ 時間だけがこの かたよった安易さが熱量の

  • 内面

    ⬛エンジンのない新車を乗り回すなにを 持っている内面にあれが 精一杯だとはいわせないきょとんとしたりぶぜんとしたり

  • 発見

    ⬛どれだけ 恵まれているのかを発見できた あなたは輝く なにもなくてもなにもないから こどもたちなにを 得るなにを 失う進歩ときおり いわれるじっと していれ…

  • 宝庫

    ⬛ひととしての魅力さえも深い思考の表現方法としての金があっても 死ぬ金がなくても 生き残るぎこちない動きの生命体やれば できるじゃんの宝庫熟れないものを売る

  • しびれた足

    ⬛おておすわりまて手なずける予測不可能なものたちしびれた足を

  • うすうす

    ⬛懺悔の慚愧におどろおどろしい詰め込み式教育のこの不誠実不自然うすうすは

  • シンプル

    ⬛なにも たさないなにも ひかないシンプルなものをシンプルに保ち続けることの・・・使いたくなる知れば 知るほどにデモね結局は 薬局で究極の

  • 良質のがめつさ

    ⬛もう こどもではプライドがふと われに良質のがめつさよかも~ん

  • 叱って ほしかった

    ⬛ペラペラにスライスされた価値観の叱って ほしかった良書のように顔色ばかりなんとも 

  • ひとすじの

    ⬛生きているの生きているからこそ息遣い行き詰まり苦悩の逃げ出したこともその繰り返しのなかでひとすじの

  • 一生 案外 なにも

    ⬛二度と失敗いたしませんといいながらえんえんとたおれるぞ~わあ~の楽園知らないのに知っていると一生 案外 なにも知らないといっておけば よかった

  • 驚愕

    ⬛常識には あるの消費期限静かな臓器のごとく本質は知恵は ちぇっ舌打ちを させたなら右に 出るものは最高は いつだって再考だったという 驚愕の

  • 背景

    ⬛答えなど ない宇宙へ いけば健全な弱虫に熱量の有無なにを 生むつまらなさの背景を

  • おいた

    ⬛がむしゃらに 書き続けていれば字は きれいになっていくのきれいな生花きれいな造花きれいではいられぬなまみのいきもの気づくのならもってのほか熱量つきささるなま…

ブログリーダー」を活用して、ひらめき・ひかるさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ひらめき・ひかるさん
ブログタイトル
アハ!文学  ひらめき・ひかるの世界 
フォロー
アハ!文学  ひらめき・ひかるの世界 

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用