searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

YOSHIさんのプロフィール

住所
江南市
出身
江南市

個人的な武道武術の練習の記録です。コツやポイントを日記代わりにメモしてます。また格闘技関係の本やビデオの感想を書いています。

ブログタイトル
YOSHIの武道武術日記
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/yoshi0381/
ブログ紹介文
個人的な武道武術の練習の記録です。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2009/03/31

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、YOSHIさんの読者になりませんか?

ハンドル名
YOSHIさん
ブログタイトル
YOSHIの武道武術日記
更新頻度
集計中
読者になる
YOSHIの武道武術日記

YOSHIさんの新着記事

1件〜30件

  • 5月20日(日)長拳・八極拳教室「陳式太極剣(4)」

    陳式太極剣1.剣を右腰までらせん状に下ろす。掌は上。  左手も右腰前でそろえる。掌は下。2.右斜め下に激しく突き出す。掌は上。  左手は耳の横。3.腰を左にひねり、左足を踵から左(西)側に下ろす。  剣を右腰前にに構える。掌は上。  左手も右腰前で構える

  • 5月13日(日)長拳・八極拳教室「陳式太極剣(3)」

    今日は長拳、棍術(初級、甲組規定)の後に陳式太極剣を重点的に行った。<ポイント> 腰誘導 腰から動かし、腰の動きで手足を引っ張る。 緩急をつける 勢いをつけた後にゆるめる起式の3つポイント(1)激しい動作から緩める動作への連携  震脚と発頸・・・起式その

  • 5月6日(日)長拳・八極拳教室「陳式太極剣(2)」

    5月6日(日)陳式太極剣棍の復習も行ったが、体を180転身するときに胸に棍を乗せずに脇に入れて回してしまう。槍では脇にいれることが多いが、棍棒では胸に載せて転身することが多いので使い分けなければ・・・<陳式太極剣>起式の続き・・・11.右足を右側に出しながら

  • カンフー映画紹介「ザ・ワン」形意拳

    「少林寺」のジェット・リー主演のSF?アクションです。ストーリーはSFなので好みがわかれるので、それはさておき・・・。アクションシーンにはめずらしく形意拳が使われています。それもジェット・リーVSジェット・リーです。正義と悪のジェット・リーの対決です。前半の形

  • 5月6日(日)長拳・八極拳教室「太極扇」

    1.独立歩となりながら、右手を右側に開き扇子を閉じる。左手は耳の横。2.左足の踵を左斜め前に下ろし左弓歩になりながら、下から斬り上げる。左手は手首に添える。3.そのまま体重を右足に移し左虚歩になりながら、左掌は前方(左斜め前)に立てて押し出す。  扇子は

  • 4月29日(日)長拳八極拳教室 前半「太極扇」

    扇子の基本練習。肘を伸ばしたまま、いろいろな方向から扇子を開いたり、閉じたりする。套路 ※基本技法は太極拳1.足を肩幅開く。※扇子は、右手で持ち手の逆側を持つ。2.両手を肩の高さまで上げる。掌は下。3.両手を腰まで下ろす。掌は下。4.右足に体重を乗せつつ

  • 4月29日(日)長拳八極拳教室 後半「陳式太極剣(1)」

    陳式太極剣の起式の部分を教わった。劉先生の教える陳式は、足を開かずに起式が始まる套路がある。この剣も、起式は足を開かず始まる。陳式の特徴である纏絲勁(てんしけい)と震脚(しんきゃく)、そして激しい動きが数多く入る套路である。<陳式太極剣>1.右手は、右斜

  • 扇が始まる

    せっかく復活したが、仕事が忙しくて3月末から4月初めの稽古が行けずじまい。久々に稽古に参加すると、扇子の套路の練習が始まっていた。扇子は、以前少し練習をしたが、開くのも閉じるのも、なかなか難儀した。久しぶりに行ったが、やはり開くのも閉じるのも難しい。まだ

  • 3月4日(日)九節鞭

     練習の空き時間に九節鞭の練習をしていると、劉先生が九節鞭の技を披露してくれた。力強く非常に迫力のある技は、さすがであった。劉先生は、九節鞭についても中国で『梅花鞭』を武術雑誌に載せている。 九節鞭は、昔は旅人の護身の武器としてよく使われたきた。日本に来

  • 劉方同老師と蔡龍雲老師 2月18日

    復活して2回目の稽古。長拳や羅漢十八手、少林連環拳などの徒手と棍術を行う。羅漢十八手や少林連環拳など、所々忘れている・・・。稽古の合間に劉方同老師から、昔の写真とともに先生の恩師である蔡龍雲老師の話をうかがった。蔡龍雲老師は、今お亡くなりになったが、華拳の

  • カンフー映画紹介「燃えよ、マッハ拳!」蔡李佛拳

    日本ではマイナーだが、世界的に最も普及してい中国武術の一つ蔡李佛拳。小学校の頃、初めて買った中国武術の本に蔡李佛拳が載っていた。南派少林に属し、豪快な技が多いと記憶している。タイに渡りムエタイ戦士を破った唯一の武術であり、ブルース・リーが「大勢の敵と戦う

  • 2年以上ぶりに復活(2月11日)

    2年半ぶりに劉方同老師のもとに顔を出す。日曜夜の長拳や八極拳の教室である。準備運動で筋トレが追加されていた。なまった体には筋トレがハード・・・。前半で疲れピークに。今は棍術を行っていた。棍棒は家で練習し続けていたので、何とかついていけた。これから技や感覚と

  • 7月から「八極拳大架」「少林梅花刀」開講

    劉方同先生の「八極大架」と「少林梅花刀」の教室が新たに7月から開講する。「八極拳」は、中国武術ブームの火付け役になった少年漫画『拳児』や格闘ゲーム「バーチャファイター」で有名になった中国武術である。力強く接近戦を得意とし、震脚が特徴的な武術である。八極拳

  • 百兵の王「槍術」教室

    百兵の王「槍術」槍は、古代から伝わってきた武器で、ことわざにも『百兵の王』と称されるように、シンプルな形で攻撃力が強くて、いろいろな伝統武術流派にも槍の套路が現存している。槍は、最も洗練された戦場の武器であると考えられている。演じて美しく、実用性も高い。

  • 劉方同先生が教えている中国武術(平成27年)

    劉方同先生は、1987年8月25日に中国国立上海体育学院大学武術学部の現役武術太極拳講師として日本に留学しました。8月27日に大阪港に船で上陸して、現在まで愛知県春日井市に在住しています。1987年から2015年の28年間、春日井市を中心に中国武術を教えてきました。今後も様

カテゴリー一覧
商用