searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

FG786さんのプロフィール

住所
藤沢市
出身
東京都

飛行機のプラモもマルサンの1/100から始まって付き合いも長く、最近ハマっている試験機や実験機などの作品を紹介しようと思って模型の工房の博物館を作ってみました。模型製作の腕前は今一でも、それぞれの飛行機はどれも大好きなものばかり。

ブログタイトル
私の飛行機模型の博物館
ブログURL
http://fg786.blog87.fc2.com/
ブログ紹介文
1/48の飛行機の模型を紹介しています。
ブログ村参加
2009/02/25
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、FG786さんをフォローしませんか?

ハンドル名
FG786さん
ブログタイトル
私の飛行機模型の博物館
フォロー
私の飛行機模型の博物館

FG786さんの新着記事

1件〜30件

  • F-16 CCV 製作中 Part12

    主翼を接着しました!隙間の補修用パテの準備でマスクをしています。パテを塗り込みます。パテが乾いた所でリベットのラインを描きます。上面とインテークもラインを描きます。ラインに沿ってリベットを打ちました。インテークと胴体の隙間になる部分だけ先行して白を塗ります。インテークを仮組してみます。塗装の工程を再検討します。...

  • F-16 CCV 製作中 Part11

    残りのスジ彫りを入れていきます。ここでサフェをかけて表面を整えていきます。サフェが乾くのを待つ間に水平尾翼のスジ彫りも入れておきます。スジ彫りの深さにムラが出来ているので修正をしていきます。スジ彫りを彫り直してピンホールの修正もします。下面も同じように仕上げていきます。機体後部を取り付けて今日はここまでにしておきます。翼は仮組です。...

  • F-16 CCV 製作中 Part10

    YF-16ではアレスティングフックが未装着の様なので不要なモールドを削り取ります。穴も塞いでおきます。ベントラルフィンが邪魔をしてアレスティングフックの状態の確認が出来る写真がなかなか見つからなかったのですがYF-16の2号機の下面がハッキリ写っている写真を発見して、ようやく確認できました。後部胴体下面のスジ彫りを進めます。ホイールベイ後方の両サイドに小さなインテークがあるので追加します。下面全体のスジ彫り...

  • F-16 CCV 製作中 Part9

    ノーズのスジ彫りをします。コクピット周りのスジ彫りです。主翼上面のスジ彫りとリベット打ちです。後部胴体上面のスジ彫りも始めます。モールドの不要なスジ彫りを埋めていきます。インテーク周りのスジ彫りです。スジ彫りが入ると、引き締まった感じになってきます。主翼下面のスジ彫りとリベット打ちです。下面の具合を確認します。後部胴体下面の作業に進みましょう。ここも不要なスジ彫りを埋めていきます。パテを塗ったので...

  • F-16 CCV 製作中 Part8

    前部胴体のイメージが見えてきました。シャープなノーズが良い感じです!パテの補修箇所を水ペーパーで研ぎ出して行きます。燃料タンク・アクセスパネルのスジ彫りが出来ました。後部胴体のスジ彫りを始めますが不要なスジ彫りをパテで埋めておきます。加工は明日になりますね。...

  • F-16 CCV 製作中 Part7

    機首下面の整形中です。上面もラインを滑らかにするためにパテで修正しています。基礎になる形が出来てきました。インテークを仮組して機首の感じを確認します。インテークから先端に向かって下に膨らまずに滑らかなラインになってきました。機首下面が上に向いているのが確認できます。表面を仕上げていくために白のサフェを吹きます。サフェの乾くのを待つ間に主翼の工作を進めます。垂直尾翼後端上部の警戒アンテナを削り取って...

  • F-16 CCV 製作中 Part6

    主翼を接着します。垂直尾翼も接着します。インテークとホイールベイの組み立てをします。この時点ではまだ胴体には接着していません。バルカン砲を組み立てる前に銃口に穴を開けます。カバーパネルは固定するのでほぼ見えなくなりますが一応真面目に作ります。銃口付近の内側と外側の塗装をしておきます。中に塗料が入らない様にマスクをしておきます。計器板に計器のデカールを貼ります。実際の景気とは違うのですが大さ重視で貼...

  • F-16 CCV 製作中 Part5

    ノズルの改造をします。F-16XLを作った時のアカデミーのF-16のパーツが余っていたので組み合わせて作ります。中に入れて立体的になりました。水平尾翼の軸受けを作ります。水平尾翼は胴体を組むときに挟み込んで組み立てるようになっていますが塗装や組み立ての工程を考えて差し込み式にします。2㎜の真鍮線に交換してシャフトにします。ここまでの作業でできた部分を仮組します。インテーク下のカナードを作ります。プラ板を積層...

  • F-16 CCV 製作中 Part4

    主翼の小型化を進めています。主翼部の前後と幅の縮小と前縁フラップの幅の縮小があります。水平尾翼も小型化します。YF-16からF-16Aになるときに主翼と水平尾翼を大型化したということですね。左がF-16Aの形で右がYF-16のサイズです。ベントラルフィンも小型にします。面積は小さいのですが前後の長さは長いです。カットとつぎ足しで形を作りました。薄いので加工が大変です。前方下面に追加する可変のフィンの寸法を割り出してお...

  • F-16 CCV 製作中 Part3

    コクピット後方に不足する分のパーツを追加しました。シートを仮組して乗せてみました。収まり具合と位置の確認です。キャノピーも乗せて位置の確認をしました。コクピット付近の胴体の表面の整形をしました。今のうちにキャノピーのセンターの継ぎ目を消しておきましょう。順次細かいペーパーで研ぎ出して最後にコンパウンドで仕上げます。とりあえず使用に耐えうる仕上がりになりました。やる事が一杯で楽しいです!!!...

  • F-16 CCV 製作中 Part2

    機銃口を取り付けます。キャノピーも前後が短いので後ろ側をカットします。カット終了。キャノピーの後部と高さが違ってくるので後ろ側に少し下駄をはかせます。完全に高さは一致しないのですがキャノピーをオープンにするのでこの程度で良しとします!とりあえず現時点で整形できそうなところにパテを塗っておきます。主翼と水平尾翼も面積が違いので修正していきます。左が加工前、右が加工後の形です。面積は27.87㎡から26.01㎡...

  • F-16 CCV 製作中 Part1

    F-16 CCVを作ります!ハセガワの1/32のF-16Aをベースにします。F-16AからCCVにするためにまずYF-16と同じ状態に戻します。インテーク、キャノピーなどを約6㎜後方にシフトします。コクピットごと機軸に平行にカットして後方に下げます。ノーズコーンの後ろをカットして長さを合わせます。ノーズはシャープに改造します。ノーズコーンの後ろの隔壁を利用して高さを決めていきます。機首を細くしてノーズを仮組してみます。インテー...

  • Boeing 2707 Supersonic transport

    Boeing 2707-200 Supersonic transport Supersonic Clipperレベルの1/200のSSTが完成しました。キットは2707-200のモックアップを元にしたらしいです。その為にカナード翼は付いていません。全長は約93mで、キットでは約46㎝にもなります。開発段階でいろんなデザインが検討されて2707-100と-200はVG翼でした。可変翼の機構に起因する重量オーバーの問題は解決せず最終的には-300ではデルタ翼に変更されました。キットでは-200を...

  • B 2707 SST 製作中 Part17

    脚を付けたので全車輪が接地するように調整します。機首が折れるとかなり地面に近い感じがします。エンジンポッドを取り付けます。2機ともエンジン装着完了です。スタンドを黒くして支柱に肉抜きをしました。ちょっとカッコつけてます!シールを自作して金属プレートに貼りました。良い感じです!!脚カバーも付けて機体の完成です!スタンドに取り付けて全工程終了です!!!完成!!!!!...

  • B 2707 SST 製作中 Part16

    デカールを貼りました。懐かしいです!今はなきパンナムです!!デカールをコピーして窓の位置の参考にします。窓は黒のシートを1㎜のポンチで抜いて作ります。両面の窓が付きました。主翼を仮組してみます。これが1/200なんだからとてつもなく大きな機体なんですね!残りの作業は脚周りです。...

  • B 2707 SST 製作中 Part15

    最後の銀としてスーパーファインシルバーを吹きました。エンジンポッドもノズルにアルクラッドのジェットイグゾーストを吹いて塗装完了です。主翼からマスクを剥がし始めます。機体も剥がしました!思っていたようなイメージになりました!!!エンジンポッドもマスクを剥がしました。ショックコーンを取り付けました。残る作業は脚周りとデカールです!!今日はトップガンでも観て寝ましょう。...

  • B 2707 SST 製作中 Part14

    塗り分けは5色目まで行きました。エンジンポッドも5色になります。残りはノズルで最後です。6色目を塗ってマスクをしていきます。色々とマスクをしてきましたが最後の1色の準備が出来ました。明日スーパーファインシルバーで仕上げていきます。マスクを全部剥がしてみないとどんな感じになったか分かりません!楽しみです!!...

  • B 2707 SST 製作中 Part13

    スーパーステンレスを塗ったところにマスクをします。ここに来て、パテ補修が必要な個所があってパテを塗ったので、今日は塗装まで行けませんでした。並べて乾かしておきます。...

  • B 2707 SST 製作中 Part12

    マスキングシートを使ってのマスクを進めます。透明のシートなので写真ではよく分かりません!次の1色はスーパーステンレスにしました。高温になりそうなところに塗っています。無塗装にする機体の上面は沢山表情を付けられそうです。エンジンポッドも塗り分け中です。予定では5色の塗り分けにします。塗ってはマスクをしての繰り返しなので1日に1色づつになりますね。...

  • B 2707 SST 製作中 Part11

    部分的なマスキングをしていきます。基本的に小さい面積で少し明るめのパネルになりそうなところを選択しています。細かいカットが多いのでマスキングシートを多用していきます。テープでは境目が不明瞭になってカットがしにくくなります。胴体を白くする機体のマスキングテープの位置が左右で少しずれていました!!!高さを測って修正します。マスクをやり直して銀を吹きました。今日は乾燥待ちになるので、ここまで!...

  • B 2707 SST 製作中 Part10

    胴体両サイドのラインのデカールからマスキングテープで型を取り機体に貼ってみます。サイドのラインのマスキングテープから一定の幅で下に白い部分が出来るようにマスクをしていきます。これで両機の銀塗装の準備が出来ました。一番濃い色の銀の部分を塗ります。濃い色のパネルにマスクをします。ここで全体に銀の下塗りをします。シルバーメタルのスプレーを使っています。明日から塗り分け開始です!今週は毎日仕事なので作業は...

  • B 2707 SST 製作中 Part9

    垂直尾翼を取り付けます。キットではラダーが大きく作られていて胴体との隙間がありました。ラダーの形を変えたので隙間を埋めることになりました。2機とも同じ加工をします。エンジンポッドの塗り分けをします。高速飛行姿勢の機体を白くします。滑らかなラインが際立ちますね!...

  • B 2707 SST 製作中 Part8

    2機を見比べてスジ彫りが出来ているか間違い探しの様な確認中です。操縦席の窓の型紙を作ってマスクを作ります。窓を黒くしてマスクを貼ります。同じ位置になるように貼り込みました。全体にサフェを吹きます。エンジンの彫刻もすべて終わりました。修行の様な作業でした。...

  • B 2707 SST 製作中 Part7

    胴体のスジ彫りを進めていきます。下面もそれらしくパネルの配置をします。翼の開位置の機体の分が出来てきました。主翼もスジ彫りをします。胴体も主翼もキットのモールドではほとんどスジ彫りが無いので勝手に楽しみながら彫ってます。主翼の上下を接着します。主翼の閉位置の機体もスジ彫りをしていきます。開位置のスジ彫りに合わせて彫っていきますが前縁フラップやドアの位置が微妙に違っています。下面のスジ彫りを進めてい...

  • B 2707 SST 製作中 Part6

    キットの凸モールドのスジを彫り直します。胴体の接着前にスジ彫り完了。主翼閉位置の機体の接着をします。垂直尾翼を乗せてみます。継目のパテ補修をしながら主翼開位置の機体の接着をします。どちらも接合部のパテ補修中です。垂直尾翼のスジ彫りをします。ラダーの位置を変えています。斜めのスジはパテの色でキットのラダーの位置を埋めています。機体の翼部分のスジ彫りも始めました。銀の塗り分けをするのでそれらしいパネル...

  • B 2707 SST 製作中 Part5

    エンジンナセルの加工は、ようやく1機分の4基が出来ました。XB-70と同系統のエンジンなのでエンジンも大きいのですが機体の大きさが想像を超えていますね。手彫りなので正確性は欠けていますがインテークの彫刻はアクセントになりそうです。大きさを身近に感じたくなったので737と並べてみました。やはり全長97mというのはデカいです!コンコルドとも並べてみました。コンコルドは小振りなSSTで本格的ではないとされていましたが...

  • B 2707 SST 製作中 Part4

    エンジンの彫刻の続きをします。1基分を彫ったところで力尽きました。今日は真面目に仕事をしてハードなスケジュールをこなしてきたので、無理せずにこんなもんです。彫りは明日以降にして先にパテ補修をしておきます。8基分の準備は大変です!!!...

  • B 2707 SST 製作中 Part3

    内翼のスラットも幅が足りないので継ぎ足します。スジ彫りの作業も始めます。2機同時に同じ個所のスジ彫りをします。エンジンナセルの補助インテークを彫刻していきます。彫刻の有無で見た感じを比較します。やはり彫った方が見栄えがしますね!2個並べてみます。良い感じになるのですが大変な労力です!!!沼にはまってしまいました!!!残りの6基の組み立てを始めます。ノズルの内側にそれらしくスジを彫っています。組み立て...

  • B 2707 SST 製作中 Part2

    スジ彫りを開始します。前縁スラットの幅が足りないので1㎜角棒を貼り付けて延長します。パテが乾いてから整形します。バリだらけのタイヤを綺麗にしてホイールが付けられるようにタイヤの真ん中を平らに削ります。エンジンのパーツを追加してショックコーンの改造を進めます。インテークのリップも薄く仕上げていきます。エンジンナセルが出来上がってから後からショックコーンを差し込むようにします。ショックコーンは未装着で...

  • B 2707 SST 製作中 Part1

    1/200のBoeing 2707-200 SSTを作ります。1/32の製作が続いたので、ちょっと箸休めです。1960年代の航空ファンは来るべき未来にマッハ2プラスの旅客機が世界中を飛び回る姿を想像してこの大型のSSTに興奮させられていました!1971年にアメリカのSSTが計画中止になるまでにロッキードとボーイングの競争だったりコンコルドとB2707の比較なども楽しい話題でした。B2707も-300の最終形態案ではデルタになりましたが-200のVG翼にアメリ...

カテゴリー一覧
商用