searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

コタツさんのプロフィール

住所
埼玉県
出身
東京都

自由文未設定

ブログタイトル
コタツ評論
ブログURL
http://moon.ap.teacup.com/chijin/
ブログ紹介文
DVD映画とブックオフ本とその他について心覚え
更新頻度(1年)

49回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2009/02/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、コタツさんの読者になりませんか?

ハンドル名
コタツさん
ブログタイトル
コタツ評論
更新頻度
49回 / 365日(平均0.9回/週)
読者になる
コタツ評論

コタツさんの新着記事

1件〜30件

  • 今夜はゾンビ映画特集

    工作・黒金星(ブラックビーナス)と呼ばれた男 ワンス・アポンア・タイム・イン・ハリウッド ジョーカー 立て続けに観た。いずれも、これが書籍なら「巻置くに能わず」と評される傑作だっ…

  • 今夜は人間椅子

    最近、「人間椅子」が youtube で世界的に「発見」されて、ヨーロッパツアーが決まったそうだ。 「人間椅子」インタビュー https://natalie.mu/music/pp/ningenisu ─アルコールが曲作りに…

  • ここにアライあれ

    レバノンに「脱国」したゴーンさんが、その記者会見で自らが追い落とされた日産の「クーデター」の背景となった、仏ルノーとの提携関係の強化を説明するなかで、「アライアンス」という言…

  • 今週の明言 Do not 〜

    ベト・タン・グエンはベトナム難民のアメリカ作家だそうです。 Writers from a minority, write as if you are the majority. Do not explain. Do not cater. Do not translate. Do not ap…

  • 今週の明言…、

    「これで有罪が前提で、差別がはびこり、基本的人権が否定されている不正な日本の司法制度の人質ではなくなる」 レバノンから日本批判をしたゴーン声明について、記者たちから問われた弘中…

  • 村本!!!!!!

    Youtubeで「THE MANZAI 2019」を視た。ウーマンラッシュアワーの村本が凄かった。とうとう日本にもアメリカのレニー・ブルースのような「スタンダップ・コメデイアン」が出てきたようだ(…

  • 完全に同意

    「戦後政治の総決算」、「官邸主導の源流」、「風見鶏」風を起こした、公社民営化「小さな政府」、日米関係「ベース築いた」、「国家」「改憲」ロマンの政治、などの見出し、小見出しが「…

  • ご本といえばりゅうかくさん

    私はノンフィクションが読めなくなりました。小説のほうが読みたいですね。先日、古本屋でイギリスの樋口一葉といわれるJane Austenの”Pride and Prejudice”を入手しました。Penguin Eng…

  • 使えないau ひかりTV のおかげで

    最近はYoutubeの音楽動画をパソコンのモニターではなく、32インチTV画面で観ています。au ひかりTV では、地上波デジタルは見られず、番組の多くはスポーツ中継やいまどきの音楽番組、…

  • 適応力について

    WBSS バンタム級決勝の井上尚弥 VS ノニト・ドネア戦を観た。翌日の試合を振り返った記者会見も視聴した。いずれも Youtube だった。いうまでもなく凄い試合だったのだが、記者会見にも釘…

  • 今夜はカーペンターズ

    リチャードとカレンのカーペンターズの楽曲はビートルズやビーチボーイズと肩を並べる偉大なものです。ただし、私をはじめ同時代を過ごしたはずの友人知人たちの間でカーペンターズの話題…

  • なんだかよくわからないイーストウッド論

    [画像] 久しぶりの映画だ。「運び屋」を観た。クリント・イーストウッドには珍しく家族と和解する物語だった。イーストウッドの映画はほとんど観てきたはずだが、ホームドラマを撮ったこと…

  • 今週の明言

    「私はヒッピーになるには若すぎてパンクになるには年をとりすぎてた」(ソニック・ユースのキム・ゴードン) 若すぎるか遅すぎた「私」には、そんなわかりやすい世代論の持ち合わせはないと…

  • 国慶節

    昨日10月1日は中国の国慶節だった。1949年、70年前のこの日、天安門広場において毛沢東が中華人民共和国の成立を宣言したことにちなむ。 過去最大規模の軍事パレードと西側初披露のミサイ…

  • 庭にコジュケイがやってきた。

    ピンぼけしているが、我が庭である。 草花の解説をすると、右手前の草はコープ生協でひと鉢50円、その左側の薄紫の小さな花が縦についているのが近所の商店街の花屋で100円だった。その手…

  • 神の子はみな踊る

    このタイトルは以前にも使ったような覚えがあります。 Mさんが亡くなったとき、「説き来たり説き去る。壮士ひとたび去ってまた還らず」といった人がいた。快活なMさんは壮士というイメー…

  • 鰯雲人に告ぐべきことならず

    庭に防草シートを張った経験からいうと、屋根にブルーシートを張る作業は短時間に済む簡単な作業といえる。 難しいのは屋根に上って降りることだ。装備も経験もない素人が試みるのは、危険…

  • everybody say everyone differently

    「庭にコジュケイがやってきた」という出だしのエッセイを書いたら、どうかバットで思いきり殴ってください。で、今夜の「犬も歩けば BOW に当たる」

  • 今夜は、プリマスバンド

    以前に、ヒリピンバンドをご紹介したが、これはタイはバンコク、サキソフォンクラブをメインに演奏しているプリマスバンドです。なぜか毛沢東の肖像画が飾ってあるが、バンドマンも観客も…

  • 今夜は、カティア・ブニアティシヴィリ

    相撲の栃ノ心と同じ旧ソ連グルジア(現在はジョージア)出身です。ご覧のようにグラマラスな肢体をアピールするセクシーな衣装にばかり目がいってしまいますが(俺くらいか)、男勝りのダイ…

  • 西友はエライ

    小田急沿線に越してきて、西友のありがたさが身に染みた。西武沿線か埼玉近辺にばかり住んできたので、スーパーといえば西友が当たり前だった。西友の安さに慣れていたので、小田急OXや…

  • 本日の拾得物

    ご贔屓のエレーヌ・グリモーですが、<ブログ検索>をかけても1件しか見つかりません。タイトルを別表記にしていないせいです。すみません。Helene Grimaud でYoutube検索すれば、たくさ…

  • 500 miles

    Mさん、フォークソングが嫌いではないのなら、この映画も嫌いではないかもしれません。「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」です。宿なしの売れないフォーク歌手が猫を…

  • 独り蚤とり悟り悟られ

    専用の金クシで毛を漉いて、クシの間に挟まれてくる蚤を、台所用中性洗剤を数滴垂らした洗面器の水に落とすという作業なんだが、かつて蚤のサーカス興行があっただけにけっこう敵も賢いの…

  • プカプカ

    1970年代に深夜ラジオなどでよく流された歌だ。当時、岡本姓の男はたいてい「コーゾー」と呼ばれた。ちょっと蓮っ葉でぶっきらぼうな女の子は、「アンコ」と綽名されたものだ。 フォーク歌…

  • 一足お先に後ずさり2

    すぐ下で立川志らく師匠のコメントを批判したばかりだが、橋口亮輔監督はそれ以上の見解を出しているのに、正直、驚いた。どうやら、「日本人の多く」に私は入っていないのかもしれない。 …

  • 一足先に後ずさり

    小田嶋隆さんのところで、先にやられてしまったので、ボツにしようと思ったが、最近、更新していないのを気にして、だいぶんはしょって掲載します。 志らく 展示中止の慰安婦象徴像「多く…

  • 曇天怪迷

    もう昨日か。新宿駅西口を通りかかったら、れいわ新撰組が街頭演説の準備をしていた。「山本太郎来る!」なのでまじかに見たかったが、18時からでは無理。たぶん、すごい盛り上がりだった…

  • ワープロは一太郎

    小沢一郎には何度も裏切られてきた。参院選を前に、存在感を増している山本太郎とれいわ新撰組の演説やツィッターなどに接するたびに、あの引きつった笑顔と少しはにかんだような口許を思…

  • 16歳の君へ

    かねてから話題のベストセラー。16歳が読んでベストセラーになっているとは思えないが、16歳にはほんとうに読んでほしい。オッサンやオバサン、ジジイやババアが読んでもどうにもならない…

カテゴリー一覧
商用