chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
isaburou_shinpei
フォロー
住所
練馬区
出身
東京都
ブログ村参加

2009/02/01

1件〜100件

  • 上野駅発行 日暮里接続 京成線100円区間ゆき 片道連絡乗車券

    1985(昭和60)年1月に東北本線上野駅で発行された、日暮里駅接続の京成線100円区間ゆき片道連絡乗車券です。桃色こくてつ地紋の金額式大人・小児用券で、東京印刷場で調製されたものです。この券は上野駅の広小路口にありました86番窓口で発行されたものですが、広小路口から歩いて2分、わずか200メートル離れた場所(横断歩道を渡ったところ)に京成電鉄の京成上野駅がありますので、なぜこのような口座が設備されていたのか、また、どのような需要でこの券が必要であったのか、大変疑問な一枚です。国鉄上野駅広小路口にあります86番窓口と京成上野駅の位置関係を示す地図です。日暮里駅から京成線100円区間というのは当時の京成電鉄の最短区間の運賃区間帯であり、わざわざ割高になる連絡乗車券を購入し、日暮里駅で跨線橋を渡って乗換えなく...上野駅発行日暮里接続京成線100円区間ゆき片道連絡乗車券

  • 南田辺駅発行 天王寺接続 南海線90円区間ゆき 片道連絡乗車券

    1985(昭和60)年2月に、阪和線南田辺駅で発行された、天王寺駅接続南海線90円区間ゆきの片道連絡乗車券です。桃色こくてつ地紋のB型金額式大人・小児用券で、大阪印刷場で調製されたものです。御紹介の券は、前回エントリーで、>金額式券で発行されていたのは大阪印刷場および東京印刷場で調製されたものだけのような気がします。と申し上げました、大阪印刷場で調製された金額式の連絡乗車券です。東京印刷場の金額式券を再掲いたしますが、基本的な記載事項は同じですが、様式がかなり異なります。御紹介の天王寺接続の南海線といってもピンとこない方もいらっしゃると思いますが、かつて、天王寺駅には南海天王寺支線という路線が乗り入れていました。天王寺支線は南海本線の天下茶屋駅から分岐し、天王寺駅までを結んでいた営業キロがわずか2.4km...南田辺駅発行天王寺接続南海線90円区間ゆき片道連絡乗車券

  • 上野駅発行 高田馬場接続 西武線90円区間ゆき 片道連絡乗車券

    1984(昭和59)年12月に東北本線上野駅で発行された、高田馬場駅接続の西武線90円区間ゆき片道連絡乗車券です。桃色こくてつ地紋のB型金額式大人・小児用券で、東京印刷場で調製されたものです。国鉄では社線への連絡乗車券を各種発行しておりましたが、金額式券で発行されていたのは大阪印刷場および今回御紹介の東京印刷場で調製されたものだけのような気がします。また、国鉄末期には新潟・仙台印刷場の閉鎖や名古屋印刷場所管分の一部移管などによって東京印刷場の所管範囲が広がっており、いままで金額式の連絡乗車券の発行例がなかった口座についても金額式に変わったところもあるようです。どちらの印刷場においても、連絡社線の表記については「◯◯線」という表記がされており、御紹介の券の場合は西武鉄道への連絡乗車券でありますので「西武線」...上野駅発行高田馬場接続西武線90円区間ゆき片道連絡乗車券

  • 西武鉄道 400両突破記念乗車券

    1965(昭和40)年2月に西武鉄道で発行された「400両突破記念」乗車券です。しおり型のオーソドックスな形の記念乗車券で、左側に写真があり、右側に乗車券が付いています。400両突破記念乗車券は同社の在籍車両(電車)が400両を超えたことを記念したもので、御紹介の高田馬場駅の他、池袋駅や西武新宿駅といった主要駅で発行されました。乗車券片部分は若草色西武鉄道自社地紋の金額式10円区間ゆきとなっており、どの駅も購入しても、購入駅から10円区間ゆきという金額設定は変わらなかったようです。裏面です。時代を感じさせる文章と、その下には5年毎の在籍車両の変遷がグラフで記載されています。昭和20年から25年までの5年間は22両の増備にとどまっていますが、昭和25年から30年の5年間と昭和30年から35年の5年間は64両...西武鉄道400両突破記念乗車券

  • JR東日本 稲荷山駅発行 篠ノ井接続しなの鉄道屋代高校前・屋代ゆき 片道連絡乗車券

    前回エントリーでJR東日本篠ノ井線稲荷山駅で発行された、篠ノ井駅接続のしなの鉄道戸倉ゆき片道連絡乗車券を御紹介いたしました。同駅には他に、しなの鉄道屋代高校前・屋代ゆきの口座もございましたので御紹介いたしましょう。2006(平成18)年7月にJR東日本篠ノ井線の稲荷山駅で発行された、篠ノ井駅接続、しなの鉄道屋代高校前・屋代ゆきの片道連絡乗車券です。桃色JRE地紋のA型一般式大人・小児用の千切り軟券です。再掲いたしますが、様式的には前回御紹介の戸倉ゆきの券と同じで、こちらは着駅が2つあることから二段書きになっている点が異なります。小児断片には最初の着駅である屋代高校前の方が記載されている点は、硬券時代と変わらないようです。JR東日本稲荷山駅発行篠ノ井接続しなの鉄道屋代高校前・屋代ゆき片道連絡乗車券

  • JR東日本 稲荷山駅発行 篠ノ井接続しなの鉄道戸倉ゆき 片道連絡乗車券

    2006(平成18)年7月に、JR東日本篠ノ井線の稲荷山駅で発行された、篠ノ井駅接続、しなの鉄道戸倉駅ゆきの片道連絡乗車券です。桃色JRE地紋のA型一般式千切り軟券で、大人・小児用券となっています。同駅は国鉄時代の昭和60年代には駅員無配置の駅になっていますが、地元自治体に出札業務の委託が行われており、当初は硬券による常備券の発売が行われていましたが、JR化後の硬券廃止により、常備券類は軟券化されて発売が継続されていました。御紹介の券はJR東日本が発売する常備軟券としては、直営駅用と業務委託駅用を含めても珍しい社線への連絡乗車券となっていました。様式的には同社が発売する近距離用の一般式常備軟券とほぼ同一ですが、「篠ノ井経由」と経由表記が入っていることと、同社の社線との常備式連絡乗車券の特徴である小児運賃の...JR東日本稲荷山駅発行篠ノ井接続しなの鉄道戸倉ゆき片道連絡乗車券

  • 駒込駅発行 駒込から850円区間ゆき片道乗車券

    1985(昭和60)年9月に山手線駒込駅で発行された、同駅から850円区間ゆきの片道乗車券です。桃色こくてつ地紋のB型地図式大人専用券で、東京印刷場で調製されたものです。当時の東京都区内の国鉄各駅には1000円札の使用できる券売機の設置が進んでおり、100kmまでの乗車券であれば金額式の券売機券が発券されていた時代ではありましたが、51km以上の区間については、依然として窓口でも発売されている駅が多く存在しました。御紹介の券は、左上から五日市線武蔵五日市駅・青梅線二俣尾駅・八高線立川廻り東飯能駅・中央本線高尾駅・相模線上溝駅・横浜線八王子廻り淵野辺駅・東海道本線藤沢駅・横須賀線鎌倉駅・横浜線東神奈川廻り町田駅・内房線五井駅・外房線誉田駅・総武本線物井駅・成田線安食駅・常磐線牛久駅・東北本線古河駅・高崎線熊...駒込駅発行駒込から850円区間ゆき片道乗車券

  • 札幌駅発行 桑園ゆき復路専用乗車券

    1982(昭和57)年4月に札幌駅の精算所で発行された、桑園ゆきの復路専用乗車券です。青色こくてつ地紋のB型大人・小児用券で、札幌印刷場で調製されたものになります。復路専用乗車券は乗車経路から外れた経由外の駅で下車し、再度経由内の駅に戻るときに発行される乗車券で、分岐往復券という改札補充券です。御紹介の券は硬券となっておりますので、硬券式改札補充券ということになります。この券は、函館本線長万部方向から桑園駅経由札沼線への原券を持っている旅客が、当初の予定では無い、経由外の駅になります札幌駅に足を延ばして下車する際、札幌駅の改札あるいは精算所で原券を見せたうえで運賃経路に含まれていない桑園駅から札幌駅間の運賃を精算することになりますが、札幌駅では、帰りの運賃を含んだ往復分を請求され、こちらの乗車券が発行され...札幌駅発行桑園ゆき復路専用乗車券

  • JR東日本 東中野駅発行 東京都区内から広丘・松本・島高松間ゆき 片道乗車券

    1988(昭和63)年7月に、JR東日本中央本線の東中野駅で発行された、東京都区内から広丘・松本・島高松間ゆきの片道乗車券です。青色JRE地紋のA型一般式大人・小児用券で、東京印刷場で調製されたものです。現在では着駅である篠ノ井線の広丘駅~松本駅間は大都市近郊区間内の東京近郊区間に含まれており,東京都区内からの乗車券は有効期間が1日間で、下車前途無効となり、大糸線の北松本駅~島高松駅間ゆきの乗車券については従前通り有効期間が3日間で、途中下車可になります。裏面です。券番と発行駅名の他、東京都区内各駅では途中下車禁止である旨が記載されています。JR東日本東中野駅発行東京都区内から広丘・松本・島高松間ゆき片道乗車券

  • 播淡聨絡汽船 岩屋港発行 明石接続JR西日本京都ゆき片道連絡乗車券

    前回エントリーで播淡聨絡汽船の岩屋港で発行された、明石接続JR西日本640円区間ゆきの片道連絡乗車券を御紹介いたしましたので、今回は同じ播淡聨絡汽船の岩屋港で発行されたものですが、明石接続JR西日本京都ゆきの片道連絡乗車券を御紹介いたしましょう。灰色播淡汽船自社地紋(?)のA型一般式大人・小児用券になります。JR西日本線の明石~京都間は営業キロが95.3kmですが、播淡汽船航路の営業キロが10.0kmとなっておりますので、辛うじて101km以上となることから有効期間が2日間ということになっています。再掲いたしますが、前回御紹介のB型金額式券の場合には発行箇所名の記載がありませんでしたが、今回御紹介の券については「岩屋港発行」と記載されております。播淡聨絡汽船岩屋港発行明石接続JR西日本京都ゆき片道連絡乗車券

  • 播淡聨絡汽船 岩屋港発行 明石接続JR西日本640円区間ゆき片道連絡乗車券

    1992(平成4)年10月に播淡聨絡汽船(播淡汽船)岩屋港で発行された、明石港(駅)接続、JR西日本640円区間ゆきの片道連絡乗車券です。桃色の播淡汽船自社地紋なのでしょうか、B型金額式の大人・小児用券になっています。播淡汽船は淡路島の岩屋と明石港を結ぶ連絡船で、通称「播淡汽船(ばんたんきせん)」と呼ばれますが、正式には播淡聨絡汽船といいました。明石海峡大橋が完成する前の明石海峡には橋はなく、淡路島へ行く手段は船しかありませんでした。当時淡路島へは、明石・須磨・神戸・西宮・大阪・深日からフェリーや客船が出ており、播淡汽船はその中の一航路であり、年末年始や大型連休、お盆,、海水浴シーズンともなると何時間もの乗船待ちができるほどの需要があったようです。ところが、2001(平成12)年に明石海峡大橋が完成すると...播淡聨絡汽船岩屋港発行明石接続JR西日本640円区間ゆき片道連絡乗車券

  • 品川駅発行 大宮から一ノ関・盛岡間まで 新幹線自由席特急券

    1982(昭和57)年9月に東海道本線の品川駅で発行された、大宮から一ノ関・盛岡間までの新幹線自由席特急券です。桃色こくてつ地紋のA型大人・小児用券で、東京印刷場で調製されたものです。東北新幹線はこの券が発売された年の6月23日に大宮駅~盛岡駅間で暫定開業をしていますので、御紹介の券は暫定開業から3ヶ月に満たない時期のものになります。現在の感覚ですと、品川駅で盛岡までの新幹線の特急券を購入する場合には東京駅もしくは上野駅を乗車駅として選択されるのが殆どかと思われますが、この券は敢えて大宮駅からになっています。これは、1985(昭和60)年3月14日の東北・上越新幹線上野開業までの間は東北・上越新幹線の東京側の始発駅が大宮駅となっており、大宮始発である不便さを補完する意味合いで、「新幹線リレー号」という連絡...品川駅発行大宮から一ノ関・盛岡間まで新幹線自由席特急券

  • JR東日本 仙台駅発行 仙台臨海鉄道 東北博覧会前ゆき 片道連絡乗車券

    前回および前々回に仙台臨海鉄道が発行した「'87未来の東北博覧会」の旅客輸送用の乗車券を御紹介いたしました。これらの乗車券は博覧会会場に隣接する臨時駅からの復路用の乗車券になりますので、当然ながら往路用の乗車券も存在することになります。今回は往路用の乗車券を御紹介いたしましょう。1987(昭和62)年9月にJR東日本東北本線の仙台駅で発行された、仙台臨海鉄道線の東北博覧会前ゆきの片道連絡乗車券です。桃色国鉄過渡期地紋のA型矢印式大人専用券で、東京印刷場で調製されたものです。同駅では近距離乗車券類については機械化が進んでおり、硬券での発売は行われておりませんでしたが、同区間についてはわずか2ヶ月という期間限定の着駅であったためにマルス端末や券売機に駅名が設定されておらず、硬券での発売となっていました。同駅の...JR東日本仙台駅発行仙台臨海鉄道東北博覧会前ゆき片道連絡乗車券

  • 仙台臨海鉄道 東北博覧会前から陸前山王接続、東日本旅客鉄道線140円区間ゆき 片道連絡乗車券

    前回エントリーで仙台臨海鉄道で期間限定で運転されていた旅客列車用の乗車券を御紹介いたしました。そこでも申し上げましたように、同社の旅客列車はJR東日本線から乗り入れる形で運転されておりましたため、殆どの旅客は陸前山王駅で下車することはなく、その先のJR線まで直通で乗車することが多かったようです。そのため、前回御紹介いたしました社線完結の乗車券よりもJR線への連絡乗車券のほうが遙かに多く発売されていたようです。こちらも日付がございませんが、1987(昭和62)年9月に、臨海本線東北博覧会前駅で発行された、陸前山王駅接続の東日本旅客鉄道会社線140円区間ゆきの片道連絡乗車券です。青色仙台臨海鉄道自社地紋のA型金額式半硬券で、大人・小児用券となっています。陸前山王駅から140円区間と言いますと、当時の運賃帯は営...仙台臨海鉄道東北博覧会前から陸前山王接続、東日本旅客鉄道線140円区間ゆき片道連絡乗車券

  • 仙台臨海鉄道 東北博覧会前から陸前山王ゆき片道乗車券

    日付の捺印がございませんが、1987(昭和62)年9月に仙台臨海鉄道臨海本線の東北博覧会前駅で発行された、陸前山王ゆきの片道乗車券です。あまり見慣れない地紋ですが、若草色の仙台臨海鉄道自社地紋と思われる地紋のA型半硬券の矢印式大人・小児用券です。同社は仙台港湾地区と内陸部を結ぶ貨物専用の鉄道路線として国鉄(現・JR貨物)と宮城県及び進出企業の共同出資によって設立され、東北石油仙台製油所(現・ENEOS)の貨物輸送に対応するため、現在の臨海本線となる東北本線陸前山王駅と仙台港駅を結ぶ4.2㎞と仙台港駅・仙台北港駅間1.2㎞が先行開業し、その後の公共埠頭の建設にあわせて仙台埠頭線の仙台港駅・仙台埠頭駅間1.6㎞が開業しています。その後、キリンビール仙台工場の仙台港地区進出に伴って仙台西港線の仙台港駅・仙台西港...仙台臨海鉄道東北博覧会前から陸前山王ゆき片道乗車券

  • 山形交通 蔵王温泉駅発行 東京都区内ゆき片道連絡乗車券

    1956(昭和31)年3月に山形交通自動車線(蔵王・上山方面)蔵王温泉駅で発行された、東京都区内ゆきの片道連絡乗車券です。灰色TTDてつどう地紋のA型一般式大人・小児用券で、日本交通印刷で調製されたものです。経由欄には「山形・白河経由」と記載されており、社線との接続駅であります山形駅で国鉄線に接続し、奥羽本線・東北本線を経由して東京都区内へ至る経路であることがわかります。蔵王温泉駅は昭和20年代後半に開業した山形交通の自動車駅で、山形駅から営業キロ18.1kmの場所にあります。現在でも山形交通からバス事業が分社化された山交バスの自動車駅として存在しておりますが、蔵王温泉バスターミナルと呼ばれているようです。現在では同社からJR線への連絡運輸はおこなわれておらず、通しの乗車券の発売はありません。当時のバス路...山形交通蔵王温泉駅発行東京都区内ゆき片道連絡乗車券

  • 帝都高速度交通営団 「◯西」中野から50円区間ゆき片道乗車券

    1970(昭和45)年1月に帝都高速度交通営団(営団地下鉄。現・東京メトロ)の中野駅で発行された、50円区間ゆきの片道乗車券です。若草色JPRてつどう地紋のB型金額式大人専用券で、山口証券印刷系列の帝都交通印刷で調製されたものと思われます。中野駅は国鉄(現・JR東日本)が駅務業務を行っている共同使用駅で、営団地下鉄の乗車券は東西線が開業した1966年から国鉄によって発売されています。そのため、発駅の右側には。国鉄の東京西鉄道管理局管内で発行されたことを示す「◯西」の符号が印刷されています。裏面です。当時の営団地下鉄の硬券乗車券には裏面にも発駅と金額が印刷されておりましたが、裏面には「◯西」の符号は付けられていませんでした。同駅では鋏痕番号8番の本鋏と予備用として予備鋏1号が設備されており、本鋏は午後から終...帝都高速度交通営団「◯西」中野から50円区間ゆき片道乗車券

  • 西秋留駅および武蔵増戸駅発行 普通入場券

    拙ブログ2022年6月30日および7月2日エントリーで、国鉄五日市線の小駅では普通入場券を発売する際に近距離乗車券に代用印を捺印して発売していた例を御紹介いたしましたが、国鉄時代末期の1985(昭和60)年12月頃に、当時の「入場券ブーム」にあやかったのでしょうか、普通入場券が新たに設備されていますので御紹介したいと思います。1985(昭和60)年12月に西秋留駅および武蔵増戸駅で発行された普通入場券です。白色無地紋のB型大人・小児用券で、東京印刷場で調製されたものです。この券が発行された当初はまだ情報が飛び交う時代ではありませんでしたので、購入しに訪問した蒐集家はあまり多くは無く、なんとなく「転売業者」っぽい人を見かけたような気がします。ちなみに図示は致しませんが、西秋留駅発行分の券番は0098番で、武...西秋留駅および武蔵増戸駅発行普通入場券

  • ◯社 浜松町駅発行 普通入場券

    前回エントリーで「◯社」横浜駅で発行された代用印捺印による普通入場券を御紹介いたしました。私鉄との連絡通路上の精算窓口では、駅によっては普通入場券の発売が行われていないこともありましたが、発売されていた駅の殆どは、代用印を捺印する方法が採られていたような気がします。ただし、現在では存在しませんが、かつて浜松町駅にありました国鉄と東京モノレールとの連絡通路上の精算窓口では、専用の普通入場券口座が存在しました。同窓口は東京モノレールが業務を行っており、発行された乗車券類には社線側で発行されたことを示す「◯社」の符号が付けられていました。1984(昭和59)年2月に浜松町駅の東京モノレールとの連絡通路上にありました精算窓口で発行された普通入場券です。白色無地紋のB型大人・小児用券で、東京印刷場で調製されたもので...◯社浜松町駅発行普通入場券

  • ◯社 横浜駅発行 代用印捺印による普通入場券

    前回および前々回エントリーで、五日市線内にあります駅で発行された代用印捺印による普通入場券を御紹介いたしましたが、代用印捺印による普通入場券の発売例は、需要の少ない小駅だけではなかったようでした。1984(昭和59)年7月に「◯社」横浜駅で発行された代用入場券です。桃色こくてつ地紋のB型金額式大人専用券で、東京印刷場で調製されたものです。同窓口ではこの券に代用印が捺して発売されていました。当時の横浜駅には、川崎寄りに国鉄と京浜急行電鉄の乗換用の跨線橋があり、跨線橋上には中間改札と精算窓口がありました。跨線橋はあまり広くなく、窓口も国鉄と京浜急行側に1窓づつしかない閑散とした改札で、京浜急行電鉄が業務を行っていました。ここでは国鉄からの乗換客に対しては京浜急行電鉄の硬券乗車券を発売し、逆に京浜急行電鉄からの...◯社横浜駅発行代用印捺印による普通入場券

  • 武蔵増戸駅発行 代用印捺印による普通入場券

    前回エントリーで西秋留駅で発行された代用印捺印による普通入場券を御紹介いたしました。当時、五日市線内においては普通入場券を代用印の捺印によって発売する例が、他に武蔵増戸駅や武蔵引田駅においても見られましたので、青梅線との接続駅である拝島駅と終着駅であり、秋川渓谷という観光地の最寄り駅である武蔵五日市駅、早くから出札業務を行っていなかった熊川駅を除く途中駅では、コスト削減面からなのでしょうか、このような施策が採られていたようです。今回は、武蔵増戸駅で発行されていました代用印捺印による普通入場券を御紹介致しましょう。1984(昭和59)年6月に五日市線武蔵増戸駅で発行された、代用印捺印による普通入場券です。桃色こくてつ地紋のB型金額式大人専用券で、東京印刷場で調製されたものです。当時の同駅では、乗車券の発売は...武蔵増戸駅発行代用印捺印による普通入場券

  • 西秋留駅発行 代用印捺印による普通入場券

    前々回エントリーの「JR東日本鶯谷駅発行普通入場券」のなかで、>最短区間の乗車券に入場券の代用印を捺印して発券されたと申し上げましたが、手元に代用印を捺印して発券された普通入場券がございますので御紹介いたしましょう。1984(昭和59)年6月に五日市線西秋留(現・秋川)駅で発行された、代用印を捺印して発券された普通入場券です。桃色こくてつ地紋のB型金額式大人・小児用券で、東京印刷場で調製されたものです。昭和59年当時の国鉄の最短運賃(=普通入場券料金)は120円でしたので、同額の120円券を使用して発券されています。このような発券方法は、需要が低いことから普通入場券を設備していない小駅や、普通入場券の設備があっても、たまたま欠札していた場合に行われており、当時の同駅には普通入場券の設備がありませんでしたの...西秋留駅発行代用印捺印による普通入場券

  • 鶯谷駅発行 普通入場券

    前回エントリーで、JRになってからの鶯谷駅で発行された普通入場券を御紹介いたしましたので、今回は国鉄時代の同駅で発行されたものを御紹介いたしましょう。1984(昭和59)年5月に鶯谷駅で発行された普通入場券です。白色無地紋のB型大人・小児用券で、東京印刷場で調製されたものです。この当時は都内の殆どの駅で硬券の入場券が設備されており、軟券化によって硬券の発売が廃止された駅を除けば、硬券の普通入場券は比較的求めやすい状況でした。同駅は正式には東北本線の駅として開業していますが、実際には東北本線の中距離列車は停車せず、山手線や京浜東北線の駅のようなイメージになっています。現在、山手線の電車は終日同駅に停車しますが、京浜東北線の電車は日中は快速運転となり、同駅は通過するようになっています。鶯谷駅発行普通入場券

  • JR東日本 鶯谷駅発行 普通入場券

    2007(平成19)年11月にJR東日本東北本線の鶯谷駅で発行された普通入場券です。青色JRE地紋の熱転写式特殊共通券紙が使用された指定券券売機で発券された乗車券に、入場券の代用印が捺印されたものです。同駅は2004(平成16)年2月末にみどりの窓口が廃止された駅で、現在同社が進めている駅窓口の廃止施策のなかではトップバッターの駅になります。窓口廃止後から2007(平成19)年3月までは指定券券売機(MV30)にてマルス様式の入場券を発売しておりましたが、2007(平成19)年3月のダイヤ改正時より指定券券売機の入場券ボタンが削除され、マルス様式の入場券は発売されなくなってしまいました。マルス様式の入場券が発売されなくなった以降、公務のために同駅で下車いたしましたところ、改札窓口のすぐ側に置かれていた印箱...JR東日本鶯谷駅発行普通入場券

  • 西武鉄道 「本川越駅管区各駅めぐり」途中下車印・入鋏印記念収集券 ~その4

    西武鉄道でおこなわれておりました「本川越駅管区各駅めぐり」で配布されていた途中下車印・入鋏印記念収集券を御紹介いたしておりますが、前回御紹介の「青券」の記事で、「青券」については西武鉄道の乗車券類としては大変マニアックなもので、緑色の自社地紋の他、真ん中に「SEIBU」という文字が刷り込まれているものであると申し上げました。この様式の券はかつて西武鉄道で使用されていた乗車券類様式で、特急券が硬券主体であった当時、特急レッドアロー号の発着駅である池袋駅や西武秩父駅では平成初頭ごろから窓口に指定券発券端末機が設置され、そこで発券された特急券で使用されたものでした。しかしながら、当時は殆どの駅で硬券特急券発売されていたことと、コレクション的に端末発行券は人気がなかったことから、知名度の高い様式では無かったように...西武鉄道「本川越駅管区各駅めぐり」途中下車印・入鋏印記念収集券~その4

  • 西武鉄道 「本川越駅管区各駅めぐり」途中下車印・入鋏印記念収集券 ~その3

    西武鉄道で行われていた「本川越駅管区各駅めぐり」の途中下車印・入鋏印記念収集券を御紹介いたしておりますが、この収集券は偶数月が「赤券」、奇数月が「青券」で発行されていました。管理人は「偶数月」である2月に蒐集したために「赤券」を頂きましたが、蒐集癖とは恐ろしいもので、「青券」の方も欲しくなります。そこで、「奇数月」である3月に再チャレンジして参りました。イベント終盤である2022(令和4)年3月に本川越駅で頂いた「青券」になります。こちらは印刷されている様式は「赤券」と同じものですが、「青券」と言っても正確には緑色となっており、緑色せいぶてつどう自社地紋となっており、PJRてつどう地紋ではありませんでした。再掲いたしますが、本川越駅発行分はは発行枚数が多いためでしょうか、発行駅名が予め印字されているものが...西武鉄道「本川越駅管区各駅めぐり」途中下車印・入鋏印記念収集券~その3

  • 西武鉄道 「本川越駅管区各駅めぐり」途中下車印・入鋏印記念収集券 ~その2

    前回エントリーで、西武鉄道で実施されておりました「本川越駅管区各駅めぐり」途中下車印・入鋏印記念収集券を御紹介いたしましたが、その中で>JRでかつて発行されていた青春18きっぷの「赤券」と申し上げましたが、青春18きっぷの「赤券」はすでに過去帳入りしているものですので、ここで御紹介しておきたいと思います。JR北海道宗谷本線の南稚内駅で発行された青春18きっぷの「赤券」です。桃色JR北地紋の周遊券サイズの常備券となります。現在でもJR旅客鉄道各社では夏休みや春休み期間中に青春18きっぷを発売しておりますが、窓口のマルス端末か指定券券売機で発券される青色の指定共通券紙に印字されたものとなっており、常備券様式の「赤券」は平成20年代に廃止され、現在では発行されていません。「赤券」はもともと国鉄時代に発売開始され...西武鉄道「本川越駅管区各駅めぐり」途中下車印・入鋏印記念収集券~その2

  • 西武鉄道 「本川越駅管区各駅めぐり」途中下車印・入鋏印記念収集券 ~その1

    西武鉄道新宿線の本川越駅から航空公園駅までの各駅を管理している本川越駅管区では、2021(令和3)年10月1日から2022(令和4)年3月31日まで、「本川越駅管区各駅めぐり」という企画イベントを開催しました。これは、西武新宿線の新所沢・狭山市・本川越駅いずれかの窓口で無料配布される「途中下車印・入鋏印記念収集券」に、入鋏印や途中下車印などを、対象となる各駅で押印してもらえるイベントでした。このイベントに参加するには各駅間を乗車するために有効な乗車券(IC乗車券や定期券でも可)が必要で、改札の入場、もしくは出場が必要となっており、「入場→入鋏印」「出場→途中下車印」というルールに則って収集券に捺印されます。こちらが、イベントを告知する駅のポスターです。管理人はこのイベントを存じ上げませんでしたが、たまたま...西武鉄道「本川越駅管区各駅めぐり」途中下車印・入鋏印記念収集券~その1

  • 京成電鉄 京成船橋から京浜急行電鉄三浦海岸ゆき 片道三線連絡乗車券

    1974(昭和49)年5月に、京成電鉄本線の京成船橋駅で発行された、京浜急行電鉄三浦海岸ゆきの片道三線連絡乗車券です。黄色JPRてつどう地紋のB型相互式大人・小児用券で、山口証券印刷で調製されたものと思われます。経由欄には「泉岳寺・北品川経由」と記載されております通り、乗車経路は、京成船橋~(京成電鉄本線)~青砥~(京成電鉄押上線)~押上~(東京都交通局浅草線)~泉岳寺~(京浜急行電鉄本線)~堀ノ内~(京浜急行電鉄久里浜線)~三浦海岸という、営業キロ95.4kmの道のりになります。当時、このような長距離の連絡乗車券が常備券として設備されていた背景は不明ですが、潮干狩りやバーベキューで有名なふなばし三番瀬の最寄駅である京成船橋駅から、海釣りやバーベキューで有名な三浦海岸を結ぶ区間の乗車券としてどれだけの需要...京成電鉄京成船橋から京浜急行電鉄三浦海岸ゆき片道三線連絡乗車券

  • 小田急電鉄 小田原駅発行普通入場券

    今から33年前の今日である、1989(平成元)年6月14日に小田急電鉄小田原線の小田原駅で発行された普通入場券です。白色無地紋のB型大人・小児用券で、井口印刷で調製されたものと思われます。当時の小田急電鉄では各駅で硬券の普通入場券と初乗り区間の乗車券は常時発売しておりましたが、小田原駅がJRとの改札分離がされていなかった時代、同駅構内に精算窓口があり、そこでは小田急全区間について硬券乗車券での発売が行われていました。裏面です。券番のほか、発行箇所名が記載されています。小田急電鉄小田原駅発行普通入場券

  • 大阪駅発行 ポートピア’81 往復割引乗車券

    1981(昭和56)年3月に大阪駅で発行された、ポートピア’81往復割引乗車券です。青色こくてつ地紋のD型大人・小児用往復券で、大阪印刷場で調製されたものです。ポートピア’81は正式には「神戸ポートアイランド博覧会」という、神戸のポートアイランド地区で1981(昭和56)年3月20日から9月15日までの間に開催された博覧会で、御紹介の券は、大阪駅から会場へのアクセスである神戸新交通ポートアイランド線への乗換え駅である三ノ宮駅までの往復割引乗車券になります。当時の大阪駅から三ノ宮駅までの国鉄の片道運賃は360円であり、発売額である560円は片道の2割引である280円(360円x0.8=288円の10円未満切り捨て)を2倍した金額になりますので、往復運賃の2割引ということになります。裏面です。乗車変更や途中下...大阪駅発行ポートピア’81往復割引乗車券

  • ◯委 塩原温泉駅発行 東京山手線内ゆき 片道乗車券

    1977(昭和52)年3月に国鉄自動車塩原線の駅である、◯委塩原温泉駅で発行された、東京山手線内ゆきの片道乗車券です。青色こくてつ地紋のA型一般式大人・小児用券で、東京印刷場で調製されたものです。乗車経路は、塩原温泉~(塩原線)~西那須野~(東北本線)~東京山手線内というルートで、国鉄自動車線と鉄道線の通し乗車券になります。塩原温泉駅から西那須野駅までの塩原線の営業キロは21.7km、西那須野駅から東京山手線内(東京駅)までの営業キロは151.8kmで、合計すると173.5kmの距離になります。当時の国鉄の旅客営業規則では、普通乗車券の有効期間は、鉄道区間若しくは航路区間内各駅相互発着又はこれらの区間にまたがる乗車券の有効期間は、営業キロが100キロメートルまでのときは1日、100キロメートルをこえ200...◯委塩原温泉駅発行東京山手線内ゆき片道乗車券

  • 西武鉄道 西武秩父駅発行 精算済証

    1978(昭和53)年頃に、西武鉄道秩父線の西武秩父駅で発行された精算済証です。黄色せいぶてつどう自社地紋の券売機券紙をカットして作成されたものです。当時使用されておりましたスミインク式券売機用の券紙が使用されており、この券紙は横に繋がったロール状のものであったようです。捺印されております「精算済証西武秩父駅」のゴム印は一体型になっており、よく見ますとカットすべき横ラインもあったようで、その辺を鋏で切断して作成されていたようです。この券は改札内にあります精算所で精算した際に渡され、改札口を出場する際に回収されました。特に枚数管理などは行っていないようで、実際に管理人が精算をした際の1枚を頂くことができました。現在、同社では乗車券類はPJRてつどう地紋の券紙に切り替えられており、自社地紋は特別補充券や一部の...西武鉄道西武秩父駅発行精算済証

  • 京浜急行電鉄 京急ウィング号 着席指定券

    前回エントリーで京急電鉄のウィング・チケットを御紹介いたしました。今回は、ウィング・チケットと呼ばれる前に同社が発行しておりました、京急ウィング号着席指定券を御紹介いたしましょう。同社では現在ではモーニング・ウィング号とイブニング・ウィング号を運行しておりますが、かつては「京急ウィング号」という名称で、1992(平成4)年から平日の夕方・夜間の運転のみ行われていました。2015(平成27)年に平日朝のラッシュ時間帯に運転されるモーニング・ウィング号が運転され、2019(令和元)年には平日夕方および夜間に運転されている京急ウィング号がイブニング・ウィング号に改称されて現在に至っています。1994(平成6)年12月に発行された、京急ウィング号時代の着席指定券です。水色PJRてつどう地紋のA型大人専用券で、山口...京浜急行電鉄京急ウィング号着席指定券

  • 京急電鉄 品川駅発行イブニング・ウィング号 ウィングチケット

    2022(令和4)年4月に京急電鉄品川駅の券売機で発行された、イブニング・ウィング号用のウィングチケットです。イブニング・ウィング号は平日の夕方から夜間に運転される座席指定制の列車で、品川駅を出発すると途中の横浜駅は通過となり、上大岡駅まで止まりません。桃色PJRてつどう地紋のA型大人専用券で、縦型の座席指定券になっています。券面には乗車日および列車指定情報が記載され、乗車する際に券面のQRコードを乗車口の改札係員に提示して乗車します。イブニング・ウィング号に乗車する際には乗車券のほかに今回御紹介の座席指定券であるウィング・チケット(WingTicket)が必要になります。ウィング・チケットは乗車駅のウィング・チケット専用券売機で発売されている他、「KQuick」というイブニング・ウィング号やモーニング・...京急電鉄品川駅発行イブニング・ウィング号ウィングチケット

  • 東那須野駅発行 普通入場券

    前回エントリーで東北新幹線の大宮~盛岡間が開業した際に駅名改称された磐城西郷(現・新白河)駅の普通入場券を御紹介いたしました。東北新幹線が開業した1982(昭和57)年6月には、磐城西郷駅の他にもうひとつ、やはり新幹線の駅になるタイミングで駅名が改称された東那須野駅という駅がありました。1982(昭和57)年5月に東北本線東那須野駅で発行された普通入場券です。白色無地紋のB型大人・小児用券で、東京印刷場で調製されたものです。東那須野駅は黒磯駅と西那須野駅の間にある小規模の駅で、有人駅ではありましたが、急行などの優等列車の停車しない駅でした。黒磯駅は同駅以南が1,500Vの直流電化方式、以北が20kV・50Hz交流電化方式とされ、地上切り替え方式の交直接続設備が設置されていた関係から要衝駅となり、すべての優...東那須野駅発行普通入場券

  • 磐城西郷駅発行 普通入場券

    ちょうど40年前の1982(昭和57)年5月31日に東北本線磐城西郷(いわきにしごう。現・新白河)駅で発行された普通入場券です。白色無地紋のB型大人・小児用券で、東京印刷場で調製されたものです。同駅は近隣にある三菱製紙への専用線の分岐点として戦時中の1944(昭和19)年に信号場として開設された駅で、その後の1959(昭和34)年に旅客駅に昇格し、磐城西郷駅として開業したという歴史があります。この券が発行された翌月の6月23日、東北新幹線の大宮~盛岡間開業に伴って同駅は新幹線の停車駅となり、このタイミングで新白河駅に改称されています。また、信号場として開設された専用線についても、工場の操業形態の変化によって平成初めの頃に廃止されてしまっています。磐城西郷駅発行普通入場券

  • 東京都交通局 江戸橋駅発行 普通入場券 ~その2

    前回エントリーで東京都交通局の江戸橋駅で発行された普通入場券の大人専用券を御紹介いたしましたが、同局の普通入場券には小児用の設備もありました。大人専用券と同じ1976(昭和51)年12月に都営1号線(現・浅草線)の江戸橋(現・日本橋)駅で発行された、小児用の普通入場券です。白色無地紋赤横一条のB型小児専用券になっています。様式的には大人専用券に「小」の影文字を入れたもので、基本的に同局の硬券乗車券類には小児断片のある大人・小児用券というものは無いことに倣い、普通入場券についても大人・小児用券は無かったものと思われます。東京都交通局江戸橋駅発行普通入場券~その2

  • 東京都交通局 江戸橋駅発行 普通入場券 ~その1

    1976(昭和51)年12月に東京都交通局高速電車(都営地下鉄)1号線(現・浅草線)の江戸橋(現・日本橋)駅で発行された普通入場券です。白色無地紋赤横一条のB型大人専用券となっています。裏面です。券番の他に発行駅名の記載があります。都営地下鉄では各駅で普通入場券を発売しておりましたが、昭和50年代初頭の頃に発売されなくなってしまっています。理由は定かではありませんが、地下鉄の駅にわざわざお見送りのために入場料金を支払って入場する需要は殆ど無く、どの駅においても発売枚数が進んでいなかったことから廃止することに問題がないと判断されたのかもしれません。因みに、東京メトロでは、営団地下鉄時代から入場券の発売は行われておりません。江戸橋駅は都1号線の駅で、永代通りと昭和通りが交差する江戸橋一丁目交差点付近にあり、営...東京都交通局江戸橋駅発行普通入場券~その1

  • 弥彦駅発行 弥彦から630円区間ゆき 片道乗車券

    1985(昭和60)年4月に弥彦線の弥彦駅で発行された、同駅から630円区間ゆきの片道乗車券です。桃色こくてつ地紋のB型金額式大人・小児用券で、新潟印刷場で調製されたものです。駅近くにある彌彦神社の参拝の帰り、新潟駅まで乗車する際に購入しました。同駅には窓口の他に券売機がありましたが、窓口で入場券を購入した際に新潟までの硬券乗車券購入の可否を訊ねましたところ、大丈夫とのことで購入いたしました。券売機があっても、当時はまだ機械の操作に慣れていないお年寄りも多くいらっしゃったため、近距離乗車券を窓口でも発売できるようにしているとのことでした。裏面です。新潟印刷場の金額式券は裏面にも発駅および金額が記載されています。新潟駅の改札で記念に持ち帰りたい旨を申告いたしましたところ、当時の国鉄では「有価証券だから」とか...弥彦駅発行弥彦から630円区間ゆき片道乗車券

  • 富士山麓電気鉄道 河口湖から大月ゆき 片道乗車券 ~その2

    前回エントリーで富士山麓電気鉄道が発売した河口湖から大月ゆきの復刻硬券を御紹介いたしましたが、同社が富士急行になる前の「初代」富士山麓電気鉄道時代の同区間の乗車券が手元にございますので御紹介いたしましょう。1959(昭和34)年8月に河口湖駅で発行された大月ゆきの片道乗車券です。桃色PJRてつだう地紋のB型一般式大人・小児用券となっています。この当時はまだ等級制があった時代ですので、「3等」の表記があります。再掲いたしますが、現在発売されております同区間の復刻硬券になります。様式としては全く同じレイアウトにされて復刻されている訳では無いようです。富士山麓電気鉄道河口湖から大月ゆき片道乗車券~その2

  • 富士山麓電気鉄道 河口湖から大月ゆき 片道乗車券 ~その1

    2022(令和4)年4月、富士山麓電気鉄道河口湖駅で発行された、大月ゆきの片道乗車券です。桃色FSRふじさんろくでんきてつどう自社地紋のB型一般式大人・小児用券で、関東交通印刷で調製されたものと思われます。同社では、富士急行時代にはFKKふじきゅうこう自社地紋の乗車券類が発行されておりましたが、今回の分社化に伴い、新たに自社地紋を作成したということになります。御紹介の券は、同社が2022年4月1日で富士急行株式会社から分社化され、1926(大正15)年の創立当時の社名を復活させた新会社として富士山麓電気鉄道株式会社となったことを記念して発行された記念硬券で、実際には下吉田駅で発売されています。同駅では御紹介の券の他に14種類、計15種類の硬券が発売されています。購入すると、当時のものであったのでしょうか、菅沼式...富士山麓電気鉄道河口湖から大月ゆき片道乗車券~その1

  • 新松戸駅発行 北千住接続 営団地下鉄千代田線経由120円区間ゆき 片道連絡乗車券

    1984(昭和59)年10月に常磐線新松戸駅で発行された、北千住駅接続の営団地下鉄(現・東京メトロ)千代田線経由120円区間ゆき片道連絡乗車券です。桃色こくてつ地紋のB型金額式大人・小児用券で、前回エントリーで御紹介した荻窪駅発行の券同様の東京印刷場で調製されたものです。様式としては荻窪駅で発行されたものと同一ですが、北千住駅接続の営団地下鉄との連絡運輸は、国鉄側が常磐線の亀有~取手間各駅と武蔵野線の吉川~南流山間各駅、営団地下鉄側が千代田線の北綾瀬~二重橋前間各駅に限られておりましたため、千代田線の他に普通旅客の連絡運輸の設定のない日比谷線も乗り入れる北千住駅では不都合が生じることから、金額式の千代田線用連絡乗車券の場合、接続駅名の下に必ず「千代田線経由」を表示することと定められていました。そのため、御紹介の...新松戸駅発行北千住接続営団地下鉄千代田線経由120円区間ゆき片道連絡乗車券

  • 荻窪駅発行 中野接続 営団地下鉄120円区間ゆき 片道連絡乗車券

    中央本線荻窪駅で発行された、中野接続営団地下鉄(現・東京メトロ)120円区間ゆきの片道連絡乗車券です。桃色こくてつ地紋のB型金額式大人・小児用券で、東京印刷場で調製されたものです。この様式は国鉄時代末期からJR化後の東京印刷場管内で発行されていた一般的な連絡乗車券の様式ですが、この当時の国鉄から営団地下鉄への連絡運輸は殆どの区間において定期券のみの連絡運輸となっており、普通旅客については限られた区間しか設定がないため、意外と硬券乗車券が残っていません。かつては営団地下鉄との連絡乗車券が各接続駅毎に設定されていたようですが、地下鉄の路線網が複雑化していくにつれて運賃計算が煩雑になったことがその理由かと思われますが、この券が発行された当時の営団地下鉄との連絡運輸の行われていた接続駅は中野・西船橋・綾瀬・北千住・西日...荻窪駅発行中野接続営団地下鉄120円区間ゆき片道連絡乗車券

  • JR東日本 金子駅発行 普通入場券

    前回エントリーで国鉄時代の八高線金子駅で発行された普通入場券を御紹介いたしましたので、今回はJRとなってからの同駅で発行された普通入場券を御紹介いたしましょう。1988(昭和63)年11月にJR東日本八高線の金子駅で発行された普通入場券です。白色無地紋のB型大人・小児用券で、東京印刷場で調製されたものです。同駅は国鉄民営化後はJR東日本に継承されておりますが、昭和60年代には直営駅から拝島駅が管理する業務委託駅に運営が変わっています。そのため、券面右下には業務委託駅であることを示す「◯委」の符号が付けられています。現在、同駅は集改札業務は行っていますが、出札業務はは自動券売機での取扱いのみとなっています。また、駅員配置時間は7時30分~19時で、それ以外は不在となる営業形態になっています。JR東日本金子駅発行普通入場券

  • 金子駅発行 普通入場券

    1984(昭和59)年12月に、八高線金子駅で発行された普通入場券です。白色無地紋のB型大人・小児用券で、東京印刷場で調製されたものです。同駅は1931(昭和6)年12月に八高線の八王子~東飯能間が開業した際に開設された駅で、埼玉県入間市内(開業時は埼玉県入間郡武蔵町)では唯一の国鉄(JR)の駅になります。この券が発券された当時の同駅はすでに貨物の取扱いが廃止された旅客駅になっていましたが、国鉄の直営駅のままになっていました。金子駅発行普通入場券

  • 高槻駅発行 高槻から101km以上 普通列車グリーン券

    拙ブログ2022年4月29日エントリーの「大阪駅発行大阪から100kmまで普通列車グリーン券」が関西地区の普通列車にグリーン車が連結されていた頃をご存じの方から好評でしたので、今回は101km以上用の普通列車グリーン券を御紹介いたしましょう。1979(昭和54)年2月に東海道本線高槻駅で発行された、高槻から101km以上用の普通列車グリーン券です。若草色こくてつ地紋のA型大人専用券で、大阪印刷場で調製されたものです。関西地区の普通列車運用では米原から姫路・網干間でグリーン車が連結されている列車が多く運転されていたようですが、たとえば高槻から101km以上となりますと米原まででは100km以内に収まっており、姫路方面となりますと曽根以遠となり、米原からですと新大阪以遠、京都からだと大久保以遠、新大阪からだと網干と...高槻駅発行高槻から101km以上普通列車グリーン券

  • 伊豆急行 伊豆熱川駅発行 伊豆急下田から熱海まで 普通列車グリーン券

    前回エントリーで伊豆急行の伊豆急下田駅で発行された伊豆急下田から熱海までの普通列車グリーン券を御紹介いたしましたので、今回は伊豆急行の途中駅で発行された熱海までの券を御紹介いたしましょう。1979(昭和54)年4月に伊豆急行の伊豆熱川駅で発行された、熱海までの普通列車グリーン券です。緑色伊豆急自社地紋のA型大人専用券で、シンコー印刷で調製されたものと思われます。途中駅の需要があまり多くはない駅からの券は発駅名が空欄の記入式になっており、発駅名をゴム印で捺印のうえ発券されていました。裏面です。発行駅名も記入式となっており、ゴム印で捺印されています。国鉄発行の券や伊豆急下田駅の券同様、「伊東駅で同駅始発の電車に乗換えられます。」の注意書きがあります。確か、同社の普通列車グリーン料金は伊豆急線内だけを利用する場合は区...伊豆急行伊豆熱川駅発行伊豆急下田から熱海まで普通列車グリーン券

  • 伊豆急行 伊豆急下田駅発行 伊豆急下田から熱海まで 普通列車グリーン券

    前回エントリーで熱海駅で発行された熱海から伊豆急下田までの普通列車グリーン券を御紹介いたしましたので、今回は同じ区間ではありますが、逆ルートの普通列車グリーン券を御紹介いたしましょう。1976(昭和51)年8月に伊豆急行の伊豆急下田駅で発行された、熱海までの普通列車グリーン券です。緑色伊豆急自社地紋のA型大人専用券で、シンコー印刷で調製されたものと思われます。前回御紹介いたしました国鉄のグリーン券と、発行箇所が裏面にある以外、様式的には同じですが、印刷会社が異なりますので、活字の字体(フォント)や大きさが異なっており、雰囲気が異なります。再掲いたしますが、国鉄で発行された同区間のグリーン券です。裏面です。国鉄発行の券同様「伊東駅で同駅始発の電車に乗換えられます。」の注意書きがあります。伊豆急行伊豆急下田駅発行伊豆急下田から熱海まで普通列車グリーン券

  • 熱海駅発行 熱海から伊豆急下田まで 普通列車グリーン券

    1981(昭和56)年2月に東海道本線熱海駅で発行された、伊豆急下田までの普通列車グリーン券です。保存状態があまり良くないですが、若草色こくてつ地紋のA型大人専用券で、東京印刷場で調製されたものです。見た限りでは同印刷場で発行された一般的なグリーン券に見えますが、途中の熱海から伊豆急行線に接続する連絡グリーン券になります。裏面です。乗車経路としては、熱海~(伊東線)~伊東~(伊豆急行線)~伊豆急下田という経路になりますが、同区間の普通列車は直通運転されている列車と伊東駅で折り返してしまう列車などがあり、必ずしも伊豆急下田まで1本の列車で旅行することができるとは限らないため、「伊東駅で同駅始発の電車に乗換えられます。」という注意書きが記載されています。熱海駅発行熱海から伊豆急下田まで普通列車グリーン券

  • JR東日本 ◯社 藤沢駅発行 藤沢から50kmまで 普通列車グリーン券

    前回エントリーで国鉄時代の◯社藤沢駅で発行された藤沢から100kmまでの普通列車グリーン券を御紹介いたしましたが、同駅ではJRとなってからも、平成10年代までグリーン券の発売を行っていました。1998(平成10)年5月に◯社藤沢駅で発行された藤沢から50kmまでの普通列車グリーン券です。桃色PJRてつどう地紋のA型サーマル式券で、小田急電鉄の出札窓口用の印発機で発券されたものです。様式は当時のJR券売機で発券されたグリーン券に準じておりますが、右下に発行箇所名として「◯社2藤沢駅発行」の記載があります。同窓口は現在でも存在しておりますが、小田急電鉄ではグリーン券の発売を行っておりません。JR東日本◯社藤沢駅発行藤沢から50kmまで普通列車グリーン券

  • ◯社 藤沢駅発行 藤沢から100kmまで 普通列車グリーン券

    1978(昭和53)年9月に、東海道本線の◯社藤沢駅で発行された、100kmまでの普通列車グリーン券です。若草色こくてつ地紋のA型大人専用券で、東京印刷場で調製されたものです。発行された◯社藤沢駅は国鉄線と小田急線を結ぶ跨線橋上にある乗換改札にある窓口であり、この券は小田急電鉄の窓口で発行されたものになります。首都圏各地にある国鉄と私鉄の乗換改札のなかでも、同改札口ではグリーン券を取り扱っていた特殊な窓口でした。そもそも当時、私鉄から乗換え先の国鉄線の普通列車にグリーン車が連結されていた駅は、同駅の他に京浜急行電鉄が運営していた横浜駅や品川駅、東京都交通局が運営していた馬喰町駅、小田急電鉄が運営していた小田原駅くらいしかありませんでした。もしかすると存在したかもしれませんが、管理人が知る限りでは、藤沢駅しかグリ...◯社藤沢駅発行藤沢から100kmまで普通列車グリーン券

  • 大阪駅発行 大阪から100kmまで 普通列車グリーン券

    1980(昭和55)年8月に、東海道本線大阪駅で発行された、大阪から100kmまでの普通列車グリーン券です。若草色こくてつ地紋のA型大人専用券で、大阪印刷場で調製されたものです。現在の関西地区の普通列車にはグリーン車の連結はありませんが、かつては東海道本線の普通列車にはグリーン車が連結されていました。関西地区の普通列車にグリーン車が連結されていない理由には諸説ありますが、関西ならではの文化として、多くの人が快適性よりも価格の安さを重視する傾向があり、関東の人より安さを追求する人が多いため、グリーン車があったとしても、普通車に乗車しようと所要時間は同じであることから、グリーン料金という追加料金がかかるのであれば、追加料金のかからない普通車で座れない状態であっても我慢しようとする人が多いという説が定番のようです。こ...大阪駅発行大阪から100kmまで普通列車グリーン券

  • 京王帝都電鉄 京王八王子駅普通入場券

    1983(昭和58)年12月に京王帝都電鉄京王線の京王八王子駅で発行された普通入場券です。桃色けいおうていと自社旧地紋、赤横一条のB型大人・小児用券で、山口証券印刷で調製されたものと思われます。当時、同社では硬券の普通入場券が設備されていた駅がありましたが、まだネットなどで情報が簡単に入手できる時代ではありませんでしたので、地道に窓口で硬券の入場券があるかどうかを確認して購入していました。その後、同社では通常発売の硬券入場券の発売は終了していますが、平成になってからゾロ目の日を記念した記念要素の硬券入場券は何度か発売されたようです。ただ、高尾山口駅だけは平成10年代頃まで、硬券入場券が通常発売で残されていました。京王帝都電鉄京王八王子駅普通入場券

  • 京王帝都電鉄 京王八王子から180円区間ゆき 片道乗車券

    1977(昭和52)年3月に、前回エントリーの東八王子駅から改称された、京王電鉄京王線の京王八王子駅で発行された180円区間ゆき片道乗車券です。桃色けいおうていと自社旧地紋の金額式A型券売機券で、スミインク式の時代のものになります。図示は致しませんが、まだこの時代は自動改札機が普及しておりませんでしたので、磁気膜のない白色の券になります。当時はまだサーマル方式の券は登場しておらず、同社の券売機券としてはスタンダードな様式になります。京王帝都電鉄京王八王子から180円区間ゆき片道乗車券

  • 京王帝都電鉄 東八王子から10円区間ゆき 片道乗車券

    1962(昭和37)年3月に京王帝都電鉄(現・京王電鉄)京王線東八王子(現・京王八王子)駅で発行された、10円区間ゆき片道乗車券です。緑色けいおうていと旧自社地紋のB型金額式大人専用券で、井口印刷で調製されたものです。発行された時代からするとまだ鉄道乗車券には「等級」が記載されていた頃ではありますが、この券には等級表示はありません。裏面です。井口印刷独特のフォントの券番の他、社名・発行駅名、「東八王子から10円区間」の印刷があります。東八王子駅は京王帝都電鉄の前身である玉南電気鉄道によって大正時代末期に開業した駅で、京王電気軌道との合併や陸上交通事業調整法による戦時合併による大東急の時代を経て、戦後京王帝都電鉄の駅になっています。1963(昭和38)年、同駅は八王子市の都市計画の影響で約200メートルほど北野駅...京王帝都電鉄東八王子から10円区間ゆき片道乗車券

  • 加古川駅発行 別府港ゆき連絡片道乗車券

    1981(昭和56)年8月に山陽本線加古川駅で発行された高砂線野口駅接続、別府鉄道別府港ゆきの連絡片道乗車券です。桃色こくてつ地紋のA型一般式大人・小児用券で、大阪印刷場で調製されたものです。この券が発行された当時、加古川駅には山陽本線と加古川線の他に高砂線という加古川~高砂間の路線があり、野口駅は高砂線の1駅目の駅になります。同駅は加古川駅から営業キロ2.0kmほどの駅で加古川市の市街地の中にあり、ここからは別府鉄道という私鉄に乗換えることができる乗換駅でした。しかしながら、島式1面2線のホームに高砂線と別府鉄道の線路が到着する形の無人駅になっていました。裏面です。別府港駅の無効印が捺印されていますが、ゴム印の印面が摩耗し、スタンプ台のインクも乾燥していて、あまり鮮明な陰影ではありません。高砂線は営業キロが1...加古川駅発行別府港ゆき連絡片道乗車券

  • 西武鉄道 西武新宿から本川越までの特急券

    これまで、西武鉄道でかつて発行されていた「むさし53号」の特急券を御紹介して参りました。今回は同社の現行の特急券を御紹介したいと思います。2022(令和4)年3月に西武新宿駅で発行された、本川越までの小江戸15号特急券です。桃色PJRてつどう地紋の85mm券で、出札窓口端末で発券されています。同社の特急券は端末で発券されるようになってからも様式は少しずつ変化しており、ローマ字や車両形式などが追記された現行の様式になります。特急券の他に乗車券も一葉にして発券することもでき、その場合には表題は「乗車券・特急券」となり、左下の発売額(合計)と特急券(料金)の間に乗車券(運賃)が記載されます。この券は窓口端末で発券されておりますが、改札内には特急券券売機も設置されており、若干フォントが異なるようです。新宿線の特急「むさ...西武鉄道西武新宿から本川越までの特急券

  • 西武鉄道 本川越駅発行 西武本川越ステーションビル30周年記念乗車券 ~その3

    前回および前々回エントリーで西武鉄道本川越駅で発行された西武本川越ステーションビル30周年記念乗車券を御紹介いたしましたが、この券を購入して改札カウンターへ持って行くと、レプリカ特急券部分に、かつて同社の検札で使用されていた検札鋏を入れて頂くことができました。前回御紹介いたしました当時の特急券にも、よく見ると小児断片の下側部分に検札鋏の痕跡があるのが分かるかと思います。特急券を所持しないで乗車する旅客が多かったのでしょうか、当時は高田馬場駅を発車すると次の停車駅である所沢(現在は東村山)までの間に検札が行われていました。再掲いたしますが、購入した乗車券に付いてくるレプリカ特急券になります。この券のレプリカ特急券部分の料金(310円)と記載されている部分にうっすらと検札鋏が入っていることが分かります。👉拡大してみ...西武鉄道本川越駅発行西武本川越ステーションビル30周年記念乗車券~その3

  • 西武鉄道 本川越駅発行 西武本川越ステーションビル30周年記念乗車券 ~その2

    前回エントリーで御紹介いたしました、西武鉄道本川越駅で発行された「西武本川越ステーションビル30周年記念乗車券」のレプリカ特急券について観察致しましょう。再掲いたしますが、「西武本川越ステーションビル30周年記念乗車券」と同時に発行されたレプリカ特急券です。縦85mmのうちの55mmくらいの部分には記念券についての説明等が記載されており、下の30mmくらいの部分がレプリカ特急券になります。説明の部分に記載されているように、この券は、かつて西武新宿~本川越間で運転されていた「むさし53号」の特急券を模したものになります。様式的にはむさし53号末期の特急券をモデルにしているようで、料金部分が「当時310円」と記載されています。これは現在の特急料金が500円であるため、何らかの混乱を避けるための対策であるものと思われ...西武鉄道本川越駅発行西武本川越ステーションビル30周年記念乗車券~その2

  • 西武鉄道 本川越駅発行 西武本川越ステーションビル30周年記念乗車券 ~その1

    西武鉄道では、新宿線本川越駅構内にあります西武本川越ステーションビルの30周年の記念乗車券として、川越市内の時の鐘の絵をあしらった記念乗車券と、1991(平成3)年に西武新宿駅から本川越駅間で初代レッドアロー号5000系によって運転されていた「むさし53号」の特急券(レプリカ)記念カードのセットを期間限定で発売しました。2022(令和4)年3月に新宿線本川越駅で発売された「西武本川越ステーションビル30周年記念乗車券」です。桃色PJRてつどう地紋の85mm券で、券売機にて発券されています。一枚目が乗車券で、二枚目が「むさし53号」の特急券(レプリカ)記念カードです。発券される券売機の画面を記録するのを失念しましたが、発券画面の「おトクなきっぷ」という企画乗車券類を購入するボタンを選択し、さらに「期間限定発売きっ...西武鉄道本川越駅発行西武本川越ステーションビル30周年記念乗車券~その1

  • 鐵道省 品川から横浜ゆき 2等車用乗車券

    1932(昭和7)年10月に東海道本線品川駅で発行された、横浜ゆきの2等車用乗車券です。青色GJRてつだうしゃう地紋のB型相互式大人・小児用券となっています。当時の品川~横浜間は現在と同じように東海道本線や横須賀線の列車(電車)や京浜・東北線の電車が運転されておりましたが、京浜・東北線(現在は京浜東北線)の電車にも2等車が連結されており、同区間の2等車の需要はそれなりにあったものと推測されます。京浜・東北線はこの券が発行された約1ヶ月前に東北本線の赤羽~大宮間が電化されたことに伴って大宮駅まで運転されるようになったころでしたが、6年後の1938(昭和13)年になると戦時輸送体制となり、京浜・東北線の2等車は廃止されてしまっています。鐵道省品川から横浜ゆき2等車用乗車券

  • 原宿駅発行 渋谷接続東急線80円区間ゆき 片道連絡乗車券

    1985(昭和60)年1月に山手線原宿駅の券売機で発行された、渋谷接続東急線80円区間ゆきの片道連絡乗車券です。桃色国鉄券売機用特殊地紋のA型キレート式券となっています。キレート式券のため、経年による酸化により印字が薄くなってきています。当時の券売機による連絡乗車券は、国鉄近距離用の券売機とは別に私鉄連絡券専用の券売機を設置のうえで発売されておりましたので、あまり利用客の多くない駅については専用の券売機は設備されておらず、窓口で硬券による発売のみが行われていました。40年近く前のことなのでうろ覚えですが、私鉄連絡用の券売機には「近郊連絡線用」表示されていました。そして、発券選択ボタンは横に並んだようなボタンではなく、操作盤に国鉄と私鉄の簡単な路線図が書かれており、路線図内の任意の場所に金額の書かれた丸い選択ボタ...原宿駅発行渋谷接続東急線80円区間ゆき片道連絡乗車券

  • 東京横浜電鉄 渋谷から祐天寺ゆき 片道乗車券

    今から83年前の1939(昭和14)年4月7日に東京横浜電鉄(現・東急電鉄)渋谷駅で発行された、祐天寺ゆきの片道乗車券です。桃色てつだう地紋のB型一般式小児専用券となっています。渋谷駅は「澁谷」、祐天寺は「祐天寺」、通用発売日共は「(通)用發賣日共」等の旧字体が使用されています。裏面です。券番の他発行駅名の記載があります。こちらも「渋谷駅発行」が「澁谷驛發行」と旧字体になっています。東京横浜電鉄は現在の東急東横線で、現在は地下駅となった渋谷駅と祐天寺駅は現在も営業していますが、経由駅となっている並木橋駅は地上線時代の渋谷駅と代官山駅の間の、現在の並木橋交差点付近にあった駅ですが、1945(昭和20)年5月24日および25日の空襲によって駅舎が全焼したため休止され、翌年正式に廃止されています。東京横浜電鉄渋谷から祐天寺ゆき片道乗車券

  • 箱根ロープウェイ 特殊補充券

    本年4月に箱根登山鉄道と合併した箱根ロープウェイの話題ですが、今回で連載を終了の予定ですので、もう少しお付き合いください。同社には特殊補充券の設備もありました。合併後になりますので時効かと思いますが、同社の特殊補充券です。大涌谷から姥子の区間で発売して頂いたものになります。若草色PJRてつどう地紋券で、等級制度のあった時代の残券のようです。モノクラス制となって以後に設備された等級制の表記が無い様式もあったようですが、管理人のコレクションはこの1枚しかございません。同社は観光鉄道なので土日祝日の窓口は大変混雑しており、訪問してもなかなか補充券の発券をお願いできる状況ではなかったのであまり伺わなかったのですが、コレクション仲間の話では、同社は補充券の発行は厳格であり、コレクション用として発行して頂けることは珍しいと...箱根ロープウェイ特殊補充券

  • 箱根ロープウェイ 桃源台から参宮橋ゆき 3社連絡乗車券

    廃札券になりますが、箱根ロープウェイ大涌谷駅で発行された、小田急電鉄小田原線参宮橋ゆきの片道3社連絡乗車券です。平成7.-7.-7.の日付を入れた状態にして、横浜駅で開催されていた鉄道イベントで販売されていたものです。青色PJRてつどう地紋のA型準常備式大人・小児用券で、シンコー印刷で調製されたものと思われます。乗車経路は、桃源台~(箱根ロープウェイ)~早雲山~(箱根登山鉄道鋼索線/ケールカー)~強羅~(箱根登山鉄道線/電車)~小田原~(小田急小田原線)~参宮橋という経路の3社連絡の乗車券になります。前回エントリーでも申し上げましたように、箱根フリーパスの利用率が高い同社から、東京方面へ乗車券を購入する需要はあまり多くなく、小田急線内の途中駅については、本厚木や町田などの需要の多い駅以外については準常備券にまと...箱根ロープウェイ桃源台から参宮橋ゆき3社連絡乗車券

  • 箱根ロープウェイ 桃源台から新宿ゆき 片道3社連絡乗車券

    本日(2022年4月1日)、箱根ロープウェイは箱根登山鉄道と合併し、合併後の商号は「箱根登山鉄道株式会社」を継続使用することとなりました。そのため、箱根ロープウェイの社名の入る乗車券は、昨日を以て発売終了しています。1989(平成元)年1月に箱根ロープウェイ桃源台駅で発行された、小田急電鉄新宿駅までの片道3社連絡乗車券です。青色PJRてつどう地紋のB型一般式大人・小児用券で、やはりシンコー印刷で調製されたものと思われます。乗車経路は、桃源台~(箱根ロープウェイ)~早雲山~(箱根登山鉄道鋼索線/ケールカー)~強羅~(箱根登山鉄道線/電車)~小田原~(小田急小田原線)~新宿という経路の3社連絡の乗車券になります。同社は小田急電鉄のグループ会社であり、また、「箱根ゴールデンコース」の一部区間という性格からこのような3...箱根ロープウェイ桃源台から新宿ゆき片道3社連絡乗車券

  • 箱根ロープウェイ 桃源台から小田原ゆき 片道連絡乗車券

    1992(平成4)年5月に箱根ロープウェイ桃源台駅で発行された、早雲山接続箱根登山鉄道小田原ゆきの片道連絡乗車券です。青色PJRてつどう地紋のB型一般式大人・小児用券で、社線完結用の乗車券同様、シンコー印刷で調製されたものと思われます。乗車経路は桃源台~(箱根ロープウェイ)~早雲山~(箱根登山鉄道鋼索線/ケーブルカー)~強羅~(箱根登山鉄道線/電車)~小田原という経路になります。同社の自社完結乗車券は発売当日限り有効となっておりますが、当時の箱根登山鉄道は社線完結であっても発売日共2日間有効となっておりましたため、連絡運輸先の規定に合わせた2日間有効となっています。裏面です。券番と社名の他、自社完結乗車券同様「途中下車可」の文言が印刷されています。御紹介の券は連絡乗車券になりますが、明後日(2022年4月1日)...箱根ロープウェイ桃源台から小田原ゆき片道連絡乗車券

  • 箱根ロープウェイ 桃源台駅発行 早雲山駅までの往復乗車券

    硬券が使用されていた時代の箱根ロープウェイの乗車券には、往復乗車券も設備されていました。硬券末期になりますが、1994(平成6)年12月に桃源台駅で発行された、早雲山までの往復乗車券です。桃色PJRてつどう地紋の一般式A型大人・小児用往復券で、シンコー印刷で調製されたものと思われます。同社では社線内完結の乗車券は当日限り有効となっていますので、往復乗車券の場合には発売日共2日間有効になりますが、途中下車が可能であるため、下車前途無効の文言はありません。裏面です。券番と発売駅名の他、片道乗車券同様、「途中下車可」の文言があります。箱根ロープウェイ桃源台駅発行早雲山駅までの往復乗車券

  • 箱根ロープウェイ 桃源台から大涌谷ゆき 片道乗車券

    1983(昭和58)年10月に箱根ロープウェイ桃源台駅で発行された、大涌谷ゆきの片道乗車券です。桃色PJRてつどう地紋のB型一般式大人・小児用券で、シンコー印刷で調製されたものと思われます。同社では硬券による乗車券の発売は平成初期に廃止されてしまっておりますが、硬券が現役であったころは、普通鉄道のものと変わらない様式で発売されておりました。裏面です。同社の乗車券は社線内は発売当日限り有効となっていますが、観光地の観光鉄道という性格から、現在でも発売当日内であれば途中下車が可能です。そのため、「下車前途無効」の文言はなく、「途中下車可」という特徴的なものが記載されています。箱根ロープウェイは本年(2022年)4月に箱根登山鉄道と合併し、合併後は箱根登山鉄道として営業することが決まっています。(同社ホームページ)そ...箱根ロープウェイ桃源台から大涌谷ゆき片道乗車券

  • 東京駅発行 東京から博多まで 閑散期用新幹線指定席特急券

    国鉄(JR)の特急列車の料金には通常期のほかに閑散期と繁忙期があります。本年からは「最繁忙期」という制度を設けるということが報道されていますが、国鉄時代は閑散期というものはありましたが、繁忙期という設定は、1984(昭和59)年4月に設定されるまでありませんでした。こちらも見本券ですが、東海道本線東京駅で発行された、同駅から博多までの閑散期用の大人・小児用新幹線指定席特急券になります。通常期とは異なる黄褐色こくてつ地紋のD型券で、こちらも東京印刷場で調製されたものです。国鉄部内では「閑幹特◯77」と呼ばれていたようです。裏面です。通常期券同様に指定席欄が設けられています。東京駅では通常、新幹線指定席特急券はマルス端末で発売されておりましたが、機械の故障などの非常時用として硬券の指定席券も設備されていたようです。...東京駅発行東京から博多まで閑散期用新幹線指定席特急券

  • 熱海駅発行 熱海から東京まで 小児用新幹線指定席特急券

    前回エントリーで東京から名古屋までの、硬券の大人・小児用新幹線指定席特急券を御紹介いたしました。新幹線の指定席はビジネス需要が多く、発売される特急券の大多数が大人用として発売されますが、当然ながら小児用として発売されることもあり、そのような時には小児断片を切断して発売されることが殆どでした。しかし、観光客利用率の高い駅の需要が多い区間については家族連れのパターンが多く、小児用としての発売実績が比較的多いことから、少数ながら小児専用券の設備もあったようです。見本券ですが、東海道本線熱海駅で発行された、同駅から東京までの小児専用の新幹線指定席特急券です。若草色こくてつ地紋のD型小児専用券で、東京印刷場で調製されたものです。見本券ですので実際にどれほどまで実使用されていたかは不明ですが、小児専用の新幹線指定席特急券は...熱海駅発行熱海から東京まで小児用新幹線指定席特急券

  • 板橋駅発行 東京から名古屋まで 新幹線指定席特急券

    1981(昭和56)年11月に赤羽線板橋駅で発行された、東京から名古屋までの新幹線指定席特急券です。若草色こくてつ地紋のD型大人・小児用の新幹線指定席一般用特急券(幹特㉞)という券で、東京印刷場で調製された券になります。硬券時代の新幹線指定席特急券は、表面には乗車区間や料金等が記載され、座席の指定情報は記載されていませんでした。「(座席の指定は裏面)」と記載されているように、すべて裏面に記載されています。裏面です。裏面には券番と発行駅名の他、座席の指定情報を記入する欄があります。当時の板橋駅は現在のように埼京線の列車の運転はなく、山手線の支線のような感じの「赤羽線」専用の列車によって池袋~赤羽間が運転されていた駅で、みどりの窓口はありませんでした。そのため、同駅で指定券を発売する際には池袋駅に電話で問い合わせを...板橋駅発行東京から名古屋まで新幹線指定席特急券

  • 近畿日本鉄道 白子駅発行 東京都区内駅ゆき片道連絡乗車券

    1980(昭和55)年8月に、近畿日本鉄道(近鉄)名古屋線の白子駅で発行された、東京都区内ゆきの片道連絡乗車券です。ねずみ色近鉄自社地紋のB型一般式大人・小児用券となっています。乗車経路は、白子~(近鉄名古屋線)~近鉄名古屋/名古屋~(東海道本線)~東京都区内というルートで、乗車経路としては一般的なルートであり、当時の近鉄線内の特急が停車するような駅には東京都区内ゆきといった長距離用の連絡乗車券の常備券が設備されている駅もありました。同社の硬券は長距離であってもB型券が使用されており、この法則は連絡乗車券についても当てはまっており、有効期間が4日に跨がるような長距離券であってもB型券というのは、全国的にもここだけのような気がします。B型券ですと入鋏(パンチ)を入れた際に印刷内容が欠落しますので、入鋏を入れる位置...近畿日本鉄道白子駅発行東京都区内駅ゆき片道連絡乗車券

  • JR東日本 空港第2ビル駅発行 精算券

    JR東日本成田線(空港支線)の空港第2ビル駅の改札口で発行されていた精算券です。白色無地紋のA型軟券となっています。この券はかつて成田国際空港で実施されていた検問に対応するため、改札が入口と出口とに分離されていた時代に使用されていました。同駅の入口改札は通常通りの形態ですが、京成電鉄の出口改札の先にセキュリティーエリアと呼ばれる空港の検問所があり、ここでパスポートなどの身分証明書の提示を求められるとともに、手荷物検査が行われておりました。そのため、JR線改札から出場する際、一旦京成電鉄の構内を通ってセキュリティーエリアに行くことになることから、JRの出口改札では乗車券は回収されず、その先の京成電鉄の出口改札で乗車券の回収が行われ、セキュリティーエリアへ向かうようになっていました。そのため、JRの乗車券で乗越精算...JR東日本空港第2ビル駅発行精算券

  • 西鹿児島駅発行 東京都区内ゆき 片道乗車券

    1979(昭和54)年12月に鹿児島本線西鹿児島(現・鹿児島中央)駅で発行された、東京都区内ゆきの片道乗車券です。青色こくてつ地紋のA型一般式大人・小児用券で、門司印刷場で調製されたものです。鹿児島本線廻りの乗車券で、当時の運賃はちょうど一万円でした。前回エントリーまで、数回にわたって一万円を超える硬券の常備片道乗車券を御紹介して参りましたが、今回御紹介の券もそのような券になります。いままで御紹介して参りました乗車券を見ると分かりますが、国鉄乗車券の世界では、千円以上の運賃を表記する場合において3ケタおきにコンマ「,」を打つことは無く、一万円の場合は「10,000円」とはせず「10000円」と表記されています。参考ですが、こちらは東京印刷場で調製された、往復割引乗車券です。このような高額券であれ、発売金額にはコ...西鹿児島駅発行東京都区内ゆき片道乗車券

  • 善通寺駅発行 東京都区内ゆき片道乗車券

    国鉄末期の1987(昭和62)年3月に土讃線の善通寺駅で発行された、東京都区内ゆきの片道乗車券です。青色こくてつ地紋のA型一般式大人・小児用券で、高松印刷場で調製されたものです。高松印刷場の場合は活版印刷ではなく写植印刷が使用されており、印刷面が滑らかな印象があります。裏面です。四国総局管内には特定都区市内の設定駅がありませんが。着駅側には特定都区市内駅がありますので、そのような場合には裏面にその旨の印刷があります。また、高松印刷場の様式につきましても、運賃を印刷するスペースは比較的広く取られており、一万円を超える高額券の5ケタの運賃表記については全角文字で印刷されています。今まで数回にわたって金額が一万円を超える常備硬券乗車券を御紹介いたしましたが、運賃が一万円を超える硬券乗車券は需要の関係で限られていること...善通寺駅発行東京都区内ゆき片道乗車券

  • 広島駅発行 広島市内から東京都区内ゆき 片道乗車券

    1985(昭和60)年9月に広島駅で発行された、広島市内から東京都区内ゆきの片道乗車券です。青色こくてつ地紋のA型一般式大人・小児用券で、広島印刷場で調製されたものです。裏面です。広島印刷場で調製された券についても、特定都区市内関連の表記については、発駅・着駅分共に裏面に印刷されています。前回および前々回エントリーで御紹介いたしておりますが、国鉄末期の硬券片道乗車券の中には国鉄運賃の上昇によって一万円超えの券が登場しており、その中でも札幌印刷場で調製されたものについては5ケタに及ぶ運賃を印刷するスペースが若干足りず、「やむなく」半角文字で印刷されていることを御紹介いたしました。広島印刷場の場合、門司印刷場のもの同様、もともと運賃を印刷するスペースが広く取られており、5ケタであれ、全角文字で印刷されています。広島駅発行広島市内から東京都区内ゆき片道乗車券

  • 博多駅発行 福岡市内から東京都区内ゆき 片道乗車券

    1986(昭和61)年4月に博多駅で発行された、東京都区内ゆきの片道乗車券です。青色こくてつ地紋のA型一般式大人・小児用券で、門司印刷場で調製されたものです。当時、同駅では出札窓口にはマルス端末もしくは印発機が設備されており、東京都区内ゆきの通常発売券は端末発行の乗車券となっておりましたが、硬券のある窓口でお願いすれば、硬券でも発行してもらうことができました。裏面です。前回御紹介いたしました札幌印刷場の様式とは異なり、門司印刷場の様式については発駅および着駅の特定都区市内に関する記載が裏面に印刷されておりました。前回エントリーの中で、>時の硬券式片道乗車券において一万円を超える区間用になりますと>運賃を記載するスペースの関係上からか、半角文字での表記になっていると申し上げましたが、門司印刷場の場合にはもともと運...博多駅発行福岡市内から東京都区内ゆき片道乗車券

  • 札幌駅発行 札幌市内から東京都区内ゆき 片道乗車券

    1981(昭和56)年9月札幌駅で発行された、札幌市内から東京都区内ゆきの片道乗車券です。青色こくてつ地紋のA型一般式大人・小児用券で、札幌印刷場で調製されたものです。札幌印刷場の長距離乗車券は他の印刷場のものと少々様式が異なっており、着駅が特定都区市内の場合の下車前途無効に関する表記が表面に記載されているのが特徴で、「東京都区内下車前途無効」の文言が表記されています。裏面です。裏面には発駅に関する特定都区市内に関する注記が記載されており、券番の他に「札幌市内途中下車禁止」の文言があります。当時の同区間の運賃は10,400円になっていましたが、当時の硬券式片道乗車券において一万円を超える区間用になりますと運賃を記載するスペースの関係上からか、半角文字での表記になっています。同時期の函館駅で発行された、東京都区内...札幌駅発行札幌市内から東京都区内ゆき片道乗車券

  • 名古屋鉄道 東笠松から木曽川堤ゆき 車内乗車券

    前回エントリーのトヨタ自動車前駅普通入場券と同時期になります、1973(昭和48)年3月に、名古屋鉄道列車内で乗務員により発行された、名古屋本線東笠松駅(廃駅)から木曽川堤駅までの片道乗車券です。青色名古屋鉄道旧地紋の30円区間用券で、発売運賃金額の固定された図補になります。現在ではこのような様式はありませんが、同社ではすべての発売運賃に対応できる図補の他、御紹介のように需要の多い金額については、金額が固定された図補もありました。御紹介の30円区間用の他、90円区間用くらいまでが用意されており、それぞれ地紋の色が異なっていました。御紹介の券はちょうど49年前の3月4日に廃線となった挙母線に対応できる様式であり、恐らく同日もしくは近日中には廃札になった可能性があります。廃線となった挙母線部分を拡大してみました。先...名古屋鉄道東笠松から木曽川堤ゆき車内乗車券

  • 名古屋鉄道 トヨタ自動車前駅発行 普通入場券

    いまからちょうど49年前の1973(昭和48)年3月2日に、名古屋鉄道挙母線トヨタ自動車前駅で発行された普通入場券です。白色無地紋のB型大人・小児用券で、愛知印刷で調製されたものと思われます。裏面です。券番の他に発行駅名が記載されています。右下にあります「い481」という記載は昭和48年1月に印刷されたという印刷ロットになります。トヨタ自動車前駅はかつて名古屋鉄道が営業していた挙母線という三河線上挙母駅から大樹寺駅(廃駅)、岡崎市内線の岡崎井田駅(廃駅)までの路線で、大樹寺~岡崎井田間の軌道線部分については1962(昭和37)年の岡崎市内線という同社が営業していた岡崎市内の路面電車の廃線とともに部分廃線となり、残った大樹寺~上挙母間の鉄道線部分も、御紹介の券が発行された2日後の1973(昭和48)年3月4日に廃...名古屋鉄道トヨタ自動車前駅発行普通入場券

  • 小田急電鉄 湘南台から片瀬江ノ島までの小児専用片道乗車券

    前回エントリーで、かつて小田急電鉄新宿駅で発売されていた向ヶ丘遊園までの大人・小児用の往復乗車券を御紹介いたしました。同駅では同区間の小児専用往復乗車券の設備は無かったようですが、他駅では小児線用の往復乗車券を設備していた駅もありました。1986(昭和61)年2月24日に小田急電鉄江ノ島線の湘南台駅で発行された、片瀬江ノ島までの小児線用往復乗車券です。橙色PJRてつどう地紋のA型小児専用券で、大人・小児用同様、復路用券の券紙に薄い桃色の染色があります。現在でこそ、同駅には小田急電鉄江ノ島線の他に相模鉄道いずみ野線や横浜市交通局地下鉄ブルーラインが乗り入れる駅となっていますが、当時は小田急電鉄しか乗り入れていない駅でした。しかし、近隣に慶應義塾大学や文教大学などの大学があったり、新興住宅街があることから利用客が多...小田急電鉄湘南台から片瀬江ノ島までの小児専用片道乗車券

  • 小田急電鉄 「◯精◯地」新宿駅発行 向ヶ丘遊園までの往復乗車券

    前回エントリーで小田急電鉄下北沢駅の券売機で発行された往復乗車券を御紹介いたしましたので、今回はかつて硬券で発売されていたころの同社往復乗車券を御紹介いたしましょう。1985(昭和60)年6月に、新宿駅の国鉄線乗換改札口にあります精算所(◯精◯地・・・精算地下)にて発行された、向ヶ丘遊園までの往復乗車券です。橙色PJRてつどう地紋のA型往復大人・小児用券で、井口印刷で調製されたものと思われます。左半分の券が復路用(かえり券)となっており、復路用の部分については地紋の他、券紙に薄い桃色の染色があります。裏面です。券番および循環番号の他、社名・発行駅名・下車前途無効の記載があります。同窓口は国鉄線からの乗換旅客に対して国鉄線の運賃の精算および小田急線の乗車券の発売を行っていた窓口で、社線内の全区間の金額式硬券乗車券...小田急電鉄「◯精◯地」新宿駅発行向ヶ丘遊園までの往復乗車券

  • 小田急電鉄 下北沢駅発行 東北沢までの往復乗車券

    2019(令和元)年10月に、小田急電鉄下北沢駅で発行された、東北沢までの往復乗車券です。桃色PJRてつどう地紋の定期券サイズ(85㎜)券で、券売機にて発行されたものです。御紹介の券は往路用の「ゆき券」で、復路用は同時にもう1枚発券されます。こちらが同時に発券された復路用「かえり券」です。「ゆき」と「かえり」の表記の他、かえり券のみに往復運賃の記載があります。関東の私鉄では、券売機発行の往復乗車券の場合はA型券が2枚出てくることが多いですが、同社の場合は定期券サイズでの発券となっています。発行日の他に通用日が大きく表示されており、独特な様式です。同社では片道乗車券を出札端末で発券する場合も定期券サイズでの発券となっており、85㎜券が比較的いろいろな場面で使用されているようです。小田急電鉄下北沢駅発行東北沢までの往復乗車券

  • のと鉄道 穴水駅発行 和倉温泉から金沢ゆき B自由席特急券

    ちょうど7年前の今日、2015(平成27)年2月22日にのと鉄道穴水駅で発行された、和倉温泉から金沢ゆきのB自由席特急券です。青色JRW地紋のプリカット特殊指定共通券紙で発行されたものです。プリカット紙は旅行会社等の端末用に設定されている券紙で、JR直営駅で使用するロール状の券紙ではなく、印刷時に予め1枚づつの大きさにカットされたカードのような券紙となっており、1枚1枚に紫色用紙番号が付番されています。穴水駅の出札窓口は駅の窓口のようですが、JRが営業している出札窓口ではありませんので、旅行会社と同様の扱いになっています。発行箇所名は「◯ののと鉄道」となっており、どの駅で発行されたか、券だけ見る限りでは特定できません。本日は2022年2月22日と「2並び」の日です。時間まで刻印される入場券を購入すれば面白いので...のと鉄道穴水駅発行和倉温泉から金沢ゆきB自由席特急券

  • 多賀城駅発行 (千)千歳から100kmまで 急行券

    1979(昭和54)年11月に仙石線多賀城駅で発行された、千歳線千歳駅から100kmまでの急行券です。桃色こくてつ地紋のA型大人・小児用急行券(急①)で、仙台印刷場で調製されたものです。発行に際して、他駅(仙台)発用の券に二重線および訂正印を捺印のうえ、千歳線千歳駅からの券に訂正のうえで発券されています。本来であれば発駅が空欄の記入式(記急)を使用すべきところではあると思いますが、欠札になっていたのでしょうか、手間を掛けた方法で発行されています。「千歳」という印が独特で、普通であれば「(千)千歳」となるべきところ、「(千)千才」となっています。「歳」と「才」はどちらも年齢を表す時に用いられる漢字で、これには諸説があるようですが、「歳」の漢字が中学校で習う漢字で教育漢字には含まれおらず、小学生が自分の年齢を書く際...多賀城駅発行(千)千歳から100kmまで急行券

  • JR東日本 ◯K◯社 新宿から120円区間ゆき 片道乗車券

    1988(昭和63)年10月にJR東日本新宿駅で発行された、120円区間ゆき片道乗車券です。桃色JRE地紋のB型金額式大人・小児用券で、東京印刷場で調製されたものです。発行駅名の前にあります「◯K◯社」の符号で分かりますように、この券は京王帝都電鉄(京王電鉄)との乗換え改札で発行されたもので、社線発売分になります。通常、同改札ではJR東日本と京王電鉄の乗車券および区間変更券は券売機で発売しており、硬券での発売は国鉄時代の昭和50年代ころから行われておりませんが、この日は何らかの事情があり、硬券での臨時発売が行われていました。御紹介の券は非常時用に設備されていたもののようで、新宿駅発行の120円券としては珍しい大人・小児用券で設備されていました。(小田急線乗換改札用)(自社非常時用)通常発売されている小田急線の乗...JR東日本◯K◯社新宿から120円区間ゆき片道乗車券

  • 京王電鉄 京王れーるランド ミニ電車乗車券

    拙ブログ2月12日エントリーで京王電鉄が運営する京王れーるランドの入館券を御紹介いたしましたが、同園には入館券の他、子供用のミニ電車の乗車券も券売機で発売しています。ミニ電車の乗車券です。青色京王れーるランド専用地紋のA型券で、日付および券番・時刻の表記が一般的な券売機発行の乗車券に準じています。左上には「京王電鉄」と、実物の乗車券のようです。京王れーるランド専用地紋です。このような券紙が特注で作成され、85㎜サイズの入館券とA型のミニ電車乗車券の双方を発券しています。どちらも実際に鉄道で使用されている券売機で発券されています。ミニ電車の「駅」である京王れーるランド駅に設置されている券売機です。券売機そのものは、実際に鉄道の駅で使用されているものと同じであることが分かります。券売機は本物ですが、電車はこんな列車...京王電鉄京王れーるランドミニ電車乗車券

  • 松波駅発行 恋路ゆき 片道乗車券

    本日はバレンタインデーです。鉄分の濃いテツヲタくんにはあまり関係のないことかもしれませんが、世間一般的にはこういう日なので、バレンタインデーにちょっと因んだ話題にしましょう。隣駅である恋路駅の駅名が縁起が良い、ということで1984(昭和59)年3月に能登線松波駅で発行された恋路ゆきの片道乗車券です。桃色こくてつ地紋のA型一般式大人・小児用券で、名古屋印刷場で調製されたものです。隣駅である恋路駅の駅名が縁起が良いということで、当時の「縁起きっぷ」ブームにあやかって発売されていました。松波から恋路ゆきの縁起きっぷは国鉄時代の約10年間とJR西日本になってからの1年間、そしてのと鉄道に転換されたからの7年間、当たり前のように発売されてきていましたが、冷静に考えてみれば「恋の片道切符」になってしまうわけであり、なぜ倍額...松波駅発行恋路ゆき片道乗車券

  • 京王電鉄 京王れーるランド 入館券

    2021(令和3)年9月に京王電鉄が運営しております、多摩動物公園駅に隣接する京王れーるランドで発行された入館券です。水色京王れーるランド専用地紋の85㎜券で、京王電鉄で使用されているものと同じ券売機を使用して発券されています。右下に[IC]とありますように、この券売機は交通系IC乗車券を使用することもできますので、管理人はJR東日本のSuicaを使用して購入しました。入館券は、施設の入り口に設置されている、京王電鉄で使用されているものと同じ自動改札機を通して入館し、改札機を通った時点で丸い穴が開けられます。出場する際にも自動改札機に券を投入しますが、回収されることなく、当日であれば何回も入出場することが可能です。同園の屋外車両展示場には、京王電気軌道時代から運行していた2400形をはじめ、2010系、5000...京王電鉄京王れーるランド入館券

  • 井笠鉄道 井原駅発行 東京都区内ゆき片道連絡乗車券

    廃札券ですが、井笠鉄道の井原駅から東京都区内ゆき片道連絡乗車券です。青色RTCてつどうじどうしゃ地紋のA型一般式大人・小児用券で、シンコー印刷で調製されたものと思われます。経由表記は「笠・陽・東海道経由」となっておりますが、これは「笠岡・山陽本線・東海道本線経由」の略になります。裏面です。券番の他、東京都区内下車前途無効の文言があります。地方の小私鉄の駅にこのような高額券が設備されていたというのは意外ですが、当時は、地方の小さな私鉄でも東京都区内までの乗車券発売の需要がそこそこあったようで、このような常備券を設備している会社が多くありました。同社の井原駅は矢掛線および神辺線が廃止された時に廃駅となりますが、井笠鉄道の井原駅は現在の井原鉄道の井原駅から700メートルくらい離れた場所にあり、井原バスセンターのある場...井笠鉄道井原駅発行東京都区内ゆき片道連絡乗車券

  • 井笠鉄道 笠岡から鬮場ゆき 片道乗車券

    1970(昭和45)年11月に岡山県にありました井笠鉄道の笠岡駅で発行された、鬮場(くじば)ゆきの片道乗車券です。青色RTCてつどうじょうしゃけん地紋のB型一般式大人・小児用券で、地元岡山のシンコー印刷で調製されたものと思われます。着駅の鬮場駅は笠岡駅から1駅目の駅で、ここには車庫がありました。この車庫は路線廃止後も車両ごと大切に保管されていましたが、1980(昭和55)年の夏に放火されて全焼し、現在の跡地には病院が建っています。しかし、鬮場の「鬮」という漢字は他で見たことのないような文字です。井笠鉄道は岡山県の笠岡および井原エリアを拠点として営業していた鉄道線で、軌間が762㎜のいわゆる「軽便鉄道」でした。笠岡から井原までの本線と途中の北川から矢掛までの矢掛線、終点井原から神辺までの神辺線がありました。しかし...井笠鉄道笠岡から鬮場ゆき片道乗車券

  • 京浜急行電鉄 学校裏駅発行 片道連絡乗車券

    1955(昭和30)年10月に、京浜急行電鉄(京急電鉄)学校裏(現・平和島)駅で発行された片道連絡乗車券です。桃色PJRてつどう地紋のB型地図式大人専用券となっています。学校裏駅は現在の平和島駅で、開業当時は沢田駅として開業しています。現在では町名には沢田という地名はありませんが、近くの交差点などに「沢田」の地名は残っています。学校裏という駅名がかなり特徴的で、小学校(当時は尋常小学校)の裏手にあったことから名付けられた駅名のようで、1961(昭和36)年に若干位置を移動させたうえで平和島駅に改称されたようです。同時期の国鉄品川駅で発行された10円区間ゆき片道乗車券です。こちらの地図を比較してみますと、基本的なラインはもちろん同じですが、カーブの描き方などが異なっており、印象は変わります。裏面です。裏面には券番...京浜急行電鉄学校裏駅発行片道連絡乗車券

  • JR東日本 東京都区内から札幌市内ゆき 片道乗車券 ~その2

    年が明けて、また新型コロナによって長距離旅行が制限され得るような事態になってきています。昨年は2回ほど公務の出張に絡めての札幌ゆき鉄道旅行を計画しましたが、新型コロナの緊急事態宣言によって出張そのものがすべてキャンセルとなってしまいましたため、旅行が中止となってしまいました。拙ブログ2021年12月29日エントリーの「JR東日本東京都区内から札幌市内ゆき片道乗車券」で2回目にキャンセルとなった乗車券をご紹介いたしましたが、さすらいの旅人様とLUPIN様から経由がおかしいのではないかというコメントを頂きました。ご紹介した乗車券は実際に管理人が指定券券売機で購入して実使用するつもりでおりましたが、実際には緊急事態宣言が再度発令され、札幌出張がキャンセルになってしまい、実使用は叶わないものとなってしまっていました。実...JR東日本東京都区内から札幌市内ゆき片道乗車券~その2

  • 上田電鉄 別所温泉から下之郷ゆき 片道乗車券

    2022(令和4)年1月末に硬券乗車券の発売を終了した上田電鉄別所線の別所温泉駅で、2006(平成18)年5月に発行された下之郷ゆきの片道乗車券です。青色BJRてつどうじどうしゃ地紋のB型一般式大人・小児用券で、日本交通印刷で調製されたものです。上田電鉄は、2005(平成17)年に上田交通が鉄道部門を上田電鉄として分社・子会社化した事業者で、現在は不動産事業などを営んでいる上田交通のグループ会社になっています。御紹介の券は、同社が上田交通から分社化される以前の上田交通時代に設備されたもので、社名の「(上田交通)」部分を二本線で抹消のうえ、「上田電鉄」の表記がされています。この表記は上段に「上田電鉄」下段に二本線というゴム印を作成のうえ捺印されたものです。我々世代ですと、「昭和」が「平成」になった時、昭和時代の乗...上田電鉄別所温泉から下之郷ゆき片道乗車券

  • 上田電鉄 上田から別所温泉ゆき 片道乗車券

    2010(平成22)年8月に上田電鉄別所線の上田駅で発行された、別所温泉ゆきの片道乗車券です。青色BJRてつどうじどうしゃ地紋のB型一般式大人・小児用券です。同社の硬券乗車券は上田電鉄となる前の上田交通・上田丸子電鉄の時代から基本的に様式は替わっておらず、数十年間同じ様式で発売されておりましたが、本日2022年1月31日を以て発売中止となることが正式に発表されました。同社のリリースに拠りますと、硬券乗車券の発売はすべて中止するようですが、入場券類については硬券の発売を継続する旨が記載されておりました。乗車券について硬券の発売が中止されることの理由については触れられておりませんが、同社では有人駅全駅(上田・下之郷・別所温泉)と無人駅の一部(赤坂上・上田原・大学前)については自動券売機が設備されており、これ以上硬券...上田電鉄上田から別所温泉ゆき片道乗車券

  • 蒲原鉄道 村松駅発行(信)加茂駅経由 東京都区内ゆき片道連絡乗車券

    前回エントリーで国鉄信越本線加茂駅で発行された東京都区内ゆきの片道乗車券と急行券の連綴券を御紹介いたしました。この中で、以前蒲原鉄道の村松駅で東京都区内ゆきの片道連絡乗車券を使用したことを申し上げましたので、今回はそのときの乗車券を御紹介いたしましょう。1975(昭和50)年5月に蒲原鉄道の村松駅で発行された、加茂駅経由の東京都区内ゆき片道連絡乗車券です。青色TTDてつどう地紋のA型一般式大人・小児用券で、日本交通印刷で調製されたものです。当時はある程度の需要があったものと思われますが、東京都区内ゆきや東京山手線内ゆきといった長距離の連絡乗車券を硬券で設備している地方私鉄が多数存在していました。蒲原鉄道はその後、1985(昭和60)年4月に村松駅~加茂駅間を部分廃止し、1999(平成11)年11月に残されていた...蒲原鉄道村松駅発行(信)加茂駅経由東京都区内ゆき片道連絡乗車券

  • (信)加茂駅発行 東京都区内ゆき片道乗車券・急行券連綴券

    1977(昭和52)年4月に信越本線加茂駅で発行された、東京都区内ゆき片道乗車券・急行券連綴券です。青色こくてつ地紋のD型大人専用連綴券で、新潟印刷場で調製されたものです。発駅の加茂駅は信越本線の他に関西本線にもありますので、信越本線の駅であることを示す「(信)」の符号が頭に付けられています。裏面です。乗車券部分の裏面に、東京都区内各駅で下車した場合は前途無効である旨が記載されています。同駅では東京都区内へ急行列車を利用して旅行する需要が多かったようで、一度に乗車券と急行券を発券することのできる連綴券が設備されていました。確か、自由席特急券の付いた連綴券も設備されていたと記憶しています。この券は、かつて加茂駅から磐越西線五泉駅までを結んでいた蒲原鉄道を訪問した帰路に使用したものでした。以前訪問した際には蒲原鉄道...(信)加茂駅発行東京都区内ゆき片道乗車券・急行券連綴券

  • 白坂駅発行 白坂から240円区間ゆき 片道乗車券

    1982(昭和57)年6月に東北本線白坂駅で発行された、白坂から240円区間ゆき片道乗車券です。桃色こくてつ地紋のB型金額式大人・小児用券で、東京印刷場で調製されたものです。この券は撮影の帰り、確か黒磯まで購入し、黒磯駅で下車した際に頂いたような気がします。もう40年も前のことなので記憶が鮮明ではありませんが、ED75の写真が手元にありますので記憶に間違いはないのですが、当日の乗車経路がどうであったのか、曖昧です。往きは定期券を持っていたので、白坂駅で精算して下車したので、手元に乗車券が残っていません。この日はED75が牽引する旧型客車の普通列車を撮影していて、無計画に降りたような記憶があります。当時はまだ在来線の特急列車が頻繁に運転されており、特急列車や急行列車、貨物列車の合間に普通列車が運転されているといっ...白坂駅発行白坂から240円区間ゆき片道乗車券

ブログリーダー」を活用して、isaburou_shinpeiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
isaburou_shinpeiさん
ブログタイトル
古紙蒐集雑記帖
フォロー
古紙蒐集雑記帖

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用