chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2009/01/29

1件〜100件

  • 朝活阿蘇ツーリング

    週末暑いしどーしよーかなーって家でゴロゴロしながら考えてるとこうさんが阿蘇で朝活するらしいので乗っかってみることにしてみました。まぁ、起きれたらって話ですけど・・・[翌朝]起きれるか心配だったけどやっぱりツーリングとなると起きれちゃうものなんだな。道の駅おおとう桜街道の集合時間が5時と言うことで家で出るときは当然のように真っ暗。虫攻撃を受けなら走って道の駅の横の向日葵畑の前まで来ると空がしらみかけてきた。太陽の方角を向く向日葵もいまはとりあえず昨日向いてたままの方向のようだ。時間になるので道の駅の駐車場に移動するとチビッ子バイクが集合。今日は発信者のこうさんとトノジンとせっちゃんのおっさん4人ツーリング。車内泊してる人もいっぱいいるためひそひそ声で挨拶したら静かに出発しま~す。昼間が暑いため早朝のツーリングなんだけど峠を越えるとメッシュジャケットだけじゃちょっと涼しすぎる感じ。ファームロー..

  • 男池苔セラピー

    今日の響の休日は登山は暑くて無理なので軽いトレッキング。ときおり夏の青空が見えるだけで雲が多い日に久しぶりにくじゅう連山の裾にある男池に来てみました。森の中の川は湧水ががなれているため1年中綺麗な水が流れていて半袖だとすこし肌寒いくらい。本来なら湧水池から名水の滝まで散策できる場所だったのだけど落石の危険箇所があって滝まで行けない代わりにちょっとだけ平治岳の登山道の序盤だけ歩いてみるつもり。まずは苔に囲まれた原生林に顔出すキノコ王国の住民達に挨拶。よく見る奴もいればあまりみない奴も住んでいます。これは初めて見たかも。裏側が抹茶色。抹茶に対して珈琲ミルクなキノコ ↓珈琲の付け合せに合いそうなお菓子みたいなキノコも。焼き目に見えるよね。大きさは一口サイズくらい。食べると幻覚で異世界に転生されそうだ。湿度100%の森の中でこの後も名前もわからない住民がいっぱい。九州では少ないブナの木にでっかいフ..

  • 朝の平尾台ツーリング

    暑くなって朝しかバイクに乗れない時期になると定番になるのが我が町の平尾台。近くに阿蘇や信州の高い山があるなら猛暑が続く時期でも行き先に悩まないと思うけどわたしの街で唯一涼しい場所と言えば平尾台一択になっちゃう。市内なので早朝に出なくてもいいためのんびりなスタートでしたがまだ涼しい峠を越えて下ってると強烈な朝日を浴びました。今日も暑くなりそうな日差し。朝もやがそのまま湿度に変わりそうな予感もするよ。眩しくてヘルメットのインナーシールドを下げてさらに極限までの薄目で走って平尾台に到着。下の国道よりやっぱり4度くらい気温が下がりました。日本三大カルスト台地と呼ばれてる平尾台ですがトレッキングだといろんなコースがあってもバイクで走れる道はそれほどないため一般車両が行ける行き止まりがゴール。茜ちゃんを木陰に停めて歩いてみるとちょうど合歓の木が満開。石灰岩の崖を背景に合歓の花のピンクが綺麗でした。草原..

  • キツネとウサギ

    [7月上旬]今日は真夏日。朝から湿度も高くて涼しくないためバイクは諦めて車で佐賀県に来ています。やって来たのは佐賀県の神埼町にあるクリーク公園。農業用の水路が迷路のようになっている一角にある大きな公園を散策するよ。探してるのはヒラヒラと華麗に舞うチョウトンボなのだけど今年は出会えるかな~?クリークの中を遊歩道が通っていてその中には茅葺屋根の資料館もある。広いので歩いてるうちにトンボとはたくさん会えました。シオカラトンボ♂に全部赤い奴。地面には小さなバッタかな?と思ったらこんなカエルだったよ。小さすぎてツチガエルかヌマガエルか区別がつかないけどとにかくわたしが捕獲したカエルの中で断トツに小さい。これだけ小さくてもちゃんとカエルの形してるのが凄いよ。地面にはこんな可愛い奴がいたけど木にも可愛い奴が居ました。2.5cmくらいのすっごく綺麗なアオマダラタマムシ。名前の通りタマムシの仲間で小さくても..

  • 生月島山頭草原ツーリング

    6月中旬の梅雨の合間の晴れた日。今日も元気に一年で一番早く顔を出す太陽と一緒の時間に出発。山から昇ったばかりの朝日を背中に浴びながら今日は長崎県の平戸方面に行くため県道で峠を越えて福岡都市高速へ向かいます。日曜日の早朝って事もあって何時もならトラックだらけの峠をオールクリア状態で駆け抜けて通勤の車も居ないガッラガラの福岡都市高速を走る。そのまま西九州道の無料区間をすべて走って伊万里からk5の山越え経由でやまびこロードへ。K5の山越え区間はすこしだけ林道っぽい雰囲気の区間があるものの広域農道のやまびこロードに出たらセンターラインのある緩やかな連続カーブの続く道を楽しんでるうちにもう平戸口に着いちゃった。国道に出ると渡る予定の平戸大橋の吊橋の赤い主塔が見えてるけど橋を渡る前にカトリック平戸口教会に寄ってみた。こういったカトリックの教会を見ると長崎県に来たんだな~って思っちゃう。始めて来てみたカ..

  • キノコな日

    梅雨明け宣言された1週間後からずっと天気が悪くてフライング宣言だと思いつつ雨が止んだ後は近所の森でキノコウォッチング(狩りではない)いつ夕立みたいな雨が降っても良い様に車でお出かけ。一歩森に入るとやっぱり出てる。名前はわかんないけどキノコらしい形のキノコ達。食べるのは知識がないため無理だけどキノコって形が可愛いし下から見たら綺麗なので好きなんだよねー。腐葉土の中にポツンと生えてたキノコを見たら苔の生えた場所へ。雨上がりなため苔の葉も閉じてなくて青々して綺麗。そんな苔を押し上げながら顔を出すキノコ。生命力を感じる。並んで生えるキノコにパラボラアンテナみたいなキノコ。地面じゃなくてもキノコは生える。枯れ木じゃないけどやたらとキノコに纏わり付かれてる木。生え方は木耳に似てるけどたぶん違うよね。7月らしく地面にはネジバナがいっぱい咲いていました。可愛いベニシジミも居れば緑な奴も居ます。たぶんヒメカ..

  • 小石原川ダムツーリング

    九州地方はまだ梅雨入りしてる頃の響の休日。今日は新しく付けたパーツのテストもかねての軽いツーリングです。梅雨入りしてる中の晴れなので蒸し蒸ししてるけど真夏の暑さってほどでもないためメッシュジャケットを着て走ってる間は快適。で、なにをテストするかと言うと5年間使ってたスマホのバッテリーが膨張して画面が浮き上がって中の基盤が見えるようになってしまったため新しい機種に変えたのだけど希望のスタンダードモデルは半導体不足のためなのかすぐに手に入らないので上位機種を買うことになるのですがそれがパソコン並みに高いんだよ。なので大事にしようとナビとしてバイクに装着した時の振動とかをすこしでも軽減するためハンドルブレースを付けてみました。形状的にハンドルの横方向の振動が大きいと思うのでそれを軽減するバーを付けたってわけでございます。アイドリング中にフロントブレーキを離した時の振動は明らかに軽減されましたが走..

  • 紫陽花ツーリング

    [6月中旬の響の休日]今日はショップにタイヤ交換をお願いしてるため作業の予約時間まで軽くツーリング。まずは稲荷前で森の妖精さんに挨拶。「タイヤが滑ってコケませんように」妖精さんに頼んでも困りそうなお願いをしたらすこし走って七国山の方へ。先週に太平洋が見える岬で紫陽花を見ましたが今日は近所の紫陽花も満開なのでいっぱい咲いてる場所に来てみました。晴れ間はあってもうす曇の日で紫陽花日和と言ってもいいのかな。土の酸性度で色が変わるなんて言われていた花だけど品種が増えてもうそんなの関係ないくらい色んな色が入り混じって咲いています。この品種なんかすごく可愛いし ↓額が猫の舌のように巻いてる。それからわたしが一番好きなガクアジサイ。中央の金平糖みたいなツブツブが可愛いんだよ。同じ木なのに二種類の色。一つの花なのにハーフ&ハーフな紫陽花も。くっきりと分かれないけど淡いグラデーションがすごくいい。花も咲くな..

  • 室津ツーリング

    [6月4日]まだ梅雨入り前の事。今日はいつ梅雨入りしてもいいようにとりあえずバイクに乗る日。それほど快晴ってわけでも無いし何処行こうかと考えましたがチビッ子バイクではあまり行かない山口県の下関周辺でディープに遊んでみようと思います。北九州市営モノレールの下を通って新門司から関門トンネルを目指す途中に新しく出来た北九州横須賀フェリーの発着場の近くにある津村島に寄ってみました。今は埋め立てで陸続きになってる津村島と言う小さな島で離島だった明治の40年に石灰石の採掘が始まり当時は200人も住んでた島だったらしい。その石灰岩の採掘は露天掘りだったのか採掘跡が池みたいになってる。手前が海で向こうが採掘跡の池。なんか不思議な風景だ。島を取り囲むようになった湾の中には黒鯛(チヌ)の良型が悠々と泳いでいました。わたしもフェリーターミナルが出来るまで来たこと無かった場所だったので新発見。では小銭を払うのがめ..

  • 矢筈岳トロッコ道ツーリング

    そろそろ「梅雨入り」のニュースにビクビクする日々がやって来たそんな季節の週末に晴れ予報が出たため積極的に走って走り溜めをするよー。(※今日梅雨明けしましたが・・・)世間様もお休みな週末ですがソロツーリングです。だって朝5時に家でたもん(笑)がっつり走りたいので早朝に出てきた為日田を抜ける頃に朝日を浴びました。行き先は高千穂を抜けて延岡まで 足を伸ばそうと思うので早い出発だったのだけど夏が目の前まで来てる季節なので早朝の空気がたまらなく気持ちいい。さすがにインナージャケットはまだ着てる気温の中ファームロードを走って亀石峠に差し掛かると雲海が出ていました。銀ガメ号さんのエンジンを切るとカッコウと鶯の声がします。猟師山に登る時に同じ場所で見た雲海より濃そうなので高千穂まで直行ルートをすこし変更してミルクロードで雲海チェックしてみようかな。朝霧の中を横切っていくキツネを避けながら瀬の本高原へ。朝..

  • 高原を歩こう

    5月最後の響の休日。今日はツーリングでも登山でもないゆる~いトレッキング。(散歩とも言う)温泉の鉄分などの成分が流れ込んでいるため赤くなった川を渡って大好きな長者原の蓼原湿原を歩きます。ピンクのフワフワなシモツケソウが咲いてないかな~って思ったけどまだ早かったらく蕾すら無い。咲いてる野草の種類は乏しかったけどホオアカが綺麗な声で鳴いていました。野焼で維持されてる草原の中の木道を進むと原生林の入口で坊がつると自然探索路との分岐があるので探索路側へ。この時期にここに来たのは野草も見たかったしエゾハルゼミの声を聞くためで予想通りめっちゃ鳴いてる。しかし赤松などの高い場所に止まってるためか全然姿を確認できないよ。お目当てのハルゼミは声だけだったけど他の子は出てきてくれました。綺麗なイトトンボとセリ科の花にいるゾウムシのペア。よく見ると小さなアリも蜜を食べにきてるようです。湿原から出た後は普通の原っ..

  • 出雲ツーリング(庄原編)

    [出雲ツーリング1日目はココから]∑・m= チュンチュンチュンチュン =m・>おはようございます。出雲市内で目覚めるツーリングの2日目でございます。6:30からのホテルの朝食を美味しく頂いて銀ガメ号さんに荷物を積んでしゅっぱーーつ。今日のタイトルは「庄原編」にしてるけど別に庄原がメインってわけでもなく広島県の庄原市を通過しただけで庄原の山の中でみた新緑が綺麗で印象的だったためそんなタイトルになってるってわけでございます。では出雲市のど真ん中から宍道湖の方へ向かいましょう。まだ朝靄が低地に溜まってるようなヒンヤリとした空気の中を走って山陰道の川津ICからR431に入ると正面に宍道湖の隣の中海が見えてきました。朝凪のためか鏡のような水面の汽水湖。適当に湖沿いにバイクを停めれる場所を探して眺めて見るとぼんやりと正面に大山の山影が見えています。なんて静かな場所なんでしょう?(国道が近いのでたまにト..

  • 出雲ツーリング(山陰編)

    さぁ、荷物を積んで走り出そう。わたしにはGWのような連休が無いので特にどこに行くわけでもなかったのだけどGWも終わった休日にちゃんと1泊の準備をしてお出かけ。以前は1泊以上のツーリングをするときは1泊でギリギリ行けるような遠くを目指したけど歳くっちゃったためかそんなに力まないユルいプランでまずは城下町の萩に来ています。なんとなく山陰の海が見たくて1日目の今日は海側をのんびりと走って島根県の出雲市で1泊しようと思うのでまずは日本海側の萩に来てるわけでございます。あまり高速ルートを使いたくないので美祢東JctからR490経由で萩市内に寄り道だけど5月と言うこともあって萩の特産の夏みかんの花の良い香りがずっとしてる。平安古鍵曲の路地に銀ガメ号さんを停めて朝の高速を走るのにインナーを重ねて着てたのでここで脱いで軽くなりました。萩市内を抜けたら後は延々と日本海を見ながらの単純なルート。しばらく走った..

  • 猟師山に登ろう

    今日はくじゅう連山の隣のお手軽な山に登ります。ご近所さんを誘うためお手軽な山をチョイスしたけど誰も釣れなかったため出発の時間はわたしの都合だけで良くなったため早朝に出発。するとこの時期では珍しく亀石峠では雲海が見れました。今日登るのはちょっとマイナーな猟師山でくじゅう連山に登る時に使う牧の戸登山口より瀬の本高原側にすこし下った場所に登山口があるので瀬の本高原経由で牧ノ戸峠に向かいました。牧の戸登山口はくじゅう連山のミヤマキリシマのシーズンでもあるため満車だけどこっちは5台くらいしか停まってない。車のトランクハッチを開けてラゲッジを椅子にして登山靴に履き替えたら合頭山登山口からスタート。ミズナラや柏の緑がすっごく綺麗。樹のトンネルもあるぞ。熊笹が覆う登山道をすこし進むと木々が減って空が明るくなり始める。木の隙間から見えていた青空がドーンと広がりました。たぶん後はずっとこんな感じだと思います。..

  • 仙酔峡ツーリング

    [5月14日]週末ですが前日まで雨だったのでプランニングも何もしてないのに晴れちゃったため今日も思い付きで走るソロツーリング。まだ雲が多いけどしっかり晴れてる。とりあえず野焼後の真っ黒な大地に緑が復活した「緑」をテーマに阿蘇方面を走ってみることにします。週末の通勤路のような感覚になってしまったルートでのんびりとファームロードを走りますが前日までの雨が乾ききってなくてセミウエットな状況。山の気温と道路が乾く気化熱効果なのか意外と寒いので小国町の温泉の駐車場でトイレを借りました。温泉客の邪魔にならないように端っこに茜ちゃんを停めましたが小さな溝みたいなところにアヤメが咲いている。溝でも山水が絶えず流れてる場所なのでしっかり咲いてくれてるみたい。ではトイレも借りたしすこし走って緑いっぱいの場所に行ってみましょう。最近「草テラス」が出来た小萩山稲荷神社の丘だけどテラスには登山グループが休憩中だった..

  • 土器山に登ろう

    5月9日(月)世の中が大型連休明けの初日で憂鬱になってる中でわたしは佐賀県の神埼市にある山岳信仰の霊山の「土器山」の登山口に来ています。始めて登る山で低山ならがら侮れないらしい山はわたしにどんな試練を与えてくれるのか?ドキドキ・・・いや、ワクワク。因みに土器山は別名八天山とも言います。「土」に点が付いてる字は初めて見たけど「どきやま」と読みたくなると思いますがこれで「かわらけやま」と読むんだってよ。読めるかぁ!しかし登山口の神社の境内には読み名の通りにかわらけが置いてありました。素焼きのお皿を投げて願掛けしたりする場所をたまに見かけりしませんか?(天橋立とか)そのかわらけです。これに願い事を書いて上宮にお供えするらしいのでしっかりお賽銭箱に200円を入れてかわらけをリュックに入れて登山スタート。登山の最初は竹林交じりの雑木林だけどすぐに土器山らしい地形が出現。古い時代の花崗岩が風化して雨水..

  • こがえる寺

    まだ世の中が大型連休の真っ只中の頃。連休に無縁なわたしは連休中は大人しくして賑わいが過ぎ去ってから遊ぶことにしてるためお出かけしない代わりに近所を散歩ついでに花が咲いてる場所を歩いて過ごしました。ニョキニョキポンポンが可愛い坊主頭にミツバチが来てました。今が一番盛りのポピー。(青いのはヤグルマソウ)わたしこのポピーの花を見ると花より不気味に薄目を開けてる蕾を探しちゃう。見られてる(=>▽<=)ユラユラ揺れる花に働き者のミツバチ。水辺の近くまで来ると近所ではあまり見ることの無いトンボが飛んでいました。親近感のわくぽってりしたボディーに羽にくっきりとした星があるのでヨツボシトンボだと思うけど湿原などに行かないと見れないトンボかと思ってたので近所にいてくれて嬉しい。で、水辺が近いとこんな危ない奴もいるので注意。「マムシ」大嫌いなのでいつも蛇センサーを作動させてるため運よく先に見つけれたけど踏まな..

  • 新緑の湯川山に登ろう

    今日は午後しか自由な時間がなかったためバイクをあきらめ近場の山で足の衰えを防止する登山をしようと岡垣町の湯川山にやってきました。14時ちょうどに登山口の成田山不動寺に車を停めてこんな眺めのところから登山スタート。ドングリの花満開の森と響灘が見える駐車場から森の中へ。登山にリターンして2度目なので登山アプリもなにも使わず知ってる道に入りますが登山道の真上にタケノコがニョキニョキ出てる。は竹かな?序盤の森の中は真竹と孟宗竹が混在していて階段の中にもタケノコがニョキっと顔出してる。登山道で伸びると厄介なので竹に育つ前のタケノコが数本倒されていました。ここまで育つと水分も含んでるのでめっちゃ重い。前日が雨だったためか森の倒木にはキノコも生えていました。湯川山の半分は階段地獄で初めての時はどこまで続くかわからないので心が折れそうだったけど先を知ってるので息は切れてるけど心は余裕。山頂手前は電波塔の管..

  • 天ヶ瀬ツーリング

    家から一歩外に出ると花の甘い香りがする晴れた日。今日はそんな花いっぱいの初夏の風景を楽しむため茜ちゃんでお出けけー。福智山が見えるところで平戸ツツジが満開。先日行った大村の躑躅園の久留米ツツジとは違って咲き方にバラつきが多いのでなかなか絶景とはならない品種だけど一輪が大きいので華やか。茜ちゃんを停めた側は綺麗だけどわたしの背中側にあるツツジは2分咲きくらいでした。ツツジを見たらいつもの小石原越え。平日で昼前という中途半端な時間なため車もいなくてガラガラ。日田の町を通過してk672で求来里の観音様の前を通って高塚地蔵尊。・・・の駐車場。阿蘇のツーリングの帰りに寄ったらまだ満開じゃなかったのでお約束通り満開になってから再訪してみました。雑草の生える隙間がないくらいみっちみちのギューギューに咲いてる。均等に配置されたキリシマツツジが良いアクセントだね。ただ柴桜って菜の花ほどでもないけど匂いはそれ..

  • 大村ドライブ

    今日は天気がいいのでかみさんとドライブ。車の時はツーリングのレポと違って途中に寄った場所もなにもかもすっ飛ばしていきなり目的地の中。やって来たのは数年前ツーリングでも来た大村市にある松本つつじ園。(800円/大人)今年はいろんな花が咲くのが早かったため4月の中旬にはもう満開でした。メインは小さな花がびっしり咲く久留米ツツジですがことしから園内の中央の広場にはネモフィラが咲いています。昨年までは柴桜だったみたいだけどやっぱり手入れが大変だしネモフィラがあると女子ウケも良いし躑躅とのコントラストですごく綺麗に見える気がするね。わたしも青い花って大好きなので来てよかった。満開の青い花の海には虫たちもいっぱい来てた。ビロウドツリアブにハナムグリ。もちろん定番のミツバチもいっぱい。厳しい自然界の中を生きる虫たちも今の時期はお腹を空かす事は無い気がする。視界のほとんどが青。そんな青い海の絶景を見ながら..

  • トカゲがまどろむ日

    ソメイヨシノが終わって八重咲きのぼたん桜が咲く頃。今年はまだやっていなかったムシムシ探しでマイフィールドにお出かけ。道端ではないけど公園ではヒヤシンスが綺麗に咲いていました。この花を見ると小学校のときに水栽培したのを思い出す。見上げるとハナミズキも満開。これは紫陽花はまだ早いのでオオデマリかな?園芸種にはなかなか虫たちが居ないので雑草エリアを探すとバッタ。まだ小さいね。ツマグロヒョウモンを追いかけて新緑の森の中へ。1年で一番すきな風景。そんな眩しい緑の木漏れ日の中で綺麗な子が日向ぼっこをしていました。日向が心地いい日って人も気持ち良い。(日焼け注意)チタンブルーのような色の尻尾が綺麗だ。こっちは地味だけど可愛いカナヘビくん。そういえば今年の藤は咲くの早かったなー。例年はGWくらいが満開なのに今年はソメイヨシノが散り始めるくらいに咲き始めちゃった。なので藤をメインに見にいくツーリングもドライ..

  • 花咲く鷹取山登山

    阿蘇で綺麗な桜を見た翌週。午前中はあれこれやる事があったので14:00から鷹取山に登って来ました。新緑で覆われた山に向かって福智ダムの上流の登山口からスタート。森に入るとせせらぎの音が心地いい季節になりました。渓流沿いを登って管理林道を進むと本格的に登山道らしい道へ。去年に登ってるので景色は同じだけど夕方に登るのは初めてなので光の射し込み方が違って明るい。半分を過ぎたことが判る熊笹エリアまで登って来ました。これを登りきると道の先が後光を射したように明るくなります。は~い、鷹取山の山頂に到着。ヒァーーッ!なになに?この時期に登るとラッパ水仙がこんなに咲いてんの?ただの城址だったのにお花畑みたいになってるよ。植えてるのだと思うけどきっちり並べずにランダム感がいい。ラッパ水仙越しに見る主峰の福智山。とりあえず鷹取山の山頂なので・・・「登ったゾーー」ラッパ水仙の他には春らしくリンドウもいっぱい咲い..

  • 花の阿蘇路ツーリング

    [4月10日(日)]昨日(土曜日)二丈岳に登って今日も引き続き天気が良いのでツーリング。筋肉痛も出てないしね。(月曜日に出ました)登山から帰った日は程よい疲れで21時過ぎくらいに寝ちゃったため目覚ましより早く起きてしまったよ。なのでお日様が顔を出す前に出発。山裾にはうっすらと霧がかかるような清々しい早朝の風景でしたが実際は寒い。夏日予報なので昼間に涼しくなれるマックスフリッツのベンチレーションがいっぱいあるデニムジャケットを着てインナーを重ね着して対応してるけどやっぱり山間部は寒かった。行き先は南阿蘇方面から大津の方に下ってぐるっと回るルートでちゃんとプランニングシートを作成をしたのでそのプランに従ってまずはいつものファームロードを走って途中からk12へ。朝陽を浴びるk12から松原ダム。最初の目的地は早朝じゃないと人が多すぎて寄れない杖立温泉の鯉のぼり。深い谷にある温泉地なのでここはまだ陽..

  • 二丈岳に登ろう

    今日は天気も良いしツーリングは明日にすることにして登山をしようとご近所さんを誘ってみるけど今日は誰も捕獲できず。鎖場のある山で遊ぼうかと思ってたけどソロ登山になっちゃったので糸島市にある二丈岳に変更。福岡都市高速を走ってゆらりんこ橋駐車場に車を停めます。駐車場でのんびりと準備をしたら二丈岳登山のスタート。始めての山なのでワクワクしますがろくに地図を見ないままゆらりんこ橋を渡ります。(山があるから登るように橋があるから渡る)するとこっちで良かったらしい。象さんのイラストが可愛い矢印看板があったよ。吊り橋からすぐに森の中に入りますがさっそくこんなかっこいい木を発見。岩にへばりつく根がすごい木に前でジドリしたけど立つ場所間違えた(汗)さらに進むと季節的に登山道脇はマムシグサが満開でした。満開といっても華やかさはゼロですけど。上着らしい上着は着てないけど暑くなったのでどこかでシャツを脱ぎたいと思っ..

  • 芦北球磨ツーリング(人吉編)

    <・m= チュンチュンおはようございます。熊本県の水俣で目覚める朝でございます。[初日の芦北編はココから]日帰りするか1泊かで迷った昨日ですがこうして知らない街で目覚める朝ってやっぱり楽しいね。ホテルの朝食がビュッフェスタイルで頂けるパンが美味しくて調子に乗って5つも食べてしまいお腹いっぱいのまま本日のツーリングの開始でございます。日帰り予定でもあったためプランニングをしっかりとしてないけど今日は内陸部に入って人吉周辺を走ってみることにしたよ。水俣市市街地から新幹線と肥薩おれんじ鉄道が並ぶ風景が見れるR268に曲がって伊佐市の方へ長閑な道を走ってるといつのまにか鹿児島県。同県の伊佐市に入ったところでナビを起動させて最初の目的地に着きました。1発目から申し訳ありませんが「響ホイホイ」でございます。すっごく広いグラウンドの中にあるけどチェーンが張られてるのでバイクは押して入ります。ホイホイから..

  • 芦北球磨ツーリング(芦北編)

    桜も散り始めた4月の初旬。今日のツーリングは日帰りにするか帰りの高速が寒いので1泊にするか悩みましたがとりあえず1泊の準備さえしておけば出先でどっちでも選択できるのでその作戦でツーリング開始。(タイトルで芦北編と書いてる時点で1泊決定ですが)行き先は熊本県の南部の芦北から水俣市方面なので九州道を南下。まずは氷川ICで高速を降りてでっかい楠のある神社に寄ってみた。「小川阿蘇神社」素朴なたたずまいの本殿の前に馬もいる神社でした。で、お目当ての大楠なんだけど2本が1本にくっついたような楠でとにかく根回りが巨大。ちょうど階段の下で掃除をしてるおばちゃんが居て楠の落ち葉を掃いても掃いてもきりがないって嘆いてたよ。(楠は春に葉が入れ替わります)嘆かれつつも愛され続ける大楠にツーリングの安全を祈願したら芦北方面に下る前にどうしても寄って置きたい場所へ。贅沢な4車線を端まで走ると居ました。会いたかったよー..

  • SAKURAツーリング2022

    今年も無事に開花宣言の後天候に邪魔されることなく桜が満開になってくれました。これまでもツーリングや休日でチラチラと桜は見てたけど今日は2022年の桜をテーマに桜をいっぱい見る花見ツーリングのスタートです。ガレージから茜ちゃんを出してツーリングを開始するのですが訳あって1部と2部構成で桜三昧になる予定。まず1部の最初は森の妖精さんに挨拶してからね。おはよう。近所だけどまじめまして。いままで色んな場所でシュールなトトロを見てきたけどこれはすごく良く出来てる。(歯のところにある粒はドングリです)公園でもなんでもない場所なのであまり知られてないトトロなんだけどちゃんとバス停もあるんだよ。(バスは来ないけど)こんな可愛いトトロに挨拶したらバイクで走りなら有名じゃないけど綺麗に咲いてる場所を探す桜ツーリングの開始。有名スポットに行けばなんの苦労もなく綺麗な桜がみれますが「俺の桜」って感じの場所を見つけ..

  • 高場山三椏苑ツーリング

    予報は晴れ。前日の夜まで雨が降ってたけど夜の内に雨も上がり朝陽が射す中の出発となりました。雨上がりの朝なので霧の中。今日のツーリングは大分県の由布市方面を走ってまだソメイヨシノは咲き始め程度なので桜じゃなくて始めて行くミツマタの群生地に行ってみようと思います。ミツマタの群生地は近年になって各地で見るようになったけど同じ場所に行っても同じ風景しか見れないので初めてのスポットを選んでみたよ。林道かもしんないので相棒は茜ちゃん。いつものアグリラインで南下して安心院からk50で由布院方面へ仙の岩の前を通って道がすこし峠に差し掛かるところにある枝垂れ桜。西照寺の枝垂れ桜なんだけどソメイヨシノがまだ2分咲き程度の中でこれは満開でした。初めて寄ったけどたぶん初めて満開の時に前を通ったからだと思います。大きな古木の桜って開花するタイミングが行ってみないと判らないので初めてこのお寺に枝垂れ桜があるのに気付い..

  • 菜の花ツーリング

    今日は平日で丸っと1日遊べる時間は無いけど天気が良いのでお出かけー。最高気温が20℃を超えたりした日が続いて急いで衣替えなんかをしてたけど出かけるには春らしくずっと白く霞んだ空ばかりだったのでした。しかし前日の雨ですっかり空気中の塵が洗い落されて久し振りに見る綺麗な青空なので出かけないわけにはいかないでしょう。遠くへ行くことも出来ないのだけど行きたい場所もあるのでまずは波津の海岸線。海沿いの道を少し走ったらさつき松原を裏から入ります。道なりに行けばそのまま松原だったのですがそんな無駄とも思える回り道が小さなバイクだと楽しいのよ。のどかな田んぼからいきなり松原に入る。あ~、思った通り今日は海が綺麗だ。流石に沖ノ島までは見えないかもしれないけど春の季節でここまで遠くが見える日はレアだと思う。茜ちゃんの背後の島が筑前大島で右は地島(じのしま)では元の道に戻りましょう。車両は通れない道なので押すの..

  • 春の休日

    まだ桜の開花の宣言も出てない春の休日。ブロッコリーの畑がブロッコリーの花畑になりました。産地に広がる畑が黄色い花畑になると菜の花のよりも先に春を感じる響でございます。今日は特にテーマとかありませんが外の陽気が気持ちいのでウロウロしてみます。遠賀川河口にいる渡らない白鳥。その白鳥と同じ水鳥仲間のイケメン君。カイツムリ好きなんだよー。でもすぐに潜っちゃう。水中で泳ぐの得意なのでDNA的には水鳥の白鳥よりペンギンの方が近いんじゃのかな?福智山の近くに移動して春らしい花。河津桜は終わってソメイヨシノはまだって時期に綺麗な桜が咲いていました。品種はわからないけど満開で馬酔木も満開。なにかの新芽もモフモフで可愛い。遅咲きの梅にはメジロも来ていました。横向いてるけどしっかりカメラ目線。前に見た時より花が大きくなったミツマタ。それと暖かいのでブルービーに会えないかな~と思って咲いてるハーブの前で見張ってた..

  • 福智山に登ろう

    今日はいつも麓から見てるけどハードルが高くて「いつか」「そのうち」って言いながら先延ばししてた山に登ってみようと思います。北部九州の真ん中にドーンとある福智山系の中のその主峰である福智山。麓からは森林限界の草原部分だけチラっと見える山でこの山があるので市内の移動も峠を越えたり都市高速で迂回するルートや九州道のトンネルを使わないと移動が面倒なんだよ。身近にあるけど若い時に登った時にその辺の有名な山よりきつかった記憶があるのでそれなりに体力をつけてからじゃないと無理かもって先延ばしにしていましたがそろそろ良いんじゃない?って事で登ってきまーす。人気の山なので登山ルートはたくさんあるけど一番簡単そうな上野(あがの)登山口から。登山者用の駐車場もあるのでそこに停めてすこしだけ舗装路を登ると登山口があります。序盤はこの辺の山でよく見るような植生の森を歩くと虎尾桜に向かう分岐があるのでそっちへ行って見..

  • 城島鬼面瓦ツーリング

    3月初旬の週末。土曜日なのでみんなバイクで走りそうな日だったけど今日は他人を巻き込み難いマニアックなツーリングをしたいのでソロツーリングでございます。行き先は久留米市南部から大川市方面でチマチマと停まることが予想されるので相棒は茜ちゃん。まずは夜須高原を抜けて筑前町へ。そこからさら南下して久留米市方面を目指しますが平野部なので道もまっすぐな道ばかり。今日は市街地の中を抜ける時意外はほとんどこんな風景ばかりになると思います。タイヤの真ん中だけが減るツーリングの開始だ。晴れてるものの黄砂の飛来の予報も出てるため遠くが見渡せないぶん直線がどこまでも続いてそうに見えます。その直線から直角に曲がってまた直線を繰り返しながら走ると久留米市の市街地を通過。街のど真ん中だけど道路は思った以上にガラガラ。郊外に大きなショッピングモールが乱立して福岡県の福岡市以外の街はだいたいこんな感じになってるよ。街の中を..

  • 四浦半島ツーリング

    ようこそ新しいブログへ。こちらでもどうぞよろしくお願いいたします。ではお乗換え早々ではございますが早くツーリングしたくてウズウズしてるので出発しまーーす。ドルルーーン3月初旬の朝はまだ寒くて陽が高くなってから出動するツーリングが続いていましたが今日は朝からお出かけです。相棒はすこし高速を使うので銀ガメ号さんでまずは立ち寄りのルーティンスポットになっている本庄池からアグリラインで南下。目的地は大分県の南部の津久見だけど東九州道はほとんどが片側1車線で遅い車がいると高速道路とは思えないスローペースに引っかかる可能性もあるためスイスイ走れる広域農道と田舎道で距離と小遣いを稼ぐ作戦でございます。快適なk658からk42を走って別府が近くなったところで速見インターから高速へ。速見インターからだと2車線あるしかなり距離を稼げてるのでお徳感いっぱい。しばらく走ったら松岡PAでトイレ休憩。ちょっとの区間で..

ブログリーダー」を活用して、響さんをフォローしませんか?

ハンドル名
響さん
ブログタイトル
路の先にあるもの
フォロー
路の先にあるもの

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用