searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Shirasu Jさんのプロフィール

住所
世田谷区
出身
世田谷区

マスコミの偏向、ねつ造、不報道、政治戦略、選挙戦略などが中心です。

ブログタイトル
美しい国への旅立ち
ブログURL
http://nihonnococoro.at.webry.info/
ブログ紹介文
テレビや新聞が取上げないテーマを中心に独自の情勢分析を行う、提案型保守系ブログ。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2009/01/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Shirasu Jさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Shirasu Jさん
ブログタイトル
美しい国への旅立ち
更新頻度
集計中
読者になる
美しい国への旅立ち

Shirasu Jさんの新着記事

1件〜30件

  • 日本共産党議員 常識が通じないなら共産党委員長国会議員事務所に質問・抗議するしかないではないか

    最近、日本共産党議員から、「人を殺すための予算」という、常識はずれの言葉が飛び出した。 日本共産党は、これまで面と向かっての質問や抗議にさらされてきていないから、この種の言動について、正当化できたと私は解している。 日本共産党については、敗戦後の共産党組織による組織的暴動、過激派による学生運動によって、共産党への面と向かっての批判、攻撃はしにくい面があった。 しかし、時代は変わった…

  • 選挙権拡大 若者たちは左翼系国会議員の正体を見抜いている!

    _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ お知らせ 本サイト 容量制限に伴い、7月1日に 下記サイトに移転します。 祖国創生  http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/ ブックマーク等の変更、お願いいたします。 本サイトは、書庫として残します。 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 日経世論調査によれば、今回選挙権を得る若者層の自民党への投票率が44%とダントツの数字だったそうだ。 …

  • 安倍自民党の巧妙な選挙対策 「日本のこころ」議席獲得を祈願!

    _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ お知らせ 本サイト 容量制限に伴い、7月1日に 下記サイトに移転します。 祖国創生  http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/ ブックマーク等の変更、お願いいたします。 本サイトは、書庫として残します。 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 安倍首相が単独過半数獲得について、珍しく悲観的見通しを述べている。 ――――――――――――――…

  • ヘイト法の悪夢 「表現の自由」を規制する最悪の事態を回避すべきだ

    ヘイト法には、一見無関係だが、ヘイト法の最終的なゴールを予見させる事案が一つある。 閔妃殺人犯の子孫による謝罪訪問 http://blog.goo.ne.jp/worldnote/e/9f9ff7e305470551822101713d69822c 同様の事案が一つある。 伊藤博文の暗殺犯の子孫が、伊藤博文の子孫に謝罪訪問したのであろうか? 満州開拓者たちが、朝鮮半島を徒歩で帰還している最中、日本人に略奪と凌辱と繰り返した韓国民は、その子孫に謝罪したの…

  • 中共は国家としての体をなしていない 中共は選挙期間中に軍事紛争を仕掛ける? 

    満州事変、支那事変時代の本を読まれている方なら、あることをご存じのはずである。 それは、中華民国は、名目的には国家であるように見えて、軍事的には、国家の体をなしていないことである。 以下の本、どれも名著である。 ――――――――――――――――― ・この厄介な国 中国 岡田英弘 ・嘘だらけの日中近現代史 倉山満 ・GHQ焚書図書開封7 戦前の日本人が見抜いた中国の本質 西尾幹二 ・共産中国はア…

  • ●●特権 どう実態把握・どう公式に認知させるか?

    個人的な経験談となるが、いわゆるノウハウ、技術という類のものは、文章化された次元で整理できて初めて確立すると私は思ってきた。私は、そういうやり方で仕事をしてきた。 いくら口でもっともらしく言おうが、ペーパーで示し、ペーパーに語らせなくては話にならない。政治を動かす、国会を動かすには、核心を突いたペーパーがどうしても必要となるのだ。 官界においては、業界実態調査という名目で、対象事項を定義、分…

  • 皇室問題 どうどう巡りのままでいいのか? 学び進化すべきではないのか?

    本稿、神道論の大家、葦津珍彦の再評価に係わる問題提起である。 誰が正統で誰が異端という問題は、中世ヨーロッパ社会の神学論争にて発生した。 神道には、教義書がない。それゆえ、聖書みたいな文書を有するキリスト教と宗教上の論争になった場合、拠り所となるものがない点において、教義書を有する一神教との論理論争において不利であると、一般的には言われてきた。 が、逆に、教義書がないことから、不毛な論争がな…

  • 参議院選挙公約とすべし 高齢者の高額保険治療まで若者世代が負担すべきなのか

    最近、高額保険医療の問題がニュースとなりつつある。 そして、高額保険医療で、最も負担を強いられるのは、現役世代である。 私は、後期高齢者の健保負担の問題を言っているのではない。 高額保険の恩恵を最も受ける世代が、もし彼ら後期高齢者世代で、歯止めなく高額保険医療が行われるのであれば、健康保険制度は破綻寸前に来ている、ということである。 知り得た情報などから、高額保険医療等、放置させてはならな…

  • 参議院選一大公約とすべきかもしれない 携帯電話料金の30%引き下げ

    最近の政局動向から、参議院選挙の争点が見えにくくなってきたことを危惧している。 本来なら、参議院選挙に備えるべき時期であるが、舛添事案、ヘイト法事案で保守ネット界はそちらに入れ込んでいる方が多い。 残念なことだ。 こういう状況で、選挙戦に突入して、いい結果が出るとは思えない。そこで、日本のこころを大切にする党の選挙公約の柱となることを期待し、「携帯電話料金の引き下げ」について、概括的視点から…

  • 電話勧誘の問題 日本を代表する企業の法令違反続出か?

    皆様のご自宅、携帯にかかってくるであろう、勧誘電話の中に、いわゆる誰もが知る、大企業が別の企業に販売勧誘を丸投げ、個人情報保護法違反(と解釈される)行為が相当数含まれていると判断、注意喚起を促す目的で出稿することとした。 特に問題とすべきなのは、契約増実績払いと思われる販売委託契約に基づき、テレマーケテイング会社が、販売勧誘しているケースである。 委託を受けたテレマーケテイング会社が、フリー…

  • ヘイト法対策 このままでは敵の思う壺だ!戦術変更しなくていいのか?

    ヘイトデモと(レッテル貼りされた)デモに賛同されている方、参加されている方向けに、このまま無防備にレッテル貼りされるようなデモを企画、実施する意義を考えていただきたいという趣旨から出稿することとした。 検討のための素材として11項目を示す。 ■論点1(デモ主催者の戦術の欠如について) ――――――――――――――――― 地方議会、政策立案のネットワーク  NPO法人教育再生・地方議員百…

  • 日本政府ユネスコ大使 ウイグル問題を扱うべきだ

    中谷防衛大臣が中共を牽制する発言を行ったそうである。 ――――――――――――――――― 仲裁裁判所判断無視の中国、中谷防衛相がけん制 http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160605-OYT1T50058.html?from=ytop_main1 2016年06月05日 19時23分  【シンガポール=石田浩之】中谷防衛相は5日、南シナ海の領有権を巡り、フィリピンが中国の主張を国際法違反として常設仲裁裁判所に提訴した問題に関連し、「…

  • グローバリゼーション アメリカの大統領はアメリカの支配者だったのか?

    本稿、音楽ネタと歴史書を組み合わせた考察である。 サイモンとガーファンクルというフォークデユオが歌った「アメリカ」という名曲、50歳以上の方ならご存じのことと思う。 このサイトにて訳詞が読める。 http://www.geocities.jp/can06310/America.html 気になるのは、 恋人関係の男女が旅する中でニューヨークを目指という状況 「スパイ」とか、「空っぽ」とか「虚しい」というキーワード、そして「みんなア…

  • ヘイトスピーチ法制化 どう対処すべきか

    かつて名プロ野球選手だった、あの張本勲が、安倍首相を番組で激賞したそうだ。 TBS「サンモニ」張本氏が安倍首相絶賛して関口の不興買う http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-3892.html 張本勲を言えば、現役選手時代、チョウセン、チョウセンと野次られた時代があった。 貧乏と差別の少年時代 張本勲「喝!」の背景 http://diamond.jp/articles/-/71994?page=3 良いものはいい、悪いものは悪い。出自が…

  • 秋篠宮家バチカン訪問 宮内庁記者会は機能していないのではないのか?

    宮内記者会についてご存じであろうか? Wikipediaにはこう書いてある。 ――――――――――――――――― https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%86%85%E8%A8%98%E8%80%85%E4%BC%9A 宮内記者会(くないきしゃかい)は、宮内庁の中にある記者クラブである。 天皇・皇后をはじめとした皇族らの会見や外出、宮中行事などの皇室に関する取材を行っている。 記者会は、宮内庁庁舎2階に部屋をもっており、読…

カテゴリー一覧
商用