chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
デキタン ドシタン https://blog.goo.ne.jp/awameme

日和佐(美波町)の出来事やマイライフを公開しています。

赤松吹筒花火の囃子ことば「デキタン ドシタン」のようなマイライフです。

AWAMEME
フォロー
住所
美波町
出身
徳島県
ブログ村参加

2008/11/24

1件〜100件

  • ノウゼンカツラ

    オレンジ色の花といえばノウゼンカツラもあります。画像は赤に近い色ですが、オレンジ色もアチコチでみられます。どうしてか、この時期はオレンジ花が目立つのが不思議ですが、ラン科では・・?ノウゼンカツラ

  • トリトマ

    オレンジ色と言えば「トリトマ」もそうでした。ここ2・3日で何本も伸びて咲いています。この葉の部分がネバくて小型耕運機などに巻き付くと、千切れなくて除去に困るのですが、切るだけなら鎌で簡単に切断できます。これもブラシに見えます・・😅トリトマ

  • ノカンゾウ

    ノカンゾウの茎が「すぅー」と沢山伸びてきています。チラホラと開花しているのを見かけるようになりましたが、間もなく自宅周辺も咲くことでしょう。ノカンゾウ

  • 赤松ばん茶づくり体験ツアー参加者募集

    7月2日(土)に『赤松ばん茶づくり体験ツアー』が開催されます。美波町観光協会主催で、茶摘みから桶に漬けるところまで体験できますが、都合のつく切りのよいところまで可能です。詳しくは美波町観光協会のホームページからお申込み下さい。美波町のイメージキャラクター「かめたろう」さんも一緒に楽しく体験できます。赤松ばん茶づくり体験ツアー参加者募集

  • トウワタ

    鮮やかな花のトウワタが一ヵ月前から咲いています。これも繁殖力が凄くて困りものですが・・?花は派手で目立ちます。トウワタ

  • ツチアケビ

    今年のツチアケビは不作・・?不成長なのか大きくならず、何本かは既に腐っています。以前に発見していた何ヶ所かも、全く発生していないようです。ツチアケビ

  • 紅白のネジバナ

    今朝は6時より、日和佐道の駅の草刈りをしていました。すると、白いネジバナが4本と、赤いのが何本も生えていました。カメラを取りに行って撮影したかったのですが、そんなことできずに刈ってしまいました。今から思えば、紅白の左右ネジ巻があったかも・・?紅白のネジバナ

  • 川と道路の清掃

    本日、8時~10時にて赤松川清掃作業と県道・町道の空き缶などのゴミ拾い作業があります。各地域の方でご参加できる方は宜しくお願い致します。そして、明日の20日(月)から鮎漁の解禁日(赤松川と川口ダム上流那賀川)となっています。川と道路の清掃

  • 半夏生が色づく

    半夏生(はんげしょう)は7月2日となっています。ところで、昨日のこと休耕田に生えているのを確認してみると、葉が白くなりかかっていました。(白くなってくることを色づくと言うのだろうか・・?)これもマタタビの葉と同じで、一部が白くなるので面白い植物です。半夏生が色づく

  • キンシバイ

    花火工場の立ち入り検査の帰宅後に、家裏に晩茶の木があるので覗きに行って見ると、奥に黄色いものが見えました。それはキンシバイの花が既に開花していたのです。ラン科花の開花も落ち着いたので、次のネタはと考えていたところでした。【キンシバイ】金糸梅オトギリソウ科オトギリソウ属キンシバイ

  • マタタビと猫の関係

    昨日の新聞記事にありました。猫がマタタビに陶酔し、葉や枝などに体を擦りつけるようなしぐさの本能が、蚊などを寄せ付けなくする行動だったのです。人間も虫除けスプレーをする行動・・?昔、縁側で飼い猫に葉を揉んで置いたところ、猫がよだれを流しながら悶えていたことがあったのでした。確か、ビデオかカメラ撮影したのが残っているはずです。マタタビと猫の関係

  • カヤの青い実

    自宅周辺に、カヤの実を付けるのが数本あるのだが、現在青い実が沢山なっている。谷際に生えている実が落下すると、谷底を埋めているときがあるのですが、この時に拾えば簡単に種子だけ収穫できると思うのだが・・?もう一本、家横のは芝の上に落下し、果肉が腐ると汚らしいので少し困ります。カヤは、色々と利用方法がありますが、種子笛として遊ぶ程度です。カヤの青い実

  • シタキソウ

    もう咲いているとは思いますが・・?ここ数年シタキソウの撮影ができていませんが、以前ならそこらへんに咲いていました。ツルは裏山にも生えています。和名:舌切草私に似合うツル植物かな・・!先日の廃品回収で、トラック荷台での作業時に私が喋り過ぎて、「口ばかり動かさんと・・」と指摘され・・😅シタキソウ

  • イチヤクソウ

    4~5日前に覗いてみたら、開花には至りませんでしたが、間もなく咲くでしょう。ところで、昨日は客人があったので少し山に入ると、ウスギムヨウランとハルザキヤツシロランの伸びたものが何本も出ていました。ウスギムヨウランは殆ど開花しています。☟イチヤクソウ(一薬草)イチヤクソウ

  • ムギラン

    もう時期は終わりですが一部咲いていました。ムギランですが、もう一種ミヤマムギランというのもあります。約一ヵ月後に咲くので、これはもう少し余裕があります。☟ミヤマムギランムギラン

  • ジガバチソウ

    もう盛りは過ぎているがボツボツ咲いていました。周辺は、猪と人間様に荒らされていましたが、そこそこ残っています。その中に、一花は少し変わっているようなのがありました・・?それは、葉が他のものより細長く、花弁も違うような感じがしました。そして、クモキリソウも生えてはいますが、それではありません・・??ジガバチソウ

  • ジャガイモ猿害

    昨日の午後に帰宅すると、猿声が聞こえたので覗くと畑に🐵が‥💦慌ててロケット花火10発連射しましたが、しばらく山で声が聞こえていました。今回は気が付くのが早かったために、被害は少なかったですが進入口が不明です。今年は、赤・白・桃の三色ジャガイモを植えていましたが、十分収穫できました。茎には、ジャガイモトマトも沢山生っていますが・・?ジャガイモ猿害

  • ヒナラン

    忙しくて山に入れない日々ですが、海側ならどうでしょうか・・?山奥から海辺にまである・・!こんな小さなラン科花も、当町が誇れることなのかもと思います。数日前に山側で蕾のものを発見したのですが、低地なら開花していると思います。ヒナラン

  • セッコクラン

    モチの木に着生させているのが美しく輝き咲いています。これは少し種が違うタイプでしょうか・・?普通のよく見かけるのとは少し違っています。セッコクラン

  • テイカカズラ

    白花のかたまりと、いい香りがただよう、ツル性のテイカカズラがあちこちで見かけられます。今日の徳島新聞「植物楽」にも記事がありますので読んで下さい。花はプロペラ、名は藤原、話は伝説・・・テイカカズラ

  • ムカゴサイシン

    午後から気になっていたムカゴサイシンが出ているか探しに行ってきました。約7本ほど見つけることができましたが、これも見つけるのは至難のワザです😅発見のコツは、花が終わって葉が出てきたときに見つけておくのです。近いうちに、もう一ヶ所の確認に行ってみたいと思いますが・・?昨日は道中に、マムシがとぐろを巻いていたので、柄ガマで頭をコツンと一撃退治です。(今年一匹目です。)☝画像は”花ごよみ”さんよりお借りしています。ムカゴサイシン

  • ハンカイソウ

    数日前から県道際のハンカイソウが開花していたので、自宅近くの休耕田を覗いてみたら既に沢山開花していました。20~30年前ならそんなに目立っていなかったように思うのだが、最近は何処にいっても見かける気がします。ハンカイソウ

  • ハルザキヤツシロラン

    今年は開花したのは見つけれませんでしたが、今なら・・!花が終わり一ヵ月ごろには、画像のように30cmほどにも「ㇲー」と伸びたものが現れます。昨日の午後に、ウスギムヨウランの開花状況を覗きに行ってみますと、ハルザキヤツシロランを4本発見しました。(約10~15cm)また来年は同じ場所に発生するとは限りませんが、来年の開花を見るなら今頃に探しておき、周辺を探してみることです。」ハルザキヤツシロラン

  • ウスギムヨウラン

    もう、そろそろ開花するのではと思われます・・?確認したわけではありませんが、この前に山中に入ったとき発見しました。以前は、急斜面を歩かなければならず苦労しましたが、今回は比較的楽な場所です。そして、ハルザキヤツシロランの開花が終わったのも一本発見です!ウスギムヨウラン

  • ホウネンエビ

    仕事帰りに田圃を覗いて見るとホウネンエビが泳いでいました。捕獲して小さなビンにでも入れて鑑賞用にすると可愛くて面白いのです。しかし、あまり長生きしないのでシーズンのみとなります。今は、水中はホウネンエビ空中はホタルですが、昨夜のホタル乱舞も凄かったです。ホウネンエビ

  • キキョウラン

    これは海岸沿いの岩場にはよく生えています。この時期に青色花が三~四種見かけますが、その一つがキキョウランなのです。あとは小さな花弁なのに愛らしいのがあります。ランと付くのにラン科ではありません。和名:キキョウラン、ブルーフラックスリリー、ディアネラ原産:オーストラリアなど南半球の海岸に多いキキョウラン

  • 白レンゲの種子

    以前には田圃一面に白レンゲが咲いたこともありましたが現在は雑草のごとくまばらに咲いているだけです。それでも絶やしてはいけないと、毎年少しだけは種子を収穫しておきます。白レンゲの種子

  • 樵木林業の総会

    昨夜は樵木(こりき)林業のリモート総会が有りました。私は赤松防災拠点施設からの参加で、牟岐や千葉のメンバー等の顔ぶれが・・!また、「四国の右下木の会社」の”あわえ”吉田社長のご参加もあり、活動報告のなか和やかに、色々な話が聞かれて有意義な会となりました。そして先日、美波町が国選定「SDGs未来都市」表彰につながる一端の一つが、我々の樵木林業活動でもあります。これまで林業遺産は針葉樹林の認定は多いのですが、ウバメガシや樫などの広葉樹林での林業遺産は貴重で珍しいとのことです。難しい問題もあるようですが、一つ一つクリアーしながら前進したいと思います。樵木林業の総会

  • リタイヤ川柳

    サラリーマン川柳の名称が、今回で最後となるようです。そこで、いつものごとくサラ川柳ベスト10になぞらいリタイヤ川柳を考えました。今回は、マスク題材が多いとのことで、私もマスクネタにしました。それでは、サフランモドキならぬサラリーマン川柳モドキです・・😅①8時なら出勤中は現役時代今草刈りマスク②妻の柔和顔私のミスでマスク下の鬼瓦③深夜テレビマスクを外せば老婆かな④就寝中乾き防止と口マスク⑤口・胸・股間合わせて四マスク⑥裸の王様自慢げにノーマスク⑦マスク一日ごと使用後は備蓄農作業⑧下ごころマスク顔に夢ふくらむ⑨スマホ撮影マスク美人を紙プリント⑩ズーム会議美しく見えてるかと懐疑かなリタイヤ川柳

  • マタタビ

    車を走らせていると所々に白い葉が見えます。それはマタタビの葉なのです。何故に白い葉ができるのかは知りませんが、虫などを呼び寄せるためとか・・?まさか虫に対しての求愛現象ともいえるかも、花が咲くころに白くなり、この頃の白葉を水に浸けて揉むと泡(空気)が出てくるらしいのですが・・?ところが、実をつけた後では泡は出ないようなのです。(今度確認してみます。)マタタビ

  • ホタルシーズン開幕

    今朝の徳島新聞の一面にホタル記事がありましたが、来週あたりの一週間が見頃でしょう。昨夜も定点確認場所に出かけてみましたら、思いのほか飛んでいました。今は殆どがゲンジボタルのオスが舞っていますが、この後メスも飛び交います。続いてヘイケボタル、ヒメボタルとなり光の大乱舞が心躍らせます。昨夜の情報:19時45分前後5分間、曇り、風無し、気温18℃、約20~30匹定点観察場所の橋にて上下流の状況です。ホタルシーズン開幕

  • ホシケイラン

    日曜日に開花したランがあり、何かと思えばガンセキランの花でした。それも紋入りの葉タイプだったので驚きです。どうも、ホシケイランというタイプでした。(葉に星斑の入るもの)三年前に鉢ごと頂き、放置したままだったのですが、今年初めて花を見ました。すると、隣のガンセキランと同じ花弁だったのでビックリしたのです。☟これは花ごよみさんから借用画像です。ホシケイラン

  • アマリリス

    数日前より赤花と画像の白花が咲いているのですが、イタドリとヤブカンゾウの中に隠れていました。そこで今朝方、剪定ばさみで雑草を刈り除きましたが、見栄えがもう一つなのです。ならばと、近くのシランも見えるように雑草を刈り取りましたが、これも・・😅花を愛する者と言いつつ、まるで手入れが出来ていませんので、私は失格者かな💦アマリリス

  • ブラシの木

    車で走っていると赤い木に気が付きました。近くまで来ると、それは「ブラシの木」だったのです。ブラシノキの特徴ボトルを洗う際に使う円筒ブラシのような不思議な形の花をつけます。花は花弁が目立ちませんが、赤や赤紫、ピンク、白などに色づく花糸が長く伸び、それを穂状につける花序になるため、このような変わった見た目になります。実は灰色で硬く、まるで枝に巻きつくようにつき、知らない人は虫の卵のように見えるかもしれません。葉は細長い披針~狭楕円形。株は比較的大きくなる種もありますが、庭木としては低木状に仕立てられることが多いです。また、伸びた枝の先に花を咲かせるため開花期は枝垂れるようになりやすいです。オーストラリア原産の樹木の例にもれず数多くの種類や品種があり、有名品種以外の同定は難しいケースが多いです。また学術的な分類も諸説...ブラシの木

  • 春のアサギマダラ1号・2号

    やはり、14日(土)と16日(月)に見たのは、今シーズン最初のアサギマダラに間違いなかったようです。(徳島新聞記事より)両日に見た蝶は、直線で300mほどしか離れていませんし、最初の蝶も自宅から200mほどしか離れていませんでした。我が家のスイゼンジナは未だ咲いていませんが、アザミの花ならあちこちに咲いています。ホタルの初飛翔の確認も例年より早かったのですがアサギマダラも同じですね!春のアサギマダラ1号・2号

  • ホタルの初飛翔

    昨日、天候的にもホタルが飛ぶだろうと思っていたら、案の定初確認できました。午後の12時過ぎと16時には、自宅でカタモンミナミボタルを二匹、確認できていたので予想どおりでした。(縁起が良い)しかし、いつもはオバボタルを、まっ先に確認することが多いのですが・・早朝、徳島新聞を開いたら、美波町がSDGsで優れた取り組みをしているとして、「未来都市」に選定されたので驚きました・・!そこで、美波(ミナミ)と付く「カタモンミナミホタル」は自然環境の指標にもなり、樵木(こりき)林業なども、山の保水などにも貢献しており、ホタルも棲める循環型自然環境や社会環境(産業)にも影響しています。もちろん、ゲンジやヘイケのホタルも田圃保全や河川にも関係して、水資源の環境バロメーターにもなり得ています。毎年のこと、ホタルブクロの花が咲くとホ...ホタルの初飛翔

  • ジガバチソウ

    いつもと環境が変わっていましたが一ヶ所だけ残っていました。花も咲いています。ジガバチソウ

  • ヨウラクラン

    オオバ(ヒロハ)ヨウラクランと言うのがあるらしいですが、私には見分けが付きません。家前の柿の枝に生えているヨウラクランですが、これは普通のものでしょうか・・?先日に連絡頂いた方が、これを見て連絡下されば幸いです。ヨウラクラン

  • サイハイラン

    昨日覗いてみましたら3本のサイハイランが咲き始めています。株の増加がみられるので、来年以降は4~5本になれば嬉しいのですが・・?以前のように5~6本以上になれば元に戻ります。盗掘だけはしないで下さい。サイハイラン

  • ムヨウラン

    4~5日前にはムヨウランが頭を出していましたが、今日あたりに再度確認してみたいと考えています。この前(14日)のことですが、車に乗ったと同時にアサギマダラらしきものが、目の前を通過して山中に飛んでいきました。そして、ここのアサザは未開花です。(アサギが先かアサザが先か楽しみです。)ムヨウラン

  • ハコネウツギ

    先日から開花しているのを見かけていたので、自宅に一番近いのを確認に行って見ました。すると、山を挟んだ高地のも咲いていたのです。白いのと赤みのある花弁があるので、これも楽しめる花です。ハコネウツギ

  • サイハイラン

    これからはラン科植物が続々と出現します。調べたい植物も多々ありますが、あまり時間がありません。そこで一番近い場所を探ってみますと、サイハイランが3本出ていました。また、ラン科ではありませんが我が家のアサザが咲きました。ムヨウランは5~6cm伸びていますが・・?近くだけでも色々あり悩んでいます。どなたか調べる采配をして下さい、まさか「シラン」とは言わないで・・😅サイハイラン

  • キショウブ

    黄菖蒲のことですが、画像の元株を分植していたら、やたら増えました。休耕田に植えてみたら、背丈があり目立つのです・・!しかし、鹿害に遭い食まれてしまった株もあります。(予想害)(;^ω^)景観保全を目指すも、食まれた姿を見れば悲しくなりますが、この後の復活はどうなるのか・・?(実験中)キショウブ

  • シャクヤク

    本当に、「シャクな役」を受けているのが、ウクライナかも知れません・・?(運命は、苦しく、楽はなく、良いこと、無し)露(つゆ)はロシア・・?(露払いを願う)突然の雨(ミサイル攻撃)に撃たれ、シャクヤクはうなだれています。美しい”芍薬の花”も一瞬にして・・?(種名はルーズベルト)雨(アメリカ)が上がれば、軸(茎)も立ち、終戦合意に「NATOも納得」かな?低い幸せを望む国(ロシア)にならないで・・(国民の皆様に気づいて欲しい)シャクヤク

  • BE-PALにぎやかそ

    月間雑誌のビーパル(BE-PAL)6月号を開いて見たら、我が町のことが・・!それは新連載、「四国の右下にぎやかそ革命」過疎地の困りごと、吉田が全部引き受けます!そんなタイトルから始まる内容でした。ビーパルを覗いたのは、先月までのカヌーイストの野田知佑さんの記事を確認するためでした。そして、野田さんは人生最後まで日和佐在住でした。これからは、「にぎやかそ」で楽しめます。☟樵木林業の木材(ウバメガシ)BE-PALにぎやかそ

  • アユ放流日

    火曜日は鮎の放流日でしたが既に他の仕事が入っていて、放流手伝いはできませんでした。赤松川のT谷にも分散放流して頂きましたが、これは調査観察用です。解禁日は例年より10日早まり、6月20日(月)からです。その前日の日曜日は、赤松川の清掃作業と県道等のゴミ拾い作業となる予定です。アユ放流日

  • マメヅタラン

    おそらく日曜日に開花していたと思うのだが、マメヅタランが開花していました。葉だけならマメヅタ、花が咲くから人の目に付くのですが、探せと言われれば・・?5月からは毎年のこと、植物やホタルの観察と発見で忙しくなりますが最近は用事が増えて暇がありません。ところで、今年は5月に梅雨入りする・・?マメヅタラン

  • テンナンショウの雌雄

    テンナンショウは雌雄異株であるらしいのです。これまでは、それを知らずにいましたが、東京の知人が言うには、雄花は長い仏炎苞の下側の合わせ目に、隙間があれば雄株とのことでした。ところが私が気づいたのは、仏炎苞の合わせ目が左右違うタイプもあることでした。ただ、これは雌雄には関係なくあるのかも・・?人間様なら、着物の合わせ目の左右が違うように思ったのですが・・😅どうも下にある隙間は、虫による受粉で雌花は虫を逃がさないように閉じているようなのです。雄花は、受粉させた虫を雌花に行かすため、逃げ道を開けてあるのでしょうか・・!テンナンショウの雌雄

  • ツチアケビ

    いつもの場所だが13本もツチアケビが出ていました。しかし、4本が折れていたのです。鹿か猿か虫のせいかも・・?現在は10~20cm前後に伸びていますので、人間様には踏まれることはないと思われます。ツチアケビ

  • ヒメイワダレソウ

    昨日のこと真砂土の盛り土に、ランタナ似の小型花を見つけました。花名が分からないので知人のスマホの花アプリで検索してみると「ヒメイワダレソウ」と判明できました。花は直径約1cm程ですが可愛い花で驚きました。【姫岩垂草】クマツヅラ科イワダレソウ属ペルー原産ランタナヒメイワダレソウ

  • 菖蒲の花

    最近は徳島新聞の「植物楽(しょくぶつがく)」を読むのが楽しみである。今朝はショウブ(菖蒲)の記事ですが、ここでは説明できませんので読んで下さい。菖蒲は我が家にも生えていて、以前に撮影したものですが見て下さい。お昼に花が咲いているか確認しておきます。新聞が早いか、私のブログが早いか、同時になるかと競争ではありませんが先取りで記事内容を考えています。勝負花・・(;^ω^)菖蒲の花

  • ギンリョウソウ

    ギンリョウソウが落ち葉の捨て場所に3本出ていました。この場所での発生は初めて確認しましたが、少し離れた場所は毎年確認できます。丁度、徳島市から来られていた家族に出会ったので見せてあげたら、「こんなの初めて・・」とのことで撮影して帰られました。☟ギンリョウソウ:銀竜草別名:ユウレイタケイチヤクソウ科花期4~8月ギンリョウソウ

  • 五月晴れGW

    朝から清々しい天気です。早朝から、大田楽の鯉のぼりが線に絡み付き、補修作業を行なってきました。そして、帰宅後には自宅前で田植え作業を始めているのでした。我が家は、今日は子供とバーベキュー・・?心配なのが、自宅庭なので行方不明にはならないと思いますが‥💦ところが知人が帰省していて、私は植物探しに午後は散歩でも・・(自分が一番危ない)五月晴れGW

  • シライトソウ

    ある調査で山へ、するとシライトソウ(ユリ科)が既に咲いていました。蛇紋岩地帯で見かけることが多いそうである。花被片(かひへん)という花の一部分が、白い糸のように長くなり、先っぽが太くなっています。その花被片が長くなるものをチャボシライトソウという。ここのは、老婆の白髪がザンバラ髪のようなタイプです。シライトソウ

  • 赤松大田楽

    今年も縮小で実施です。人形浄瑠璃の赤松座が主催で、場所を変えての開催となりました。赤松郵便局の傍にある休耕田をお借りして行います。田植え神事と赤松座による赤松三人三番叟を演じるだけですが、舞台は足場を組んだ高台で鯉のぼりも泳がせる計画です。日時:令和4年5月5日(木曜日)10時から11時小雨決行(見学に来られる方はコロナ感染症の防止対策をお願いいたします。)駐車場は会場の周辺各所にあります。売店等はありませんのでご了承下さい。トイレは赤松神社等をご利用して下さい。☟この画像は以前のものです。赤松大田楽

  • リングワンダリング

    昔のことであるが、奈良県の雪山歩きをしたときに体験した現象です。それは私と友人が、神戸市の二人組と供に登山していたときに起きました。それは一方向に歩いていたつもりが、しばらくして元歩いた場所に舞い戻っていたのです。(狸に化かされた・・?)最近のニュースで思い出したのですが、たかが?才の子供が仲間のいる場所に向かったのを母親が見届けたというのに、行方不明になってしまった事件です。おそらく初めてに近いキャンプ場なら、友達の場所に向かうつもりが、場所を見失い母親の所に戻ろうとして行き過ぎ、迷い行動に入ったのでは・・?子供と言えども数分歩けば相当の距離を歩くはずですし、慌てるならば尚更の移動をしてしまうのでは・・?「たかが600m、されど600m」以前に、痴呆症者が行方不明になった時も、たかが150m離れた場所に居ても...リングワンダリング

  • クマの おしっこ

    驚かないで下さい!これは動物でなく植物です・・🐻クマガイソウのことなのですが、前日に雨が降っておれば水分を吸い過ぎたのか、余分に溜め過ぎた水分をはきだし、葉の縁に水滴が出来ています。これを「クマガイソウのおしっこ」と、勝手に私は呼んでいるのですが・・?クマのおしっこ

  • 海で見つからず山で見つかる

    知床半島での観光船事故では未だ15名が不明、そして山梨県道志村では子供の頭蓋骨らしきものが発見されたとのニュースが毎日流れています。そして、どちらも我が町に似た景色があり驚いています。当町も最近に磯釣り者の事故が続いていますが、千羽海崖などは知床半島の岩場とそっくりですし、山河内や赤松は谷川が流れ道志村にも似ています。GWが始まりますが、コロナ感染症の規制も殆ど無くなり、旅行や遊び等でも破目を外さないように気をつけて欲しいものです。海で見つからず山で見つかる

  • アサザ

    牟岐の奥座敷にアサザが既に50花程咲いていると一週間前に連絡がありました。GW前にお知らせしておかねばと思っていたので・・ちなみに、こちらの峠池はゴミ除去作業をしていますので今年はダメかも・・?我が田圃池も、これまで水不足でしたので、これから成長して行くことでしょう。アサザ

  • オオデマリ

    おやっ!二階から裏山を覗くと白い塊が見えました・・いつの間にかオオデマリが開花です。選挙で余裕が無かったので開花にも気が付かなかったようです。一夜明け「ホッ・・」とするどころか、早朝6時から仕事で睡眠約2時間、午後から睡眠をとりました。無手勝流にての選挙でした。オオデマリ

  • イタドリ

    今日は美波町の町議会選挙日です。ブログのネタを「ユズリハ」か「イタドリ」に迷いましたがユズリハの思う画像が見当たらずイタドリにしました。選挙ネタならば、ユズリハは古参から新人に「譲り派」の意味も込めて・・?イタドリは票数を痛み分けする「痛取り票」などの意味もあり・・?我々は旧来の選挙方法はとらずノーマルで庶民的な手法で行っています。しかし、有権者は高齢者が多く従来方法が良いのかも?(雨天投票で読めませんね)イタドリ

  • 赤つつじ

    一週間前に咲き始めていたが、昨日あたりは道路端に赤い群生が見えていました。白や青に赤とカラフルになっていますが、バックは緑の若葉色が引き立てています。そして、町議選挙も新人(5人)の若葉マークが、現職の(9人)を浮かび上らせています。落ちるのは葉か花か(2人)は分かりませんが、「ピーチクパーチク・・🚙💦」と赤つつじ

  • キエビネ

    いつものキエビネを確認に行ってきました。ほぼクマガイソウと同時期に開花しますし、他のエビネも咲きます。これも盗掘に遭い半分以下になってしまいました。黄エビネならぬ危機エビネに‥💦キエビネ

  • クマガイソウ開花と盗掘

    一昨日から咲き始めていました。悲しいことに画像場所のクマガイソウは、殆ど盗掘とイノシシの被害に遭い、全滅にちかいです。(盗らないで下さいの看板を立てていました。)心無い行動は慎んで下さい。(撮影に来てもダメです。)クマガイソウ開花と盗掘

  • ユキモチソウ

    19日(火)は町議選の告示日であり、ある立候補者のお手伝いをしています。そんな中でポスター掲示や用事で車を走らせていると、道端に白いものが目に入りました。撮影する間は無いのですが、それは確かにユキモチソウです!これも、数年前ならそこら中にありましたが、めっきり減ってきています。ユキモチソウ

  • アオダモの花

    今はそれ程目立たないのですが、いつも確認しているアオダモの木が白く見えていたので開花してきています。アオダモやシロダモと言えば野球のバットに使える木なのです。そんなアオダマは、いつも走行している県道から、山肌に5~6本が毎年確認できます。アオダモの花

  • キンラン

    昨日ですが客人が帰ったので時間があり、近くのキンランを覗きに行くと、10本ほど確認できました。そして、その内の1本だけが開花しているではありませんか!しかし、半分は茎が10cm程伸びているだけです。キンラン

  • カヤラン

    ヒイラギの隙間を覗くと既に咲いていました。どうしても、このランの名前が間違うのです・・?カシノキラン・カキラン・カヤラン(;^ω^)カヤラン

  • トウダイグサ

    トウダイというので、灯台かと思いきや、燈台とのことでした。何処かでみたような・・?ネコメノソウに似た感じがします。トウダイグサ

  • ジジババ

    「あれっまあ~」こんなところにと頭をもたげたシュンランが・・!落ち葉枯れ枝に埋もれた間から、ニョキニョキと二本出ていました。それはまさに、ジジさんとババさんが寄りそう姿です。でも、腰は曲がっていなかったですよ。ジジババ

  • 投げ銭

    朝から「投げ銭」と再三ニュースで聞くようになりましたが・・?どうも「寄附」のようですが、我が町では「供養」で有名です。??投げ銭

  • 金平糖草

    休耕田の中に少しばかりの野菜をつくろうとしていますが、めんどい野草の一つキツネノボタン(金平糖草)が大繁殖しています。稲作をしているときは殆ど見かけなかったのですが、5~6年前ぐらいからボツボツ見えてきて、今年は何故か大発生しているのです。この草も毒があるため、うかつには触れません・・(;^ω^)✋ます。刈払機で刈り取っても根っこが残ってしまうし、耕うんしても余計に拡散するかも?金平糖草

  • ムサシアブミの不気味

    近所にも生えているところがあるのだが、近寄って見ると不気味なのです。葉の間から何本も頭をもたげたコブラのように見えるので、触ったりするのは気味が悪くて出来ません。これも1日の草刈り時に※「咲いている?」のを見かけていました。※花は肉穂花序(にくすいかじょ:多肉な花軸の周囲に柄のない花が多数密生する)なのですが、仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる大きな苞の中に包まれているので、外からは見えないのです。この手の植物は、マムシグサとかゲテモノ名の印象を受けて、見るも聞くももう一つ好きになれない植物類です。ムサシアブミ:サトイモ科テンナンショウ属ムサシアブミの不気味

  • ヒメハギ

    既に咲いているのは知っていましたが、昨日のお昼にタラ芽を採りに行くと軽トラ停車横の道端に沢山咲いているではありませんか!日当たりの良いところに咲く多年草ですが、地面にへばりついたようになっているので撮影はしにくいです。それにしては、変わった花弁の紫色なので気になる花です。ヒメハギ

  • タラの芽

    田植えの手伝いをしていて何気なく山に目をやるとタラの木が見え、枝先にはぷっくりと既に芽が出ていました。天ぷらにすると美味しいので大好きです。自宅横の空き地には大きな木がありますので、買うとか採取に出かける必要はないので助かります。ただ伸びすぎて上部のものには竿も届きません・・😅ところで、「ウドの大木」はよく聞きますが、「タラの大木」とは聞きたことがありません・・どちらの木もどれぐらい大きくなるものでしょうか・・?タラの芽

  • シャガ咲きだし

    一昨日から咲いています。(自宅)シャガ咲きだし

  • 土佐街道の整備(三村氏)

    三村泰三氏(遍路道整備の夢)と知り合ったのは今年の一月で、その一週間後に急逝され大変驚いた出来事がありました。その後は何の因果か、弟さんが我が家を訪ねてくれたのです。昨日の徳島新聞記事にもありましたが、今回の追悼展が20日まで牟岐町の海の総合文化センターで行われています。また、4月13日(水)13:30~15:00(牟岐町海の総合文化センター)にて「四国遍路と仏教(三村泰三氏を偲んで)」講師:奈良の先達灘健二氏による講演会があります。土佐街道の整備(三村氏)

  • 春リンドウ

    今年はどうしたの・・?知人の情報で、今年はハルリンドウが極端に少ないことを知り見に行ってきました。ウ~ン!💦・・・確かに少ない・・・◇例年と違うことは◇気候的要因なら雨が極端に少ないことです、ならば今年のタケノコは・・?獣害なら傍の竹藪は荒らされていますが、本来生えている場所は掘られたような感じはありませんでした。春リンドウ

  • ムラサキケマン

    これも数年前に気が付いていた植物です。北向きの少し陽が射す路肩に生えていますが、海岸近くに咲くキケマン(黄華鬘)やミヤマキケマン(深山黄華鬘)というのもあるそうです。紫華鬘:ケマンソウ科(ケシ科)キケマン属『ムラサキケマンは北海道~沖縄、中国や台湾などに自生する2年生植物です。葉がやわらかく、春に紫や赤紫色の筒状の小さい花をたわわに咲かせます。全草有毒植物でプロトピンを含み、誤って食べると吐き気や嘔吐、腹痛や下痢、呼吸麻痺や心臓麻痺などの症状がでるといわれているため、取り扱うときは注意が必要です。』ムラサキケマン

  • セントウソウ

    北向き斜面の道路端に、セリかオーレンのような、花の群生を発見しました。種類が分からず苦労しましたが、どうもセントウソウのようです。【セントウソウ】仙洞草別名:オーレンダマシセントウソウ

  • ハナの花

    ハナとかハナシバとも言いますが、私達はシキビ(しきみ)と言います。自宅前の山に沢山生えているのですが、少し黄緑色で白っぽく見えます。彼岸の時には、まだ目立っていなかったのに、今はハッキリ確認できます。ハナの花

  • 野田知佑と日和佐川

    「世界一川を愛した男」と言っても過言ではありません。それはカヌーイスト野田知佑さんです。しかし、3月27日(日)に逝去なされたそうです。日和佐川を愛し、2000年に当時の日和佐町に移住されてきました。私が一番最近にお会いしたのは一昨年のことだったか、ご自宅まで某記者と訪ねたことがあり、少しだけ会話させていただきました。野田氏のおかげで、日和佐川や吉野川が評価され有名になりましたが、来町当時から約22年も経てば川の状況も変わってきています。私は、厄除け橋からBE-PAL取材を受けていたのを見かけたことがあったり、サンライン小谷の川エビを紹介したこともありました。また、当時の町内T釣り具店で頂いた釣り具を、偶然出会ったときに釣り針をプレゼントしたこともあったり、日和佐川でフナ釣りしているとき等にも、お話させていただ...野田知佑と日和佐川

  • ユキヤナギ

    裏山の樹木伐採をしていると、馬酔木の傍に何やら白いものが見えていたので、近寄るとユキヤナギでした。ところで、ヤナギと付くのでシロヤナギのタイトルにしようかと・・?ユキヤナギ

  • アケビの開花

    今日は少し肌寒いのですが、アケビの花が開花していました。裏庭ですが上を見ればアケビ、下を見ればワサビの花が咲いているのです。アチコチで田植え準備が始まり、桜が満開に咲き、春春・・・アケビの開花

  • 新年度

    白花タンポポのように純白無垢から始まる、新年度も多難な一年になるのか・・?海外や国内に県内・郡内・町内・地域内・家庭内に其々の問題が発生しますが、スタート時は真っ白状態でありたいと考えます。年度末にはどんな色になっていることでしょう。今日は知人から、以前にプレゼントした白花タンポポが、開花しているとの連絡がありました。そして、桜も一斉に咲き春を感じています。新年度

  • 三色もよう

    昨日は、野草などの花々が一気に咲き乱れました。見渡せば、空・山・花の景色に暖かみが感じられ、心もウキウキする気候でした。そんな平和を感じる我々なのに、世界では戦争の悪夢がヒシヒシと迫っています。三色もよう

  • ほうじ桜

    今が見頃になっています。蜂須賀桜は葉桜ですが、うすずみ桜は満開、ソメイヨシノも七分咲き、山桜が咲いたら、枝垂れ桜へと移り行きます。別れも出会いも、ここ傍示の坂峠で見られますが、前方遠くの最低山の両脇には和歌山(本州)があり、我が青春時代には夢見る都会へと誘うのでした・・🌸💦😅ほうじ桜

  • 洗脳世界

    昨日のことですが、知人と会話していて薬王寺の亀の話がでました。それは、楠の幹にあるコブが亀の頭に見える、昔のブログ投稿話でしたが・・🐢そこで思ったのが、プーチン大統領のロシア国民に対しての洗脳です。国営放送一本で自己主義(他国ではウソを認識)を述べて、国民をロシア国のウクライナ侵略が正当であるかのように見せかけていることです。現在の様々なメディアからの情報からなら、どれが正当であるか判断できそうに思うのですが、TVを見ていると高齢者になるほど見極めが出来ていません・・?それでは☟「これが亀の化身ですよ」と言えば・・☟「これは菊ですよ」といえば・・洗脳世界

  • 天の雨

    これで解消するか・・☂(水不足)数年ぶりに水不足に陥った我が家ですが、私の記憶では一度も飲料水が切れたことはありませんでした。しかし、今年は危ぶまれていたのです。(取水口には水たまりが見えず💦)やっと昨日、そこそこの雨になりましたが、昨年末の11月ごろから大雨の記憶がありません・・一滴の💧も集まれば・・!天の雨

  • 天難障

    昨日のこと、水不足で山湧き水の導水中間タンクを覗きに山道を登り始めると、「にょきにょき」と出ていたのが、タケノコでなくテンナンショウ属でした。そして傍には、猪に食い荒らされたタケノコの穴と皮が、散乱していたのです。「ふっ・・😅」とイメージしたのが、北朝鮮のICBM発射とウクライナ侵略のロシアのロケット弾です・・どちらも気味悪い相手です。(タケノコはどちらのロケット似・・?)テンナンショウ属も成長すれば、ロケットのようなものが現れますよね・・天難障

  • かすみ花春

    午前中は気持ちのいい晴日和でしたが、午後一時前には薄曇りになり、時折り強風が吹くようになってきました。しかし、モクレンなども咲き、春を直に感じる今日この頃です。かすみ花春

  • わさび

    今年は遅い・・?わさび

  • ツクシ

    自宅前の町道コンクリ壁のところは、暖かいのかツクシが伸びていました。でも今日も寒く、お昼前には小雨が降ってきました。行けてなかった親戚のお墓参りも済ませ、他の用事を三件こなして今の時間です。まもなく、ウクライナのゼレンスキー大統領が日本の国会に向けての演説が始まります。国につくし、家族につくし、世界につくし・・我々はどのように大統領や国際平和に尽くすべきなのでしょうか・・?ツクシ

  • 幼木 啓翁桜咲く

    数日前から開花しているのに気が付いていました。それは、4~5年前に植えてある啓翁桜です。しかし、同年に植えてあった隣の河津桜は蕾のままである。幼木啓翁桜咲く

  • ツルニチニチソウ

    彼岸の中日、雨になるのかと思っていたら晴れでした。共同墓地の坂登り口に、ツルニチニチソウが咲いており、直ぐ目に付きました。私は少し色弱があるのか、青なのか紫なのかもう一つ判断できません・・?昨日は片頭痛もあり・・ツルニチニチソウ

  • ハナニラ

    これも咲いています。先週には咲いていたのですがボツボツとでした。ハナニラ

  • ヤマネコメノソウ

    これもビックリでした!ヤマネコメノソウと思われるのが咲きかかっていました。どうも、昨日のイカリソウに付いて来ていたようなのですが・・?ヤマネコと言えば思い出したのが、赤松神社の彫り物が似ていることを・・😽ヤマネコメノソウ

  • 天地人にイカリソウ

    あれっ・・!花が咲いていたのですが、それは昨年だったか知人に頂いたイカリソウでした。花々は心を穏やかにしてくれ和みます・・♡しかし、天は「天気は我々を見放したかのように雨降らず・・」そして、地は「昨日のような大地震が発生し、ウクライナ問題も含め・・」および、人は「ウラジーミル・プーチン大統領の自己主義で、残酷非道の血も涙もない悪魔のような言動から・・」私達は、平和で春を感じる暖かい世界で生きたいと願っています。天地人にイカリソウ

  • シロレンゲ

    昨日は気温20℃を超えてさすがに暑かった。お墓の掃除やシキミ採りで一汗かきましたが、谷水を導水している竹トイが腐っていたので孟宗竹を伐採し、半分に割り節抜きをしていると、もう二汗が・・😅そして、古いのを交換しようと空地に入ると、足元に白レンゲが咲いていたのです。シロレンゲ

  • ショウジョウバカマ

    これも、昨日あたりから気が付いていました。墓掃除に行ったときや、自宅前で咲いていたのを見つけていたのです。ショウジョウバカマ

ブログリーダー」を活用して、AWAMEMEさんをフォローしませんか?

ハンドル名
AWAMEMEさん
ブログタイトル
デキタン ドシタン
フォロー
デキタン ドシタン

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用