searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE
ブログタイトル
戦略的経営の発想術
ブログURL
http://successstory.blog.jp/
ブログ紹介文
ビジネスの成功には、戦略的な発想術が必要である。
更新頻度(1年)

47回 / 321日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2008/10/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、佐藤きよあきさんの読者になりませんか?

ハンドル名
佐藤きよあきさん
ブログタイトル
戦略的経営の発想術
更新頻度
47回 / 321日(平均1.0回/週)
読者になる
戦略的経営の発想術

佐藤きよあきさんの新着記事

1件〜30件

  • 問い合わせをするお客さまは、購買確率が高い!

    お客さまがネットのサイトやチラシを見て、欲しい商品があったとします。しかし、商品についてわからないことがあります。サイト・チラシを隅々まで見てもわかりませんでした。そんな時、お客さまはどんな行動に出るでしょうか。1.お店に問い合わせる。2.別のお店で同じもの

  • 店舗のリニューアルは、“変わった”感が大切!

    売り上げ・収益ともに伸び悩み、その打開策として、お店をリニューアルすることがあります。お金が掛かる大きな賭けのようなものですが、やっていることは“小手先のテクニック”です。見ためを変えるだけですから。しかし、一概に否定するつもりはありません。それなりに効

  • “行列”を生む「行列」の作り方。

    世の中には、行列のできるお店とできないお店があります。扱う商品や人気の違いで起こる“差”なのですが、それだけではありません。もし、この行列を意図的に作り出すことができるとしたら……。アルバイトを雇って、“さくら”に仕立てるのではありません。行列のできる仕

  • 捨てられない「金券」を作れ!

    集客の手段としてよく用いられる、割引券や優待券などの「金券」。チラシの隅に印刷したり、会計後に手渡ししたりしますが、その多くの場合で“安っぽさ”が目立ちます。極薄の紙に印刷したり、1色の粗い印刷で済ませていることがよくあります。経費を掛けたくないのはわかり

  • 交流イベントで、熱いファンを増やせ!

    世の中には、新しい商品・珍しい商品が溢れ、消費者は選び放題。選択肢が多過ぎて、時には迷子になってしまうことも。話題の商品が次々に生まれるので、行くお店が日替わり状態になったりします。“落ち着きのない消費活動”と言っても良いでしょう。これは、消費者にとって

  • 店主の「履歴書」を公開しろ!

    お客さまとの信頼関係を築くには、誠実な接客と心からのおもてなしが重要です。そして、それは時間が掛かるものです。接する機会のひとつひとつの場面で、お客さまとの距離を少しずつ縮める根気も必要です。しかし、厳しい経営環境においては、じっくり構える余裕がないかも

  • “こじつけ”の販促力を磨け!

    不況から脱していないにも関わらず、お正月やお盆には、旅行や帰省をする人が増えています。経済的に厳しい状況であれば、遠出を控えるのではないかと考えてしまいますが、実際には逆の現象が起きています。人びとは、日常的に節約志向で生活しているので、どこかで発散した

  • 大ヒットを生む、“小手先のテクニック”とは?

    私は常々、小手先のテクニックで売ることを批判しています。一時的に売れることはあっても、結局は信用を落として、以前にも増して売れなくなってしまうからです。しかし、例外がひとつだけあります。まったくの小手先なのですが、この方法は大ヒットとなる可能性が非常に高

  • 大きな『志』が、お店とあなたを成長させる!

    店主であるあなたは、どんな『志』を持っていますか?年商1億円? 全国展開? 株式上場?確かに、そうした目標は成長の原動力にはなります。しかし、儲けたい、大きくしたい、注目されたいと願うのは、ただの“欲”であって、『志』ではありません。『志』とは、純粋な想い

  • “印象”に残るお店になれ!

    あなたが常連さんになっているお店は、いくつありますか?1つか2つ。その程度ですよね。居酒屋・食堂・理美容室くらいでしょうか。昔なら、電器店・酒屋・米屋・肉屋・魚屋・写真店など、生活に必要なものを買い揃えるお店は、固定化されていました。お店から見れば、常連さ

  • 書くことを学べば、売れるようになる!

    チラシ・POP・ニューズレター・DM……。使い方によって、大きな集客効果をもたらす販促ツールですが、そこに掲載する文章で、あなたは悩んでいますよね?何をどう書けば良いのかが、サッパリわからない。文章の書き方など、習ったことがない。プロでもない限り、誰もがそうで

  • 新規開店には、「キャラ」を作り込め!

    お店をオープンさせる時には、あなたの描いたイメージ通りに作り上げることが大切です。手間や時間、お金も掛かることなので、つい妥協してしまい、何れ後悔することになります。適当に始めた商売が、成功するはずはありません。お客さまに受け入れられるかどうかは別として

  • 人は、「行列」に“行列”する!?

    最近は、飲食店に行列ができるのは、日常的な光景となっています。単なるブームではなく、食に対する欲求が強くなったと言っても良いでしょう。美味しいものを食べたいと望む人は、常にスマホを覗き、話題のお店を検索しています。そのディスプレイには、グルメサイトやSNSが

  • 中高年の潜在欲求を探れ!

    新聞折り込みチラシを見ていると、たまに面白い商品が通販で売られています。目のつけどころが、お見事なのです。中高年になると、電子機器が苦手だったり、身体能力の衰えを感じたりします。「もっと○○だったら…」「ここは○○にならないか…」といった中高年ならではの

  • 「テレビで紹介された!」の絶大なる効果。

    店頭に並んだ、数多くの商品。機能も性能も価格も同じようなもの。技術が進歩し、品質に差がなくなっているいま、どれを選ぶかは“感覚”でしかありません。極端に言えば、“好きか嫌いか”。そんな消費者の志向を読み取ることは、非常に難しいものです。しかし、消費者の行

  • “まめ〜る”で、お客さまと繋がれ!

    あなたは、商品を購入してくれたお客さまに、何らかのフォローをしているでしょうか?礼状を書いたり、感謝の電話をしたり。手紙やハガキの効果については、多少なりともマーケティングの勉強をした人なら、誰もが知っていること。しかし、実践している人は、ほんの数パーセ

  • 自販機ビジネスに参入しろ!

    何もしないで、自動的にお金が入ってくるビジネスのことではありません。実物の自動販売機を設置して、商品を売ってみよう、というお話です。自販機と言えば、ジュースやお酒、タバコ、アイスクリームなどが浮かんでくるでしょうが、自販機で売れる商品はまだまだたくさんあ

  • “やりたがる消費者”を掴め!

    いま消費者は、“ただ消費すること”への興味が薄れ、そこに何がしかの“楽しさ”を求めるようになってきました。「体験型消費」。そば打ちや酒蔵めぐり、工場見学など、自分の興味あるものをより深く知りたいという欲求が芽生え、そうした教室やツアーに参加する人が増えて

  • “笑ってしまう売り場”を作れ!

    必要に迫られた買い物は、楽しくもなく、購買意欲も湧きません。できるだけ安く済ませたいという心理が働き、節約モードになります。価格や機能といった“実質本位”で選ぶので、お店としても衝動的な贅沢買いは見込めません。お客さまにお金を遣ってもらうには、「楽しい」

  • 最終戦略。客層を変えろ!

    あれこれ試した。やれることはやった。それでも、売り上げは伸びない。行き詰まった時には、ハイリスク・ハイリターンな最終戦略があります。何をやっても状況を変えることができないのなら、原因は外にあるのかもしれません。お店と客層が合っていない可能性があります。常

  • 逆説アプローチを試みよ!

    商品には、良い面・悪い面があり、その使用においては、メリット・デメリットがあります。詐欺まがいの商売が横行しているいま、正直な商売をするお店が求められています。商品の良いところも悪いところも正直に伝えることで、お客さまからの信頼を得ることが大切なのです。

  • “訳あり商品”を作れ!

    「カステラの端」「肉の切り落とし」「割れたチョコレート」「傷のついた家具」「パッケージの汚れた商品」……。モノを売る仕事をしていると、商品のロスは必ず出てきます。それを“訳あり商品”として、安く販売しているお店もたくさんあります。廃棄は損失なので、少しで

  • お客さまに感想を聞け!

    商品の良さをどれだけ語っても、お客さまの反応はいまいち。優れていることが理解できても、購入には結びつかない。その理由は、「自分にとって、どんなメリットがあるのか」が実感できないからです。商品を語ることはもちろん大切なのですが、その上でお客さまの生活や大袈

  • 接触回数は、“親しみ”に比例する!

    なぜ、広告は存在するのでしょうか。告知するため、売り込むため、買って欲しいから。もちろん、それも正しいのですが、広告を繰り返す理由は、もっと大きな役割があるからです。お店の売り場で2つの商品が並んでいるとします。どちらも買ったことのない「A」と「B」がありま

  • デメリットを告知しろ!

    お客さまに買って欲しいがために、商品の良いところばかりをアピールしていませんか。商売人なら当然のことのように感じますが、相手によっては、商品の悪い面を教えた方が良い場合もあります。買う気が見えて、積極的に質問をしてくるお客さまには、メリットを並べ立てても

  • 人は見た目が9割!

    「人は見た目が9割」。これは、十数年前に出版された本のタイトルです。「人を見た目で判断するな」とか「大切なのは中身だ」とよく言いますが、それだけ、世の中の人は見た目で判断する傾向が強いということの表れでもあります。しかし、この本は、見た目でその人がどんな性

  • お客さまに“ツッコミ”を入れさせろ!

    整然と並んだ美しい陳列。掃除の行き届いた店内。親切丁寧な接客。豊富な品揃え。商売にとって重要なことが、卒なく整えられているお店には、拍手を送りたいと思います。店主の姿勢や努力の賜物でしょう。しかし、それでお店が繁盛するのかというと、必ずしもそうではありま

  • 声を聞くべき客・聞かなくて良い客。

    お客さまは好き勝手なことを言ってくるものです。「あれを置いて欲しい」「こんなサービスをしてくれ」という要望から始まり、「こうした方が売れる」「人を集めるにはこうしろ」など、アドバイザー気取りで口出ししてきます。お店のことを思ってくれている、という点では有

  • 「ラーメン二郎」流で、お客さまを育てろ!

    「野菜マシマシ、アブラ、ニンニク!」。そんなラーメンの注文方法をご存知だと思います。“ジロリアン”と呼ばれる、コアなファンを持つ専門店「ラーメン二郎」。山のように野菜がのったラーメンの映像が、度々テレビに登場する大人気店です。このお店について私が注目する

  • 本当のターゲットを探せ!

    狙っていたターゲットと実際に購入するお客さまは違う。商売をしていれば、よくあることです。それで儲かっているのなら、何も問題はありません。しかし、思うように集客できていないのなら、ターゲットを変えてみることをお奨めします。商品の特性から判断したターゲットが

カテゴリー一覧
商用