searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

新機能の「ブログリーダー」を活用して、住環境企画事務所 リビングパートナーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
住環境企画事務所 リビングパートナーさん
ブログタイトル
住環境企画事務所 リビングパートナー
更新頻度
6回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
住環境企画事務所 リビングパートナー

住環境企画事務所 リビングパートナーさんの新着記事

1件〜30件

  • 住育つぶやき68 雪と家

    雪の降る地域に暮らしていて、家を買う際に必ず気を付けてほしいことがあります。まずは、道路と雪!雪が降ると、殆どの道路は住んでいる市区町村で除雪が入ると思いますが街の全ての道路で除雪が入るとは限りません。買った家の道路に除雪が入らないと、敷地内の雪片付けだけでなく、自分の敷地が接する道路部分も隣家で割り振りして片付けするなどの労力が必要になります。実際、そのようなご世帯もおられます。道路の雪を片付けないとよりよい近所づきあいができないとか、車が立ち往生するなど生活上の現実的な悩みが生じます。雪の降る地域で家を買う方は家や立地環境だけでなく、道路の除雪環境についても不動産会社さんに確認しましょう!Tweetto@PartoneOne住育つぶやき68雪と家

  • 中古住宅を探すにあたって想定しておいたほうが良いこと

    「sumaikunの興味」より中古住宅調査経験クイズ①の答えです私が数々の住宅診断を通して感じる答えは「2」です!中古住宅はある程度の修理を想定して探すのが賢明です!物件によってその修理規模の差はあっても売出し価格以外にも修理費を想定しておきましょう!例え・・・外観や内装や設備が新しくリフォームされていたとしても大事な箇所が全て修理されているとは限りません。安易に判断しないほうがよりよい中古物件を買うための第一歩だと私は感じます人が歳を取るように、建物も歳をとれば修理やお手入れが必要になります。物件には、10歳もいれば30歳もいます。着ている服によって違えど、10歳や20歳でだいたい共通して必要になるお手入れもあります。同じように共通して交換することも出てきます。傘に穴が空いていれば、濡れて体力も落ちてしまい病...中古住宅を探すにあたって想定しておいたほうが良いこと

  • ふと思う・・・自省。

    スマホ・タブレット・パソコン本体など日頃大事なものだから自然に大事にするけれど・・・電源に接続するケーブルや充電器を大事にできているだろうか。ふと、思い付き。日頃の人間関係や家族、仕事でも重要なひとほど目立たず支えてくれていることは明白!どれだけ感謝できているだろうか?自省。自省。ふと思う・・・自省。

  • トゥレット症候群

    トゥレット症候群見てます。バリバラです。トゥレット症候群

  • 平成は

    平成が今日でおわることが特別と思うよりもいつも通りの習慣で過ごすことを感じる自分が居ていいのかな。明日も変わらない貴重な一日。淡々と。平成は

  • 大病から。

    堀ちえみさんの大病のTVを見て大病でも奇跡はおこりますよ私の親も大病を乗り越え今元気です大丈夫です!根拠はないですが大丈夫です!周りも成長させられます大病から。

  • 住育つぶやき67 トトロ

    住宅診断で古い住まいの床下や天井裏を何件も見てきたけれどまっくろくろすけやすすわたりを見たことないなあ😃住育つぶやき67トトロ

  • 住育つぶやき66 エアコンだけじゃない

    住育つぶやき66エアコンだけじゃない

  • 住育つぶやき64(久々です)

    深呼吸してください家って何でしょう?その答えは皆様違うはず。年代でも暮らす人数でもかけ算になるので一人一人の価値観と合わせれば無限大∞型にはめること自体が息苦しい!👍自由に発想して無理か無理でないかを気の合う専門家に相談しながら作れれば最高。私の今の意見。住育つぶやき64(久々です)

  • 住育つぶやき62 診断士の独り言

    家一件ごとに違うように天井裏や床下も一件一件違います様々な築年数の住宅を一件一件丁寧に調べていると、何故だか床下や天井裏をより詳しく調べる相談増えています時には知識が思い込みが邪魔する時もありますまず見て、事実を知ることが何より住む人、買う人の幸せに繋がります住育つぶやき62診断士の独り言

  • 住育つぶやき61 

    一般的に安易に入手出来る家の知識は新築やリフォームする際のものがほとんどで、住み続けるために必要な公平な情報はあまりみられません家の寿命を左右しているのはこの一面からかもしれませんね住育つぶやき61

  • 住育つぶやき60 家の実際状態が分かる場所

    家の実際の状態が分かる場所をご存じでしょうか。天井裏や床下です。住宅診断、ホームインスペクションをしている立場として数多くの住まいを見てきての実感です。外や中をきれいに使っていて誰もが好印象を感じる家でも天井裏や床下に懸念点がある家もあれば、外や中が傷んで印象があまり良くなくても、天井裏や床下にしっかりした工事が感じられ専門的には好印象の家もあります。泥臭く遠慮されがちな専門領域の仕事ですが、見る役割があるからこそ売る買う当事者の皆様だけでなく、一般の方々にとっても役立つ情報になる場合があります。公平な住宅診断のやりがいや存在意義はこのようなところに感じたりします。住育つぶやき60家の実際状態が分かる場所

  • 春に気づく 目に見えないに気づく

    事務所の脇にいつの間にか生えてきた"春"に気付けた嬉しさ。忙しいと足下見れなくなるけど知らずに元気貰っているかもね。春といえば、録画取りためた番組のなかでダンサー菅原小春さんが出ている対談番組をみた。誰かに何かを伝えることは目に見えるものじゃなくていいを教わった、というエピソードがとても印象的でした。春に気づく目に見えないに気づく

  • 住育つぶやき59 家の定期点検

    住まいの定期点検とは?修理やリフォームをするときに業者さんに見てもらう下見とは意味合いが違います。業者さんが修理や工事を促す為の無料点検とも違います。車でいうところの、○○か月安全点検という意味合いです。状態に異常がないか専門の人が全体的に見て、住む人に結果や先々のメンテ内容などをアドバイスするのが目的です。住育つぶやき59家の定期点検

カテゴリー一覧
商用