プロフィールPROFILE

vivi-gatoさんのプロフィール

住所
東京都
出身
北海道

長浜奈津子の演劇とアルゼンチンタンゴを中心とした音楽ライブ・コンサート、詩の朗読会などの情報発信しています。 ライブは銀座・月夜の仔猫を中心に、東京都内、神奈川、千葉など中心に定期的に活動。演劇は六本木俳優座での出演が中心となります。 こちらも是非ご覧下さい♪ 長浜奈津子 公式サイト⇒ https://www.nappy-cantactriz.com

ブログタイトル
銀の河
ブログURL
https://www.nappy-cantactriz.com
ブログ紹介文
劇団俳優座女優/歌手/朗読家 長浜奈津子のブログ 公演情報⇒演劇・ライブコンサート・朗読空間~ひとり語り
更新頻度(1年)

59回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2008/10/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、vivi-gatoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
vivi-gatoさん
ブログタイトル
銀の河
更新頻度
59回 / 365日(平均1.1回/週)
読者になる
銀の河

vivi-gatoさんの新着記事

1件〜30件

  • むずかしくって、おもしろいナレーション = Difícil, fácil =

    きょうは、ナレーションのお仕事のために、原稿をよんでいます。なにを読むかというと、試験問題のナレーションです。…なにかの適正問題の原稿を読むのですが…菱形とか三角形とか鉛筆とか…いつも朗読している「詩」「小説」「うたの歌詞」には、まずあんまり出てこない言葉が多くて…なんというか新鮮です(笑)「菱形ひしがた」…皆さんいかがですか?声にだして言ってみて下さい。ひ……江戸っ子は「し」は「ひ」になるようだから⇨菱形は、「シヒがた」になるのかな。江戸っ子に会って、目の前で読んでもらいたい。喉の奥から、緩やかに、または素早く(息)をながして、奧舌と軟口蓋のあたりで音にして、母音をチラとくっつけて、それを口中から風のごとくに(ご、は鼻濁音)ながして、発音します、そもそも「は行」はぜんぶ子音が前にでにくくて、昔々「忍者ハットリ...むずかしくって、おもしろいナレーション=Difícil,fácil=

  • 第五十四回 紀伊國屋演劇賞授賞式

    ゆうべの雪は静かな雨に_。今日は、傘をさして新宿の「紀伊國屋劇場」へいってまいりました。「音楽劇〜人形の家」でノーラ役、主演をなさった土居裕子さんの紀伊國屋演劇賞授賞式がおこなわれましたので、お祝いにゆかせて頂いたのです。白くて厚めの、手触りのよい封筒で届いた招待状を持って、紀伊国屋書店の4階へ。土居さんは本日、有楽町シアター・クリエで「シャボン玉とんだ宇宙までとんだ」の本番中で、白い椅子がひとつだけ、空いていました。土居さんがいらっしゃるまで、審査委員の大笹さまが、初めて「シャボン玉〜」をご覧になった時の、お佳代を演じられた土居さんの印象を「なんて魅力的なミュージカル女優さんが現れた」とお話しされて、それから年月が経ち、その土居さんが「母さん」でサトウハチローさんの母親役を演じられた時の感動をお話しされました...第五十四回紀伊國屋演劇賞授賞式

  • 雪列車

    ライブが終わってからでよかった_゚゚\(´O`/)°゜゚新橋を出るときは、雨でしたが地元へむかう列車を降りると、そこは雪国でした。(もう最近は、西武線を列車とよんでいます)小江戸号もおやすみでした…雪がふるかもしれないからって;(´◦ω◦`):…ぷるぷる……FloresNegras長浜奈津子のHP=芝居と音楽と語り=https://www.nappy-cantactriz.com/雪列車

  • ロコへのバラード

    ぴんと、があう。たくさんの歌があるけれど、ぴんとがあう曲がふっとあらわれるときがある。夕べはそれが三曲ありました。それは、描かれている世界が…ふに落ちたとき、なのかもしれません。なんども歌っていても、だいたい新しい発見があります。また変わらずおんなじ風景が見えている場合もある。そのばあいも、ちがう角度からみえて、それを眺めたりします。おわりがないね。生きているから…だね。表にでると、新橋は雨が降っていました。少し冷えてきたみたい…皆さんも、風邪にはお気をつけ下さいね(⁎ᵕᴗᵕ⁎)♡<来月のお知らせです>2020年2月24日(月)長浜奈津子soloLive月夜の仔猫3651(新橋)→http://www.asumi.com/★毎月第4月曜出演★■所在地中央区銀座8-3-11和恒ビルB1電話03-3573-3651...ロコへのバラード

  • 蘇州夜曲 と 弦楽四重奏

    2月13日、大森赤十字病院の講堂でおこなわれる、弦楽四重奏による院内コンサートへ出演させて頂きます。今日はそのリハーサルでしたが、チェロの三木さんのお宅へ、お邪魔させて戴きました。2013年のNHK連続テレビ小説で、「花子とアン」が大人気で話題になりましたが、その「赤毛のアン」の翻訳者「村岡花子さん」のお孫さんが、三木さんの奥様でいらっしゃいます。2014年に、日本橋三越で、モンゴメリと村岡花子さんの企画展があったときに伺って、ほんのちょっぴりブログを書いていましたので、ここにリンクを置きます…懐かしいです☺️モンゴメリと花子の赤毛のアン展~カナダと日本をつないだ運命の一冊~さて、この院内コンサートでは、日本の歌から「月の沙漠」「蘇州夜曲」「川の流れのように」を、アルゼンチンタンゴから「エル・チョクロ」「小径」...蘇州夜曲と弦楽四重奏

  • 月の沙漠

    「月の沙漠」加藤まさを作詞佐々木すぐる作曲月の沙漠をはるばると旅の駱駝がゆきました金と銀との鞍置いて二つならんでゆきました金の鞍には銀の甕銀の鞍には金の甕二つの甕はそれぞれに紐で結んでありましたさきの鞍には王子様あとの鞍にはお姫様乗った二人はおそろいの白い上着を着てました曠い沙漠をひとすじに二人はどこへゆくのでしょう朧にけぶる月の夜を対の駱駝はとぼとぼと砂丘を越えて行きました黙って越えて行きました****************************************来月、2月13日。弦楽四重奏で、病院の院内コンサートが行なわれます。わたしは唱歌とタンゴを歌わせていただきますが、これはその中の一曲。いまふと思い出しましたが昔、おとうとと一緒に…歌ったことがあるような、きがします…もうそれも…うんと昔のこ...月の沙漠

  • 残された空

    そらへ…そらへ…あおいそらへ…アルバムを聞きはじめて、すぐわたしは…たかくたかく空へつれてゆかれましたやすらかにここちよく…ああ…しんでからだをでるとこんなふうにそらへのぼってゆくのかな…_________みじかにいてわたしのそばからはなれていったひとたちかわいいねこもこうだったのかな…そう…ヴィヴィがおほねになったひふとそらをながめるとヴィヴィのちいさなお顔がうかんでいた先にいったひとたちはどんなおもいだったのかな…涙がぽろぽろこぼれましたふと、アルバム帯の表題の下をみるとこんな言葉がありました。『それでもわたしは生きているそして生きていく顔をあげて光にてをかざせばいつもそこにはそれぞれの空』わたしはじぶんのてをみた。わたしは生きている_____________________心がしんでいたころのことをおもい...残された空

  • 喜多直毅クアルテット @公園通りクラシックス 1/24金 19:30~

    喜多直毅クアルテット、渋谷の公園クラシックスにて。いつも午後の公演なのですが、今日は夜公演。喜多カルの音は都会の夜にもよく似合います。とても贅沢な1時間でした。海を渡り、各国を巡って欲しい楽団です。JAZZTokyoへ掲載された、伏谷佳代さんというライターさんのレビューです。開くと、このページの中くらいに文章があります。喜多直毅クァルテット『青春の立像』—沈黙と咆哮の音楽<喜多カル>2年前から聞き始めました。2日間公演のことがほとんどなのですが、どちらか1日のことがあっても、毎回必ず聞きに来ております。なぜ?この4人の演奏家が紡ぎだす“音楽ドラマ”が大好きだからです。だから聞くと体調が良くなる。ホント。ご機嫌も良くなります。初年度は結構友だちや知り合いを誘っていったのですが、今はひとりで来ています。昨年の秋は、...喜多直毅クアルテット@公園通りクラシックス1/24金19:30~

  • 来週の月曜日、1月27日 長浜奈津子ギター弾き語り TANGO solo Live 〜月夜の仔猫〜

    こんにちは!私は、毎月第4月曜日に、月夜の仔猫で歌っています。早いですね、もう1ヶ月たつのですね…写真を変えてみましたが、どこからみても昭和の顔だなあ…先日、ぶろぐにも書きましたが今月は「三月のバラード」というフォルクローレを歌います。長浜奈津子[銀の河]1月21日ぶろぐ→三月のバラード南米のことですので、季節は秋なのです。秋の霧深い日、別れた誰かを想い、彷徨い、風の中にその声を聞く…という詩です。でも、この曲は意味が分からなくても、メロディを聞くだけでじゅうぶんかも知れません。歌う側はそうもいかなかったりしますけれど。異国の歌を歌うとき、その世界に出逢った地点で見えてくるものを歌います。…小唄を歌うと、言葉が身体をめぐるのでそれはもう明確な違いです。細胞レベルなんでしょうね。ところが、長く歌っていてそろそろ、...来週の月曜日、1月27日長浜奈津子ギター弾き語りTANGOsoloLive〜月夜の仔猫〜

  • 船出 1月24日金

    やりたいことのいくつかを聞く雨の朝…やるべきことのたくさんを知る雨の音…声をもって生まれたことに感謝する朝…雨の朝に生まれた私1月24日金「想像力を駆使し現状打破せよ」FloresNegras長浜奈津子のHP=芝居と音楽と語り=https://www.nappy-cantactriz.com/船出1月24日金

  • みるくマテ茶

    私はものを知らない。知らなすぎる。寒い朝、みるくマテ茶を入れる。しかも忘れっぽい。季節の中にいることを忘れそうになる。狭山が寒い、ウチが寒いのではなくて、大寒の頃。一年で一番寒い頃です。あと気をつけないとすぐ薄着のままでいます。ウチの中でもセーターやフリースを重ね着すればいいのに、ブラウスにスカート、カーディガンでボーッとしてたりする。何か始めると、そればっかりやっています。で、夜熱が出たりする。きっと馬鹿なんだと思う。今日の運勢を覗くと…1月23日木「目標を高くし達成に向け精進」ですって。なるべく馬鹿をやめようと思う。今日から厚着します。…なんか違うかな。スープでもつくります。で、スープも美味しかったし、セーターでホコホコあったまってくると、どうでも良くなって来る。「そんなに知らなくてもいい」「知らないほうが...みるくマテ茶

  • 整理整頓。

    今日の運勢を覗くと…1月22日水「投げ出さず最後まで責任持て」ですって…。モノが多すぎる。『毎朝、簡単にお掃除すれば良いお家にしたい』時間かかりそう…今年の目標のひとつはこれにしよう。FloresNegras長浜奈津子のHP=芝居と音楽と語り=https://www.nappy-cantactriz.com/整理整頓。

  • 三月のバラード 〜想い出す、雨と昨日の香り〜

    来週は、銀座の「月夜の仔猫」でライブがあります。<毎月/第4月、1ra19:15〜2nda20:45〜時間が変わりました>タンゴとフォルクローレを歌うのですが、歌いたい曲があって、そういう時は譜面を作らなくてはなりません。私の場合、自分がわかればいいのですが、慣れないのですごく時間がかかります。けっきょく一日掛かってしまいました。でも出来たので、嬉しい…!フォルクローレから2曲用意しました。そのうちの1曲はこの曲です。『三月のバラード』三月の夕べには、いつも雨がふる…ゆっくりと、霧が光を覆いかくしてゆくのがれゆく夕暮れを踏みしめながら想い出す…雨と昨日の香りをとても美しい曲です。今日の運勢を覗くと…1月21日火「今の努力は後で必ず報われる」ですって!月夜の仔猫「長浜奈津子・ソロTANGOLive」ギター弾き語り...三月のバラード〜想い出す、雨と昨日の香り〜

  • 今日は浦和。タンゴ歌の教室とMariaのトートバック

    今日は、アルゼンチンタンゴ歌の教室〜浦和でした。今年2回目の教室なのに「皆さんあけましておめでとうございます!」と入っていき、ダメ押しで「今年もよろしくお願いします♪」と言って、ニコニコ前にでると、皆さんムズムズ笑顔。「あれ?今日は何回目でした?」と聞きますと「2回目ですよ」「センセ、お忙しいから」「ねえ、いろいろやって大変だから」とあちこちから。こういうことはいつものことなので、誰も動じません。私も、テヘヘと過ごして、大森教室のMariaから皆さんへの可愛いプレゼントと昨年の歌会(発表会)の写真を皆さんに配り、和やかないい感じでレッスンが始まりました。今年はもっと歌うことが楽しくなるようにしてあげたくて、それぞれにアドバイスをしながらあっという間の1時間半。皆んなで遅い昼食をとって、すっかり夕方。真っ赤な夕焼...今日は浦和。タンゴ歌の教室とMariaのトートバック

  • 終演致しました♪ 荷風語り 「春雨の夜」「濹東綺譚」 2020.1.19

    今年始めての朗読会。市川・本八幡にあります、文学ミュージアム「ベルホール」にて、開催いたしました。1月に入ってからのネット、資料配布での告知で、どれくらいお集まり頂けるか気になるところでしたが、ホール外のモニター放送にもお客様がいらっしゃりお聴き頂けたとお伺いしましたので、ホット一安心致しました。だいたい50名ほど、定員46名少し溢れる程度で良かったです。「永井荷風と谷崎潤一郎展」の方は、全国から広く訪問があったそうです。私にとって、初演の「春雨の夜」はしみじみとした良い作品です。好きな作品がもう一つ、見つかりました。「濹東綺譚」は、今後も出番がありそうなので、大切に語ってゆきたいと思います。そうそう、多田蔵人先生の「荷風追憶」が岩波新書で出版されました。荷風追想(岩波文庫)昨日、駅前の本屋さんへゆきましたら、...終演致しました♪荷風語り「春雨の夜」「濹東綺譚」2020.1.19

  • 東京は小雪…

    雪が_____。明日のお雪ちゃんが、呼びにきたのかな。明日はいよいよ、ひとり語りの開演です。市川市文学ミュージアム2F、ベルホール、11時から。10時から場当たり、忙しい朝になりそう。​永井荷風「濹東綺譚」より~玉ノ井夜想大江匡とお雪~​小説家・大江匡と玉ノ井の娼婦・お雪の切なくも美しい愛の物語。昭和初期の私娼街を舞台に、その出会いから別れを季節の移り変わりとともに描き出す、1951(昭和26)年に発行された、永井荷風の代表作品。<あらすじ>6月末のある夕方、大江は玉ノ井付近を散策する。急に振り出した大粒の雨、ひらいた傘に突然飛び込んできたひとりの女、お雪。侘しい場末の町、蚊のわめく溝際の家に住むお雪と大江は、なじみを重ね、たがいに情を深めてゆく。純朴なお雪の恋心。玉ノ井路地の迷宮を彷徨い歩く大江の複雑な心情。...東京は小雪…

  • 主治医は「三味線かとう」さん

    都電荒川線、東尾久三丁目の「三味線かとう」さんで調整をしてから、別人のようになった、三味線。糸巻きもゆるまず、竿もきっちり、銅もなんだかよく鳴ります。小さな音で弾くので、こんなに発音が良くなると、助かります、嬉しいです。糸も太さを変えました。胴のはかまもオレンジから水色に。色の影響ってあるのかしら。音も澄んだ音に聞こえます。これは気のせいかもしれません。でも色に波長があるなら、何か関係しているのかも。にしても、やはりちゃんと調整するべきなのですね、私も調整したい…さて、相棒といっても、三味線はきまった語りにしか使いません。「濹東綺譚」の他には「桜の森の満開の下」坂口安吾「神楽坂」矢田津世子「貝の穴に河童の居ること」「化鳥」泉鏡花「妹の縁談」山本周五郎…まだ他にあった気もしますが、今ぱっと思い出せません。再演を重...主治医は「三味線かとう」さん

  • カルディの春

    <やっとFinaleの出番>夜更かしはやめよう、としたのに、東京では(埼玉だ…)無理だった。今日から新しくできたアルゼンチンタンゴを歌う会のための譜面つくり。さっそくfinaleの活躍です。年末からダウンロードできない事件で困りに困ったソフトです。なんとかこれを使い、記譜をして歌詞を入れ込んで、気がつくと朝4時。この作業が、好きとか嫌いとか、苦手とか得意とか、言っていられません。これから使う大切なものなので、辛抱して作りました。それで、今日さっそく皆さんに配って、無事にスタート出来てホッと一安心です。簡単なメロディ譜ですが、歌詞もコードも入れたので、歌のガイドになると思います。いろいろ稽古もあるし、パソコンの仕事もあるし、譜面を作るなどは、やっぱり夜中になってしまう。朝の方が頭が冴えるから、そうしたいのですが、...カルディの春

  • よび

    FloresNegras長浜奈津子のHP=芝居と音楽と語り=https://www.nappy-cantactriz.com/よび

  • 白魚の吸い物。子ら巣立だち、老夫婦の晩年/「春雨の夜」 永井荷風

    「この白魚は大変うまい。おかわりを貰おうか。」「どうぞ、沢山御座いますから。」と老妻は給仕に座っている女中を見返って、「掻き回すと中のものが崩れますから丁寧によそっておいでなさい。」「先代も晩年には白魚と豆腐がお好きであったな。老人になると皆そういうものかな。」老人はそのなき父と母を思出す瞬間だけ老人はおのれの年齢を忘れて俄に子供になったような何ともいえぬ優しい心になる。けれどもそれは全くその瞬間のことだけのことである。老人はもう六十九、其の妻は五十九になった。******************************************************************************1月19日(日)市川市文学ミュージアム2F、ベルホールにて行われる「長浜奈津子ひとり語り」で予定し...白魚の吸い物。子ら巣立だち、老夫婦の晩年/「春雨の夜」永井荷風

  • 華やかな 🌸

    文鳥の彫刻、有名な高村光太郎氏の作品です。今日、詩音では高村光太郎の「鯰」、中原中也の「サーカス」「湖上」テーマでした。光太郎の彫刻作品「鯰」は、名作ですが、私は「文鳥」の方が好き…子どもの頃、ずっと小鳥を飼っていました。もう、かたちがたまりません。最近、ブログでもご紹介していますが花音、詩音と二つの朗読倶楽部があって、それぞれ7年、3年と長いお付き合いです。ところで、私は朗読空間というブログをもう一つ持っています。そこには朗読だけの公演情報を書いていて、ひとり語りと、朗読ユニット“おとがたり”の公演情報を載せていました。そちらに今年から朗読教室のカテゴリをひとつ増やしました。教室で扱った作品について主に書こうと思います。でも自分のための簡単な忘備録なので、すみません。誰かの役に立つものではありません。長浜奈津...華やかな🌸

  • 我が愛しのブエノスアイレス ~タンゴ歌教室~

    今日1/13(月)の荻窪タンゴ歌の教室は、年明け始め。ピアソラの「LosPajarosperdidos」を終えて今年から、古典タンゴ「MiBuenosAiresQuerido」の始まりです。自分の人生の終わりどこにいたいですか…?レ・ペラは言いました。花咲く大地、私の愛するブエノスアイレスに抱かれてゆきたいと。歳月は飛び去り、苦しみは忘れられる。「我が愛しのブエノスアイレス」曲だけ聞くと、流れるような美しいメロディで歌いあげられていますので、「ブエノスアイレスへの想い」をただ甘やかに歌っているのでしょうか。生きることの苦しみ、喜びと悲しみ。たくさんの思い出たち、若い頃の輝き、老いゆく我が身…光と影、すべて味わい歩いてきた。この人生の終わりに、愛する故郷ブエノスアイレスの庇護の下で眠りたい、すべての苦しみも忘却も...我が愛しのブエノスアイレス~タンゴ歌の教室~

  • 詩音📚花音 ふたつの朗読倶楽部

    <詩音📚市川・行徳の朗読倶楽部>行徳(市川)には、朗読倶楽部「詩音」があります。船橋の「花音」は、言わば私塾。それぞれの好きな作品を、じっくりとお稽古します。個人の良さを引き出しつつ、語りを組み立てて来ました。こちらの「詩音」は少し多めの人数でサークルとして音読を楽しんでいます。私塾ではなくてサークルなので、全体時間にも限りがあり、個人個人それ以上深く語りのレッスンのようにはならないのですが、まあ、程度というものがあって、そのさらりとした程度がいい、という方にはぴったりです。サークルの楽しみ方ですね。「詩音」という名前は、詩を音読して楽しむ、という始まりです。詩の他、これまで短編小説や歌の歌詞も取り入れて皆んなで楽しんでまいりました。ときに、私がギターやアコーディオンで、皆さんの語りに音楽をいれることもありまし...詩音📚花音ふたつの朗読倶楽部

  • 梅の花

    六本木に「くろさわ」というお蕎麦屋さんがあります。芋洗坂を降り切ったところにも、「くろさわ」のうどん屋さんあって、カレーうどんが名物です。このお蕎麦屋さんの方は、お蕎麦のほかに魚が美味しいのだそうです。魚の目利きの方がカウンターにいらっしゃる。煮魚は人気であと一つしかなく、私は焼き魚を頼みました。この日、大変お世話になった(今もですm(__)m)、とある年上の女性とお食事をしました。今、朗読を続けてこられるのはこの方のお陰なのです。「朗読空間〜ひとり語り」の最初の一歩からずっと支えて下さいました。お忙しい中、1時間半くらい、時間を作って下さいました。久しぶりにお会いするのでたくさんお話しさせて頂きました。さまざまな話題、昔の思い出話、今の話、これからのこと。創作のこと、生活してゆくこと、etc...最後にひとこ...梅の花

  • Podcast...🐈とタッチペン。

    <朗読Podcast>このお正月にいろいろ考えてはいたのですが、朗読配信をPodcastのように配信してみようと思いました。ごく短編の作品も3〜4分ずつに分けて配信。私はトークなんて配信できないので、やはり作品を配信しようと思いました。音響さんの友人にご紹介されたのが、アイホンで録音してすぐ配信するRadiotalk。他のことで、教えて下さったのですが、私の考えていたことで使えると気がつきました✨まずは初めてなので、気楽に始められるところから。ところが自宅で録音なので、当然様々な音が入って来ます。外を走る車の音とか、時計の音とか、カラスの鳴き声とか。猫のみいちゃんまで、ニャアううう・・・と参加して来て、とても無音にはなりません。でもそんなことを言っていたら、いつまでもできませんので自宅居間録音、というところをあ...Podcast...🐈とタッチペン。

  • ぼいす・さんぷる 録音

    今日は夕方からお友達の会社でボイスサンプルの録音をしました。その会社は汐留駅から歩いて10分くらい。新橋にあるのですが…ここは私の知っている新橋ではなくて凛としたオフィス街。私は毎月第4月曜日に「月夜の仔猫」でタンゴのギター弾き語りライブをしています。https://www.nappy-cantactriz.com/2020-1もう16年もかよっているのに…その界隈やガード下、コリドー街の雰囲気と、今夜歩いた新橋はまるで違います。あの窓のひとつひとつはまだお仕事なさっている人たちの灯り。空を見上げると…きれいな満月がビル街のあいだに浮かんでいます。京浜東北線が流れるように走ってゆきました。FloresNegras長浜奈津子のHP=芝居と音楽と語り=https://www.nappy-cantactriz.com...ぼいす・さんぷる録音

  • 荷風語り「春雨の夜」「濹東綺譚」市川市文学ミュージアム ベルホール 2020/1/19 (日)

    明けましておめでとうございます。皆さま、この年明けは如何お過ごしでしたでしょうか?本年が皆さまにとって豊かな素晴らしい一年になりますよう御祈り申し上げます。今年最初の朗読公演のご案内をさせて頂きます。現在、文学ミュージアムでは「永井荷風と谷崎潤一郎展あやしくって楽しい」企画展が開かれていますが、その最終日、今月19日に、文学ミュージアムのベルホールに於きまして、長浜奈津子による、荷風ひとり語りを上演させて頂きます。演目は、今回初演の「春雨の夜」とご要望の多く御座いました「濹東綺譚」です。皆さまにお楽しみ頂けます、春の朗読会となりますよう、丁寧にまた私自身も楽しんで語りをさせて頂きたいと存じます。どうぞ市川市文学ミュージアムまでお越し下さい。また「永井荷風と谷崎潤一郎展」もあわせてご覧頂きますと宜しいかと存じます...荷風語り「春雨の夜」「濹東綺譚」市川市文学ミュージアムベルホール2020/1/19(日)

  • 「シャボン玉飛んだ宇宙まで飛んだ」を観て来ました。

    音楽座ミュージカル「シャボン玉飛んだ宇宙まで飛んだ」今日はシアタークリエへミュージカルを観に出掛けました。昨年、俳優座劇場プロデュースの「音楽劇〜人形の家」でご一緒させて頂きました、土居裕子さん、畠中洋さん、川口大地さんがご出演されています。ということで、文学座の古坂るみ子さん有楽町の劇場までいってまいりました。既に「人形の家」の旅公演中に予約をお願いして、楽しみにしていたのです。かつて森光子さん主演の「放浪記」が上演された劇場が芸術座です。その芸術座の跡地に、新劇場「シアタークリエ」ができました。舞台もとても観やすくて、有楽町駅からも近くて良い劇場です。今日は2日目、満席での公演でした。あらすじや感想はネタバレになってしまうし、レビューをかけるほどの文才は無いので身の程をわきまえて、控えておきます。その代わり...「シャボン玉飛んだ宇宙まで飛んだ」を観て来ました。

  • 朗読倶楽部、花音 =民話について=

    今日は船橋の朗読倶楽部、花音で、今年初めてのお稽古でした。花音のうちお一人は、ボランティア語り部として民話や童話を小学校などで巡演されています。これまでもいろいろな民話を稽古しに来られました。素朴なお話の中にもシニカルなもの、笑いがあるもの、教育的なものいろいろあって、いつの間にかふとお話を思い出すときに、彼女の声と表情でそのお話を思い浮かべるようになりました。私は、自分のレパートリーとしてこの分野を朗読することはなくて、彼女のお稽古の題材としてそれを聞き、読みます。こんなサイトを見つけました。「民話って何だろう?身延の民話」「民話とは何か」この中に“民話は、民衆が文芸として創り続けて伝承するもの”とあります。納得しました。口承(こうしょう)で伝えられていくお話は、やはり少しづつ時代や話す人によって変わってくる...朗読倶楽部、花音=民話について=

  • 仕事始め、タンゴ歌の教室。

    年が明けてから、連日の青空ですね。仕事始めは、浦和でアルゼンチンタンゴ、歌の教室でした。お正月明けで、皆さん、歌い初めとのこと。次々に歌って下さり、華やぎました。生徒さんの中には、実はこんな方もいらっしゃいます。雨の日に、タンゴと知らないで間違って(!)見学にいらして、そのまま、最後まで体験レッスンして、その後続けることになり今はタンゴを歌うのが好きになっていらっしゃる方。人生何が起こるかわかりません。タンゴの歌を、机上で勉強するのかと思って入ってきて自分が歌うのだとびっくりしながらも、半年。今は何曲か歌えるようになっていらっしゃる。私の方が驚きました笑。もちろんタンゴを歌いたいというお気持ちで来られる方(普通はこちらです笑)とにかく、様々いらっしゃいます。そうですね、なんとなく___。タンゴとの出会いの、きっ...仕事始め、タンゴ歌の教室。

カテゴリー一覧
商用