searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
源氏物語の世界 http://ryuuns.seesaa.net/

源氏物語は、54帖より成り、100万文字に及ぶ長篇で、800首の和歌を含む日本を代表する王朝物語です。

いづれの時代にか、さほど身分の高い出ではありませんが、 とても美しい桐壺更衣を寵愛した帝の桐壺帝がおりました。 二人の間には輝くように美しい皇子がお生まれになりましたが、 他の妃たちから嫉妬や嫌がらせをうけ、お悩みになり、 病気がちだった更衣は、幼い皇子を残しお亡くなりになりました。

ひかる
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2008/10/13

1件〜100件

  • 源氏物語(全10巻セット) 瀬戸内 寂聴 (翻訳)

    源氏物語(全10巻セット) 瀬戸内 寂聴 (翻訳),いづれの時代にか、さほど身分の高い出ではありませんが、とても美しい桐壺更衣を寵愛した帝の桐壺帝がおりました。二人の間には輝くように美しい皇子がお生まれになりましたが、他の妃たちから嫉妬や嫌がらせをうけ、お悩みになり、病気がちだった更衣は、幼い皇子を残しお亡くなりになりました。その後、元服した皇子は臣籍降下して帝から源氏姓を賜り、左大臣家の娘である葵の上の婿となりました。その光り輝くような美貌から 「光る君」 と呼ばれました。

  • マンガで学ぼう、紫式部の生涯

    マンガで学ぼう、紫式部の生涯,いづれの時代にか、さほど身分の高い出ではありませんが、とても美しい桐壺更衣を寵愛した帝の桐壺帝がおりました。二人の間には輝くように美しい皇子がお生まれになりましたが、他の妃たちから嫉妬や嫌がらせをうけ、お悩みになり、病気がちだった更衣は、幼い皇子を残しお亡くなりになりました。その後、元服した皇子は臣籍降下して帝から源氏姓を賜り、左大臣家の娘である葵の上の婿となりました。その光り輝くような美貌から 「光る君」 と呼ばれました。

  • The Tale of Genji (Penguin Classics)

    The Tale of Genji (Penguin Classics),いづれの時代にか、さほど身分の高い出ではありませんが、とても美しい桐壺更衣を寵愛した帝の桐壺帝がおりました。二人の間には輝くように美しい皇子がお生まれになりましたが、他の妃たちから嫉妬や嫌がらせをうけ、お悩みになり、病気がちだった更衣は、幼い皇子を残しお亡くなりになりました。その後、元服した皇子は臣籍降下して帝から源氏姓を賜り、左大臣家の娘である葵の上の婿となりました。その光り輝くような美貌から 「光る君」 と呼ばれました。

  • 源氏ノスタルジー

    源氏ノスタルジー,いづれの時代にか、さほど身分の高い出ではありませんが、とても美しい桐壺更衣を寵愛した帝の桐壺帝がおりました。二人の間には輝くように美しい皇子がお生まれになりましたが、他の妃たちから嫉妬や嫌がらせをうけ、お悩みになり、病気がちだった更衣は、幼い皇子を残しお亡くなりになりました。その後、元服した皇子は臣籍降下して帝から源氏姓を賜り、左大臣家の娘である葵の上の婿となりました。その光り輝くような美貌から 「光る君」 と呼ばれました。

  • 大学入試古文出典不動の1位

    大学入試古文出典不動の1位,いづれの時代にか、さほど身分の高い出ではありませんが、とても美しい桐壺更衣を寵愛した帝の桐壺帝がおりました。二人の間には輝くように美しい皇子がお生まれになりましたが、他の妃たちから嫉妬や嫌がらせをうけ、お悩みになり、病気がちだった更衣は、幼い皇子を残しお亡くなりになりました。その後、元服した皇子は臣籍降下して帝から源氏姓を賜り、左大臣家の娘である葵の上の婿となりました。その光り輝くような美貌から 「光る君」 と呼ばれました。

  • The Tale of Genji (Dover Thrift)

    The Tale of Genji (Dover Thrift),いづれの時代にか、さほど身分の高い出ではありませんが、とても美しい桐壺更衣を寵愛した帝の桐壺帝がおりました。二人の間には輝くように美しい皇子がお生まれになりましたが、他の妃たちから嫉妬や嫌がらせをうけ、お悩みになり、病気がちだった更衣は、幼い皇子を残しお亡くなりになりました。その後、元服した皇子は臣籍降下して帝から源氏姓を賜り、左大臣家の娘である葵の上の婿となりました。その光り輝くような美貌から 「光る君」 と呼ばれました。

  • 源氏物語  数秘学うらなひ

    源氏物語  数秘学うらなひ,いづれの時代にか、さほど身分の高い出ではありませんが、とても美しい桐壺更衣を寵愛した帝の桐壺帝がおりました。二人の間には輝くように美しい皇子がお生まれになりましたが、他の妃たちから嫉妬や嫌がらせをうけ、お悩みになり、病気がちだった更衣は、幼い皇子を残しお亡くなりになりました。その後、元服した皇子は臣籍降下して帝から源氏姓を賜り、左大臣家の娘である葵の上の婿となりました。その光り輝くような美貌から 「光る君」 と呼ばれました。

  • 謹訳 源氏物語 一 林望 (著)

    謹訳 源氏物語 一 林望 (著),いづれの時代にか、さほど身分の高い出ではありませんが、とても美しい桐壺更衣を寵愛した帝の桐壺帝がおりました。二人の間には輝くように美しい皇子がお生まれになりましたが、他の妃たちから嫉妬や嫌がらせをうけ、お悩みになり、病気がちだった更衣は、幼い皇子を残しお亡くなりになりました。その後、元服した皇子は臣籍降下して帝から源氏姓を賜り、左大臣家の娘である葵の上の婿となりました。その光り輝くような美貌から 「光る君」 と呼ばれました。

  • 源氏物語千年紀 Genji DVD

    源氏物語千年紀 Genji DVD,いづれの時代にか、さほど身分の高い出ではありませんが、とても美しい桐壺更衣を寵愛した帝の桐壺帝がおりました。二人の間には輝くように美しい皇子がお生まれになりましたが、他の妃たちから嫉妬や嫌がらせをうけ、お悩みになり、病気がちだった更衣は、幼い皇子を残しお亡くなりになりました。その後、元服した皇子は臣籍降下して帝から源氏姓を賜り、左大臣家の娘である葵の上の婿となりました。その光り輝くような美貌から 「光る君」 と呼ばれました。

  • 源氏物語幻想交響絵巻

    源氏物語幻想交響絵巻,いづれの時代にか、さほど身分の高い出ではありませんが、とても美しい桐壺更衣を寵愛した帝の桐壺帝がおりました。二人の間には輝くように美しい皇子がお生まれになりましたが、他の妃たちから嫉妬や嫌がらせをうけ、お悩みになり、病気がちだった更衣は、幼い皇子を残しお亡くなりになりました。その後、元服した皇子は臣籍降下して帝から源氏姓を賜り、左大臣家の娘である葵の上の婿となりました。その光り輝くような美貌から 「光る君」 と呼ばれました。

  • よみがえる源氏物語絵巻―全巻復元に挑む

    よみがえる源氏物語絵巻—全巻復元に挑む,いづれの時代にか、さほど身分の高い出ではありませんが、とても美しい桐壺更衣を寵愛した帝の桐壺帝がおりました。二人の間には輝くように美しい皇子がお生まれになりましたが、他の妃たちから嫉妬や嫌がらせをうけ、お悩みになり、病気がちだった更衣は、幼い皇子を残しお亡くなりになりました。その後、元服した皇子は臣籍降下して帝から源氏姓を賜り、左大臣家の娘である葵の上の婿となりました。その光り輝くような美貌から 「光る君」 と呼ばれました。

  • 本居宣長の最初の源氏物語論です

    本居宣長の最初の源氏物語論です,いづれの時代にか、さほど身分の高い出ではありませんが、とても美しい桐壺更衣を寵愛した帝の桐壺帝がおりました。二人の間には輝くように美しい皇子がお生まれになりましたが、他の妃たちから嫉妬や嫌がらせをうけ、お悩みになり、病気がちだった更衣は、幼い皇子を残しお亡くなりになりました。その後、元服した皇子は臣籍降下して帝から源氏姓を賜り、左大臣家の娘である葵の上の婿となりました。その光り輝くような美貌から 「光る君」 と呼ばれました。

  • アーサー・ウェイリーの源氏物語

    アーサー・ウェイリーの源氏物語,いづれの時代にか、さほど身分の高い出ではありませんが、とても美しい桐壺更衣を寵愛した帝の桐壺帝がおりました。二人の間には輝くように美しい皇子がお生まれになりましたが、他の妃たちから嫉妬や嫌がらせをうけ、お悩みになり、病気がちだった更衣は、幼い皇子を残しお亡くなりになりました。その後、元服した皇子は臣籍降下して帝から源氏姓を賜り、左大臣家の娘である葵の上の婿となりました。その光り輝くような美貌から 「光る君」 と呼ばれました。

  • 源氏物語が面白いほどわかる本

    源氏物語が面白いほどわかる本,いづれの時代にか、さほど身分の高い出ではありませんが、とても美しい桐壺更衣を寵愛した帝の桐壺帝がおりました。二人の間には輝くように美しい皇子がお生まれになりましたが、他の妃たちから嫉妬や嫌がらせをうけ、お悩みになり、病気がちだった更衣は、幼い皇子を残しお亡くなりになりました。その後、元服した皇子は臣籍降下して帝から源氏姓を賜り、左大臣家の娘である葵の上の婿となりました。その光り輝くような美貌から 「光る君」 と呼ばれました。

  • 面白い源氏物語

    面白い源氏物語,いづれの時代にか、さほど身分の高い出ではありませんが、とても美しい桐壺更衣を寵愛した帝の桐壺帝がおりました。二人の間には輝くように美しい皇子がお生まれになりましたが、他の妃たちから嫉妬や嫌がらせをうけ、お悩みになり、病気がちだった更衣は、幼い皇子を残しお亡くなりになりました。その後、元服した皇子は臣籍降下して帝から源氏姓を賜り、左大臣家の娘である葵の上の婿となりました。その光り輝くような美貌から 「光る君」 と呼ばれました。

ブログリーダー」を活用して、ひかるさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ひかるさん
ブログタイトル
源氏物語の世界
フォロー
源氏物語の世界

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用