chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
内藤陽介
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2008/10/13

arrow_drop_down
  • イラン検察長官、道徳警察の廃止に言及

    今年9月、女性の髪を隠すスカーフのかぶり方を巡って拘束された女性が死亡したことをきっかけに抗議運動が続いているイランで、きのう(4日)までに、モンタゼリ検察長官は女性を拘束した道徳警察(風紀警察とも)を廃止したと発言しました。これに対して、道徳警察を管轄する内務省は廃止を正式には認めておらず、国営メディアも道徳警察を監督する権限はモンタゼリ長官にないと報道。さらに、複数のイラン政府高官は引き続き、...

  • エルギン・マーブルの返還をめぐり英希が秘密協議

    12月3日付のギリシャ紙『タネア』は、19世紀に英国の外交官、第7代エルギン伯トマス・ブルースがパルテノン神殿から削り取って英国に持ち出し、現在は大英博物館に展示されている“エルギン・マーブル(パルテノン・マーブルとも)”について、11月下旬、ギリシャ政府と大英博物館の間で”秘密協議”が行われていたと報じました。これに対して、大英博物館も12月3日付の声明で、ギリシャ側との「新たなパートナー関係」を望むとし...

  • 国際障碍者デー

    きょう(3日)は、1982年12月3日の第37回国連総会で「障害者に関する世界行動計画」が採択されたことを記念して、1992年の第47回国連総会で制定された“国際障碍(障害)者デー”です。というわけで、こんな切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、1981年2月19日に台湾が発行した“国際障碍者年”の切手で、ろうそくの明かりに照らされた義足の人物と結合双生児(いわゆるシャム双生児)が...

  • 日本、スペインを撃破して決勝Tへ

    現在開催中のサッカーW杯カタール大会は、本日(2日)未明、日本(FIFAランキング24位)はスペイン(同7位)を2-1で下す大金星をあげ、W杯2大会連続(4度目)の決勝トーナメント進出を果たしました。というわけで、拙著『本当は恐ろしい!こわい切手』の中から、この1枚です。(画像はクリックで拡大されます) これは、2009年7月14日にスペインが発行した”交通安全”の切手で、ワインボトルに激突して大...

  • 江沢民元国家主席、亡くなる

    中国の江沢民元共産党中央委員会総書記(任1989-2002)・元国家主席(任1993-2003)が、きのう(30日)、白血病による多臓器不全で亡くなりました。96歳。というわけで、謹んでご冥福をお祈りしつつ、こんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます。以下、敬称略) これは、1999年8月23日、北京で開催された”第22回万国郵便連合大会(万国郵便大会議)”を記念して、開催国の中国が発行した切手シ...

  • 沖縄切手モノ語り㉘

    ご報告がすっかり遅くなりましたが、『本のメルマガ』第841号が配信されました。僕の連載、「沖縄切手モノ語り」は、今回はこの切手をご紹介しました。(画像はクリックで拡大されます。) これは、1965年9月18日に発行された“那覇市新庁舎落成”の記念切手です。 詳細については、こちらをクリックして、内藤総研サイト内の当該投稿をご覧ください。なお、内藤総研の有料会員の方には、本日夕方以降、記事の全文(...

  • ハワイのマウナロア火山、38年ぶり噴火

    世界最大の活火山として知られるハワイ島のマウナロア火山が、27日午後11時30分頃(現地時間。日本時間28日午後6時30分)、1984年以来38年ぶりに噴火しました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます) これは、1984年3月12日、米国が発行した“ハワイ州25周年”の記念切手で、先住民の伝統的なカヌーの背景に、噴煙を上げるマウナロア火山が描かれています。ちなみに、マウナロア火...

  • 三の酉

    きょう(28日)は三の酉です。というわけで、鶏に関する切手の中から、この1枚を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、2022年10月14日にウクライナが発行した「ウクライナ軍に栄光あれ!」の切手のうち、”ボロディアンカの鶏”を取り上げた1枚です。切手の小さな画面では、一見、”鶏”がわかりづらいので、切手の該当部分をトリミングした画像と、そのもとになったと思しき写真を下に貼っておき...

  • 蔣介石の曾孫(蔣経國の孫)、台北市長に

    きのう(26日)投票が行われた台湾統一地方選で、首都・台北を含む22の県・市の首長ポストのうち、与党・民主進歩党(民進党)は改選前の7から2つ減らして5となる大敗を喫し、蔡英文総統は責任を取って民進党の主席(党首)職を辞任ました。このうち、台北市長には、蔣介石の曾孫(蔣経國の孫)で国民党候補の蔣万安が、与党・民進党候補で新型コロナウイルス対策の責任者を務めた陳時中・前衛生福利部長(衛生相)らを破って...

  • NATO、スヴァウキ・ギャップでの軍事訓練に参加

    北大西洋条約機構(NATO)は、きのう(25日)、ロシアの飛び地カリーニングラードからベラルーシに延びるポーランド東部国境のうち、リトアニアに接する“スヴァウキ(スバルキ)・ギャップ”での軍事訓練に参加しました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます) これは、スヴァウキ・ギャップの名前の由来となっているスヴァウキ市の300周年を記念し、2012年3月30日にポーラン...

  • マレーシア国王、新首相の任命で異例の調整

    今月19日に投開票された連邦下院選挙(定数222、任期5年)の結果、軸となった連合政党のいずれも過半数に届かず、連立交渉が難航していたマレーシアで、きのう(24日)、ヤン・ディ=ペルトゥアン・アゴン(連邦の国家元首。日本語ではしばしば“国王”と訳される。以下、アゴン)のアブドゥラ・リアヤテュディン・アルームスタファ・ビラ・シャー陛下(以下、アブドゥラ国王)が野党連合“希望連盟”を率いるアンワル元副首相を新し...

  • 日本、ドイツに勝利

    現在開催中のサッカーW杯カタール大会で、きのう(23日)、日本代表(FIFAランキング24位)がドイツ(同11位)を2-1の逆転勝ちを収める大金星を飾りました。というわけで、ドイツに勝ったことを記念して、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます) これは、1919年7月1日、第一次大戦での対独講和条約の調印にあわせて発行された”平和記念”の切手のうち、結城素明の原画による鳩を描いた1銭5厘切...

  • 勤労感謝の日

    きょう(23日)は勤労感謝の日(もともとは収穫を祝い、翌年の豊穣を祈願する新嘗祭の日)です。というわけで、農家の方々に感謝して、農村を題材にした切手の中から、この1枚を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、1963年3月21日に台湾が発行した“免飢饉之自由運動(飢餓救済キャンペーン)”の切手で、台湾の農村で収穫した稲束を抱える女性と、飢餓に苦しむ大陸の”同胞”に対して空から援...

  • 本栖湖に第3のマリモ

    国立科学博物館は、きのう(21日)までに、北海道の阿寒湖などに生息する“マリモ”と富山県立山町由来の“タテヤママリモ”に次いで国内3種類目となる球状のマリモを甲府市で見つけたと発表。本栖湖で取れた二枚貝に付着していた藻が成長したと推定されることから、“モトスマリモ”と命名しました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます) これは、1959年7月21日に発行された“自然公...

  • ネパールで総選挙

    ネパールで、きのう(20日)、任期満了に伴う下院(定数275)の総選挙が実施されました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます) これは、2007年12月28日にネパールが発行した暫定憲法制定の記念切手で、ネパールの国会議事堂と下院の議場が取り上げられています。 詳細については、こちらをクリックして、内藤総研サイト内の当該投稿をご覧ください。内藤総研の有料会員の方には...

  • きょうから2022FIFAワールドカップ・カタール大会

    サッカーの FIFAワールドカップ(W杯)カタール2022が、現地時間20日(日本時間21日午前0時)開幕します。というわけで、きょうはこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、2021年4月1日に開催国のカタールが今大会の事前周知を兼ねて発行した記念切手シートで、カタール地図をかたどったシートの中に、大会ロゴマークの切手2種が収められています。 詳細については、こちらをク...

  • キーウに初雪、電力回復ないまま冬到来

    ロシア軍の攻撃によりウクライナ国内のエネルギーシステムのほぼ半分が機能停止状態に陥る中、17日(現地時間)、キーウに初雪が舞い、ウクライナに本格的な冬が到来しました。というわけで、きょうはこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、2002年にウクライナが発行した”キーウの冬”の切手付き封筒で、雪景色の“リチャード獅子心王の城”が描かれています。キーウの“リチャード獅...

  • 切手に見るソウルと韓国:朝鮮半島を代表する犬・豊山犬

    『東洋経済日報』2022年11月11日号が発行されました。僕の月一連載「切手に見るソウルと韓国」は、今回は、文在寅前大統領が、2018年9月の南北首脳会談で北朝鮮の金正恩国務委員長から贈られた豊山犬について、「もう私邸で飼うつもりはない」と韓国政府に伝えていたというニュースが報じられてまもない時期でしたので、この切手をご紹介しました。(画像はクリックで拡大されます) これは、1980年7...

  • ウクライナのワイン

    きょう(17日)は11月の第3木曜日。いわずと知れたボジョレ(ボージョレ、ボジョレーとも)・ヌーヴォーの解禁日です。というわけで、毎年恒例、「ボジョレだけがワインじゃないよ」シリーズ。今年は、この切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、2009年12月15日、ウクライナが発行した“ウクライナのワイン産業”シリーズのうち、スコリマンスキー種(1949年にウクライナで開発された交配...

  • 二の酉

    きょう(16日)は二の酉です。一の酉の時は、拙著『現代日中関係史』第1部の重版を祈念して1972年以前の中国切手の中から題材を選びましたが、今回は、来春刊行予定の同第2部に向けて自分の気合を入れなおすため、最近の台湾切手の中からこの1枚を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、2021年11月5日に台湾が発行した”古典詩”の切手のうち、顔真卿の「勸學」を取り上げた1枚で、「三更燈...

  • 世界の人口、きょう80億に

    国連人口基金(UNFPA)の特設ページに掲載されている“世界人口時計”は、日本時間のきのう(14日)午後1時半現在で79億9980万人を突破し、きょう(15日)、80億人に到達します。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます) これは、2005年11月24日にインドが発行した”新生児の健康”の切手で、新生児を抱き上げる母親がデザインされています。国連では、今後2050年までに人口が大幅に増...

  • ビッグベンの鐘の音、5年ぶりに復活

    “ビッグベン”の愛称で親しまれている英議会議事堂の時計塔の改修工事が終了し、戦没者追悼の日曜日に当たるきのう(13日)午前11時(日本時間同日午後8時)、2分の黙祷を知らせるため11回打ち鳴らされ、約5年ぶりに鐘の音が復活しました。というわけで、きょうはこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、1957年9月12日に英国が発行した“第46回列国議会同盟会議”の記念航空書簡に、...

  • 漆の日

    きょう(13日)は、文徳天皇の第一皇子・惟喬親王が京都・嵐山の法輪寺に参籠し、その満願の日である11月13日に漆の製法を菩薩から伝授されたとの伝説にちなむ“漆の日”です。というわけで、漆工の切手の中からこの1枚です。(画像はクリックで拡大されます) これは、2002年7月23日に発行された第2次世界遺産シリーズ第8集「古都奈良の文化財2」のうち、唐招提寺金堂の千手観音像を取り上げた1枚です。この観...

  • ドイツ、2023年春まで原発運転継続へ

    ドイツ連邦議会(下院)は、きのう(11日)、年内に停止予定だった国内の原子力発電所の原子炉全3基について、2023年4月15日まで稼働延長を認める法案を可決しました。3基は、州の代表で構成する連邦参議院(上院)の承認を経て来年1月以降も稼働を延長する見通しで、現時点では、期限となる4月15日をもって停止されることになっています。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます) ...

  • 切手歳時記:寒ブリ

    公益財団法人・通信文化協会の雑誌『通信文化』2022年11月号が発行されました。今回の僕の連載「切手歳時記」では、立冬も過ぎて寒ブリの時期が始まることから、この切手を取り上げました。(画像はクリックで拡大されます) これは、1967年2月10日に発行された魚介シリーズの“ぶり”の切手です。 詳細については、こちらをクリックして、内藤総研サイト内の当該投稿をご覧ください。なお、内藤総研の有料会員の方...

  • 露国防相、ヘルソン市から撤退命令

    ロシアのショイグ国防相は、きのう(9日)、ロシアが一方的に“併合”を宣言したウクライナ南部ヘルソン州の州都、ヘルソン市からのロシア軍撤退を命じました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます) これは、2020年8月20日、ウクライナが発行した”ウクライナの美と偉大さ”シリーズのうち、ヘルソン市内のヘルソン美術館を取り上げた1枚です。ヘルソン美術館については、11月以降...

  • ウクライナ語の日

    きょう(9日)は、キーウのペチェールシク大修道院(洞窟修道院)の修道士で、キエフ・ルーシの歴史についてまとめた『原初年代記』(『過ぎし年月の物語』とも)の作者とされる年代記者ネストルの記念日(11月9日)にちなんで、ウクライナでは“ウクライナ語の日(正式名はウクライナの文字および言語の日)とされています。というわけで、こんなモノをもってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは...

  • 442年ぶりの皆既月食+天王星食

    今晩(8日夜)、日本全国で皆既月食と同時に、月が天王星を隠す“天王星食”が起こります。皆既食中に惑星食が起こるのは大変珍しく、日本では、1580年7月の土星食以来442年ぶりのことで、次回は、322年後の2344年7月26日に起きる土星食までありません。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます) これは、2014年12月5日にスリランカが発行した”太陽系の惑星”の切手のうち、天王星を取...

  • 共産主義犠牲者の国家的記念日

    きょう(7日)は、1917年11月7日(ロシア暦10月25日)にロシア10月革命が起こり、ボリシェヴィキ政権(ソヴィエト社会主義ロシア共和国)が発足したことにちなむロシア革命記念日であると同時に、米国では“共産主義犠牲者の国家的記念日”とされています。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます) これは、1957年11月7日、中国が発行した“偉大なる社会主義十月革命40周年”の記念切手...

  • キュリオ・沖縄切手物語⑱

    雑誌『キュリオマガジン』2022年11月号が発行されました。僕の連載「沖縄切手物語」では、今回は“文化財保護強調週間”を取り上げましたが、そのなかからこの1枚をご紹介します。 これは、1964年11月1日に発行された“文化財保護強調週間”の切手で、宮良殿内が取り上げられています。 詳細については、こちらをクリックして、内藤総研サイト内の当該投稿をご覧ください。内藤総研の有料会員の方には、本日夕方以降...

  • ツタンカーメン王の墓発見100年

    古代エジプトの少年王、ツタンカーメンの墓が、1922年11月5日、エジプト南部ルクソールの“王家の谷”で発見されてから、ちょうど100年になりました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます) これは、1972年4月26日にエジプトが発行した“ツタンカーメンの墓発見50周年”の記念切手のうち、ツタンカーメン像を取り上げた1枚です。 詳細については、こちらをクリックして、内藤総研...

  • 一の酉

    きょう(4日)は“一の酉”です。というわけで、最新の拙著『現代日中関係史 第1部 1945-1972』の重版を祈念して、この1枚を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、1959年1月1日に中国が発行した”西北の剪紙”の切手のうち、鶏を取り上げた1枚です。注文消しですが、枠線やナンバリングも入った耳紙付きなので持ってきてみました。 詳細については、こちらをクリックして、内藤総研サイト内...

  • 文化の日

    きょう(3日)は“文化の日”ですが、手塚治虫の誕生日でもあることにちなみ、日本漫画家協会と出版社5社が今から20年前の2002年に制定した“まんがの日”でもあります。というわけで、こんな切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、2003年12月18日に発行された科学技術とアニメ・ヒーロー・ヒロインシリーズ第1集のうち、1937年の第1回文化勲章受章者で物理学者の長岡半太郎を描いた切手...

  • 死者の日

    きょう(2日)は、メキシコの“死者の日”です。というわけで、こんな切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、1986年9月26日、メキシコが発行した“ディエゴ・リベラの絵画”の切手のうち、リベラの代表作「アラメダ公園の日曜の午後の夢」(部分)を取り上げた1枚です。画面の中央に描かれた貴婦人姿の骸骨は、1913年に亡くなった風刺画家、ホセ・グアダルーペ・ポサダが考案したもので、...

  • ブラジル大統領にルラ元大統領が返り咲き

    おととい(30日)行われたブラジル大統領選の決選投票で、労働運動指導者出身で左派の元大統領、ルイス・イナシオ・ルーラ(ルラとも)・ダシルバ候補が現職で軍人出身の右派、ジャイル・ボルソナロ大統領を得票率差1.8ポイントの僅差で退け、通算3度目の当選を決めました。ブラジルで元職から返り咲きを果たした大統領は、1930-45年及び1951-54年に大統領を務めたジェトゥリオ・ドルネレス・ヴァルガス以来2人目、1961年お...

  • バファローズが日本一

    プロ野球の日本シリーズは、オリックス・バファローズがヤクルト・スワローズを4勝2敗1分で下して日本一となりました。オリックス球団としては阪急時代を含めて1996年以来26年ぶりの5度目、近鉄時代を含めて”バファローズ”としては初の日本一です。というわけで、バファロー(水牛)を描いた切手の中から、この1枚を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、1975年6月18日、台湾が発行した...

  • 泰国郵便学(74)

    ご報告が遅くなりましたが、公益財団法人・日本タイ協会発行の『タイ国情報』第56巻第5号ができあがりました。というわけで、僕の連載「泰国郵便学」で取り上げた切手の中から、この1点をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます) これは、1981年2月28日にタイが発行した国際障碍者年の記念切手のうち、車いすで働く障碍者を描いた5バーツ切手です。 詳細については、こちらをクリックして、内藤総研...

  • 『現代日中関係史 第1部 1945-1972』

    以前からご案内しておりました拙著『現代日中関係史 第1部 1945-1972』(日本郵趣出版 奥付上の刊行日は2022年11月20日)の現物ができあがりましたので、一言、ご挨拶申し上げます。(画像は表紙カバーのイメージ。クリックで拡大されます) 日本郵趣出版は、この度、文章を主体に歴史を郵趣的視点から読み解く新レーベル「郵便×歴史シリーズ」をスタートさせました。その第一弾の企画として、日中国交”正常化”50...

  • パンダの日

    きょう(28日)は、いまから50年前の1972年10月28日に中国から贈られたジャイアントパンダのカンカンとランランが上野動物園に到着したことにちなむ”パンダの日”です。というわけで、ストレートにこの切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、1963年8月5日に中国が発行したジャイアントパンダの切手です。 現在、野生のジャイアントパンダは、中国の甘粛省、四川省、陝西省などに棲息し...

  • イラン・シーラーズのシャー・チェラーグ廟で銃撃

    イラン南部、シーラーズのモスク・霊廟として知られるシャー・チェラーグ廟で、きのう(26日)、武装した3人組の男による銃撃事件が発生し、少なくとも15人が死亡、40人が負傷しました。国営イラン通信によると、犯人グループはスンナ派過激派の”タクフィリ”のテロリストで、警察は2人を逮捕し、残り1人の行方を追っているそうです。というわけで、亡くなられた方のご冥福と負傷者の方の一日も早い御快癒をお祈りしつつ、この...

  • 露軍、銅像略奪を”避難”と強弁

    ロシア軍の苦戦が伝えられるウクライナ南部へルソン州で、ドニプロ川(ロシア語名:ドニエプル川)西岸から撤退する露軍や親露派勢力による文化財や住民の資産などの略奪が相次ぐなか、ヘルソン州立海軍士官学校前のフョードル・ウシャコフ提督像も持ち去られ、台座だけが残されていることが明らかになりました。露側は「ウクライナ軍による破壊を避けるために〝避難〟させた」と主張しており、略奪の事実を認めています。という...

  • 英史上最年少・初のインド系首相誕生へ

    英国のリズ・トラス首相の後任を決める与党・保守党の党首選は、きのう(24日)、立候補の届け出が締め切られ、リシ・スナク元財務相が無投票で当選しました。スナク元財務相は、きょう(25日)、インド系としては初めて英国の首相に就任します。また、42歳での首相就任は、2010年に43歳7か月で首相に就いたデビッド・キャメロン氏の記録を塗り替え、直近約200年で英史上最年少です。というわけで、きょうはこんな切手を持って...

  • 国連デー

    きょう(24日)は、1945年10月24日に国際連合(以下、国連)憲章が発効して国連が正式に成立したことにちなむ“国連デー”です。というわけで、こんな切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、1970年9月19日、台湾の国民政府が発行した“国連25周年”の記念切手で、国連旗と中華民国国旗の下に、和平・進歩・正義の文言が入っています。 詳細については、こちらをクリックして、内藤総研サイ...

  • 中共党大会閉幕式、胡錦濤前総書記を排除

    きのう(22日)行われた中国共産党大会の閉幕式で、次の最高指導部の候補となる中央委員の選出を終え、メディアが入場を許された直後、党規約の改正の決議を控え、習近平総書記(国家主席)の左隣に座っていた胡錦濤(胡錦涛)前総書記が、突然、習近平のSPとみられる人物らに両脇を抱えられて会場から排除されました。党大会での長老幹部の(本人の意に沿わない)途中退席は極めて異例で、憶測を呼んでいます。というわけで、胡...

  • 伊新首相にFdI のメローニ党首

    9月25日のイタリア総選挙で上下両院で約26%の票を得て第1党に躍進した“イタリアの同胞(Fratelli d'Italia:FdI)のジョルジャ・メローニ党首は、きのう(21日)、セルジョ・マッタレッラ大統領の首相候補指名を受諾。きょうにも、同国初の女性首相として閣僚と宣誓式に臨み、右派連合による連立政権が発足します。というわけで、“イタリアの同胞”の文言が入ったマテリアルが何かないかと思って探してみたら、こんなモノがあ...

  • お菓子の切手:韓国の宮廷儀式で供された伝統菓子

    ご報告が遅くなりましたが、大手製菓メーカー(株)ロッテのウェブマガジン『Shall we Lotte(シャル ウィ ロッテ)』での僕の連載、「お菓子の切手」の新しい記事がアップされました。今回は、こんな切手を取り上げています。(画像はクリックで拡大されます) これは、2021年10月29日に韓国で発行された50ウォンの普通切手で、朝鮮の伝統菓子としての油菓が取り上げられています。 詳細については、こちらをクリ...

  • 頭髪の日

    きょう(20日)は、“とう(10)はつ(20)”の語呂合せで“頭髪の日”です。というわけで、こんな切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、2006年8月18日にウクライナが発行した“ウクライナ・コサック”の切手のうち、イリヤ・レーピンの絵画『スルタンへ手紙を書くザポロージャ・コサック』のモデルとして知られるウクライナ・コサックの頭領、イヴァン・シルコを取り上げた1枚で、彼らの伝統的...

  • キルギス、国境紛争解決のためロシアに介入を要請

    タジキスタンとの国境紛争が頻発しているキルギス(クルグズ)のジャパロフ大統領は、17日、ロシアのプーチン大統領に対して紛争解決のための介入を要請しました。というわけで、両国の国境地帯を取り上げた切手の中から、この1枚です。(画像はクリックで拡大されます) これは、1997年7月16日にタジキスタンが発行した“タジキスタンの7000メートル超の山”の切手のうち、キルギスとの国境に位置する”レーニン峰...

  • ベラルーシ、ロシア兵最大9000人駐留へ

    ウクライナが自国への攻撃を計画していると主張し、「防衛と国境警備のため」としてロシアとの合同部隊の結成を発表していたベラルーシの国防省は、きのう(17日)、ロシアから最大9000人の兵と戦車約170両を受け入れることを発表しました。というわけで、今日はこの切手です。(画像はクリックで拡大されます) これは、2019年4月9日、ベラルーシが発行した“解放75周年”の記念切手のうち、ソ連赤軍の入城を歓迎...

  • 十月維新50年

    1972年10月17日、韓国の朴正煕大統領が非常戒厳令を布告し、いわゆる“十月維新”を発動してから、ちょうど50年になりました。というわけで、今日はこの切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、十月維新発動後まもない1972年11月2日に北朝鮮が発行した“南朝鮮人民の闘争”の切手のうち、「祖国の自主的統一」と題された1枚で、米国の軍人とサングラス姿の朴正煕(1961年の“516革命”時のイメ...

  • きょうから中国共産党大会

    原則5年に1度の中国共産党全国代表大会(以下、党大会。今回は第20回)が、きょう(16日)から開幕します。というわけで、中国共産党大会に関する切手の中から、この1枚です。(画像はクリックで拡大されます) これは、1956年11月10日に発行された“中国共産党第八次全国代表大会(第8回党大会)”の記念切手です。中国共産党大会は1921年に第1回大会(設立会議)が開催されて以来、1928年の第6回大会までは1...

  • “ウクライナ防衛者の日”で追悼行事

    ウクライナで自国の独立と領土を守る兵士らを讃えるための祝日“ウクライナ防衛者の日”にあたる昨日(14日)、首都キーウ中心部の聖ソフィア大聖堂前の広場で、ロシアの侵攻による戦死者の遺影が飾られ、追悼行事が催されました。というわけで、今日はこの切手です。(画像はクリックで拡大されます) これは、2015年10月12日にウクライナが発行した“ウクライナ防衛者の日”の切手で、生神女マリヤ(聖母マリア)のオ...

  • 切手歳時記:鉄道の日

    公益財団法人・通信文化協会の雑誌『通信文化』2022年9月号が発行されました。今回の僕の連載「切手歳時記」は、1872年10月14日の新橋=横浜間の鉄道開業から150年という節目の年でもありますし、“鉄道の日”にちなんで、この切手を取り上げています。(画像はクリックで拡大されます) これは、いまから50年前の1972年10月14日に発行された“鉄道100年”の記念切手のうち、三代広重の「汐留ヨリ横濱迄鐡道開業御乗初...

  • オデーサを世界遺産に申請

    ウクライナのゼレンスキー大統領は、11日、パリの国連教育科学文化機関(ユネスコ)本部で加盟国に対して寄せたビデオメッセージで、「われわれの共通の歴史、文化、遺産を破壊することに対し、世界が目を背けないという明確なシグナルを送る必要がある」と強調した上で、「そのための一つの方法はオデーサ(オデッサ)歴史地区の保存だ」として、ロシアの攻撃の標的となっている南部の港湾都市、オデーサの歴史地区について世界...

  • 大韓帝国125年

    1897年10月12日に、朝鮮王朝(李氏朝鮮)が大韓帝国と国号を改めてから、ちょうど125年になりました。というわけで、こんな切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、1900年1月15日に大韓帝国が発行した2銭切手です。朝鮮から大韓への国号の変更後、当初は朝鮮王朝時代の切手に”大韓”と加刷した切手が使われていましたが、1900年1月以降、李花紋章と“大韓帝國郵票”表示の入った正刷切手...

  • ウクライナ全土にミサイル攻撃

    今月8日のクリミア大橋爆発(ロシア側の認識ではウクラナによる”テロ”)の報復として、きのう(10日)、ロシアがウクライナ全土に対して同時多発的に80発以上のミサイルを撃ち込み、首都キーウの中心部シェフチェンキウスキー地区(シェフチェンコ地区とも)だけで民間人8人が死亡、24人が負傷。8つの州で電力など重要なインフラ設備が被害を受けたほか、少なくとも110人以上の死傷者が出ました。というわけで、亡くなった方の...

  • スポーツの日

    きょう(10日)は“スポーツの日”です。1911年に辛亥革命が発生したことにちなむ中華民国の開国記念日“双十節”でもありますので、こんな切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、1964年10月10日、東京五輪(1964年)の開会式にあわせて台湾が発行した同大会の記念切手で、吊り輪の選手が描かれています。 詳細については、こちらをクリックして、内藤総研サイト内の当該投稿をご覧ください...

  • クリミア大橋で大規模爆発

    ロシアが一方的に“併合”を宣言し、実効支配を続けているクリミア半島とロシアを結ぶ“クリミア大橋”で、きのう(8日)、通行中のトラックが突然爆発。併設された鉄道で、貨物列車が運搬中の7つの燃料タンクに爆発の炎が燃え移って大規模な爆発となり、橋の道路の一部が崩落し、現在閉鎖中になっています。というわけで、今日はこの切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、2018年11月6日...

  • ノーベル平和賞にウクライナとロシアの人権団体、ベラルーシの人権活動家

    今年のノーベル平和賞は、ウクライナ人権団体“市民自由センター”、ロシアの人権団体“メモリアル”、ベラルーシの人権活動家で人権団体“ビャスナ”代表のアレシ・ビャリャーツキ氏の2団体・1個人が受賞しました。というわけで、今日はこの切手です。(画像はクリックで拡大されます) これは、2018年5月2日にベラルーシが発行した美術切手で、アレクセイ・サヴラソフ(切手上のベラルーシ語の表記だとサウラサウ)...

  • バーコード70年

    米国のバーナード・シルバーとノーマン・ジョセフ・ウッドランドが1952年10月7日にバーコードの特許を取得してから、ちょうど70年になりました。というわけで、今日はこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、1996年6月10日から神奈川県内の18局で実験的に販売されたバーコード付きシートの普通切手のうちの80円切手です。 詳細については、こちらをクリックして、内藤総研サイト...

  • 沖縄切手モノ語り㉖

    ご報告がすっかり遅くなりましたが、『本のメルマガ』第835号が配信されました。僕の連載、「沖縄切手モノ語り」は、今回はこの切手をご紹介しました。(画像はクリックで拡大されます。) これは、1965年7月1日に発行された”金武発電所竣工”の記念切手です。 詳細については、こちらをクリックして、内藤総研サイト内の当該投稿をご覧ください。なお、内藤総研の有料会員の方には、本日夕方以降、記事の全文(一...

  • キーウの日本大使館、7ヵ月ぶりに再開

    ロシアのウクライナ侵攻で今年(2022年)3月から閉鎖されていたキーウ・ペチェールスキー地区の日本大使館が、きょう(5日)、約7ヵ月ぶりに再開されます。というわけで、ペチェールスキー地区にちなんで、こんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、2001年5月25日、ペチェールスキー地区の名前の由来となったキーウのペチェールシク大修道院(ラヴラ)の建立950年を記念してウク...

  • 北朝鮮の弾道ミサイル発射でJアラート

    防衛省は、きょう(4日)午前7時25分過ぎ、北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたと発表。ミサイルがわが国の上空を通過することから、”Jアラート(全国瞬時警報システム)”が北海道・青森県・伊豆諸島・小笠原諸島に発せられました。ミサイルは、7時29分頃、北海道・青森県の上空を経て太平洋へ通過し、落下しました。北朝鮮によるミサイル発射により、国民保護に関する情報としてJアラートが発せられたのは...

  • パ・リーグもバファローズが連覇

    プロ野球のパシフィック・リーグは、きのう(2日)、オリックス・バファローズが昨年に続き、2年連続で優勝しました。というわけで、バファロー(水牛)を描いた切手の中から、この1枚です。(画像はクリックで拡大されます) これは、1958年10月1日に台湾が発行した”中国農村復興連合委員会10周年”の記念切手で、水牛を使った農耕風景が描かれています。 詳細については、こちらをクリックして、内藤総研サイ...

  • 世界文化遺産・宗像大社で3年ぶりに”みあれ祭”

    ユネスコの世界文化遺産に登録されている宗像大社(福岡県宗像市)で、沖ノ島の沖津宮と大島の中津宮のご神体を本土の辺津宮に迎える”みあれ祭り”が、きのう(1日)、行われました。本来は毎年の秋季大祭の幕開けとなる行事ですが、新型コロナ禍により、今回は3年ぶりの開催となりました。というわけで、今日はこの切手です。(画像はクリックで拡大されます) これは、2018年7月11日に発行された世界遺産シリーズ...

  • 露大統領、ウクライナ4州併合を宣言

    ロシアのプーチン大統領は、きのう(30日)、ウクライナ東部のドネツィク(ロシア語名:ドネツク)州およびルハーンシク(同:ルガンスク)州と南部のヘルソン州およびザポリージャ(同:ザポロージエ)州の計4州について、親露派分離主義勢力ないしはロシア軍の占領下で25-27日に実施した”住民投票”の結果、併合賛成派が多数を占めたとして、ロシアへの併合を宣言しました。これに伴い、親露派分離主義政権による“ドネツク人民...

  • 国連通信機関トップに初の女性

    国連の専門機関、国際電気通信連合(ITU、本部ジュネーブ)は、きのう(29日)、12月末で任期が切れる中国出身の趙厚麟・事務総局長の後任として、米国出身のドリーン・ボグダンマーティン氏を選出しました。任期は来年1月1日からの4年間で、ITUのトップに女性は就任するのは1865年の創設以来初のことです。というわけで、今日はこの切手です、(画像はクリックで拡大されます) これは、1954年10月13日に発行さ...

  • イラン、イラクのクルド自治区を攻撃

    イランはきのう(28日)、イラク北部のクルド人自治区のクルド人武装勢力がイラン国内の騒乱を扇動しているとして、同自治区内のスレイマニヤ郊外などをミサイルと無人機で攻撃。自治政府側によると、9人が死亡、32人が負傷しました。というわけで、犠牲者の方のご冥福と負傷者の方の一日も早い御快癒をお祈りしつつ、今日はこの切手です。(画像はクリックで拡大されます) これは、イラクのクルド人自治区が2018...

  • ロシア当局が日本外交官を拘束

    ロシア連邦保安局は、26日、違法な情報活動をしていたとして在ウラジオストク日本総領事館の領事をスパイ活動の疑いで拘束し、“ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)”に指定し、国外退去を通告したと発表しました。というわけで、在ウラジオストクの日本人社会に関するマテリアルとして、こんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、1911年2月5日(ロシア側の消印のユリウ...

  • きょう、安倍元総理の国葬儀

    7月8日、兇弾に斃れた安倍晋三元首相の国葬儀(内閣府設置法に基づく国の儀式)が、きょう(27日)、東京・九段の日本武道館で行われます。というわけで、元総理のご冥福をお祈りしつつ、きょうはこの切手をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます) これは、2019年8月20日に発行された現行の弔事用切手です。第2次安倍政権の時代には、2014年、2017年、2019年の3回、弔事用切手が発行されていますが、...

  • スワローズが連覇

    プロ野球のセントラル・リーグは、東京ヤクルトスワローズが昨年に続き、2年連続で優勝しました。というわけで、燕を描いた切手の中からこの1枚です。(画像はクリックで拡大されます) これは、2011年6月11日にウクライナが発行した“ウクライナの農家”の切手シートのうち、軒下に巣をつくった燕が描かれています。ちなみに、シートの全体像はこんな感じです。 詳細については、こちらをクリックし...

  • キュリオ・沖縄切手物⑯

    ご報告がすっかり遅くなりましたが、『キュリオマガジン』2022年9月号が発行されました。僕の連載「沖縄切手物語」は、今回は“(沖縄の)切手趣味週間”の3回目。その中からこの1枚をご紹介します。 これは、1968年4月18日に発行された切手趣味週間の切手で、田名宗經作の雲竜彫印籠が取り上げられています。 詳細については、こちらをクリックして、内藤総研サイト内の当該投稿をご覧ください。なお、内藤総研...

  • ウクライナ東・南部で“住民投票”開始

    ウクライナ東部ドンバス地方と南部ヘルソン、ザポリージャ(ザポロジエとも)両州の親露派武装勢力支配地域で、きのう(23日)、”ロシアへの編入”の賛否を問う住民投票が始まりました。これらの地域は、ロシアによる完全な統制下にあり、賛成票が多数を占めるのは確実です。というわけで、今日はこの切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、2020年1月22日にウクライナが発行した“(第2...

  • 秋分の日

    きょう(23日)は秋分の日。秋のお中日でお墓参りの日ですが、祝日法では“祖先をうやまい、亡くなった人々をしのぶ”日とされています。というわけで、お墓関連の切手の中から、この1枚を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、2002年11月15日にウクライナが発行した”タラス・シェフチェンコの絵画”の切手のうち、「アスコルドの墓」を取り上げた1枚です。 詳細については、こちらをクリック...

  • デンマーク女王、コロナ陽性

    デンマーク王室は、きのう(21日)、マルグレーテ2世女王陛下が、英国のエリザベス2世の国葬に参列後、新型コロナウイルス検査で陽性と判定されたと発表しました。症状は軽微とのことですが、女王陛下は82歳のご高齢ですのでちょっと心配です。というわけで、女王陛下の御快癒をお祈りしつつ、こんな切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、1973年4月16日、デンマーク領のグリーンラン...

  • きょうから秋の全国交通安全運動

    きょう(21日)から秋の全国交通安全運動が始まります。というわけで、交通安全関連の切手の中から、この1枚です。(画像はクリックで拡大されます) これは、2012年8月28日に、ジンバブエが発行した”交通安全キャンペーン”の切手のうち、飲酒・スピード運転の危険性を訴えた1枚です。荷台に乗せた男たちと一緒に運転手も酒を飲みながら運転していると思しきトラック(男たちの背後、運転席から伸びた手に酒瓶が...

  • カザフスタンの首都名、3年で元通りに

    カザフスタンできのう(19日)、2019年にヌルスルタン・ナザルバエフ前大統領にちなんで”ヌルスルタン”と改称された首都の名称を、旧称のアスタナに変更する大統領令(17日署名)が公示され、即日発効しました。というわけで、今日はこの切手です。(画像はクリックで拡大されます) これは、2018年6月25日にカザフスタンが発行した“首都アスタナ20年”の記念切手で、アスタナの大統領宮殿が描かれています。 詳細...

  • きょう、英女王の国葬

    英国の君主を歴代最長の70年にわたって務め、今月8日に崩御されたエリザベス2世の国葬が、きょう(19日)、ロンドンのウェストミンスター寺院で営まれます。というわけで、今日はこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、今年(2022年)2月4日、英国が発行した女王在位70年(プラチナ・ジュビリー)の記念切手帖(の表紙)で、出発前の飛行機に乗り込む際に手を振る女王の写真が...

  • 切手歳時記:糸瓜忌

    公益財団法人・通信文化協会の雑誌『通信文化』2022年9月号が発行されました。今回の僕の連載「切手歳時記」は、あす・19日に没後120周年を迎える正岡子規の忌日、”糸瓜忌”にちなんで、この切手を取り上げています。(画像はクリックで拡大されます) これは、1951年9月19日、子規の50年祭(没後49周年)にあわせて発行された文化人切手の”正岡子規”です。 詳細については、こちらをクリックして、内藤総研サイ...

  • アゴスティニョ・ネト生誕100年

    アンゴラの初代大統領で詩人のアントニオ・アゴスティニョ・ネトが1922年9月17日に生まれてから、ちょうど100年になりました。というわけで、今日はこの切手です。(画像はクリックで拡大されます) これは、1980年9月17日にアンゴラが発行した“国民的英雄の日”の記念切手で、独立戦争時代のネトの肖像が取り上げられています。アンゴラでは、ネトの没後1年にあたる1980年、彼の誕生日である9月17日を“国民的英...

  • スウェーデンで8年ぶりに政権交代

    スウェーデンのマグダレナ・アンデション首相は、きのう(15日)、凶悪犯罪の取り締まりや移民対策、光熱費高騰対策などが争点となっていた11日の議会選(一院制、定数349)での敗北を受け、議会議長に辞表を提出。社会民主労働党を中心とした中道左派政権は崩壊し、2006-14年の穏健党政権以来、8年ぶりに保守系政権が誕生する見込みです。というわけで、今日はこの切手です。(画像はクリックで拡大されます) ...

  • サマルカンドで上海協力機構首脳会議

    中露の主導する“上海協力機構”の首脳会議が、きょう・あす(15・16日)、ウズベキスタンの古都、サマルカンドで開催されます。というわけで、サマルカンドに関する切手の中から、この1枚を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、2008年2月14日、ウズベキスタンが発行した“バーブル(ムガル帝国の創始者)生誕525年”の記念切手のうち、『バーブル・ナーマ』(バーブルの自伝)に所収の細密画...

  • アンティグア・バーブーダ、共和制移行の国民投票検討へ

    カリブ海の英連邦加盟国アンティグア・バーブーダのガストン・ブラウン首相が、英国のエリザベス2世の崩御を受け、同国の元首としてチャールズ3世を承認したうえで、3年以内に立憲君主制を廃止して共和制に移行するかどうかを問う国民投票を実施する方針を明らかにしました。というわけで、今日はこの切手です。(画像はクリックで拡大されます) これは、1862年、現在のアンティグア・バーブーダの前身にあたる...

  • 泰国郵便学(73)

    ご報告が遅くなりましたが、公益財団法人・日本タイ協会発行の『タイ国情報』第56巻第4号ができあがりました。というわけで、僕の連載「泰国郵便学」の中から、この1点をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます) これは、1981年2月6日に発行された国際手工芸展覧会<CONEX 81>の記念切手のうち、伝統的な竹細工を取り上げた1枚です。 詳細については、こちらをクリックして、内藤総研サイト内の当該...

  • ウクライナ、東部要衝イジュームを奪還

    ウクライナのゼレンスキー大統領は、きのう(11日)、ウクライナ軍が東部ハルキウ(ロシア語名:ハリコフ)州でロシア軍の補給路となっていた要衝のイジュームを奪還したと宣言しました。というわけで、今日はこの切手です。(画像はクリックで拡大されます) これは、2018年8月23日、ウクライナが発行した”ウクライナの美と偉大さ”シリーズのうち、イジュームにある”ポロヴェッツ(キプチャクとも)女性の石像郡”...

  • チャールズ新国王の即位、正式に宣言

    きのう(10日)、ロンドンのセント・ジェームズ宮殿で行われた王位継承評議会の会合で、英国の新国王、チャールズ3世の即位が正式に宣言されました。というわけで、チャールズ3世関連の切手の中から、この1枚です。(画像はクリックで拡大されます) これは、1950年10月2日、ニュージーランドが発行した健康切手で、エリザベス王女(後のエリザベス2世)と彼女が前年に生んだチャールズ王子(現チャールズ3世...

  • 十五夜

    きょうは旧暦8月15日の中秋節、いわゆる十五夜です。というわけで、こんな切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、2018年9月14日に発行されたグリーティング切手「ぽすくま&くまモン」のうち、”秋もいっしょ”と題された62円切手で、ススキと月見団子をはさんで十五夜のお月見をするぼすくまとくまモンが描かれています。 詳細については、こちらをクリックして、内藤総研サイト内の当...

  • God save the Queen!

    英王室は、きのう(9日)、エリザベス女王の担当の医師らが女王の健康状態を懸念したため、女王が滞在中のバルモラル城で医師の管理下に入ったと発表しました。というわけで、”God save the Queen(神よ、女王を守り給え)”との気持ちを込めて、この切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、ことし(2022年)2月6日、英王室属領のマン島で発行された”女王即位70年”の記念切手のうち、2020...

  • 沖縄切手モノ語り㉕

    ご報告がすっかり遅くなりましたが、『本のメルマガ』第832号が配信されました。僕の連載、「沖縄切手モノ語り」は、今回はこんなモノをご紹介しました。(画像はクリックで拡大されます。) これは、1964年9月、東京五輪の聖火の沖縄到着を記念して発行された沖縄切手の初日カバーです。当初、聖火の沖縄到着は9月6日の予定でしたが、台風の影響で翌7日となったため、郵頼に対応して事前に6日の印が押されてい...

  • ブラジル独立200年

    1822年9月7日にポルトガル王太子だったドン・ペドロがブラジルの独立宣言とされる“イピランガの叫び”を発してから、ちょうど200年になりました。というわけで、ブラジル切手の中から、拙著『本当は恐ろしい!こわい切手』でご紹介したこの1枚を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、1974年2月28日にブラジルが発行した民話シリーズの1枚で、ズンビが描かれています。ズンビは黒人奴隷抵抗...

  • チリの新憲法草案、国民投票で否決

    南米のチリでは、2019年10月、地下鉄料金値上げを発端として、年金改革や教育改革、エリート層に有利な経済制度の改革を求める大規模デモや暴動が激化。当時のピニェラ大統領は、ピノチェト時代から受け継がれた1980年憲法の改正の是非を問う国民投票を実施し、圧倒的多数で憲法改正が決まっていましたが、4日(現地時間)、急進左派色の強い新憲法草案の是非を問う国民投票が行われ、開票率99.74%時点で反対が62%近くとなり...

  • 石炭の日

    今日(5日)は、石炭の良さを見直そうという趣旨の“石炭の日”または“クリーン・コール・デイ(Clean Coal Day)”です。というわけで、石炭関連の切手の中から、この1枚を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、2019年7月5日、ウクライナが発行した”ウクライナの美と偉大さ”シリーズのうち、親露派分離主義勢力“ドネツク人民共和国”の支配下に置かれているマキーイウカ(マキイフカとも。...

  • インドネシアのガソリン、発表1時間後に値上げ実施

    インドネシア政府は、きのう(3日)、国営石油会社プルタミナが販売する補助金対象のガソリンと軽油をそれぞれ約30%値上げすると発表。その1時間後に値上げを実施しました。というわけで、今日はこの切手です。(画像はクリックで拡大されます) これは、1974年12月10日、インドネシアが発行した“プルタミナ17周年”の切手のうち、石油コンビナートに停泊するタンカーと上空を飛ぶ飛行機を描いた1枚です。 詳...

  • インド初の国産空母就役

    きのう(2日)、インド初の国産空母“(2代目)ヴィクラント”が就役し、コーチ(コーチン)の造船所で記念式典が行われました。というわけで、今日はこの切手です。(画像はクリックで拡大されます) これは、1986年2月26日にインドが発行した“(初代)空母ヴィクラント就役25周年”の記念切手です。初代のヴィクラントは1997年1月31日に退役。その後、後継艦の建造が計画されたものの予算不足で頓挫していたとこ...

  • ポーランド、大戦中の被害で独に賠償請求へ

    ポーランドの与党

  • 防災の日

    きょう(1日)は“防災の日”です。というわけで、防災関連の切手の中から、この1枚を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、2005年1月11日に発行された“国連防災世界会議”の記念切手で、安政江戸地震(1855年11月11日)の直後から、民間に大量に出回った錦絵版画“鯰絵”の「難儀鳥」をもとに、被害にあった職人の道具で構成された架空の鳥“難儀鳥”が地震を起こすとされていたナマズを捕まえてい...

  • ゴルバチョフ元大統領、亡くなる

    ソ連共産党書記長および大統領としてペレストロイカの改革を行ったミハイル・ゴルバチョフ氏が、きのう(30日)、入院中のモスクワの病院で亡くなりました。91歳。というわけで、謹んでご冥福をお祈りしつつ、この切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、1988年5月5日にソ連が発行した“ペレストロイカ”の宣伝切手です。 詳細については、こちらをクリックして、内藤総研サ...

  • ウクライナ軍、ヘルソン州などで反撃開始

    ウクライナ軍は、きのう(29日)、ロシア軍に占領されている南部へルソン州の奪還に向けた本格的な反攻を開始しました。というわけで、今日はこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、2003年6月25日にウクライナが発行した“ヘルソン州200年記念”の切手付き封筒で、ヘルソン州の地域の古地図と帆船が描かれています。 詳細については、こちらをクリックして、内藤総研サイト内の当...

  • 黄土水の銅像、台湾に里帰り

    台湾近代美術の先駆者として知られる彫刻家、黄土水が制作した佐渡出身の実業家、山本悌二郎の銅像がこのほど、新潟県佐渡市から南部・高雄市に戻され、きのう(28日)、高雄市立美術館でお披露目が行われました。というわけで、今日はこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます) これは、2010年6月22日に台湾が発行した”台湾の彫刻”の切手シートで、黄土水の遺作『南国(水牛群像)』が取り上...

  • モロッコがTICAD不参加

    日本政府・国際連合開発計画・アフリカ連合委員会(事務局)・世界銀行との共催で、きのう(27日)からテュニスで開催中の第8回アフリカ会議(TICAD8)で、モロッコが西サハラ独立派の会議参加を理由に不参加を表明しました。モロッコは、テュニジアについて、会議を主導する日本の助言に反して「西サハラ独立派の招待を一方的に決めた」と非難しており、両国は大使を召還する事態になっています。というわけで、今日はこの切手...

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、内藤陽介さんをフォローしませんか?

ハンドル名
内藤陽介さん
ブログタイトル
郵便学者・内藤陽介のブログ
フォロー
郵便学者・内藤陽介のブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用