クリノクロワ
読者になる
住所
富山県
出身
ハンドル名
明野立佳さん
ブログタイトル
クリノクロワ
ブログURL
http://nanamarou.blog31.fc2.com/
ブログ紹介文
出来事 読んだもの 見た物 いろいろ いきあたりばったりに参ります
自由文
-
更新頻度(1年)

42回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2008/08/30

明野立佳さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,299サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,647サイト
読書日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,877サイト
グルメブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 29,837サイト
食いしん坊 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 694サイト
OL日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,439サイト
アラフォーOL 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 415サイト
今日 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 62,799位 圏外 62,799位 62,804位 62,976位 57,565位 57,624位 975,299サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 363位 圏外 363位 369位 357位 312位 312位 12,647サイト
読書日記 102位 圏外 102位 106位 104位 87位 87位 2,877サイト
グルメブログ 2,867位 圏外 2,867位 2,871位 2,869位 2,701位 2,697位 29,837サイト
食いしん坊 50位 圏外 50位 47位 49位 47位 49位 694サイト
OL日記ブログ 405位 圏外 405位 401位 396位 361位 358位 9,439サイト
アラフォーOL 47位 圏外 47位 44位 44位 42位 43位 415サイト
今日 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,299サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,647サイト
読書日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,877サイト
グルメブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 29,837サイト
食いしん坊 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 694サイト
OL日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,439サイト
アラフォーOL 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 415サイト

明野立佳さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、明野立佳さんの読者になりませんか?

ハンドル名
明野立佳さん
ブログタイトル
クリノクロワ
更新頻度
42回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
クリノクロワ
  • しのぶ草 江戸菓子舗照月堂

    和菓子時代小説 江戸菓子舗照月堂 シリーズ4作目。 とうとう主人公なつめも菓子職人らしくなってきました。 菓子に関わる人達のと懐の深さに感心。 和歌も散りばめられて、ただ見て、食べるだけではない趣きが。主人公なつめが菓子職人を目指してからはじめて年越。照月堂をライバル視している氷川屋の跡取り娘、しのぶが照月堂になつめを訪ねてきたところからスタート。しのぶは人手も資金もある氷川屋がたい焼きを売り...

  • 亥子ころころ

    和菓子時代小説ブームのうちに、南星屋にまた会えるとは。 諸国を巡って修行した職人が店主を務める小さな和菓子屋でのお話し。先回の続きであるけれども、南星屋には新たな展開。 甘々展開、ではないけれどね。1作目「まるまるの毬」からしばらくしてのお話。続編が出て欲しいとはおもっていたけれど、出るとは思わなかった。読めて嬉しい。南星屋は店主が諸国を巡って修行し、見聞きした菓子を1日に2種類くらい店に出...

  • かくりよの宿飯 十 あやかしお宿に帰りましょう。

    シリーズ本編10冊目にて完結 。「あやかし」は書店でよく見る単語になりました。 特殊な霊力をもつ葵と隠世の妖と常世の妖の、食べものを介した情の物語も、無事完結。 都合よく(都合は良い方が良い)収まって安心。私はこのお話が好きでした。なので、無事完結してくれたのが嬉しい。 外伝的なものはもちろん期待していますが。料理上手、というか食べさせることが好きな葵が、今は亡き祖父に知らない間に決められてい...

  • 親子たい焼き 江戸菓子舗照月堂

    マイブーム、和菓子時代小説を読もう! 継続中。 シリーズ3作目。 主人公 なつめは職人見倣いとして仕事をはじめました、。いよいよ「たい焼き」が出てきましたよ。 そこにまたなつめの人脈と教養が強引に役立つ、ような?主人公 なつめは大事に育てられた、上品なお嬢さん。お菓子に関係する人との出会いを経て、今は亡き家族との思い出の菓子を作りたいという気持ちで、ようやく菓子職人への道を歩きはじめたところ。なんだ...

  • ひかる風: 日本橋牡丹堂 菓子ばなし(四)

    マイブーム、和菓子時代小説を読もう! 継続中。 シリーズ4作目。仲冬から仲春のお話。 二十一屋がさる大名様からの注文を受けたり、相変わらずの悪役に嫌がらせを受けたりしていますが。 主人公小萩も活躍しています。山野辺藩という十万石大名からの注文が舞い込む二十一屋。もちろん、先にお出入りの菓子屋もあるわけですが、どういうわけだかチャンス到来。まあその、そんなにすんなり上手く行くわけありませんよね...

  • 読んでみたい本から考えるヲタクの今

    マイブームとか、得意です。マイブームなんていつの死語だよ、とおっしゃる方も一定数いらっしゃると思われますがね。いいんです! つい最近まで、その言葉を生み出したグレイトなお方のフェスがね、そこらへんで開催されていたんですものね。みうらじゅんフェス!マイブームの全貌展 MJ's FES in 富山というわけで、マイブーム は広辞苑に載るレベルで認知されているはず。どんどん使っていこう。いまさらも、いま、更に!と、...

  • マイ仏教

    みうらじゅん氏流の仏教入門書。切り口が面白い。 面白いというか、自分に痛い。 オタクの人生は苦行なのかもしれない。久々にみうらじゅん氏の本を読む。以前に見仏記を数冊読んで、少々共感したり、斬新な切り口に感心したりしていたものだ。氏の仏像好きは知っていたけれど、仏教そのものにも興味を持っていたとは知らなかった。前書きから第二章は仏像や仏教が好きだった彼の生い立ちが書かれているのだけれど、好きとか...

  • 旅ドロップ

     “小さな物語のような37篇の旅エッセー集 ”という。 旅とは、自分を遠くへ運ぶことだけではなくて。 誰かの旅に思いをはせることも。 そこにいても、どこにいても、思い起こさせるもがあるのだ、旅というものを。久々に、江國香織のエッセイを読んだ。最近はちょっと濃くてパワフルなエッセイばかり読んでいたので。旅ドロップを読んで、さらっとして、清潔な明るい日陰のような文章も好きなんだなと思い出した。タ...

  • ふたたびの虹: 日本橋牡丹堂 菓子ばなし(三)

     マイブーム、和菓子時代小説を読もう! 継続中。 和菓子大好き小萩ちゃんが菓子職人を目指すお話3巻目、なんですが。 もっとこう、大きな気持ちでお菓子と向き合う方向へ? 季節は初秋から中秋にかけてのお話4つ(とお菓子)になります。気風のいい姐さんも登場しますが。今回は、二人の想い、別れと出会いがちりばめられているよう。長年連れそった糟糠の妻をなくして気落ちしているご隠居さんと、心を通わ...

  • あなたのためなら 藍千堂菓子噺

    マイブーム、和菓子時代小説を読もう! 継続中。 小さくても美味しいお菓子を作る藍千堂は兄弟と職人3人で切り盛りする上菓子司。 3巻目ともなると当然色々あるわけですが。 菓子話だけに、甘いよ、とも言いがたく。茶事の主菓子も、庶民に手が届く気さくなお菓子も、味にこだわり手を抜かず、工夫と情熱で、兄が作って弟が売る、藍千堂という菓子屋のおはなしなのです。3巻目なので、そうそう簡単な話にはなるまいと思っていたら...

  • 菊のきせ綿 江戸菓子舗照月堂2

    マイブーム、和菓子時代小説を読もう! 続行中。 主人公なつめは、照月堂で奉公を続けるも、職人への道はまだ遠く。 しかし、菓銘をつける才は認められており。 了然尼様が与えてくださった教養のおかげなのですが。さて、菓子職人になるという夢を抱き、照月堂で奉公中のなつめさん。1巻から登場の、なんだか現代っ子のような菓子職人見習いの安吉さんが弟子入りしてきて、あからさまにトラブルメーカーの雰囲気です。でも、男の...

  • 望月のうさぎ―江戸菓子舗照月堂

    マイブーム、和菓子時代小説を読もう! 続行中。 やっぱり、職人を目指す女子のお話です。 食べ物と思い出は密接な関係にある、それがいい記憶であっても、悪い記憶であっても。 というところがベースのお話です。駒込の尼寺に身を寄せる主人公、なつめ。京都のお武家様の娘さんです。お仕えする了然尼さま(と自分の)為に数日おきにお菓子を買いに出ているのですが、おつかいついでに幼い頃の記憶にまつわる餅菓子を探しています...

  • 後宮の花は偽りを散らす

    中華風女性官吏モノ、と後宮モノ。 その上ラノベテイストとくれば、気分転換にぴったりの私の好物です。 シリーズ2巻目。 色々都合のよろしい展開で、昇進とかした主人公が、どんどんお仕事の 深みへと進んでおります。 巻目を読んだときは、2巻目はないわ、と思いましたが読んでしまいました。珍しい女性官吏で、隣国の言葉を話せる主人公は、皇帝の妃の身代わりに抜擢され。されると、何故か皇帝の双子の弟とセットになる。皇...

  • 茉莉花官吏伝 六 水は方円の器を満たす

    中華風女性官吏モノ・・・。 あのシリーズ以降、増えてる気がします。中華風も好物なので、6巻までたどり着きました。 欲張りな設定と欲張りな展開。 肩透かしは困るよ? という。 女性官吏モノ(というカテゴリがあるとすれば)となると、色々、区別とか、差別とか、苦労があるものなんですけれど。その苦労は大概、何かとの板挟みというところで表現される傾向にあると思います。案外早くその局面。しかし、優良物件多し、で...

  • チーズと塩と豆と

    女性作家の、旅と食のエッセイアンソロジーだと思って読み始め。 しかし違った。 直木賞作家4人の、ヨーロッパが舞台の食事や料理に関する短編小説アンソロジーでした。 結果、満足でしたが、少しお腹がすきました。そういえば最近、江國香織さんの本を読んでいないな、というところからの1冊。アンソロジーなら読みやすかろうし、食べ物の話ならハズレはないだろうと考えて。舞台は4つ。スペイン、イタリア、フランス、ポルトガル...

  • 帯は解かせていただきたい。

    あなたは帯を解きますか?それともそのままで?新しく手に入れた本を読むとき、帯が巻かれてたらどうしますか?私は本に没頭したいので、カバー以外で付属している物は全部取っ払ってしまいたい。その最たる物が「帯」。ヨレてくるし、ズレてくるし、気になるしうっとうしくてしようがない。新しい本を買ったときに帯が巻かれているのはわかります。新刊とか、増刷とか、フェアなんかでいろんなパターンの帯がありますよね。推薦文...

  • なごりの月: 日本橋牡丹堂 菓子ばなし(二)

    和菓子大好き小萩ちゃんが頑張る人情話、第2弾。 小萩ちゃんは故郷の鎌倉に帰って、まだ二十一屋には戻っていない、そんなところから お話はスタートです。 みんなのあったかさ、熱さが羨ましい限りですね。 ・・・1巻を読んで、2巻目は日本橋からスタートだと思い込んでいました。でも、主人公は実家にいて、お姉さんの結婚式を控えている。幼馴染といろいろ話をしたり、いつも通りに過ごしていても心は上の空で。・・・色々ヤ...

  • これは経費で落ちません!6

    サブタイトルが経理部の森若さん、6巻 私の感覚では、経理の人ってこんな込み入ったことをするの? という感じ。 そのほか色々、女子社員とかのしがらみが胸に刺さります。 相変わらず森若さんは出来る人です。女性として会社に勤める、ということは存外面倒くさいものだ。たしかに、今回書かれているようなしがらみとか、あれやこれやとかは働いていれば珍しいことではない。かく言う私にも色々心当たりがあって、心が痛んだ。...

  • ロイスと歌うパン種

    パンがたべたくなる、作りたくなる、という書評にのせられて読んでみました。 読みながら、サワードウについて検索して、自分でパンを焼くにはと思いを巡らせ・・・。 まんまと(何かの)策略にはまったようです。食べ物は体を作るのか、心を作るのか。多分両方ですよね?IT技術者の主人公 ロイスは、機械のように仕事をし、機械のように食事をする女性。振り返れば、ちょっと残念な食生活をして大人になり、働き始めてからも残念...

  • いつかの花: 日本橋牡丹堂 菓子ばなし

    料理やお菓子にまつわる小説が最近花盛りですね。 このお話は、江戸の和菓子が好きな女の子が、遠い親戚の和菓子屋さんへ1年間だけ働きに出て、 そこで色々な人の情に触れるのですが。 読むと豆大福が食べたくなります。綺麗で美味しい和菓子に魅せられて、遠い親戚の和菓子屋へ修行にきた小萩ちゃん。1年だけの約束できているから修行、というか、お手伝いというか。実家は旅籠なので、役立つこともあろうかと考えてのこと、らし...

  • 蜜蜂と遠雷

    久々に、最後まで読みたくてうずうずしながら読んだ本。音楽を愛し、音楽に愛され、世界を愛するピアニスト達の物語。この本は、本屋大賞を受賞している本であるし、多くの方がレビューされているので、私があらすじだの、登場人物だのを云々する必要もなかろうと思う。著者の本を初めて読んだとういうわけではない。初めてでは無いのだが、随分以前に読んだのでイメージが進化していると感じた。本の中でどんどん進化していく、蜜...

  • 三つ編み

    3つの国の3人の(ほんとは4人かな)女性の話。 国も、文化も、環境も、なにもかも違う女性達が「ジェンダー」と「何か」に立ち向かっていく話。 3人のうちで三つ編みをしているのは一人だけなんだけれど。ジェンダーに関わる話が交錯する。さらには、ジェンダーと身分というものも。とにかく、負けないように、隙を見せないように生きてきた彼女と、とにかく、身分と立場に自分を合わせてきた彼女と、ある日突然、現実というものに...

  • 7月の読書

    書評は 本が好き でちょっとだけ復活・・・してるかな?https://www.honzuki.jp/...

  • 6月の読書

    6月は・・・。コミックメインで少々。...

  • 6月の読書

    6月は・・・。コミックメインで少々。...

  • 5月の読書

    もうちょっと読んでる気がするのだが・・・。...

  • 5月の読書

    もうちょっと読んでる気がするのだが・・・。...

  • 4月の読書

    3月飛ばして4月分。...

  • 4月の読書

    3月飛ばして4月分。...

  • 2月の読書

    なんとか・・・。...

カテゴリー一覧
商用