searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

草人さんのプロフィール

住所
東京都
出身
浜田市

自由文未設定

ブログタイトル
日々思うところを書き連ねる
ブログURL
http://sono-higurashi.seesaa.net/
ブログ紹介文
日々思うこと、時事ネタ、ドラマなど。思いついたことをつらつら書き連ねます。
更新頻度(1年)

4回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2008/08/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、草人さんの読者になりませんか?

ハンドル名
草人さん
ブログタイトル
日々思うところを書き連ねる
更新頻度
4回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
日々思うところを書き連ねる

草人さんの新着記事

1件〜30件

  • コロナ対策の本質

    外のものは全てコロナ菌が塗られていると思え。 共用の洗面所で、歯磨きのタイミングで感染が広まった。蛇口はコロナ菌が付いていると思い、最初に石鹸で洗ったほうがいい。 いやまで、昔々、多くの人が普通にそうしていた。特に公衆便所蛇口を石鹸で洗い、使い終わったら次の人のために洗う。最近見ないなぁ。 スーパーで買ったものもコ…

  • 人は猿より毛が三筋おおいだけ

    コロナの抗体がどの程度効果があるのかわからない。だから普段通りしてもコロナにかからない行動、社会構造がNew Normalなんだろうなと思う。けれど緊急事態宣言が出ないと控えない。出ても行動を変えない人も居る。 コロナの自覚症状がない。重症化しないから大丈夫。といった感じに若者間の感染が続くと、そのうち日本初のコロナの変異種が生まれる。

  • 2020/12/31 コロナ 東京 1300人超え

    コロナの人数増えました。クリスマスで出かけた結果ですかね?年末年始は医療機関閉まってますが、これで患者が増えると大変ですよね。年明け、受験生が大変ですね。 したいからと外出をするのではなく。コロナで大変な目に合う人たちの事を考えて行動できると格好いいですよね。

  • 2020/12/30 東京 コロナ 944

    増え続けるコロナ減らない。減らない理由は外出で。減らないトリガーは20代が主で、30代、40代と続く。 同居していない人と会い、会食するとうつるでしょう。相手が無症状のコロナだと、「健康」と勘違いするよね?客の入れ替えごとにテーブルとイスは拭いても、メニューは拭いていないところが多いよね?飲食店内のトイレを人が出入りする…

  • 表現の不自由展に思う

    表現の不自由展色々あったが開催されるらしい そこには少女像が展示される。作成意図は特定事象に対するものとはしていないというが多くの日本人、および韓国人は特定の民族、特定の事象を想起させる像だろうあれは表現の自由で守られるべきものなのか? 一方、イギリスにあるライダイハン像は被害者の苦悩、悲しみを像で表現しており特定の民族、…

  • 虐待死は児童相談所のせいか?

    虐待死。児童相談所が悪い。そんな流れがあるような気がする。 では対象を変えよう。ストーカー死。警察が悪い? 悪いのは、警察が手を出せない今の法律。過剰対応。冤罪防止。そんなこんなが法律変更の足かせになり、結果死者が出ている。 そんな気がする。 痴漢冤罪で人生を…

  • サステナって理解されているだろうか

    一時期流行ったサステナ。日本人の使い方が悪かったのか、あまり定着していないように思える。元はサステイン+アビリティーで持続+可能。それを商標としてサステナと呼ぶ会社はある。だがサステナビリティーを略してサステナと呼ぶ日本人が多い気がする。そして困ったことに、サステイナビリティ―を環境保全と理解している人達。 根本的に間違っている理由は簡単な話。…

  • 東日本大震災に見る、復興の不幸

    東日本大震災阪神淡路震災以降で起きた大地震災害だが、阪神淡路の教訓は復興に生かしようがなかった。 現在は、箱はできたが人が戻らない。過疎の町を大量の税金をつぎ込んで作り上げ、そこに戻ってきた人が疲弊しているという現実。 阪神淡路との差。それは、圧倒的な貧しさ。被災地域の基本経済力が根本的に異なるため、自治体の復興とい…

  • 見送る覚悟をもつ

    可愛いペットが病気になって、その病気が原因で死に向かっている場合、どうするか。 例えば、がん。 サイトを調べていると、一生懸命生き永らえさせる方法を書いている所があった。ご飯をだべなくなったら、強制給餌するとか。意識がなくなって長く頑張ってくれるとか。 これを読んで思ったのは、生者の執着のこわさ。生き物には生存本能があり、…

  • 増えるんですね、参議院

    1票の格差。それを是正するための策が、選挙区統合と定数削減ではなく、増やすんですね。 増えるんですね、参議院。いりますか、参議院。参議院で反対しても、衆議院で再可決すればおしまいの原状です。 与党と野党が拮抗していた時は、気持ち役に立ったかもしれない参議院。でも、ほとんど役に立たない参議院。 また、税金の…

  • 豪雨の死者と気候変動と

    豪雨による死者、130人以上。気候変動の影響が、集中豪雨をもたらしているということはよく言われている事。しかし、それに対する対策は打てないまま。 確かに、今から何らかの対策をしたからといって、来年の気候が変動するほどの変化を与えることは出来ないだろう。だから、大きなことはせず。そして、ゆっくりと気候は変動し続ける。 …

  • 刮目せよ。これぞ男優女優の世界:万引き家族

    世にデイブスペクターが苦言を呈したように。この国にはアイドルという職業がある。そのアイドルは、時には歌手と名乗り、時には俳優と名乗る。それを求める人たちは、アイドルに芸能レベルを求めず。見た目とか、さわやかさとか、がんばりとか、清潔さとか。芸能レベルとはまったく別のものを求め、視聴率や興行成績に寄与している。そして、日本のド…

  • 婚活の話:結婚できなかった理由はある

    婚活サイトで婚活し。色々な人とメッセージ交換し。その中の何人かと合って学んだこと。 結婚できないのにはワケがある。 40代まで未婚。この場合、それなりの理由がやはりある。相手が入り込むすきがないほど、自分のための時間で埋め尽くしている人。男性との会話経験が無く、女性との話法しか持ち合わせていない人。自分の…

  • 自分が見たADHDの子

    ADHDと思われる子と、毎週末1ヶ月ほど時間を共にした。そこから見えてきたその子の様子はこうだった。 ・体調の良し悪しに関わらず、ひたすら走り回り、動き回る。*体調悪くても動けるので、平気に見えて無理をしているので要注意。・一つのことを行うと、他のことに気が回らなくなる。 ・爪の間に砂が入り、痛くなっているにも関わらず泥団子を作り続ける。 ・家族が手…

  • ADHDらしき子を放置する親

    ADHDらしい子が居た。人懐こく、誰にでも話しかけられる反面、していい時としてはいけない時の判断が付かなかった。気になると、人が手に持っている物を平気で取り上げようとしたり。他の子が遊んでいるおもちゃを取り、自分一人で遊ぼうとする。 爪の間に砂が入り、痛いのに泥団子を作り続け。団子づくりをなかなかやめられず。言って聞かせて止めた…

  • 自分を理解できていない人

    自分はこんな人です。そう言った自分評が、全くもって合っていない人がいる。 ある人が居た。完璧主義だった。それは全てではなく、特定の分野について。それ以外はアバウトだった。 その人は言う。自分は細かいことを言うけれど、その場になったら柔軟に対応できる。基本はアバウト。 でも実際は、他の選択肢があ…

  • この上なくショックな言葉

    日々、自炊をしている。それなりに考えて、様々な野菜を使い。塩分も控えめにして、食べている。そんな料理屋弁当を、ブログにアップしてもう1年版以上。 ある日、ある人にこんなことを言われた。 あなたの料理は、栄養を気にしていない人には売れるレベルだと。栄養を気にしていない? それを言った本人はというと、栄養オタクだった。<…

  • 検索結果と信ぴょう性の無関係さ

    何かをネットで調べたとき、似通った情報が1ページ目に並ぶことがある。そうすると、この情報は正しいのだろうと考える人は少なくないだろう。でも、実際はそうとは限らない。場合により、ウソ八百が1ページ目を占めていることがある。その原因はというと。 ・アフィリエイト

  • 動物愛護とかではなく、ただ殺さない

    世の中では動物愛護が叫ばれ。 とあるところでは、毛皮販売禁止になったそうだ。 それは、動物保護活動家の成果だとか。 ところで、そんな動物一つ?かもしれないゴキブリ。 いや、昆虫は含まれないよと言われそうだが。 そんなゴキブリを、動物保護活動家はどう考えいるのだろうかと思った。 そういえば、もう何年もゴキブリと対決したことが無い。 無い理由は簡単だ。 家の中に入ってこれないから。 外で走って…

  • DVの報告件数増加

    DVの報告件数が増加しているという。 真相はというと、別に、人が狂暴になったわけではないだろう。 徐々に被害者が声を上げやすくなっただけのこと。 今まで我慢していた人達が、ようやく声を上げ始めた。 その増加傾向は一本調子で、まだしばらく増加しつづけそうだ。 言葉ではなかなか勝てない男性が、手を上げる。 昔のドラマのシーンにもあったくらい、DVは日常的だった。 そんなDVを撲滅するためには、一つ…

カテゴリー一覧
商用