searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

rayさんのプロフィール

住所
伊賀市
出身
新宿区

写真と詩のポストカード、猫の陶グッズを創作し、フリーマーケットで販売している、週末陶芸を楽しむ恋の詩人。

ブログタイトル
恋華想
ブログURL
https://rayart.exblog.jp/
ブログ紹介文
写真と詩のポストカード、猫の陶グッズを創作。
更新頻度(1年)

7回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2008/06/30

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、rayさんをフォローしませんか?

ハンドル名
rayさん
ブログタイトル
恋華想
更新頻度
7回 / 365日(平均0.1回/週)
フォロー
恋華想

rayさんの新着記事

1件〜30件

  • 想風

    想像してみよう。全ての生命が平等であることを。想像してみよう。全ての生命が繋がっていることを。想像してみよう。全ての生命が自由であることを。想像してみよう...

  • 雫想

    明日を想うことのできる幸せを感じる

  • 夢光

    忘れ物を捜して夢の中を歩く。命をつなぐひかりが見える。

  • 雪鏡

    翼に雪を積もらせ見知らぬ鳥が見知らぬ街を鏡に向かって飛んでいく

  • 鏡想

    波の音、松林の匂い、砂のぬくもり、漂流物の形、そして蜃気楼の色。漁師町に生まれた私のこゝろの中には海がある。

  • 積想

    過去は回想と記憶から、未来は希望と不安から、現在は環境と知識から、想像してみよう。自分以外のものを。

  • 転生

    明日は自らが選択するもの。積み重ねた先にある明日、全く新しい明日。時は選べないが明日は選ぶことができる。いのちの温かさを握りしめて、新しい時間に添えること...

  • 恋華

    雨に濡れた時の中で迷子になる。もう一人の私、もう一つの世界への入り口が開く。風の匂いがする。

  • 逢踊

    雨上がりの朝、カゲロウが羽化する。一瞬の永遠を生きるため。何度目かの新しい朝を迎えながら、ゆらゆらと風に舞い。

  • 光奏

    ホタルに誘われて夜空に手を伸ばす。掌にまあるい月が落ちてきた。

  • 刻々

    はじめての空はじめての風はじめての光 に明日 出逢うために時を重ねていく

  • 想風

    風の声が聞こえる。掌から零れ落ちた日常が雫のように輝いて、寂しさが笑顔に変わる。空は光に満ちていた。

  • 桜想

    桜咲く。遠い昔のぬくもりが感じられる様な気がして、その花びらに触れてみたいと思う。さよならもできないままの想いを握りしめて。

  • 夢中

    空は夢を見るやがてくるであろう季節のぬくもりを空は夢を見るつながるいのちの中にある希望をひとつは同時にすべてである諦めてはならない幸福を愛を自身を

  • たまゆら

    水の音が聞こえるかすかに力強く身体の中で水の流れる音がするそれはいのちの音かもしれないほんのりとしたぬくもりがある

  • ななふし

    日常は不思議に満ちている時間は出逢いに満ちているいのちは希望に満ちている景色は想いに満ちている

  • 再彩

    空から零れ落ちた想いが燃える。夢を紡ぐ掌にひんやりとしたぬくもりを伝えて。

  • 再逢

    時が交差する体温を忘れたやさしい吐息に風景が震える声のない声が聞こえる私はここにいる一瞬という永遠の中に

  • 夢食

    夢をみたひかりにつつまれた雲が浮かぶ空の時を食べる風の匂いの明日を待つ影の無い形の夢をみたいのちを食べながら夢をみた

  • 夢路

    出逢いはいつでも突然、偶然のようにやってくる。迷い込んだ暗い森の中で、柔らかな光が道しるべになって繰り返される時を越え、想いを重ね、明日の空へと導かれていく。

  • 舞台

    壊れていく暦風景のことば踊る影が燃える鳥のように落下してくる空時から解放されて目覚めよ

  • 恋舞

    紅く染まった想いを纏い時の雫に濡れながらひかりを追いかけて紅葉が舞う

  • 風影

    風がみえる消えてしまった指先で感じたぬくもりを探して零れ落ちた時を拾い集め抱きしめてみる風がみえる私はここにいて同時に何処にもいない

  • 恋続

    忘れ去られた時を取り戻すために熱を帯びた指先で想いの形をなぞる明日の空を抱きしめながら不確かな夢の続きを観る

  • 揺らぎ

    雨にうたれ光を忘れた蛍は時の流れに迷い愛を棄てるそして雫のように落下する

  • 追想

    光があった。揺れる光があった。消えた時の中に佇む想いがあった。これからの時にさよならをして、記憶を抱きしめる。

  • 迷心

    見えないモノと見えるモノとの境界には薄ぼんやりとした想いがある時をなぞるように見知らぬ小径を歩く掌に何かが触れた気がして振り返るそこに光があった

  • 響心

    こゝろのぬくもりは光とともに在り風とともに在り奇跡の中に生きている※あけましておめでとうございます。

カテゴリー一覧
商用