プロフィールPROFILE

狛さんのプロフィール

住所
茨城県
出身
未設定

PENTAX K-1とスバル フォレスターが最近のお気に入りです。あとでっかい樹。

ブログタイトル
アンダー・コンストラクションズ
ブログURL
https://sandsea.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
カメラと車と一緒に旅をします。巨樹探訪旅、スナップ経由の風景写真、てきとう旅の紀行文など。
更新頻度(1年)

190回 / 357日(平均3.7回/週)

ブログ村参加:2008/06/28

狛さんのプロフィール
読者になる

狛さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,636サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 20 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,900サイト
建物・街写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 445サイト
スナップ写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,287サイト
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(OUT) 58,897位 51,240位 51,146位 51,240位 55,105位 48,230位 48,130位 977,636サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 20 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 1,301位 1,051位 1,053位 1,058位 1,156位 971位 953位 32,900サイト
建物・街写真 18位 15位 13位 13位 15位 12位 10位 445サイト
スナップ写真 47位 41位 40位 38位 44位 39位 37位 1,287サイト
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,636サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 20 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,900サイト
建物・街写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 445サイト
スナップ写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,287サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、狛さんの読者になりませんか?

ハンドル名
狛さん
ブログタイトル
アンダー・コンストラクションズ
更新頻度
190回 / 357日(平均3.7回/週)
読者になる
アンダー・コンストラクションズ

狛さんの新着記事

1件〜30件

  • 秋深し/大瀑布

    K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR ネタばらしの回においても往生際が悪く、瀑布だとか言ったりしてみますけれども。 いや、瀑布。 度重なる大雨をぎりぎりまで蓄えたダムの放流は、並の滝よりも太く、パワフルでした。 どどどど……と。 この上を自動車が走るんですから、人間、すごいもんを作るなあと思います。 面白かったです。...

  • 秋深し

    K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 東北はもう冬になるまで幾日か、といった感じですね。 いかにも関東の生活は秋冬の感覚が鈍いような気がしてしまいます。 ウチの周辺だと色が変わる樹もほとんどないし、秋に撮った写真を冬に載せたところで何の意外性もないんですが。  宮城県。 ちょっと山の中に進んでいって、紅葉を眺める。 岩山と、渓谷に湧き上がる霧雲を表現してみました。 (何を言ってるん...

  • 巨樹を訪ねる 南原の大栗

    K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 山形市から南下すれば、牛肉で有名な米沢市……ですが、諸事情から焼肉やすき焼きは食べられません。 帰り道ではありますが、ここ周辺にも気になるような巨樹がないものかとチェックしたところ、訪ねる気にさせてくれる栗の巨樹を見つけました。 「南原の大栗」と言います。 数少ない栗の巨樹です。...

  • 静かな夕方

    K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 今は茨城県にいます。 いろんなところで暮らしている気がします。 戻ってきたらやっぱり実家はいいなあ、田舎は静かでいいやあ、となるかと思いきや、全然そうじゃない。くそうるさくて耐えられません。 声がでかい92歳、同じニュースを繰り返すテレビ(消すと怒られる)、スマホ、仕事……あと自分。 この写真を撮った時も家に帰りたくなくて。 河川敷の草むらに座っ...

  • 巨樹を訪ねる 津金沢の大杉

    K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR その道中、その巨躯から受けた衝撃のあまりに「松保の大杉」を先に取り上げてしまいましたが、山形県の巨樹探訪、続いていきます。 季節は夏へ戻りますが、勝手知らぬ山形、まずは山形市近郊に巨樹があったらわかりやすいな……と、探したら、ありました。 山形駅から見て、南へ数キロ。市街地からもさほど離れない。 まあ、ちょっとばかり狭い集落の道を入って行きますが...

  • 林道で泣きそうになる / いや、ちょっと泣いた

    K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 山形県のもうほんとに某北の方で、ほんの出来心で(本当にそうか?)巨樹を撮りに行ったら、4.5キロメートル林道。 まあ、そのくらいのやつはこれまで幾つか走ったしと思って、進んでいったんですけど、行けば行っただけ道が悪くなり、前の日は大雨だったことを憶えていましたか?...

  • 巨樹を訪ねる 大六のけやき

    K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 関東から石徹白を目指す長い道中、欲張るつもりはないながらも、どこか途中で一箇所くらいは新規箇所に立ち寄りたい。 直前まで悶々と迷っていましたが、ちょうどよく天気が回復したこともあり、長野県上田市で巨樹を訪ねることにしました。 ざっと調べてみると、この辺りで興味を惹かれる巨樹はほとんどがケヤキ。ケヤキ王国という印象です。 その中でも間違いなく代表...

  • 秋の石徹白巡礼 4

    K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 例の林道を7キロ駆け戻り、またもや息が切れまくる山道を歩かされ、こちらも再訪「浄安杉」です。 石徹白まで来て浄安杉をスルーする手はない。セットですからね。笑 こちらも十分に神々しい。巨大すぎるほどに巨大な杉です。 それは「石徹白の大杉」以上に一目瞭然ですが、もちろんこちらの方が若々しい生命力を叩きつけてくる感じがします。 そして相変わらず、こん...

  • 秋の石徹白巡礼 3

    K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR ああ……ついにたどり着いた。 またここに来ることができました。...

  • 秋の石徹白巡礼 2

    K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 石徹白集落に到着したのは18時。 そう、まだ、たかが18時だったんですよね、考えてみると。 ここでは時間が180分ばかり前倒しで進んでいるのではないかと感じました……。 石徹白集落の突き当りに構える白山中居神社から、さらに7キロの林道を進んで行きます。 土砂崩れで頻繁に通行止めになる道ですが、今回は無事通れます(石徹白土建さん、いつもありがとうご...

  • 秋の石徹白巡礼 1

    K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR というわけで、はいおはようございます。群馬県富岡市、妙義神社に来ています。 その名の通り妙義山の登り口にあたる有名な神社ですが、想像していたよりもかなり立派です。 神仏習合、お寺と神社、ホトケとカミのハイブリッド。 肌で感じる標高の高さが、この厳かな雰囲気にいっそう箔をつけています。...

  • 秋の石徹白巡礼 0

    K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR なんか先日の「オフザロード」ロード・トリップ風に。 僕の場合、「おふざけロード」ですけどね。笑 本当はその前何度も再訪したいと思ったことがあったのですが、冬は人が行方不明になるほどの雪、夏はキラー・アブの餌食ということで、行けるとしたら春か秋しかありません。 春は雪解けがどのくらいになるかわからないし、ということは雪崩も怖い。つまり、秋しかない...

  • 颱19/流言飛語

    K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 奇しくも19号を示唆する写真ではありませんよ。  あれだけモメた八ッ場ダムが限界容量まで水を溜めて利根川決壊を防いだ、かつてその工事を事業仕分けで廃止に追い込もうとした民主党政権は本当にクズだアレしてしまえ、的なツイッターアーが頻発したそうでが、八ッ場ダムはまだ本番稼働ではないし、まあ19号で水嵩が増えたにせよ、あの辺は治水的に利根川決壊とはあ...

  • 嵐の夜あけて

    K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR これは妙技神社あたりの風景です……いや、あの暴風の中、そんなとこで車中泊してたってことではありません。 すごい台風でしたね……。 もうレベル5の特別警報が地方全体を覆ってしまって、どこにも逃げ場がないようになってしまいました。 避難準備などを一応整えつつも、住む場所を選ぶって大事だなあとしみじみ思いましたよ。 家建てるにせよ、勢いがないと建てられな...

  • 四国巨樹探訪旅 さらば四国、再訪を誓って

    iPhone7 壮大な……と書いて、実際はそうでもなかった、というようなオチを書かないでも良いという、こういう清々しさを抱きつつ、車中泊に朝が訪れます。 ここは徳島県美馬市の道の駅・みま。 実際、やるべきことはやった。そう実感する徳島・高知の男3人巨樹紀行があっという間に終わり、ここからは単独行です。 記憶によれば、13時台に徳島港→東京港のフェリーが受付予定なので、前日までにある程度徳島市に近づいていれば...

  • 巨樹を訪ねる 岡の宮の大クス

    K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 四国の秘境を巡る巨樹探訪から一転、徐々に日常生活へと戻っていくかのような道のりを辿っています。 徳島市までもあと2、30キロ、だいぶ市街地も増えてきました。 板野町には高速道路のICもあるし、高徳線の駅もある。 駅からみて北西の方向、岡の上の見晴らしの良い分譲地といった感じの住宅地の中に、この旅最後の訪問先となる大クスがありました。 その名も「岡...

  • 巨樹を訪ねる 壇の大クス

    K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 徳島市へ向かいつつ、点在する巨樹を巡ります。 調べてみると、徳島は佐賀や福岡に負けず劣らずのクス王国と言えます。 しかし、実際に訪問できる数は限られているので、どのクスを回ろうかと……目移り。 結局は誰もが似たようなラインナップで巡ることになってしまう気がしますが、先の「別所の大クス」「加茂の大クス」に次いで、見逃すわけにはいかないクスのひとつが...

  • 秋の空気

    K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR この写真は山形ですが、東北では夏が折り返しを過ぎるとすぐに冬の存在感を感じるように思います。 いや、常に、か……。 石徹白に行ってきまして。 岐阜県の郡上市の北、かなりの山中で、結局ウチから500キロ以上の道のりですが、行きたいと願えば行けるものです。 そして、やはり石徹白は聖地のようなもので、今回も様々な体験をさせてもらえました。 もはや巡礼と...

  • 【特別ふろく】「松保の大杉」への8キロ林道走破動画

    せっかくだから1080pで見てね / 音ありです なんとも印象深い衝撃を与えてくれた山形県最大の巨杉「松保の大杉」。 巨樹探訪の記事にも書いた通り、そこまでの道のりはボコボコの林道を8キロ走る。 ……いやね、今だから書きますけど、実はもっと短いルートがあるんですよ。そっちだと2キロになる。 2キロだが、車は入れず徒歩。 歩くのダリいというのではなく……問題はクマ―さんですよ。だったら8キロ車で走破しようと。...

  • 「オフザロード」という本が旅に出たくなってやばい

    iPhone7 どうやら、やばい本を買ってしまったようだ……。 仙台で何気なく本屋さんに立ち寄ったら、スゥーっと、引き寄せられるように……平積みでもないのに。 「オフザロード まだ見ぬ場所を探す旅。冒険、車、そして人生」。 車でどこへでも行けると思った、否、行ってしまったバカ冒険野郎たちのエピソードばかりが25個も、エモい写真とともに載っている本です。...

  • 台風お見舞い/波崎の大タブ

    K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 台風15号の巨樹への影響については引き続き気がかりでしたが、なんやかんや、切った貼った、ドタバタと忙しく。 母より、「波崎の方を通ったら、あの樹のところに植木屋さんみたいな人がいっぱい来てた」との証言があり、大タブのことがとても心配でした。 本日このたび、ようやく見に行くことができましたが……...

  • 暮町

    iPhone7 散歩。 よそのウチから漂ってくるカレーの匂いって、なんであんなにうまそうなんだろうなあ。...

  • 巨樹を訪ねる 尾開のクロガネモチ

    K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR メインの巨樹ツアーも事故なく終わってほっとしましたが、帰りのフェリーの時間が午後なので、それまで時間があります。 美馬市から徳島市へと戻るわけですが、ただ戻るだけでは芸がありません。 徳島市で時間まで街撮りでもするというアイデアも当初はありましたが、徳島市はつまら……前日からの巨樹探訪の熱冷めやらず、道中にある巨樹を見ていくことにしました。 とは...

  • 台風お見舞い/府馬の大クス

    K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR まさか地元が激甚災害の被災地になるとは思いもよらず……。 先日の巨大台風で、千葉県山武市周辺はいまだに深刻な停電に悩まされています。 実際あの辺りを走ってみると、無数の杉が真ん中からヘシ折れて倒れている。 中には電線にもたれかかってしまって、その下をこわごわ通過しなければならないところまであります。 そういう有様ですから、当然、近隣の巨樹たちのこ...

  • 東根、寒河江を通って

    MX-1 / iPhone7 「松保の大杉」と、道中にある巨樹もう一本を見たら、だいたいもうお帰りの時間です。 途中の東根には特天「東根の大ケヤキ」がそびえており、前回訪問時は単焦点をつけたK-7とシグマさんしかなかった(無謀!)ので、これはもうフルサイズのカメラで撮りなおしたくて仕方ないんですが、今日はあえてやめておきます。 なにせ、疲れたんですよ。そして満足感もすごい。お昼ご飯も食べてないし。 東根市はさくら...

  • 巨樹を訪ねる 松保の大スギ

    K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 四国の巨樹のまとめも実はまだ終わりではないんですが、この巨樹との出会いがあまりにも衝撃的すぎ、感動が鮮やかなうちに記録してしまいたい! と思いました。 山形県大江町の山中にある、「松保の大スギ」。 山形県では最大の幹周囲を誇る大杉です。 遠景からも驚くべきスケールの大きさが伝わり、声を上げずにはいられませんでした。...

  • 今日は今日とて/車と林道の話

    K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WRMX-1Drive Rec 東北滞在中です。 昨日は、意を決して、前から行ってみたいと思っていた山形の巨杉を訪ねてきました。 ありゃ、化け物です……。 その探訪記事は後でしっかり書くとして、そこへ至る道のりが、単純に「悪路」という意味では過去ナンバーワンを記録しました。 ワーストと言えばいいのか。 ...

  • 四国巨樹探訪旅 四国秘境の車旅(そして巨樹)

    K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 念願の「杉の大杉」訪問から始まった徳島への戻り足での巨樹行。 四国山地に南から乗り入れるような感じで、山深い集落を転々と訪ね、個性派ぞろいの杉を訪ねる旅になりました。 旅路を振り返りつつ、各記事には使わなかった巨樹写真を掲載しようと思います。 長くなりますが、スペシャル版ということで。笑 それにしても……ここはどこなんだよ。 ものすごいところ、と...

  • 遠くと遠く

    K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 東北はなんか暑いです。 高知は今頃、どんな感じでしょうか。 9月になり、じたばた仕事をしているんですが、あと一ヶ月で消費税がまた上がるなんてすごいですよね。 仕事の関係は多分大丈夫なのですが(とは言え、手が空き次第再確認しますが)、個人のお財布的に、高い買い物を今のうちにしといた方がいいんでしょうね、やっぱり。 タイヤですねつまり……これはもう前...

  • 巨樹を訪ねる 五所神社の大スギ

    K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 山中の異形のスギ「桃原の牡丹スギ」に慄いたあとは、1時間ほど走って徳島県に戻りました。 とは言っても風景は相変わらずかなり険しく……それでも時々美しく、そして我々は相変わらず、誰もそこでは曲がらないような道にわざわざ折れ入って、くるくると山を巻き登るのでした。 ここもまた、なんという急峻な地域なのでしょう。 道幅は狭く、連続カーブで果てしなく登り…...

カテゴリー一覧
商用