searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

suemi-maiさんのプロフィール

住所
東京都
出身
東京都

50才代ですが、いつまでも少女の心を忘れないよう心がけながら、 ひとり遊びの時間を楽しんでいます。知恵と想像力を駆使して 極上に仕上げるのが目標です。安上がりなところも「極上」と 自負しています。 介護中なので気ままな更新になりそうです。

ブログタイトル
極上のひとり遊び
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/suemi-mai
ブログ紹介文
生活の中で植物を愛でる、何かを作る、描くなどなどです。
ブログ村参加
2008/06/14
参加カテゴリ

花・園芸ブログ / フラワーアレンジメント(個人)

花・園芸ブログ / ガーデニング

ハンドメイドブログ / 布物・布小物

※ランキングに参加していません

フォロー

suemi-maiさんの新着記事

1件〜100件

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1794)

    ギザギザの葉のハボタンを1枚摘んで、小さな器にヴィオラの「ロシアンブルーの秘密」とタネツケバナを合わせて挿しました。「ロシアンブルーの秘密」はとても神秘的な色なので、ハボタンのギザギザと合わせるとミステリアスな感じがします。「知っといてニュース」によると、「新型コロナウイルス関連情報発信センター」に多くの寄付が集まっているそうです。5歳からのワクチン接種が始まる前に、保護者の方や若い方がワクチンのリスクを知り、良い選択が出来るように意見広告を全国紙に掲載するための交渉をしているそうですが、掲載の認可が下りないそうです。どういうことなんでしょう..............。常に正論を述べているようでいて、大手新聞社は子どもたちの命を守らず、結局はお国の顔色を伺って、国民の方は見ていない........ということな...雑草流フラワーアレンジメント(1794)

  • ヴィオラの葉っぱがブロンズ色に変わりました

    品種名がない、名無しのヴィオラです。もちろん、買ったときは普通の緑色だった葉が、寒くなって、ブロンズ色になりました。葉の周りが、覆輪ようにブロンズ色になるのはよくありますが、全部は初めてなので驚いています。最初から分かっていたら、この色に合わせた寄せ植えが作れたのに...........と思ったのですが、春になったらまた緑に戻るでしょうから、ま、いいか..........となりました。茎までしっかりブロンズ色です。そのうち、「銅葉のヴィオラ」とかって、新しい品種として出て来るかも.........ですね。ヴィオラの葉っぱがブロンズ色に変わりました

  • ハボタンの寄せ植え

    3種類のハボタンとオレアリア・リトルスモーキー、オレガノ・ブルガリで寄せ植えにしました。お花がなくても、シックな色合いでありながら、割りとゴージャス感があります。ハボタンは、左からヴィンテージブーケ、名前無し、デュエットです。シルバーリーフがオレアリア・リトルスモーキーで、ブロンズ色がオレガノ・ブルガリです。オレアリア・リトルスモーキーは、寒さに強いと書いてありますが、以前、野ざらしにして枯らしたので、念のため軒下で育てています。ハボタンの寄せ植え

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1793)

    お正月に房咲きスイセンと飾っていたミニハボタンもリメイクアレンジしました。ハボタンは、かなり長持ちしそうですが、まだ何回かリメイクできるかも.......と期待してます。ヴィオラのピンクコアラ、華あられと合わせて、合間にタネツケバナを入れました。ハボタンのアイボリーと、ヴィオラの微妙なピンクの組み合わせが気に入っています。前回お知らせした、「新型コロナウイルス関連情報発信センター」が未成年の若い方をワクチン接種の危険から守るための意見広告についての活動で、これまでひとつも反対、批判の抗議は無く、賛同や賞賛の声がたくさん寄せられたそうですが、初めて抗議の意見が、中学生のお子さんから届いたそうです。読んでみると、複雑な想いがこみ上げて、涙が流れました。私たち大人に、とても厳しい現実を突きつけられたもので、やり場の無...雑草流フラワーアレンジメント(1793)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1792)

    お正月に飾っていた、房咲きスイセンがまだまだ元気なので、リメイクすることにしました。冬は虫がいないのと、お花が長持ちするのがいいですね。白のフリル咲きパンジーとヒメオドリコソウの葉を合わせたら、春らしいイメージになりました。「新型コロナウイルス関連情報発信センター」というところが、子どもたちにワクチン接種を進める前に、情報を知り、よく考え、吟味するために厚生労働省のデータをもとにした情報を意見広告として新聞に掲載しています。もともとは、「(株)ゆうネット」という、優良工事店ネットワーク事業などをしている会社だそうです。これまでに、北海道新聞、中日新聞、東京新聞、琉球新報、大分合同新聞、西日本新聞、などに、自社の予算5000万円を使って掲載して来たそうですが、全国紙への掲載のための資金が不足しているそうです。それ...雑草流フラワーアレンジメント(1792)

  • 意外にも 元気に咲いてます  

    秋に球根ベゴニアを枯らす覚悟で買いましたが、こんなに寒くても、窓辺で元気に咲いています。覚悟はしましたが、枯れて欲しくないので、水やりに細心の注意を払っています。少し大きめの鉢皿に置いて、そこに水を注いで下から吸わせるようにしましたが、それが良かったようです。株元から赤ちゃんのような、新しい枝や葉っぱが出て来ましたが、寒いせいか、なかなか育ちません。オミクロン株の感染者がどんどん増加していますが、どう見ても弱毒化しているので、私は恐れる気持ちは、ほとんどありません。南アフリカなども、すでにピークアウトしていて、重症化は少ないようで、私の中では、自分で情報を集めた結果、風邪のようなものに変わったのでは.......という認識です。もちろん感染対策は、今まで通りちゃんと続けます。感染者の割合をみると、ワクチンを接種...意外にも元気に咲いてます

  • 新春

    あけましておめでとうございます。本年も、どうぞよろしくお願い致します。今年はどんな年になるのでしょうか。平和で差別の無い、少しでも明るい年になりますように祈ります。また11日頃から始めたいので、お付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。新春

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1791)

    母がお正月はいつも房咲きスイセンを飾っていたので、つい私も同じように選んでしまいます。香りがあるのがいいですね..........。切り花用のハボタンを初めて買ってみました。細い葉のイノモトソウを一枝添えました。ハボタンはボリューミーなので、短く切ってそれに合わせてスイセンもお花だけは短くして、葉っぱを長く伸びやかに生かしました。イノモトソウの明るい色が、新春の雰囲気を出してくれました。今年も1年間お付き合い頂きありがとうございました。良いお正月をお迎え下さい。新しい年が、平和な一年でありますことを心から祈ります。買って来た植物房咲きスイセンハボタン摘んで来た植物イノモトソウ雑草流フラワーアレンジメント(1791)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1790)

    見元ビオラで一番好きなのは、この「ロシアンブルーの秘密」と「ピンクコアラ」です。今年は両方購入出来ました。以前は他にも色々と、お気に入りの見元ビオラはあったのですが、徐々に生産しなくなってしまったので予約購入は止めて、ホームセンターで出会ったものを買うようになりました。「ロシアンブルーの秘密」や「ピンクコアラ」定番として定着しているようで、タイミングが合えば手に入れる事が出来ます。「ロシアンブルーの秘密」に真っ白なヴィオラとブロンズ色の葉のオレガノ・ブルガリ、タネツケバナを合わせて小さなアレンジにしました。オミクロン株が広がりつつあるようですが、感染者が広がった他の国をみてみると、重症者や死者は格段に少ないようで、感染力は強いものの、弱毒化しているようです。肺ではウイルスが増殖しにくく、喉や器官など上気道での増...雑草流フラワーアレンジメント(1790)

  • 一年中食べたいパンペパート

    ユーチューブの動画「イタリアの食卓」で紹介されていた、クリスマスのイタリア伝統のお菓子を作ってみました。15世紀に東洋からヨーロッパで輸入されるようになった様々なスパイスは、とても高価で貴重なものでした。そのスパイス、シナモンやナツメグ、黒コショウ、クローブなどを使った、贅沢な農家のドルチェとして生まれたそうです。「えっ!お菓子に黒コショウ?」と思ったのですが、作って食べてみると、これはハマります........。簡単なわりに、ナッツやドライフルーツもふんだんで贅沢な大人のお味........私はお酒は飲めませんが、ワインと合うそうで、ワカル気がする..........。カロリーは高そうですが、栄養豊富でスパイスが体を温めてくれるのでは....。そして、チョコレートとスパイスの組み合わせは、自分の大好物と気がつ...一年中食べたいパンペパート

  • パネットーネ・リモンチェッロを食べてみました

    ひと月以上前にイータリーで買ったものですが、クリスマスに頂きました。リモンチェッロはレモンで作られたリキュール種で、それを使ったリモンチェッロクリームと、レモンピールが入ったパネットーネです。包みを開くと大好きなレモンの香りが広がって感激.........。しっとりして、とっても美味しいです。パッケージがとってもおしゃれ。パンなのに半年以上もカビたりしないで長持ちするのが不思議でたまらなく、どうやって作るのか、どうしても知りたくなって、専門書ですが、こんな本を買ってしまいました。最初は、特別な菌を使って発酵させるのかと思っていたのですが、菌種はイースト菌や穀物や果実なとで作った発酵液なども使うようです。この書籍ではブドウで作った発酵液を使って「リエヴィド・マードレ」と云われる元種を作っています。この元種が大切で...パネットーネ・リモンチェッロを食べてみました

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1789)

    戸棚の奥にしまい込んで忘れていた、ドーナッツ型の器を何年ぶりかで見つけて、リースのようにお花を挿しました。パステル系で、あんまりクリスマスっぽい色ではなくなってしまいましたが、華やかな感じにはなりました。ピンクのシクラメンとヤブジラミをベースに、4種類のヴィオラとピンクのブラキカムをちょこっと入れました。皆様、楽しいクリスマスをお過ごし下さい。摘んで来た植物ヴィオラ(4種類)シクラメンブラキカムヤブジラミ(葉)雑草流フラワーアレンジメント(1789)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1788)

    フリル咲きのヴィオラ、「華あられ」に紅葉したレモンタイムとヒメオドリコソウの葉っぱを合わせました。この「華あられ」は、アンティークな素敵な色で、錆びたような色のレモンタイムとよく合いました。ヒメオドリコソウの葉のまわりのギザギザが、かわいさをプラスしてくれました。摘んで来た植物ヴィオラ(華あられ)レモンタイムヒメオドリコソウ(葉)雑草流フラワーアレンジメント(1788)

  • 「フォーティーファイブ アールピーエム 井上保美の本」

    20代初めから着ている45rpmのお洋服は、どんな方がデザインしているのか.........気にはなっていたのですが、最近ようやく知りました。とっても素敵な方.........この書籍でセンスの素晴らしさをひしひしと感じます。お洋服の着こなしも、和服の着こなしも、ご自宅のインテリアも......見習う事がいっぱいです。私自身は現在、もう40年〜10年前に買ったものが、一生着る分あると思うので、新しいものは殆ど買っていません。飽きない、捨てたくない........ずっと大切に着たい..........という気持ちにさせてくれる服作りは、やっぱり凄いなぁ................と実感しています。「フォーティーファイブアールピーエム井上保美の本」

  • スピリチュアル園芸生活(73)

    最近の世の中の現実を知れば知るほど、悲しく暗い気持ちになることばかりです。色々な情報を集めてみると、あまり明るい兆しは無いように思えて来ます。でも、真実に目を背けて、自分を誤摩化して今だけ楽しく過ごしても、本当の幸せからは遠のくばかりです。スピリチュアリズムの視点では、善いことも悪いことも必要なだけしか起きません。そして、「恐れをなくすことが一番の幸せ」です。真実を知らなければ、漠然とした不安を抱え、いつも恐れる気持ちと隣り合わせで、幸せとは言えません。真実を知り、冷静に分析し、対処法を考え、受け入れるべきことは受け入れてこそ、本当の幸せが見えて来ます。そして、現世の視点だけでは、様々な苦難の理解は不可能です。私たちは、自分を磨くためこの世に生まれて来たという、霊的な世界の視点を持てば、どんな理不尽なことも答え...スピリチュアル園芸生活(73)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1786)

    薄紫のパンジー2種類、シエルブリエとよく咲くスミレのパルムにヤブジラミの葉っぱを合わせました。ヤブジラミがおもしろい動きを出してくれました。ファクターXが少し解明されたようで、日本人のコロナ感染の死者が少ないのは、キラーT細胞という細胞多くもっているからとか。とても解りやすい動画見つけました。製薬会社にお勤めの方だそうで、やはり様々なデータをもとに分析、解説されています。こちら。摘んで来た植物パンジー(シエルブリエ)パンジー(よく咲くスミレ・パルム)ヤブジラミ(葉)雑草流フラワーアレンジメント(1786)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1786)

    ピンク色のヴィオラとバコパにハコベの葉っぱを摘んで来て、小さなアレンジを作りました。ハコベの葉っぱって、本当にかわいいですね........。今年は、ピンク系のパンジーやヴィオラも多く買いました。YouTube「イタリアの食卓」で、オーストリアは、ワクチンの義務化が決定し、ドイツなども検討しているようで、もし、イタリアもそのような事になったら、移住も考えると仰っていました。EUだけでなく、オーストラリア、ニュージーランド、カナダなども、未接種の方への圧力が、かなり厳しいですね。なのに、ジェノサイドの問題で北京オリンピクを「政治的にボイコットする」などと言ってますが、どの口が言うの?...と思います。別に中国を擁護するわけでは全くないのですが.............。ワクチン接種の強要は「ワールド・ジェノサイド...雑草流フラワーアレンジメント(1786)

  • アサツキは今シーズンも元気です

    去年秋に球根を植えて、5月頃掘り上げて10月にまた植えました。アサツキがあると薬味にとっても便利........。春に掘り上げたときは、球根が2倍くらいに増えていたので、お友達に半分お裾分けしました。毎年こんなふうに出て来てくれると嬉しいですね。春夏はシソ、秋冬はアサツキを植えておくと最低限の薬味が賄えます。現役のときから今も、ずっとファンの浅田真央さんが、山梨県で無農薬の野菜を育てていると知って、嬉しくなりました。現役の頃も自給自足の生活がしたいとか、引退後に「奇跡のリンゴ」で有名な自然栽培の木村秋則さんともお会いになってお話しされていました。インスタに写真を上げられていて、作業着姿もかっこいい....素敵です。現役時代、ライバルのキム・ヨナさんに比べて、「色気が足りない」などと仰るおじさん方が、たくさんいら...アサツキは今シーズンも元気です

  • 雑草のドライフラワーアレンジ(30)

    KitchenKitchenで見つけた、何かよく分らないけどかわいらしいオーナメントに、雑草のドライと赤い実や松ぼっくり、リボンなどで飾ってみました。外灯のような形が、ロマンティックです。雑草のドライは、カヤツリグサ、ニワホコリ、イチゴツナギ、セイタカアワダチソウなどです。雑草のドライフラワーアレンジ(30)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1785)

    シエルブリエの薄紫と紫のバコパに、明るいグリーンのイノモトソウを合わせてみました。イノモトソウの若葉の緑はとても素敵な、冬に貴重な色です。淡い紫色によく合います。12月も10日を過ぎると慌ただしい気持ちになって来て、今年中に片付けなければならない事を急にいくつも思い出して焦ったりしています。毎年の事ですが..................。摘んで来た植物パンジー(シエルブリエ)バコパイノモトソウ雑草流フラワーアレンジメント(1785)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1784)

    ヤブジラミの葉が茂っていたので摘んで来ました。切れ込みの細かい葉っぱは、爽やかな感じがして、何も無くなる、この時期に嬉しいです。ヴィオラとヒメツルソバを合わせました。ヒメツルソバのピンクは、とてもかわいらしい色ですね。ヤブジラミの葉が引き立ててくれます。北海道の医師会の有志の方々が、コロナウイルスの対策について、次のような請願書を出されたそうです。それを端的に、とても解り易くまとめられた、チラシ的なものがありました。ワクチンを摂取した方は、自己免疫力の低下が懸念されますが、その回復の仕方なども書かれています。全国に広がっていく事を切に願います。こちら。コロナウイルス自体は、弱毒化しているのかもしれません..........。だとしたら、3回目の追加接種は在庫処分ということに.......。摘んで来た植物ヴィオラ...雑草流フラワーアレンジメント(1784)

  • おしゃれなハボタン

    「ヴィンテージブーケ」という、アンティークカラーのハボタンです。普通のはボタンの2倍以上のお値段でしたが、おしゃれな色合いに魅了されてしまいました。気づいたら、今シーズンは何だかハボタン類が多くなりました.......。お花を入れないでハボタンとリーフプランツの寄せ植えでも作ろうかと思っています。Dt.モリモリさんの動画が更新されていました。ライブ配信をされていたようです。3回目接種は、自己免疫力が低下するので危険との事です。心筋炎も増える可能性があるそうです。動画はこちら。動画の中で仰っていて、全く報道されないので、知らなかったのですが、海外でアスリートの方が接種後に100人くらい亡くなられたり、後遺症に苦しんでおられるそうですね.........日本でも野球選手の方が..........。詳しくはこちら。報...おしゃれなハボタン

  • カラダに優しいモディカチョコレート

    イタリアのシチリア島で作られる、オーガニックな手作りチョコレートです。高温処理せず、職人さんが昔ながらの道具で捏ねているので、お砂糖の結晶がザラザラしていて、素朴でピュアなカカオの美味しさです。ミルクは入っていないのでサッパリとしています。なので、普通のチョコよりも低カロリー、カカオポリフェノールもしっかり摂れて、とってもヘルシーなのだそうです。探してみると、イータリーのオンラインで売っていました。イータリーはこちら。憧れの場所なので「シチリア島」と聞くと、すぐに心惹かれてしまうのですが、美味しくて、体にも良くて、更にパッケージもとってもかわいい...........。そして、何故かしおりに使えるような紙が入っています。これはオマケ?...........フレーバーは何種類もあって、カカオの邪魔をしない、ほんの...カラダに優しいモディカチョコレート

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1783)

    赤っぽく紅葉した、オレガノ・マルゲリータを使ってみました。紅葉しているのに、まだ小さな花が咲いていたりします。濃い紫のヴィオラと枯れ色になったカヤツリグサを合わせてみました。晩秋の色です.........もう冬かな........。寒いですね。摘んで来た植物ヴィオラオレガノ・マルゲリータカヤツリグサ雑草流フラワーアレンジメント(1783)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1782)

    紫のヴィオラとピンクのブラキカムにコセンダングサを合わせてみました。ちょっとカラフルな色合わせですが、コセンダングサの黄色のような、オレンジのような色は、彩度がちょっと低めなので落ち着いて見えます。Dr.モリモリさんの動画が更新されていました。まだ日本がワクチンを打っていない去年の11月と、接種後の今年の11月の感染者、死者をデータで比較しています。これが何と、去年と今年でほぼ変わりがない...........副反応、後遺症、死者まで出して打つ意味あったのでしょうか.......。動画はこちら。今は収まっていますが、ワクチンだけの効果だけとは言い難いと、専門家の方は仰っています。もう一つの動画は、厚生労働省の心筋炎についての誤摩化し、まやかしの見解を突っ込んでおられます。動画はこちら。こんな事では、全くもって何...雑草流フラワーアレンジメント(1782)

  • ケール・シーブルー

    ハボタンのコーナーで見つけたケールです。これって観賞用なのでしょうけれど、食べられないの?......。検索してみると、ハボタンも食べれるという記事を見つけました。記事はこちら。大きくなって、葉っぱがたくさん繁ってきたら、食べちゃおうかな.....。ケールは生だとモソモソして食べ辛いので、トマト味で煮込んだり、スープに入れるのが好きです。寄せ植えに入れるのは存在感があり過ぎて、難しい気がしたので、単体で鉢に植えました。ファストファッションが砂漠に廃棄されて、化学繊維を使用している為、有害物質が発生し、環境を汚染しているという記事を読み、悲しい気持ちになりました。記事はこちら。ファストファッションに限らず、高級アパレルなども、ブランドの価値を守るため、値下げせずに廃棄されているという話も聞いた事があります。リサイ...ケール・シーブルー

  • 雑草のドライフラワーアレンジ(29)

    寒くなったら、急にクリスマスな気分になって来ました。カヤツリグサのドライの合間に、シルバーのボールとシルバーと茶色の松ぼっくりを差し込んで、器にリボンを飾りました。まずは、シックにさりげなく........少しずつ華やかに.......。気がつけば今年も、もうこんな時期..........一年があっという間です。雑草のドライフラワーアレンジ(29)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1781)

    コセンダングサと薄いクリーム色のフリル咲きパンジーにスカエボラを添えてみました。今咲いている雑草の花は、このコセンダングサくらいになりました。スカエボラは、夏の花なのにまだ頑張っています。結構寒さに強いのかもしれません。霜が降りるまでは、持ちこたえそうです。WHOがワクチンの感染予防効果を40%と警告を出しましたね。今になって..........記事はこちら。予防効果40%で、感染もさせるのにワクチンパスポートって何の意味があるんでしょうね。支離滅裂です...........。摘んで来た植物パンジー(フリル咲き)スカエボラコセンダングサ雑草流フラワーアレンジメント(1781)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1780)

    ピンクのパンジーとイヌタデを合わせてみました。ちょっとスカスカなので、アルテミシアを一枝入れたらまとまりました。パンジーは「わらく」ですが、安定してよく咲いてくれるので、毎年必ず、3~4株買います。お花お大きさが、大き過ぎず小さ過ぎず、私の好きなサイズです。急にイチョウの葉が色付いて来て、秋が深まった感じですね。摘んで来た植物パンジー(わらく)アルテミシアイヌタデ雑草流フラワーアレンジメント(1780)

  • 「魔女の12ヶ月」

    ハーブの知識や使い方、ケルトの文化などヨーロッパの魔女生活が、イラストがたくさんで絵本のように読めるます。イヤな世の中の空気から離れたいときに開くと、魔女の生活に触れて、リフレッシュ出来ます。この本の中で魔女は自然を慈しんで、その恩恵を受けて上手に共生しています。私は、こんな素朴な幸せが一番だと思います。ケルトと言えば、アイルランドではワクチンの接種率が90%を超えているにもかかわらず、感染が広がっているそうです。記事はこちら。片や、他の欧米の国々では、接種の義務化など未接種者に厳しい措置がとられ、様々な国で反対のデモが起きているようですね。21日は世界で同時デモの日だったようです。YouTube「イタリアの食卓」から、イタリアのデモの様子はこちら。日本でも各地で行なわれたようで、新宿では1000人くらいの方が...「魔女の12ヶ月」

  • パンドーロを食べてみました

    イタリアの食材のお店「イタリー」のサイトで、イタリアのクリスマスの菓子パン、パンドーロとパネトーネを買ってみました。以前、私がいつも観ているYouTube「イタリアの食卓」で、レシピを紹介していて、興味を持ちました。でも、作るのはなかなか大変そうなので、取り敢えず食べてみたいと思いました。届いてみて驚いたのは、パンなのに賞味期限が5月となっていてました。何か添加物が入っているのかと調べてみると、パネトーネ種という特殊な酵母で、72時間とかじっくり発酵させている事と、水分が卵だけだったりするので、日本の味噌や醤油のように腐敗し辛くなっているそうです。その割にはパサパサしていなくて、しっとりもっちりが、開封して日にちが経っても持続しています。パンドーロには50g入りの粉砂糖が付いていて、それを開封したときに雪のよう...パンドーロを食べてみました

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1779)

    ノコンギクにハキダメギクを合わせて、少し物足りないので、ユーフォルビア・ダイヤモンドスターも入れました。ノコンギクも終わりが近づいています。いよいよ、秋から冬へ.......でも、今年は暖かいですね。ワクチンの長引く後遺症について書かれた記事がありました。コメント欄では、同じような方が何人も........怖いです。記事はこちら。5歳からのお子さんの接種も検討されているようで........お子さんが重症化した例はほとんどないのに、何故?..........本当にいいんですかね.............。打った直後は何でも無くても、何年後かに何か起きる可能性だって、絶対無いとは言えないのに.........。摘んで来た植物ノコンギクユーフォルビア・ダイヤモンドスターハキダメギク雑草流フラワーアレンジメント(1779)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1778)

    小さな、かわいいアレンジが作りたくなって、ヴィオラ一輪に、ブラキカム、ラベンダーとヘビイチゴの葉を合わせました。パンジーやヴィオラが園芸店にずらっと並んで、私の楽しい季節です。ワクチン・検査パッケージ制度が始まるようですね。医療従事者の方々など接種済みの方の中で、クラスターが起きたりしているのに、意味があるのかどうかよく解りません。科学的根拠が示された上での開始には、思えないのですが..........。重症者が増えれば、またどうせ「ほとんどが未接種の人」で片付けられるのでしょうね........。接種後の死亡者の「因果関係は認められない」と同じような........。摘んで来た植物ヴィオラブラキカムラベンダー(葉)ヘビイチゴ(葉)雑草流フラワーアレンジメント(1778)

  • かわいいキッチンクロス

    来年のカレンダーになっているキッチンクロスです。月ごとにジャムの素材になる、旬のフルーツが描かれています。ラフな感じの絵柄がかわいくて、気に入りました。麻100%です。1年間カレンダーとして壁に飾ってから、クロスとして使うか、すぐにクロスとして使うか迷いましたが、よく見たら、カレンダーの文字が小さく、私には見え辛いので、すぐにクロスとして使う事にします。キッチンクロスは綿が入っていると乾きが遅くて、手触りも麻100%の方が好き............そこは常にこだわっています。かわいいキッチンクロス

  • シンプルガーデニング(4)

    〈寄せ植えは最小限の株数で美しく-2〉お花の色数が少ないと寂しいのでは?......と不安になって、赤も黄色もピンクもブルーもひとつの鉢に入れたくなる気持ちは分かりますが、そこはぐっとこらえて、一色か二色、最高でも三色までに押さえます。色同系色のグラデーションなら多くなっても大丈夫です。色数を多くすると、かえって散漫になり、インパクトが無くなり、野暮ったくもなります。カラーテーマを決めて、色を印象づけると目に留まり、心に残ったりするものです。また、お花や葉っぱの大小や、形、質感も大切です。違う種類の花や葉でも、同じような大きさや形のものばかりだと、メリハリが無く、まとまりにくくなります。写真のコンテナは、45センチ四方くらいの大きな鉢なのでハボタン...................................シンプルガーデニング(4)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1777)

    イヌタデをちょっと多めに摘んで来ました。バジル・パープルボールとの組み合わせがとても気に入っています。シロタエギク・レース、ヘリクリサム・エルマ、二つのシルバーリーフを合わせて、ピンク色の器に入れました。第五波のとき大阪は、東京よりも100万人あたりの死者数が多く、欧州並みだったとの記事。記事はこちら。五波の最中や直後だったら、維新の会は負けていたのかも........皆さん、忘れるの早いですね...........。摘んで来た植物バジル・パープルボールシロタエギク・レースヘリクリサム・エルマイヌタデ雑草流フラワーアレンジメント(1777)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1776)

    フリル咲きのガーデンシクラメンにストロビランデス・ブルネッティの葉とカヤツリグサを合わせました。このガーデンシクラメンは、フリル咲きで花も大きくて、本当にガーデンシクラメン??........と疑いましたが、ガーデンシクラメンのコーナーに置いてあったのだから.......信じる事にしました。何日か前、選挙の番組で社会学者の古市憲寿さんが、れいわ新撰組の山本太郎さんにワクチン接種をしたかどうかを質問されて、話題になっていましたね。山本さんは、「していない」と正直にお答えになっておられました。政治家の方って、どのくらいの方が接種されたのか、とても興味があります。特に与党自民党、公明党の方々.......是非とも公表して頂きたいものです。これだけ、安全と謳って国民に勧めたからには、与党議員全員が接種して当然と思います...雑草流フラワーアレンジメント(1776)

  • 今シーズンもシエルブリエ

    昨シーズンとても気に入ったシエルブリエをまた購入しました。淡い虹色の複雑な色合いが、眺めていて飽きません。繊細な雰囲気ですが、旺盛に咲いてくれるのも、お気に入りポイントです。全体をどんなふうにまとめるかは、まだ決めていませんが、球根も色々揃えたので、楽しみです。今シーズンもシエルブリエ

  • 稲穂

    今年も、新潟の自然栽培農家さんから、ササシグレの新米が届きました。ダンボールを明けたら、稲穂が入っていたので瓶に挿して飾っています。「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉がとても好きで、いつも心に留めて置きたいと思っています。新米はやっぱり美味しくて、自然の恵みと、農家さんのご苦労に感謝しながら頂いています。稲穂

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1775)

    ミニバラのグリーンアイスが、淡いピンク色で咲いています。バジル・パープルボールも、気温が高いのでまだ元気です。淡いピンクに、パープルの葉を組み合わせるのが好きです。イヌタデも摘んで来て添えてみました。イヌタデは夏よりも、今の時期の方が色鮮やかできれいです。YouTube動画「イタリアの食卓」では、グリーンパス(ワクチンパス)反対運動のリーダーのステェファノさんが一時拘束され、運動が弾圧されたとの動画が、上がっています。酷いですね...........民主主義の国で...........。動画はこちら。アメリカ、ニューヨークでは、職員の接種義務化で受けていない人は、無給の休暇扱いで人手不足になり、ゴミの収集が滞っているとか。感染率は接種している方としていない方の違差はほとんど無いと言われているのに何故そうまでして...雑草流フラワーアレンジメント(1775)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1774)

    ノコンギクが咲き始めています。バーベナ・ポナリエンシスを合わせてみたら、ほとんど同じ色で驚きました。ノコンギクは紫、バーベナ・ポナリエンシスは紫系のピンクだと思っていたので差が出るはずでしたが、意外です...........。ヤブランの葉とカヤツリグサを合わせました。バーベナ・ポナリエンシスは夏の花ですが、暖かいのでまだたくさん咲いています。近所では、サツキも咲いていて、狂い咲き多いです.........。摘んで来た植物ノコンギクバーベナ・ポナリエンシスヤブランカヤツリグサ雑草流フラワーアレンジメント(1774)

  • あまりにも小さい花

    タラゴンの代用になるハーブ、食用マリーゴールド、ドロップ・ショットです。マリーゴールドと言うからには、いつか花が咲くのでは......と期待していたら、秋になって、こんな2ミリくらいのお花が、先端にちょこんと咲きました。最初は、ゴミかなにかがくっついているのかと思いました。でもよく見ると、蝶々のような形でかわいいです。葉っぱは、お魚をソテーするときに少し入れたりして利用しました。選挙の結果は、もっと野党に頑張って欲しかったのに、残念です。維新の会が伸びたのは、私はイヤなんです。だって、維新の会ってあの竹中平蔵さんが作ったんですよ.........「新自由主義」って、何か不気味で気持ちが悪いです.........。行き着くところは、アバター作ってバーチャルな世界に生きるとか.......内閣府のホームページはこち...あまりにも小さい花

  • ピッツア・マルゲリータ作りました

    YouTube動画「イタリアの食卓」の「本格ピッツアの作り方お家で石窯焼き風ナポリピッツア。ピザ生地と焼き方」を参考にして作ったら、自分史上、一番美味しいピッツアが出来ました。動画はこちら。動画では「ピザ」じゃなくて、「ピッツア」と発音されているので、私もそのように表記する事にします。そのうち忘れるかもしれませんが..........。途中から時間がなくなって、オーブンで発酵させたり、フライパンで焼くのを省略して、全部オーブンで焼いたりしちゃいましたが、かなり本格的で美味しく出来ました。粉は地粉(うどん粉とも呼ばれる中力粉)で、イーストは、白神こだまドライを使いました。以前に、「美味しいピッツア生地がつくれる」的なレシピ本を買ったのですが、工程がなんか面倒で、その割りに味はイマイチで、「やっぱり自分には無理なん...ピッツア・マルゲリータ作りました

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1773)

    セイタカアワダチソウを一房ずつに分けて、ビビットなアレンジにしました。ニチニチソウとアンゲロニアは、葉の色は変わって来ましたが、まだ花を付けています。総選挙が近づいています。未来の選択です。これまでの政治とお金の不正を徹底解明し、新たな不正や利権の話は、もうたくさんです。与党は、多くの国民ではなく、一部のお金をたくさんくれる人の為に働いているとしか思えません。安倍政権、菅政権の延長はイヤなので、3Aとか、絶対消えて欲しいです。そして、ちゃんとした民主主義を取り戻して欲しいので、変わって欲しいと思います。野党が、特別良い訳でもなく、もっとしっかりして欲しいですが、このままダラダラ自民党政権が続いていくとロクな事にならない気がします。でも、コロナが落ち着いていると、また与党に有利なのかな......と思ったり......雑草流フラワーアレンジメント(1773)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1772)

    セイタカアワダチソウを摘んで来て、ユーパトリウム・チョコレートソルジャーと合わせました。器は、母がデイサービスの陶芸で作った形見です。たまには、こんな渋めのアレンジも飾ってみたくなります。セイタカアワダチソウは、一定のサイクルで増えたり減ったりしています。今年は小さめの穂が多く見られました。国民の85%が2回目のワクチン接種を完了したシンガポールで、感染者や死者が増えているそうです。TVなどでは未接種者が大半と言っていますが、何処まで本当だか、全くもって信用出来ません。日本でも、同じような状況が第6波として来ると覚悟していた方が間違えなさそうですね。摘んで来た植物ユーパトリウム・チョコレートソルジャーセイタカアワダチソウ雑草流フラワーアレンジメント(1772)

  • ブラキカム・ゴールドマット

    ライムグリーンの葉っぱが美しいブラキカムです。お花は小さくて繊細..........。常緑多年草なので、冬にお花が無くなってもカラーリーフとしてパンジーやヴィオラなどと寄せ植えに使えますね。春になったらまた咲くので、それも計算に入れて、植え込むといいですね。ブラキカム・ゴールドマット

  • シンプルガーデニング(3)

    〈寄せ植えは最小限の株数で美しく-1〉園芸店やホームセンターなどに飾ってある寄せ植えを見ると、たくさんの株数が入っていて、結構高い値段で売られています。私が自分で作るものは、最小限の株数で、植物がのびのび生長して膨らんで、形を作ってくれる寄せ植えを目指しています。その方が経済的だし、植物もゆったりと居心地良く、本来の美しさを引き出してあげられる気がするのです。この写真の寄せ植えは、何年か前に作ったものですが、パンジー、ヴィオラ、スーパーアリッサムの3株だけですが、それぞれが大きく膨らんで、いい感じに調和ました。何種類も入れなくても、植物を吟味してうまく組み合わせれば、充実した寄せ植えになります。植え込んだら、後は水やりや花ガラ摘みの世話くらいで、植物の成長に任せます。鉢の直径は30センチくらいです。昔、ガーデニ...シンプルガーデニング(3)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1771)

    長く伸びたイノコヅチの穂と似た感じのバーベナ・ハンプトンを混ぜてみました。下の方にペンタスを入れてバランスを取りました。イノコヅチとバーベナの自然な曲線が心地いいです。ペンタスもバーベナも、もうそろそろ終わりですね.........。前の週まで、半袖だったのに今週はダウンの上着を着るという、気候の激変に驚かなくなってしまった自分が、なんだか悲しくなったりします。自然界に毎日謝り続けて、出来る事をささやかでも続けるしか無いです。摘んで来た植物ペンタスバーベナ・ハンプトンイノコヅチ雑草流フラワーアレンジメント(1771)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1770)

    ブロンズ色のススキを見つけて、さっそく摘んできました。ちょっとおしゃれな色です。白のベゴニアと合わせてみました。このススキに何を合わせたらいいか、かなり悩みましたが、ブロンズ色を生かしたかったので、白いお花。ベゴニアは、葉っぱに茶色が混ざっているので、馴染みやすかったです。イギリスは、ワクチンの3回目の接種を進めていたようでしたが、感染が爆発しているそうですね。Dr.モリモリさんの動画で詳しく解説されています。mRNAワクチンの危険性においても分かりやすく解説されておられ、自己免疫力の低下が怖いです。3回目の接種をどうしても接種したい、しなければならない方は、これから認可されるであろう、シオノギ製薬などの従来型の、mRNAワクチンではないものにされた方がいいそうです。また、すでに接種されて、様々な情報に触れて、...雑草流フラワーアレンジメント(1770)

  • 久しぶりの みかんジャム

    ご近所でみかんが成り過ぎたそうで、早採りしたものを頂きました。甘みは薄いのですが、農薬を使っていないのでジャムに最適です。何年ぶりかで作りました。台所が柑橘の香りで満たされて、幸せな気持ちになります。みかんは皮が薄いので、茹でこぼしは一回で、ヘタを摂って実とお砂糖も入れて(みかんの70%くらい)少し煮たら、ブレンダーで撹拌します。後は、適度な濃さになるまで、アクを取りながら煮詰めるだけ。とっても簡単です。食べるとオレンジとはまた違う、何かほっとする味.......私は好きです。久しぶりのみかんジャム

  • スピリチュアル園芸生活(72)

    植物はいつでも平和です。淡々と成長し、葉を茂らせ、花を咲かせて、実を付けて落とし、更に成長するか、又は静かに枯れていきます。人間は、人間同士で妬んだり、恨んだり、憎んだり、裏切ったり、平気で残酷な事をしたり。自然に対しても、欲望のために破壊を繰り返し、温暖化や環境汚染などのブーメラン.........。「そんな事ばかりしていても、幸せにはなれないよ」そんな植物のささやきが、聞こえる気がします。スピリチュアル園芸生活(72)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1769)

    オーナメントペッパーにカヤツリグサを合わせたら、とっても秋らしい雰囲気。シロタエギク・レースも添えました。シロタエギク・レースは、雪の結晶のようで晩秋や冬のイメージですね。やっと気温が下がって来て、秋を実感出来そうです。急に寒いのも辛いですけど............。厚労省は、心筋炎の頻度を考慮して10代から20代の男性に対しては、モデルなではなくファイザー接種を推奨する事を検討しているそうですね。接種開始当初から言われていた事なのに、デマと仰った大臣、TVでコメントしたり、ネットなどの記事に書かれた方、大勢いらっしゃいましたよね...........。もしかしたら、デマと信じて接種して命を落とされた方もいらっしゃるのでしょうか.........。だとしたら、大変罪深い事。こんな事が、これから先ポロポロ出て来...雑草流フラワーアレンジメント(1769)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1768)

    カゼクサを摘んで来て、白とサーモンピンクのカリブラコアとイタリアンパセリの花を合わせました。カリブラコアは、まだまだ元気に咲いています。サーモンピンクがミリオンベルで、白がスーパーベルです。この二つはとても気に入っているので、冬越し出来たらいいな........と思っていますが、八重咲は難しいかもしれません。摘んで来た植物カリブラコア(ミリオンベル・プチホイップ・ピーナッツバター)(スーパーベル・ミルクレープ)イタリアンパセリカゼクサ雑草流フラワーアレンジメント(1768)

  • ベゴニアの誘惑

    球根ベゴニアを育てるのは、とても苦手で、毎回必ず枯らします。けれども、このアプリコット色のバラのような美しさと、ブロンズの葉っぱのおしゃれなコーディネイトの誘惑に絶対勝てません........。つい手が伸びて、買い物かごへ...........。買うときには必ず、「枯らすかもしれないけど、ごめん......。」と先に謝っておきます。10月9日に更新されたYouTube「イタリアの食卓」では、グリーンパス(ワクチンパスポート)の反対デモで、暴動が起きそうな,、緊迫した状況を語っておられます。日本では、全く報道されません。日本人は素直な民族だから、接種もスムーズに進み、ワクチンパスポートも疑問も持たずに受け入れられるのでしょうか。動画はこちら。何故こんなにも、ワクチンが世界中で半ば強制されるのか.......。接種...ベゴニアの誘惑

  • 「いつでも君のそばにいる」

    芸術の秋、とっても素敵な葉っぱのアートです。自然の中に隠れている、目に見えない世界が、たった一枚の葉っぱのスクリーンに映し出されているような.......とても心癒されます。世界中で人気というのもよくわかります。作者のリトさんは、ADHDなのだそうですが、素晴らしい才能に輝いておられます。誰しも、才能の無い人はひとりもいなくて、それを見つけられるかどうかが人生の中でとても大切な事...........そう、教えてくれている気がします。大きい画像が観られる海外のサイトはこちら。TV出演されたときの動画はこちら。和歌山県で小6の女児がワクチン接種後に亡くなったのは真実のようです。Googleとかで検索しても何も出て来ませんが、DuckDuckGoなどで検索すると、具体的な事柄や学校名など色々出て来て、やはり隠蔽され...「いつでも君のそばにいる」

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1767)

    今の時期には珍しく、きれいなムラサキエノコログサの穂を見つけました。やはり、涼しかったり暑かったりで、狂い咲きのような感じなのかもしれません........。ローズ色のアンゲロニアと、薄紫のカラミンサを合わせました。ムラサキエノコログサは、初夏に見かけますが、シックな色なので、この時期の方が合っている気がします。昨夜は、久しぶりの大きな地震で怖かったですね......我が家は、棚から少し物が落ちたりしました。摘んで来た植物アンゲロニアカラミンサムラサキエノコログサ雑草流フラワーアレンジメント(1767)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1766)

    オーナメントペッパーを切って、コセンダングサと合わせました。ブルーのガラスに挿したら、とても引き立ってエキゾチックな雰囲気になりました。やっぱり実ものって、秋らしいですね。目は秋らしさを感じても、暑くて参ってます。8月の終わりは、急に涼しくなって、夏が短くて寂しい..........なんて思ったのですが、とんでもなかったです...........。またきっとある日急に、寒くなったりするのでしょうね。摘んで来た植物オーナメントペッパーコセンダングサ雑草流フラワーアレンジメント(1766)

  • ブロッコリーのスプラウト

    オーガニックのブロッコリーのスプラウトの種を播いてみました。F1じゃなくて、ちゃんと固定種です。実は、冬はブロッコリーを育てたくて、これとは別に固定種の種を買っておいたのですが、まるで神隠しに遭ったように消えて、いくら探しても見つかりません。一緒に買った他の種は、ちゃんと有るのに...........。だからと言って、ブロッコリーの種だけを、また買い直すのも癪です。そこで、思いついたのですが、このスプラウトの苗を育ててみたらどうかしら........うまくいくかどうか分かりませんが、ちょっとやってみます。買った種の捜索も続けながら..........。ホームセンターなどで苗を買うと、F1種の可能性が高いので嫌なのです。ところで、この種は一斉に播いたのに、一斉には発芽しなくて、バラバラです。お店で売っているスプラ...ブロッコリーのスプラウト

  • 秋にも食べたいライスサラダ

    YouTubeの「イタリアの食卓」で、気になっていたライスサラダを作ってみました。「お米をパスタのように茹でる.......」のが、何故か気に入りました。5分づき米を使いましたが、20分くらいで茹で上がりました。白米だと15分でしょうか。とても簡単。具は、動画のレシピに近いもので、家にあったもの、ゆで卵、ツナ、キュウリのピクルス、ミックス野菜のピクルス、オリーブ、コーン、バジルなどです。パパッと作れて、これはクセになる美味しさです。最初、「ゆで卵をご飯に混ぜるの?」と思ったのですが、これが味に奥行きを出してまとめているようです。イタリアでは夏の定番だそうですが、1年中食べたい気がしてます。ライスサラダの動画はこちら。玄米と雑穀でも作ってみました。玄米だと茹で時間が、40~50分と長くなりますが、たまに様子を見て...秋にも食べたいライスサラダ

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1765)

    9月29日に投稿したつもりだったのに、投稿ボタンを押し忘れたようです。イヤですね.........ボケの始まりかも.........。スカエボラは、長雨のときに花が全部無くなって、もう終り..........と思ったら、何もしないのにいつの間にか完全復活して、元通りになりました。すごくパワフルな植物です。2枝ほど摘んで来て、枯れ色に変化したカヤツリグサとユーフォルビア・ダイヤモンドスターを添えて飾りました。自民党の総裁が決まりましたが、要職についておられる方々が、皆、安倍前総理ゆかりの方々なので、やはり、何も変わらないでしょうね..........。もともと期待してませんけど。摘んで来た植物スカエボラ(サンク・エール)ユーフォルビア・ダイヤモンドスターカヤツリグサ雑草流フラワーアレンジメント(1765)

  • かわいいダイアリー

    どうせ来年も、ほとんど家に居て記入する予定なんて無いに等しいと思いますが、レモンの絵柄がかわいくて、気に入ってしまい、購入しました。Rollbahnのノートって、しっかり出来ていて、使いやすくて好きです。よく考えると、レモンの実が成っているのに、花も咲いているのは不思議な光景..............私もレモンを育てていますが、見たことがないです。でも、瀬戸内海とかレモンの産地ではあるのでしょうか........。「四季咲きレモン」の苗木なんていうのもありますね........。四季咲きは、5月(春)、7月(夏)、9月~11月(秋)に開花するそうですが、夏と秋は収穫は、ほとんど望めないそうです。という事は、このダイアリーのイラストは、春に咲いたものが実った果実と、夏に咲いたお花という事になるのでしょうね......かわいいダイアリー

  • 「たのしい あんこの本」

    甘いものが大好きですが、一番好きなのは、何といっても「あんこ」です。ケーキやチョコレートは、食べなくても大丈夫ですが、あんこが無くては生きていけない.........と思います。小豆を煮るときは、今まで圧力鍋で簡単に作っていましたが、この本のレシピで、渋切りをして渋やアクを取るとワンランク上の上等なあんこが出来上がりました。和菓子屋さんにも負けない美味しさで、びっくりです。言葉で表現するのは、難しいのですが、すっきりクリアな味で、小豆の香りが生きている感じです。昔、祖母や母がお彼岸に大量のおはぎを作っていたのを思い出し、この本にレシピがあったので、初挑戦しました。おはぎって、餅米だけで作られていると思っていたのですが、この本によると、普通のお米(うるち米)を混ぜると書いてあるので、自然栽培の「こがねもち」と「サ...「たのしいあんこの本」

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1764)

    もう、終わりが近づいているツルボを集めて来ました。ピンクのペチュニアとパープルのニチニチソウを合わせたら、とってもロマンティックになりました。このペチュニア、ラブリーアイは、「とにかく強い」と書いてあったので買ったのですが、確かに頑張って持ちこたえてはくれていますが、花数が少なくて、ちょっとがっかりです.........。摘んで来た植物ペチュニア(ラブリーアイ)ニチニチソウ(フェアリースター)ツルボ雑草流フラワーアレンジメント(1764)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1763)

    ミニバラのドリフトローズ一輪にコセンダングサをたくさん摘んで合わせました。コセンダングサは、投げ入れるように挿しましたが、動きが出ておもしろいです。コロナウイルスの感染者は、全国で減少傾向ですが、またどうせ、第6波が確実にやって来ます。第6波は、気温が下がる時期なので、多分5波よりも、更に大爆発を覚悟した方がいいのかな..........と思います。今までの傾向からして、どうせ大した対策も無く、感染しないように注意して、耐え忍ぶしか無いと、思っています。『医療逼迫招いたのは日本医師会か医師不足に触れず「病床増やそう」は欺瞞』という記事を読むと、医師会と自民党のズブズブな関係..........医師会は自民党の組織票であり、献金も多額...........国民のためになるような、まともな対策をしたら医師会には不利...雑草流フラワーアレンジメント(1763)

  • オーナメントペッパー

    ちょっと落ち着いた色の、観賞用トウガラシです。オレンジが鮮やか過ぎなくて、ベージュっぽいパープルも素敵な色です。今は、パンジーやヴィオラが出る前で、園芸店に行っても、なかなか目欲しいものがないですし、家のベランダも、夏の残りの花でぱっとしません。だからと言って、一生懸命咲いているのに片付けるのもかわいそうで.........。そんな中、目に付いたトウガラシです。今は、せっせと球根類を探したり、次のシーズンのイメージを膨らませる時期でもあります.........。オーナメントペッパー

  • シンプルガーデニング(2)

    〈土はなるべく買わない主義ですー2〉前回は、土をなるべく買わない理由を書きましたが、今回は具体的に土をなるべく買わないで、どうリサイクルしているかを書きたいと思います。それは至って簡単で、今までニチニチソウなど夏の花を植えていた鉢から、ニチニチソウを抜き取って、ざっと根などを取り除いて、よくほぐします。土が固まりやすくて、水はけが悪そうだったら赤玉土とか、腐葉土や堆肥などのうちどれかひとつで大丈夫なので、少し混ぜ込みます。それから、固形の有機肥料をひと掴み程度、根に直接触れないように入れて、パンジーやヴィオラなど、次のシーズンの植物を植えちゃいます。これで、何の支障も無く、シーズンの終わりまで、たくさんの花を咲かせてくれます。これをもう、4~5年は繰り返していますが、問題はありません。。化学肥料や、液肥などの追...シンプルガーデニング(2)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1767)

    ヘンリーヅタに実が成ったので、飾ってみたいと思いました。パープルのニチニチソウとバーベナ・ポナリエンシスに、アレチノギクのつぼみをたくさん摘んで来て合わせました。ヘンリーヅタの実は青みがかった素敵なグリーンです。パープルととても相性がいいです。ニチニチソウもバーベナも花数が減って来ました。アレチノギクは動きがあっておもしろいです。摘んで来た植物ニチニチソウ(フェアリースター)バーベナ・ポナリエンシスヘンリーヅタ(実)アレチノギク雑草流フラワーアレンジメント(1767)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1761)

    トレニアのムーンとイヌタデを合わせてみたら、シンプルですが、秋っぽくまとまりました。トレニアのこの色は、夏よりも、ちょっと秋めいた今頃の方が、しっくり来ます。でも、何だか毎日、どんよりして、お日様が少なくて、今日はちょっと青空が見えましたけど、すっきりしませんね.....。ワクチンに疑念を抱いている人たちを、「陰謀論者」に仕立て上げて、レッテルを貼ろうと必死ですね。単純に、接種が始まって1年も経たないうちに、接種後に死亡した方が1000人超えたり、重篤な副反応が報告されたり、異物混入なども起きていて、表に出ているのは氷山の一角かもしれない..今大丈夫でも、何年か後には、何が出て来るか解らない.......薬害にはありがちな事。安心の根拠よりも、不安材料の方が絶対的に多い.......なのに躊躇無く、人に勧める神...雑草流フラワーアレンジメント(1761)

  • おもしろいナス

    refsさんの野菜セットに入っていた、紐ナスです。八百屋さんでは見たことがありません。長ナスよりも細いです。成っているところを想像すると、ちょっとカールしたリボンが下がっているみたいで、おもしろそうです。味は、とても皮が柔らかくてジューシー、美味しいです。来年の夏は是非ともナスを育てたいと思っていたので、候補に入れます。知らなかったのですが、ナスの英名は「エッグプラント」だそうで、日本では紫で、縦長なのに何故?........と思います.........。ナスはの原産地はインドですが、アメリカでは白くて卵型なのが一般的なので、英名は「エッグプラント」なのだそうです。では、この紐ナスはなんて呼ぶのだろう.......などと考えてしまいました。おもしろいナス

  • 美味しいクスクス

    イタリア料理や色々なイタリアの情報を紹介している「イタリアの食卓」というYouTubeをときどき観ます。イタリアは、とても親近感を感じる国なので、日常的なことにも興味が湧きます。Mihoさんという日本人の主婦の方がなさっていて、簡単で美味しいお料理が多くて、助かっています。Mihoさんのお人柄も、サバサバした感じで私は好きなのです。その中のクスクスが美味しそうだったので作ってみました。クスクスのレシピは、サラダくらいしか知らなかったのですが、動画の中でも仰っている通り、チャーハンみたいな感じで美味しかったです。動画はこちら。クスクスはパスタの仲間で、茹でる必要がなく熱湯をかけて蒸らせば、すぐに使えるので急いでいる時や、お米が足りないときなど、とても便利です。ビオセボンで買った、オーガニックのキヌアとスペルト小麦...美味しいクスクス

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1760)

    イヌタデに、白いアンゲロニアを合わせたら、上品な感じになりました。何となく物足りない感じなので、ユーフォルビア・ダイヤモンドスターも入れました。イヌタデは、合わせるお花によって、色々な雰囲気に染まります。夏の花たちは盛りを過ぎていますが、まだ片付けるのは早いです........。雨が多くて、作業も出来ません。頭の中で、秋冬の色目などを考えています。ワクチン接種を条件に、規制を緩和する方向だそうですが、ワクチン先進国のイスラエルやイギリスは、規制緩和して、現在は感染者数も死者数も増えていますね...........。イギリスの死者は、一日200人を超えたりしているとか..........。よその国の事は別と考えて、参考にしないのでしょうかね..........。摘んで来た植物アンゲロニアユーフォルビア・ダイヤモン...雑草流フラワーアレンジメント(1760)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1759)

    キツネノマゴがたくさん咲き出しました。紫っぽいピンクの小さなお花が、穂にぽつぽつと、ランダムな感じに咲くのがかわいいです。白のニチニチソウとピンクのカリブラコアを合わせてみたら、優しい感じになりました。最近、イベルメクチンに対する悪意ある記事を多く見かけます。家畜用を飲んで、視力低下とか、命の危険があったとか。イベルメクチンは人間用があるのですから、ちゃんとそちらを飲んでそれで何かあったら、記事にするべきだと思います。何とかして、イベルメクチンを潰そうとする意図を感じますね.........。コロナの新薬を開発中の会社は、イベルメクチンのお蔭で、大きな損害を被りかねない...........裏を返せば、イベルメクチンは、それだけ効果があるお薬だという証......そう、解釈出来ると思いました。摘んで来た植物ニチ...雑草流フラワーアレンジメント(1759)

  • 意外にも、元気に夏を超しました

    絶対に夏に枯れると思っていた、ベロニカ・レペンスサンシャインですが、元気に夏を超しました。ベロニカのたぐいって、高温多湿に弱いイメージだったので、絶対枯れると思っていたので、本当に意外です。株もだいぶ大きくなって、分けて秋冬の寄せ植えに使えます。菅首相が、総裁選不出馬となり政権与党は、国民にそっぽを向いて、コロナ対策もそっちのけで政局一色........マスコミも..........。野党の求めには一切応じず、国会も絶対に開かない......これが日本の政治.......。でも、総裁の首を挿げ替えれば、自民党大好きな方々が、今までの愚策は全てチャラ、また期待を膨らませて、投票するのでしょうね...........。そして、しばらくすると失望.........同じことの繰り返し.......。もう、この政党は腐り...意外にも、元気に夏を超しました

  • シンプルガーデニング(1)

    〈土はなるべく買わない主義です-1〉長い間園芸をやって来て、園芸書や一般的に云われている植物の育て方は、私的には、ちょっと違う気がしています。昔は平気で使っていた「新しい土、古い土」という言葉......そもそも土に新しい、古いなんてあるんでしょうかね........ちょっと考えてみると、なんかヘンです.............。確かに何年も鉢植えで使っている土は年数が経っているという意味で、「古い」という表現になるのかもしれません。でも、だからと言って、「ゴミなの?」と、あるときふと思いました。土とは、風化した岩石の細かいくず、生物の死骸や腐敗物、微生物などより成り立っているものです。ですから、正確には新しいも古いも無いと思われます。園芸書などには、「古い土は捨てて、新しい土に変えましょう。」とか、よく書いて...シンプルガーデニング(1)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1758)

    急に涼しくなって、雨ばかり.........。あの猛暑日がウソのようで、ほっとしたような、ちょっと淋しいような........。こんな日が続くと、爽やかで明るい色が欲しくなります。若緑色のカヤツリグサの穂に、白のニチニチソウ、レモンイエローのキンギョソウを合わせました。『コロナ「入院待機者」が見捨てられる本当の理由』という記事を読んで、なるほど..........何でいつまでたっても病床が増えないのか.......と、モヤモヤが腑に落ちた気がします。記事はこちら。この記事の通りだとすると、尾身さんという方は相当のパフォーマー。バッハ会長の来日や銀ブラを批判したりして、政府を糾弾する「正義の味方」を演じながら、実は、私たちの目を真実から背けるように誘導していらっしゃるのでは..と疑いたくなります。結局は政府の方々...雑草流フラワーアレンジメント(1758)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1757)

    ロベリアは、猛暑日も乗り越えて元気に夏越し出来ました。秋はいつ頃まで、頑張って咲いてくれるのでしょう.......。ユーフォルビア・ダイヤモンドスターとイノコヅチを合わせました。イノコヅチはパワフルな雑草ですが、穂をよく見るとシルバーで素敵な色です。ヒナタノイノコヅチとヒカゲノイノコヅチがあって、どうもこれは、日陰のような気がします。何日か前ですが、『「自国は食べない小麦」を輸入する日本の末路』という記事、本当に輸入の小麦は恐ろしいです。記事はこちら。アメリカの穀物農家は「これはジャップが食べるからいいのだ」と言って、グリホサートてんこ盛り.........。この記事にあるように、グリホサートの国民の摂取限界基準値を緩めることをアメリカから要請され、2017年12月25日に、クリスマスプレゼントと称して、6倍に...雑草流フラワーアレンジメント(1757)

  • ゴーヤペペロンチーノが美味しいです

    ご近所で無農薬の家庭菜園をされている方が、ゴーヤが豊作だそうで、たくさん頂きました。野菜作りがとてもお上手で、食べきれないほど実るなんて、羨ましい限りです。ゴーヤと言えば、ワタも種も食べられる唐揚げ(揚げ焼き)が大好きなのですが、パスタもどうかなぁ........と思って作ってみたら、すごく美味しくて、ハマりました。とても簡単です。レシピはこちら。私は、野菜たっぷりにしたくて、レシピ以外にタマネギも入れたのですが、美味しく出来ました。ゴーヤペペロンチーノが美味しいです

  • スピリチュアル園芸生活(71)

    この世に生まれるときに、悪い事をしようと思って生まれて来るたましいは、一つもありません。人生のカリキュラムをクリアして、少しでもたましいを進化向上させようという、純粋な心で生まれて来ます。しかし、自由意志を与えられていますから、途中でひねくれたり、ねじ曲がっても、軌道修正できず、どんどん悪い方向に行ってしまったり、欲望に負けて、他人の不幸を省みず「今だけ、金だけ、自分だけ」の人生を歩んだり.................。この方たちは、寿命を迎えて当然あの世に帰ったときには、深い深い悔やみと長い長い反省の時間を過ごすことになります。全ての行動や思いがアカシックレコードに記録されているので、嘘をついたり、ごまかすことは出来ません。またその逆で、どんな苦難も受け入れ、乗り超えて人生の輝きを手に入れる事も出来ます。...スピリチュアル園芸生活(71)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1756)

    ツルボがぽつぽつ咲き始めました。まだまだ暑いですが、夏の終わりが近づいている合図です。ボーボーに伸びてしまった、バコパを切り戻したのでそれを合わせてみたら、なんとなくまとまりました。ワクチンを打つメリットが、よく分らなくなりました。集団免疫は全く期待出来ず、ブレークスルー感染が起きて、他者にも感染させる、4~6ヶ月で効果が薄れ追加接種も、その効果はいつまで続くのか........半年ごとに接種を繰り返すなんてどうなんでしょう...........まだ治験中なのだから、先々何も無く、絶対安全とはいえないはず..........。また接種を追加し続けることによって、ワクチンに耐性のある新たな株が生まれやすくなるとか............。そして、接種後に1000人以上の方が亡くなられている........この数は...雑草流フラワーアレンジメント(1756)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1755)

    今年は、なかなかヨウシュヤマゴボウに出会いませんでした。やっと見つけたのは全体に小さくて、出ている穂も小さいものです。少しだけ摘んで来て、キンギョソウとトレニアを合わせてみました。キンギョソウのアンティキティは、普通のキンギョソウが終る頃に買ったのですが、花が終ったところを切り戻すと、またポツポツ咲いてくれます。多年草だったのですね。秋になったら、またたくさん咲くのでしょうか...........。最近、ほのかな香りがあることに気づきました。摘んで来た植物キンギョソウ(アンティキティ・レモン)トレニア(ムーン)ヨウシュヤマゴボウ雑草流フラワーアレンジメント(1755)

  • 魅惑のトマトゼリー

    最初は頂き物でした。「トマトゼリーって美味しいのかしら......」と、半信半疑で食べてみたら......甘いトマト......クセになる、意外な美味しさだったのです!また食べたくなって、色々なレシピを参考にしながら、作ってみました。コロナで家にこもっていて時間があるので、思いたったら、即作れます。材料は、水....................................50cc粉寒天..............................2gトマトジュース(無塩)...........400ccはちみつ...........................大さじ4(お好み)レモン汁...........................小さじ1作り方はとても簡単です。1、水に寒天を入れて、5分ほどふ...魅惑のトマトゼリー

  • 私のサスティナブル

    10代の終わりか、20代の初め頃から、45rpmというブランドの服が好きで、このシャツは多分20代前半か中盤頃に買ったものなので、40年近く経っている事になります。丸いチビ襟とフレンチっぽい袖の感じがかわいくて、卵色のような黄色も好きだし、軽くて涼しくて、子育て中もずっと着ていました。洗いざらしのヨレヨレ感も大好きです。50代は、まだ髪を黒く染めていて、ちょっとふけ顔になって、似合わないと感じて着ない時期がありました。でも、白髪ヘアにしたら、なぜだかまた似合うようになった気がして、また愛用しています。生地も丈夫で縫製もしっかりしているので、まだまだ着れそうです。この襟の形は絶妙で、いつみてもかわいい.......と思ってしまいます。ステッチが、3本入っているのがポイントです。45rpmの服は、生地や型紙、縫製、...私のサスティナブル

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1754)

    カヤツリグサが出て来ました。出たばかりの明るいグリーンは、フレッシュで素敵な色です。ピンクやパープルのお花とよく合います。ピンクのニチニチソウ、アンゲロニアと合わせて、バジルのパープルボールも合間に入れました。アンゲロニアが伸びてお花が上の方だけになったのを集めて使っています。こうして刈り取ると、新しい穂がまたすぐに出て来て、形が整いますね。気温の変化が激しいですが、朝夕涼しくなったのは、救われた気分です。お母さんが亡くられたり、赤ちゃんがお亡くなったり、自宅療養で悲劇が起こっていますね。心よりご冥福をお祈り致します。国も都も本当に無策で、怒りが込み上げて来ます。都知事は、修学旅行や学芸会も中止で、パラリンピックは開催、子供たちも観戦させるって、すごい矛盾です。よくも平気な顔で、しれっと言えたものだと、図太い神...雑草流フラワーアレンジメント(1754)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1753)

    サンク・エールは切り花にしたらどうかしら........試してみました。カリブラコアとニワホコリを合わせて、シルバーの器に挿しました。今年の夏、とても素敵に咲いてくれているサンク・エール、以前はブルーファンフラワーと呼ばれていて、パープルしかなかったのですが、白やピンクが加わって、暑さに強く、旺盛に咲くように品種改良されたようです。私は、ブルーやピンクよりも、断然白が気に入っています.......。酸素ステーショーンとか、本当に役に立つのでしょうか?医師のコメンテーターの方は、治療ではないし、すぐに埋まってしまって、なかなか空きが出ないと仰っていました。「やってます」感を演出しているだけ........。抗体カクテルだって、これから使用する体制を整えるなんて、その間に、感染者も、重症者もどんどん増えるばかり.....雑草流フラワーアレンジメント(1753)

  • 最近ハマっている おにぎり

    先日作った、ひよこ豆のお味噌をご飯に塗るととっても美味しいので、おにぎりにしています。このお味噌は本当に便利で、カレーの隠し味にも使ってみたら、コクが出て、とっても美味しくなりました。お味噌だけでも美味しいですが、シソの葉で挟んで、海苔を巻くと、さっぱりとして今の季節にぴったりです。シンプルで、素朴な美味しさ........。ちなみに、シソの葉はベランダで育てています。ありがたいことに、毎年こぼれ種であちらこちらから出てくるのです。出て来た苗を、一つの鉢に集めて育てています。自然栽培なので、お店で売っているのよりも緑色が薄いです。安心安全な食べ物が、シソの葉ひとつでも手近にあると、便利だし、気持ちが豊かになりますね。各地の大雨による災害、心よりお見舞い申し上げます。感染の心配もしながら避難したり、大変なご苦労だ...最近ハマっているおにぎり

  • 甘夏のお誕生日

    去年、猛暑の日に奇跡のように発芽した甘夏の苗が本日、1歳のお誕生日を迎えました。1年間、葉が黄色くなったりして、「枯れないで」..........と、ハラハラドキドキすることが何度かありましたが、元気にすくすくと成長してくれています。発芽してから今年4月下旬までは、家の中で箱入り娘のように育てたので、我が子同然です。私が生きている間に実を付けるかどうか分かりませんが、この木に付いた実で、またジャムを作ることを夢見てこれからも大切に育てます。植物と長くお付き合いしていると、ときどき不思議なことが起こります。こういうことを言って、頭の中がお花畑と思われるのはすごくイヤですが、フェアリーは絶対いると思っています。この甘夏の発芽は、きっとフェアリーが力を貸してくれたに違いない.....そして、今もこの苗を見守ってくれて...甘夏のお誕生日

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1752)

    オニドコロと白のニチニチソウの組み合わせは、真夏に涼しげでとても好きです。白のニチニチソウがあると、作りたくなります。あまり目立ちませんが、ユーフォルビア・ダイヤモンドスターもチラホラ入れました。日本は未だ、ワクチン、ワクチンとワクチン頼みですが、ワクチン先進国のイスラエルやイギリスでは、感染者も重症者も死者も増えています。接種後の副反応や死亡者も増え続けて気になります。もはや、ワクチンで集団免疫とかウイズコロナとか無理なのでは......。それとも、2ヶ月置きとかに、どんどん追加接種を続けるのでしょうか........体がおかしくなってしまいそう.........。イベルメクチンなどは、長く使っている既存のお薬で、安全が確認されているのだから、自宅療養の方のためにも、早く広く使うべだきと思います。企業にしてみ...雑草流フラワーアレンジメント(1752)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1751)

    イヌタデとハキダメギクを摘んで来ました。ローズピンクのアンゲロニアを混ぜてみました。素朴でいて、少し華やいだ感じになりました。それにしても暑いですね..........。お花たちの中では、アンゲロニアとニチニチソウが一番元気です。昔、真夏はペチュニアも弱くて枯れて、ニチニチソウは今ほど種類が無くて、アンゲロニアもカリブラコアも無かったので、今思うと何だか寂しい雰囲気だったなあ.......と思います。高温多湿に強い品種がどんどん増えて、喜ばしいことです。北里研究所では、イベルメクチンの普及や後遺症の解明と治療の確立などのため「感染症にたちむかう大村智記念研究所募金」を募っています。詳しくはこちら。コロナウイルスに感染された、多くの自宅療養の方が、重症化しないで少しでも早く元気になられること、後遺症に苦しんでいる...雑草流フラワーアレンジメント(1751)

  • ロベリア・アズーロコンパクトは 猛暑でも元気です

    暑い日、このブルーに癒されます。真夏って、パープル系のお花は結構多いですが、純粋なブルーって少なくて、エルボブルスとかアサガオくらいですかね.......。エルボブルスは彩度が低い感じで、葉っぱと馴染んであまり目立たないような........。このロベリアのような色こそ、夏に求めているブルーです。私が園芸を始めた、30年くらい前から考えたら、こんな、高温多湿に耐えられるロベリアなんて、本当に夢のよう...........ロベリア・アズーロコンパクト大絶賛です。眺める度に、自分の好きな色はやっぱりブルーだな.....と思います。これは「スカイブルー」なので、来年は「ウルトラマリン」も欲しいです。『日本の高級ブドウが何故“韓国産”無断栽培か?直撃に「大目に見て」』という記事。日本のシャインマスカットやイチゴを守る為...ロベリア・アズーロコンパクトは猛暑でも元気です

  • とっても美味しいカルツォーネ

    食べたばかりなのに、また食べたくなります。オーガニック・スーパーマーケット「ビオ・セボン」のカルツォーネです。とっても美味しくて、イタリアンのお店に行ったような気分を味わえます。とにかく、皮の生地が美味しいんです..............。しかも、材料は、全てオーガニックなので安心です。具は何種類かあって、トマトとモッツアレラ、フンギ・ビアンゴ、エビとキノコのアヒージョなど、私が一番好きなのは、写真の魚介のトマトソースです。しかし、こんなコロナウイルスの感染爆発状態では、なかなか買いに行けません.........と思ったら、オンラインストアがオープンしていました。こちら。けれども探しましたが、残念ながらカルツォーネはありませんでした...。でも、いつも絶対切らしたくないビーガン・バターや調味料、便利なレトルト...とっても美味しいカルツォーネ

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1750)

    イヌムギのきれいな穂を見つけたので摘んで来ました。ペチュニア・ギュギュとアンゲロニアを合わせたら、すき間が気になったので、オレガノ・マルゲリータを入れました。イネ科の植物も猛暑で、ほとんどが傷んでいます。人間と一緒です。でも、アンゲロニアはすごく元気..........切り花にしても、とっても長持ちです。政府が中等症の方も「原則入院」と方針転換したのは、選挙を控えているからでしょう.........選挙に勝ったらまたとんでもないことを平気で言いい出して、今度は強引に押し通すかも..........信用出来ませんからね。オリンピックにつぎ込んだお金の一部でも使って、コロナ専門の病院を作っておけばよかったのにと、つくづく思います。去年は、そんな話もあったような..............。でも、政治家の皆さんにして...雑草流フラワーアレンジメント(1750)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1749)

    アレチノギクって、開いたお花がはそうでもないですが、つぼみのうちは、かわいいな........と以前から思っていたのでつぼみを短く摘んで、アレンジしてみました。ちょうど、バジル・パープルボールのかわいらしいお花が盛りなので、ペニーロイヤルミントと一緒に小瓶に挿しました。私が住んでいるのは東京の多摩地区で、コロナウイルスの感染者は、今まで一日数人から、多くても10人前後くらいでしたが、30人を超える日が続いています。そして、駅前の郵便局でも感染者が出て、閉店しています。いよいよ身近に迫って来た感じです。北里大学病院では、イベルメクチンの治験者を募っています。私もいつ感染するか分からないので、覚悟を決めて、感染した場合は参加するつもりです。安価で副作用もほとんどなく、安心して飲める治療薬だと思います。患者リクルート...雑草流フラワーアレンジメント(1749)

  • 真夏のシクラメン

    猛暑日が続く中、燃えるような真っ赤なガーデンシクラメンが咲き続けています.......。せっかく咲いてくれているのに、「暑苦しい」なんて、口が裂けても言えません。「暑いけど、頑張ってね!」と、励まされている気もします。何でしょうね.........こんな事は初めてで、不思議です。去年、11月頃買って、ほとんど絶えず花を付けています。置き場所はずっと同じで、午前中だけ日が当たる場所です。暑くなってからは、ご覧の通り茎が短くなっています。涼しくなって、また秋、冬、春も、咲き続けるのかしら...........。静かに見守りたいと思います。コロナウイルスの感染拡大地域では、医療が逼迫し、政府は、中等症の方も自宅療養の方針とか........とても危険な気がします。これまでも、ご自宅で急激に重症化して亡くなられた方もお...真夏のシクラメン

  • ベランダ・サンクチュアリガーデン(69)

    夏のベランダは、濃いめのピンクやマゼンタ色の合間にパープルが入る色合いになりました。シルバーやブロンズ色の葉ものは、いつでも強い味方で、全体をまとめてくれます。コロナ禍でも、お花を愛でたり世話をして、家で過ごせば、出かけなくても楽しくて、満たされた気持ちになります。きっと、お花のフェアリーたちの癒しもあるに違いない.........そう思っています。簡単なカラーチャートです。ピンクはアンゲロニア、ミソハギ、ガウラ、濃いピンクは、ペンタス・パニックタワー、マゼンタ色は、ペチュニア・ギュギュ、トレニア・ムーン、パープルは、ニチニチソウ・フェアリースター、スーパーベル・ダブルブルー、ロベリア・ブルーセレクションなどです。シルバーの葉物は、ヘリクリサム・コルマ、ツリージャーマンダー、ブロンズ色はコルジリネです。ベランダ・サンクチュアリガーデン(69)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1748)

    ブロンズ色のヤブガラシの先端を摘んで来て、パープルのお花と合わせました。カリブラコアのスーパーベルとペニーロイヤルミントです。ヤブガラシのつるとペニーロイヤルミントのカーブがコラボして、美しい曲線を描いてくれました。オリンピックを開催し、感染者が最多記録を更新する中、今までフリップを掲げては、危機感を煽るような御発言をされていた小池都知事は、オリンピックを成功させたいがためか、すっかりお静かにおなりになって、変わり身のギャップに不誠実さを感じます。この方の狡さって、こういうところ............。摘んで来た植物カリブラコア(スーパーベル・ダブルブルー)ペニーロイヤルミントヤブガラシ雑草流フラワーアレンジメント(1748)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1747)

    流れるようなオニドコロの枝ぶりを生かしたいと思いました。つる植物は、色々な表情を表現出来るのが楽しいです。紫のニチニチソウ、フェアリースターとピンクのアンゲロニアでバランスを取りました。やはりコロナウイルスの感染者が激増していますね。羽田空港の関係者の方の感染が増えているそうで、海外からウイルスが持ち込まれているようです。記事はこちら。こうなると分かっていながらの、オリンピック開催。菅首相は、「人流が減っているから中止しない」とのことで、Gotoのときを彷彿とさせる態度だと感じました。「Gotoが感染を拡大させているエビデンスはない」とか仰って、結局後から様々なデータでエビデンスは出て来ました。何度繰り返しても、学べない方なのでしょう。「オリンピックをやっているのだから宣言に従う必要はない」という意見もあります...雑草流フラワーアレンジメント(1747)

  • マイクロトマトの収穫

    ミニトマトと比べても、こんなに小さくてかわいらしいトマトです。でも、ミニトマトよりも収穫量は少なそうです。割れたりはしないのですが、雨が多い時期に、結構実が落ちてしまいました。味はしっかり濃いです。口の中でプチッと弾けて、甘みもあってベリーみたいな美味しさです。たくさん収穫出来たら、コーンやサイコロ状に切ったキュウリなどと混ぜて、カラフルなモザイクサラダのようにしたら楽しいな..........などと夢見ていましたが、それはちょっと無理......トッピングで我慢しました。お豆腐のサラダに、バジルのパープルボールも散らして。マイクロトマトの収穫

  • ひよこ豆のお味噌

    以前から気になっていた、念願のひよこ豆のお味噌を作りました。当たり前とも言えますが、ひよこ豆の美味しさと、お味噌の美味しさが合体した感じで、お味噌汁はもちろん、ご飯にのせたり、今の時期、新鮮なキュウリに付けて食べると、いくらでも食べられちゃいます。最初はこの書籍のレシピで作りました。生麹を使って、一番大きいサイズの保存袋で約2キログラムのお味噌が作れます。ひよこ豆の他に、大豆はもちろん、白インゲン豆やキドニービーンズ、小豆や黒豆のお味噌も載っています。後から買った「白崎茶会の発酵定食」にも、ひよこ豆のお味噌の作り方が載っていました。こちらは出来上がりは550グラムと少量で、お手軽に乾燥麹を使って普通のビニール袋で作ります。「初めての味噌づくり」では2ヶ月~3ヶ月熟成させると書いてありますが、「白崎茶会の発酵定食...ひよこ豆のお味噌

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1746)

    エノコログサの明るいグリーンと、ロベリアの瑠璃色の組み合わせにハマってしまいました。それ以外に何か1種類入れるとまとまりやすいです。今回は、バラ咲きのバコパにしてみました。毎日猛暑日が続きますが、嬉しいことにロベリアは、とっても元気です。午前中だけ日の当たる場所に置いています。それでも、以前の普通のロベリアだったら、絶対2ヶ月前くらいに枯れていますね.......。でも、まだ朝夕涼しいから..............8月に入って、朝夕暑くなっても元気だったら、ほんとうに凄いと思います。いよいよオリンピック開幕ですね。私は観戦する気が全くしないので、他のことをして楽しみます。摘んで来た植物ロベリア・アズーロコンパクトバラ咲きバコパエノコログサ雑草流フラワーアレンジメント(1746)

  • 雑草流フラワーアレンジメント(1745)

    ヘクソカズラを摘んで来ました。ジリジリと暑い夏のイメージのお花.......。赤いトレニア・ムーンと合わせてみました。やはりちょっと夏苦しい気がしたので、ロータス・コットンキャンディの葉を入れたら、ちょっと涼しげになりました。トレニア・ムーンは、とても旺盛でどんどん横に広がっています。なのに切り花にすると、つぼみがちゃんと開かないような.......。以前買った、カタリーナブルーリバーは切っても、しっかり咲いた気がするのですが...........。いろいろですね..........。摘んで来た植物トレニア・ムーンロータス・コットンキャンディヘクソカズラ雑草流フラワーアレンジメント(1745)

ブログリーダー」を活用して、suemi-maiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
suemi-maiさん
ブログタイトル
極上のひとり遊び
フォロー
極上のひとり遊び
カテゴリー一覧
商用