searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

アスランさんのプロフィール

住所
立川市
出身
板橋区

自宅(立川)と会社(川崎)の二つの図書館を駆使して読書に耽る中毒者(読書ジャンキー)のアスランです。 結婚前は暇に飽かして映画館に入り浸る映画中毒者でした。いまや夫婦で育児に追われる親バカ中毒者でもあります。 このblogでは、本を紹介し、立川で育児に悪戦苦闘する日々を報告し、そして愛しき映画の記憶を語ります。

ブログタイトル
カンガルーは荒野を夢見る
ブログURL
http://elleryqueen.seesaa.net/
ブログ紹介文
本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。
ブログ村参加
2008/05/22
本日のランキング(IN)
フォロー

アスランさんの新着記事

1件〜100件

  • かがみの孤城 辻村深月(ポプラ文庫)

     辻村深月の作品を読んだのは、いつ以来だろう。このブログの読了リストでは2011年の「オーダーメイド殺人クラブ」が最後のようだ。その後まもなく「鍵のない夢を見る」で直木賞を受賞して、ミステリー作家として知る人ぞ知る彼女は全国区の作家に躍り出た。そのせいか、メフィスト賞に出自を持つ彼女のダークな世界観が脱色されてしまったかのような本格的な文芸作品が書かれるようになり、新作を心待ちにする気分が失せてしまっていた。まあ、それだけではなく、この十年は個人的にもいろいろあって、読書量が減ってしまったことにも原因があるのだが…。「オーダーメイド殺人クラブ」はあまり記憶に残ってはいないけれど、その前に読んだ..

  • 「いたみは止める。わたしを止めない。」が気になる。

     なんだろう。以前から気になっていたCMのキャッチコピーだが、このCMに遭遇するたびになんだか落ち着かなくなるのだ。その原因はどこにあるのか。原因は分かっているのだ。ただ、理由を説明するのがなかなか難しい。それをここでちょっと考えてみたい。  僕の違和感はこうだ。 いたみを止める。わたしは止めない。 が正しいのではないのかという事だ。「正しい」という言い方には語弊があるが、聞いていてすんなり商品(頭痛薬)の効能が頭に入ってくるという「快適さ」があるような気がする。そして、原因が助詞「は」の使い方にある事までは理解できる。ここで使われている係助詞「は」は、いわゆる対照の「は」だ。どうい..

  • 花髑髏 横溝正史(角川文庫)

     由利麟太朗。横溝正史が生んだもう一人の探偵だという事はずいぶん前から知っていた。ただし、知っていただけで今にいたるまで「由利先生」が活躍する作品を一編たりとも読んだ事がなかった。横溝ファンなら読んで当然の「蝶々殺人事件」でさえ、金田一耕助が活躍するミステリーではないというだけで、ついつい読みそびれてきてしまった。有名すぎるトリックはずいぶん前に知ってしまったくせに、だ。要するにテレビや映画でおなじみの金田一耕助の個性的なキャラクターに魅せられて横溝作品を読んできたが故に、彼が出てこない作品を冷遇してきた事は否めない。  それを反省するきっかけとなったのは、もちろんテレビドラマ化された「..

  • 喜多條忠さん追悼(その2)

     訃報が流れたその日に、とにかく追悼文を書かねばと思い立って、「神田川」にまつわる思い出周辺を語ってお弔いに代えようと思った。なので、結局「南こうせつとかぐや姫」に喜多條さんが提供した楽曲についての思い出で終わってしまった。そこから、まだまだ僕は喜多條さんの詞のお世話になっているのだ。  かぐや姫が解散したのが1975年。南こうせつと山田パンダはソロで活動し、伊勢正三は大久保一久と風を結成する。かぐや姫のファンだった僕は当然のことながら、こうせつや風の曲に熱中していった。まずは、こうせつからだ。解散した同じ年にソロとしてのファーストアルバム「帰り道」をリリースしている。このアルバムに喜多..

  • 作詞家・喜多條忠さん亡くなる。

     作詞家の喜多條さんが亡くなられた。報じられたのは昨日(2021/12/01)だったが、亡くなったのは11/22だそうだ。日本作詞家教会会長も務めた方であっても、ニュースとして報じられるまでには一週間もの期間がかかってしまう。芸能界という人気商売の気まぐれさをしみじみ感じてしまう。しかも僕が知ったのは、朝のめざまし8の冒頭で紹介されるヘッドラインランキングで、だ。そこには「神田川の作詞家亡くなる」が第2位にランクインしていた。MCの谷原章介さんが紹介する前に「ああ、喜多條さんが亡くなったんだ」と思ったが、世間にはあまり知られていない名前ではなく、一世を風靡した「神田川」の作詞家という肩書きでの..

  • 魔の山 ジェフリー・ディーヴァー(文藝春秋)

     かつては西部劇というジャンルの映画がたくさん作られた。少なくとも僕の子供の頃にはテレビでも盛んに西部劇の映画が放送された。そういえば、中学生になって映画館で映画を見るようになる頃には西部劇はほとんど見当たらなくなったような気がする。子供の頃にテレビで観た西部劇にしても、僕が生まれる前に作られた名作だったのだろう。そんな西部劇の名作の一つに「シェーン」(1953年)がある。あらためて公開年を調べて「古いなぁ」と思った。主演のアラン・ラッドは本作以外で馴染みのある俳優ではなかった。ただ、映画評論家の淀川長治さんが案内役を努めた日曜洋画劇場でなんども放送された記憶がある。西部劇ではおなじみの設定で..

  • 失礼な敬語 誤用例から学ぶ、正しい使い方 野口恵子(光文社新書) (その2)

     「〜(さ)せていただく」が気になってからというもの、敬語についてあれこれ調べては書いてきた。野口さんの著書は大変参考になったし、勉強にもなったのだが、最後にどうしても考えておかねばならない事があるように思う。野口さんの「バカ丁寧な日本語」にもたびたび書かれていたのだが、時に過剰でバカ丁寧な敬語を使うことで心がこもっていないと相手に思われるよりは、シンプルな丁寧語で済ませた方がいいという主張についてだ。著者はこう言うが、これがなかなか難しい。難しいというよりは、「心がこもってない」と思われる相手と、「心がこもっている」と思う話者との間の温度差が埋まらない事に、本質的な問題があるのではないだろう..

  • みそばたーこーんらーめん(味噌バターコーンラーメン)

    【みそばたーこーんらーめん(味噌バターコーンラーメン)】 1.札幌ラーメンを一躍世に知らしめた立役者  今からさかのぼる事、40年以上前のことだ。当時はラーメンと言えば、醤油ラーメン、タンメン、味噌ラーメンというラインナップぐらいで、主流はなんといっても醤油ラーメンだった。世の中にラーメン専門店などなく、ラーメンを食べに行くとなると、今で言うところの「町中華」、すなわち町の中華屋さんで食べるしかなかった。当時は、町にある中華屋さんのことを「ラーメン屋」と呼んでいた。もちろん、ラーメン屋でチャーハンやニラレバ定食や麻婆丼、野菜炒めなどが食べられた。日高屋も餃子の王将もなかった。ちなみに、..

  • 失礼な敬語 誤用例から学ぶ、正しい使い方 野口恵子(光文社新書)

     このブログですでに2回も書評を書いている「バカ丁寧化する日本語(2009年)」の著者が、2013年に出したのが本書だ。今回も最大の関心事は、第二章に書かれている「させていただく」についてだ。全体が12の章立てになっているので、とりあえず第二章を読んで分かったことをまとめておこうと思う。「バカ丁寧化する日本語」は、敬語の現状を俯瞰するような構成だったので、そこから「させていただく」の問題を切り取って理解していくのに手間がかかった。書評にも書いたが、著者の書き方は決してわかりやすくはない。そのため、横断的に読み込む事で、ようやく「させていただく」の問題点が見えてきた。僕と同様の感想をもった読者が..

  • カンマの女王 「ニューヨーカー」校正係のここだけの話 メアリ・ノリス(柏書房) (その2)

     今、とても悩んでる。この本を書店で購入すべきかどうか。「買うべきだ」という悪魔か天使の声が聞こえる。それは思いの外、本の内容が面白いからだ。「ニューヨーカー」という、アメリカで最も言葉使いの一つ一つに注意を払う雑誌で、著者がいかにして校閲部のトップになったかを物語る体裁になっていながら、校正者の目から見た英語の面白さ・奥深さ・奇妙さなどが自由闊達に語られる。こういう本の面白さは、自国の言葉に対して異常なほどの関心がある人にしか分からないかもしれない。たとえば、書店では日本語について一家言ある人たちの著作が溢れているが、ちゃんとした正しい日本語を学びたい人が読者であるというよりも、日本語の面白..

  • バカ丁寧化する日本語 敬語コミュニケーションの行方 野口恵子(光文社新書) (その2)

     あれ?2009年の出版だったんだ。立川南口アレアレアのオリオン書房の新書コーナーで平積みされていたように思ったのは、完全に勘違いだったのか。どうりで、北口高島屋6Fにあるジュンク堂で探そうとして、すぐには見つからなかった理由がようやくわかった。つまりは、だ。今から10年以上前から「させていただく」問題に、国語関係者は頭を悩ませてきた事になる。いやいや、前回の記事でも触れたけれど、文化審議会答申の「敬語の指針」(平成19年)でも「させていただく」の問題を取り上げていたんだった。平成19年とは西暦2007年だ。ちょうど、その頃から国語関係者にとってホットな話題だったって事なのか。そこから12年も..

  • バカ丁寧化する日本語 敬語コミュニケーションの行方 野口恵子(光文社新書)

     最近の話し言葉への関心事の筆頭は「〜させていただきます」だ。これは日々気になっている。たぶん、テレビのワイドショーを見てると、インタビューで使っている芸能人が目立つせいだと思う。 「このたび、3年ぶりにアルバムをリリースさせていただきました。」 「今週から○○で上演される『××』に出演させていただきます。」 「私事で恐縮ですが、私は△△さんと結婚させていただく事になりました。」  何故?と思う人が多いのか、少ないのか、よく分からない。「日本語として正しいか否か」というアプローチは不毛だと思っているけれど、僕を含めて違和感を感じる人がいるのは確かだろう。一方で、これが敬語として正しい、..

  • よくわかる思考実験 髙坂庵行(イースト新書Q)

     初版が出てから一年になる。店頭で見つけた時からずっと気になっていた。「思考実験」と聞いて僕が思い当たるのはアインシュタインだ。すでに特殊相対性理論、一般相対性理論などで輝かしい業績の数々を遂げていた彼が、人生後半においては当時最先端に躍り出た量子論の根幹の部分をどうしても認めたがらなかった。確率論的にしか決定できない量子論的世界観を「神はサイコロを振らない」という名言で否定したことは有名だ。僕は当時買い集めていたエピステーメー叢書の中の一冊「<真理>と悟り : 科学の形而上学と東洋哲学」(G.ステント著)で、初めてその名言の由縁を知った。ただし、哲学がテーマのこの本は僕にとってはかなり荷が重..

  • 「まっすぐ。ナツイチ。2003」VS.「きみとぼくを、つなぐ一冊。ナツイチ2021」

     ナツイチの名称で親しまれる集英社文庫の「夏の文庫フェア」は1994年から開始した。以来、今に至るまで「ナツイチ」をずっと使いつづけている。すごい!と思ったけれど、「新潮文庫の100冊」は1976年からなので上には上がいる。それでも「ナツイチ」からぶれないところはさすがだ。「ナツイチ」の特徴は、大きく言って2つあると思う。一つ目はフェアの顔となるキャラクターに若いタレントを起用してきた事だ。 2003年 玉木宏 2004年 玉木宏 2005年 佐藤隆太 2006年 蒼井優 2007年 蒼井優 2008年 蒼井優 2009年 岡田将生×山下リオ 2010年 多部未華子 2011..

  • 「2003夏のGO!GO!ちょっくらぶ」VS.「カドフェス2021 発見!角川文庫」

     正直、角川文庫の「夏の文庫フェア」の正式名称がなんなのか、いまだによくわからない。新潮文庫は「新潮文庫の100冊」から一度もぶれないし、集英社文庫も「ナツイチ」でほぼ統一されている。角川文庫だけは「これ!」という名称をもたない。 2003年 2003夏のGO!GO!ちょっくらぶ 2004年 発見。角川文庫 発見。夏の100冊フェア 2005年 発見。角川文庫 発見。夏の100冊 2006年 発見。夏の100冊 角川文庫 2007年 発見。夏の100冊 角川文庫 2008年 発見。角川文庫 夏の100冊 2009年 発見。角川文庫 夏の100冊 2010年 発見!角川文庫201..

  • 「新潮文庫の100冊2003年」VS「新潮文庫の100冊2021年」

     毎年夏になると企画される「夏の文庫フェア」。夏休みを過ごす学生に少しでも本を読んでもらいたい、日頃読まないジャンルの本に関心を持って欲しいと、各社が趣向を凝らしてオススメの本を紹介する企画だ。もちろん、いまだに必ず出される読書感想文の宿題用に中高生が購入することを当てこんだ企画であることは言うまでもないだろう。このブログでは、2005年から7年にわたって新潮文庫、角川文庫、集英社文庫の各フェアについて、前年の内容と比較する記事を書いてきた。始めた頃は手間暇かけてもおもしろがる余力があったのだけれど、次第に負担になってきた。各社のフェアが始まると小冊子を集めては内容を読み込み、ラインナップをパ..

  • ディレクターズ・カット版とは何か?(「私の家政夫ナギサさん」の場合)

     テレビドラマのディレクターズ・カット版の意味については、すでに「恋は続くよどこまでも」を例にとってひととおり考えをまとめて記事にした。あとは「私の家政夫ナギサさん」を例にとった記事をどうしても書いておこうと、その時から思っていた。前の記事でも「緊急事態宣言下での在宅勤務のストレスを癒すために、繰り返し繰り返し見ることになった」と書いたが、「ナギサさん」の方も同じように繰り返し繰り返し見る事になったからだ。こちらもディレクターズ・カット版を見る事はないだろうと思っていたが、年末にディレクターズ・カット版が放映されたので、ちゃんと録画して整理して、またまた初回放送版とディレクターズ・カット版を交..

  • カンマの女王 「ニューヨーカー」校正係のここだけの話 メアリ・ノリス(柏書房)

     以前から書店で見かけて読みたいと思っていた本だ。著者は、雑誌「ニューヨーカー」という老舗雑誌の校正係を長年勤めてきた。「ニューヨーカー」という雑誌が本国アメリカでどういう位置づけにあってどの程度権威がある雑誌なのかは、僕には皆目わからないのだけれど、日本語と英語に対して言語的な側面で関心を持ち続けてきた者としては、この本で取り上げてくれるであろう英語の文法、構文、句読法などについての著者の知見を楽しみにしていた。  ただ、このところ仕事と私事が同時に多忙を極める事になり、なかなか読む時間がとれなくなった。それでどうやら序章を読んだ時点で、いったん図書館にお返しするという仕儀にならざるを..

  • ハンバーガーの日と月面着陸の日

     7月20日。朝や昼の情報番組では「今日は何の日か?」という話題で「ハンバーガーの日」だと紹介していた。1971年(昭和46年)7月20日に、日本マクドナルドの第一号店が銀座三越内にオープンした日だそうだ。なるほど、あれから50年たったわけだ。もちろんオープン当日というわけではないが、僕は第一号店で日本上陸したてのハンバーガーを食べた思い出がある。Wikipediaには「非常に小さな持ち帰り専門店で客席がなかった」と書かれているが、これは単に出店スペースが小さかったというだけでなく、前年に始まった歩行者天国に集まる人々を当て込んだ販売戦略だったのではないかと思う。  当時、特別なお出かけ..

  • トーベ・ヤンソンのムーミン絵本「それからどうなるの?」(講談社)

     この一年ぐらいで埼玉県飯能市にあるムーミンバレーパークを何度も訪れることになった。板橋区民にとって飯能市と言えば、小学生の時の遠足の行き先というイメージが強く、板橋区から最も近い片田舎という子供の頃の印象しかなかった。ムーミンのテーマパークができたと聞いたときも、「なんでまた埼玉に?」というのが正直な感想で、行ってみたいとは思わなかった。そもそも僕はムーミンという作品の良き理解者ではなかった。1969年に最初にアニメ化された「ムーミン」も、ムーミン役の岸田今日子の独特な男の子声や、スノーク役の広川太一郎の癖が強い声などは今でも思い出せるし、主題歌の「ねぇ、ムーミン、こっち向いて」という歌も好..

  • ディレクターズカット版とは何か?(「恋は続くよどこまでも」の場合)

     ここで取り上げるディレクターズ・カット版とはテレビドラマでの事だ。映画のディレクターズ・カットの意味ははっきりしている。商業映画の世界では、一般的に監督に編集権がないことが多い。脚本に基づいて俳優たちに演技指導をし、カメラマンに撮り方を指示したりはするけれど、ひとたびフィルムに収められたものを映画の形に仕上げる段になると、監督といえども映画会社の意向に沿った編集に甘んじなければならない。これはどんなに名匠といわれるような監督でも経験してきたことのようだ。例えば、あの黒澤明といえども4時間を超える大作「白痴」を会社から削れと言われて「だったら、いっそ縦に削ったらいいだろう」と言ったそうだが、結..

  • アライグマはラスカルではない

     1991年に放送されて人気を博したドラマ「101回目のプロポーズ」では、主人公の星野達郎の弟・純平を若き日の江口洋介が熱演していた。グラサンを掛けながら大型バイクにまたがるイケメンの風貌にも関わらず中身はモテない三枚目で、大学ではアニメ部の部長を務めるオタクでもあるという設定だった。「あらいぐまラスカル」の最終回を見ながら、自然に還っていくラスカルを見送るラストシーンに涙するという場面があって、外見とのギャップに笑わされると同時に兄思いの一途な性格である純平らしさが際立つエピソードだった。僕は世代的に「あらいぐまラスカル」を見てこなかったので、最終回を見て泣く純平にそれほど共感できてはいなか..

  • 正しい事をやるのは難しい、あるいはサヤエンドウの筋のとり方

     「正しい事をやりたかったら偉くなれ」と言ったのは、「踊る大捜査線」の和久刑事だった。警察というピラミッド型の階級組織で、本当に正しい事をやりたいならば「偉くなれ、上を目指せ」という和久さんの真の意味を新米刑事・青島が理解するには時間がかかった。偉くなる必要があるかは別にして、正しい事をちゃんとやるのは本当に難しい。なぜなら「ちゃんとやっても適当にやっても、そうは変わらないだろう」という侮りが、誰の心のなかにも生じやすいからだ。几帳面な性格の持ち主だったら、あるいはまめな性分であったなら、きちんとやることの大切さを見失わないのかもしれない。少なくとも僕はそういう人間ではなかったし、今もそうでは..

  • 歌詞を変える意味とは…その2(南こうせつ「愛する人へ」)

     さだまさしの「檸檬」の歌詞変更の事を記事に書いてるときにずっと考えていたのは、その前にも経験があるよなぁということだった。それは南こうせつの「愛する人へ」だ。その前にも、と書いて、あれ、本当に「檸檬」の前なのかあやしくなったので発表年を調べた。「檸檬」が収録されたアルバム「私花集」の発売が1978年3月。新アレンジでシングルカットされたのが1978年8月だ。南こうせつのシングル「愛する人へ」が発売されたのが 1977年1月、同じアレンジで収録されたアルバム「今こころのままに」の発売が1977年6月だ。やはり、「愛する人へ」の方が先だったが、たったの一年しか違わなかったとは驚いた。  「..

  • 歌詞を変える意味とは…

     4/18の関ジャムは「さだまさしの『今』に迫る」をテーマに、さだまさし本人を迎えて今関心のある若手アーティストなどを聞いたり、作詞や作曲の方法論を聞き出したりしていた。長年、さだまさしのファンを続けてきた自分としてはさださんの近況は確かに気になるのだが、昨今はレジェンドの一人としてこうした番組で若い世代からも支持を受けているさださんの姿を見ると、「時代が変わったなぁ」と改めて感じてしまう。  さだまさしと言えば「『関白宣言』で女性蔑視と非難され、『防人の詩』で右翼だ、『しあわせについて』で左翼だと、事あるごとに批判されてきた」と、本人が自虐的に自らを語る事が多かった。確かにある時期の作..

  • 英国一家、日本を食べる マイケル・ブース(角川文庫)

     ちょっとずるいなぁ、いや、かなりずるい。読み終わってそう思った。なにしろ、読み出した印象は最悪、こんな外国人にとやかく言われたくないというのが正直なところだったが、最後まで読むと印象ががらっと変わるような終わり方になっているからだ。  そもそもなんで本書を読もうと思ったか、今となっては思い出せないのだが、日本の食文化に関心をもった著者が家族を引き連れて日本を旅して、日本全国の和食を食べまくるというルポルタージュの存在を知って、その趣向に興味をもったのだろう。NHKの番組「クール・ジャパン」のように新たな日本を外国人目線で発見したという話だと思って、読んで見る気になった。著者はイギリスの..

  • テレビドラマオールタイムベスト100(TVガイドアーカイブチーム・編) 番外編

     前の書評で解説したように本書では2019年12月時点で「テレビドラマオールタイムベスト」を決める目的で、ドラマ作りの玄人とも言えるシナリオライターたちにアンケートをとり、回答結果に基づいてランキングが作成された。作成元はTVガイドアーカイブチームだ。実は28年前の1991年にも、同様の趣旨で、やはり同様のアンケートをシナリオライターたちに依頼して作ったランキングが、本書にも再掲されていた。題して「1991年版オールタイムドラマベスト100」。僕としては、こちらのランキングと2021年版とを比較する方が楽しい。さっそくベスト10を見てみよう。末尾の数字と矢印は、2021年版ランキングとの比較だ..

  • テレビドラマオールタイムベスト100(TVガイドアーカイブチーム・編)

     「TVガイド」は1962年に創刊されたテレビ番組に関する情報誌だ。普段は買わないくせに年末年始の番組、特にNHK紅白歌合戦の出場歌手について知るために、買いそびれないように大掃除の合間をぬって本屋に買いに行くのが、子供の頃の年末の恒例だった。その頃は「週刊TVガイド」という雑誌名だった。いまや、番組表も情報もTVで手に入るし、ネットでもたやすく調べられる時代になって、情報誌の役割も終えようとしているのではないだろうか。それとも、地デジ、BS、CSと選択肢が増える一方だから、今後もニーズはあるのだろうか。そもそも、TV自体がますます必要とされない時代になりつつある。「お茶の間」という言葉もそう..

  • 日本語から「い」がなくなる?

    「あつっ!」「やばっ!」「さむっ!」  確かに「い」が消えている。「熱い」「やばい」「寒い」のように日本語の形容詞はほとんどが「い」で終わるので、一見すると「い」がなくなってしまうのではないか、と思う人がいるのかもしれないなぁ。ってそんなことあるかっ!  筒井康隆の小説「残像に口紅を」では、文字が一つ、また一つと消えていって、文字の消失と共に世界が消えていく。まさに世界とは文字によって、あるいは名付けによって生まれているというハイデガーのような世界観を体現した作品だった。しかし、「い」が消えていくときは同時的にいっせいに消えるのであって、たかだか形容詞の活用語尾だけが消えていくわけ..

  • ヴェジタリアン?それともヴィーガン?

     嫁さんから「今さらだけど英語を勉強しなおす意味あるかな?」と、食事中にボツリと言われた。確かに今さらだけど、「原書でミステリーを読む」事を最近の楽しみにしている僕としては「もちろん、あるよ」と言いたいところだけれど、それは個人的な趣味なわけで、人にオススメする理由にはならない。そもそも仕事と絡めて、やれヒアリングだ英会話だと気負うと、せっかくの楽しみが失われてしまう。日本語同様、英語を言語として楽しみたい。僕のモチベーションはそこにあるわけで、英文解釈の力をみがいて、好きなミステリーを原文で読む事につなげようとしている。まあ、英文解釈力アップの過程で、仕事で必要となる海外の文献調査に生かせる..

  • 筒美京平 Hitstory Ultimate Collection 1967~1997(vol.1 DISC4)(その2)

     当時、日曜のお昼どきと言えば日本テレビの「スター誕生」を見るのがティーンエイジャーの当たり前だった。花の中3トリオで売り出すことになる森昌子、桜田淳子、そして山口百恵も、みんな「スター誕生」出身のアイドルだった。そして、岩崎宏美もこの番組からデビューしたアイドルの一人だ。彼女はデビュー当時からアイドルと呼ぶのが憚れるほど抜群に歌がうまかった。それだけでなく、デビュー曲から出す歌、出す歌、聞き心地がよくて歌いやすく、ヒットした。Wikipediaによると同期は太田裕美、岡田奈々、片平なぎさだ。大田は一年早いデビューだと思うが、ほぼ同期と言ってだろう。筒美さんは同時期の新人アイドル二人にデビュー..

  • 死神の棋譜 奥泉光

     息子が小学生の頃は、一時期週末は将棋漬けの毎日だった。ふとしたきっかけで将棋に関心をもち、みるみるうちに上達し、駒の動かし方も入門書で再確認しながらの僕では歯が立たなくなり、幼児向けの将棋教室に通わせるようになり、それに飽きたらなくなると、もっと上を目指すためにわざわざ千駄ヶ谷の将棋会館のスクールにまで通うことになった。おかげで待ち時間をぶらぶら過ごすうちに将棋会館周辺の様子はなんとなく頭に入ってしまった。同じ頃に「3月のライオン」の連載が始まり、主人公の桐山が義理の父との対局に勝利した帰りに、心の痛みから慟哭する国立競技場脇の公園の風景が手に取るようにわかってしまい、一読者以上に思い入れを..

  • 筒美京平 Hitstory Ultimate Collection 1967~1997(vol.1 DISC4)(その1)

     昨年末の29日にテレビ朝日「林先生の今でしょ2時間スペシャル」で、爆笑問題・田中がセレクトした筒美京平ベスト20を紹介していた。その中で、編曲家・武部聡志が「無駄なメロディが全くない」と絶賛していた「よろしく哀愁」を、大晦日の紅白歌合戦で郷ひろみが筒美さんを追悼して熱唱していた。このDISC4は、その曲からはじまる。「無駄なメロディが全くない」というコメントには僕も完全に同感だが、その点について補足説明があまりなかったので、発表当時の衝撃を知らない若い世代にはわかりにくいかもしれない。僕なりに噛み砕いてみる。歌には何度も味わわなければ良さが伝わってこない曲もあるし、サビ前のメロディ(Aメロデ..

  • 藍色夏恋 (2001年台湾・フランス)

     「japanぐる〜ヴ」が昨年末の12/26日をもって最終回。毎回熱心に見ていたわけでもないが、音楽や映画の最新情報などがコンパクトにまとまっていて、グルメとかショッピングとか観光などの要素がなく、今どきの情報番組としては希少価値が高かった。ぴあのような情報誌を愛読していた世代にとっては非常に懐かしい構成だ。その中で、松崎健夫・添野知生両氏による映画紹介は、映画館通いが遠のいて久しい僕にとっての楽しみの一つだった。後番組はアジアを中心とした情報番組になるようだし、サイトを見るとグルメの要素も入ってくるみたいなので、もういいかなという気がしてる。  唐突に番組が終了してしまったようだが、コ..

  • 追憶の東京 異国の時を旅する アンナ・シャーマン (早川書房)

     時の鐘というと川越のメインストリートにある塔のような建造物を思い浮かべる人が多いのではないだろうか。実は江戸にも時の鐘はいくつもあった。江戸には最初、三箇所に時を告げる鐘が配置された。日本橋小伝馬町の牢屋敷内、浅草寺、上野寛永寺だ。やがて100万人を超える大都市となるに至って、江戸には幕府公認の時の鐘が次々と増えた。時の鐘は当時の市民たちの生活に区切りを与える役目を果たした。この本は、日本に10年暮らした著者が時の鐘を探し求めながら、すでに多くは失われてしまった江戸の痕跡をたどる旅行記である。  もちろん江戸時代には現代のような正確に時を刻む時計はなかったが、「暮六つ」「お八つ」「丑三..

  • 2021年元日、日野橋周辺にて

     元日の夕方、まだ日が暮れないうちに立川の河川敷に向かってのんびり散歩する事にした。 年末は、息子と昭島方面に向かって河川敷を歩いたので、年始は柴崎体育館の前を通り抜けて根川緑道を歩く事にした。すると、日野橋の立川側のところに接続する事になる。日野橋を正面に見て右手にちょっと盛り土になったところがあって、そこに物見台がある。あんまり、そこを利用している人を見かけた事はないのだが、まだ息子が幼い頃には、なんどか連れてあがった事がある。  結構立派な物見台で、利用者が少ないせいか痛みも少ない。上がってみると利用者が少ない理由がわからないでもない。河川敷から見る風景の醍醐味は、なんと言っても..

  • 寝ても覚めても本の虫 児玉清(新潮文庫)

     児玉清と言えば、やはり「アタックチャンス!」の人という感じだ。今はすっかり谷原章介さんの決め台詞になってしまったが、僕の世代にとっては、児玉清の「パネルクイズ アタック25」だ。役者でありながら司会もこなす器用さを持ち合わせた谷原さんとは違って、児玉さんの司会は決してうまくはないが、誠実で熱意のこもった「味のある」ものだった。俳優としての児玉清も、やはり器用さとは無縁の誠意の人を演じる事が多かった。木村拓哉主演の「HERO」の鍋島次席検事役に代表される良き理解者のイメージが強い。遡ると織田裕二・矢田亜希子主演の「ラストクリスマス」の医師役もそうだった。  若い時には好青年役もやれば、悪..

  • 筒美京平 Hitstory Ultimate Collection 1967~1997(vol.1 DISC3)(その2)

     麻丘めぐみというと、白い衣装にミニスカート、お姫様カットの清楚な女の子という印象が強く残っている。元々は中学生の頃から雑誌「セブンティーン」のモデルの仕事をしていた。そのせいだろうか、異性を魅了するアイドルという位置づけ以上に、女の子うけするキャラクターだったように思う。デビュー曲の「芽ばえ」は、チャート3位の大ヒットとなり、その年のレコード大賞最優秀新人賞に輝いた。解説には「ミディアムテンポの哀愁味を帯びたメロディ」と書かれているが、千家和也の詞は、好きな男の子に寄りかかる、しおらしい女の子を描いていて、筒美さんの曲はそれに合わせて「哀愁」は帯びているけれど、ウェットではないポップさを表..

  • 文学処女(tvk) (2020/5/28~2020/7/16)

     緑線社の新人編集者・月白鹿子は、担当になった人気作家・加賀屋朔を『せんせい』と呼ぶ。『せんせえ』ではなく『せんせい』と。これが意図した演出なのか、月白役の森川葵が元々「先生」を『せんせい』と発声する人なのか、本当のところはよくわからない。ただし、加賀屋に向けて「先生」と呼びかける時のみ『せんせい』と発声し、それ以外の「先生は…」とか「先生が…」というときには『せんせえ』と言っているように聞こえるので、やはり演出上の効果を狙っているのかもしれない(正確には、演出家が狙わせているというべきか)。では、演出上の効果とは果たしてなんだろう。  現代仮名遣いに慣れ親しんだ世代にとって、エ段の音を..

  • 筒美京平 Hitstory Ultimate Collection 1967~1997(vol.1 DISC3)(その1)

     このDISC3の一曲目が南沙織の「17才」で始まるのは、なんとも象徴的だ。どんなにいい曲であっても時代とともに忘れ去られていく。流行歌ともなるとなおさらだ。筒美作品の多くもいずれは過去のものとなる日はかならず来る。その中でも、カヴァーという形で後世に引き継がれていく強運をもつ楽曲も時に存在する。この曲もまたそういう強運を持つ歌だ。1989年に新たなアレンジで、新たなスタイルで生まれ変わった「17才」の方を記憶している人は多いだろう。しかし、この「17才」は、日本におけるアイドル黄金期のパイオニアの一人である女性のために作り出された歌である事を、ぜひとも覚えておいてほしい。  南沙織は、..

  • ネヴァー・ゲーム ジェフリー・ディーヴァー(文藝春秋)

    ネヴァー・ゲーム ジェフリー・ディーヴァー(文藝春秋),本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • 筒美京平 Hitstory Ultimate Collection 1967~1997(vol.1 DISC2)

    筒美京平 Hitstory Ultimate Collection 1967~1997(vol.1 DISC2),本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • 筒美京平 Hitstory Ultimate Collection 1967~1997(vol.1 DISC1)

    筒美京平 Hitstory Ultimate Collection 1967~1997(vol.1 DISC1),本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • 主格の関係代名詞whoは省略できない

    主格の関係代名詞whoは省略できない,本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • TENET テネット(2020年10月XX日 立川シネマ・ツー)

    TENET テネット(2020年10月XX日 立川シネマ・ツー),本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • 羊頭書房~キッチン南海から歩いて5秒~

    羊頭書房〜キッチン南海から歩いて5秒〜,本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • キッチン南海と僕

    キッチン南海と僕,本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • 昭和記念公園の紅葉2020(秋の夜散歩)

    昭和記念公園の紅葉2020(秋の夜散歩),本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • ミステリーを原書で読みたい ~MURDER ON THE ORIENT EXPRESS~ (その3)

    ミステリーを原書で読みたい 〜MURDER ON THE ORIENT EXPRESS〜 (その3),本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • ミステリーを原書で読みたい ~MURDER ON THE ORIENT EXPRESS~ (その2)

    ミステリーを原書で読みたい 〜MURDER ON THE ORIENT EXPRESS〜 (その2),本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • ミステリーを原書で読みたい ~MURDER ON THE ORIENT EXPRESS~

    ミステリーを原書で読みたい 〜MURDER ON THE ORIENT EXPRESS〜,本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • 越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文【決定版】(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

    越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文【決定版】(ディスカヴァー・トゥエンティワン),本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • 空に住む(2020年11月1日)

    空に住む(2020年11月1日),本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • 2014年11月の新刊

    2014年11月の新刊,本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • 2014年9月の新刊

    2014年9月の新刊,本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • 2014年8月の新刊

    2014年8月の新刊,本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • 2014年7月の新刊

    2014年7月の新刊,本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • 2014年6月の新刊

    2014年6月の新刊,本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • 2014年5月の新刊

    2014年5月の新刊,本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • 図説アルプスの少女ハイジー「ハイジ」でよみとく19世紀スイス ちばかおり/川島隆(2013/11/6読了)

    図説アルプスの少女ハイジー「ハイジ」でよみとく19世紀スイス ちばかおり/川島隆(2013/11/6読了),本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • ディスカヴァー・トゥエンティワンの本はどこで買えるの?

    ディスカヴァー・トゥエンティワンの本はどこで買えるの?,本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • 2014年4月の新刊

    2014年4月の新刊,本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • 2014年3月の新刊

    2014年3月の新刊,本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • 知識ゼロからの印象派絵画入門 大橋巨泉(2013/11/16読了)

    知識ゼロからの印象派絵画入門 大橋巨泉(2013/11/16読了),本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • 2014年2月の新刊

    2014年2月の新刊,本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • 2014年1月の新刊

    2014年1月の新刊,本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • なぜ予約すると蔵書情報が見えなくなるのか?

    なぜ予約すると蔵書情報が見えなくなるのか?,本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

  • 2013年12月の新刊

    2013年12月の新刊,本は電車で読もう!立川在住・一児の父が読書と子育てに明け暮れる日々を綴ります。

ブログリーダー」を活用して、アスランさんをフォローしませんか?

ハンドル名
アスランさん
ブログタイトル
カンガルーは荒野を夢見る
フォロー
カンガルーは荒野を夢見る
カテゴリー一覧
商用