chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • イラスト;小鈴(蒼天剣、7回目) / アンタ本当にアクティブねー、いつもながら

    今回は日本一海が近いと評判のあの駅にやって来たねこ車掌。普段から無人駅で、この時間帯は観光客の姿もそんなに無く、駅にはねこ車掌の姿だけしか無い。誰もいないホームでひとり海を眺めてのほほんとしていたところ、突然ひょいっと抱きかかえられた。小鈴「なーにたそがれてんのよ、お昼前に」ねこ車掌「にゃん!?」基本的にいきなり抱き上げられるのは嫌いなねこ車掌だが、どうやら小鈴の場合は、抱かれる感触がとっても良か...

  • 暑中お見舞い申し上げます

    例年より一層の酷暑が続いておりますが、お元気でお過ごしでしょうか。節電を請う声が聞こえてくる一方、熱中症に気を付けよう、我慢せずクーラーを使おうと、左から右から異なる意見が炎暑の熱以上に暑苦しく飛び交ういつものご時世ではございますが、まずは己の身と健康を第一に考え、ご自愛くださいませ。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -今年の夏もねこ車掌が、どこかの駅を訪れました。クイズとしての難易度は若干低...

  • ねこ車掌の運命やいかに……!?

    天狐ちゃん「……」夜狼さん「……」ねこ車掌(ブルブル)一見、緊迫したシーンが展開されているようにも見えるが、実情はまったく違うのである。次の仕事に取り掛かる前に英気を養うべく、街をぶらついていたねこ車掌。ねこであるため、歩いているだけでも普通にかわいいともてはやされるし、写真を撮られてSNSに「#ねこ #カワイイ #帽子」などとタグを付けて投稿されてしまったりもする。この日もスマホを向けられたりなでなでふかふか...

  • 2022年8月携帯待受

      2022年8月の携帯待受。フォルクスワーゲンのゴルフ。思いの外妖しげな背景になってしまいましたが、元々「ゴルフ」の名前は球をひっぱたくスポーツ競技のことではなく、湾岸を意味するドイツ語「Golf(ゴルフ)」が由来。そう考えればこのトロピカルじみた色合いも、陽気な海沿いの雰囲気と合っているのかも。次回もグラデーションの組み合わせについて、twitterにてアンケートを行う予定です。ブログトップページ、もしくはこ...

  • 3DCG習作;橘小鈴

    Vroidstudioでまたうちの娘を作ってみました。今回は小鈴。 小鈴と言えば後頭部のシニョンですが、今の僕の技術力では満足行く形が作れず。一応後ろから見ればちょこんと盛ってはあるんですが、イラストのような大きさにはなりませんでした。アクセサリにシニョン実装されないかなぁ。あと尻尾。...

  • アイス食べたいなぁ……

    富士見「あっつぃ……」ダイエットのため野球部の猫藤さんの自主トレーニングに付いて来たものの、帰宅部の富士見さんでは体力的に釣り合わず、ランニング2km時点で早々にバテてしまった。富士見(あっついなぁ……あっついのに)一方の猫藤さんはランニング中に偶然横を走っていた銀髪狼っ娘と何故か競争を始めてしまい、すっかりヒートアップしていた。富士見(あっついのに雛ちゃん……なんであんな楽しそうに爆走してるんだろう……)...

  • 「双月シリーズ」イラスト ~ ランニャ(野川真実さんより)

    野川真実(@MsTarepanda)さんよりイラストをいただきました。いつもありがとうございます!徒然考察メンバーのランニャ。すらっとスレンダーなおデコ狼娘。考察回では基本的に疑問をぶつける役回り。こないだ彼女の顔アイコンを作りましたが、今のところ実況動画での出演予定は無し。エリザ共々、いつか使いたいものです。...

  • 旅岡さんの誕生日 / い、意外とガチの意見ね

    6/27は旅岡紅子さんのブログ初登場日、そして誕生日。と言うわけで毎年恒例のポーズ。今年のスイーツはチョコミントスムージー。スイーツ店店長の黄さん「紅ちゃん、紅ちゃん。コレ今年の限定メニュー。どーね?」旅岡さん「チョコミント味やからスッキリ感は出とるし、アーモンドミルクがベースやからしつこくならへんし味もええねんけど、量が少な目やね。客側のコスパ悪いと『わーおいしー』で終わってリピート付かへんで。夏は...

  • 2022年7月携帯待受

      2022年7月の携帯待受。アウディのR8。久しぶりにかなりガーリーな柄に仕上がってしまいました。クルマ自体はこれでもかってくらい硬派なものなのに……。もしアウディに怒られたら、色味を変えて差し替えます。次回もグラデーションの組み合わせについて、twitterにてアンケートを行う予定です。ブログトップページ、もしくはこちらから、私、黄輪のTLに飛ぶことができます。よろしければご参加下さい。Calender picture applica...

  • 顔アイコン;ランニャ

    半年以上間が空きましたが、久しぶりにうちのキャラの顔アイコンを制作。今回はランニャ。 「また難しそうな話題だぁ……」「まあ、そうなるよな」「えーと……それってどゆことさ?」...

  • 双月世界地図;緑綺星(第2部)

    「緑綺星」第2部の地図。ペルシェ共和国の隠密特殊作戦部隊「ミューズ近衛騎士団」の一員となったエヴァは、下級騎士団員としての初仕事として白猫党領内、東の国境近隣を周回する任務に就きます。その詳細、そして真実は本編をお読みいただくこととして、各国の領地についての補足。「白猫夢」から1世紀半近く経過する間に、経済破綻やなどで崩壊した国が近隣の大国に併合されたり、大国の中で内輪もめして分裂したりと、央北の勢...

  • えーやん♡

    うちのブログの考察メンバー、小鈴・シュウ・エリザの3人で、中華レストランにてランチタイム。小鈴「って真っ昼間っからガッツリお酒飲んでるし」エリザ「えーやん♡」小鈴「ってかアンタ、ご飯食べないの?」シュウ「アルコールだけ胃に入れるのは体に悪いですよー」エリザ「そんなん気にせーへんもーん♪ 煙草も吸うとるし」シュウ「自由ですねー」...

  • キャラ紹介;第2部

    「緑綺星」第2部のキャラ紹介。騎士団の遺志を継ぐ者、エヴァと、シュウの先輩。名前エヴァンジェリン・アドラー / Evangeline Adler性別・種族・生年身体的特徴女性 / 狼獣人 / 697年髪:黒 瞳:青 耳・尻尾:黒、先端に白長身、やや筋肉質 色黒職業「ラスト・ダークナイト」ガチのお嬢様で文武両道で孤高のワンマンアーミーって、腹立つくらい設定盛り込みすぎじゃないですか?でも性格も良いコなんですよねー。悪いトコどこ...

  • 2022年6月携帯待受

      2022年6月の携帯待受。アウディのA8。以前にどこかで言ったかも知れませんが、アウディの車輌名に付いている数字は、クルマ自体の大きさに比例して大きい数字が付けられています。同じAシリーズでも、現行A1は全長*全幅*全高が4040*1740*1435(mm)なのに対し、このA8は5190*1945*14700(mm)と、かなり大柄なクルマになっています。次回紹介予定のR8も、もしコンパクトスポーツモデルが発売されたとしたら、名前はR1になるんでし...

  • 業務連絡;「緑綺星」目次とあらすじを追加しました(第2部)

    下記ページにて、「緑綺星」第2部の目次とあらすじを追加しました。http://auring.web.fc2.com/au-novel.html(目次)http://auring.web.fc2.com/ro-outline2.html(第2部あらすじ)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -困った。第3部の展開がほとんど思いつかない。現時点で決まってることは第3部主人公の名前と特徴くらいです。……ともかく他の予定をある程度片付けてしまってから、じっくり取り掛かろうと思います。...

  • 緑綺星 目次(第2部;ラスト・ダークナイト編)

    絵師さん募集中!黄輪雑貨本店 総合目次 (あらすじもこちらにあります)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -「緑綺星」地図(作成中……)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -「双月暦」の暦双月世界の魔力・魔術観について双月世界の種族と遺伝(2019年版)双月世界の戸籍- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1話目から読みたい方はこちら緑綺星・狼嬢譚1 2 3 4緑綺星・闇騎譚1 2 3 4 5 6緑綺星・嘘義譚1 2 3 4 5 ...

  • 緑綺星・宿命譚 9

    シュウの話、第77話。広がる闇。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -9. シュウたちがリビングに入った途端、一行テロップが表示されていたテレビ画面は、金火狐総帥シラクゾ・ゴールドマンのバストアップに切り替わった。《本日報告された飛翔体によるテロ攻撃に関し、公安局に犯行声明が送られました。現在公安局にて大々的な捜査が進められている犯罪組織『ネオクラウン』からのものと思われます》「なんやて!?」 先...

  • 緑綺星・宿命譚 8

    シュウの話、第76話。シュウ・メイスンのターニングポイント。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -8.「まあ、その、なんだ。またお達しがあったわけだが」「奇遇ですねー。わたしにもありましたよー」 セーフエリアにて、シュウとカニートがまた、二人きりで話し合っていた。「わたしの方から先にお話した方がいいですかー?」「……だろうな」「じゃ、まずコレを」 そう前置きし、シュウは自分のスマホに送られてきた文面...

  • 緑綺星・宿命譚 7

    シュウの話、第75話。ラスト・ダークナイト;その宿命のために。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -7.「トッドレールか?」「です。……もしもーし」 電話に出た途端、あのキンキンとしたアルトの声がコクピット内に響き渡った。《もしもーしじゃねえよ、お前さんよぉ? なんだって白猫党のヘリなんざ奪ってやがんだ? 特区じゃ大騒ぎだぜ、『キジトラ猫獣人と真っ黒な狼獣人の二人がアジト襲った』っつって、血眼で探し...

  • 緑綺星・宿命譚 6

    シュウの話、第74話。ミッション・インコンプリート。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. その時だった。《……さん! エヴァさん! 聞こえ……すか!?》 まだ耳に付けたままだった通信機から、とぎれとぎれにラモンの声が聞こえてきた。《急い……陰に隠……て! 航……支援し……す!》「……!」 エヴァは小銃を捨て、ばっと身を翻す。《おいおい、まだやる気なの?》 一方、エヴァとラモンのやり取りに気付いていないらし...

  • 緑綺星・宿命譚 5

    シュウの話、第73話。次世代型戦闘兵器・SD714。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. 一瞬前までエヴァが立っていた場所に無数の弾痕が刻まれ、その背後にあった執務机は木っ端微塵に破壊される。(回転連射砲にグレネード砲2門――一瞬でも気を抜けば、私もあの机同様に細切れにされる!) エヴァはSD714の集中砲火から逃げるため、側面に回り込もうとする。だがSD714は頭部をぐるんと動かし、エヴァを追尾す...

  • 緑綺星・宿命譚 4

    シュウの話、第72話。クーデターの真実。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. 人形から唐突な真実を告げられ、エヴァは面食らっていた。「死んでいる!? 3年前にだと!?」《ああ。アドラー家から逃げ出した後、彼は我々のところに身を寄せて……いや、これも率直に言おう。我々が身柄を拘束したんだ》「白猫党か?」 エヴァのこの質問に、人形はようやく驚いた様子を見せた。《へえ? 偽装したつもりだったけど、よ...

  • 緑綺星・宿命譚 3

    シュウの話、第71話。嘘と偽装と。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. エヴァが大統領官邸に到着した時点で、既に太陽は西へ傾き、夕暮れが迫りつつあった。(今朝方、電撃的に襲撃したのだから、相手はおしなべて疲労しているだろう。注意力も落ち込んでいるはずだ。薄暮時の今なら私の行動を捕捉し、即応することは難しいだろう) 物陰から敵の様子を確認したところ、エヴァの予想通り、誰も彼も憔悴した表情でぼん...

  • 緑綺星・宿命譚 2

    シュウの話、第70話。祖父の後悔。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. アドラー屋敷も相当攻撃を受けたらしく、既に半壊していた。(流れ弾が当たったと言う感じじゃない。間違いなく攻撃目標にされた感じだ。……いや、相手のトップがリベロなんだ。ここを襲わないわけが無い) 崩れ落ちた箇所から中へ入り、用心深く廊下を進む。(騎士団本部を最初に襲い、そして陥落させたとして、祖父が簡単に投降するとは思えない...

  • 緑綺星・宿命譚 1

    シュウの話、第69話。自分自身へのミッション。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 3年前、エヴァの兄リベロ・アドラーも家の期待を背負い、騎士団試験に臨んでいた。しかし――周囲にとっても、そして恐らくはリベロ本人にとっても――極めて残念なことに、リベロはその期待に応えられるだけの資質・能力を持ち合わせていなかった。結果としてリベロは試験に落第し、その翌日から屋敷の地下に軟禁された。「一族の面汚し...

  • 緑綺星・奇襲譚 8

    シュウの話、第68話。奇妙な符合。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -8. 合流したラモンに、エヴァは駐車場のヘリを指し示す。「あれは操縦できるか?」「は?」 目を丸くするも、ラモンはこくりとうなずいた。「まあ、できなくはないですが」「あれならリモード共和国まで1時間くらいで行ける。いますぐ調達できる移動手段としては、あれ以上は無いだろう」エヴァの言葉に、ラモンの猫耳がびくんと跳ねる。「リモード...

  • 緑綺星・奇襲譚 7

    シュウの話、第67話。拠点制圧。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -7. ラモンに案内され、エヴァは工場跡らしき建物の裏手に到着した。「連中はこの中で生活してます。半月に1回くらいでトラックも来るんで、結構忙しくしてるみたいですよ」「忙しく、か」 建物の窓から中をうかがおうとしたが、廃屋に似合わない真新しい軍用コンテナに視界が阻まれる。「確かに何かの拠点らしいな」「たまーに盗みに入ろうとする奴が...

  • 緑綺星・奇襲譚 6

    シュウの話、第66話。無法地帯の儲け話。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6.「どうしたんですか、こんなところで? ……あ、そんなに警戒しないでいいです」 ラモンはそう続け、腰のテーザー銃――結局あの晩に鹵獲した後、ずっと携行していた――に手を伸ばしたエヴァに落ち着くよう促す。「アルトさんならもうこの街にいません」「そうなのか?」「なんか結構大きい仕事頼まれたらしいです。書き置きだけ残ってました」「…...

  • 緑綺星・奇襲譚 5

    シュウの話、第65話。罪と報復。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5.「エクスプローラ社の役員から直々に、お前にお達しがあった」 正午少し前、シュウは苦い顔をしたカニートに呼び出され、二人きりで話していた。「『弊社のインターン生がビデオクラウドにて政治的主張を主旨とする動画を配信していたとの情報をつかみ、我々役員会で当該動画を視聴した結果、前述のインターン生、シュウ・メイスンと思しき名前が公表...

  • 緑綺星・奇襲譚 4

    シュウの話、第64話。臨時ニュース。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. セーフエリア強襲と、そしてエヴァの訴えが配信されたその翌日、午前8時少し前――。「ふあ~ぁ……全然伸びてないね、再生数。37回だって」「……そうか」 意を決して執った行動が功を奏しておらず、エヴァはがっかりしていた。「だが一応の牽制にはなっただろう。この動画が世に出回った今、奴らが襲ってきたら、わたしの主張を認めたも同然に……...

  • 緑綺星・奇襲譚 3

    シュウの話、第63話。メイスンリポート#1;エヴァンジェリン・アドラー嬢の告発!- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3.「積極的な? ……どーゆーコト?」 きょとんとするシュウに、エヴァはこう返した。「襲う理由は一つしか無い。私に共和国の内情を語られてはまずいからだ。なら、先んじて公表してしまえばいい。その後で襲ってきたところで、もう手遅れだからな」「つまり今すぐ報道しろってことか。確かに効果はある...

  • 緑綺星・奇襲譚 2

    シュウの話、第62話。偶然の撮影記録。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. セーフエリア内を周り、他の敵を探している間に、どうやらトラス側の態勢も整ってきたらしく、廊下の電気が一斉に点く。「止まれ!」 兵士たちが4人一組で現れ、エヴァに声をかける。「怪しい者じゃない。本日、ここに護送されたエヴァンジェリン・アドラーだ」 素直にテーザー銃を床に捨て、両手と尻尾を挙げたエヴァに、兵士たちはほっと...

  • 緑綺星・奇襲譚 1

    シュウの話、第61話。真夜中の襲撃。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 眠っていたはずなのにすっかりくたびれ切ってしまい、エヴァはもそもそとベッドから這い出した。(なんて悪夢だ……) ブラインドが下りた窓に目をやるが、一筋の光も差していない。(9時前に寝てしまったが、……どれくらい寝られただろう? 3時か、4時か……) そう思って部屋の中にあったデジタル時計を見ると、3時どころか、まだ日をまたい...

  • 架空ロゴ;「ジェントル・パッド」

    昨日に引き続き、架空ロゴブランド。フォーマル系ブランド、「ジェントル・パッド」。ちなみに左の狐マーク、昔はパイプをくわえていたそうですが、動物愛護団体からの批判を避けるためネクタイ姿に変更したところ、「こっちの方がカッコかわいい」と評判が上がったとか。...

  • 架空ロゴ;「シェベル・ザ・ドール」

    久々に架空ブランドロゴを制作。ゴシック系ブランド、「シェベル・ザ・ドール」。旅岡さんたちの世界における虎海お嬢様のお気に入りブランド。ちなみにロゴ上部のマークですが、これは目と眉ではなくインパラの耳と角。しかし大抵の人には悪魔的な顔にしか見えず、それがかえってブランドの妖しげなイメージに結びついているとか。...

  • 緑綺星・友逅譚 6

    シュウの話、第60話。煩悶と悪夢。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. 食事と入浴を済ませたところで、エヴァは強烈な眠気に襲われていた。(まさか……食事に何か盛られた? ……なわけないか)「どしたの?」 様子を眺めていたシュウに尋ねられ、エヴァは素直に答えた。「疲れて眠い。そろそろ休みたい」「もう? だってまだ9時前、……ってそっか、ついさっきまでハードな生活してたんだもんね。ベッドどうしよっかな...

  • 緑綺星・友逅譚 5

    シュウの話、第59話。トラス王国産官学事情。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. オーノ博士が部屋を出たところで、エヴァは二人に尋ねてみた。「今の……オーノ博士、だったか。こっちの人間じゃないよな?」「そーですね。央南の方です」「どうしてわざわざ央南から人を呼んだんだ? 地質学者ならこっちにだって一杯いるだろう?」 エヴァがそう尋ねたところで、カニートの方が答えた。「央南の焔紅王国ってところに...

  • 緑綺星・友逅譚 4

    シュウの話、第58話。シュウの成長。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. と、部屋のドアがノックされ、全身泥だらけの、眼鏡の短耳が中に入って来た。「ごめんなさい、すっかり遅くなっちゃ、……って?」 エヴァと目が合い、短耳は目を丸くする。「あの、その人は? 警護の人……じゃないですよね」「ええ。あ、紹介しますねー」 シュウが立ち上がり、まずはエヴァの方を示す。「こちらはエヴァンジェリン・アドラーさ...

  • 緑綺星・友逅譚 3

    シュウの話、第57話。央北政治の闇。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. 頑丈な装甲車で20分ほど運ばれた後、エヴァはシュウたちが拠点にしているセーフエリアに到着した。(高さ3メートルを超えるコンクリート製防壁がエリア全体を囲み、出入口のゲートも、厚さ30ミリはあるだろう鋼鉄製。その前後に、アサルトライフルで武装した王国軍の兵士が数名。流石にここは守りが堅いか。もし突破でもされれば、王国の威...

  • 緑綺星・友逅譚 2

    シュウの話、第56話。友との再会。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. ほとんど無意識に、エヴァはスマホに上ずった声をぶつけていた。《もしもーし? エヴァ、今だいじょ……》「シュウ! 君か!?」《ほぇ? う、うん、わたしがシュウだけど?》 シュウの戸惑った声に構わず、エヴァはまくし立てる。「そのっ、あのさっ、今、私はその、……ああそうだ、君、確かトラス王国に住んでたんだよな? 無理かも、いや、き...

  • 緑綺星・友逅譚 1

    シュウの話、第55話。「人」のいない街。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. アルトたちと別れた後、エヴァはずっと廃ビルの中に潜んでいた。街へ繰り出せばアルトに鉢合わせする危険があったし――彼の性格と口ぶりからすれば、何ら状況の変化が無いままここで再会したとしても、約束通りに「金を払え」と要求してくることは明らかである――何より、長年自分を縛っていた環境から解放された反動が、自分で思っていたより...

  • 緑綺星・嘘義譚 7

    シュウの話、第54話。夜は明けても、なお薄暗く。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -7. バスは国境を越えて2時間ほど後、テントや土塊を積み上げた小屋が連なる集落の手前で停車した。「ほれ、着いたぜ。これでバスの旅はおしまいだ。おっと、慌てなさんなよおチビさん方。慌てず騒がず一人ずつ、ゆっくりだ。ゆーっくり降りるんだぜ」 アルトに促され、奥から子供たちがぞろぞろとバスを降りていく。「なあ、ミリアン...

  • 緑綺星・嘘義譚 6

    シュウの話、第53話。難民特区。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. アルトの言った通り、バスは危険に瀕することも、立ち往生することもなく、無事に白猫党領とトラス王国間の国境に到着した。「国境警備はどうなってる?」 尋ねたエヴァに、アルトは肩をすくめて返す。「白猫軍の現在の主戦場はもっと北だ。トラス側は事実上、『特区』に関しては放置してる。どっちも国境にゃ構ってらんねえのさ」「じゃあ、無防備...

  • 緑綺星・嘘義譚 5

    シュウの話、第52話。夢も希望も無いお話。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. エヴァを乗せて動き出したバスは、東へ向かっていた。「どこに向かうんだ?」「きょうび、白猫党領の難民が陸路で向かうとこっつったら、2つしかねえよ。西の天帝教直轄領マーソルか、東の『特区』ニューフィールドだ」「リモード共和国じゃないんだな」「当たり前だろ。近付いただけで撃たれるようなとこへなんざ、行っても無意味だぜ」...

  • 緑綺星・嘘義譚 4

    シュウの話、第51話。軽蔑と訣別。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. エヴァは顔をぐしぐしとこすって涙をこそぎ取り、Rに怒鳴る。「もう御免だ。これ以上、国の悪事に加担するわけには行かない! 私は抜けさせてもらうぞ、R!」「抜けてどうする?」 Rはまだ顔を青くしてはいたが、どうやら回復してきたらしく、声には張りが戻ってきていた。「君は国家機密を知ってしまった身だ。その上で離隊したとなれば、騎...

  • 緑綺星・嘘義譚 3

    シュウの話、第50話。騎士団の真実。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3.「おめでたい? おめでたいだとッ!?」 涙声で怒鳴ったエヴァに、老人は嘲った笑みを向ける。「そうだろうがよ。今の今まで、自分がやってきたことが分かんなかったってんだからよ」「知らされていなかったんだ。私たちはあれが敵だと言われて……」「そりゃあウソだな」 老人はヒッヒッと薄気味悪く笑い、エヴァたちが乗ってきたトラックをあご...

  • 緑綺星・嘘義譚 2

    シュウの話、第49話。暗中のCQC。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2.「なっ……」 エヴァの目測ではトラックとの距離は10メートル近く離れていたはずだったが、老人はその10メートルを、瞬き程度の一瞬で詰めてきた。それでもエヴァは懸命に指を動かし、小銃を撃つ。だが――。「遅え、遅え。眠っちまうくらい遅いぜ」 老人は事も無げに小銃のバースト連射をかわし、エヴァの小銃をつかむ。「うっ!?」 反射的にエヴ...

  • 緑綺星・嘘義譚 1

    シュウの話、第48話。激動の裏で。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 双月暦716年を迎えた途端に、世界情勢は目まぐるしく動き始めた。双月節が終わってまもなく金火狐第22代総帥が死去したとの訃報が流れたその半月後には、南の白猫党が大規模攻勢を仕掛け、北部前線を壊滅させたとの情報が央北を席巻。さらにその半年後には南側が北側首都を陥落させたと喧伝され、1世紀以上続いた白猫党の南北戦争に終結の兆...

  • 2022年5月携帯待受

      2022年5月の携帯待受。BMWのZ4。なんだかんだで今のところ、Z4はE86型、E89型と、全世代ドット絵制覇しています。十数年来推しているシビックでさえ、現時点で半分程度。Z4には妙な因縁があります。次回もグラデーションの組み合わせについて、twitterにてアンケートを行う予定です。ブログトップページ、もしくはこちらから、私、黄輪のTLに飛ぶことができます。よろしければご参加下さい。Calender picture application by H...

  • 緑綺星・闇騎譚 6

    シュウの話、第47話。「任務」とは。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. ひとたび現れた疑念はエヴァの心の中で、日を増すごとに大きくなっていった。「どうしたんだ? いつもに増して仏頂面してるが」 11度目の出撃に向かう車内で、いつものようにトラックのハンドルを握っていたRから声をかけられて、エヴァはその心中を吐露した。「疑問があるんだ。私たちが今就いているこの任務は、本当に任務なんだろうかと...

  • 緑綺星・闇騎譚 5

    シュウの話、第46話。電話と疑念。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5. 入団から1年が、そして初陣から半年が経過し、エヴァはこの頃既に、寮と騎士団本営からの外出を許可されていたが、彼女はほとんど外出せず、寮の中で黙々と装備の手入れと鍛錬を続けていた。(もう外界に興味なんか無い) ナイフを研ぎ、小銃を分解整備し、戦闘服のほつれを直しながら、彼女はひたすら心の中で、同じ言葉を繰り返していた。(私...

  • 緑綺星・闇騎譚 4

    シュウの話、第45話。エヴァの初陣。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. 国境を越えて20分ほどしたところで、Rがやはり淡々とした声色で全員に声をかけた。「10時方向、不審車輌を発見。大きさからしてマイクロバスだ。ツキノワ社のエンブレムを確認」「……!」 それを聞いて、エヴァたち3人の顔色が変わる。「そう……」 Cが何かを言いかけたが、すぐにコホンと咳払いし、言い換える。「……そう、ですか」 様子...

  • 緑綺星・闇騎譚 3

    シュウの話、第44話。静寂の戦場。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. エヴァたち新入団員は2チーム、3名ずつに分けられ、それぞれにリーダーとして先輩団員が付けられた。ちなみにエヴァたちのリーダーは、やはりと言うべきか――。「R、まさか君は私を狙っているわけではないよな?」 尋ねたエヴァに、Rは軍用トラックのハンドルを握りつつ、いつものように肩をすくめて返した。「チームメンバーの選出はくじ引き...

  • 緑綺星・闇騎譚 2

    シュウの話、第43話。Make a KNIGHT。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. 入団してまもなく、エヴァは寮での生活を義務付けられ、外界との接触を一切禁止された。それに加え、エヴァが物心付いた時から伸ばしていた黒髪はばっさり落とされ、すっかり丸刈りにされた。「まるで監獄ですわね」 寮長を務める先輩団員に――彼は先日の真最終試験で、エヴァに合格を言い渡した青年である――皮肉交じりの感想を述べたところ、彼...

  • 緑綺星・闇騎譚 1

    シュウの話、第42話。最終入団試験。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. 双月暦715年2月、エヴァはアドラー騎士団に入団するべく、試験に臨んでいた。 軍人一家で代々士官・将軍を輩出する名家といえど、それだけでやすやすと通されるほど試験は甘くなく、彼女も規定通りに一次試験から参加していた。とは言え元より英才、文武両道のご令嬢として、外国の雑誌にも取り上げられるほどの実力の持ち主である。一次試...

  • 緑綺星・狼嬢譚 4

    シュウの話、第41話。微笑ましさの裏に。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4. リモード共和国での取材を終え、故郷に帰ってからも、シュウとエヴァの友情は続いていた。シュウ「今度の夏季インターンは 別の国に取材に行く予定だよ」エヴァ「また来てくれると思ったけど 残念だな」シュウ「行きたいんだけどね」シュウ「あ でもインターン終わって秋期始まるまでちょっとあるから」シュウ「2日か3日くらいなら行け...

  • 緑綺星・狼嬢譚 3

    シュウの話、第40話。おともだち。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3. 夕方になり、シュウは持って来た服と市街地で買ったアクセサリでできる限りのおめかしをして、エヴァとの夕食に臨んだ。(ちょっと早く来ちゃったかな。……コレでいいよね? うん、かわいいし、多分ドレスコードも満たしてるはず) レストランの入口のガラスで、失礼のない服装であるかを何度も確認する。と――。「すまない。待たせたな、シュウ」...

  • 緑綺星・狼嬢譚 2

    シュウの話、第39話。不思議の国。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2.「ソレじゃ、あの、コレで取材終わりで、はい」 初めてのインタビューを終えたシュウは、カチコチとした仕草でスマホをしまった。と、彼女を取材に連れてきた出版社の先輩、カニートがシュウの腕を小突く。「シュウちゃん、言ったろ? はじまりとおわりに必要なことは?」「……あっ、挨拶! ごめんなさい! ありがとうございました!」 慌ててシ...

  • 緑綺星・狼嬢譚 1

    シュウの話、第38話。はじめてのおしごと。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1. え? わたしのお話ですか? いやー、えーと、ソレはちょっと。取材中ですし……あ、そうですね、止めればいいんですよね。……コレで止まったかな。コホン、わたしの名前はシュウ・メイスンで、……ってコレ、最初に言ってましたね。ごめんなさい、まだ慣れてなくって、……ああそうそう、続きですね。今は大学生なんですけど、夏休みにインター...

  • まだ冬物しまわへんでよかったやろ?

    先週まで寒くて震えていたかと思えば急に暖かくなり、それが3日、4日と続くともう冬物の出番は無さそうかな、と安心し、コートをクリーニングに出したりセーターを押し入れの奥にしまい込んだりとひと頑張りし、新しい季節の到来を心待ちにしていたら、今日はなんだか妙に寒い。とても耐えられなくなり、慌ててしまい込んだセーターを引っ張り出す。季節のはざまは、いつも用意と片付けの見極めが難しい。先週、紙袋いっぱいに冬物...

  • 双月千年世界 徒然考察;『ファンタジー? その3』

    シュウ「現在黄輪さんは追い込みにかかってます」エリザ「なんや? ゲームの話か?」シュウ「違くて……。いや、違くもないんですけど。今ですね、『緑綺星』第2部を書きながら『はじまるA列車で行こう』のシナリオ書きながらその制作動画作りながら『マザー2』の実況動画作ってる状況です」エリザ「ながら作業しすぎや。ホンマに一つに絞れへん人やね」シュウ「でも何とか今月中に『琥珀暁』は完成しそうって言ってました。コレは...

  • 2022年4月携帯待受

      2022年4月の携帯待受。BMWの320i(日本での通称、3シリーズ)。BMWはドイツ車メーカーの中でも群を抜く個性派。FRレイアウト以外の車輌は一つとして無く、フロントグリルもヘッドライトも、他のメーカーには見られない特徴ばかり。名前も、例えば日本であればトヨタは「カローラ」や「クラウン」、ホンダなら「フィット」や「オデッセイ」など、固有名詞的な名前が付いていますが、BMWにはそんなものが一切なし。「523d」とか...

  • 双月千年世界 徒然考察;『ファンタジー? その2』

    小鈴「アンタ撮影順調なの?」シュウ「最近ペース上がってきてますよー。『上手いこと行けば来月にも公開できるんじゃないか』ですって」ランニャ「ほんとかな~それ」小鈴「いつものコトよね」シュウ「そー言えばコスズさんも撮影、順調ですかー?」小鈴「ソレ、アンタが聞く?」シュウ「あの動画もあの動画もなかなか進みが遅いですからねー。……だからこそ今回、こーして1年ぶりに考察やるぞーってなったワケなんですけどね」ラ...

  • 3DCG習作;富士見さん

    またまたVroidstudioによる3DCGモデルを製作しました。狐っ娘の富士見さん。 そろそろBlenderでセット組んで、みんなが集合するシーンを撮りたいなぁ……。...

  • 宣伝;「DW」シリーズが紙媒体で買えるようになりました

    以前に「DW」シリーズをKindleで発売したことをお伝えしましたが、この度、紙媒体でもお求めいただけるようになりました。と言うわけで校正刷りが自宅に届きました。ちゃんと本になってることに感動。ただし紙版だと価格が若干上がり、1,100円になります。(これでも原価ギリギリです……)とは言え電子書籍版と違って、やっぱり「本を読んでいる」と言う実感があります。よろしければこちらも是非、お買い求め下さい。販売ページは...

  • 2022年3月携帯待受

      2022年3月の携帯待受。メルセデス・ベンツの'17年式AMG GT R。「GT-R」の名を冠するクルマ。他にも日産やBMWなどからも販売されていますが、この「GT」とは「Gran Turismo」あるいは「Grand Touring」の略。どちらも日本語での直訳は「長期の旅行」。詳しい由来はここでは省きますが、おおむね「(長期の旅行に耐えうる)高品質車」の意味で使われます。そして「R」は「Racing(レーシング)」、即ち競技車輌。この名を冠する...

  • アンタ猫かぶりやなー / 「今日の旅岡さん」イラスト ~ 旅岡さん(野川真実さんより)

    あっさりねこ車掌を腕に抱き込んだ旅岡さん。「あたしに抱えられた途端にゴロゴロ言いよるなー。アンタ猫かぶりやなー」「なぅ~♪」- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -やたら自分は旅岡さんにしかめっ面させてるような気がしたため、過去のイラストを探ってみたところ、これまでに描いた23件中、笑顔のものはなんと3件だけ。笑ってないなぁ、この娘。たまにはにっこりさせてやらないと、なんか申し訳ない。と言うわけで前回...

  • 3DCG習作;大江さん

    しばらくぶりにVroidstudioによる3DCGモデルを製作しました。今回は長耳娘の大江さん。 旅岡さんたちの学校の制服もCG・イラスト共に、ちょっとずつアップデートしていってます。以前のものと比べると、ラインや校章が追加されています。...

  • 猫の扱い下手やなぁ

    今回も「阪神電鉄 甲子園駅」でひと仕事終え、旅岡さんのいる学校に戻ってきたねこ車掌。いつもの寝床である高等部の中庭で丸くなっていたところ、突然ひょいと抱き上げられてしまった。「あら、簡単に捕まえられましたわね」お騒がせお嬢様、虎海さんである。しかし、……と言うかやはりと言うか、お嬢様はいささかガサツであられるため、ぬいぐるみを狙うUFOキャッチャーのごとく、ねこ車掌をかなりぞんざいにつかんでしまった。...

  • 2022年2月携帯待受

      2022年2月の携帯待受。メルセデス・ベンツの'20年式GLA。数年前、マリオカート8とのコラボで使われたことのある初代GLAシリーズ。そのCMを見た時、マリオの絵柄で描かれたGLAを見て、「いつか機会があったら自分も描いてみたいなぁ」と思っていたんですが、なんやかんやで年月が経ってしまい、気付けば初代GLAも販売終了。モデルチェンジしていました。しかし「クルマのドット絵 ドイツツアー2022」を開始した今、これをいい...

  • 覚書;2022年1月現在のPC構成

    PC構成に変更があったので、記録がてら記事にします。パーツメーカー製品名CPUAMDRyzen 7 3700XメモリG.SKILLF4-3200C16D-32GTZRX for AMD *2(XMP読込済)マザーボードASUSPRIME X570-P/CSMグラフィックボードASUSASUS ROG-STRIX-RX6600XT-O8G-GAMINGSSDWDCWDS500G2G0BC電源ThermaltakeTOUGHPOWER iRGB PLUS 850W PLATINUM筐体ThermaltakeCore P3 TG Curved水冷ブロックBykskiA-RYZEN-TECH-V2-X冷却液近くのホームセンターで買っ...

  • 2022 あけましておめでとうございます

    新年、あけましておめでとうございます。本年もよろしく、お願いいたします。例年通り、謹賀のご挨拶としてドット絵イラストを掲載します。なお、今回は年末の予定があまりにも立て込んでいたため、実は完成したのが日の出の直前(07:08 京都)。そら虎も慌てて駅から飛び出すってもんです。間に合って良かった。今回もどこの駅をモチーフにしたか、クイズとします。答えが分かった方はコメントにて回答をお願いします。...

  • クルマのドット絵 その87

    今年描いたクルマのドット絵の紹介、最終回。・いすゞ ピアッツァ(1981)・ホンダ シティ ターボII(1983)・マツダ ユーノス ロードスター(1989)僕の考察スタイルとして、「現在の話」は極力しないようにしています。何故なら開示された、あるいは明らかになった情報が少なく、正しい結論が導き出し切れないから。足の一部しか見えていないのに「間違いない、これは馬だ!」と断言しておいて、全体像が明らかになった時にそれ...

  • おねえはイチゴ乗っけただけやんか

    せっかく今日はイベントがあるので、便乗してみました。クリスマスカラーの二人。旅岡さんがプロ顔負けの料理スキルを持っていることはご周知の通り。そのためクリスマスなどの、美味しいご飯が山ほど出ることが確定しているイベントは、彼女の友人たちはひときわ心待ちにしているのである。大江「……言葉を失うって、マジでこれだわ」富士見「ほんっっっとそれ」猫藤「ぶちうめぇ」下手なレストランよりはるかにクオリティの高いク...

  • クルマのドット絵 その86

    今年描いたクルマのドット絵の紹介、その3。・日産 フェアレディZ(1983)・ホンダ クイント インテグラ(1985)・日産 シルビア(1988)かつての人気車種が別車種と統合されたり、コンセプトが時代にそぐわなくなったりで、その系譜が絶たれてしまうと言った話は枚挙に暇がありませんが、何かの折にふっと蘇り、再び現行車種となることもまた、昨今ではよくある話。GT-Rと人気を二分する日産の人気車種、フェアレディZも、ほんの...

  • 2022年12月携帯待受

      2022年1月の携帯待受。メルセデス・ベンツの'18年式Aシリーズ。かつて「クルマのドット絵・ヨーロッパツアー」と銘打ち、数年に渡って欧州車のドット絵を大量に制作しましたが、最初のイタリア編を始めたのが2011年、そして最後のイギリス編を終わらせたのが2018年のこと。改めて振り返ってみると、かなり昔になっちゃいました。話は逸れますが、人間がいわゆる「おっさん」「おばさん」になっていく、即ち「老けていく」のは...

  • クルマのドット絵 その85

    今年描いたクルマのドット絵の紹介、その2。・マツダ サバンナ RX-7(1985)・トヨタ スープラ(1986)・日産 スカイラインGT-R(1989)現代のクルマはワンボックスやハッチバックがすっかり主流となり、街ゆくクルマはどれもこれもころころと丸っこいものばかり。巨大メーカーでさえセダンの製造・販売を終了すると報じる時代ですが、'80年代はスポーツセダンの全盛期でした。ハイパワーエンジンを長いノーズに収め、FRのキビキビ...

  • クルマのドット絵 その84

    年末恒例、今年描いたクルマのドット絵の紹介。・トヨタ スプリンタートレノ(1983)・ホンダ CR-X(1989)・ホンダ シビック(1989)'80年代、最も人気だった軽量スポーツハッチ3種。コンパクト化が進み、FFレイアウトが主流になっていたハッチバックの中で、なお硬派なFR路線にあったトレノ(とレビン)。当時の1.6Lエンジン最強の出力を誇るB16Aエンジンを搭載したシビックとCR-X。'80年代ハッチバックとの代名詞とも言えるクル...

  • 2021年12月携帯待受

      2021年12月の携帯待受。日産の'89年式スカイラインGT-R。今年の待受のテーマは「'80年代国産スポーツカー」。そのトリを務めるクルマとなれば、もうこれ以外にはないでしょう。前回の記事にてロードスターを、「新しい時代の到来を告げたクルマ」、「平成を拓いたクルマ」と評しましたが、このスカイラインはその真逆のクルマ。「古い時代の終焉を告げたクルマ」、「昭和を終わらせたクルマ」と言えます。と言うのも、日本のモ...

  • 3DCG習作;猫藤さん

    前回に引き続き、Vroidstudio正式版を色々いじってみました。今回バージョンから僕にはとっても嬉しい機能、「ネコミミ」が追加できるようになり、嬉々としてモデリングしています。そんなわけで今回はうちの猫耳キャラ、猫藤さん。 「今日の旅岡さん」シリーズは日常的、現実にかなり近い世界観なので、普段着でのモデリングが考えやすい。とはいえ最近は考察メンバーも近代的服装でいることが多いので、そのうち彼女たちも制作...

  • 3DCG習作;旅岡さん

    突然のあつ森フライング大型アップデートで翻弄されている間に、Vroidstudioの正式リリースが行われていたようで、こちらも早速ダウンロードしてみました。やれることが倍くらい多くなってる……! と言うわけでいつものように、旅岡さんをモデリングしてみました。こう言う時、この娘は便利。見た目にも設定にもクセが無いため、習作に最適。本人には不服な役どころかも知れませんが、主人公とは往々にしてそんなものです。...

  • イラスト;エリザ(琥珀暁、8回目) / なんや分からんけどアメちゃんあげるで~

    時節柄のイベントに参加したくて、ハロウィンイラストを制作。うちの魔女枠筆頭のエリザに着せてみました。「魔女が魔女のコスプレですかー。なんかシュールですねー」「なんでもシュールって言っとけばまとまると思ってない、アンタ?」町が何となく賑わっていることを察し、周りに尋ねたところ、どうやら「はろうぃんぱーてぃ」と言うお祭りの準備中らしいことが分かり、お祭りごと大好きのエリザは即応した。「なんや知らんけど...

  • 2021年11月携帯待受

      2021年11月の携帯待受。マツダの'89年式ユーノスロードスター。平成初期のクルマの代表格と言えば、このロードスターでしょう。長い昭和が終わり、平成に入ったこの年に出たこのクルマは、「新しい時代が来た」と言うことを具体的に見せてくれたアイテムと言えます。その平成も30年で区切りが付き、令和を迎えたわけですが、その令和時代の今、「ああ、新しい時代が来たんだな」と思わせてくれるような一台とは、果たして何で...

  • 13周年記念イラスト / じゃあ遠慮はいらないわね

    ブログ開設13周年イラスト、完成しました。記念イラストと言うことで、うちの色んな世界のキャラを詰め込んでみました。最近ほぼ週1で動画に出演している小鈴。そして旅岡さんと円さんと、あとねこ車掌。……DWはなかなかクロスオーバーが難しいので割愛。以下、いつものSS。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -...

  • 背景素材;電車の車内

    去る10月6日は当ブログ「黄輪雑貨本店 新館」の開設13周年記念日でした。と言うわけでいつもより気合を入れてイラスト制作に臨んだんですが――。頑張りすぎました。近所の電車を参考に制作していたんですが、気付けばがっつり描き込みまくってしまいました。もうキャラまで描き込む気力がありません……(´・ω・)とは言えこれだけで更新するのも個人的には心苦しいので、この時点で完成したこの「電車の車内」を、フリーの背景素材...

  • 顔アイコン;シュウ

    左目の調子も問題なく回復してきているので、そろそろイラストも頑張ろうかと思います。と言うわけで、小鈴とエリザに続いてシュウのアイコンも制作。 「こんにちは、シュウ・メイスンですー」「色々質問させて下さいよー」「ひぅー」...

  • 待受打ち直し(ホンダ・シビックタイプR)

    twitterを眺めていると「#本田技研工業創立記念日」のタグを発見。乗れそうなタグには乗るのが僕の主義なので、取り急ぎ手持ちのドット絵を上げようとしたんですが、その中のシビックの出来が、なんか気に入らない。考えればこれを描いたのが9年前。それだけ経ってると、当時の自分の技術がいかに拙いものであったかが良く分かると言うもの。少なくとも2021年の黄輪の作品として、これを出すわけには行かない。……と思い立って慌て...

  • キャラ紹介;第1部

    「緑綺星」第1部が終了したので、キャラ紹介。今作の傍観者系主人公シュウと、「スチール・フォックス」ことジャンニくん。名前シュウ・メイスン / Shiu Mason性別・種族・生年身体的特徴女性 / 猫獣人 / 696年髪:桃、瞳:金、耳・尻尾:黒地、先端に白小柄、貧乳職業フリーライター / インフルエンサーわたしがわたしのコトお話するのって、結構困っちゃいますよねー。だってわたし、そんなに特徴とか特技とかないですし。あ、で...

  • 2021年10月携帯待受

      2021年10月の携帯待受。ホンダの'85年式クイントインテグラ。待受の制作にあたって、背景の加工や車体を塗るためにグラデーションも制作しているんですが、その中にひとつ、「ホンダ車を塗るためだけ」に制作したものがあります。8月分のシビック、そして今回のインテグラに使用したこの白色。我ながらかなりいい色が出せたと思ってます。次回もグラデーションの組み合わせについて、twitterにてアンケートを行う予定です。ブ...

  • 業務連絡;「緑綺星」目次とあらすじを追加しました(第1部)

    下記ページにて、「緑綺星」第1部の目次とあらすじを追加しました。http://auring.web.fc2.com/au-novel.html(目次)http://auring.web.fc2.com/ro-outline1.html(第1部あらすじ)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -どうにか「琥珀暁」も今年中に開始することができました。目のことが無くても、制作にかなり苦戦していたので、一体いつ出来上がるやらと我ながら危惧していましたが、ともかく一段落してホッとしています。...

  • 緑綺星 目次(第1部;「スチール・フォックス」編)

    絵師さん募集中!黄輪雑貨本店 総合目次 (あらすじもこちらにあります)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -「緑綺星」地図(作成中……)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -「双月暦」の暦双月世界の魔力・魔術観について双月世界の種族と遺伝(2019年版)双月世界の戸籍- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1話目から読みたい方はこちら緑綺星・猫報譚1 2 3 4 5 6緑綺星・鋼狐譚1 2 3 4 5 6 7緑綺星・密薬譚1 2 ...

  • 緑綺星・白闇譚 7

    シュウの話、第37話。スチール・フォックス;その正義のために。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -7.「で、これからどないしよ?」 早めの夕食を終えたところで、ジャンニがそんな質問を投げかけた。「オレの意見は一つだ」 一聖が答える。「オレにケンカ売ったヤツは、ただじゃ済まさねー。今回の件の裏にいるヤツが白猫党であれ、他の誰であれ、ソイツにはきっちり仕返ししてやらねえと気が済まねー」「お前ソレで昔...

  • 緑綺星・白闇譚 6

    シュウの話、第36話。これまでか、これからか。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -6. 鈴林が作ってくれた鱒とキノコのリゾットを食べている間に、テレビでは市国のニュースが報じられていた。《……本日午後2時半頃、市国にミサイルと思われる飛翔体が多数飛来・着弾し、市街地では大規模な被害が発生した模様です。市国入出国管理局からは『市国の安全が大きく脅かされたこと、そして数多くの人命が失われたことに、遺憾...

  • 緑綺星・白闇譚 5

    シュウの話、第35話。双子よりもっとちかしい姉妹。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -5.「よお、天狐。元気してたか?」「あぁん?」 対面するなり、その金毛九尾の狐獣人は口をへの字に曲げた。「誰かと思ったら一聖かよ。この80年音沙汰ナシかと思ったら、いきなりだな」「ま、色々あってな」「単刀直入に聞くけどよ」 天狐はタブレット状の金属板を、一聖に向ける。「ココ最近、お前『目録』に色々書き込んでただ...

  • 緑綺星・白闇譚 4

    シュウの話、第34話。報復。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -4.「おっ?」 店主が店に備え付けていたテレビを見上げ、驚いた声を上げる。「爆発騒ぎだってさ。ガスか何かかな」「……!」 シュウとジャンニは同時に振り返り、テレビ画面を確認した。「……シュウさん」「みたい、ですよ」 画面にはジャンニのアジトが――いや、正確にはアジト「だった」ものが映されていた。「燃えとる……」「……出ないです、カズちゃん」 ...

  • 緑綺星・白闇譚 3

    シュウの話、第33話。白くて深い闇の向こうから。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -3.「6世紀後半にですねー、白猫党って言う政治結社が侵略と戦争を繰り返して、央北の西半分を手に入れたんです。ソレだけに留まらず、央中とか央南とかにも攻め込んだりして、一時期は世界の3分の1を手中に収めるくらいに勢力を拡大したんです。だけどなんか途中から内輪もめしちゃって、党は南北に分裂したんですよ。 で、再統一し...

  • 緑綺星・白闇譚 2

    シュウの話、第32話。「ネオクラウン」とは。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2. シュウに2杯目を注いでもらいながら、アルトは話を続ける。「そんで、お二人さんよ。スチール・フォックスの宣伝動画でこう言ってたな? 『ネオクラウンが自分の最大の敵だ』『ネオクラウンを倒すことが最大の目的だ』って」「まあ、うん」「そう言う趣旨の内容ですねー」 そう答えた二人の顔を、アルトはニヤニヤ笑いながら眺めてい...

  • 緑綺星・白闇譚 1

    シュウの話、第31話。老いた「パスポーター」。- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1.「ジャンニくん……!?」 シュウもジャンニの背後に誰かが佇んでいることに気付いたらしく、血相を変える。だが、その人物――数日前スチール・フォックスを素手で叩きのめしたあの老兎「パスポーター」は、ニヤッと笑って拳を離した。「最初に言っとくが、お前さんを今ここでどうこうしようってつもりはねえよ。俺にお前さんの始末を依頼...

  • 「DETECTIVE WESTERN」イラスト ~ トリスタン・アルジャン(矢端想さんより)

    前回のエミルに引き続き、「妄想の荒野」の矢端想(@yabat2)さんから快気祝いのイラストをいただきました。西部劇小説「DETECTIVE WESTERN」の名悪役、「猛火牛(レイジング・ブル)」トリスタン・アルジャンです。いやぁ……こちらも想像通りのいかつい猛牛顔だ。平和な街の常識や倫理が、一切通用しなさそうな目をしている。僕の作品群の中でもトップ10に入るヴィランです。普通に双月世界に迷い込んでも無双しかねない怪人。なん...

  • 「DETECTIVE WESTERN」イラスト ~ エミル・ミヌー(矢端想さんより)

    「誕生日祝い兼手術の応援にイラストほしい(´・ω・)」と言うリクエストにもう一人、「妄想の荒野」の矢端想(@yabat2)さんからお応えいただきました。昨年完結した西部劇小説「DETECTIVE WESTERN」の主人公、エミル・ミヌー嬢。可愛くて美しい、素敵なイラストです。ありがとうございました!そろそろ次回作書かなきゃな……。アイデアはあるにはあるんですが、なーんか手を付ける気にならないと言うか。「緑綺星」もそうでしたが...

ブログリーダー」を活用して、黄輪さんをフォローしませんか?

ハンドル名
黄輪さん
ブログタイトル
黄輪雑貨本店 新館
フォロー
黄輪雑貨本店 新館

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用