江戸郷前嶋村、ニテ(いで湯版)
読者になる
住所
中央区
出身
ハンドル名
chirokko0708さん
ブログタイトル
江戸郷前嶋村、ニテ(いで湯版)
ブログURL
http://chirokkomaru.blog21.fc2.com/
ブログ紹介文
温泉旅館の宿泊レポート記事をメインに掲載しています。最近は一人旅も増えました。
自由文
-
参加カテゴリ

旅行ブログ / 国内一人旅

温泉・温泉街 / 旅行グルメ

更新頻度(1年)

128回 / 309日(平均2.9回/週)

ブログ村参加:2008/05/04

※ランキングに参加するとカテゴリ順位・ポイントが表示されます。

今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数

chirokko0708さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、chirokko0708さんの読者になりませんか?

ハンドル名
chirokko0708さん
ブログタイトル
江戸郷前嶋村、ニテ(いで湯版)
更新頻度
128回 / 309日(平均2.9回/週)
読者になる
江戸郷前嶋村、ニテ(いで湯版)
  • 旅庭 群来 客室(リビング)

    本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です旅庭 群来の口コミはこちらでは客室のレポを始めようかと。群来さんは全7室と小規模宿ですが、お部屋はそれぞれかなり広くてゆったりめ。ワタシが宿泊した「夕照」は和洋室でしたが他の客室はどうなのかな?イマイチ公式サイトからは全貌が見えないというフシギっぷり。それではお邪魔します、まずはリビングへ。フローリングのリビングには座卓とソファが。パブリックスペース同様...

  • 旅庭 群来 訪問

    本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です旅庭 群来の口コミはこちら道南ひとり旅の1泊目の宿は江差の「旅庭 群来」さん。ワタシの中では「北海道と言えば群来さん」な程に憧れの宿でした。何に憧れるって、(色々なサイトを見た感じ)とにかく渋カッコイイ!侘び寂びすら感じさせる佇まい、しかも全7室という小宿ぶり、おまけに全室源泉かけ流しの内湯付。いつか必ず…!と心に決めていたのでした。最寄の駅はなくて(江差線...

  • 鴎島と江差の海

    鴎(かもめ)島は、江差に港ができる前は北前船の停泊所だったそうですよ。鰊も来て、北前船も来て、そりゃもう大盛況だったんでしょうね。鴎島の上はこんな感じでなだらかな緑で覆われてます。お天気が良いから緑も海もキレイだ。島の端っこの方はこんな感じになってて荒々しい雰囲気。下の千畳敷みたいなところには降りられますが、今回はパス。上がって来るのが大変そうだし。灯台が見えるのであちらへ行ってみる事に。真っ白な...

  • 江差と開陽丸

    「江差の五月は江戸にもない」初秋の道南ひとり旅は江差から。位置的には、函館の裏側。函館は津軽海峡に面してますが、江差は日本海側。なので同じ道南とは言え、函館からそれなりに距離はあります。以前は江差線っていう電車があったらしいんですが、今は廃線になってしまったそうな。なので公共の乗り物で江差へ行くには、バスしかない。函館駅発で新函館北斗駅(新幹線の駅)を経由して江差へ。ワタシは新函館北斗駅から乗って...

  • 今後の予定、と今年の〆に向けて

    あらやだ、もう10月ですよ(;・∀・)2019年も、殆ど何もしないうちに、遊んでるだけで10月になってしまいました。今年は旅は控えめで。。と思ってたんだけどな、2月頃までは。その後すっかり忘れてしまい、今頃思い出しました。もう手遅れなので、今年は「ははは、よく遊んじゃったな( ;∀;)」という1年でいいや、もう。来年こそは控えめに。それでは、今後の予定を決まっているものから。まずは更新から。次回からは9月の函館ひとり...

  • 藻岩山 札幌

    日高&札幌ひとり旅、最後の夜は雲丹を堪能し、そのままホテルに戻るには早い時間だったので『藻岩山』へ行夜景を見に行く事に。札幌駅前からのアクセスは結構面倒ですね(;^ω^) 市電に乗れる駅(すすきのか西4丁目が便利)へ行って、市電でロープウェイ入口駅まで行き、そこからシャトルバスに乗る。そうするとやっと藻岩山の麓に行けます。そこから更にロープウェイに乗り中腹まで行き、そこから更にケーブルカーに乗るという。...

  • うに むらかみ 札幌店

    日高&札幌ひとり旅、最終日のディナーは、楽しみにしていた、雲丹!この日泊まったのは『クロスホテル札幌』さんという駅近くのホテルで、もちろんホテルのレストランでも夕食を食べられるのだけど、やっぱり評判のお店に行っておきたい!北海道と言えば海鮮、ちょうど出発前にブロ友さんの記事で函館の雲丹が有名なお店のレポを拝見し、とっても食べたくなったのです。しかも調べたら、そのお店は札幌店もある模様。これは是非食...

  • 厨翠山 朝食&感想

    本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です厨翠山の口コミはこちら前夜食べ過ぎたので例のごとく朝は食べられないかと思ったけど、食後のルミナリエと朝のお風呂が効いたのか、結構お腹が空いてました(^^)/ やっぱり朝風呂っていいですね、身体(内臓)が動くのが分かる。夕食と同じ、食事処「厨」でいただきます。ごはんのお供がキレイに並んでます。北海道らしく松前漬けなんかもあって、でも面白かったのはカマンベールチ...

  • JOZANKEI NATURE LUMINARIE 定山渓温泉

    宿レポの途中ですが、時系列に合わせて厨翠山さんでの夕食後のおでかけレポを。定山渓温泉の宿に泊まった理由の一つがこのイベント。プロジェクションマッピングでは間違いないNAKEDが手がけたイベントです。以前もNAKEDが手がけた他のイベントに行った事があって、とっても綺麗だったのでね、こちらもとっても楽しみにしていました。因みに、東京駅のプロジェクションマッピングを手掛けたのもNAKED。宿で夕食を食べた後、徒歩で...

  • 厨翠山 夕食

    本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です厨翠山の口コミはこちら「食」がコンセプトの宿の夕食。。それはもう期待に胸が膨らむというもの(実際は膨らまないので気持ち的に)です(*'▽') ラウンジでのお菓子タイムを控えめにしたのもこの夕食のため…!さぁ食べよう、たくさん食べよう!食事処「厨」。オープンキッチンを囲むカウンターで、料理人さん達の仕上げや盛付を見ながらいただくスタイル。。ってどこかで体験したよ...

  • 厨翠山 大浴場

    本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です厨翠山の口コミはこちら大浴場の利用時間は夜は深夜2時まで。朝は男女の入替があって、5時~10時30分までになります。深夜&早朝も入れるのは嬉しい(^^♪ しかも入替があるのでどっちのお風呂も楽しめるしね。檜露天がついたお風呂と、石露天がついたお風呂があって、どちらも源泉100%との事ですが、源泉かけ流しとは違うようですね。お風呂の入口もなんか渋カッコイイ。。到着した...

  • 厨翠山 客室

    本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です厨翠山の口コミはこちら厨翠山さんは全14室。特別室や展望風呂付客室もありますが、今回はコスパ重視の通常和室に宿泊しました。お風呂に行ったり、ラウンジに入り浸ってる時間が長いので、コスパ的にはこのお部屋で大正解でしたが、贅沢な滞在を希望される方にはお風呂付きのお部屋も良いかと。お部屋のお風呂も温泉だしね。客室前の廊下。案内されたのは105号室。シンプルだけど素...

  • 厨翠山 訪問

    本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です厨翠山の口コミはこちら日高&札幌ひとり旅、2泊目の宿は札幌郊外の定山渓温泉にある湯宿『厨翠山』さんでした。北海道で手広く宿を経営している第一寶亭留グループの宿で、定山渓には他に3つの同グループ宿があるんですよ。定山渓温泉ってわりと大規模な宿が多いのですが、厨翠山さんは全14室。小規模宿なうえに、宿のコンセプトが「食」という。。もうここに泊まるしかない!と、ほ...

  • 北海道開拓の村 続

    ※前回の記事からの続きです。『旧島歌郵便局』。谷垣がアシリパさんの叔父さんから電報を受け取った郵便局ですね。フチが死装束を作ってる云々。『旧山本理髪店』。茨戸の理髪店。ホントそのまんま!内部はこんな感じになってて、そうそう、尾形がこんな感じで外の土方さんと目が合ってましたね。『旧広瀬写真館』。皆で写真を撮ったとこですね。ノスタルジックな雰囲気でステキな建物。2Fはスタジオになってます。騙された谷垣が...

  • 北海道開拓の村

    今回の旅の一番の目的地だったのがこちら、北海道開拓の村。明治から昭和初期に建てられた北海道各地の建物を移築復元・再現した野外博物館です。元々古民家というか古い建物が大好きで、札幌の時計台も大好物(あれ、日本初の2X4工法で建てられたのですよ)。それにね、開拓の村には漫画『ゴールデンカムイ』に出てくる建物のモデルになった建物が沢山あるのです(・∀・)なので、このレポは漫画及びアニメ『ゴールデンカムイ』を知...

  • ナチュラルリゾート・ハイジア 朝食&感想

    本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です日高オーベルジュ ナチュラルリゾート・ハイジアの口コミはこちら朝食もレストランでいただきます。昨夜沢山食べたのですが、野菜が多かったからかわりとお腹が空いてた(;^ω^)レストランからの眺め。お天気が良くて気持ちが良い朝です(*'▽')サラダとドレッシングはオレンジの。バターとコンフィチュールはハスカップとトマト、自家製のはちみつ。敷地内で養蜂までしているそうですよ...

  • ナチュラルリゾート・ハイジア 夕食

    本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です日高オーベルジュ ナチュラルリゾート・ハイジアの口コミはこちら札幌から新ひだか町までやってきたのは、こちらで夕食をいただくため!それ程楽しみにしていたのですよ。日高昆布など地元の食材にこだわった『ヌーベル日高キュイジーヌ』、何て魅惑的な響き(*´▽`*)時間になったのでレストランへ向かいます。飲み物はグラスの赤(1,500円)をいただきました。これ、地下トンネルで...

  • ナチュラルリゾート・ハイジア 貸切スパ

    本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です日高オーベルジュ ナチュラルリゾート・ハイジアの口コミはこちらハイジアさんには大浴場はなくて、貸切で使えるスパがあります。うん、貸切風呂です。ザンネンながら、湯宿ではないので温泉ではありませんが、大きなお風呂に入れるのは嬉しい。貸切スパの建物は離れにあります。通常だと予約制で1時間利用できますが、この日は何と言っても宿におひとり様状態なもんで、支配人の方...

  • ナチュラルリゾート・ハイジア 客室

    本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です日高オーベルジュ ナチュラルリゾート・ハイジアの口コミはこちらハイジアさんの客室は全7室。全てメゾネットで、和洋室と洋室タイプがあります。ワタシが泊ったのは洋室タイプ。こっちの方が狭い分ちょっと安いのです。それでもかなりな料金だけど。。かなりの小宿なのに、当日のゲストはワタシ1人という。。ワタシは平日に旅に出るからか、ゲストおひとり様率が結構高いのだよね。...

  • ナチュラルリゾート・ハイジア 訪問

    本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です日高オーベルジュ ナチュラルリゾート・ハイジアの口コミはこちら7月の日高&札幌ひとり旅の1泊目は日高へ。新ひだか町にある『ナチュラルリゾート・ハイジア』というオーベルジュがずっと気になっていたのです。ご飯が美味しそうでさぁ(*´▽`*) ちょっとお高めなので躊躇してたのですが、1万円分のクーポンが出たのでね、せっかくなので行ってみる事に。最寄りはJR日高本線の静内...

  • 札幌農学校第2農場

    7月の夏旅は、日高&札幌ひとり旅に行って来ました。いいですねぇ、北海道。気温は高くても湿度は低いし、めっちゃ美味しいものを沢山食べて、それは楽しい時間を過ごせました。美味しいって、幸せですねぇ(*´▽`*)少しずつレポを進めて行こうかと。札幌に到着したのは午前10時過ぎ。お昼過ぎに新ひだか町へ行くバスに乗るので、その前にひと観光する事に。ずっと行ってみたかった「札幌農学校第2農場」へ向かいます。札幌農学校第...

  • 今後の予定、と、新たなジャンルへと

    6月の群馬ひとり旅のレポを終えたので、今後の予定など。まずは更新の方から。次回からは7月の日高&札幌ひとり旅の宿レポ&旅レポを。宿レポは日高地方のオーベルジュと札幌(定山渓)の湯宿、どちらも旨過ぎな夕食が印象的。旅レポはわりと充実、の予定。定山渓のイルミネーションとか札幌の夜景とか、ヲタ気味な趣味に走った観光とか。そうそう、絶品雲丹ディナーレポも予定してます。続いて旅の予定ですが。9月は函館方面へひ...

  • 西の河原公園 草津

    綿の湯さんのすぐ近くに『西の河原公園』という観光スポットがあります。宿のお部屋の窓からも見えたんですが、ここのライトアップがなかなか面白そうなので、夕食後の散策に立ち寄ってみました。まずは明るい時間帯の様子から。ここら辺から公園です。と、言うのも、特にゲートとかないんですよね、もちろん公園内は無料で散策できますよ。公園内はこんな感じで、ゴロゴロと転がる石の間を、湯の川が流れてます。全部温泉で、この...

  • 綿の湯 朝食&感想

    本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です草津ホテル別館 綿の湯の口コミはこちら朝食は夕食と同じ食事処でいただきますよ。因みに席も同じ。朝食はこれだけでなくて、跡から卵焼きも持って来てもらえます(*'▽')卵焼き、出汁がきいてて滅茶苦茶うまい(*´▽`*) しかも何だか形がキレイ。ちょこちょこっと色々なおかずが出されますね。こちらの煮物も朝食にピッタリな優しい味付け。白米の炊き加減も程良かったです。朝食はこ...

  • 綿の湯 夕食

    本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です草津ホテル別館 綿の湯の口コミはこちら綿の湯さんでは夕朝食共にレストランでいただきます。チェックインの時に渡された館内案内に夕食のメニューが載せられているので、だいたいどんな感じなのか想像がつくので安心かも。レストランはこんな感じ。これは翌朝撮影したのですが、カウンター席とテーブル席があります。おひとり様は気楽にカウンター席で(^^♪席に着く時にある程度のお...

  • 綿の湯 客室

    本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です草津ホテル別館 綿の湯の口コミはこちら綿の湯さんは全12室。客室は本棟と西棟に分かれていて、おひとり様だと西棟のプランになる模様。ワタシはどっちでも良かったので西棟でも全然OKですが、エレベーターがないのでね、気になる方は本棟に泊まった方が良さそうです。案内されたのは西棟4Fの客室、最上階で2部屋が隣り合ってる造りです。ワタシのお部屋は向かって右側の『若竹』で...

  • 綿の湯 訪問&大浴場

    本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です草津ホテル別館 綿の湯の口コミはこちら6月の群馬ひとり旅、2泊目は草津にある『綿の湯』さん。ずっと気になっていた全12室の小宿です。何が気になっていたって、大浴場のお湯が源泉かけ流し、なのはもちろん2種類の源泉を楽しめると聞いてね。草津のお湯はどちらかというとあまり得意ではない酸性泉なのですが、「わたの湯」と呼ばれるお湯はとても柔らかな湯ざわりと聞いていたの...

  • 湯畑 草津

    草津の散策レポの続きです(^^♪草津と言えば湯畑。ワタシはずっと「ゆばた」だと思ってましたが、「ゆばたけ」が正しいそうで。この年になっても知らない事ってたくさんあるのね。。せっかく草津へ来たのだから、その湯畑を見に行く事に。高台から見た湯畑。周囲をぐるっと歩いて巡る事ができます。いかにもすごそうなお湯の色。。もっと硫黄のにおいが強いのかと思ったらさほどでもなかった。ここが源泉になるのかな。毎分4000リッ...

  • TEA ROOM ゆきうさぎ 草津

    花いちさんをチェックアウト後、草津方面へまずは吾妻線で移動。草津へは、長野原草津口という駅で降りて、そこからバスで温泉街へ向かいます。バスの本数はそこそこ。おそらく特急草津が駅に停車するタイミングでバスに乗れるようになってるのかと思いますが、ワタシはローカル線だったもんで結構待ちました。草津に着いて、先に荷物を預かっていただこうと宿へ向かうと、チェックインの1時間以上も前だったのにすぐにお部屋に案...

  • 干川旅館 花いち(2019.06) 朝食&感想

    翌朝は早起きし、部屋風呂にたっぷりと浸かってから身支度を整えて朝食会場へ向かいます。『いわかがみ』は東向きなのか、朝の日当たりが滅茶苦茶良いのでゆっくり寝ていたい人には向かないかもですね。ワタシは早起きできてありがたいですが。朝食会場は本館1F。前回は個室でしたが、今回は広間のような部屋にテーブル席です。ワタシはあんまりこだわりがないのでどっちでもOK。お隣との間には衝立があるし、席も離れ気味なのでそ...

カテゴリー一覧
商用