searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

あきーらさんのプロフィール

住所
城東区
出身
大阪府

25年間エンジニアとして勤めた後、40代で脱サラし、フリーランス翻訳者として出発。10年超えました。フェーズ1(子らの就労)を終え、フェーズ2(遠距離介護&東西2拠点生活)に。決意、発見、希望、感動、思い出、ため息、愚痴、弱音、etc. 心に浮かぶ雑感をとりとめもなく

ブログタイトル
技術者から翻訳者へのシルクロード
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/tiger_85_03/
ブログ紹介文
サラリーマン技術者からフリーランス翻訳者への長旅の過去・現在・未来を綴っています。
更新頻度(1年)

258回 / 365日(平均4.9回/週)

ブログ村参加:2008/05/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、あきーらさんの読者になりませんか?

ハンドル名
あきーらさん
ブログタイトル
技術者から翻訳者へのシルクロード
更新頻度
258回 / 365日(平均4.9回/週)
読者になる
技術者から翻訳者へのシルクロード

あきーらさんの新着記事

1件〜30件

  • 語句の意味を再学習中(その11)

    (近所の水田エリア 2020年6月16日撮影)正確に理解できていない OR 間違って覚えていた OR わかっているつもりだが他人に説明できそうもない OR 翻訳で使いこなせそうにないような言葉を見つけるたびに調べては、#再学習 というハッシュタグを付けてツイートしている。

  • 日本通訳翻訳フォーラム2020のセミナー聴講中(その2 8月9日分)

    (水戸市千波湖岸の桜。開花早々)8月は日本通訳翻訳フォーラム2020(JITF2020)のセミナーが日々放映されており、できるだけ長時間聴講するようにしている。パソコンの前で画面に映し出された資料や講演者を見ながら聴くのが理想だが、常にそういうわけにもいかず、外

  • 日本通訳翻訳フォーラム2020のセミナー聴講中(その1 8月8日分)

    8月は日本通訳翻訳フォーラム2020(JITF2020)のセミナーが日々放映されており、できるだけ長時間聴講するようにしている。パソコンの前で画面に映し出された資料や講演者を見ながら聴くのが理想だが、常にそういうわけにもいかず、聴いているだけのことも多いので、聴き終

  • Zoomを使ってウェビナーを聴講(初体験)

    8月は、オンライン開催される日本通訳翻訳フォーラム2020(#JITF2020)に参加を申し込んでおり、毎日配信される講演(ウェビナー)を聴くことになる。講演内容と講演者はこちらに詳しく紹介されている。実は、Zoomは今回が初使用。事前に別のウェビナーに参加して要領

  • 証券口座投資実績(2020年7月末)

    (リーマンショック後の日経平均とNYダウの比較)証券口座投資実績をチェックしてみた。2年前に一度、長期投資計画の前半の予定投資額を入金してそのままなので、現在の同口座総額と最初の入金額を比べるだけでゲイン/ロスが算定できる。見かけのゲインは、9%/年。米国

  • 「三密」は英語で"the three Cs"

    世界保健機関(World Health Organization, WHO)が「三密」の概念をポスターにしたという(上の写真)。イラストが使われており、とてもわかりやすい。COVID-19が拡がりやすいので避けるべき環境として3種類の概念を直感的にわかるよう表示している。これらの英語表現は

  • 日本通訳翻訳フォーラム2020の申込み、今夕で〆切り

    既に申し込んであった日本通訳翻訳フォーラム2020の特設サイトを閲覧。29日の19時が申込み期限だ。まだ間に合いますね。会議内容の確認と申込みはこちらへ → 日本通訳翻訳フォーラム20201カ月にわたってほぼ連日講演が配信される。参加申込者に配信されるメールによ

  • 混乱の極み、GoToキャンペーンが強引に始まった

    (大阪南部から北部を眺める 2008年12月 Google Earthで作成)Go To トラベル?トラブル?キャンペーン。正式開始日の前の週に「内容を見直す」という発表があったので、内容をどう見直すかはともかくとして、とりあえず開始日を延期すると思ったのだが、どうやらそれは

  • twitterでパーソナルトレーナーを確保

    フリーランス翻訳者はほぼ一日中パソコンに向かっていることが多い仕事。それに伴う弊害も多く、特に繁忙期はウォーキングに外出することもままならず、身体が固まってしまいがち。しかし、見方を変えると、誰も見ていない空間で好きなことができる環境にいるので、スト

  • 2020年6月にアクセス数が多かった記事

    (小池知事が使った横文字ことば twitterからダウンロード)Livedoorブログの標準機能であるアクセス解析のアウトプットより転載。30位まで表示されるが、ある月の特徴を見るには15位ぐらいが適当かと。「龍馬伝」の人気ぶりには少々驚かされる。twitterの翻訳者・通

  • 社宅跡地で建設工事が進む(2020年7月18日)

    2020年7月18日、かつて住んでいた社宅跡地で建設工事が進んでいく状況を横目に散策してきた。土曜日の午後。前回見たときから2週間。重機の数と運び込まれたコンクリートブロック等がますます増えている。最近雨の日が多いからだろうか、たくさんの人が働き、重機も動いて

  • JTF日本語標準スタイルガイドを入手

    日本翻訳連盟(JTF)の翻訳品質委員会が提供している『JTF日本語標準スタイルガイド(翻訳用)』を入手した(誰もが無償で入手できる)。最新版は、第3版(2019年8月20日)。38ページのpdfファイル。もちろん検索可能。目次から本文記載ページに飛ぶリンクが細かくセットさ

  • 故山岡洋一氏が遺された翻訳訳語辞典を使う手段

    (2017年10月に翻訳者が集まったBBQにて 於 万博記念公園)故山岡洋一氏が遺された翻訳訳語辞典、訳出に苦労する単語の出力から受ける刺激強し。今まで考えたこともなかったような訳し方を見つけることも多い。語義は知っているんだが、実際の文脈の中で「ああ、そういう

  • 久々の血液検査

    (コロナの影響で半年ぶりの受検となった。近くの道路工事、それほど進んでいなかった。これもコロナの影響か?)健康診断のたびに、中性脂肪、悪玉コレステロール、尿酸値、クレアチニンなどがグレーゾーンをさまよってきたため、一昨年の秋から腎臓内科医に相談し、採血

  • 「感応」ということ(赤木雅子さんの行動に思う)

    森友学園への国有地売却(約8億円の値引きが行われ、その理由が定かでない)に絡む公文書改ざん問題で、文書の改ざんを強いられたとする手記を残して命を絶った財務省近畿財務局職員赤木俊夫さん(当時54)の妻・雅子さん(49)が国と当時の同省理財局長(佐川宣寿氏)に損害

  • 元特捜検事ら38人も検察庁法改正に反対する意見書を提出

    政府の判断で検察幹部の定年延長を可能にする検察庁法改正案について、東京地検特捜部勤務経験がある「元特捜検事有志」(検察OBらの有志38人)が2020年5月18日、法改正の再考を求める意見書を法務省に提出した。熊崎勝彦、井内顕策、大鶴基成氏ら歴代特捜部長らも名を連

  • 経過観察良好(術後5カ月目)

    (入院していた病院の談話スペースから見えた湖と山並み。夕方の風景も下にアップしておく)2月に受けた手術の経過観察。結果は良好。術部の周りの組織がかちかちに固まってくるような状況がまずいらしい。外観も触感も良好であり、問題無しとの診断を受けた。次回は9月

  • 定額サービスの利用状況

    (最寄りの図書館。先日立ち寄ったら、ゆっくり座れる場所がなかった。本棚の間を歩き回りながら約1時間過ごした。眠ったり休憩したりするだけの来館者を防ぐにはイイかもしれないが(笑)、ここまで往復40分を歩いてくる身にはちょっと辛い)利用中の定額サービス(最近

  • 新型コロナウイルス感染症に関する西浦博氏と山中伸弥氏の対談

    第84回日本循環器学会学術集会(JCS 2020)の開催を記念した対談。当初、短期間公開される予定だったが、10月末まで公開期間が延長されるとのこと。ざっと聴いてみたところ、両氏がとてもわかりやすく論点を整理して議論を展開してくれているので、西浦氏が中心になって

  • 検察OB有志も検察庁法改正に反対の声を上げた(意見書全文)

    (秋霜烈日_検察官の記章 Webからダウンロード)2020年5月中旬、安倍政権が企図した検察庁法の改正(政権にとって都合の良い動きに関与してきたと言われる「官邸の守護神」とも称される黒川弘務東京高等検事長の定年延長を後付けで合法化するだけでなく、その後も政権側

  • 到着が楽しみ!「AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争」

    (あべのハルカスから見下ろした大阪市街(北東方向 2016年10月撮影)。敗戦直後はおそらく焼け野原だったと思われる。この記事の内容とは無関係)twitterで偶然見つけた書籍。まもなく出版される。関連情報を読み、作成に関わった方の一人(渡邉英徳 東京大学大学院情

  • 平山郁夫シルクロードコレクション展(入手資料)

    茨城県近代美術館にて開催された平山郁夫シルクロードコレクション展(6月下旬で終了)で入手した資料をペーストしておく。平山郁夫氏の描いた絵画とともに、シルクロードの取材に同行した美知子夫人の協力を得て収集した彫刻や工芸品も展示されていた。美知子夫人は、

  • 社宅跡地で建設工事が進む(2020年7月4日)

    2020年7月4日、かつて住んでいた社宅跡地で建設工事が進んでいく状況を横目に散策してきた。土曜日午後。前回見たときから2週間。重機の数と運び込まれたコンクリートブロック等が増えている。本格的工事の前準備が進行中。分譲住宅地のと予想しているが、明確な証拠はま

  • パソコン・スマホ作業後に効くストレッチ3つ

    twitterで勝手に師事しているストレッチトレーナーのなぁさん( @nst_nakata )。簡単に実践できるストレッチをイラストや動画で配信してくれる。その中から、特にパソコン・スマホを長時間使う人に向くストレッチを3つまとめておく。twitterに添付されたイラストをペース

  • 40代から60代にかけての同居人数

    今世紀になってから20年。東オフィスの居住環境を同居人数で振り返ってみた。年齢で言えば、40代後半から60代前半。2001~2002年 5人  夫婦+子ども(高、中、小)2003~2004年 4人  子1が他県で学生生活2005~2006年 5人  子1が復帰  (※2005年10月、脱

  • Kindle積ん読本の読み上げを聴いている

    (とある図書館の書棚。この記事の内容とは無関係)いつかは読んでみたいと思う本や、セール特価情報が目に入った本をKindle版で入手しているのだが、なかなか読む暇がなく、積ん読本が単調増加し続けて早や10年。サンプル版も入れると200冊台と思われる。買った以上は

  • もんじゅ廃止措置安全監視チームの議論が進行中(第29回が開催された)

    2016年12月下旬の政治判断により廃炉が決定された高速増殖原型炉「もんじゅ」。その廃炉プロセスを具体的に進める前の計画段階だが、国がしっかり監督するという枠組になっているため、原子力規制委員会の下にもんじゅ廃止措置安全監視チームが結成され、議論が行われてい

  • 英文校閲の進め方

    (姫路城 2018年12月撮影)英語を母国語とする翻訳者(ネイティブ翻訳者)と組んで英文校閲作業を請け負うことがある。その場合の手順を簡単にまとめる。ステップ1 クライアントから受領した原稿を私が通読し、修正が必要と感じる箇所と疑問に思う箇所をコメント挿入

  • ウォーキング記録(2020年6月までのデータ)

    1日当たりの歩行距離と歩数の関係を示すグラフである。図中に今年の4~6月のデータを大きめの赤印で示した。4→5→6月の順にパフォーマンスが低下している。言い訳をすれば、6月は仕事がたて込んできたために外出機会が顕著に少なかったことが一因。5月末でWalk in her

  • ドイツ、2038年までに石炭火力発電所全廃法案を可決

    (イギリスが下にある西欧の地図 Google Earthで作成 2009年5月)ドイツ 2038年までに石炭火力発電所すべて廃止の法案可決2020年7月4日 10時00分付けでNHKニュースサイトに掲載された記事である。ドイツの議会下院は、すべての石炭火力発電所を2038年までに段階的に

カテゴリー一覧
商用