searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
自由気ままに虎など http://ohkura.at.webry.info/

阪神タイガースのネタを中心に新商品やサービスのネタなどを交えて書いていきます。

楽天ブログ「パイプの部屋」のミラーサイト+αなブログです。 コメント、トラックバック大歓迎。相互リンクも受付中です。

yohkura
フォロー
住所
堺区
出身
堺区
ブログ村参加

2008/05/01

1件〜100件

  • ウィルカーソン、佐々木朗希に投げ勝つ

    佐々木朗希を打つ事が出来るのか、それとも完璧に抑えられてしまうのか。今年の交流戦、注目の一戦と言われていた。結果は佐々木朗希は打つ事が出来なかったが、ウィルカーソンの好投と佐藤輝のホームランで勝つ事が出来た。 160キロ超えのストレートなんてヤマを張ってタイミングを合わせて振るしかない。しかし、そこに140キロ超えのフォークボールがあるのだから、初見で打てるとは思えない。だったら、早く降ろして…

  • また0-1の完封負け

    今季12度目の完封負け。大差で負けたのなら諦めがつくが、0-0で競っていて最終回に1点を取られるのは辛い。 9回表、岩崎がピシャリと抑えてリズムを作り、9回裏2番からの攻撃でサヨナラ勝ち。こういうシナリオを想定していた。しかし、岩崎が踏ん張り切れずに1点を失い、9回裏の攻撃は3者連続三振で試合終了。 打線はこの3連戦で2点しか取れなかった。2点とも大山の打点。佐藤輝に期待していたのだが、3連…

  • 西純打たれる

    西純が5回4失点で降板。ここまで順調に勝っていたが、楽天打線には通用しなかった。打線は5安打に抑えられ、得点は大山のソロの1点だけ。 西純は立ち上がりこそ悪くはなかったが、2周り目に入ってから打ち込まれた。打たれた球種は様々。言い換えると、どんな球を投げても打たれていた。 初対戦なのに一巡して打たれているようではまだまだ。これまでの2勝はラッキーだったと思った方がいい。この敗戦を糧にして、もっ…

  • 大山の攻守に渡る活躍で田中将に勝利

    交流戦最初のカードは甲子園での楽天戦。西と田中将の投手戦になったが、大山のファインプレーとタイムリーで勝利する事が出来た。 西は初回のピンチを切り抜けると、2回はパワーアップして3者連続三振を奪う。3回の2死満塁もあっさり外野フライに打ち取って粘った。 6回、2死1塁の場面では渡邊にレフトポール際へ大きなフライを上げられるが、大山がフェンスに激突して転がりながらもボールを離さず。見事に守り切っ…

  • 伊藤将、復帰戦完封勝利

    PCR検査陽性でファーム落ちしていた伊藤将が、十分な調整期間を経て帰って来た。いきなり完封で今季初勝利。決して遅くはない。これから勝ち星を積み上げていって欲しい。 前回の登板では、打線の援護が1点だけで、完封勝利目前で1点を取られて勝ち星もつかなかった。その後、PCR検査で陽性反応が出るという不運の連続。ファームで再調整して、ようやく1軍のマウンドに帰って来た。 ヒットを8本打たれたものの、…

  • 大阪タイガースでようやく1勝

    伝統の一戦ユニフォームでここまで4試合未勝利。全敗して呪われたユニとか言われるのかと思っていたが、ようやく勝つことが出来た。 オゥ、オゥ、オゥオゥー、大阪タイガース、フレー、フレフレフレー 初回に近本の足を活かして先制すると、2回には長坂がセーフティスクイズを決めて追加点を挙げた。その後は淡白な攻撃で得点出来なかったが、ウィルカーソンがしっかりとリードを守り、勝ちパターンに繋いだ。岩崎が代わり…

  • せっかく追いついたのに

    9回裏ツーアウトから佐藤輝がヒットで出塁すると、大山が起死回生の同点ホームラン。痺れる展開だったのに結局敗戦。 投手陣が2点に抑え、打線が土壇場で粘りを見せたと言うのに、延長12回に先頭バッターをエラーで出してしまい、そこから歯車が狂った。競った試合ではエラーが命取りになる事が往々にしてある。流れを掴みきれなかったうえに、エラーをしているからこうなってしまった。 ベンチの用兵にも疑問が残る。…

  • また小川を打てずに完封負け

    今季11度目の完封負け。前回小川と対戦したときも完封負けだった。小川からヒットを打ったのはガンケルと佐藤輝だけ。投手陣が頑張ったというのになあ。 小川はこれで2勝目。と言うことは、勝ちは阪神からだけ。そんなピッチャーをなぜ打てない。開幕戦ではノックアウトしたというのに。 11度の完封負けの内、6つがヤクルト戦。小川に限らず、他のピッチャーも打てていないと言うこと。相手の失投やミスがあれば勢いに…

  • 西純矢、初ホームランに初完投

    西純が1失点完投勝利。ツーランホームランも打って、二刀流の活躍を見せた。 梅野が脇腹痛で抹消。調子が悪かったのは故障をごまかしながら出場してたからなのかもしれない。坂本と長坂にとっては大きなチャンスなので頑張って欲しい。 8得点のうち、7点までがホームランの得点。それでも、タイムリーが欲しい場面でホームランが出ているので問題はない。 クリーンアップの皆がホームランを打った。初回にはマルテが今…

  • 逃げ切り失敗でサヨナラ負け

    岩崎が1点差を守れず、逆転サヨナラ負け。開幕戦以来の失点なので、まあそういう日もあると思っておこう。 西が6回無失点。その後は渡邊を挟んで勝ちパターンにつないだ。最後の最後で逆転されるとは思わなかった。 西が何故6回までだったのかとか、9回に何故満塁策を取らなかったのかなど、突っ込むところはあるが、2点に抑えた投手陣を責める気にはなれない。 打線がなんとかしないといけない試合だったが、新顔に…

  • 大技小技取り混ぜて連勝

    前日と同じく、打線が爆発して快勝。このDeNA戦から、選手が自分の役割をきちんと果たすようになった。 初回のチャンスを逃したのはがっかりしたが、その後は打線が繋がって2桁安打、8得点で勝利した。 佐藤輝がホームランを2発。下位打線から上位打線への繋がりでも点が取れたり、ホームラン後にチャンスを作って追加点を取ったりと、いい点の取り方が出来ている。アウトになるにしても犠牲フライや進塁打で、最低限…

  • 中野が大暴れ、DeNAに快勝

    2試合連続の雨天中止の間に何があったのか知らないが、初回から打線が繋がって快勝。打線にこれだけのポテンシャルがあるのに、なぜこれまで打てなかったのか。 得点シーンが多いのでそれぞれについての経緯は置いておく。 近本、佐藤輝が3安打。糸井もいいところで2点タイムリー。そして、中野が2本塁打を含む4安打。マルテと大山も犠牲フライで貢献した。 これまで1、2番が打ってもなかなか点に結びつかなかった。…

  • 打線が機能したのは最初だけ

    初回に1点を先制されるものの、すぐに打線が繋がって逆転。今日こそはと期待していたが、その後はまたいつもの打線に逆戻り。 糸井がスタメン出場。ようやく守れるレベルにコンディションが回復した。 マルテが復帰後初ヒットを打ってチャンスを広げ、佐藤輝と糸井のタイムリーで逆転した。マルテと糸井が入ると打線の重みが違う。そう思ったのも束の間、5回の2死2塁でマルテは三振。7回の1死満塁ではマルテと佐藤輝…

  • 無抵抗で10度目の完封負け

    マルテの復帰で打線が活発になるかと思いきや、クリーンアップが全滅で得点出来ず。マルテもすぐに活躍出来るような状態で上がって来た訳では無さそう。 この日のクリーンアップはマルテ、佐藤輝、大山。大山はまだ5番を任せられる状態ではない。前日ホームランを打っただけでクリーンアップに戻すのは時期尚早。マルテも1軍のピッチャーの球に慣れるまで少し時間がかかると思う。案の定、3人ともノーヒット。9回の無死1…

  • 大山、一日一善の同点弾

    終盤に大山のツーランで追いつき、佐藤輝のタイムリーで勝ち越して連敗ストップ。仕掛けがもっと早かったら、西純に勝ち星をつけられたのに。 前日の6番から7番に打順が変わった大山が、7回にツーランホームランを放って同点に追いついた。連日の打点は復調したのか、それとも打順が下がって気が楽になったのか、もう暫く様子を見ないと分からない。この日も2回のチャンスで凡退したのが気になった。ここで打っていれば、…

  • 打順をいじっても何も変わらず

    大山を6番に降格したが、その影響で他の打順も変えざるを得ない。好調だった1、2番コンビを解体したことで、更に得点力がなくなったように思う。          打順を変えてもチャンスの場面で大山に打順が巡って来る。1打席目にタイムリーを放ったが、2打席目は1死1・3塁のチャンスでサードゴロに倒れた。常にチャンスで打つ事ができないのはわかっている。それでも、大山への期待が大きいだけに、今の状態は残念…

  • 青柳、エースの意地で10回完投負け

    青柳と大野の壮絶な投手戦。エース同士の意地の張り合いに負けてしまったが、素晴らしい試合を見せてもらった。この試合は歴史に残る事になるだろう。 8回が終わってスコアは0-0。青柳はここまで2安打無失点。一方の大野は一人のランナーも出していない。 打順は下位打線。糸原、梅野が簡単に打ち取られて青柳の打順。ここもピンチヒッターを出す事なく、青柳がそのまま打席に立って凡退。結局9回パーフェクトを許して…

  • 今季初のサヨナラ勝ち

    最終回、ヤクルトは背水の陣を敷き、佐藤、糸井を敬遠して満塁策をとる。二死満塁でバッターは山本。冷静にボールを見極めて、押し出しサヨナラで3連敗を免れた。 本来なら試合前半にもっと得点が出来た試合。勝てて連敗を止めたのはよかったが、次の試合に繋がりそうな勝利ではない。 2回の1死満塁で梅野が併殺。3回、佐藤輝のタイムリーで1点を取ったあと、1死1・2塁で大山、ロハスが凡退。5回の2死満塁も押し…

  • また2試合連続の完封負け

    6連勝した勢いはどこへやら。この日も打線が繋がらず完封負け。まるで前日の試合のVTRを見ているようだった。 まあ打線が繋がらない。と言うより、繋げようとする気がないのではと思ってしまうような拙攻の連続。ランナーが出たら必ずバントしろとは言わないが、せめて進塁打になるような打球を打てないものか。 とにかく、点を取ろうという意識で戦って貰いたい。ヒットを打とうという気持ちが強すぎるように思う。 …

  • 完封負けで連勝ストップ

    西が好投するも、打線の援護がなく2敗目。チームの連勝も6でストップした。この日はコロナ後初観戦だったのに、ほとんど盛り上がる事もなく、ちゃっちゃと試合が終わってしまった。

  • 西純矢好投、読売に3連勝

    とらほー。今季最長の6連勝より、東京ドームで読売に3連勝したことの方が嬉しい。おまけに西純矢の成長した姿が見れて最高の気持ち。 西純矢が想像以上の好投を見せ、読売打線を7回まで 3安打1失点に抑えた。失点はウォーカーのホームランの1点だけ。5回以降はランナーを一人も出さない、完璧なピッチングだった。球数も少なく、テンポよく相手バッターを打ち取っていった。 読売に勝った事を自信にして、これから大…

  • 相手の自滅で5連勝

    序盤に2点を先制されたが中盤にコツコツと同点に追いついた。7回に相手ピッチャーの制球が定まらず、たった2安打で6得点。その後も追加点を挙げて連勝を延ばした。リリーフ陣の差が出た試合だった。 ウィルカーソンは毎回のようにノーアウトのランナーを出す、苦しいマウンドだった。初回の無死1・2塁は切り抜けたが、2回の無死1・2塁は堪えられず、2点の先制を許してしまった。ただ、調子の悪い中で5回を2失点で…

  • 青柳完投勝利で4連勝

    青柳が124球の熱投で完投勝利。これで青柳は負け無しの3勝目。チームとしてもゴールデンウィークの初日に勝利し、幸先のよいスタート。 ここのところロースコアの接戦を制して勝っている。もちろん投手陣の踏ん張りのお陰なのだが、打線の方もキーマンが大事な場面で打ってくれている事も大きい。連敗が続いていたときは何をやっても上手くいかなかった。ここに来て、ようやく投打が噛み合い始めた。 3回に佐藤輝のツ…

  • 今季初の3連勝

    大野から少ないチャンスを活かして勝った。ちゃんとベンチが動けば、それなりに強い。これで雨中を挟んで3連勝。まずは、これまでの借金の帳消しを目標にがむしゃらに勝って貰いたい。 相手先発は大野。序盤、予想通り大野を攻略出来ないでいた。クリーンアップの3連打で1点を返すと山本のセーフティスクイズで同点に。更に送りバントでランナーを進め、坂本の内野ゴロの間に三走糸井がホームを狙い、間一髪セーフで逆転。…

  • コツコツ得点し、勝ちパターンで逃げ切り

    初回に1点を先制されるものの、相手のエラーで同点。その後は内野ゴロの得点で勝ち越し、ダメ押し。最後は勝ちパターンに繋いで逃げ切った。 これまではチャンスでポップフライだったり、三振だったりで得点できないケースがほとんどだった。この日は糸原の2本の内野ゴロの間に2点を奪った。例えタイムリーが出なくても、こういった泥臭い点の取り方が出来れば、負け続ける事はないと思う。 この日は大山が大事を取ってベ…

  • 打線爆発で今季初の2桁得点

    いつも打たない打線が、これまでの鬱憤を晴らすかのように爆発した。あまり打ち過ぎると、反動が来そうで恐い。毎試合まんべんなく点を入れてくれたらなあ。 初回に佐藤輝のツーランで先制。これだけでファンとしては満足なのだが、攻撃はまだ続き、中野もツーランを放ってリードを広げる。前の試合にどっちかの1本が出ていればよかったのに。 その後も波状的に得点を奪い、結局16安打11得点で大勝。7回には小幡のツー…

  • ワンチャンスを活かせず

    ウィルカーソンが好投するものの、打線が今季6度目の完封を喰らって、負け投手に。ゴメンな、ウィルカーソン。ずっと前からこういうチームやねん。 ウィルカーソンは6回1/3で3安打1失点、無四球、7奪三振。1点は4回先頭の青木にソロホームランを打たれたもの。カウント負けしていたので、甘くなったかな。それ以外は完璧と言ってもいいピッチングだった。去年のガンケルの様な活躍が期待出来そうだ。 7回に1アウ…

  • 青柳が完封勝利

    6回まで2点のリード。しかし、このまま勝てる筈がない。終盤に何か起こるに違いないと構えていたが、意外にもダメを押してそのまま勝利。こうも簡単に勝てていいのかと思ってしまうのが悲しい。 青柳が完封勝利。初回の2死満塁のピンチを切り抜けると、後はスイスイと9回まで投げ切った。 見応えがあったのは6回、先頭の青木にツーベースを打たれるも、クリーンアップを三振、三振、ピッチャーゴロで抑え、安定感抜群の…

  • ブルペン陣が試合を作れず

    ローテの谷間なので、この日はブルペンデー。先発齋藤が3回で3失点、2番手馬場が4失点の体たらく。これだけ点を取られると勝てないのは当たり前。コールドゲームになって、反撃のチャンスも貰えず。 齋藤が3回6安打3失点。馬場は1回2/3で7安打 4失点。 齋藤は打順が2廻り目に入ってすぐに連打を浴びていた。前回の対戦でも打たれていて、何故かDeNAに通用しない。何か癖がバレているのだろうか。 馬場が…

  • またも一平を無援護でサヨナラ完封負け

    勝ち運がないのか、それとも無援護体質なのか、一平が好投しながらも勝ち投手になれず。結局0-0の延長からリリーフが打たれてサヨナラ負け。まるで、前回登板した中日戦のような試合だった。 一平が7回を2安打無失点の素晴らしいピッチングを見せた。7回には、限りなくエラーに近いサード強襲ヒットと大山のフィルダーチョイスで無死1・2塁のピンチを迎えたが、ここをサードゴロ併殺とピッチャーゴロで切り抜けた。 …

  • 序盤の4点リードを守れず

    珍しく序盤から打線が繋がったと思ったら、こう言う日に限って先発が崩れて逆転される。それも、エース西なので余計に残念。 打線が初回に繋がり、糸井の内野安打で先制。続く糸原のタイムリーで3点のリード。2回には佐藤輝の5号ソロで4点目が入った。最近にない打線の奮起だったが、阪神ペースだったのはここまで。 2回裏に西が四球と3連打を浴びて2点を失う。4回には宮崎、大和の連続ツーベースと代打藤田のタイ…

  • 読売戦3タテならず

    この3連戦で3連勝して勢いをつけて欲しかったが、今の打線で3連勝は厳しかった。投手陣が整ってきたので、今度は打線をどうにかしないとね。 ガンケルが5回3失点で負け投手に。決して悪い内容ではなかったが、4回のウォーカーのスリーラン一発に泣いた。ただ、前回と比べて内容はよくなっている様に見えた。次は必ず勝ってくれると信じている。 ガンケル降板後は浜地、岩貞、馬場の3人で中盤以降を0に抑えた。ビハイ…

  • ウィルカーソン来日初登板初勝利

    先行逃げ切りで読売に勝利し、今季初の連勝。こうなれば3つ勝って勢いをつけて欲しい。 第3の新外国人ウィルカーソンが登場。ファームでの実戦イニングが少ないので不安だったが、見事に6回1失点の好投で勝利。 ウィルカーソンは積極的に日本に馴染もうとしているらしい。こういう外国人選手はアタリの可能性が高い。期待は高いが、その一方で外国人枠が気になる。 この日の勝利は、ウィルカーソンからアルカンタラ…

  • おかえり青柳

    青柳が戻ってきてくれた。最初からいてくれてたら、チームはこんな惨状になってなかったかもしれない。遅れた分を取り戻す活躍を期待したい。 青柳が遅まきながら今季初登板。初回に先制点を許しはしたが、その後はきっちりと読売打線を抑えて、8回1失点の好投を見せてくれた。最後は岩崎に直結して、連敗がストップした。 打線は菅野から佐藤輝がツーランを放って逆転。終盤にはロハスのツーランでダメを押した。 ど…

  • 佐藤輝を2番に置いても変わらず

    この3連戦、打線を変えたり戻したりと、色々と工夫したが何も変わらない。問題はそういう事では無いように思う。 もう首脳陣は打つ手が無いのでは無いか。今年は佐藤輝4番のチーム編成をしてきたのに、それを変えてしまうと構想そのものが崩れる。佐藤輝が昨年後半のような状態であれば仕方ないが、そんなことはない。チーム内では打ってる方だ。 藤浪の代役で先発した桐敷を2軍に落としたのも合点がいかない。現状、1…

  • サヨナラ負けでプロ野球史上最低勝率に

    前日、濃厚接触者疑いで抹消された江越に陽性判定が出たので、この日全員のPCR検査をしたところ、伊藤将と藤浪がコロナ陽性が判明した。馬場と山本は濃厚接触者疑いとなり、4名が抹消された。 この日の先発予定は伊藤将だったが、一平が緊急登板する事になった。一平には悪いが、期待はしていなかった。ところが、意外にも5回途中まで2安打無失点の好投を見せる。その後もリリーフ陣が9回まで0に抑えた。 打線が奮わ…

  • 勝利の方程式が未完成

    西が0点に抑え、佐藤輝がホームランを打つ。これって甲子園開幕戦で勝ったときと同じパターン。違ったのは西が7回で降板して、リリーフを仰いだ事だけ。 江越が濃厚接触者の可能性で抹消。替わってファームで試合中の植田を名古屋へ緊急招集。チームにはくれぐれもコロナ感染に注意して欲しい。 まだ1勝しかしていないし、それも西の完封勝利だったので、首脳陣が思い描いている、勝ちパターンの投手リレーを試す事も出…

  • こっそりと今季3度目の完封負け

    最終回にチャンスが訪れるが主軸が機能せずに完封負け。ガンケルが7回1失点の好投を見せたと言うのに、相変わらず投打が噛み合わない。 プロ野球界に大ニュースがあったので、阪神の負けはあまり大きく取り上げられなかった。それはそれで寂しいように思う。 ガンケルは2回先頭のマクブルームにホームランを打たれる。東京ドームの悪夢が蘇ってきたが、その後は崩れる事なく、7回を3安打1失点に抑えた。しっかり調整…

  • 真剣に闘え!

    秋山が、前回の雪辱を果たせず、返り討ちにあって3回6失点でKO。これで早くも借金が10になった。 苦手投手をいつまで経っても攻略出来ない阪神。対照的に広島はあの手この手で秋山を攻めて来た。 2回のピンチでバッターは森下。単なるバントなのかスクイズなのか、はたまたバスターなのか。あるいは1塁ランナーを走らせるのか。広島ベンチは1球ごとにサインを変えて、バッテリーを翻弄する。そしてフルカウントか…

  • リリーフ陣が踏ん張って引き分け

    ここまで不甲斐なかったリリーフ陣が、この日は5回から延長12回まで無失点リレーを見せた。だんだん形になって来たかな。 藤浪が4回までで5安打4四球で3失点。四球のランナーを出してタイムリーを打たれる悪い内容だった。早く復活して欲しいが、一進一退が続く。来年は監督が替わるから、今年頑張らないと首が危ないよ。 3点を追いかける打線は4回に大山のホームラン、5回に糸井の犠牲フライ、6回には代打ロハ…

  • コロナのため中止

    DeNAでコロナ陽性者が続出したために、本日の試合は中止。 斎藤ピッチングコーチ、戸柱、牧、倉本、山下とスタッフ1名が陽性。昨日の先発投手の石田、大田、桑原、神里が濃厚接触者疑いで自主隔離。これだけ主力メンバーが欠ける事になると、中止もやむを得ない。 前日の試合で出場した選手ばかりだし、キャッチャーの戸柱が陽性なので、阪神の選手が感染していないか心配になる。

  • 野原将見殺しで逆転負け

    2戦連続の先発完封勝利をあと一球のところで逃してしまった。延長戦では予想通り、中継ぎの差が出た。 野原将が最後の最後で1点を失うものの、9回1失点の素晴らしいピッチングを見せてくれた。しかし、チームの得点は1点だけ。それも野原将のタイムリーで入れたもの。野手陣にタイムリーが出ていたら、余裕の完封勝利だったのに。 延長に入ってからは岩崎、湯浅、齋藤、桐敷、馬場のリレー。 岩崎はコントロールが乱…

  • 阪神タイガース、ようやく開幕

    どうしようもないチーム状態から一転、最高の勝ち方で今季初勝利。ここまでの連敗の事を忘れさせてくれるような試合だった。 リニューアルした甲子園球場。照明がLED に変わり、演出がますます進化した。もう、スポーツではなく、エンターテイメントと言った方がいいかもしれない。 甲子園開幕戦、4番の一発が出て、エースが完封する、胸のすくような完璧な勝利。こんな試合、シーズン通してもなかなか見られない。こ…

  • 投壊でとうとう9連敗

    なんぼなんでも1つぐらいは勝てるやろと思っていたが、これほどまでに暗黒パワーが強いとは。 初物の新人投手に勝ち星をプレゼントしたり、不振の中田に、打って下さいと言わんばかりの球を投げてグランドスラムを打たれるとか、なんて阪神は相手チームに親切なチームなんだろう。 故障明けのガンケルは明らかに調整不足。チーム事情で緊急招集された事を考えれば、初回に打たれたのを責めるのは気の毒に思う。 アルカン…

  • とうとう開幕8連敗

    打線の状態は少しよくなって来たのに、投手陣はまだまだ波に乗れないでいる。 初回の攻撃で2点を先制して、「よし、今日こそは」と思ったが、直後に一平が坂本にツーランを打たれて追いつかれる。2回以降も丸、ポランコにソロホームランを浴びて、3回までに4失点。5回にピンチを迎えたところで降板。 坂本のホームランが効いた。マウンドに上がって、僅か5球で同点にされたのだから。その後は気合いを入れたストレー…

  • 藤浪打たれて開幕7連敗

    藤浪が6失点で4回しか保たず。こういう試合で中継ぎが無失点で抑えたり、打線が5点を奪ったり、なかなかチームの歯車が噛み合わんなあ。 両チーム、オールドユニフォームを纏っての試合。初回に藤浪が坂本、ボランコに連続ホームランを浴びる。2回には大城にまでホームランを打たれた。その後も失点が続き、4回が終わったところで石井に交代。とても昔の雰囲気を楽しむところではなくなった。 4回裏に中野が懲罰交代。…

  • 球団ワーストの開幕6連敗

    3試合連続の逆転負けで、6に延びた。新庄日ハムが連敗を止めたので、12球団唯一今シーズン未勝利。次は東京ドームの読売戦。どこまでワースト記録が延びるやら。 カープキラーの秋山をもってしても負けた。4回までノーヒットピッチング。2回のチャンスでは自身の内野ゴロで1点を挙げた。5回表には佐藤輝のタイムリーで1点を追加し、今季初勝利の期待が高まる。 ところが、5回裏に秋山が急に打たれ出し、一気に同点…

  • 伊藤将でも勝てず

    同じような負け方で開幕5連敗。今の阪神が大阪桐蔭と試合したら負けるんちゃうか。 またも先発が5回まで好投しながら、その後打たれて逆転負け。中継ぎ不安で伊藤将を7回まで引っ張った事で、余計に傷口を広げてしまった。 後続のピッチャーも打たれて、相変わらずリリーフ陣が不安定なところを露呈してしまった。 投手陣が散々なところに、守りが追い打ちをかける。この日は中野、大山がそろってタイムリーエラーをや…

  • 4戦目はサヨナラ負け

    大逆転負け、完封負け、完封負け、サヨナラ負け。精神的に堪える負け試合が続く。 西にしては四球が多めだったが、粘りを見せて7回途中まで4安打1失点と、試合を作る事ができた。先ずは先発が試合を作れたのはよかった。 問題はリリーフ陣。この日は渡邉、岩崎がノーヒットピッチングを見せてくれたものの、投げてみないとわからないのは不安。 そしてクローザーのケラー。この日も打たれ、1死満塁策のピンチを迎え…

  • 2試合連続完封負け

    シーズンの頭で完封されるとへこむ。それも2試合連続となると、キャンプで何をしてたのかと思う。 先発はドラ3ルーキーの桐敷。5回までソロホームランの1点に抑える好投を見せてくれた。6回に集中打を打たれて降板したが、プロ初登板なので想定内。前日の一平と同様に相手打線が目慣れしてきた時の対策が必要やね。 桐敷が残した無死1・2塁のピンチで齋藤が登板し、3者連続三振でピンチを切り抜けて、初戦のリベン…

  • 今季最初の完封負け

    苦手なピッチャーだと、さっぱり打てないし、工夫もない。前日は活発だった打線が、僅か2安打に抑えられてしまった。 いつになったらこの傾向は変わるのか。相手ピッチャーの状態や配球の傾向を試合中に見極められるコーチがいないもんかね。 一平はプロ初先発で5回まで1安打の好投を見せてくれた。6回につかまってしまったが、これも勉強。いい経験にして欲しい。 ピンチの場面で渡邉を起用したのは疑問。育成から…

  • 球春あけましておめでとう

    満員のスタジアム。ようやく以前の球場の風景が戻ってきた。選手達もプレーのしがいがあるだろう。 試合の方はいきなり大逆転負け。スアレスが去り、矢野監督の今シーズン限りの退任が発表されるという、激動のオフだった。大型補強もなし。 矢野監督ラストシーズンを優勝で飾って欲しいが、リリーフ陣は経験の浅い若手中心。クローザ…

  • エラーと決定力不足でCS1敗退

    エラーでやらずもがなの失点を重ね、打線はチャンスを作りながら残塁の山を築いた。チームの悪いところが全部出て、今シーズン終了。 たらればを言えばキリが無いが、糸原のエラー、青柳の山なりの本塁送球、大山のエラーとバントへの無警戒、これらが無ければ無失点リレーも可能だった。逆にチャンスは山ほどあって、ここぞの場面でヒット1本でも出ていれば勝てた試合だった。 今シーズンの後半はこういう試合が目立った…

  • CS1初戦は完封負け

    頼みの髙橋遥が打たれ、打線は菅野を攻略出来ず。3試合しかないCS1。初戦を落とすと厳しい。 髙橋遥を使ったのは間違いではない。肘の状態が少し不安だったが、読売戦で点を取られていない事を考えると、当然の起用だった。 敗因はベンチワークの差。これに尽きると思う。 読売はウィーラーに送りバントさせてチャンスを広げ、先制点を取った。 一方、初回からエンジン全開の菅野に対し、阪神は何も出来なかった。…

  • 最終戦を落としてV逸

    この試合に勝てば、逆転Vの可能性が高まったのに、またチームの悪い部分が出て敗戦。勝ち数では阪神の方が多いというのになあ。 今シーズンはいい夢を見せてもらった。前半戦の快進撃、佐藤輝を筆頭にルーキー達の活躍。そしてシーズン終盤の粘りで逆転 Vの望みを繋いできた。 それだけに、最終試合でエラーと継投の失敗で負けた事は残念に思う。シーズンの集大成になるような試合を見せて欲しかった。 絶対に勝とうと…

  • サトテル復活弾、中野30盗塁、伊藤将10勝

    ルーキーの3人がチームを引っ張って広島に快勝。やはり佐藤輝の一発が出るとチームに勢いが出る。 2回に佐藤輝のスリーランで先制。前半戦のときのような、ライトへ豪快な一発だった。4打席目のヒットも強い打球で12塁間を破った。ようやく何かを掴んだのかもしれない。ポストシーズンのキーマンになってくれそうな予感がする。 中野は7回に盗塁を決め、これで30盗塁。新人の30盗塁は赤星、近本に続く3人目。残…

  • 意地で引き分ける

    昼間にヤクルトが大敗。なんとか勝って欲しかったんだがなあ。 近本がスタメン落ち。ベンチ入りしているのは、対戦相手に対してのブラフで、実際には出られる状態でないのかもしれない。 秋山が5回1失点、後を受けたリリーフ陣も無失点リレーで繋いだが、相手先発は苦手の森下。なかなかチャンスを作れず、7回にようやく下位打線で1点を取って追いつくのが精一杯だった。 7回2死、ロハスが四球で出ると、佐藤輝の…

  • 満身創痍の虎

    中日に快勝。ヤクルトが負けて、ゲーム差は0.5。ところが、ここへ来て大きなアクシデントが多発。 初回、無死1・3塁で近本のセカンドゴロで先制。しかし、近本は2回の守備から交代。どうやら走塁時にハムストリングに張りを感じたらしい。チーム唯一の3割バッターが居なくなってしまうと、まともにポストシーズンの試合を戦う事が出来なくなる。軽症であることを願う。 髙橋遥が8回まで1安打ピッチング。完封を…

  • 見応えのある投手戦だったけど

    ガンケルと高橋の素晴らしい投手戦でスコアレスドロー。いい試合だったが勝てなかった事が痛い。 このカード、2試合とも完封して、出来る限りの事は出来たと思う。1試合引き分けたので100点ではないが、90点はあげてもいい。 ガンケルは8回途中まで散発4安打。山田にはヒット1本打たれるものの、村上を3三振に抑え、オスナも3打席凡退に打ち取った。勝ちはつかなかったが最高のピッチングだった。 大山が6…

  • 雨柳全開、投打で活躍

    途中で中断が入るほどの雨の中、青柳が素晴らしいピッチングを見せた。打撃でも中押しの2点タイムリーを放つ活躍で13勝目。 青柳は初回の満塁のピンチを切り抜けると、後はスイスイと7回を無失点に抑えた。グラウンドコンディションが悪いにも関わらず、ヤクルト打線を3安打に抑える好投。雨の中の登板は慣れっこなんだろう。 これで勝利数と勝率でトップになった。次の登板で2冠を確実にして欲しい。 打線は前日4…

  • 伊藤将、江夏以来の新人左腕9勝目

    伊藤将が7回4安打無失点の好投で広島打線を封じ込めた。2桁勝利まで後1つ。 前日の試合とは段違いの締まった試合だった。ルーキーということを忘れてしまうような、終始落ち着いたピッチングだった。7回の打球直撃にもめげず、このイニングを投げ切った。 伊藤将はここまで134.2イニングを投げている。あと8.1イニングで規定投球回をクリアし、防御率2位に踊り出る事になる。登板のチャンスはあと1回。次は完…

  • ホームラン打たれ過ぎ

    秋山が打たれたヒットは4本。その内3本がソロホームラン。あまりにも警戒心がなさ過ぎ。 大山がスタメン復帰。ヒットを1本打って、先ずは一安心。 キャッチャーはこの日も坂本。ベンチ入りはしているものの出場機会なし。打撃不振であっても、梅野の捕手としての能力は高い。出さないのではなく、出せない理由がありそうに思う。 こっちは自力優勝がなくなったが、広島は自力でCS滑り込みの可能性がある。どちらも負…

  • 伏兵の活躍で土壇場勝利

    髙橋遥の好投で読売は0行進。阪神は拙攻でお付き合い。この流れを板山が打ち破った。 大山がベンチ入り。登録抹消されなくてよかった。 一方で西はやはり抹消された。ポストシーズンに間に合えばいいが。 9回2死1・2塁。また引き分けかと半ば諦めていたが、板山がライトフェンス最上部直撃のタイムリーを放ち、貴重な1点が入った。 これで0の呪縛が解けると、木浪のツーベースで2点を追加し、勝利を決定的にし…

  • 西に異変、緊急降板

    この大事なときに4番が欠場、それに加えてエース右腕が右肘の異変で緊急降板。満身創痍のチーム状況で巻き返しは出来るのだろうか。 西が2回途中2失点で降板。規定投球回をクリアするために、無理して登板したのではないかな。 通算100勝目まで時間がかかり、達成するとファームに落ちたが、どこか調子が悪い状態で投げ続けていたのかもしれない。今回の肘の異常はそれと関係しているように思う。 今シーズンの西はあ…

  • 読売に引導を渡す

    シーズン優勝が目標なのは当然。阪神にとっては読売に勝ち越すのがもう一つの大事な目標。14年ぶりに達成する事が出来て、同時に読売のVを消滅させた。 大山が背中の張りで当分の間出場回避。キャッチャーは梅野ではなく坂本。そして3番に小野寺。 いくら弱っている読売と言っても、これで勝ちきれるのかと思っていたが、投手陣の踏ん張りで見事に勝利した。 青柳が7回を1失点。6回の大ピンチを最少失点で凌ぎ、7…

  • 2021年ドラフト結果

    シーズン途中に関わらずドラフト会議が行われた。今年は投手中心に7選手+育成1選手を獲得。彼らに幸あれ。 チームの現状を鑑みると、今の阪神の選手層は、金本監督時代に若手の底上げをしたことで、 1位希望選手の市立和歌山高校の小園健太は抽選の結果DeNAが獲得。第2希望で高知高校の森本大智を獲得した。 高校生でありながら最速154キロの右腕。藤川球児に憧れ、藤川球児のようなストレートを投げたいと言…

  • 雑な野球でカード負け越し

    15安打も打ちながらなかなか決めてがなく、投手陣は9四死球の大乱調。これでは今のヤクルトには勝てなくて当然。 ほぼ毎回のようにヒットのランナーを出しながら、点が入ったのあは4回の4点だけ。その内2点は村上のトンネルのお陰なので、実質は15安打2得点。チャンスで一打が出ないというレベルでなく、明らかに拙攻。 これまで足を使ってかき回して勝って来たというのに、盗塁もエンドランもない。代走も出せず仕…

  • 必死の継投で辛勝

    終盤3イニングを岩崎、スアレスのイニングまたぎで、なんとか凌いで1点差逃げ切り成功。これでヤクルトの勢いが止まってくれたらいいな。 同点で迎えた7回。ロハスのヒットと送りバントで1死2塁とし、島田の1塁ゴロがベースに当たってタイムリーツーベースになって勝ち越した。 野球の神様が打球に乗り移ったかのような打球。まだまだツキはあるようだ。優勝を諦めるのはまだ早い。 この1点を守るために、7回から…

  • とうとう自力優勝が消滅

    3連勝で首位奪還を狙ったが、返り討ちにあって初戦を落とした。球審敷田の納得いかない判定もあったが、こればっかりはどうしようもない。この日の敗戦で自力優勝が消滅。それでも前を向いて戦い続けて欲しい。 27イニング無失点中の髙橋遥の登板間隔を詰めてまで初戦に起用したが、好調ヤクルト打線を止められなかった。投手起用については、やることをやった結果打たれてしまったのだから仕方がない。続く2試合はブル…

  • 痛すぎる逆転負け

    クリーンアップが序盤に打ってリードしたものの、伊藤将が自身のエラーで1点差に詰め寄られる。終盤に及川がソトに一発を浴びて逆転負け。勝てたはずの試合を落としたのは痛い。 伊藤将にとっては残念な試合になった。いつも通りに安定していたのになあ。 4回、ランナーを1塁に置いて、ピッチャーゴロを取り損ない、焦って1塁に悪送球して無死2・3塁にしてしまう。その後、内野ゴロと内野安打で2点を失った。結局これ…

  • ロハス千金弾で5連勝

    苦手大貫からロハスがツーランを放ち、投手陣がそれを守り切った。これでカード勝ち越しを決めて、最低限のノルマを達成。 4回、1塁に大山を置いてロハスが右中間に先制ツーラン。高く上がった打球は右中間スタンド上段まで飛んだ。 未だ低打率のロハスだが、左打席のパワーは凄い。相手バッテリーの配球に翻弄されているが、狙い球を絞ればそこそこ打つんじゃないかと思う。まあ出たり出なかったりファームに落ちたりしな…

  • ようやく打線が繋がって先行逃げ切り

    ここ何試合かホームランでしか点が取れなかった打線が初回から繋がった。大山が4番の活躍。青柳はハーラートップの11勝目。佐藤輝にも60打席振りにヒットが出た。 初回に近本のヒット、中野のツーベースであっさりと先制。その後も大山、佐藤輝のタイムリーでこの回4点を取った。 中日戦ではマルテの一発に頼っていたが、移動日を挟んで気分転換が出来たのかもしれない。 佐藤輝にようやくヒットが出てよかった。外…

  • 3戦連続のラパンパラで3連勝

    またもロースコアーの試合。そして、またもマルテの一発だけで試合が決まった。投手陣の頑張りには感謝しかない。 ガンケルと小笠原の投手戦。お互いに攻略の糸口を掴めず仕舞いだった。 そんな中、3回にマルテがソロホームランを放ち、それが決勝点になった。 この3連戦のマルテは神がかっていた。本人の調子もいいのだろうけど、4番から3番に打順が変わった事で本来のバッティングが出来るようになったのかも知れな…

  • 髙橋遥、2試合連続完封

    髙橋遥が中日を散発5安打に抑え、読売戦に続いて完封勝利。先発投手陣に疲れが見えるので、髙橋遥の存在は助かる。 不振のサンズを落としてロハスを上げた。ドデカい一発が出れば、相手が警戒するようになるだろうが、あまり期待出来そうにない。 髙橋遥は球数97球、無四球で完封。この日は前回より三振は少なめで、ゴロアウト中心のピッチングだった。調子がよすぎてちょっと恐いくらいだ。 次の登板は神宮でのヤ…

  • なんとか連敗ストップ

    広島に3タテを喰らい、次は点が入らない中日戦。お互いにホームラン2本でしか得点出来なかったが、ランナーが居た事が勝敗を分けた。 とりあえず連敗がストップしてよかった。このままズルズルと落ちていくのではないかと心配していた。 ヒットはわずかに5本。得点は4回の大山の先制ツーランと5回のマルテのスリーランだけ。少し物足りなく感じるが、数少ないランナーを効率的に返した結果なのでよしとしよう。 伊…

  • 想定外、広島に3連敗

    打線が打つと、今度は投手陣が打たれる。チームの状態が悪すぎる。 この日の打線はまだ頑張った方だと思う。逆転されてもすぐに追いつき、勝ち越されてもまた追いついた。投手陣がぽろぽろと失点したのが残念。 西がなかなか本調子にならない。7回途中までで4失点。鈴木誠に2本のホームランを許したのが痛かった。この日のキャッチャーが坂本だった事も影響したかもしれない。 岩崎が小園にソロホームランを打たれて…

  • 2度の満塁活かせず広島に連敗

    優勝争いをしているのだから、下位チームとの試合を取りこぼしてはいけないはず。それなのに、広島にあっさりと2連敗。ヤクルトと読売も負けたからいいというものではない。 3点ビハインドから4回、5回に1点ずつ返したが、まだ1死で得点圏にランナーがいるのに後続が倒れて1点止まりになったもの。6回の1死満塁、7回の2死満塁では得点出来なかった。まるで金縛りにかかったようだ。 チャンスであと1本が出ない…

  • また悪いところが出た

    秋山が好投するも打線がさっぱり。おまけにお得意のエラーから失点するとは。 ヒットは僅かに2本。それでもまったくチャンスがなかった訳ではない。打つべき人が打てなかったのが敗因。読売との3連戦では、あれだけ効果的に得点が出来たというのに、このチームはいったいどうなっているのか。 秋山は粘りのピッチングを見せたが、4回に鈴木誠のソロホームランで先制されると、5回にはエラー絡みでピンチを広げ、犠牲フ…

  • 大一番を勝ち越す

    終盤はヒヤヒヤする場面があったが、何とか逃げ切った。何よりガンケルがリベンジを果たせてよかった。 ガンケルが先発。前回打ち込まれたので、てっきりローテを変えてくると思っていた。それが丁寧なピッチングで6回を1失点の好投を見せてくれた。 これでガンケルは8勝目。これだけ活躍してくれるとは思っていなかった。ここまで来たら2桁勝利を狙って欲しい。 大山が3回にソロホームランを放って先制。看板直撃と…

  • 髙橋遥プロ初完封

    髙橋遥が最終回の大ピンチを切り抜けて、嬉しいプロ初完封勝利。前回は大野雄大、今回は菅野と堂々と渡り合って投げ勝った。 この試合は髙橋遥の好投に尽きる。キレのいい変化球で13奪三振の完封勝利。復帰するのがもう1ヶ月早かったら、今頃はぶっちぎりの首位だったろう。 梅野のリードも素晴らしかった。前日の試合で初球の入りのまずかったところをちゃんと修正して臨んだんだろう。 最後まで投げ切ってくれたこ…

  • 中野の超ファインプレーでサヨナラ負け阻止

    9回裏1死満塁の大ピンチを中野の超ファインプレーで凌いで引き分け。絶対に負けないという執念のプレーだった。 子虎が早々とウェスタンリーグ優勝を決めた。本隊もそれに続いて貰いたい。 西が5失点で、3回で降板。3回2死から四球とヒットのランナーを出して、岡本のスリーランで同点にされ、更に丸にツーランを打たれて逆転を許した。ホームランは2本とも初球を打たれたもの。梅野もこのイニングで交代したが、バ…

  • 逃げ切り失敗、痛恨のドロー

    8回に大山のタイムリーで勝ち越したが、スアレスがリードを守れず引き分け。ヤクルト、読売が勝ったので、痛い引き分けになった。 伊藤将が7回2安打1失点の素晴らしいピッチング。この3連戦は先発投手陣がしっかりと試合を作ってくれた。 打線は初回にマルテのタイムリーで先制。同点に追いつかれてからは、8回に大山にようやくタイムリーが出て、2点のリードを奪った。 だが、これで大山が復調したとは思えない。…

  • 再び首位陥落

    青柳が好投虚しく、打線が繋がらずに2-1で敗戦。ヤクルトに首位を明け渡してしまった。 青柳は毎回ヒットを打たれながらも、6回を2失点に抑えた。小川と岩貞もパーフェクトリリーフ。 投手陣がこれだけ頑張ってくれたのだから、打線が何とかしてやらないといけない。 それなのに、とにかく打線が繋がらない。上位打線はしっかりとお膳立てをしているのに、4番以降がチャンスでさっぱり打てない。 8回にようやくマ…

  • 泥臭く勝つ

    最終回に足を絡めて勝ち越しを決めた。引き分けやむなしと思っていたが、貴重な決勝点が入ってよかった。 バンテリンドームの中日戦は、チームの状態がよくても点が取れない。柳から2点、R.マルティネスから1点をよく取れたものだと思う。 大山を下げて、外国人3人を起用。結果、3人ともノーヒット。色々試しているが上手くいかない。近本と中野のコンビだけがコンスタントに機能しているだけ。困ったもんやね。 …

  • ガンケル大炎上で読売に大敗

    幸先よく先制点を取ったものの、直後にガンケルがつるべ打ちされて、一挙に7失点でノックアウト。読売との対戦成績が五分になってしまった。 次の日が移動日なので、もっと早くガンケルを見切っておいたらよかったのに、イニング最後まで投げさせた事で傷口を広げてしまった。 まあ、7点が5点になったところで、今の打線では無理かもしれないが。 1週間後はまた読売戦なので、ローテを変えないといけないが、西が抜け…

  • 孝行息子が帰ってきた

    髙橋遥が2度目の登板で本領発揮。大野雄大に投げ勝って今季初勝利。 髙橋遥、よくやった。前回はまだ1軍では無理だと思ってたが、きっちりと仕上げて来てくれた。 7回を2安打無失点、無四球、奪三振10の素晴らしい内容で、大野と堂々と渡り合った。本当に頼もしい限りだ。 出遅れた分を取り戻す活躍を期待している。 糸原が大野から 3安打。 3打席目は近本を置いて、1塁線を破るタイムリー。好投の髙橋遥を…

  • スミ1をひっくり返せず

    近本が3安打、クリーンアップにもヒットが出たにもかかわらず、初回に取られた1点をひっくり返す事が出来ずに完封負け。 こんな日に限って中野がノーヒット。中野を責める訳ではないが、そこが繋がればこんな負け方はしていなかった。 相手ピッチャーが小川だったとは言っても、それなりにチャンスは作っていたのだから、泥臭く1点を取りに行く作戦でもよかったのではないか。選手を全面的に信用するのは悪くはないが、こ…

  • マルテの起死回生のスリーランで引分けに持ち込む

    劣勢の試合を土壇場でドローに持ち込んだ。これはもう勝ったも同然。 西が寝違えで登録抹消。大した事が無ければいいが。とにかく、休養と調整を兼ねて休んでもらいたい。そして、最短で帰って来て欲しい。 打線はいつものように、ヒットは出るが点が入らないパターン。ようやく7回に近本のツーベースと中野のタイムリーで1点を奪ったが、その後のチャンスでマルテ、大山、糸井が相次いで倒れて1点止まり。一気に畳みか…

  • 波に乗れない

    西と秋山の勝利で流れがよくなると思ってたのに、DeNAのホームラン攻勢の前に敗戦。3連戦の最後が広島から横浜への移動という変則日程が災いしたかな。 ガンケルは初回に佐野のツーランを打たれて逆転を許すと、3回にもオースティンにツーランを打たれた。なんとか6回にも1点を失い、5失点で負け投手になった。 いつも丁寧なピッチングをしているのに、この日はホームランを打たれた2球ともコントロールミスで真ん…

  • 秋山ノーノー未遂で10勝目

    秋山が前回の2イニング降板のリベンジ勝利。これで今季も2桁勝利。キャリアハイまであと2つに迫った。 秋山はボールこそ高かったが球威で補って、6回まで広島打線をノーヒットに抑えた。7回1死で西川にソロホームランを打たれて、ノーノーの夢は破られたが、7回1安打1失点の見事な内容で10勝目をマークした。もう背中は大丈夫なのかな。 秋山の好投に打線はなかなか応えられなかったが、6回にようやく中野のヒ…

  • 8度目の正直で100勝目

    西がようやく通算100勝目をマーク。リーチがかかってから長かったなあ。おめでとう。 前回の登板で、ようやく連敗の泥沼から抜け出した西。この日は初回こそ1点を取られたが、その後は危なげないピッチングだった。試合展開のあやのために5回で降板することになったが、7回ぐらいまでは投げられそうな感じだった。 これで気持ちがスッキリしただろうから、これからは負けた分を取り返す働きを期待したい。 同点で迎…

  • またダメ虎に逆戻り

    高橋遙の復帰戦だったのに、またもや大敗。エラーあり、押し出しありで散々な試合だった。 髙橋遥はまだ1軍で投げるまでになっていないような気がする。初回にいきなりの5失点。大山とサンズのエラーもあったが、それ以前にヒットを打たれ過ぎていた。エラーで足を引っ張ったというよりは、追い打ちをかけたという感じだった。 藤浪、岩貞がそろって自滅。 藤浪は1イニング目はよかったものの、イニングをまたいだ途…

  • 大山の決勝ツーランで前日の借りを返す

    前日の酷い負けを引きずることなく、強い虎の復活。ここのところ好調の大山がこの日も決めてくれた。 ここ数試合、先手を取られる試合ばかり。この日も伊藤将が2回にピッチャーの小川のタイムリーなどで2点を先制された。すぐに打線が援護してくれたものの、無死満塁で内野ゴロの1点だけ。3回には山田にソロホームランを浴びて、再び2点差になった。 あまりよくない展開だったのに、よく逆転勝ち出来たもんだ。 伊藤…

  • 無抵抗のまま大敗

    奥川対策をしたが、打線はさっぱり揮わず。投げる投手はことごとく失点。讀賣戦に勝ち越して、やりきった症候群にでもなったか。 ヒットは僅か2本。糸原が早い回に初安打を打って無かったら、そのままノーノーされていたかもしれない。 青柳はオリンピックへ行ってから打たれ癖がついてしまったのか。それとも疲れだったり、先発再調整に失敗したまま投げ続けているのだろうか。

  • 6点差追いついてドロー

    5回までに6点をつけられたものの、中盤以降に巻き返して引分けに持ち込んだ。他チームとは引分けの数で不利なので、これは勝ちに等しい引き分け。 後半戦最初の讀賣戦は2勝1分。例年この時期の大事な試合を落とすことが多いので不安だったが、見事に勝ち越してくれた。 この3連戦で大山が復活してくれたのもチームにとっては大きい。原口、糸井の代打陣もいい場面で打ってくれた。 秋山は初回にいきなり3失点。先日…

  • 大山のサヨナラ弾で首位奪還

    先制されるが梅野のホームランでいったんは逆転。直後に逆転されるものの、最終回に大山のツーランでサヨナラ勝ち。このカードの勝ち越しを決め、首位に返り咲いた。 前日の中野に続いて、この日は大山が大仕事ををしてくれた。連日の逆転勝ちで気持ちがいい。 前を打つ糸原も粘りに粘って、よくヒットで出塁した。 大山は全得点に絡む活躍。早く4番に戻って欲しいと思う反面、この打順で結果が出ているのなら、今のままで…

  • 1番中野が決めた

    この日のクリーンアップは近本、マルテ、ロハス。日替わりクリーンアップは機能しなかったが、1番に入った中野か大仕事をしてくれた。 先発西が6回までに3点を失い、打線は5回までノーヒット。かなり厳しい試合展開だったが、ラッキーセブンに大逆転。 同点に追いついて、なおも満塁こチャンスで中野が走者一掃のタイムリーを放った。フルカウントからの高めストレートのボール球。見逃せば押し出しになる場面だったが、…

  • 大山、意地の決勝打で連敗ストップ

    エラー絡みで先制されて、打線は5回までたった2安打。「またか」と思って連敗を覚悟していたが、6回に近本のヒット、マルテのタイムリーで同点に追いつくと、この日スタメンに出場の大山が勝ち越しタイムリーを放って連敗を止めた。 外国人クリンアップをやめて、5番に糸原を起用。しばらく様子を見るのかと思っていたが、3位後退で4連敗中という事を考えれば、打線の調子が上がるのを待っている訳にはいかないか。 …

  • 青柳にも拙守の洗礼、今季初の4連敗

    セカンド内野安打から始まり、ロハスのマズイ守備で青柳がまさかの1イニング5失点。打線が奮起してなんとか追いつくが、及川が3点を取られて万事休す。 秋山も青柳も気の毒としか言えない。打撃を期待して起用している選手なので多少は目をつぶらないといけないが、頻繁にあっちでもこっちでもミスをされたらたまらない。 及川はここまで安定していたのに、連敗の悪い流れに飲み込まれたように見えた。とにかく、これ…

  • エラーから連続被弾

    とうとう首位陥落。一気に3位まで落ちた。まだ試合数はあるので、追いかける立場の方がいいのかもしれないが、こんな試合が続けば離されるだけ。 秋山の立ち上がり。簡単にツーアウトを取ったところでサンズのエラーでランナーを出す。そこから鈴木誠、板倉の連続ホームランでいきなり3失点。打線の援護もなく、負けがついてしまった。 今は青柳と秋山だけが計算の立つピッチャーなので、彼らの投げる試合を落とすのは痛い…

ブログリーダー」を活用して、yohkuraさんをフォローしませんか?

ハンドル名
yohkuraさん
ブログタイトル
自由気ままに虎など
フォロー
自由気ままに虎など

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用