ライバル企業を圧倒する!2歩先を行く最新鋭マーケ
読者になる
住所
新宿区
出身
愛知県
ハンドル名
鈴木博毅さん
ブログタイトル
ライバル企業を圧倒する!2歩先を行く最新鋭マーケ
ブログURL
https://ameblo.jp/mps-marketing/
ブログ紹介文
超心理マーケティング、儲けのDNAが教える超競争戦略の著者、MPS Consulting代表 鈴木博毅の仕事ブログ。
自由文
超心理マーケティング、儲けのDNAが教える超競争戦略の著者、MPS Consulting代表 鈴木博毅の仕事ブログ。戦略的マーケティングの設計現場から、販売戦略心理学まで。広告販促の理論だけでなく、実戦的なノウハウもお伝えしていきます。
更新頻度(1年)

32回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2008/04/30

鈴木博毅さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,277サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経営ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,629サイト
広告・マーケティング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 773サイト
ベンチャーブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,973サイト
起業・独立(その他業種) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 806サイト
今日 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,277サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経営ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,629サイト
広告・マーケティング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 773サイト
ベンチャーブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,973サイト
起業・独立(その他業種) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 806サイト
今日 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,277サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経営ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,629サイト
広告・マーケティング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 773サイト
ベンチャーブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,973サイト
起業・独立(その他業種) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 806サイト

鈴木博毅さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、鈴木博毅さんの読者になりませんか?

ハンドル名
鈴木博毅さん
ブログタイトル
ライバル企業を圧倒する!2歩先を行く最新鋭マーケ
更新頻度
32回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
ライバル企業を圧倒する!2歩先を行く最新鋭マーケ
  • 限られた時間という重要性

    巷には、「時間は誰にも平等にある」という言葉があります。確かに、人の時間は1日24時間で、その点では平等です。 一方で、人が置かれた立場はその瞬間にそれぞれ違…

  • 日本の夏と、拙著『超入門失敗の本質』

    この時期になると、過去の戦争の記事やテレビ番組が流されます。太平洋戦争では、約300万人の日本人が命を落としました。 この時期は、特に下記の拙著を手にとって頂…

  • アムロ・レイとゼロ戦撃墜王、最後まで空を飛んでいるか

    ガンダムの主人公、アムロ・レイのモデルと推測される岩本氏。エース・パイロットだった彼の8年間にわたる激戦と勝利の記録は、次の本に詳細に書かれています。 …

  • 小さな市場を「独占する」ことを狙う大切さ

    想定マーケットが大きいか、小さいかは起業家の強い関心事です。ふつう、自分たちが参入する市場は大きい方がいいと思いがちです。 しかし、まったく違う見方も存在しま…

  • 古いメガネを捨て始めている日本人と日本企業

    ここで、メガネ=モノの見方だと考えてください。 日本人がこれまで持ち続けた、ある種の社会への理解。ものごとを判断する尺度のようなものです。 巨大な転換点の真っ…

  • 高価格帯へ移行するときの危険なワナ

    価格帯の移行は、どの企業でも起こります。一般に、高価格帯への移行は、一時的に好循環を生み出します。 同じ組織体制で、高価格帯の製品ができると、ふつうは利益率が…

  • 死角にこそ、おおきな利益が隠れている

    私たちは、馴れている方法をたいてい持っています。その方法は、過去実績をあげてきた手法です。 一方で、その手法が有効でない「死角」が常に存在します。この死角は、…

  • 与えることから、優れたコミュニケーションは始まる

    光栄にも、対談をさせて頂いたこともある齋藤孝先生の著作。  齋藤孝が読む カーネギー『人を動かす』 (22歳からの社会人になる教室1) 1…

  • 日本人なら読んでおきたい名著『日本教について』

    『日本教について』は、イザヤ・ベンダサン名義で山本七平氏が書いた本といわれています。 この本では、日本人が従来の宗教と考えていたものではなくより深奥にある根源…

  • 気づきを共有できる組織が、やはり強い

    組織学習、という言葉を聞くと難しく感じますがチームでイメージをするとわかりやすいです。 組織学習は、いつも「一人の人間」から始まります。学習する最初の起点は、…

  • 誰の人生でも、見えることと、見えないことがある

    やらないことを選択する場合。なんらかの挑戦をあきらめるときなど。 先日、ラジオを聞いていたら20年前の「しなかったこと」を今でも悔やんでいる、という投稿があり…

  • やらなければ、という不安に耐える

    私たちは、人間であるゆえに、同じ心理を抱えています。たとえば、繁盛しているように見える、隣の企業と同じことをしてしまう。 ライバルとの「同質化」問題です。私た…

  • わかりやすい問い、書籍『すごろく経営学』のご紹介

    ご紹介する書籍は、『すごろく経営学(SBIビジュアル新書)』です。監修者の平野敦士カールさんは、ご挨拶をさせて頂いたことがあります。 本書がすばらしいと感じた…

  • 日本人なら読んでおきたい『予言者 梅棹忠夫』という名著

    この書籍は、生物学出身でのちに社会人類学者となった梅棹忠夫氏の評伝のような本です。  予言者 梅棹忠夫 (文春新書) 1,015円 A…

  • 彼らは、静かに、でも着実に勝っている

    ビジネスを競争と考えるのに、違和感がある人もいると思います。先に書いたように、競争の多くは目には見えないからです。 でも、一つ扉を裏側にひらけば、そこには熾烈…

  • あなたは、現場の情報を一番知っている人ですか?

    ほとんどの企業では、社内で権力を持つ人と、最新の情報を持つ人が違う状態になっています。 顧客の情報を一番持つのは、通常は営業マンや接客担当。逆に意思決定をする…

  • 空気の研究(山本七平氏)が10倍わかる要約その2:日本の議論は飾り

    「空気の研究」山本七平氏の超入門版、要約記事です。  日本の議論は、する前から結論が決まっている。そのため、議論は単なる飾りに過ぎないことが多い  日本人なら…

  • 目の前の現実と戦うな、新しいモデルを作れ!

    「目の前の現実と戦っても何も変えることはできない。何かを変えたければ、今あるモデルが時代遅れになるような、新しいモデルをつくるべきだ」(書籍『ティール組織』よ…

  • 競争に気づかないあなたは負けている人だ

    私たちはスダンの生活で「競争」を感じたり目にすることは少ないものです。たとえば、直接的に激しい競争を感じるのは、店舗を持っている一部の販売業や、特定の業界に限…

  • 空気の研究(山本七平氏)お前は、うちの空気を読めてないだろ!の意味

    ダイヤモンドオンラインで連載した記事です。ここでは、空気が日本的組織の意思決定を、どう歪めるかを分析しています。 日本型組織の意思決定は、なぜ歪むのか? 日本…

  • HIGHOUTPUTな組織になる秘訣

    私たちはときに、知っているはずのことでも、ちがう表現で目の前に示されると、ハッとすることがあります。 インテルのCEOであり、伝説の経営者として世界的に知られ…

  • 空気の研究(山本七平氏)が10倍わかる要約:DOL第1回記事

    「空気の研究」山本七平氏の超入門版、要約記事です。 なぜ日本の組織は息苦しいのか?ダイヤモンド・オンライン第一回記事 この記事では、現代日本がますます息苦しい…

  • 戦略思考への近道、その2(回答編)

    前回、戦略思考への近道と題して、ToDoリストを短くすることをご紹介しました。実際、やるべきことを「少なくする」効果は、意外に大きいものです。 逆に、やるべき…

  • 戦略思考への近道、最初の一歩はこう考えよう!

    戦略思考に関する提言は星の数ほどあります。それこそ、このテーマをもとにした書籍も無数にありますよね。では、どんな道を選ぶのが近道なのか? 私の答えは、やるべき…

  • 「空気の研究」山本七平を10倍わかりやすく読む、重要キーワード2

    山本七平氏の、空気の研究は難解です。 前回、読み解くポイントとなる言葉「臨在感」をご紹介しました。本日は、わかりやすく読むための2つ目のキーワードです。 それ…

  • 「空気の研究」、山本七平氏が込めたメッセージについて

    「空気の研究」で、山本七平氏は次のように書いています。 「もし日本が、再び破滅へと突入していくなら、それを突入させていくものは戦艦大和の場合の如く「空気」であ…

  • 「空気の研究」を、10倍わかりやすく読むたった1つのポイント

    山本七平氏の著作『空気の研究』は、日本社会を理解するための名著といわれています。現代社会、とくにいまこの瞬間の日本の縮図が指摘されているかのようです。 しかし…

  • 人を自在に動かす武器を得る方法(新刊書籍)

    「どうすれば人は動くのか?」 このテーマは、現代ビジネスのすべてのリーダーの課題でしょう。2千年前、この「人を動かす」を極めた青年が中国大陸を統一しました。そ…

  • 人を動かすもっとも強い力とは

    あらゆる業界には専門家がいます。その専門家の中でも、尊敬を集めている人達がいます。 そのような人が、難しい問題に立ち向かい、平凡を越えて粘りを発揮するのは、使…

  • コンサルティング思考の弱点、その正体とは

    前回の2つの側面を、バランスよく活用することがコンサルタントの基本スキルだとすれば。あるいはそうでなくとも、コンサルティングという仕事を生業とする限り、必ず付…

カテゴリー一覧
商用