chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
お茶漬け
フォロー
住所
大阪府
出身
未設定
ブログ村参加

2008/03/24

1件〜100件

  • 掛け時計の裏切り

    逢うときにはいつでも他人の二人パ・パ・パパパッパンもはや知る人も少ないけど金井克子のヒット曲です。何故かこの時計の向きが思いがけず右手の振り付けにヒットしたんです。掛け時計は壁や柱にペタリと張り付いているもんという固定概念のせいこの潔い裏切りをフレッシュに感じ思わず「オシャレ ! 」ダイニングテーブルは天板だけ再利用し脚はアイアンで製作されたようです公園との目隠しと、西日対策に若いセンスが光りますS...

  • 二戸一長屋の解体始まる

    ...

  • 込み栓打ちの儀

    20日に神戸で棟上げが行われました。前日のゲリラ豪雨が嘘のような快晴に恵まれました。六甲の山並みが清々しく棟が上がった後お施主さんのご家族も足場を伝って2階に上がり景色を堪能されていました。上棟式の最後には小学生のお兄ちゃんにより棟梁に感謝のお手紙が読まれました。あまりそうゆうことに慣れない棟梁は照れながらも終始ニコニコ子供さんの居る家では必ず行う「込み栓の儀」 (当方で勝手につけた儀式名です念の...

  • 「猫と暮らす家」の見学会

    7月16日、17日と尼崎の「猫と暮らす家」のオープンハウスを行いました。両日とも大勢の参加者で賑わいました。外観は、玄関回りの壁に丸みを持たせ何となくジブリ感漂う柔らかな雰囲気です。ロフトの窓から猫ちゃんが出入りすることもりびんぐから和室をのぞむキッチンは奥様の使い勝手に合わせてキッチン横のパントリーは何かと便利です熱烈な阪神ファン発見NO TIGERS NO LIFEとにかく何かに熱くなることは良いこと...

  • たった4日の体験やけど

    三、四日前から建築士事務所民家に研修生(建築専門学校)が来ています。何をしてもらうか考え現在計画中の平屋のリノベーションのモケイ制作を頼んだようです。先ず、実際の現場を見ることから始め黙々とモケイづくりに励み昨日完成しました。グットタイミングで、本日ご契約日です。工事契約に研修生も同行し出来上がったモケイをお施主さんに手渡しました。「あまり上手にできていないんですが・・・」お施主さんも学生さんと知り...

  • この炎天下、母親目線で

    神戸の打合せに同行しました。神戸の現場では基礎工事が完了し、20日の棟上げに向けスタンバイです。日当たりも風通しも抜群の現場です。当日の熱中症対策が気がかりです。帰りに尼崎の現場に立ち寄りました。ここでは一部外構工事が行われ、道路から玄関までの長いアプローチの土間の仮枠工事が行われていました。右側はコインパーキングになる予定です。炎天下の現場で働く職人さん、スタッフの皆には只々頭が下がります。尼崎...

  • ええ仕事する ビスケット 

    ビスケットという言葉に無意識に反応したんですが・・・模型を飾る棚を作ることになり大工のKさんのお手並み拝見です。棚の端に何やら突起物が板と板を繋ぐ雇実(やといざね) の役割をするビスケット !差し込みの孔に接着剤を塗り、ビスケットを入れ込み繋ぐ方の板にも孔を掘り、同じように入れ込みます。ビスケットが水分で膨張ししっかり固まるということです。ビスケットの孔を掘る専用の工具があるようです。一昔前は鑿(ノミ)...

  • 手、手、嚙むイワシ、ノスタルジー

    曇天の日曜日前々から一度覗いてみたいと思っていた泉佐野の魚の青空市場へ出かけた。住所を調べ載っていた電話番号をナビに入力し、ついたところは全く違った場所やった住所に入れ直し、ようやく到着。はやる心を押さえて市場の中へ折角来たからには何か買って帰ろうと思うが食指が動かない。昼網が入荷していないのか手、手、噛むイワシは見当たらず鯛やタコ、太刀魚は、いてはるけど、同等の鮮度の魚はスーパーの方が安そうたっ...

  • 悩んだ分だけ・・・喜びも 

    4月から取り掛かっている松原市のリノベーションの家が完成しました。ご両親が住んでいた家を娘さんご夫婦が引継ぎリノベーションされました。予算枠でどこまでの事が出来るか民家の設計スタッフと綿密な打ち合わせを重ねつつ自分たちの住みたい家をイメージし組み立てていかれました。まだ痛んでいない屋根や外壁は補修程度にし、1階の居住空間を重点的にリノベしました。その結果外観イメージと全く違った空間に生まれ変わりま...

  • 国産材の家・入門編 in 奈良

    こんな早い梅雨明けは、記憶にございません。しとしと降る雨が今や懐かしく恋しくもあります。先日、奈良まちセンターで「木造住宅講座」を行いました。折角、奈良まで来たからには「セミナー」だけで帰るのは勿体ない、という意見もありかといって時間も無くならまちの、ほん端っこを覗きましたなにやら若者に受けそうなミステリアスお店が・・・・・なんでソーキそば ?昔、昔、奈良の食文化は今一と・・・ナニワ界隈で・・・・...

  • 900坪とスペアリブの関係

    以前土地を探している方から気に入った土地が見つかったので一度見て欲しいという連絡があり判断が良ければ、即、購入したいということで、同行しました。即日、判断ということになれば判断ミスがあっては取り返しがつかないため実は前日に設計担当が出向き現地と役所関係をまわり、調査、情報収集を済ませていました。土地は900坪ありKさんご夫妻はお若く、この広大な土地を気に入られた理由が今一見えなかったのですが・・・...

  • モケイさん、出番ですよ

    若いご夫婦のご相談を受けてご自宅にお伺いしました。初めての経験でもあり、延べ○○坪の家といっても現実的な広さ、大きさのイメージは中々つきにくいものです。一般的には3D映像を見てもらうのですが協会では感覚的に捉えやすいクラフト模型を提示するようにしています。過去に制作した中から今回は25坪前後ということでこの子たちを連れて行きました。もう一部屋は欲しい、子供部屋は狭くていいリビングは少しでも広く・・・...

  • ゆりねの正体

    茶碗蒸しにと買っていたユリ根が忘れたままに・・・・・芽が出ていたのでどんな花が咲くかとプランターへコオニユリだそうで早い話が鬼百合のちっちゃい番でした。なんとも毒気の多そうな色合いで花が散った後の根っこは、果たしてゆり根として食べられるのかな脅威の胃袋を以てしてもなんか食当たりしそう※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。...

  • 「自然と暮らす家」 スタートです。

    神戸市北区の「自然と暮らす家」がいよいよスタートです。我が家の消費電力は、我が家で創った電力で賄うという試みのZEH対応の家です。2か所の候補地でどちらを選択するか随分迷われたのですが朝起きて、南側にこんな山並みが見えたら最高です選択は大正解 !また、神戸市街地より冬季の気温がぐっと下がる地域でもあり熱効率も視野に床下暖房にしました。暖房機の熱を床下に一旦取り込み、1階の床に設けた吹き出し口から各部屋...

  • 未来のドラえもん・降臨

    土曜日のこと誰もいないはずの事務所下の倉庫で何やら、カン、カン、物をたたく音がそおっと降りていくとそこにあったのは・・・どこでもドア やん現れたのは歳の頃なら50半ば腹周りといい、体のバランスといい疑う余地なし、未来から来たのかドラえもん や !!!!未来のドラえもんは何でも作るウ~現場の仮設ドアになるそうな・・・・・※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイ...

  • 懐かしい・宮崎

    国産材の利用推進運動を始めて40年になりますが木材産地と取り組み産直住宅を始めたのは宮崎県が最初であり国産材を学ばせて頂いたのも宮崎県です。現在、木材は高知、三重県産材が主流ですが宮崎県には大径木があり、加工も含め対応できる所も少なく大きな建物はお願いすることもあり頼りにしている県でもあります。20年程前に林業振興課の方が企業研修で2週間ほど来られたことがあります。その方から、大阪に行くので上司の...

  • 久々のお墓参り

    年齢を重ねるごとに姉弟が揃うことも少なく久し振りに顔を合わせることにいい機会と、揃ってお墓参りに行くことになりました。女、男、男の3人姉弟で体型は3人ともよく似ている。長男はベジタリアン道を心掛け少しスリム になったと姉と弟をチラ見して、凹ませた腹を撫でながらちょっと誇らしげに語る(三田霊園)永沢寺は花のお寺としても有名で芝桜、ボタン、花菖蒲などその時期にはそば打ち道場などイベントも盛りだくさんで賑...

  • 行き当たりばったりツアー

    コロナ規制緩和のゴールデンウイークに得意の行き当たりばったりツアーを慣行しょうと・・・・・出かけてはみたものの、高速入口まで到達することなく長蛇の列に尻尾を巻き早々にターンならば近場でと阿倍野ハルカスを目指したもののこれまた駐車場ゲットならずシュン太郎で帰途へ唯一ゴールデンウイークを認知出来たのはこれ !お蔭さまでその証は無制限にウエイトへと周りから、気にしなくなったら終わりだと・・・・・取り敢え...

  • 現場で学ぶリノベーション

    ゴールデンウイーク真っただ中に松原市でリノベーション中の現場で「現場で学ぶ見学会」が行われました。ご両親が建てた家を世代交代し娘さんのご家族(5人)がバトンタッチされました。一部屋一部屋を回り、限られた予算枠の中で、どんな風にお施主さんの要望を収めていったのか一番気になる予算について優先順位を考慮し、どう組み立てたのか中津さん(民家・設計)による説明がありました。耐震補強についても構造や金物補強から始...

  • 反響を呼んだ構造見学会

    棟上げを終えたばかりの平屋の現場で構造見学会が行われました。丁度当日は、屋根工事が行われていました。淡路の平板瓦です申し込みが多く、午前と午後に分けて行うことに設計の中津さんよる間取りから設計のこだわり、構造から断熱材などきめ細かい説明があり、みなさん中津ワールドに引き込まれたようでした。終わった後も中津さんを取り囲み「洗脳されました」と言われる方も居てちょっとした出待ち状態に。毎日、現場管理をし...

  • 平屋の棟上げです

    尼崎で平屋のお家の棟上げが先日行われました。(感慨深げに柱を撫でる設計のNさん)お施主さんの要望がなかなか定まらず2転3転したのですが、無事棟が上がりました。日頃はデスクワークの多い設計のYさん今日は作業コスチュームで養生を手伝ってました。なかなか出来ない行為です。いるだけで職人さんのテンションはアゲアゲです。赤シャツは監督のKさん、でっかい体で、上がったり下がったり「ここに平屋の家ですか ?  なんと...

  • 杉板が変える住み心地

    17日(日)にリフォームの見学会が行われました。(一番のお気に入りはこの棚だそうです。猫ちゃんのお気に入りになること間違いなし)中古住宅を購入し、リフォームにするにあたり前の家の杉板の感触が気に入っておられ今回も杉板でのリフォームを選択されました。素足の方が気持ちがいいと裸足生活を満喫されていました和室以外の殆どの床を杉の増し張りにされました。階段も増し張りで、大工さんが苦労したところです。(増し張り...

  • タイコ梁手加工・3人揃い踏み

    明日棟上げをする家はプレカットと手加工の両方で行います。いつも手加工部分は現地(高知)の大工さんに頼むのですが今回は手が足りないということで雨を懸念して事務所下の倉庫で大工さん3人によるタイコ梁の加工が行われています。やっぱり絵になるなぁ久し振りの大工さん手加工の作業風景今回から新進気鋭の若手大工Kさんが加わっています。顔合わせということもあってお昼ご飯を一緒にすることに馴染みの「はす亭」さんで大盛...

  • さくら舞い散る家で・ためになるお金の話

    もう一週間早ければ満開だったという築2年目を迎えるふわふわのお家で建物見学とファイナンシャルプランナーの河村さんによる「住宅建築に関係するお金の話」のセミナーを開きました。なかなか情報として入ってこないようなお話も伺えて前もって出してもらっていた質問事項にそれぞれ回答してもらい皆さんワンランクアップしてお帰り頂けたようです。窓を開けるとひらひらと花びらが入って・・ともすれば尖がりそうなお金の話に・...

  • 忘れたか

    たしか無類の柔道好きと聞いたけど講道館の神、嘉納治五郎の名言「自他共栄」って相手を敬い、感謝と信頼をもって助け合いの精神を育み己だけでなく他人と共に栄えある世の中にしょうとすることやそうです。技だけを磨いてもハートが伴わん限り真の柔道家とは言われまへん。無残な映像を見るにつけ苛立ちを覚える「人に勝つより 自分に勝て」 がむなしく響く...

  • ボケは木瓜なりに

    どこの何を見ても桜の情報満載でこの美しさには圧倒されます。我が家の貧しいヴェランダにはボケが健気に咲いています。果実が瓜に似ていることから木瓜(もっけ)が訛ってぼけになったとか20年前に買った苔の寄せ植えから毎年顔をだす????1年前からへたりかけては立ち上がる根性ネギ指で弾いてもピンと立つそれぞれにヴェランダの春を謳歌してるが・・・/span>かの国の春はいづこに※「ブログ村ランキング」に参加していますので...

  • 残土のゆくえ

    基礎工事の現場より残土を処理場に運んだが、どこも引き取ってくれず、産廃処理場に行けと指示されたようです。残土と産廃処理ではかかる費用が違います。ここは取壊し新築ですが、解体はお施主さんが知人に直接発注されました。聞けばこちらの提示見積額の4割引きだったとか何故その金額で出来るのか不安が残りました・・・・解体が終わり、いざ、基礎工事と掘削を始めたところ木片・瓦・ガラス・竹・藁・シートなどミンチ解体を...

  • 雪だるまは語る

    京都の朽木村で、25年前に建てたK様邸の点検に行っていた監督から「お土産を積んで帰ります」というメールが入り期待して待っていたところ・・・・・・事務所玄関に届いたのは、雪だるま近隣通学路の小学生を喜ばそうと、持ち帰ったようですが・・・。帰る時間に間に合わなかったようです。明日の朝まで残ってるかな心なしか心配顔のだるま君まるで優しい監督のハートを映しているようです...

  • 春うららの地鎮祭

    ぽかぽかと柔らかな日差しに包まれた12日尼崎で地鎮祭が行われました。奥行きの深い敷地に、2棟の家が建っていました。昨年の9月頃からぼちぼち片付け始め2棟の家財道具も半端なく片付け完了は1月末になりました。引き続き解体に入り3月10日に無事完了。解体の時も、永く棲んた家に感謝を込めて神主さんにご祈祷していただいたとか幸いなことに地盤補強を懸念していたのですが地盤調査の結果、良好な地盤ということで補強...

  • もうこの時期を外せば・・・・・と

    もうこの時期を外せば・・・・と丹波篠山へそう言えば数年前に、首長竜の一種か丹波で化石が見つかったとか丹波竜の長い長い学名が・・・・・祝この場所にでっかいのがノッシノッシ歩いていたかと想像に拍車がかかります。採掘された石を細かく砕き、1回300円で石をさらに細かく砕き化石の発掘体験をさせてくれる。採掘される化石はというと、見つかっても子供の親知らず程度の大きさでこれは恐竜のどの部分かと・・・・・・説...

  • 築丸3年・OB宅訪問

    新築を計画中のお若いご夫婦から実際住まれている家を見たいというご要望で築3年を経過した柏原のお宅を訪問しました。公園側(西)の外部の杉板 (窒素加圧加工) もいい具合に変化していました。打合せ当時、吠え続けた2匹のワンちゃんはどないしたんかと思うくらいクンとも吠えず、調教されたと伺いました。それにしても、こない変わるか ?調教師さんの腕が良かったとか、やっぱしキッチン前カウンターにはヒヤシンスが真っ白...

  • 新築の家に住めない・・・・・

    奈良の分譲地で新築計画をされている方から相談を受け、現地に出向きました。降雪が懸念されるためレンタカー(スタッドレスタイヤ)で向かいました。ワーゲンだど前日に雪は降ったものの道路は良好でひとまず安心話では敷地はかなりの勾配で鉄骨でデッキを組んでその上に建てるということでしたが、敷地は意外となだらかで、基礎にそれほど費用をかけなくても収まりそうです。1年前に計画し、昨年秋には着手できる予定だったそうで...

  • 五感の春

    灼熱の夏から思えばなんでこうなるの、と納得のいかん寒さです。春の訪れをどこで感じるかは、それぞれ違うようです。吹く風で感じる人も匂いや、せせらぎの音、鳥のさえずりと様々ですが・・・・・、如何せん当方の五感は、触覚にあらず食覚にあるようです。タラの芽、こごみ、うど、うるい等が食膳に並べられると一足早い春を食するようで、妙に嬉しい八寸には蛸や金柑、アナゴ、菜の花と多彩に鰆の幽庵焼きふかした蕪の中にはト...

  • 神戸人と大阪人・比べてみれば

    大阪市内で坂道といえば上町台地くらいしか思い浮かばないですが神戸に行けば坂道は当たり前で平地の方が珍しいようです。神戸市北区で新築を計画している方がいて現地に同行しました。駅近ですが、言わずと知れた坂道です。既存の平屋の屋根からは六甲山脈の連なりが360度見渡せ何とも言えない清々しさです。神戸人は坂道は左程気にならない、と神戸出身のスタッフはのたまう・・・・・永く棲むとヤギ化するん ??・・・・・か...

  • ブーメラン財布

    バックをひっくり返して探すが、財布がない。打合せに同行した際、立ち寄ったコンビニのトイレの棚に置き忘れたようだ。こまった、全てのカードが入っている。おたおたしている間に、同行のNさんスマホでコンビニの場所を検索し電話で問い合わせてくれた。「預かってます」の一言に、疲れも瞬時に吹っ飛んだ。こんなに要領よくは中々行かんもんだ。最近の若いもんも、なかなかやるやん一人だったら2日間はヤキモキバタバタしてた...

  • 壊れない道づくり・大橋式作業道を守って

    奈良の谷林業さんの案内で川上村にある清光林業さんの山林を見せてもらいました。これぞ吉野林業という見事に管理された山林でした。大橋慶三郎さんにより、山林を痛めない作業道を開発されこの山林は、大橋式作業道を今も守り続けています。大橋式は、道幅を2.5M以内に収めるノリ面の高さは1.4Mまでとする、など制約が設けられています。作業道のところどころにタイヤのチューブで斜めに堰が切られ雨水がかたまって流れ、土...

  • 爪はこまめに摘んでおきます。

    あけましておめでとうございます。本日より仕事始めです。年末に奈良、和歌山、神戸北へと遠方に出かけることが続きちょっとオーバーワーク気味だったのでお正月休みは、手抜きの取り寄せ「おせち」でのんびりとさせてもらいました。今年の干支は五黄の虎で、勢いがいいとかそれを立証するように、飼育員が襲われたというニュース協会の虎は愛嬌良しの招き虎です。間違っても襲うなんてことは・・・・・・・・しない筈、しないと思...

  • 新しい家にバトンを繋いで

    そうそう松原の家は12月4日にお引渡しを済ませました。外構工事につきましては、年をまたぐことになりました。フェンス、ガレージ、デッキ、倉庫など外回りが出来上がれば、また雰囲気が変わると思います。今、住まれている家の欄間を新居に移しご両親の寝室の間に取り付けました。仏間の下、貝ノ口(立ち上がり部分)に大工さんが素敵な細工を施しています。頼んでしてもらった訳でなく大工さんの気が乗っている証でもあります。...

  • 門被りの松

    瓦やさんからの相談を受けて古民家(戦前)の様子を見に行ってきました。立派な門被りの松に圧倒されそうです一年中青々としている松は、縁起がいいとして植えられるとかこの時代には耐震など考えになかったのかお庭に面してのところは、やけにガラス戸が多い手入れは完ぺきとは言えませんが、お庭も見事です広縁の天井の化粧垂木の美しいこと一部天井に雨漏りが見られ、ブルーシートが掛かっていました。主が居なくなった浴室に、ヒ...

  • スギ時計に想いを託す

    松原の3世代住宅が完成し、お引渡しが行われました。以前紹介しましたがご家族で高知県ゆすはら町まで出向き伐採祈願祭を体験伐った杉は、床柱と玄関とリビングに素朴ながらもそのオーラは存在感を漂わせてますキッチンに立てかけられたスギ時計はこの家を設計したNさんがみんなで伐採祈願をしたことを忘れないで、とスギ時計に想いを託したようです。お節介で製作中に、時間の印しに「節」を載せて・・・・N君曰く「そこまでや...

  • 段階を追って、計画的リフォーム

    3年前に中古住宅を購入し、リフォームをされました。まだ子供さん(二人)も小さく、奥様は大きなお腹を抱えての打合せでした。ご予算の都合もあり、1階を重点的にリフォームをされ次は、子供さんの成長に合わせてリフォームしましょ、ということに2階に上がれば、小さく仕切られ視界を遮っていた壁が外され和室も畳を杉板に替え、一段落ちた天井がマッチしています。納戸は旦那様の書斎として壁の一面は小学4年生のお兄ちゃんが...

  • 余部鉄橋は今日も風がきつかった

    ゆったりとした朝を迎えたっぷりと朝食を満たし車で40分ほどの余部鉄橋へ昭和61年強風にあおられ40mの高さから列車が落下事故実は落下事故の以前に、数回餘部鉄橋を渡ったことがあり、その高さに怯えたものです。その後建て替えられ、タワーをエレベーターで上がると「空の駅」とし余部駅が列車が入るホームには多数のギャラリーが居たのですが乗ったのは一組のご夫婦だけ、全員撮り鉄だったようです。エレベーターが設置さ...

  • 夢を形に・三田の離れ

    三田の離れが完成し、無事お引渡しをしました。以前ここに建っていた家の梁(4本)を2階のリビングに再利用しています。二階に設けたミニキッチンも使い勝手に合わせて外観は至ってシンプルです。外壁に使われているのは、次世代ガルバリュウム鋼鈑と謳われているSGLですガルバリュウム鋼板は鉄で出来ていますが、錆び止として亜鉛とアルミニュウムの合金でメッキしています。SGLはそれにマグネシウムを加えることで亜鉛が強化され...

  • 久々の「くらわんか研修」

    毎年、行う研修ツアーもここ2年は行けず悶々としているのですが・・・・・心なしかスタッフの顔色も冴えず・・・・・・ということで、天空の城として知られる「竹田城跡」に行ってきました。10年ほど前に行ったときは、城跡の近くまで車で登れたのですが今は15~20分ほど自力で登らないとだめだということですかさずタクシーになだれ込む有様です。本日は雲海が素晴らしかったと運転手さんからの情報で知りました、が、朝9...

  • 瓦の葺き替えです

    最近、屋根はガルバリウム鋼鈑で仕上げることが多くなり、瓦屋根は少なくなりました。先日、京都で屋根瓦の葺き替え工事を行いました。7年前に長屋門の内部を打合せ室にリフォームさせて頂きましが屋根はそのままになっていました。(前回の内部のリフォーム)現在、長屋門の屋根がかなり傷んでおり、雨漏りもしているようです補修で済ませたいというご要望でしたが、傷んでいる瓦の差し替えだけでは、雨漏りを完全に止めるのは難し...

  • 大工さんの技が冴える家・完成です

    光風台のお家が (30坪) 完成しました。外構工事はお引渡しが完了した後に施工されるということで10月9、10日にオープンハウスをさせていただきました。お出迎えは、誰にでも優しい杉の腰掛です。床に張られたタイルも優しい雰囲気で・・・・・玄関わきに設けられたシューズクローゼットと愛犬の散歩用具なども収納されます。縦長の窓が光を奥まで届けてくれます。キッチンとリビングダイニング合わせて21帖にはヒノキの...

  • ところで、あんたは何派

    ところで、あんたは何派いや、いや、違う違うスギとヒノキのことです。先日完成したお宅は無節のちょー贅沢なヒノキの床板を多用され寝室や納戸の床にはスギを採用されました。丁度、寒流と暖流の潮境のように廊下と寝室が出会う箇所ですがどっちがどっちか分かりますよね廊下と思し召しところがヒノキで、相手側が杉で・・・いやわからん、てかスギも無節だったのですが当方は、言わずもがなのスギ派ですどうもヒノキは美しすぎて...

  • リフォームはマリッジブルーに似て

    豊能郡ときわ台の家が無事完了し、お引渡しが行われました。築35年の家を購入し、主に外部周りの屋根、外壁などのリフォームをされました。建物が完成してからということで、造園工事は現在進行中です。正面の石張状の壁にはダイカラットを貼っています色が大変気に入られたようで、よかったね元々平屋だったものを、小屋裏を活用してロフトを設けています。なかなか遊びのある家で、この広いリビングにハンモックを吊るし眠った...

  • 只今、階段造作中です

    現場の打合せに同行しました。現在、造作工事が進行中ですが先日断熱施工を終えた現場では丁度、階段の取り付けが行われていました。一番ややこしい回り階段の部分ですエビの様に体を折って・・・・・原寸を興し大工技術の見せ所ですが、最近では階段の寸法を出し、造作できる大工さんも少なくなっています。便利になることはいいのですが、伝統技術が忘れ去られていくのは残念です。それにしても、いつ来ても現場が美しいのは見事...

  • 人力車・初体験

    「木族」(機関紙) の締め切りに漸く解放され友人を誘い久し振りに出かけました。といってもほんの庭先ですが・・・・・姫路は赤穂に行ってきました。海鳥が魚を獲る様子を宿の窓からひたすら眺め夕食に追加注文した、「鯛の塩釜」は大ハズレで塩かれ~~ばっかり宿屋のご感想に「 高齢者に進めるな ! 」  としたためここまで来たからには姫路城やろ、と行くには行ったけど、上まで上がるに躊躇し又もや敵前逃亡と、その時い...

  • 嬉しい訪問者

    8月に企業研修生2名 (大阪工業技術専門学校) が一週間ずつ交代で建築士事務所民家に参加しました。丁度、8月に棟上げを行った現場と、構造見学会をした三田の現場で見学会の様子など好奇心満載で学んでいました。また、今取り組んでいる家の現実的なプランを考えたり完成した家の模型を製作したり、と黙々と作業をこなしていました。研修を終え、2週間が経ったころそれぞれが事務所を訊ねてくれました。なんと手土産に、手紙...

  • 縁結び

    一番好きなお城は松江城で何度か行ってます。数年前に行った写真が出てきました天守閣から見た絶妙な瓦の反り当然のように出雲大社に立ち寄り改めてご神木をよくよく見ると・・・・・幹に白い布が巻かれたように「おみくじ」がビッシリさすが縁結びの神様願わくば永遠に続くご縁でありますように余計なお節介か...

  • 三田の離れ・構造見学会

    母屋の隣に、20坪の離れを建築中です。以前紹介した古材の梁4本を据え付けた現場です。前の家で使われていた松梁です。高知ゆすはらの構造材を高知県でプレカットし、古材は大阪で大工さんが手刻みしたものです。古材は無料ですが、大工さんの加工手間と、運搬費に費用はかかります。(高知県ののぼりが・・・・・裏向きでんがな)設計のNさんが、コミ栓の説明をしていますコンパクトながらも、耐震3、断熱4とし間取りも可変的...

  • コミセンの儀に込める・棟が上がった 1

    雨続きで延びていた大阪の現場は、23日に無事棟が上がりました。ご近所の方からも「木のいい香りがしますねぇ」 国産材住宅は、1階の床から下は全てヒノキにしています。コロナのため、上棟式後に行っていた、お施主さんと職人さんも交えての交流会は出来ませんが上棟式を楽しく、印象深いものにしたいという思いで「込み栓打ちの儀」 をしています。大工さんの掛け声に合わせ、お施主さんに込み栓を打ってもらうのですが専門...

  • 三日じゃ、くたばりませんが・・・

    ほんとは今日が棟上げやったんやけど・・・・・・大雨予想、自然には逆らえず・・・・・、23日に延期です。ちょっと予定が狂っただけで、全てに及ぼす影響は大デス。基礎工事時の灼熱の太陽は嘘のように振り続ける雨が恨めしくもあります。長雨になればなるほど屋根やさん、板金屋さん、塗装やさん、外壁関係と仕事の滞った職人さんのせめぎあいが始まります。「 建築や殺すにゃ刃物はいらぬ、雨の三日も降ればいい 」とはよく...

  • メンテナンスあるある

    完成したマンションリフォームのお施主さんから事務所にお電話がありました。「トイレの電気が点きません」電話を受けたスタッフが早速、電気屋さんに連絡し、現場へ急いでもらいました。暫くして電気屋さんから報告がありました。どうでした ?「電気の球切れでした」(本文とは関係ありましぇん)ある時、店舗改装したお店から電話があったそうです。「電気が点きません」大急ぎで、お店に・・・・・ブレーカーが落ちてました。「...

  • 炎天下に棟が上がった

    今にも熱中症アラートが出そうな気配の中三田市で離れ屋の棟上げがありました。青々と波打つ稲が・・・前面道路の交通量が半端なく、ユニック車で棟上げです・・・・・が慣れないこともあり、なかなかクレーンの様にピンポイントで上げるには難しく・・・・・古材を再利用した梁材は、ここに収まりました。夕方5時に屋根仕舞を完了し、先ずは一安心です。棟梁の采配で上棟式が始まりお施主さんと現場監督により、四方の柱にお米、...

  • カンカン照りの「塗り壁教室」

    土曜日に「塗壁の体験教室」を開きました。気温35度の灼熱にもかかわらず、申し込みが多く、急遽、午前と午後に分けて行うことに前日、壁のパノラマセットづくりに、3人で午後7時~10時までかかったとのことお蔭さんで大人17名、子供7名さんが全員待つことなく体験することが出来ました。実技は井上さん、左官職人50年の超々ベテラン左官の講師免許も持っておられるようで説明も分かりやすく上手 ( 決してほめ殺しで...

  • あわや !

    けだるい暑さが続く昼下がりこ1階のトイレに下りたNさんが、水、みず、ミズ !と、血相を変えて階段を駆け上がってきました。ただならぬ様子に、ダダッと下りていくと焦げ臭いにおいが充満ええっ!軽トラのシートの下から煙が・・・・・!!!午前中に現場でアウロのワックス掛けをし使用したウエスをチリ取りの上に置いてたようです。大抵の場合、ワックス掛けは美装屋さんが行います使い慣れている者であれば、自然発火の危険を熟...

  • 涼を求めて来たものの

    早朝のテレビで紹介されているアートアクアリウム展の涼しげな金魚の映像に惹かれ連休に堂島まで行ってきました。花魁と名付けられた金魚鉢に、いるわいるわ見る人が見ればそれ相当の金魚だと・・・・思いながら見る人でない人が見れば、でかっ ! ・・・・・程度でころころに太った金魚に・・・・・何故か親近感を覚えぶち柄のぶさかわ金魚が一番可愛く・・・思えたのでありますそれにしても狭いお皿の中で、9月5日まで泳が...

  • 小屋づくりセミナー

    暑い暑いと言っても、涼しくはなりません。ならば、と1階の駐車場に小屋を立てました(、以前「ちびっ子棟上げ」で使ったものです。)何のために ?土曜日に「小屋をつくろう」というセミナーを行ったんです。セミナーの展開を案じたのですが・・・・・10名のご応募があり法規から始まって、つくり方の手順まで参加者さんから、もっと簡単につくれると思ってた法規のことまで関係すると思わへんかった知ってよかった、と、口々に...

  • ゆすはらへ伐採祈願

    家を建てるにあたって、子供に伝えておきたい・・・・・10日に地鎮祭を終えられたご家族が翌日向かった先は新しい家の柱や梁になる木が育った場所高知県ゆすはら町でした。伐採したスギ(60年生) の切り株です 伐採現場に・・・・チェンソーの音が静かな山林に響き渡ります。ズシーン、地響きと共にスギの大木が伐採され60年の生の重さが胎に伝わります。ご家族の感動も一入(ひとしお)、子供さんのハートにも驚きと共に、い...

  • 洗剤を変えてくれとは言い辛く

    最近、洗剤関係や香料などの臭いに敏感な方が増えています。シックハウスと同じく動悸やめまい嘔吐などの症状があり苦しむ方も多いと聞きます。音の問題と同じく、自分とって良い匂いであっても人によっては不快に感じ、体に変調をきたす方がいることを知っておきましょう。現在、マンションリフォームを行っているお施主さんは計画の段階から自分に合う建材を学び、試行錯誤の上施工にたどり着かれました。ところが、現場に入る職...

  • 兄ちゃん、大工さんか ?

    2、3日前から、1階の倉庫で丸鋸の音がしています。三田の家で再利用する梁の加工をしているようです。この家の設計を担当している中津氏ですが曲がった梁をどんな風に墨付けし、加工するのか興味もMAXに達したようです棟梁と揃い踏みでノコを引き始めました。解体して新築工事を進める場合柱や梁材を再利用して欲しいと、お願いされることがよくあります。ただ有効活用は良いことなんですが、再利用となると解体時に手間がかか...

  • 2等材と阪神タイガースの関係

    豊能の平屋の現場では無口組の大工さんにより造作工事がしんしん、しゅくしゅくと静かなること林のごとく進められております。どこを見ても美しくここのお宅は木工作家による造作家具が多用されます。きっとスギ、ヒノキに良く映えることでしょうキッチン上の天井に張られた杉板の美しいことこの家は元々から無地上小 (殆ど節の無い材) の使用で床、天井に使われている板材が大変綺麗ですが現在、節ありの材が不足しているとか、...

  • 受け継がれる松梁

    日曜日に三田で地鎮祭を行いました。田植えの終わった美しい田んぼに風がビュンビュン吹き、テントが吹き飛ばされそう一旦張ったテントを寝かせることに地鎮祭にはご夫妻と子供さんとお隣の母屋で暮らすご両親と、3世代が参加されました。今回の神主さんは地鎮祭の式次第を丁寧に説明され雨にあうことも無く滞りなく終えることができました。翌日、事務所の倉庫には解体前の家に使われていた松梁がデンと運び込まれていました。新...

  • 酒屋流・あいさつ

    7月に三田と松原で地鎮祭を行いますそこに献上する奉献酒を40年来の付き合いがある酒屋さんに頼みました。「さっぱりあきまへんわ」「呑み屋さんは助成金を貰えて小さい店ほど営業するより良いらしくて、TVを買うたり、車を買うたりしてるけど酒屋に八百屋に魚屋なんかには、何の補助もあれへんからワヤですわ周りに家が次々建ってるけど、お酒を頼みに来るとこなんかおまへんでどないなってまんねん 」 と、問う最近はリフォ...

  • マンションリノベ・明るさと風通しを求めて

    マンションリノベーションの見学会は多数のお申し込みを頂き、午前と午後の二回に分けて行われました。全ての水回りを入れ替え、間仕切壁の見直しと、床を杉板に張り替える工事です。殆どを解体し、7階から1階迄廃材を運ぶのですが強烈な管理人さんの指示でその都度、エレベーターや廊下の養生をしては剥がすを繰り返しナントとも効率が悪く、養生に追われる毎日マンションの水回りの配管は、こんな具合に床に這わしています洗面...

  • 1回目のプラン提案

    5月1日に訪問して、プラン提案を待ってもらっていたI 様のお宅へ、第一回目のプラン提案に同行しました。同じ敷地に建つ2棟の家を取壊し(北側道路の敷地です。)2mの接道を確保し、残った土地を売却(70㎡)することを考慮し、プラン計画を立てたようです。定年後、お二人の生活を考えて、予算も含め出来るだけコンパクトに、ということでした。1,2階合わせて21坪 (70㎡) ですが、一番気にされていた明るさと、風通しを重...

  • カラスの情報伝達力

    どうやって情報を伝達をしているのか、事務所の前に大きな飲食店があり、生ゴミの収集日はピンポイントでゴミ出しの時間を狙って集まってくる電線に30~40羽のカラスが騒がしく止まっているヒッチコックの鳥の様でナントも不気味シャッターで、もたつく間にワチャワチャと散らばってしまった。何か嘲笑っているようでいまいましい限りだ。それにしてもその伝達と統制力に唖然とし、羨ましくもある失敗の大方は、単純な伝達ミス...

  • ハッピーに頑張り過ぎないリフォーム

    はっきりしないお天気が続き蒸し暑さも増し、不快指数はうなぎ上りです。リフォームの解体現場では埃と音で職人さん達の体力も消耗します。リフォームも一度にすると金額が嵩みます。そこで最初は必要最小限に留め少しゆとりが出来たところで、第2段階に進めてもいいですよと、お話しているのですが・・・・・実践する人は少ないようです。確かに一度にする方が、コスト的には効率が計れるのですが5年前に中古住宅を購入し、リフ...

  • マンションの養生費は誰が負担するの

    午後からマンション改装の打合せにうかがいました。改装中のところがあるのか1階の廊下が綺麗に養生されていました。養生はその会社の姿勢が分かる大切な工程です。現場監督や職人さんも神経をつかうところでもあります。殆どのマンションは管理人さんの指示のもとエレベーターや通路など使用する場所には隈なく養生を施し工事が完了するまでそのままにし完了すれば、全て取り払います。ところがあるマンションで指示されたのは毎...

  • ZOOMセミナー プッツン応答なし 

    なかなか埒の開かないコロナにセミナー会場もクローズが続き今年に入ってセミナーに ZOOMを取り入れています(本文とは、一切関係ございません)双方、居ながらにして行えるというので楽ちんは楽ちんなんですが講師にすれば相手にどれだけ理解してもらえているのか建材一つをとっても、実際手に取るのと、写真で見るのとは大違い今一、理解度が伝わってきません顔を見て頷いてもらったり笑顔が見えることで理解してもらっているとい...

  • ベランダ菜園・プロローグ

    わが家のベランダ菜園はお施主さんからのいただきものばかり25年前に奈良のお施主さんからレモンなんちゃらというハーブを頂き枯れかけては水だけやって25年、耐えに耐え、茄子の花に似た小さな小さな紫の一輪名前も知らないのは失礼とネットで名前を調べても、わからないこのモミジは8年程前に、OBさん宅の庭先の紅葉の芽ちょいとつまんで連れて帰ったもの早い話がパク・・・1メートルに成長しそのうちベランダを占拠する勢...

  • 構造見学会・大工の仕事を見るべし

    5月29日にときわ台で構造見学会を行いました。まだ骨組みが見える状況で行う見学会はどこをどう見ていいのやら説明がなければ、ぶっちゃけ愛想もくそも無くブールーシートで覆われた中で一般的には、建物の概略を聞き木材の産地や材種に金物の説明などをし見学者は節が多いの少ないの、梁や柱が太いの細いの、現場が綺麗か汚いかなどそれぞれの目線でチェックし高々2~30分で終わってしまいそうですが、、、、どっこい、終わ...

  • 有馬富士と墓参り

    どこにも行けず、こんな時こそ墓参りと梅雨をかいくぐって出かけたんだけど・・・・・みんな同じことを考える様でいつも墓参りの帰りに立ち寄る蕎麦屋さんへここにも行列が出来ていました。有馬富士はいつ見ても清々しくてそう言えば24~5年前に有馬富士のふもとで家を建てたことがありました。少し変わっていたのは内部の仕上を自分でしたいということでしたが断熱材が見えた状態でお引渡しすることもできずボードを張った状態...

  • 教訓 ・ 差し入れはケチるな

    月曜日、今日は雨が降らんだろう、と光風台の現場へ箕面トンネルを抜けたところで雲行きが怪しくなり到着時には小雨がパラついて現場には大工さんと電気屋さんが入ってました阪急オアシスで買ったオロナミンCで活力を付けてもらおうと・・・・・するにはしたんですが皆さん、その程度では埒が明きそうもなくケチらずにアリナミンゴールドか坂本の「赤マムシ」にするべきだったと・・・・・後悔しきり吹き付け断熱の下の通気層を設...

  • 平屋の30坪は思った以上にデカイ

    先週土曜日に光風台で平屋の棟上げが行われました。前日に土台の敷き込みを済ませ形が出来上がってくるにつれ、より大きく感じられますいつもであれば賑やかに上棟式が行われるのですが今回は、コロナの関係で近隣への配慮もあり棟梁の指揮の元、工事の無事を祈願して式を無事に終了しました。翌日、引き続き屋根下地の合板が張られたのですが改めて30坪の屋根のデカさに驚かされました。これからどんな風に仕上がっていくのか楽...

  • まずは敷地プランで

    1カ月前にリノベーションの相談を受けて訪問したのですが、建物の劣化状況から2千万円をかけるのであれば老後に備え、小さな家を建てることをお勧めしました。問題は、細長い敷地に2棟の家が建ち両方とも解体となるとかなりの費用が掛かります。あまり急がないということだったので取り敢えず、解体金額を先に見積もることを約束し帰社したのですが・・・・・連休前に、連絡が入り 「一カ月経つのに連絡がないが、プランはまだ...

  • 国産材さん、何とかなりませんか。  

    10年前に一度、住宅相談を受けた方から電話がありました。息子さんが2世帯住宅を建てるというので地元のビルダーさんと工事契約をするところまで進んでいるようです。最初は在来工法でも、2×4工法でも建てられるということでしたところが在来工法は高くつくのでやめた方が良いと言われそれでも在来工法をと望めば木材が品薄でまして国産材は高くて手に入らない、と断られたそうです。家は国産材の在来工法でと決めていたので...

  • 「杉に遊び・杉に生きる」

    毎年、中国四国森林管理局(大阪・桜の宮)のロビーで、3週間ほど協会の展示をさせて頂いてます。丁度、造幣局の通り抜けがあったりで、桜の美しい時期ですが今年は桜の開花も早く、通り抜けも無しでちょっとさみしい景色です毎回テーマを決めて展示するのですが今回は「国産材一筋40年」「杉に遊び、杉に生きる」としました。内容は、一昨年完成し好評だった「倉庫を居宅にリノベーション」です。今年もコラボ展示は高知県事務所...

  • さくら子ちゃんのお家

    春うららの日、新築計画の打合せに同行しました。間取りプランの方向性を決める大切な打合せです前回打合せ時にお渡ししていたモケイを見たところ・・・・・モケイの部屋に家具が入っていました。さくら子ちゃん(小学1年)が創ったようですお家のことをいろいろ考えるのが好きだそうで画用紙一杯に住みたいお家が描かれていました。出来上がった家に「ハイ、どうぞ」ではなくてご家族一緒に住いづくりを楽しんでもらっているようで...

  • 鼻ぺちゃの弊害

    ここに来てこんな差をつけられるとは・・・マスクです。嫌なほうれい線も、口角のマリオネットも全て隠してくれると、喜んでみたものの息がしにくい女性スタッフの皆さんは、お洒落なマスクを次々としてくるのですが、涼しい顔なんで ?よくよく考えれば、奴らはちょっと鼻が高いそっかここにきて、ウン十年付き合った鼻べちゃの悲哀を味わうとは・・・・・・ひたすら息がし易いマスクを求めて玄関先はかくのとおりもうやめとこ不...

  • 心配の桜、花を咲かせる

    2月にお引渡しを済ませた茨木のK邸は「ふわふわのおうち」と名づけ、親子で気軽に立ち寄り遊べる「つどいの広場」であり地域の子育て支援の一環として子供の一時預かりや、子育て相談など活動をスタートされました。敷地にある老木の桜は、地域の方も楽しみにしていると伺いました。建築を計画する上では、大きくせり出した桜の枝が邪魔でした。伐るか残すかで判断を迫られる中長い間この地に根付き生きてきた桜を、こっちの都合...

  • 文化住宅のゆくえ

    大阪市の会員さんから文化住宅を購入し、1/3を自宅に後は賃貸にしたいというご要望がありました。文化住宅は高度成長期の昭和30年代に関西で多く建築された集合住宅です。それまでの集合住宅は中廊下に個室が並び、キッチンとトイレは共同でした。有名なところでは手塚治虫や石森章太郎が暮らしたトキワ荘などでいわゆる荘やアパートと呼ばれるものです。当初の文化住宅は戸別にキッチン、トイレはついていますがお風呂が無く、...

  • 古民家にて・久々の会食でした

    昨年の秋以来、外での会食はやめ事務所で出前のランチをとる程度しかしておらず久々の外食です。お店もお気遣い頂き、広い座敷を用意してもらって・・・お店の構えで、お料理の質を感じます。どんなお料理が・・・・・期待もMAX器は、竹の皮に金箔が施され、桃の花が添えられていました。八寸は3月ならではの蛤、タケノコ、飯蛸、のれそれ、白魚といった季節の食材が見ているだけで嬉しくなります。椀物には菱餅をかたどり、3色の...

  • 自沈を地鎮にかえた神業とは

    昨年の秋から計画していました平屋のお家が本日北摂で地鎮祭を迎えることが出来ました。何とかお天気も持ち堪えたようで地鎮祭は滞りなく執り行うことが出来ました。設計の中津さんも神妙な面持ちで、工事の無事を願いました。設計の矢野さんも手慣れぬ手つきで玉串奉奠(たまぐしほうてん)です若い神主さんが良く通る声で祝詞を上げられ爽やかな空気に包まれたのですが・・・・・神様をお迎え(降神の儀)しお施主様と施工者による穿...

  • ものも使いようで

    意外なものが意外なところに使われてると・・・・・・思わずニンマリアッ ! ガイシやんこのコロッとした形が可愛いこの子は二度の勤めを果たすことに潰しが効くって、こうゆうことやろか羨ましくもある※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。...

  • 民家流・誕生日

    協会の事務所内で、今、流行っているものがあります2年ほど前に設計の矢野さんが西脇市にある播州織の玉木新雌(ニイメ)工房を見つけました。綿の栽培から始め、企画、染め、織り、編みと一貫した作業で、一点物の作品を作っています。(玉木新雌)工房1昨年前の誕生日に、スタッフからショールのプレゼントを受けたんですそれがいたく気に入って、何度か通っているのですがどれもこれもに目移りがして、決めるのに一苦労。周りに広...

  • デキター!!!  杉のスマホスタンド

    コープ自然派おおさかのイベントで空堀商店街にある「からふる」で杉のスマホスタンド作りが開かれました指導に当たったのは、泣く子も笑顔に変えるという特技を持つ民家の中津さんです。ここの壁はCOOPの会員さんで「そよかぜ」を塗ったものですがなかなかの出来栄えです。それそれが杉板に描いたとおりにジグソーでカットもちろん作業担当は中津さん親子でご参加のお父さんも力作に挑戦所要時間、2時間でそれぞれの個性が光る集...

  • 高くついた授業料

    この時期、お天気も気温も上がったり下がったりで朝にならないと着て行く服も定まりません。以前、建築士事務所民家に勤めていたYさんから電話がありました現在は不動産会社にお勤めですが、若いお客さんから家の売却を依頼されたようです。新幹線のすぐ傍(5m)に建つ2019年に建てられた建売住宅(木造二階建て)だそうです。ところが住んでみると頻繁に通過する新幹線の音と揺れが半端なく売却を決断するに至ったようです。建物...

  • ドアを開けたら・・・おお !

    ふか喜(不動産屋)さんを通じて 2年前から中古住宅を探していたKさんから気に入った家が見つかったので、一度見て欲しいというご依頼です底冷え対策にカイロを貼りまくって出かけました。築50年の平屋です。外観は至ってスタンダード、屋根は一部を残し、葺き替えてありました。玄関ドアはかなりくたびれていました・・・・・がドアを開けて・・・・・おお !平屋の筈が小屋裏にベットルームが・・・8年前にリノベーションをさ...

  • 蔵にグランドピアノを入れたい

    奈良の閑静な地域に建ち築80年は経過した古民家です。現在は大阪のマンションで暮らしていることもあって長い間空き家にされていたそうです。広いお庭に四季折々の木々が植えられているのですが・・・・・空き家になるとどうしても手入れが行き届かず植栽も好き勝手に茂るようです。玄関の土間には竹が顔を出していました。増築を重ねた部分を取り払い元の原型に近い広さに減築をし明るさと風通しの良い家にしたいとのご希望です...

  • 樹木医さんの仕事

    茨木の現場の桜の樹はまだまだ固い小さな蕾を付けています作業中、重機が通ることもあり少し土が固くなっているため樹木医さんがメンテナンスを行いました。黒い蓋が見えますが栄養材と新鮮な空気を取り込みやすくし櫻の根っこがそこまで伸びる様に誘導しているそうです周りにはふわふわの木のチップが敷かれ暖かそうその子の状態を把握し健全に育つよう導くなんて子育てと一緒改めて樹木医さんって凄いわ 桜の開花を待ちわびる地...

  • 出来栄えは・・・・・

    1月15日に「心を込めて」で伝えた創作品は・・・・・完成のお祝いに創作したシューズ棚でした普段は上げて、雨降りには雨よけを下ろします。グリーンのヒモもおしゃれに、外観に表情をつけています横から見れば、風通し良く、臭いも籠もらずなんとか努力は報われたようです。よかった※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。...

  • 6段廻りの階段を、杉で包んでちょうだい

    階段部分を残し、国産材でリフォームをされた方から再度の追加注文がはいりました。「やっぱり階段も杉板にしたい」ということです。兎に角、新建材を見えなくしたい、というご要望です。(before)薄暗く重い感じの階段でした階段をすべて取り払って新しくするには、大工事となりお金もかかります。過去にも数件、階段の段板部分に杉板を張ったことはあるのですが6段廻りというのは、大工さんも初めてしたようでなかなかの苦戦を強...

  • この梁を、どこかに使いたい

    年末に、新しく離れを建てたいというご相談を受けました。先週の火曜日に現地調査に出かける筈でしたが天気が大荒れの予想で、1週間延ばしたのですが今朝の雲行きも怪しく、朝からチラチラと雪が舞いダウンの二枚重ねに、背中にホカロンマフラーをぐるぐる巻きにし現地に同行しました。ガレージの裏に建てる計画で以前建っていた建物はすでに解体されていました。その家に使われていた立派な梁が保管されこの梁をどこかに使って欲...

  • 心を込めて

    昨年末のクソ忙しい時に、スタッフの中津&矢野くんが何やらバタバタと連れもっていこら、で溶接技工士の講習に出かけよりました。3日間の講習で、試験に受かれば免許皆伝だそうです。半信半疑でしたがまさかの揃い踏みで免許皆伝になったそな本日朝から、事務所を出たり入ったりしてるなと思ってたんですが・・・倉庫で、ナントアイアンを前に奮闘溶接の鉄仮面まで付けて、まるでなり切り溶接工に木と鉄のコラボはお洒落ですが果...

  • 花咲かそ

    明けましておめでとうございます。本日、仕事始めです。今年もOBのお施主さんからお年賀が届きました見るほどに当時が思い出されて、自然と笑顔にさせられます。メールもいいけど、工夫を凝らした写真や言葉は心の奥に残るものがあります。昨年に引き続き、コロナウイルスに世界が震撼する状態が続いてます。毎日入る情報にモヤモヤ感は募るばかりですが、こんな時こそ笑ってぶっちぎりましょ 。当方、根拠のない自信あるのみ※「...

  • 年末ギリギリまで・・・

    茨木のおうちが、年明けのお引渡しに向け大工さんが外部の仕舞に年末まで頑張るということで現場を訪ねました。年末から年明けにかけて寒波が来るという予想です。何とか雨はかろうじて免れたようですが風が寒波を予感させます。キッチン周りの造作も終わったようです。可愛い手洗いも出来上がり二階ベランダの手すりが景色に映えていますお施主さんこだわりのアートガラスが、階段室に収まっていました。仕事始めは手づくり家具と...

ブログリーダー」を活用して、お茶漬けさんをフォローしませんか?

ハンドル名
お茶漬けさん
ブログタイトル
お茶漬け白書
フォロー
お茶漬け白書

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用