searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

お茶漬けさんのプロフィール

住所
大阪府
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
お茶漬け白書
ブログURL
http://yasuko38.blog63.fc2.com/
ブログ紹介文
国産材100%の住いづくりを25年やってきました、日本林業と大工さん、左官屋さんの技を残したい。
更新頻度(1年)

69回 / 365日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2008/03/24

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、お茶漬けさんをフォローしませんか?

ハンドル名
お茶漬けさん
ブログタイトル
お茶漬け白書
更新頻度
69回 / 365日(平均1.3回/週)
フォロー
お茶漬け白書

お茶漬けさんの新着記事

1件〜30件

  • メンテナンスあるある

    完成したマンションリフォームのお施主さんから事務所にお電話がありました。「トイレの電気が点きません」電話を受けたスタッフが早速、電気屋さんに連絡し、現場へ急いでもらいました。暫くして電気屋さんから報告がありました。どうでした ?「電気の球切れでした」(本文とは関係ありましぇん)ある時、店舗改装したお店から電話があったそうです。「電気が点きません」大急ぎで、お店に・・・・・ブレーカーが落ちてました。「...

  • 炎天下に棟が上がった

    今にも熱中症アラートが出そうな気配の中三田市で離れ屋の棟上げがありました。青々と波打つ稲が・・・前面道路の交通量が半端なく、ユニック車で棟上げです・・・・・が慣れないこともあり、なかなかクレーンの様にピンポイントで上げるには難しく・・・・・古材を再利用した梁材は、ここに収まりました。夕方5時に屋根仕舞を完了し、先ずは一安心です。棟梁の采配で上棟式が始まりお施主さんと現場監督により、四方の柱にお米、...

  • カンカン照りの「塗り壁教室」

    土曜日に「塗壁の体験教室」を開きました。気温35度の灼熱にもかかわらず、申し込みが多く、急遽、午前と午後に分けて行うことに前日、壁のパノラマセットづくりに、3人で午後7時~10時までかかったとのことお蔭さんで大人17名、子供7名さんが全員待つことなく体験することが出来ました。実技は井上さん、左官職人50年の超々ベテラン左官の講師免許も持っておられるようで説明も分かりやすく上手 ( 決してほめ殺しで...

  • あわや !

    けだるい暑さが続く昼下がりこ1階のトイレに下りたNさんが、水、みず、ミズ !と、血相を変えて階段を駆け上がってきました。ただならぬ様子に、ダダッと下りていくと焦げ臭いにおいが充満ええっ!軽トラのシートの下から煙が・・・・・!!!午前中に現場でアウロのワックス掛けをし使用したウエスをチリ取りの上に置いてたようです。大抵の場合、ワックス掛けは美装屋さんが行います使い慣れている者であれば、自然発火の危険を熟...

  • 涼を求めて来たものの

    早朝のテレビで紹介されているアートアクアリウム展の涼しげな金魚の映像に惹かれ連休に堂島まで行ってきました。花魁と名付けられた金魚鉢に、いるわいるわ見る人が見ればそれ相当の金魚だと・・・・思いながら見る人でない人が見れば、でかっ ! ・・・・・程度でころころに太った金魚に・・・・・何故か親近感を覚えぶち柄のぶさかわ金魚が一番可愛く・・・思えたのでありますそれにしても狭いお皿の中で、9月5日まで泳が...

  • 小屋づくりセミナー

    暑い暑いと言っても、涼しくはなりません。ならば、と1階の駐車場に小屋を立てました(、以前「ちびっ子棟上げ」で使ったものです。)何のために ?土曜日に「小屋をつくろう」というセミナーを行ったんです。セミナーの展開を案じたのですが・・・・・10名のご応募があり法規から始まって、つくり方の手順まで参加者さんから、もっと簡単につくれると思ってた法規のことまで関係すると思わへんかった知ってよかった、と、口々に...

  • ゆすはらへ伐採祈願

    家を建てるにあたって、子供に伝えておきたい・・・・・10日に地鎮祭を終えられたご家族が翌日向かった先は新しい家の柱や梁になる木が育った場所高知県ゆすはら町でした。伐採したスギ(60年生) の切り株です 伐採現場に・・・・チェンソーの音が静かな山林に響き渡ります。ズシーン、地響きと共にスギの大木が伐採され60年の生の重さが胎に伝わります。ご家族の感動も一入(ひとしお)、子供さんのハートにも驚きと共に、い...

  • 洗剤を変えてくれとは言い辛く

    最近、洗剤関係や香料などの臭いに敏感な方が増えています。シックハウスと同じく動悸やめまい嘔吐などの症状があり苦しむ方も多いと聞きます。音の問題と同じく、自分とって良い匂いであっても人によっては不快に感じ、体に変調をきたす方がいることを知っておきましょう。現在、マンションリフォームを行っているお施主さんは計画の段階から自分に合う建材を学び、試行錯誤の上施工にたどり着かれました。ところが、現場に入る職...

  • 兄ちゃん、大工さんか ?

    2、3日前から、1階の倉庫で丸鋸の音がしています。三田の家で再利用する梁の加工をしているようです。この家の設計を担当している中津氏ですが曲がった梁をどんな風に墨付けし、加工するのか興味もMAXに達したようです棟梁と揃い踏みでノコを引き始めました。解体して新築工事を進める場合柱や梁材を再利用して欲しいと、お願いされることがよくあります。ただ有効活用は良いことなんですが、再利用となると解体時に手間がかか...

  • 2等材と阪神タイガースの関係

    豊能の平屋の現場では無口組の大工さんにより造作工事がしんしん、しゅくしゅくと静かなること林のごとく進められております。どこを見ても美しくここのお宅は木工作家による造作家具が多用されます。きっとスギ、ヒノキに良く映えることでしょうキッチン上の天井に張られた杉板の美しいことこの家は元々から無地上小 (殆ど節の無い材) の使用で床、天井に使われている板材が大変綺麗ですが現在、節ありの材が不足しているとか、...

  • 受け継がれる松梁

    日曜日に三田で地鎮祭を行いました。田植えの終わった美しい田んぼに風がビュンビュン吹き、テントが吹き飛ばされそう一旦張ったテントを寝かせることに地鎮祭にはご夫妻と子供さんとお隣の母屋で暮らすご両親と、3世代が参加されました。今回の神主さんは地鎮祭の式次第を丁寧に説明され雨にあうことも無く滞りなく終えることができました。翌日、事務所の倉庫には解体前の家に使われていた松梁がデンと運び込まれていました。新...

  • 酒屋流・あいさつ

    7月に三田と松原で地鎮祭を行いますそこに献上する奉献酒を40年来の付き合いがある酒屋さんに頼みました。「さっぱりあきまへんわ」「呑み屋さんは助成金を貰えて小さい店ほど営業するより良いらしくて、TVを買うたり、車を買うたりしてるけど酒屋に八百屋に魚屋なんかには、何の補助もあれへんからワヤですわ周りに家が次々建ってるけど、お酒を頼みに来るとこなんかおまへんでどないなってまんねん 」 と、問う最近はリフォ...

  • マンションリノベ・明るさと風通しを求めて

    マンションリノベーションの見学会は多数のお申し込みを頂き、午前と午後の二回に分けて行われました。全ての水回りを入れ替え、間仕切壁の見直しと、床を杉板に張り替える工事です。殆どを解体し、7階から1階迄廃材を運ぶのですが強烈な管理人さんの指示でその都度、エレベーターや廊下の養生をしては剥がすを繰り返しナントとも効率が悪く、養生に追われる毎日マンションの水回りの配管は、こんな具合に床に這わしています洗面...

  • 1回目のプラン提案

    5月1日に訪問して、プラン提案を待ってもらっていたI 様のお宅へ、第一回目のプラン提案に同行しました。同じ敷地に建つ2棟の家を取壊し(北側道路の敷地です。)2mの接道を確保し、残った土地を売却(70㎡)することを考慮し、プラン計画を立てたようです。定年後、お二人の生活を考えて、予算も含め出来るだけコンパクトに、ということでした。1,2階合わせて21坪 (70㎡) ですが、一番気にされていた明るさと、風通しを重...

  • カラスの情報伝達力

    どうやって情報を伝達をしているのか、事務所の前に大きな飲食店があり、生ゴミの収集日はピンポイントでゴミ出しの時間を狙って集まってくる電線に30~40羽のカラスが騒がしく止まっているヒッチコックの鳥の様でナントも不気味シャッターで、もたつく間にワチャワチャと散らばってしまった。何か嘲笑っているようでいまいましい限りだ。それにしてもその伝達と統制力に唖然とし、羨ましくもある失敗の大方は、単純な伝達ミス...

  • ハッピーに頑張り過ぎないリフォーム

    はっきりしないお天気が続き蒸し暑さも増し、不快指数はうなぎ上りです。リフォームの解体現場では埃と音で職人さん達の体力も消耗します。リフォームも一度にすると金額が嵩みます。そこで最初は必要最小限に留め少しゆとりが出来たところで、第2段階に進めてもいいですよと、お話しているのですが・・・・・実践する人は少ないようです。確かに一度にする方が、コスト的には効率が計れるのですが5年前に中古住宅を購入し、リフ...

  • マンションの養生費は誰が負担するの

    午後からマンション改装の打合せにうかがいました。改装中のところがあるのか1階の廊下が綺麗に養生されていました。養生はその会社の姿勢が分かる大切な工程です。現場監督や職人さんも神経をつかうところでもあります。殆どのマンションは管理人さんの指示のもとエレベーターや通路など使用する場所には隈なく養生を施し工事が完了するまでそのままにし完了すれば、全て取り払います。ところがあるマンションで指示されたのは毎...

  • ZOOMセミナー プッツン応答なし 

    なかなか埒の開かないコロナにセミナー会場もクローズが続き今年に入ってセミナーに ZOOMを取り入れています(本文とは、一切関係ございません)双方、居ながらにして行えるというので楽ちんは楽ちんなんですが講師にすれば相手にどれだけ理解してもらえているのか建材一つをとっても、実際手に取るのと、写真で見るのとは大違い今一、理解度が伝わってきません顔を見て頷いてもらったり笑顔が見えることで理解してもらっているとい...

  • ベランダ菜園・プロローグ

    わが家のベランダ菜園はお施主さんからのいただきものばかり25年前に奈良のお施主さんからレモンなんちゃらというハーブを頂き枯れかけては水だけやって25年、耐えに耐え、茄子の花に似た小さな小さな紫の一輪名前も知らないのは失礼とネットで名前を調べても、わからないこのモミジは8年程前に、OBさん宅の庭先の紅葉の芽ちょいとつまんで連れて帰ったもの早い話がパク・・・1メートルに成長しそのうちベランダを占拠する勢...

  • 構造見学会・大工の仕事を見るべし

    5月29日にときわ台で構造見学会を行いました。まだ骨組みが見える状況で行う見学会はどこをどう見ていいのやら説明がなければ、ぶっちゃけ愛想もくそも無くブールーシートで覆われた中で一般的には、建物の概略を聞き木材の産地や材種に金物の説明などをし見学者は節が多いの少ないの、梁や柱が太いの細いの、現場が綺麗か汚いかなどそれぞれの目線でチェックし高々2~30分で終わってしまいそうですが、、、、どっこい、終わ...

  • 有馬富士と墓参り

    どこにも行けず、こんな時こそ墓参りと梅雨をかいくぐって出かけたんだけど・・・・・みんな同じことを考える様でいつも墓参りの帰りに立ち寄る蕎麦屋さんへここにも行列が出来ていました。有馬富士はいつ見ても清々しくてそう言えば24~5年前に有馬富士のふもとで家を建てたことがありました。少し変わっていたのは内部の仕上を自分でしたいということでしたが断熱材が見えた状態でお引渡しすることもできずボードを張った状態...

  • 教訓 ・ 差し入れはケチるな

    月曜日、今日は雨が降らんだろう、と光風台の現場へ箕面トンネルを抜けたところで雲行きが怪しくなり到着時には小雨がパラついて現場には大工さんと電気屋さんが入ってました阪急オアシスで買ったオロナミンCで活力を付けてもらおうと・・・・・するにはしたんですが皆さん、その程度では埒が明きそうもなくケチらずにアリナミンゴールドか坂本の「赤マムシ」にするべきだったと・・・・・後悔しきり吹き付け断熱の下の通気層を設...

  • 平屋の30坪は思った以上にデカイ

    先週土曜日に光風台で平屋の棟上げが行われました。前日に土台の敷き込みを済ませ形が出来上がってくるにつれ、より大きく感じられますいつもであれば賑やかに上棟式が行われるのですが今回は、コロナの関係で近隣への配慮もあり棟梁の指揮の元、工事の無事を祈願して式を無事に終了しました。翌日、引き続き屋根下地の合板が張られたのですが改めて30坪の屋根のデカさに驚かされました。これからどんな風に仕上がっていくのか楽...

  • まずは敷地プランで

    1カ月前にリノベーションの相談を受けて訪問したのですが、建物の劣化状況から2千万円をかけるのであれば老後に備え、小さな家を建てることをお勧めしました。問題は、細長い敷地に2棟の家が建ち両方とも解体となるとかなりの費用が掛かります。あまり急がないということだったので取り敢えず、解体金額を先に見積もることを約束し帰社したのですが・・・・・連休前に、連絡が入り 「一カ月経つのに連絡がないが、プランはまだ...

  • 国産材さん、何とかなりませんか。  

    10年前に一度、住宅相談を受けた方から電話がありました。息子さんが2世帯住宅を建てるというので地元のビルダーさんと工事契約をするところまで進んでいるようです。最初は在来工法でも、2×4工法でも建てられるということでしたところが在来工法は高くつくのでやめた方が良いと言われそれでも在来工法をと望めば木材が品薄でまして国産材は高くて手に入らない、と断られたそうです。家は国産材の在来工法でと決めていたので...

  • 「杉に遊び・杉に生きる」

    毎年、中国四国森林管理局(大阪・桜の宮)のロビーで、3週間ほど協会の展示をさせて頂いてます。丁度、造幣局の通り抜けがあったりで、桜の美しい時期ですが今年は桜の開花も早く、通り抜けも無しでちょっとさみしい景色です毎回テーマを決めて展示するのですが今回は「国産材一筋40年」「杉に遊び、杉に生きる」としました。内容は、一昨年完成し好評だった「倉庫を居宅にリノベーション」です。今年もコラボ展示は高知県事務所...

  • さくら子ちゃんのお家

    春うららの日、新築計画の打合せに同行しました。間取りプランの方向性を決める大切な打合せです前回打合せ時にお渡ししていたモケイを見たところ・・・・・モケイの部屋に家具が入っていました。さくら子ちゃん(小学1年)が創ったようですお家のことをいろいろ考えるのが好きだそうで画用紙一杯に住みたいお家が描かれていました。出来上がった家に「ハイ、どうぞ」ではなくてご家族一緒に住いづくりを楽しんでもらっているようで...

  • 鼻ぺちゃの弊害

    ここに来てこんな差をつけられるとは・・・マスクです。嫌なほうれい線も、口角のマリオネットも全て隠してくれると、喜んでみたものの息がしにくい女性スタッフの皆さんは、お洒落なマスクを次々としてくるのですが、涼しい顔なんで ?よくよく考えれば、奴らはちょっと鼻が高いそっかここにきて、ウン十年付き合った鼻べちゃの悲哀を味わうとは・・・・・・ひたすら息がし易いマスクを求めて玄関先はかくのとおりもうやめとこ不...

  • 心配の桜、花を咲かせる

    2月にお引渡しを済ませた茨木のK邸は「ふわふわのおうち」と名づけ、親子で気軽に立ち寄り遊べる「つどいの広場」であり地域の子育て支援の一環として子供の一時預かりや、子育て相談など活動をスタートされました。敷地にある老木の桜は、地域の方も楽しみにしていると伺いました。建築を計画する上では、大きくせり出した桜の枝が邪魔でした。伐るか残すかで判断を迫られる中長い間この地に根付き生きてきた桜を、こっちの都合...

  • 文化住宅のゆくえ

    大阪市の会員さんから文化住宅を購入し、1/3を自宅に後は賃貸にしたいというご要望がありました。文化住宅は高度成長期の昭和30年代に関西で多く建築された集合住宅です。それまでの集合住宅は中廊下に個室が並び、キッチンとトイレは共同でした。有名なところでは手塚治虫や石森章太郎が暮らしたトキワ荘などでいわゆる荘やアパートと呼ばれるものです。当初の文化住宅は戸別にキッチン、トイレはついていますがお風呂が無く、...

カテゴリー一覧
商用