プロフィールPROFILE

S教授さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
S教授の次はどの株買えば良いか指南
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/s_labo/
ブログ紹介文
<主要セクターの動向>等を日々配信しております。株全般有益な情報をUPしております。CFP認定者
更新頻度(1年)

738回 / 332日(平均15.6回/週)

ブログ村参加:2008/03/24

S教授さんのプロフィール
読者になる

S教授さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,806サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 20 10 0 20 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,645サイト
専業投資家 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 174サイト
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 48,334位 50,910位 50,888位 50,991位 59,544位 66,441位 54,770位 977,806サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 20 10 0 20 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 1,356位 1,404位 1,397位 1,414位 1,603位 1,749位 1,510位 13,645サイト
専業投資家 13位 12位 12位 12位 14位 14位 12位 174サイト
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,806サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 20 10 0 20 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,645サイト
専業投資家 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 174サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、S教授さんの読者になりませんか?

ハンドル名
S教授さん
ブログタイトル
S教授の次はどの株買えば良いか指南
更新頻度
738回 / 332日(平均15.6回/週)
読者になる
S教授の次はどの株買えば良いか指南

S教授さんの新着記事

1件〜30件

  • 午後の戦略 : イベントリスクをケア → マイルド直しを強気に!

    前場の日経平均は反落。前日のNY株は小幅な上下に止まったものの、トランプ大統領による「対中制裁の強化」示唆、先物主導で上昇した昨日の反動、香港株安への警戒感などを重石に軟調に推移。東証主力株は素材や外需系セクターを中心に概ね軟調。中小型株は4396 システム

  • 本日の戦略 : 目線は下げずに半歩後退!

    おはようございます。昨日のNY株式市場は27,700ドルを挟んだ小幅な上下の末に前日同値で取引を終了。決済サービス「フェイスブックペイ」の開始を発表したフェイスブック株が買われたナスダックは続伸。米中貿易交渉に絡めては、トランプ大統領による「第一段階の合意は近

  • 東京市場(大引け) 大気と呼吸をリンクする!

    本日の日経平均は反発。前日のNY株が債券休場、パウエルFRB議長の議会証言待ち、中国共産党の香港弾圧などを背景に方向感乏しく経過した流れを受けて、午前中は23,300円台で持ち合う展開に。午後に入ると香港株の底堅さが先物買いを誘発し、終値ベースでの年初来高値を

  • 午後の戦略 : 前倒しの余力確保 → 好トレンド銘柄の押し目買い

    前場の日経平均はNY株の最高値更新を追い風に買い優勢で寄り付くと、明晩のパウエルFRB議長の議会証言を前に23,300円台で様子見色の強い展開に。東証主力株は売り優勢。9983 ファストリ、8028 ユニーファミマ、6988 日東電工が指数を下支え。中小型株は2180 サニーサイ

  • 本日の戦略 : 目先の調整局面を許容できるスタイルで!

    おはようございます。昨日のNY株式市場は小幅に3日続伸。米中部分合意に対する過度の楽観の剥落、中国共産党による香港弾圧への警戒感などを重石に寄り付き早々に27,517ドル(-163)まで下落したものの、午後は前日終値水準でしっかりと推移。個別ではボーイングとウォル

  • 東京市場(大引け) 模様眺め

    本日の日経平均は反落。先週末のNY株が小幅ながら連日で過去最高値を更新した流れを引き継いで寄り付き早々に23,471円(+79)まで上昇。しかし、米中貿易交渉における「段階的な追加関税の縮小」に否定的なトランプ大統領の発言、コンセンサスを下回った9月機械受注(前月

  • 午後の戦略 : 続・急がば回れ!

    前場の日経平均は23,400円台前半にて小高く寄り付くと、現在(10:40)は23,300円台後半で弱含む展開に。東証主力株は高安マチマチ。9735 セコム、4021 日産化学、2413 エムスリー、7267 ホンダが指数を下支え。中小型株は 3660 アイスタイル、2395 新日本科学、6640 

  • 本日の戦略 : 奇を衒わず、王道を丹念に!

    おはようございます。先週末のNY株は小幅続伸、日経先物は23,450円(+70)で取引を終了。週末の市場環境に目立った変化はありませんので、本日は23,400円台での買い優勢のスタート後、引けにかけてはNYダウ&米債券先物・ドル円動向を睨みながらの推移へ。想定レンジは2

  • 週間展望 : 買い優勢も波乱含み!

    おはようございます。週末のNY株式市場は小幅続伸。前日の大幅高要因となった「米中追加関税の段階的な撤回を含む部分合意」に懐疑的な見方を示したトランプ発言をきっかけに利確優位で寄り付いたものの、27,500ドル台では押し目買いが下支えとなり、午後は概ね27,600ドル

  • 東京市場(大引け) 朝高後は上げ幅を縮小

    本日の日経平均は続伸。米中部分合意における「米中双方の追加関税の段階的な引き下げ」見込みで上昇したNY市場の流れを引き継ぎ買いが先行。寄り付きそ早々に23,591円(+260)まで上昇した後は利益確定売りに押されて23,313円まで下落したものの、引けにかけては押し目買

  • ☆ 9716 乃村工藝社

    ☆ 9716 乃村工藝社前引け後に2020年2月期経常益の上方修正(94億円→111億円)と通期配当の上方修正(25円→30円)を発表しています。現時点で1,370円台で推移しているように株価の反応はいま一つですが、株高とともに上方修正が周知されるようなら・・・!

  • 午後の戦略 : 的を絞った押し目買い!

    前場の日経平均は続伸。米中報復関税の段階的解消期待で大幅高となったNY市場の流れを引き継ぎ、寄り付き早々に23,591円(+260)まで上昇すると、前引けにかけては利確売りや週末のポジション整理を重石に23,300円付近まで急速に軟化。東証主力株は半導体が売られた以外は

  • 本日の戦略 : 飛び乗らない勇気、売りすぎない勇気!

    おはようございます。昨日のNY株式市場は反発。中国商務省による「米中双方が貿易戦争の過程で発動した追加関税を段階的に廃止することで合意した」との発表を好感して買いが先行。キャタピラー、ボーイング、3M、ダウ・ケミカルなど中国関連の他、ゴールドマンサックス

  • 東京市場(大引け) 米中協議の変化待ち

    本日の日経平均は小幅に続伸。米中首脳会談の12月への先送り報道、決算を嫌気された指数寄与度の大きいソフトバンク(9984)株安、108.60円台までのドル円の軟化などが重石となった、後場入り直後には25,253円(-50)まで下落。しかし、トヨタ(7203)の好決算+自社株買い

  • 午後の戦略 : 続・脇を締めつつ前に!

    前場の日経平均は、動意の乏しかったNYなりに23,200円台好感から23,300円付近での持ち合いに終始。東証主力株も特色のない高安マチマチの商状に。中小型株は 6615 UMCエレク、6707 サンケン電気、6584 三桜工業、3545 デファクトスタンダード、6444 サンデン、706

  • ★ 本日の戦略 : ポジション調整にて環境の変化待ち!

    おはようございます。昨日のNY株式市場は小幅に反落。27,400ドル台前半ではFOMC後の騰勢を受けた押し目買いが下支えとなった一方、27,500ドル台では利益確定売り、ロイターによる「米中首脳会談が12月に延期される見通し」報道などが重石に。個別では直近買われたエネ

  • 東京市場(大引け) 高値圏で売り買い交錯

    本日の日経平均は続伸。米中部分合意期待を高めるFT(フィナンシャルタイムズ)報道を追い風に最高値を更新したNY株に呼応して寄り付き早々に23,352円(+100)まで上昇すると、引けにかけては23,300円を挟んで売り買いが交錯。東証主力株は、素材・エネルギー、金融、建

  • 午後の戦略 : 続・リスクを管理しながら強気継続!

    前場の日経平均は、前日のNY株・ドル円の騰勢を追い風に寄り付き早々に23,352円(+100)まで上昇すると、買い一巡後は利確売りが重石となって23,200円台で持ち合う展開に。東証主力株も高安マチマチ。9983 ファストリ、8028 ファミリーマート、6954 ファナック、6871 

  • 本日の戦略 : 順張り強気スタンス + リスク管理!

    おはようございます。昨日のNY株式市場は続伸。米中貿易交渉への期待やコンセンサスを上回った10月ISM非製造業景気指数を追い風として10時ごろに27,560ドル(+98)まで上昇すると、買い一巡後は27,500ドルを挟んだ持ち合いに移行。個別では ボーイングやハイテクの一

  • 東京市場(大引け)「先物23,000円の壁」を突破!

    本日の日経平均は大幅反発。連休中のNY株が、良好な米雇用統計や米中部分合意への期待の高まりを背景に過去最高値を更新した流れを好感して寄りから23,100円台まで上昇。昼過ぎには108.80台まで切り返したドル円、中国当局の金融緩和策 & 上海株高などが先物での売り方の

  • 午後の戦略 : 続・退路を確認しながら前へ!

    前場の日経平均は大幅続伸。連休中のNY株式市場が良好な米雇用統計や米中部分合意期待を背景に最高値を更新した勢いを引き継ぎ買いが先行。寄りから23,100円台まで上昇すると、前引けにかけても23,200円付近でしっかりと推移。東証主力株は 5706 三井金属、9104 商船三

  • 本日の戦略 : 退路を確認しながら前へ!

    おはようございます。昨日のNY市場は続伸にて過去最高値を更新!先週末の米雇用統計を好感した急騰の余韻に加えて、トランプ大統領が相生亜州での米中首脳会談を計画しているとのウォールストリートジャーナルの報道も追い風に寄り付き早々に27,517ドル(+170)まで上昇す

  • 日本市場展望 11/5~8 : 指数はしっかり、個別は局所物色

    ■ 週間展望 : 指数はしっかり、個別は局所物色FOMC通過後も騰勢を維持した外部環境なりの堅調地合いをベースに、米債券市場における需給動向、米中部分合意を巡る情勢の変化を加減した推移へ。想定レンジは22,600~23,200円。リスクシナリオとしては、米中部分合意ム

  • NY市場展望 : 買い優勢 ± 米中協議

    おはようございます。週末のNY株式市場は急反発。朝方発表された米10月雇用統計にて非農業部門の雇用増が市場予想の9万人を上回る12万人に達し、8,9月分も上方修正された事を好感して買いが先行。テクニカ要因(前日の10日線に示した下値抵抗感)、長期金利の上昇も追い風

  • 東京市場(大引け) 反落も底堅く!

    本日の日経平均は反落。NY市場にて米中協議に懐疑的な報道や米中景況感の軟化を背景に「債券買い(金利低下)株式売り」が進展した流れを受けて寄り付き早々に22,705円(-221)まで下落すると、NYダウ先物や中国株の騰勢が買い戻しを誘発し、昼ごろには22,800円台半ばま

  • 午後の戦略 : 続・脇を締めて取捨選択!

    前場の日経平均は反落。NY市場での利確賛成ムードを受けた軟調スタートから22,705円(-221)まで下落すると、現在も22,700円台で弱含む展開に。東証主力株は素材エネルギーや機械セクターを中心に概ね軟調。中小型株は 2492 インフォマート、2130 メンバーズ、9479 イ

  • 本日の戦略 : 金利・株価の同時安は脇を締めて!

    おはようございます。昨日のNY株式市場は反落。最高値圏までの上昇により利確売りバイアスが高まっていたところに、中国製造業PMIやシカゴPMIの悪化、「中国高官は米中部分合意に懐疑的」とのブルームバーグ報道などが呼び水にとなって債券買い(金利低下)株式売り

  • 東京市場(大引け) 指数はしっかり、個別は動揺

    本日の日経平均は反発。パウエルFRB議長の「予防的利下げの一時停止」示唆を経て堅調に推移したNY株に呼応して9:40ごろに22,988円(+145)まで上昇すると、引けにかけてはコンセンサスを下回った中国10月製造業PMI、翌日の米雇用統計や週末からの3連休を意識した

  • 午後の戦略 : 続・月初の特殊需給&連休シフト!

    前場の日経平均は続伸。FOMC後のNY株の騰勢を好感して買い優勢で寄り付くと、22,988円(+145)まで上値を切り上げた後は、先物での23,000円の抵抗感、コンセンサスを下回った中国10月製造業PMI、連休前のポジション整理売りなどが重石となり、22,800円台で売り買い

  • 本日の戦略 : 強気度アップは一時見送り!

    おはようございます。昨日のNY株式市場は反発。パウエルFRB議長による「現在の予防的利下げは一時停止」示唆を嫌気する場面もあったものの、今後の利下げ余地を残したことで「景気良化+低金利トレンドの継続」期待が高められ、引けにかけては堅調に推移。朝方発表され

カテゴリー一覧
商用