searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

しばいぬさんのプロフィール

住所
神奈川県
出身
未設定

趣味は映画鑑賞(アニメ含む)、読書(漫画含む)、観劇(ミュージカル含む) 印象に残った物はどんどん書いていきます。

ブログタイトル
お茶の友
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/shibainu425/
ブログ紹介文
映画、観劇、アニメ、漫画等、気ままに綴ったブログです。現在古川雄大さんの舞台追いかけ中
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2008/03/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、しばいぬさんの読者になりませんか?

ハンドル名
しばいぬさん
ブログタイトル
お茶の友
更新頻度
集計中
読者になる
お茶の友

しばいぬさんの新着記事

1件〜30件

  • 激しく、純粋

    ミュージカル「モーツァルト!」を観劇して来ました(6月10日昼公演)これまで映像で見る事はありましたが、4代目で初演の古川雄大さんのヴォルフガングで初観劇。初の帝劇主演でこのヴォルフガングを演じるのはとてもハードルが高かったであろうと察せられますし、実際

  • ハゲタカ再び

    あの「ハゲタカ」が民放で再ドラマ化ですねビックリ木曜ドラマ『ハゲタカ』/テレビ朝日思えばNHK版「ハゲタカ」が放送されたのが2007年劇場版が2009年ですってよ奥さん・・・そんなに前だったっかしら・・・。久々のハゲタカカテゴリーの更新でございます。ハゲタカ

  • 歴史の波間に浮かんで消えてゆく

    ミュージカルを観てきました。若手の熱気とベテランのカッコ良さ、ダンスの迫力で圧巻の舞台でした。1789~バスティーユの恋人たち~1789年のフランス革命への軌跡と人々の恋愛模様を描いたフランス発のミュージカル作品。日本では2016年に上陸で今回は再演となります

  • You only live once

    色々見たのでサクっと感想をば。映画「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」メリル・ストリープとヒュー・グラント主演。音痴で有名な実在した女性歌手と、彼女を支えた献身的な夫を中心に描かれるヒューマンドラマ。決して綺麗な所だけを描いてはいないのですが、それ

  • ちょっと変わった組合せ

    最近の鑑賞色々。バイバイ、ブラックバード5股男と怪女のロードムービー的ドラマ。原作は伊坂幸太郎。原作は未読ですがあらすじとキャストを知って興味を持ちました。ストーリーの明快な答えや詳細が分からないとダメな方にはちょっと勧められない気もしますが、初回か

  • 気づけば桜シーズン

    気付けばもう3月も終わりそうじゃないですか。ビックリ。生執事の感想はDVD発売してから改めてって事にします。年明けの東京公演から始まり雪のチラつく久留米、2018年はまだまだ観劇が続くのできっとあっという間に終わってしまうと思います。って言うか自分古川雄大

  • 「さぁ、新しい日々へ」

    生執事の感想なんですが、やったら長いので最小限にしようとしてまだ終わってないのでいつアップするのか謎なんですけど、とりあえず古川雄大さんのアルバムが発売されたのでその話題で。Yuta Furukawa/F coat近年専らDL派なので、物凄い久々にCDで購入。ミュージカ

  • 世界で一番のカンパニア

    東京楽も観に行きましたが、福岡公演も初日と大千穐楽を観に行ってきました。何かもう、胸がいっぱい!キャストスタッフの皆様、長い航海お疲れ様でした。そして本当にありがとうございました!ちゃんとした作品の感想は後日アップする予定です。東京公演の感想はコチラ

  • 久々に海外ドラマ

    D-Lifeで鑑賞中。相変わらず面白い。ルイスの出番が増えた気がして嬉しい。SUITSseason2NYの大手法律事務所を舞台に、敏腕弁護士のハービーと、訳ありながらも有能な青年マイクのコンビを軸にクールに展開してゆくリーガルドラマ第2期。前から思ってたけどこの事務所

  • 羨望と崇拝と嫉妬と憎悪

    昔観てとても感銘を受けた映画でしたが再び見て新たな魅力を感じました。泣ける映画だったのだなぁ・・・(だいぶ前にチラッと書いたこの作品の感想が凄くアホで恥ずかしくなった)マレーナ「ニューシネマパラダイス」等で有名なイタリアのジョゼッペ・トルナトーレ監督

カテゴリー一覧
商用