ハンドル名
レノンさん
ブログタイトル
よっちゃんの釣り好日
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/lennon_july/
ブログ紹介文
釣行記録を中心に、それ以外は日常的なものを書いています。
自由文
-
更新頻度(1年)

17回 / 105日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2008/03/17

レノンさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 04/17 04/16 04/15 04/14 04/13 04/12 全参加数
総合ランキング(IN) 8,796位 8,750位 8,453位 8,659位 8,391位 8,370位 8,133位 956,896サイト
INポイント 30 33 39 33 36 39 36 246/週
OUTポイント 6 12 15 21 18 36 6 114/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
釣りブログ 211位 213位 199位 201位 203位 196位 198位 17,114サイト
中国地方釣行記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 361サイト
海釣り 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 901サイト
地域生活(街) 中国地方ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,578サイト
山口県情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 287サイト
今日 04/17 04/16 04/15 04/14 04/13 04/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 40,556位 41,100位 39,695位 41,153位 39,679位 38,066位 39,523位 956,896サイト
INポイント 30 33 39 33 36 39 36 246/週
OUTポイント 6 12 15 21 18 36 6 114/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
釣りブログ 1,858位 1,871位 1,809位 1,864位 1,794位 1,724位 1,760位 17,114サイト
中国地方釣行記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 361サイト
海釣り 39位 38位 40位 44位 42位 41位 42位 901サイト
地域生活(街) 中国地方ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,578サイト
山口県情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 287サイト
今日 04/17 04/16 04/15 04/14 04/13 04/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 956,896サイト
INポイント 30 33 39 33 36 39 36 246/週
OUTポイント 6 12 15 21 18 36 6 114/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
釣りブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 17,114サイト
中国地方釣行記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 361サイト
海釣り 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 901サイト
地域生活(街) 中国地方ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,578サイト
山口県情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 287サイト

レノンさんのブログ記事

  • 千一夜第3章第159夜 カレイ、何処へ

    2019.4.13(土)今朝は5時釣具店集合だ。朝まずめが5時10分頃には始まるのでこれがぎりぎりの時間である。4時30分に釣友Sのモーニング・コールで起きて、洗顔して、クーラーボックスに氷を詰めて、煙草を1本刻んで出かける。本来は朝まずめ開始と同時にサーフ開始といきたいところだが、この釣り場ではまだ薄暗い内はアナゴの集中攻撃を受けるため、少し明るくなった頃から竿を出すことにしている。今朝は予定通りのタイム・スケジュールでの釣行となった。旧暦:3月9日場所:徳山築港時間:05:20~14:30天候:晴れ風:東弱風のち西風月齢:7.8潮:小潮満潮02:44潮位246cm干潮08:52潮位155cm満潮13:57潮位207cm狙い目:カレイ釣り方:サーフ餌:アオムシ・ホンムシ釣果:木っ端ガレイ3R・22、23cmマ...千一夜第3章第159夜カレイ、何処へ

  • 千一夜第3章第158夜 釣友S、2回連続フグのみ

    2019.4.6(土)今日は花見ガレイを揚げるべく私も釣友Sも勇んで今津川河口に来た。満潮が10時過ぎなので逆算して7時釣行開始とした。私が下松の釣具店に6時に行った時に、Sから時間通りに行っているかどうかの確認の電話が鳴るが、この時Sは既に欽明路に入った(岩国市玖珂町)とのことだった。時間にして約30分の差が生じた。私は予定通りの行動で7時前には釣り場に到着したが、Sは6時20分頃には既に来ていたとのことだ。但し、潮がまだあまり来ていないので開始は私とほぼ同時の7時にした。場所取りの意味合いもありSは早く来たようだが、前回同様、我々の左手やこの河口道路の突き当りには既に釣り人が竿を出していた。旧暦:3月2日場所:今津川河口時間:07:00~13:00天候:霞(黄砂か)風:弱風月齢:0.8潮:大潮岩国港満潮10...千一夜第3章第158夜釣友S、2回連続フグのみ

  • 千一夜第3章第157夜 平成最後の花見

    2019.04.04(木)今日は所用があり有休、序に家族で錦帯橋、吉川公園に花見に行った。正午過ぎに着いたが、この時間帯は近辺の企業の社員らも花見がてらここでお昼を摂るようで、背広姿の者も多く錦帯橋の上は大渋滞だった。江戸時代に日本橋だったか、人が乗り過ぎて崩壊したのを思い出した。我々はここに来る前に、周東町のレストランで高森牛のステーキで腹を満たしてきたので、ここでは散歩だけとなった。写真は帰りに撮ったもので既に人は少なくなっていた。桜は満開だった。橋の上は生憎の強風で飛ばされそうだった。川には遊覧船も出ていたが、乗る人は少なかったようだ。地上でも時折強風が通り抜けていたので、弁当を開いていたら大変だった。食べて来て正解だった。錦帯橋を渡り切ると吉川公園に出る。公園入口付近も花見客でごった返していた。花見客と...千一夜第3章第157夜平成最後の花見

  • 千一夜第3章第156夜 最近の読書18

    2019.03.31(日)今日は釣友Sと釣行予定だったが、昨夜から台風並みの風が吹いており、今朝もまだ強風だったため早々と中止にした。今朝と言っても未明の4時28分のことである。この時間に電話で叩き起こされる訳であるが、もう少し状況経過を見守って決定しても良かった気がする。お蔭で今日は1日暇になったので、メダカの箱池の掃除に集中することにした。4月中旬頃からメダカも産卵するので丁度良い。明日は11時30分に、5月1日の新天皇即位に伴う政府による新元号の発表もある。今日現在、新元号は解らないので、実質今日が平成最後のブログ記事アップということになろう。今日は最近読んだ本の寸評、記載するのは今回で18回目、評価を付けるのも気が引けるが、最も面白く読んだものは☆5つである。2月24日の光市の冠梅園、梅も満開、人出も凄...千一夜第3章第156夜最近の読書18

  • 千一夜第3章第155夜 今津川 とほほほほ 小さいの1枚

    2019.3.24(日)本当なら昨日の釣行予定だったのだが、昨日は私の孫の3歳の誕生日で忙しくした。釣友Sも昨日の方が良かったようだが、こればかりは致し方なし。今朝は集合せずそれぞれ下松、光から別々に出発、現地8時30分集合予定としたが、Sは8時過ぎには着いていたようで、私が着いた8時45分には竿を出し終わっていた。何時もは釣り人も少ないこの長い防波堤だが、今日は先端に1組、先端から少し手前に1組、我々の左隣に1人と、計3か所から既に竿を出していた。この釣り場では満潮前後4時間が良いと聞いていたので、我々の竿出しもその時間帯になるのだが・・・。Sが着いた時にはもう竿を出していたとのことだ。因みに、この堤防に一番多くの釣り人が居たのは、早朝の釣りTV番組でここを紹介した翌日とのことである。その日はこの堤防に50人...千一夜第3章第155夜今津川とほほほほ小さいの1枚

  • 千一夜第3章第154夜 魅惑の若潮

    2019.3.17(日)今朝は早起き出来、早朝6時前には釣り場に到着していた。家を出る時から小雨模様だったので、釣具屋では餌を控えめに購入。この釣り場は水捌けが非常に悪く、少しの雨でも水が溜まる。竿を置く場所は一段高くなっており、溜まり水が無いので何とか出来る。早朝は曇っており朝まずめの時間は良く解からなかったが、6時を目途にサーフ開始した。小雨がポツポツ落ちるので、6本の竿出しが終わると車に退避した。旧暦:2月11日場所:徳山築港時間:06:00~10:30天候:小雨のち曇りのち晴れ風:西弱風のち強風月齢:10.5潮:若潮満潮06:16潮位256cm干潮12:27潮位130cm狙い目:カレイ釣り方:サーフ餌:アオムシ・ホンムシ釣果:27cmカレイ1・木っ端ガレイ3・35cmアイナメ1・ハゼ1・テナガダコ2竿出...千一夜第3章第154夜魅惑の若潮

  • 千一夜第3章第153夜 カレイも三寒四温?

    2019.3.9(土)今朝も寝坊である。釣り場に着いた時には朝まずめはとっくに終わり、陽はかなり高く上がっていた。釣り場に着くと直ぐに竿の準備をしたが、あけぼの丸がエンジンをアイドリングしていたので、何時頃出港するのか聞くと7時20分予定とのこと。まだ小1時間あるので、あけぼの丸の舳先をかすめて遠投した。写真のあけぼの丸はほぼ予定通りの7時25分に出港して行った。旧暦:2月3日場所:徳山築港時間:06:37~11:30天候:晴れ風:北弱風のち東風月齢:2.5潮:中潮満潮10:23潮位289cm干潮04:11潮位31cm狙い目:カレイ釣り方:サーフ餌:アオムシ・ホンムシ釣果:木っ端ガレイ3・メゴチ2R今日は釣果的には不満だった。先週があまりにも良かったせいもあるが、今日は先週と打って変わって地味な釣りになった。7...千一夜第3章第153夜カレイも三寒四温?

  • 千一夜第3章第152夜 カレイ怒涛の11枚及び分析

    2019.3.2(土)今朝も少々寝坊し朝まずめギリギリとなった。竿を全部(6本)出し終わった頃、陽が完全に出て朝まずめは終了した。カレイ釣りは朝まずめ開始頃から9時までの、この時間帯が一番期待できる。朝方は餌取も多く結構忙しいし、釣り人も一番元気な時間帯でもある。旧暦:1月26日場所:徳山築港時間:06:20~14:50天候:曇り風:東弱風月齢:25.2潮:若潮満潮07:11潮位243cm干潮13:14潮位134cm狙い目:カレイ釣り方:サーフ餌:アオムシ・ホンムシ釣果:30~34cmカレイ5・30cm未満カレイ6・20cm未満カレイ3R・ハゼ3R・メゴチ3R(R=リリース)7時15分、アタリは見ていないが竿を引くと重い。ただ重いだけで生体反応は無くヒトデかと思ったが、リールを巻き戻しても錘が浮き上がらない。手...千一夜第3章第152夜カレイ怒涛の11枚及び分析

  • 千一夜第3章第151夜 釣り場は狭かったけど

    2019.2.23(土)今朝は完全に寝坊してしまった。当てにならない目覚ましで目が覚めたのが6時7分、セブン、釣具店経由で急いで釣り場に向かい、着いたのが6時40分だった。釣具店で6時20分頃だったが、この時間には既にまずめは終わっていた。陽が出るのが随分早くなった。釣り場に着くと右側に台船が突き出ていた。通常、私は突き出た台船方向に投げるのだが、今日はポイントを変えなければならない。場所替えしようかとも思ったが、良く釣れる時間帯なので仕方なく対岸の灯台を目指して投げる。旧暦:1月19日場所:徳山築港時間:06:50~10:40天候:晴れ風:北東弱風のち無風月齢:18.2潮:中潮満潮11:21潮位301cm干潮05:08潮位14cm狙い目:カレイ釣り方:サーフ餌:アオムシ・ホンムシ釣果:カレイ2・メゴチ多数R天...千一夜第3章第151夜釣り場は狭かったけど

  • 千一夜第3章第150夜 最近の読書17

    2019.02.20(水)最近読んだ本。記載するのは今回で17回目、評価を付けるのも気が引けるが、最も面白く読んだものは☆5つである。1月25日の光市の冠梅園、広大な公園だがとても綺麗に整備されている。もう直ぐ梅も満開だ(2月16日から梅まつり開始)。『面白いけど笑えない中国の話』竹田恒泰著ビジネス社評価☆☆☆☆☆’19年1月7日読了寸評:本書は著者が毎週木曜日の20時から放送のニコニコ動画の無料番組「竹田恒泰チャンネル」をもとに書き下ろしたもの。先ず中国の一般的負のイメージ、中国製品はすぐ壊れる(原発など「冥途・イン・チャイナ」)、中国人は手癖が悪い(ホテルのTVを持ち帰るのは当たり前・泥棒猫のような偉大な中華民族)、人の迷惑は顧みない(自分さえ良ければ良い)、環境汚染(公害、PM2.5、川に豚の死骸18千匹...千一夜第3章第150夜最近の読書17

  • 千一夜第3章第149夜 カレイは大きいのから

    2019.02.17(日)先週に続き2週連続の今津川河口での釣行。先週はフグのみで、釣友Sと2人で10尾程度揚げたが、今週は如何に!今回は6時に現地集合で2人別々に出発、Sは光市から、私は下松市からだが、釣り場には集合時間内に2人とも着いた。私は早朝でも釣り場までほぼ1時間程度掛かる。今回はSの方が10分程度早く着いたようだった。こんなに早くから釣り人は来ないだろうと予測しての集合時間だったが、我々が着いた後、少しくらい経って釣り人らしき車が2台入って来たので、決して早過ぎるということは無かった。私が到着した時はまだ暗かったが、河口なのでアナゴは居ないだろうと6時に2人して竿を出した。ところがどっこい、下手な考え休むに似たりでアナゴの集中攻撃に会った。まずSが6時18分、良型のアナゴを揚げる。続いて私が3尾連荘...千一夜第3章第149夜カレイは大きいのから

  • 千一夜第3章第148夜 カレイ・シーズンの予感

    2019.02.11(月)建国記念の日(神武天皇即位の日とされる・今年は皇紀2679年)9日の餌の残り(釣友Sの分もありかなりの量)を持って徳山築港に来た。9時過ぎには止んだが、朝方は小雨模様、ぽつぽつといった具合で濡れるほどのことはない。関東方面(千葉、茨木)は雪だったようだが、こちらは低気圧が停滞していて、大寒気団は大して影響は無かった。旧暦:1月7日場所:徳山築港時間:06:30~10:30天候:小雨のち曇り風:弱風月齢:6.2潮:小潮満潮12:21潮位258cm干潮06:05潮位68cm狙い目:カレイ釣り方:サーフ餌:アオムシ・ホンムシ釣果:カレイ1・ハゼ2Rほぼ干潮時から始めたが、小雨模様でも船釣り船は結構出て行った。風が弱く海上は凪いでいたので船釣りには良いのだろう。今朝は風も弱く大して寒くも無く防...千一夜第3章第148夜カレイ・シーズンの予感

  • 千一夜第3章第147夜 今津川河口はフグで一杯

    2019.02.09(土)昨年の5月12日以来、久しぶりに今津川河口に来た。昨夜、Sとの電話で急遽決まった次第。この時季頃から今津川では40cmオーバーのマコガレイが揚がり始めるのだ。まだ1週間くらい早いかと思ったが、納竿頃にやって来たKGは、昨年は今頃40cmを釣ったのだから早過ぎるということは無いという。そのKGも2日前に門前川河口に行ってボウズだったらしい。今朝は小雨がポツポツ落ちていたので中止にしようかと思ったが、天気予報では小雨のち晴れとなっていたようで、Sは行く気満々のようだったので決行した。満潮時が12時18分なので、時間を逆算していって7時30分に釣具店集合とした。釣り場に着くまで1時間掛かるのだが、途中で雨脚も強くなったりで後悔の念も起こったが、釣り場に着くと風も弱く雨も小降りだった。折角来た...千一夜第3章第147夜今津川河口はフグで一杯

  • 千一夜第3章第146夜 釣り場百景12第2埠頭西側中央

    2019.02.03(日)節分1月もあっという間に過ぎ、早、2月である。1年の12分の1が終わったことになる。今年の1月は6日まで正月休みで年末から9連休、その後インフルエンザに罹患し、12日から土日を含めて20日まで休みまた9連休、それでも1月は14日は出勤している。2月1日は日帰りドックだったが、バリウムを飲んだので1日中腹具合が悪かった。大寒も過ぎ節分となったが今日は生憎の雨である。なかなか釣行にはならない。さて、今夜は私が良く行く釣り場百景の第77弾、エントリーナンバー12の第2埠頭西側中央を紹介します。第2埠頭は嘗て私のホームグランドだったが、近年ではあまり釣行していない。主に埠頭に入ったばかりの左手の船溜まりの先端から遠投していたが、平成8年頃だったか、対岸(第一埠頭側)の護岸工事をやってからという...千一夜第3章第146夜釣り場百景12第2埠頭西側中央

  • 千一夜第3章第145夜 悪疫明け釣行

    2019.01.27(日)前回は’13年3月10日に来ているので、凡そ6年振り、そんなに間が空いていたのかという感じだ。笠戸本浦港は’06年以前の私のホームだった。実際はこの堤防ではなく、写真右上に辛うじて写っている長い防波堤の方である。しかし’06~7年頃から、防波堤の付け根辺りまで車で入れていたのが進入禁止になったため、それ以降足が遠のいている。この防波堤でもカレイ二桁は珍しいことでは無かったのだが・・。但し、大物は釣れなかったと思う、せいぜい33cmまでだったろう。先日の読売新聞に本浦港で30cmのカレイが揚がったと記事が出ていたので、久し振りにやって来た訳だ。本浦港といっても場所の詳細は記してなかった。地元の人に言わせると写真中央左手に一文字防波堤が出来て(昨年出来たらしい)からはあまり魚が釣れなくなっ...千一夜第3章第145夜悪疫明け釣行

  • 千一夜第3章第144夜 元服釣行

    2019.01.14(月)成人の日・元服の日釣友Sは四国方面に釣行に行ったというので、私は岩国の今津川に行ってみようかと思ったが、連れの候補が用事が出来たため何時もの築港にした。それにしてもSも釣果が悪いのか報告は無い。昨年も天候に恵まれず、あわや凍死というところまで行ったが、釣果には一切触れず黙ったままだった・・・。彼は年に2回四国方面に行くが、冬と夏の過酷な天候の時である。私なら春と秋にするが。旧暦:12月9日場所:徳山築港時間:06:50~11:50天候:曇りのち晴れ風:北弱風外気温:日中7℃月齢:8.1潮:小潮満潮13:58潮位240cm干潮07:25潮位97cm狙い目:カレイ釣り方:サーフ餌:アオムシ・ホンムシ釣果:木っ端ガレイ3・ハゼ5・アイナメ1(アイナメ・ハゼは老人に進呈)・イイダコ1年末から正...千一夜第3章第144夜元服釣行

  • 千一夜第3章第143夜 ’19釣り事始めの儀

    2019.01.03(木)初釣り2019年初釣りである。例年のごとくまず朝まずめ開始時に、海神大綿津見神(おおわたつみ)、海の潮の満ち引きを司る神様、塩椎神(しおつちのかみ)を始め、ワタツミ(海神)、オカミ(水神)、オミヅメ(水神)らの諸神に感謝と安全、大漁祈願のため、海にお神酒を捧げ、1礼2拝2拍手1拝1礼。例年の釣り事始めの私の神事である。近年では同僚釣友Sも私に見習って始めた。以前私は暇に任せて神様の系譜を作ったことがある。日本の神様の殆どが神世七代、七代目の伊奘諾尊(いざなきのみこと)と伊奘冉尊(いざなみのみこと)を祖とする。海神様でいうと伊奘諾尊と伊奘冉尊の最初の子、海神大綿津見神(おおわたつみ、神武天皇の外祖父)である。海の潮の満ち引きを司る神様は塩椎神(しおつちのかみ)である。海の神様も実に数多い...千一夜第3章第143夜’19釣り事始めの儀