searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

柴犬さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ベランダの刺
ブログURL
http://sabotane.blog79.fc2.com/
ブログ紹介文
サボテンでは強刺類、多肉ではハオルチアやアガベが好きです。刺ものと毛もの全般も。
ブログ村参加
2008/03/04
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、柴犬さんをフォローしませんか?

ハンドル名
柴犬さん
ブログタイトル
ベランダの刺
フォロー
ベランダの刺

柴犬さんの新着記事

1件〜30件

  • ve

    H. venusta MH06-211-12元の株。殖やした通常タイプ。殖やした薄毛疑惑タイプ。元は同クローン。個人の規模でも変異が起こること自体は確認しているので、変化の観察が楽しみです。単に毛の発生が遅れているだけの可能性も考えられます。...

  • SAT

    (スターウォーズC×H. agnis)×月うさぎ粒々は出ていますが地味な印象で終わりそうです。戻し交配の親にはなるでしょう。...

  • LNLTKG

    {(レースクイーン×H. nortieri)×H.limbata}×{月うさぎ×(毛蟹×グリーンジェム)}2020年実生。まだほとんど顔は出ていませんが、なんか微妙な気がします。...

  • 6557

    H. dielsiana MBB6557 NW Ripon Station葉が増えてきたら膨らみにくさを感じますが、葉形によるものもあるかも。均整は取れているのでありです。...

  • 7006

    H. aquamarina MBB7006 N Waterford実生苗。窓比率の多くない両親から、窓の開いた個体が数本出てきました。ここから減ったとしても親よりは窓が大きくなるでしょう。...

  • 7017

    H. ciliata MBB7017 Klipfonteinなかなか大きくならなかったり、葉先が枯れ込んだりと、繊細さを感じます。葉が細くて柔らかいのは甘く管理した方がいいですね。輸入時に生きて届くことが少なかった理由がなんとなく分かりました。...

  • 6927

    H. pringlei MBB6927 W Riponどちらも特異な個体ではなさそう。今のところ子吹きの気配がないのは偉い。今年ようやく実生ができたので、窓の綺麗なのを選抜したいです。...

  • OVeO

    (オブツーサ×H. venusta)×黒大窓オブツーサ葉の詰まり選抜。大きくなるとまた変わってしまうかもしれません。...

  • 7052

    H. caerulea MBB7052 Helspoort, Grahamstad実生苗。特徴のあるのを何本か選抜したいです。これは今のところ白濁り系で赤みが出るやつ。とはいえこの手の草の小苗は、残す予定のものが分からなくなるぐらい変化します。...

  • au

    H. audens実生苗で、微妙なMBB6815とそこそこ綺麗なナンバー無しとの交配。室内に置いている割には色が出ている方です。季節や環境で雰囲気が変わる種類なので、どの程度の見た目になるかはよく分かりません。...

  • ar

    H. arachnoidea Ladismithいつまでも分頭が終わらないと思っていましたが、たぶん綴化です。元になった株はこれ。薬の影響はとっくに切れている時期なので、いったん固定化したのではないかと。...

  • LGA-b

    (H. lupula×グリーンジェム)×H. agnis好みの見た目になってきました。今年は掛けたい相手と花が合わなくて残念。先に兄弟の方を殖やしましたが、この株も殖やしている途中です。...

  • OS

    大型紫オブツーサ×H. sapphaia一段回で葉先が丸くならないのは想定通り。色付きが良いものは成長が遅いと思われるので、顔の出ていない中に次の世代に繋がるものがあるかもしれません。...

  • pa

    H. pallida小苗を入手して6年ほど。サイズが伸び悩んでいましたが、じわじわ大きくなってきました。もう一段回作り込みたいです。...

  • 581

    H. picta GM581 Doringrivier farm元の株は作りづらさを感じていたので、草姿が良くなる方向性の変異でも起きないかと期待して殖やしたもの。素直に実生を目指す方が効率いいでしょう。...

  • HLJLL

    (白帝城×H. limbata)×{(樹氷×H. limbata)×H. limbata}父株寄りの特徴を持った個体が多いです。窓少なめ個体の方は、色付いて刺が荒くなればアリ。...

  • KPLJLL

    {(毛蟹×ピグマエア)×H. limbata}×{(樹氷×H. limbata)×H. limbata}どういう系統になるかぐらいは判断できる大きさになってきました。外に出して黒くなると多少印象は変わるかもしれません。...

  • 6778

    H. dielsiana MBB6778 Slagtersnek, SE Somerset East3号鉢にみっちりのサイズになってしばらく経ちますが、意外にまだ子吹きしていません。そのうち別のタイプの個体も手に入れてみたいです。...

  • 7021

    H. capillaris MBB7021 SE Pearston窓が目立っていた個体がまだ窓の大きさをキープしています。種としての怪しさも多少感じますが、幼形成熟ボルシーみたいな個体だとすると好みです。...

  • 6905

    H. ciliata MBB6905 Top of Wilgerfontein葉が大きめになりそうな気がしていたもの。大味になるかと思いましたが今のところ大丈夫そうで、窓も好みです。...

  • 7022

    H. virella MBB7022 SE Pearstonたぶん普通個体。できるだけ単頭を保ってほしいですが、どうなるか。...

  • 6909

    H. fluffa MBB6909 SE of De Plaat持っていないナンバーで綺麗だったので最近入手。種類的には多少赤みが出ると思うので楽しみ。jansenvillensis変種扱いされてるもののなかでは窓の開き方に異色感があります。...

  • 7608

    H. joleneae MBB7608 Melkhout rivierもう1本持っている同ナンバーとは色味が違い、こちらの方が窓色が濃いです。そのうち実生できたら個体差の幅が期待できそうです。...

  • OKG

    親指姫×(毛蟹×グリーンジェム)特徴を打ち消し合いそうな組み合わせ。個体差は大きいと思うのでそこを楽しむ感じで。...

  • DLA

    (H. davidii×H. limbata)×H. agnis年中死にかけで、緑色の状態はほとんど見たことがありません。光源からかなり離してもLED焼けを起こします。斑入りとは違うけど葉緑素は少なそうです。記録を確認したら2012年実生でした。...

  • WKG

    ホワイトフォックス×(毛蟹×グリーンジェム)グリーンなフォックスが量産されそうな予感です。ピグマエア由来の白さは本格化が遅い感じがするので、ある程度様子を見ての判断になりそうです。...

  • GKPL

    銀世界×{(毛蟹×ピグマエア)×H. limbata}銀世界交配って自分で作ったのが残ってないなと思って交配したような気がします。黒地に白窓になると好みかもしれない。...

  • 7006

    H. aquamarina MBB7006 N Waterfordもうちょっと焼きを入れた方が雰囲気が出そうです。窓の大きいのが1本ぐらい欲しいのですが、所有している同ナンバーにその系統がないので実生から出すのは厳しいかもしれません。...

  • BO

    ボルシー交配錦×大型紫オブツーサ実生の兄弟。胴切りや縦割りをほぼしないため、うちでは斑入りはあまり殖えません。実生ではようやくこのあたりを交配親にした世代から斑入りが得られそうです。...

  • 7012

    H. lapis MBB7012 Buffelsnek, W Kaboega実生に使っている親の片方。子は選抜しやすそうな程度に個体差は出ています。...

カテゴリー一覧
商用