ハンドル名
三猿さん
ブログタイトル
三猿の川柳プラスα
ブログURL
https://blogs.yahoo.co.jp/baronwitty/
ブログ紹介文
本格川柳、時事川柳、ユーモア川柳など川柳と、人間、人生のあれこれを語る万華鏡をお楽しみください。
自由文
現在73歳ですが、まだ現役。仕事、ボランティア、趣味(川柳)の3本を柱に、忙しい毎日を送っています。モットーは朗働、楽習、交遊で、遊び心と好奇心を大切にしています。川柳さっぽろ、北海道川柳研究会、あきあじ吟社の会員です。
更新頻度(1年)

140回 / 3982日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2008/02/29

三猿さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/23 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 全参加数
総合ランキング(IN) 5011 5213 5451 5497 5368 5197 5186 946634サイト
INポイント 40 100 60 60 60 50 50 420/週
OUTポイント 60 100 60 70 60 80 60 490/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 14 15 15 16 15 14 12 5859サイト
川柳 2 2 2 2 2 2 2 133サイト
今日 01/23 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 17241 17540 18167 18746 17671 16960 16992 946634サイト
INポイント 40 100 60 60 60 50 50 420/週
OUTポイント 60 100 60 70 60 80 60 490/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 11 9 11 10 7 7 7 5859サイト
川柳 2 1 2 2 1 1 1 133サイト
今日 01/23 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946634サイト
INポイント 40 100 60 60 60 50 50 420/週
OUTポイント 60 100 60 70 60 80 60 490/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 0 0 0 0 0 0 0 5859サイト
川柳 0 0 0 0 0 0 0 133サイト

三猿さんのブログ記事

?
  • 高齢化の果て

     まだ知らない人も多いと思うが、「多死社会」という言葉がある。高齢化社会の果てに、次に来るのは多死社会だというのだ。確かにそうかもしれないが、なんとも嫌な言葉である。その「多死」の中には、もちろんボクも入っているわけだ。理屈としては分かるが...

  • 掘る

    (お題 掘る)・・・川柳さっぽろ誌より・・・   開拓の土に捧げた祖父の鍬      幸子   誉められた記憶は持たぬ爪楊枝    正   重箱の隅ほじくって出ぬ答       幸美   饒舌な風があれこれ掘りたがる    厚子 https...

  • オギャー

      とりあえずオギャーと泣いて喜ばれ   可愛いと言われる猿のような顔   赤ちゃんの最初の芸はいいお顔   転んでも手をさし伸べぬ愛もある https://poem.blogmura.com/senryu/ranking.html ←ポチ...

  • 救う

    (お題 救う)・・・川柳さっぽろ誌より・・・   究極の選択赤ちゃんポスト出来     正   すて猫を救うその手に銃を持つ     雪子   三人目産んであげよう国の為      有子   介助犬だんだん増える長寿国      まどか h...

  • 台風はそれる

      台風はそれると決めて予定組む   ロマンスを武骨な指が打っている   柔らかい枕で亡母の夢を見る   お土産がトイレタイムの旅に増え https://poem.blogmura.com/senryu/ranking.html ←ポチ願い...

  • 定年後(3)

     借りてが出てくると困ると思ったボクは、すぐその物件の契約をした。敷金は一か月分だった。十畳ほどの物件で、結構奇麗に使われていた。ボクが前にいた会社は合併会社だったので、机や椅子が沢山余っていた。総務に頼んで事務用デスクと応接セットを貰って...

  • (お題 敵)・・・川柳さっぽろ誌より・・・   敵の手に塩を貰った負け戦         貴久   ライバルを越して大きくなる自信      美智子   強敵と見れば尻尾を振る打算        則子   七人の敵へ真向かう男の譜     ...

  • 蕎麦を打つ

      嫁ぐ日の父は黙って蕎麦を打つ   胸を打つ美談やっぱり裏がある   反応を見てジョークだと逃げを打つ   わけ有りに見える二人を推理する https://poem.blogmura.com/senryu/ranking.html ←ポチ...

  • 定年後(2)

     定年になったボクは、最初から毎日家にいる気はなかった。よくひとまず充電してなどという人がいるが、それは言葉の綾で、結局家でダラダラしていることになりがちだ。ボクはかねてから個人事務所を持とうという計画があった。そのころ家庭裁判所の調停委員...

  • 雑詠

    (お題 雑詠)・・・川柳さっぽろ誌より・・・   狂乱の鏡を閉じて冬に入る       まどか   ゆっくりと夫婦の輪ゴム伸びて冬    貴久   悲しみをひっそり夕日の裏に置く    百合子   酒ほろろいのちの詩となった恋      大...

  • 朝ドラ

      朝ドラに泣かされた目で出社する   女子会と言うがおばさんばかりいる   改札機若者ピッと通り過ぎ   春風につられて弾む老いの足 https://poem.blogmura.com/senryu/ranking.html ←ポチ願いま...

  • 定年後・・1・・

    会社を定年退職したのは65歳の時だから、今から20年ぐらいも前のことになる。定年になっても、相談役とか顧問とかで2、3年は残れるかなと甘いことを考えていたのだが、会社の規定通りバッサリ首になった。というのもボクがいたのは7社の合併会社で、ボ...

  • ミミズの目玉

    雨上がりの道に、太いミミズがニョロニョロいることがある。土にもぐってるミミズが、雨で息苦しくなって地上に出てくるのだと聞いたことがあるが、本当かどうかわからな。さてミミズはどっちが頭で、どっちが尻尾なのかと見てもさっぱり分からない。いくら見...

  • 触れる

    (お題 触れる)・・・川柳さっぽろ誌より・・・   ケロイドに触れ八月を語り継ぐ     詠路   触れたての冷たさ夫婦という時間   まき子   やさあしさに触れるとぶれる独楽の芯 三陽   温い手に触れて小さな幸といる     ひさ子 ...

  • 言い訳

      言い訳の時間稼ぎに拭く眼鏡   句集から漂ってくる加齢臭   飼い主にどこか似て来た猫の顔   ダンディーに余生を送り老いもせず https://poem.blogmura.com/senryu/ranking.html ←ポチ願います...

  • 遺影を選ぶ

     そろそろ真面目になって遺影を選ぶ時期になってきた。あまり早すぎると、実象とかけ離れたものになってしまう。遅すぎると自分では選べなくなってしまう。今頃が丁度いいのかもしれない。まさか百歳までも生きることはないだろうから。パスポートは長持ちす...

  • 濡れる

    (お題 濡れる)・・・川柳さっぽろ誌より・・・   涙に濡れた枕を干している       有子   政権を投げた河童が雫する       詠路   びしょ濡れダイヤに飾っても飾っても  まゆ未   ずぶ濡れの少女に何か有ったのか   百華 ...

  • 万金丹

      鬱の日は万金丹を飲んでおく   意味もなくヨイショと気合入れてみる   税務署と聞けばたちまち不整脈   百均の傘に限って忘れない https://poem.blogmura.com/senryu/ranking.html ←ポチ願いま...

  • 冬半ば

     正月も半ばを過ぎたが、冬はまだまだ続く。今日は大荒れの北海道、石狩、小樽方面ではホワイトアウト現象が見られたようだ。札幌もとにかく寒いなーと感じた。今年は今のところまだ転んでいない。それというのも、杖のお陰だと思う。もし杖がなければ既に2...

  • (お題 壁)・・・川柳さっぽろ誌より・・・   札束で叩けば脆い壁である      靖政   泥壁の藁知る父祖の鍬の汗      恭子   突っ込んだ頭が抜けぬ厚い壁     有子   母の壁女の壁に耐えて老い      大雄 https:...

  • 非常口

      災害がなければ暇な非常口   道聞かれつたない英語役に立つ   クリムトの抱擁一度してみたい   クマ牧場物乞いをする熊になる https://poem.blogmura.com/senryu/ranking.html ←ポチ願います ...

  • 稀勢の里引退

     かつて横綱稀勢の里がついに引退を表明したようだ。初日以来の取り組みを見れば、仕方がないところだろうが、何だか可哀そうな気もしてくる。横綱に楢津に、名大関で終わった方がよかったような気もしてくる。横綱の先は止めるしかないのだから、残酷と言え...

  • 弾む

    (お題 弾む)・・・川柳さっぽろ誌より・・・   ホップステップジャンプ禁断の森へ    靖政   祖父と祖母ジルバルンバの恋だった   大雄   サクラ咲く聞こえぬ耳も弾む膳       恒夫   記念日に薔薇を弾んだ夫の位置      ...

  • 初日の出

      マンションの狭間から出る初日の出   幸願う顔顔顔の初詣   曖昧な笑顔で丸く世を渡る   年輪を刻む笑顔の温かさ https://poem.blogmura.com/senryu/ranking.html ←ポチ願います https:...

  • 艶然と

     女性の武器は笑顔と涙。この二つに男はめっぽう弱い。もちろん怒らせても厄介ではあるが、キャンキャン怒られる と男は当惑するばかりだ。当惑し閉口はするが、効き目は涙の方がずっと上だ。そして涙と同じくらい効き目のあるのが笑顔ではないだろうか。も...

  • 倒す

    (お題 倒す)・・・川柳さっぽろ誌より・・・   九条を倒すドミノが止まらない     詠路   倒木のポプラ奏でる風の綾       民子   ライバルを倒し淋しい猫の鬚      美智子   恋成就ドミノ倒しがまだ続き       大雄...

  • またカレー

      昼食にカレー帰ればまたカレー   楽しみもスリルもあった伏字本   カタカナ語駄目な見本はマニフェスト   大安に賭けて並んだジャンボ籤 https://poem.blogmura.com/senryu/ranking.html ←ポチ...

  • 肉派、魚派

     食べ物の好き嫌いが若干ある。というかかなりあると言った方がいいかもしれない。魚系はあまり好きではない。宴会に必ず出るお刺身なんか食べなくてもいい。反対に肉なら毎日でもいい。全般的に肉派と魚派にわかれるようだ。小説家の故渡辺淳一氏は「肉を食...

  • 起きる

    (お題 起きる)・・・川柳さっぽろ誌より・・・   自由市場で父のドラマが起ちあがる    不二子   身の内の火の粉バッチリ目を覚ます    百合子   完熟のトマト見たさに起き上がる       詠路   太陽へ丸太ん棒が起き上がる  ...

  • 脳回路

      脳回路ガタピシ言って動き出す   逆上がり出来ぬまま老い無念なり   年寄りに不本意ながらなってきた   風呂桶の東海林太郎に癒される https://poem.blogmura.com/senryu/ranking.html ←ポチ願...