searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

posseさんのプロフィール

住所
世田谷区
出身
大阪府

POSSEは、下北沢に事務所を構えた、フリーターや学生など若者のNPOです。若者の「働くこと」に関する問題に取り組み、若者が交流し学ぶ場を作る活動をしています。 イベント情報やしごと体験談、ニュース解説、サブカル・レビューなどさまざまな情報を発信しています。

ブログタイトル
posse memmber's blog
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/posse_blog
ブログ紹介文
若者の「働くこと」に関する問題に取り組むNPO、POSSEのブログです。
更新頻度(1年)

47回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2008/02/07

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、posseさんをフォローしませんか?

ハンドル名
posseさん
ブログタイトル
posse memmber's blog
更新頻度
47回 / 365日(平均0.9回/週)
フォロー
posse memmber's blog

posseさんの新着記事

1件〜30件

  • 9/20(月)18:00~オンラインセミナー「今こそ知っておきたい労災保険制度とユニオンの意義 」を開催します!

    このたび、労災に関する連続オンラインセミナーを開催します。労災保険とはどんな制度?仕事でケガや病気になったら何をしたらいい?職場でコロナ感染症にかかったら労災になる?会社へ損害賠償を請求できるの?職場で労災事故にあったり仕事が理由で病気になったとき、対処をするうえで労災や労働法に関する知識が役に立ちます。本セミナーでは、労災について知っておいてほしい基礎知識や関連法令、対処法について、労働組合の専門スタッフや労働弁護士が分かりやすく解説します。第1回は、労災保険制度のしくみと、新型コロナウイルス感染症を含めた基本的な労災認定基準、労災問題における労働組合の役割について市橋弁護士に解説していただきます。また、セミナーの後には希望する方から無料労働相談もお受けします。ぜひお気軽にご参加ください。セミナー詳細<日時>...9/20(月)18:00~オンラインセミナー「今こそ知っておきたい労災保険制度とユニオンの意義」を開催します!

  • 【9/6(月)~/12(日)限定】京都のチャリティ専門ブランドとコラボしたチャリティTシャツを販売します!

    京都のチャリティー専門ファッションブランドJAMMINとPOSSEがコラボしてオリジナルデザインのグッズを製作しました。本日9月6日(月)~12日(日)の1週間期間限定でインターネット販売します。ご購入いただいた全ての商品の売上の一部(Tシャツ1枚につき700円)がPOSSEへの寄附となります。今回お声がけいただいたJAMMINは京都のチャリティ専門のファッションブランドです。素材にもこだわったオーガニック素材のTシャツなど色々な種類のTシャツがあるので、是非チェックしてみてください!詳細&ご購入方法販売期間:2021年9月6日(月)0時~2021年9月12日(日)24時までの1週間限定販売価格:Tシャツ3,500円など(税・700円の寄付込、送料別)JAMMINのホームページにTシャツのサイズ・色などを掲載し...【9/6(月)~/12(日)限定】京都のチャリティ専門ブランドとコラボしたチャリティTシャツを販売します!

  • Sept 3, Labor Consultation Hotline for People Living in Japan

    LaborConsultationHotlineforPeopleLivinginJapanPleasecallusifyouhavenomoney,oryouhavelostyourjobduetoCOVID-19(Coronavirus).DuringtheCoronaviruspandemic,employeeshavebeenpressuredwithsituationssuchas:・Lossofshifts・Companyclosures・Reductioninsalaryorwages・Inabilitytopayrent・Aneedtoworkfromhome(telework)・NomoneyorincomeIfyouhaveexperiencedanyofthese,orsimilariss...Sept3,LaborConsultationHotlineforPeopleLivinginJapan

  • 【学生・若者無料イベント】SNSでNOを言うだけじゃ足りない! ー生存を否定する社会と闘う新しい実践を創造しようー

    【8月29日(日)14:00‐16:00】学生・若者無料オンラインイベント開催!SNSでNOを言うだけじゃ足りない!ー生存を否定する社会と闘う新しい実践を創造しようー参加申し込みは、右のURLから。https://posseonlineevent.peatix.com/ ■趣旨「ホームレスって、いない方が良くない?」250万人のフォロワーを持つインフルエンサーがそう人々に呼びかけた。小田急線で起きた刺傷事件の犯人は「幸せそうな女性を見ると殺したくなった」と語る。この数ヶ月間、社会を破壊するヘイトクライムや差別扇動が立て続けに巻き起こっている。SNSで反対を表明するだけでは、社会は変わらない。現状が深刻だからこそ、なぜこのような事件が起きるのかを分析し、差別を乗り越えるための突破口を探るべきではないだろうか。この...【学生・若者無料イベント】SNSでNOを言うだけじゃ足りない!ー生存を否定する社会と闘う新しい実践を創造しようー

  • 日本で暮らすクルド人難民支援のためのクラウドファンディングを開始しました!

    日本で暮らすクルド人難民支援のためのクラウドファンディングを開始しました! 日本で暮らすクルド人難民の生きる権利を実現したい!日本では多くの難民が暮らしていますが、彼らは働くことも保険証を持つことも許されずいつ帰国させられるかもわからない不安定な状況に置かれています。POSSEは埼玉県に暮らすクルド人難民の支援活動を通じて、日本で暮らす難民や外国人労働者の環境を改善するために、このクラウドファンディングを立ち上げました。POSSEは近年、急増している外国人労働者からの相談に対応するために、2019年には「外国人労働サポートセンター」を立ち上げて、年間500件ほどの技能実習生や留学生、日本で働く難民など外国人労働者からの労働・生活相談に様々な言語(日本語、英語、中国語、タガログ語、ベトナム語、など)で対応していま...日本で暮らすクルド人難民支援のためのクラウドファンディングを開始しました!

  • 【学生・若者無料イベント】入管法改正案廃案の先へ:「不法滞在者」をつくりだしているのは誰か? ー外国人労働者を使い捨てる企業の責任を問うー

    【6/6(日)15:10-】無料オンラインイベント開催!入管法改正案廃案の先へ:「不法滞在者」をつくりだしているのは誰か?ー外国人労働者を使い捨てる企業の責任を問うー参加申し込みは、こちらへ。https://peatix.com/event/1938636/view ■趣旨先日、難民を「犯罪者」にする「入管法改改正案」が廃案になったが、入管問題はこれで終わりではない。現在も、「在留資格のない人」やいわゆる「不法滞在者」が収容されている。彼ら・彼女らは、なぜ在留資格を失い「不法滞在者」になったのだろうか。実は、その背景には、外国人を「不法滞在者」に追い込む企業の問題があった。今回は、日本の外国人問題の最前線で闘う指宿昭一弁護士とPOSSE外国人労働サポートセンターの岩橋誠を講師に、「不法滞在者」の実態や外国人労働...【学生・若者無料イベント】入管法改正案廃案の先へ:「不法滞在者」をつくりだしているのは誰か?ー外国人労働者を使い捨てる企業の責任を問うー

  • 4月27日、POSSEが支援している外国人労働者パスポート取り上げ裁判の進捗報告

    パスポートを会社から取り上げられていた元通訳者のフィリピン人女性が、当時の勤め先である行政書士事務所「アドバンスコンサル」(神奈川県横浜市。代表者:小峰隆広)に自身のパスポート返還を求め、昨年1月に会社を起訴した裁判の第6回目が先月(4月)27日に行われました。本裁判は、外国人労働者の日本初のパスポート返還請求訴訟になります。●Posseに届いた「Helpme」の声行政書士事務所「アドバンスコンサル」で通訳していたフィリピン人女性のAさんは、2019年5月に入社した際に、「在留資格の変更手続きに必要」と言われて、自身のパスポートや大学の卒業証明書を会社に預けました。しかし、7月に在留資格が更新された後にもそれらは返還されませんでした。Aさんは会社の労働環境の劣悪さから転職をするため、会社に管理されていたパスポー...4月27日、POSSEが支援している外国人労働者パスポート取り上げ裁判の進捗報告

  • 【無料イベント】わたしたちは「入管法改正案」にどう取り組んできたのか?ー「生存権」を求めるさらなる運動を!

    【5/28(金)19:00-】無料オンラインイベント開催!わたしたちは「入管法改正案」にどう取り組んできたのか?ー「生存権」を求めるさらなる運動を!参加申し込みは、こちらへ。https://posseonlineacademy9.peatix.com/■趣旨入管では以前より、在留資格を持たない外国人への長期収容が横行しており、国連などから繰り返し批判されてきた。さらに、政府与党は難民を「犯罪者」にする「入管法改改正案」を今国会で採決しようとしていたが、先日、廃案になった。今回は、「入管法改正案」を廃案にするために、約5万の署名&反対キャンペーンを組織したPOSSE学生ボランティアと一緒に、運動の舞台裏と難民を含めたすべての人の「生きる権利」を実現するために、私たちができることを考える。■講師:指宿昭一弁護士。日...【無料イベント】わたしたちは「入管法改正案」にどう取り組んできたのか?ー「生存権」を求めるさらなる運動を!

  • 【社会人向けオンラインイベント】あなたにもできる社会の変え方 ースタバなど「SDGs企業」で起きた技能実習生への人権侵害に対する取り組みを通じてー

    【5/16(日)15:00-】オンラインイベント開催!あなたにもできる社会の変え方ースタバなど「SDGs企業」で起きた技能実習生への人権侵害に対する取り組みを通じてー 参加申し込みはこちら!(https://posseonlineseminar1.peatix.com/) ■趣旨スターバックスに入り一息つく時、手にしている商品の作り手について考えたことはあるだろうか。CSRやSDGsを謳う大手サイプライチェーン、そこで売られている商品の製造現場で外国人労働者に対する人権侵害があったことが発覚した。NPO法人POSSEと総合サポートユニオンでは、この事実を受け、さまざまなアクションを行い、スターバックスに対し社会的責任を果たすよう声を上げてきた。(2021年3月14日にスターバックス店舗前で行われたアクションの様...【社会人向けオンラインイベント】あなたにもできる社会の変え方ースタバなど「SDGs企業」で起きた技能実習生への人権侵害に対する取り組みを通じてー

  • NPO法人POSSEと総合サポートユニオンは、#みんなの生理の調査協力のもと、更年期の症状や生理に関わる職場での悩みに関するアンケート調査を実施します。

    NPO法人POSSEと総合サポートユニオンは、#みんなの生理の調査協力のもと、更年期の症状や生理に関わる職場での悩みに関するアンケート調査を実施します。このアンケートは、更年期または生理(月経)時の体調不良等に十分に配慮した職場・社会の実現を目的にして、更年期の症状や生理に関わる職場での悩みや労働問題についての実態を調査するものです。二つの調査フォームを用意(更年期の症状について、生理について)しています。それぞれ調査対象が異なりますので、調査対象をよく読んでいただき、該当するものにご協力いただけますと幸いです。①更年期の症状に関わる職場での悩み・労働問題に関するアンケート調査【調査対象】現在または過去に生理(月経)の経験があり、且つ、更年期特有の症状を現在または過去に経験している方※更年期の症状であるという診...NPO法人POSSEと総合サポートユニオンは、#みんなの生理の調査協力のもと、更年期の症状や生理に関わる職場での悩みに関するアンケート調査を実施します。

  • 5月9日(日)13時〜17時に、「更年期の症状や生理に関わる仕事の悩み・職場トラブル相談ホットライン」を開催します!

    このたび、NPO法人POSSEと総合サポートユニオン(労働組合)は、女性特有の生理現象(月経、PMS、更年期の諸症状など)にまつわる職場の悩み・職場トラブルについての相談ホットラインを開催することとしました。※本記事では、便宜上、女性という表現を使用しますが、生理(月経)の経験のある方全員を対象としています。近年ますます多くの女性が会社で働く一方で、働く女性の生理現象(月経、PMS、更年期の諸症状など)に対する企業のサポートや国の政策は、不十分なままです。多くの女性が、生理現象にまつわる体調不良を我慢しながら働いているのが現状ではないでしょうか。実際、総合サポートユニオンには、更年期の体調不良による欠勤を理由に雇い止めされたなどという相談もあり、そうした場合には企業との交渉の場を設けるなどのサポートも行っていま...5月9日(日)13時〜17時に、「更年期の症状や生理に関わる仕事の悩み・職場トラブル相談ホットライン」を開催します!

  • 第8回POSSEオンラインアカデミーイベントレポート「難民を「犯罪者」にする「入管法改定案」を廃案に!ー若者が取り組む日本の難民問題ー」 

    初めまして、POSSE学生ボランティアの川村ひなのです。コロナ禍で浮き彫りになった様々な社会問題。「コロナ危機のなかでこそ、学ぼう」をテーマに社会問題について学び考える機会として、POSSEオンラインアカデミーを定期的に開催しています。4月17日に開催された今回は「難民を「犯罪者」にする「入管法改定案」を廃案に!ー若者が取り組む日本の難民問題ー」と題し、入管法改定案の問題点や、POSSEボランティアの若者の取り組みについて、収容・送還問題を考える弁護士有志の会事務局の指宿昭一弁護士と、POSSE学生ボランティアの岩本菜々さんが講演しました。 入管法「改悪」を絶対に許してはいけない 指宿弁護士は「入管法改定案の問題点」について、立法事実を踏まえながら説明してくださいました。衝撃的だったのは、入管当局が事実に基づか...第8回POSSEオンラインアカデミーイベントレポート「難民を「犯罪者」にする「入管法改定案」を廃案に!ー若者が取り組む日本の難民問題ー」

  • 厚労省「履歴書の様式例の作成について」に関する声明

     2021年4月16日厚労省「履歴書の様式例の作成について」に関する声明NPO法人POSSE(団体URL:http://www.npoposse.jp/)私たちNPO法人POSSEはLGBTQを含めた人々の労働問題の改善に取り組んでいます。本日4月16日、厚生労働省は私たちの取り組みを受け、「履歴書の様式例の作成について」を公開しました。私たちは、昨年2月末から「履歴書から性別欄を無くそう#なんであるの?」という履歴書から性別欄をなくす社会キャンペーンを展開し、今回はそれを受けての発表です。 ◆これまでの取り組み履歴書に性別欄があることが、性差別やトランスジェンダー差別につながり問題であると私たちは認識し、これまで性別欄削除を求める活動をおこなってきました。2020年2月オンライン署名サイトChange.org...厚労省「履歴書の様式例の作成について」に関する声明

  • 【学生・若者無料】難民を「犯罪者」にする「入管法改定案」を廃案に!ー若者が取り組む日本の難民問題ー

    【4/17(土)14:00-】オンラインイベント開催!難民を「犯罪者」にする「入管法改定案」を廃案に!ー若者が取り組む日本の難民問題ー参加申し込みは、こちらへ。https://posseonlineacademy8.peatix.com/ ■趣旨出入国在留管理庁では以前より、在留資格を持たない外国人への無期限長期収容が横行しており、国連や人権団体から繰り返し批判されてきた。そして現在、難民を「犯罪者」にする「入管法改定案」が可決されようとしている。この法案では、難民申請が2回認められなかった者は強制送還の対象となり、さらに、強制送還に応じない外国人に対しては刑事罰を課し「送還忌避者」として「犯罪者」にしようとしている。今回は、「入管法改定案」を廃案にするためにオンライン署名を立ち上げたZ世代のPOSSE学生ボラ...【学生・若者無料】難民を「犯罪者」にする「入管法改定案」を廃案に!ー若者が取り組む日本の難民問題ー

  • 【寄付のお願い】LGBTQの労働問題を解決する活動へご支援お願いします!

    私たちNPO法人POSSEはLGBTQの労働問題の改善に取り組んでいます。活動は、主に学生や若手社会人を中心としたボランティアスタッフで取り組んでいます。今後の活動をさらなる充実のため、この度寄付の呼びかけをさせていただきます。LGBTQの労働環境改善のために、ぜひご協力をお願い致します。 ◆寄付方法こちらのNPO法人POSSEのホームページから、クレジットカードでの寄付が可能です。http://www.npoposse.jp/donate下記の口座から、郵便局や銀行からの寄付も可能です。郵便振替口座番号:00160-8-536722口座名義:特定非営利活動法人POSSE※通信欄にご寄付の旨をご記入ください銀行振込みずほ銀行経堂支店(736)口座番号:普通1075875口座名義:特定非営利活動法人POSSEトク...【寄付のお願い】LGBTQの労働問題を解決する活動へご支援お願いします!

  • [សំណើសុំការបរិច្ចាគ] សូមជួយគាំទ្រសកម្មភាពដើម្បីការពារសិទ្ធិមនុស្សរបស់សិក្ខាកាមបច្ចេកទេសបរទេស។

     អង្គការNPOPOSSEកំពុងធ្វើយុទ្ធនាការដើម្បីស្នើសុំដៃគូអាជីវកម្មធំៗដើម្បីបំពេញនូវការទំនួលខុសត្រូវសង្គមរបស់ខ្លួនដើម្បីការពារសិទ្ធិមនុស្សរបស់សិក្ខាកាមបច្ចេកទេសអន្តរជាតិ។នៅនិទាឃរដូវឆ្នាំ2016ឧប្បត្តិហេតុមួយបានកើតឡើង”ក្នុងការបង្ខិតបង្ខំអោយត្រលប់ទៅប្រទេសកំណើតវិញ”នៅក្នុងវីដេអូខាងលើបានកើតឡើង។វាគឺបានកើតឡើងក្នុងបន្ទប់ជួលរបស់ក្រហ៊ុនមួយនាពេលព្រឺកបន្ទាប់ពួកគាត់បានចេញពីធ្វើក...[សំណើសុំការបរិច្ចាគ]សូមជួយគាំទ្រសកម្មភាពដើម្បីការពារសិទ្ធិមនុស្សរបស់សិក្ខាកាមបច្ចេកទេសបរទេស។

  • POSSEオンラインアカデミー報告ブログ「技能実習生への人権侵害に”加担する”SDGs企業ー労働運動が変えるサプライチェーンー」

    コロナ禍で浮き彫りになった様々な社会問題。「コロナ危機のなかでこそ、学ぼう」をテーマに社会問題について学び考える機会としてPOSSEオンラインアカデミーを定期的に開催している。3月7日に開催された今回は「技能実習生への人権侵害に”加担する”SDGs企業ー労働運動が変えるサプライチェーンー」と題し、奴隷制度とも評される技能実習生の人権侵害の背後にあるSDGs企業の存在、そして労働運動を通してどのように変革を目指すべきかについて総合サポートユニオン共同代表の青木耕太郎さんが講演した。 青木さんの講演カンボジア人技能実習生の強制帰国事件を主に挙げながら技能実習生の人権侵害の問題、その背景、そしてそれに対しどう闘っていくべきかを語った。事件の概要この事件は2016年トオカツフーズで食品製造をしていたカンボジア技能実習生...POSSEオンラインアカデミー報告ブログ「技能実習生への人権侵害に”加担する”SDGs企業ー労働運動が変えるサプライチェーンー」

  • 斎藤幸平×岸本聡子×今野晴貴 オンライン・トークイベント「人新世の「コモン」と労働を考える ~日欧・運動の現場から」

    斎藤幸平×岸本聡子×今野晴貴オンライン・トークイベント「人新世の「コモン」と労働を考える~日欧・運動の現場から」人類の経済活動、すなわち資本主義が地球を破壊し尽くす“人新世”の時代。この資本の運動を止めるには、「コモン」(共有材)の再生と労働のあり方の抜本的な変革が必要です。今回のイベントでは、経済思想家・斎藤幸平氏と欧州で再公営化や「コモン」に関わる活動に携わっている岸本聡子氏をお招きし、労働問題に長く取り組む「POSSE」代表の今野晴貴が、オンライン上でクロストークを行います。社会の新しいヴィジョンを描き出す貴重な機会です。ぜひ奮ってご参加ください。★お申し込みはこちらから!★【関連書籍】・今野晴貴『ストライキ2.0ブラック企業と闘う武器』(集英社新書)・岸本聡子『水道、再び公営化!欧州・水の闘いから日本が...斎藤幸平×岸本聡子×今野晴貴オンライン・トークイベント「人新世の「コモン」と労働を考える~日欧・運動の現場から」

  • 「スタバアクション0314の参加方法と注意点について」

    3月14日(日)15時~17時開催の【スタバアクション0314】への参加方法と注意点を説明します。確認いただきアクションへの参加をお願いいたします。 1、参加方法スタバアクション0304用のバナー用紙2種デザインのうちお好きな方をご用意ください。セブンイレブンネットプリント(有料)を利用するか、次の項目で説明しますバナーを(JPEG,PDF)を印刷します。印刷したら下記サンプル写真を参考にスターバックス各店舗前の公道で店舗を背景にバナーを持って撮影してください。撮影後は滞留せず速やかに周囲に気を付けながら移動し、安全な場所でその画像を3月14日の15時~17時の間にTwitterやインスタグラム各種SNSにて「#スタバアクション0314」「#外国人労働者の人権を守れ」のハッシュタグと共に投稿しましょう。・サンプ...「スタバアクション0314の参加方法と注意点について」

  • 『POSSE』vol.47(第一特集:非正規差別と働く女性たち)予約受付中

    堀之内出版ウェブストアにて予約受付中です。詳細はこちらからご確認ください。 ◆第一特集「非正規差別と働く女性たち」サービス経済化が進み、女性・非正規労働者は、その経済構造の主要部分に組み込まれている。コロナであらゆる仕事がストップしている状況でも、小売や物流、医療、福祉などの分野で働く労働者たちは「エッセンシャルワーカー」として社会的注目を集めた。ここで働いている労働者の多くが、女性であり、非正規雇用であった。他方で、女性・非正規労働者の多くは、休業補償がなされず、「会社を守るために」と解雇・雇い止めされ、感染リスクに晒され続けている。女性・非正規労働者の多くはコロナの下で「エッセンシャル」な存在だとされながら、相変わらず差別されつづけているのだ。第一特集では、コロナが明らかにした構造的な矛盾を様々な角度から分...『POSSE』vol.47(第一特集:非正規差別と働く女性たち)予約受付中

  • 【寄付のお願い】外国人技能実習生の人権を守るよう大企業に要請する行動にサポートをお願いします!

    NPO法人POSSEでは、外国人技能実習生の人権を守るため、取引先大企業に社会的責任を果たすよう要請するキャンペーンを実施しています。2016年春、上の動画の「強制帰国」事件が起きました。スターバックスのサンドイッチやファミリーマートのお弁当などを製造している大手食品製造会社「トオカツフーズ」で、食品製造をして働いていたカンボジア技能実習生が、働き始めてたった半年ほどの夜勤明けの早朝に寮にいたときのことです。突然、パスポートと在留カードを取り上げられ、両腕をつかまれながら強制的に車に押し込められて成田空港へ連行、強制帰国させられました。当時はお金も渡されておらず、母国の空港から実家へ帰るのにも困難を極めました。現在、強制帰国させられたカンボジア技能実習生7名が労働組合・総合サポートユニオンに加入し、オンラインで...【寄付のお願い】外国人技能実習生の人権を守るよう大企業に要請する行動にサポートをお願いします!

  • 【学生・若者無料】技能実習生への人権侵害に「加担する」SDGs企業-労働運動が変えるサプライチェーン

    ■趣旨「国産野菜」や「madeinJapan」の衣服をつくる技能実習生たち。国際社会から「現代奴隷制度」とも評される彼ら彼女らが直面する人権侵害は、実習先の問題として強調される。しかし、その背後には、SDGsを掲げる大企業の存在があった。今回は、コンビニの「おにぎり」や大手有名カフェチェーンの「サンドウィッチ」をつくっている技能実習生の人権問題に取り組む総合サポートユニオンをゲストに迎え、人権侵害をなくすために、私たちができることを考える。■講師:青木耕太郎(総合サポートユニオン共同代表)1989年千葉県佐倉市生まれ。3.11以降、仙台市で被災者の就労支援に従事したのち、総合サポートユニオンの共同代表に就任。女性や外国人などの非正規労働者の問題に取り組んでいる。共著に『断絶の都市センダイ―ブラック国家・日本の縮...【学生・若者無料】技能実習生への人権侵害に「加担する」SDGs企業-労働運動が変えるサプライチェーン

  • ヤフー記事「保育で政府が「新プラン」 「非正規だけの担任」は何をもたらすのか?」

    昨年12月に発表され、今年4月より実施予定の「子育て安心プラン」について、POSSE代表の今野晴貴がヤフー記事で取り上げています。保育現場で不足する人材を確保し、待機児童を解消することを目的としていますが、実施後は様々な問題が懸念されます。対応策についてもまとめていますので、ぜひご覧ください。保育で政府が「新プラン」「非正規だけの担任」は何をもたらすのか?https://news.yahoo.co.jp/byline/konnoharuki/20210224-00224091/ヤフー記事「保育で政府が「新プラン」「非正規だけの担任」は何をもたらすのか?」

  • 2月9日、POSSEが支援している外国人労働者パスポート取り上げ裁判の進捗報告

    2月9日、POSSEが支援している外国人労働者パスポート取り上げ裁判の進捗報告2021年2月9日に横浜地裁で外国人労働者のパスポート取り上げ裁判の第5回口頭弁論がありました。POSSEからは学生を中心に20人ほど傍聴に集まりました。11月にあった前回の期日では、おそらく従業員とみられる会社側の傍聴者らが、後から来たにも関わらず席が足りないと主張したことがきっかけとなり、裁判そのものが延期になってしまいました。そして、今回はより大きい部屋が用意され、裁判官の数も1人から3人に増えました(前々回の8月25日裁判の報告はこちらをご覧ください)。今回の第5回目期日では、裁判の争点を整理することが目的でした。そもそも会社側は、2020年1月の提訴から1年以上経っているにも関わらず、こちら側の主張に対する認否や、記者会見な...2月9日、POSSEが支援している外国人労働者パスポート取り上げ裁判の進捗報告

  • 2月14日、オンラインイベント「過労死・過労自死の責任を企業に追及するためには 〜過労死遺族学生の取り組み〜」を開催します。

    オンラインイベント「過労死・過労自死の責任を企業に追及するためには〜過労死遺族学生の取り組み〜」を開催します。過労死等防止対策推進法が制定されて7年が経ちますが、未だに過労死はなくなっていません。「過労死」と国から認定を受けるために行われる労災の申請件数は、2019年には455件(自殺未遂も含む)でしたが認定件数は194件と、補償を受けられた家族はわずか40パーセントでした。さらにその背後には、労災申請すらできずに泣き寝入りしている遺族が何千もいると言われています。その中で、過労死を引き起こした企業に対して、責任を追及するために10年間闘った大学生の遺族がいます。POSSEとともに何年も闘いながら、「偽装倒産」した企業と元経営者を訴えた裁判で今年1月、勝訴判決を勝ち取りました。この闘いを踏まえて、泣き寝入りして...2月14日、オンラインイベント「過労死・過労自死の責任を企業に追及するためには〜過労死遺族学生の取り組み〜」を開催します。

  • オンラインイベント「年越し大人食堂2021」が可視化した若者・女性・外国人の貧困問題 ー「普通に生きる」権利を実現するためにー

    ■趣旨昨年に続き今年も「年越し大人食堂」が開催された。医療・食料・法律・生活相談などの各ブースには、日雇い男性労働者だけでなく、多くの若者や女性、外国人労働者たちも列をつくった。相談から見えてきたのは、これまで普通に働いていたにも関わらず、コロナを理由に不当な解雇や雇止めにあい貧困に苦しむ実態だった。今回は、「年越し大人食堂」の共催団体であるNPO法人POSSEの事務局長・渡辺寛人を講師に、そこから見えてきた現状を報告し、日本社会で「普通に生きる」権利を実現するためにできることを考える。 ■講師:渡辺寛人(NPO法人POSSE事務局長)社会福祉士として労働・生活相談にかかわる。雑誌POSSE編集長。東京大学大学院総合文化研究科在籍。専門は貧困問題、社会政策、福祉社会学。共著『闘わなければ社会は壊れる』(岩波書店...オンラインイベント「年越し大人食堂2021」が可視化した若者・女性・外国人の貧困問題ー「普通に生きる」権利を実現するためにー

  • 昨日(1月21日)、東京高等裁判所でPOSSEが支援している過労死裁判の判決言い渡しが行われました。

    昨日(1月21日)、東京高等裁判所でPOSSEが支援している過労死裁判の判決言い渡しが行われました。この事案は、2011年8月、岩手県奥州市にある機械部品製造メーカー「株式会社サンセイ」で働いていた当時51歳の男性(Aさん)が、一ヶ月あたり最大111時間09分もの残業を含む長時間労働が原因で亡くなったというケースです。翌年(2012年)7月には、花巻労働基準監督署が「発症前2か月においては残業時間の平均が98時間とほぼ100時間に近い時間外労働に及んでおり、請求人は著しい疲労の蓄積をもたらす特に過重な業務に従事していたと認められる」として労災を認定しましたが、会社は責任を認めることはなく、2012年12月に解散しています。そこで、遺族は2017年11月に、「株式会社サンセイ」そしてサンセイの役員ら3人が責任を果...昨日(1月21日)、東京高等裁判所でPOSSEが支援している過労死裁判の判決言い渡しが行われました。

  • ヤフー記事「「テレワークを求めたからクビ」 緊急事態の差別に“怒り”の声」

    新型コロナの感染拡大にともない、テレワークの導入や出勤者の削減を進める企業は多くなりました。しかし、一部企業では、正社員のみにテレワークを認めつつ、非正規社員には認めないという差別的対応があるようです。感染リスクに大きく関与し、生死を分けかねないこの問題について、POSSE代表の今野晴貴がヤフー記事で取り上げています。「テレワークを求めたからクビ」緊急事態の差別に“怒り”の声https://news.yahoo.co.jp/byline/konnoharuki/20210109-00216666/ヤフー記事「「テレワークを求めたからクビ」緊急事態の差別に“怒り”の声」

  • オンラインイベント「日本で暮らすクルド難民ーこの社会で生きる権利を実現するために」

    ■趣旨11月1日埼玉県川口駅前でクルド難民向けの相談会が行われた。医療・食料・法律・生活相談などの各ブースには、多くのクルド難民たちが列をつくった。相談を受ける中で見えてきたのは、母国での弾圧から逃れるために日本に渡った彼ら彼女らが、日本社会で「生存権」を否定されている過酷な実態だった。今回は、相談会を主催した「クルド人の生存権を守る実行委員会」の2名をゲストに、そこから見えてきた現状を報告し、彼ら彼女らが日本で生きる権利を実現するためにできることを具体的に考える。 ■難民の子供たちの教育権を求める取り組みPOSSEでは、難民の子どもたちの日本における教育権を実現するための支援を開始します。イベントの中で、具体的な取り組みについて報告をします。支援に関心のある方はぜひ参加してください。 ■講師:藤田孝典(「クル...オンラインイベント「日本で暮らすクルド難民ーこの社会で生きる権利を実現するために」

  • 企業に過労死の責任を追求するためのオンライン署名にご協力ください!

    企業に過労死の責任を追求するためのオンライン署名にご協力ください!NPO法人POSSEが支援している過労死遺族がいま、会社に責任を追求する裁判を起こしています。一審判決は会社や経営者を免責する不当判決だったため、高裁に控訴しています。2021年1月21日高裁で判決が言い渡されますが、そこまでに多くの方にこの事件について知って、オンライン署名にご協力いただければと思います。また、ぜひご遺族(お父さんを亡くした20歳代の息子)の思いも読んでもらえればと思います。【オンライン署名】裁判所は過労死を引き起こした企業の責任を認めてください!この件についてのお問い合わせはこちらNPO法人POSSEホームページ:www.npoposse.jp電話:03-6699-9375(事務・取材受付)メール:info@npoposse....企業に過労死の責任を追求するためのオンライン署名にご協力ください!

カテゴリー一覧
商用