searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

sunekotanpakoさんのプロフィール

住所
大宮区
出身
中央区

遺跡、古跡、神社などを中心に訪れ、民俗学的な見地から色々考えたりしています。また、映画は、日本、洋画とも昔の映画を中心に観ています。読書はいい加減に読んでます。最近はやはり昔のもが多いかな。新書系は新しく、文芸系は古典や昭和初期くらいまでのを。

ブログタイトル
スネコタンパコの「夏炉冬扇」物語
ブログURL
https://blogs.yahoo.co.jp/sunekotanpako
ブログ紹介文
スネコタンパコが観たり、聞いたり、読んだりして感じたことの物語り
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2008/01/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、sunekotanpakoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
sunekotanpakoさん
ブログタイトル
スネコタンパコの「夏炉冬扇」物語
更新頻度
集計中
読者になる
スネコタンパコの「夏炉冬扇」物語

sunekotanpakoさんの新着記事

1件〜30件

  • 人丸神社 その8 才川と片葉の芦(下の4) 佐野の阿曽沼

     まずは、遅まきながら、『沙石集』(著者 無住法師 一二八三年成立)巻第八「鴛の夢に見ゆる事」(岩波文庫)の全文を掲載しておく。 《中比下野の國に阿曾沼と云ふ所に、常に殺生をこのみ、ことに鷹つかふ俗有けり。ある時鷹狩して歸りさまに、鴛の雄(...

  • 人丸神社 その7 才川と片葉の芦(下の3) 村上の阿蘇沼

     わたしが意外に感じたのは、古地図に沼が描かれていない、ということではなく、先日、市役所の職員から聞いた、つい最近まで、片葉の弁天近くに、阿蘇沼の名残の沼があり、図書館の駐車場造成時に消滅した、という話をした時の博物館職員の反応だった。彼は...

  • 人丸神社 その6 才川と片葉の芦(下の2) 村上の阿蘇沼

     沖塚遺跡について、わたしが何度も製鉄、製鉄というものだから、八千代市立郷土博物館の職員は、誤解されてはまずいと思ったのだろうか、「製鉄遺跡と断言できるどうか…」と疑問を投げかけた。                           黒沢...

  • 人丸神社 その5 才川と片葉の芦(下の1) 村上の阿蘇沼

     過去に、わたしが訪れた片葉の芦伝承地と片目伝承=鍛冶伝承との関係について述べてきたが、柳田が採り上げた片葉の芦伝承地はどうか。  柳田の「諸國の片葉の蘆」からの引用箇所を再録しておく。  ≪下總印旛郡阿蘇村大字村上の阿蘇沼には今でも片葉の...

  •  熊というと、反射的に、牛を思い浮かべる。  金融マーケットでは、Bear(熊)といえば、弱気相場を指す。攻撃するとき、熊は、前足を上から下へ振り下ろすところから、下げを想起させるのだろう。  反対に、強気相場はBull(牡牛)と称す。牛は...

  • ひえー神社

     一見、なんの変哲もない社。  しかし、わたしは、これ以上、進むことはできず、結局、一歩たりとも、境内に足を踏み入れることなく、神社を後にした。  このようなケースは未だかつてなく、わたしにとっては一大珍事である。  そのワケは?  写真の...

  • 壁にハナあり

    https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-ff-4d/sunekotanpako/folder/1237593/37/41191637/img

  • 人丸神社 その4 才川と片葉の芦(中の下)

     片葉の芦伝承が「片蕝の足」のことであるとすれば、片目伝承のある人丸神社境内に片葉の芦伝承があり、また、片葉の芦伝承のある五郎淵に片目伝承があるのは、少しも不思議なことではなく、むしろ当然ともいえる。  わたしが、かつて、訪れ...

  • 奥州安達ケ原黒塚

     ここは、奥州安達ケ原、黒塚の鬼婆伝説で有名な、天台宗真弓山観世寺山門。  門前にある「黒塚」の石碑を見て、わたしの連れがこういった。  「ねぇ、ねぇ、どうして、こんなところで、黒豚売ってるの?」

  • 安達太良山頂の石祠

     これは安達太良山乳首山頂にある、八紘一宇の石碑と石祠。  この祠が、おそらく、甑(こしき)明神だと思われる。  なかに、「安達太良神」の石碑とマラ石だろうか、男根状の物が安置されている。そこには、デザイン化された白い文字が書かれており、古...

カテゴリー一覧
商用