searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

タヌ子さんのプロフィール

住所
海外
出身
大田区

自由文未設定

ブログタイトル
異邦人の食卓
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/tanukoponkichi/
ブログ紹介文
林檎とバターとチーズの郷、ノルマンディのド田舎で暮らすグータラ主婦が綴る食いしん坊日記。
更新頻度(1年)

46回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2008/01/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、タヌ子さんの読者になりませんか?

ハンドル名
タヌ子さん
ブログタイトル
異邦人の食卓
更新頻度
46回 / 365日(平均0.9回/週)
読者になる
異邦人の食卓

タヌ子さんの新着記事

1件〜30件

  • 2020年キノコ報告+息をしよう!

    大分前から心身共に以前の調子に戻っていたのだが、全くPCを開かない生活に慣れてしまっていた(汗)ブログはタブレットでも書けるが、ミスタッチが多くなるのでやはりPCが楽。暫く放置されたPCはかなりご機嫌斜めで、頻繁にストライキをしてイライラするが、次回帰国時に

  • ノルマンディの秋

    日頃の心労が重なって2週間ぐらい軽いバーンアウト状態になって全くやる気が出ない。1週間はほぼ寝て過ごし、先週から少しずつ行動を開始したものの、以前の元気は取り戻せず、相変わらずダラダラ状態。ブログもこのままフェイドアウトしそうになったが、10年以上のお付

  • 宮殿とアズレージョの旅-タブレイロスの祭り(3)

    パレードのスタート地点は激込みだったので、ちょっと離れた場所で一番前の列を確保。折り畳み椅子売りのお兄ちゃん、お姉ちゃん達が頻繁に往来していたので、椅子2つ5ユーロでゲット。パレード開始まではまだまだ時間があるので、場所を取られない様、ポン吉と交互に散

  • 宮殿とアズレージョの旅ー タブレイロスの祭り(2)

    ツール・ド・フランス観戦と32式太極剣の練習に忙しく、ちょっと時間がなかったので、タブレイロスの祭りの記事をちょっと分割。ということで、メインのパレードは次回に持ち越し。パレード当日はちょっと出遅れると数キロ離れた所に駐車しなければならないので、ホテルの

  • 山羊チーズとクルミのケークサレ+今年初のポルチーニ

    先日狸家でBBQパーティをした時に友人が持ってきてくれた山羊チーズとクルミのケークサレが美味しかったのでレシピを探して作ってみた。見た目は地味だが味わい深いケークサレ。アペリティフのおつまみにもピッタリなのでレシピは追記に入れておいたが、日本で山羊チーズは

  • 宮殿とアズレージョの旅ータブレイロスの祭り(1)

    2019年のポルトガル旅行の一番の目的は4年に1度トマールの町で開催される『タブレイロスの祭り』を見学するため。この祭りについては次回紹介する予定だが、祭りのハイライトのパレードが行われる当日と前日は町の中心部への車の乗り入れが制限されている。丁度パレード

  • 日本の茄子満喫・生まれ変わっても…

    ポルトガル旅行記も漸く折り返し点まで到達したのでちょっと休憩…と言うより、ここ数日ちょっと気忙しいので今回は簡単更新。昨年から近所のオーガニック農家さんが日本の茄子を栽培してくれているので夏の間だけ日本の茄子満喫。日本から持ち帰った乳酸菌入り糠床でお漬

  • 宮殿とアズレージョの旅-トマールのキリスト修道院

    バターリャ修道院で面白彫刻を満喫した後、この旅のメインイベントが待つTOMAR(トマール)に移動。ホテルは街から数キロ離れた場所にあるので、チェックインする前に前回の旅で見逃してしまって後悔した建造物の一つ、世界遺産にも登録されているキリスト教修道院を見学。

  • 宮殿と僧院とアズレージョの旅ーバターリャ修道院

    オビドスを後にして、このポルトガル旅行の主の目的地、TOMARに向かう途中、世界遺産に登録されているバターリャ修道院に寄り道。バターリャ修道院(正式名は聖母マリア修道院)は14世紀にこの地で起きた隣国カステーリャ王国との戦いでポルトガルが勝利を収めたことを記念

  • 宮殿とアズレージョの旅 石のイエスの教会とタパスディナー

    フランスは5日ほど前から連日最高気温35℃超えの酷暑が続いている。昨晩9時半頃、狸家から500mぐらいのところで火事が発生し(原因はBBQ!)、4時間ほど停電になってしまった。電気がないと何もできないので寝ようかと思ったが、暑くて眠れない。例年なら夜は気温がグン

  • 宮殿とアズレージョの旅-ナザレの魚ランチとアズレージョの教会

    アルコバサ修道院で面白彫刻を満喫した後、魚介ランチを楽しむべく、コスタ・デ・プラタ(銀海岸)沿いの町、ナザレへ移動。ナザレは2016年に訪れた際にも訪れたのだが、その際に見逃してしまったものがあったので再訪したいと思っていた町。ナザレは漁師の町と呼ばれる海

  • 宮殿とアズレージョの旅ーアルコバサ修道院の楽しい彫刻達

    オビドスには2泊したのだが、中世風の街並みと本屋さんとサンタマリア教会以外は特に見どころもなく、2日目は車で30分ほどのところにあるアルコバサ(ALCOBACA)へ。アルコバサは人口15000人ほどのこじんまりした町だが、建設開始は12世紀に遡る歴史あるアルコバサ修道院は世

  • パリのタイ料理+エルヴェ豆腐再び

    漸くパリでの野暮用も終わり、先週はゆったり過ごせそうだと思っていたら、タヌ子の凡ミスから再びパリに舞い戻らなければならなくなってしまった。その上先週末から滞在している居候君たちの世話も結構忙しく、一気に終えようと思っていたポルトガル旅行記はまたしてもお休

  • 宮殿とアズレージョの旅-中世都市OBIDOS

    頓挫してしまった2016年のポルトガル・スペイン旅行の二の舞にならぬよう、昨年のポルトガル旅行記を再開すべく写真を選び始めたら『???』なものが多すぎて、記憶力の低下に愕然。説明のない写真も出てきてしまいそうだが、頑張って旅行記完結を目指す。マフラ宮殿見学

  • フランスの高級豆腐とエルヴェの手作り豆腐

    パリに行ったついでにフランスで日本人が手作りしている『鈴豆腐』を買って来た。しっかり大豆の味がする美味しいお豆腐だ。一丁700円とかなり高額だが、大豆もにがりも日本から輸入して手作りしているのだから仕方がない。半分は普通に冷や奴として頂き、半分は日本から

  • 皮なしソーセージに嵌る+変身して出戻ってきたスグリ

    そろそろ1年が経過してしまうので、昨年7月のポルトガル旅行記事を終えたいのだが、このところパリとノルマンディを行ったり来たりで忙しく、落ち着いて記事が書けないので最近頻繁に作っている皮なしソーセージを紹介。日本滞在中に友人が作ってくれた皮なしソーセージが

  • 帰宅前のラストスパート- 肉割烹 吟次郎

    日本在住中に数年間お世話になり、その間にあちこち美味しいものを食べに連れて行ってくださったS氏と10数年ぶりの再開。長いこと音信普通だったのだが、タヌ子の日本滞在中にFBで見つけて連絡をくださった。タヌ子の日本サイドの戸籍名は同姓同名がゴロゴロいるありふれた

  • 3カ月ぶりのフランス便り

    日本でのラストスパート記事は一つ残っているが、まずは帰宅報告。深夜便は一便のみだったので、悲しいまでに無人の羽田空港。暇そうなガードマンさんがお散歩してるのみ。乗客は3席に1人の割り合いだったので搭乗ゲート前もガラガラ。帰路はトランジットの空港を含め

  • 帰宅前のラストスパート-旬鮮料理・うおいちや

    ラストスパート第2弾(と言っても、前回の中華料理の前日に、沖縄に引っ越してしまう親友と焼肉を食べに行っていたので正確には第3弾)はタヌ姉のお気に入りの地元の居酒屋『うおいちや』で姉妹飲み会。既に緊急事態宣言も解除になり、神奈川県では早々にお店の営業も夜1

  • 帰宅前のラストスパートー大連餃子基地

    3月末のフライトがキャンセルになり、その後予約し直した2つのフライトもそれぞれキャンセルに。東京→パリ直行便の復活を待ち続けていたのだが、6月中は直行便はないことが判明。前回タヌ子不在中のポン吉の衝動買いは巨大オーブントースターだったが、今回は庭用スパ

  • 宮殿とアズレージョの旅-MAFRA国立宮殿と迫力のフランス娘

    マルベイラのマーケットでポルトガル庶民の台所事情を把握した後は、一気に階級を飛び越えて、18世紀建立の美しいバロック建築の王家の宮殿へ。宮殿には中央にバジリカがあり、修道院、病院も併設した部屋数1200と言われる巨大なMAFRA国立宮殿。大きすぎて全体像が写真に収

  • 宮殿とアズレージョの旅ーMALVEIRAのマーケット

    シントラでお世話になったのは人気の高い『LAWRENCE'S HOTEL』に隣接する小さなホテル。ホテルというより一軒の住宅を改造してホテルにした感じで、部屋数も少なくすごく静か。シントラ宮殿に徒歩で行けるという立地条件の良さで決めたのだが、もう一つの決め手は朝食をLAW

  • 宮殿とアズレージョの旅-シントラの町とアズレージョ

    前回の食レポートを最後に日本での外食はストップしたので、中断していたポルトガル旅行記事を再開。シントラの町は交通規制が厳しく、住民以外の車の乗り入れが禁止されている道も沢山ある。宿泊したホテルの前は路上駐車が可能だったが、ペーナ宮殿から戻った時は空き

  • 絶品マッシュポテトのペルー料理

    帰国の度に国際結婚+犬飼い族という共通点がある3人で開催する『美味しい物を食べよう会』。お二人ともご主人が日本勤務の任期を終え、今年の夏にそれぞれ別の国に移動することになったので、今回が日本で最後の『美味しい物を食べよう会』。丁度緊急事態宣言が発動され

  • ちょっとオリジナルな地元の天麩羅屋さん

    狸夫妻の周囲にはタヌ子を含め3月のお誕生日さんが多く、3月中旬にポン吉とタヌ父の合同誕生日会を開催。タヌ父とポン吉の大好物は天麩羅なので地元で天麩羅屋さんを探したら、徒歩圏内になかなか美味しそうなお店、『天しち』を発見。コロナの感染が少しずつ拡大し始めて

  • 帰宅難民のぼやき

    コロナの影響でタヌ子の置かれている状況もかなりややこしいことになってきて、連日情報収集に努める日々。フランスサイドの情報が乏しく、フランス在住者でさえ分からないことが多すぎてなかなかクリアにならない。文字だけではつまらないので、ところどころ挿絵的に緊急

  • 網代で鮮魚三昧+美味しいとんかつ

    丁度1カ月前、コロナの感染者はまだ100万人中6人ぐらいで(現在は58人)日本全体が緩み始めた頃、折角日本に居るのにどこへも行けないのは可哀そうだと思い、温泉大好きなポン吉のために伊豆の温泉に行くことにした。客足が途絶えて困っているであろう宿泊施設に少しでも

  • 四十八漁場-素敵なapcompany

    3月末日、来年度の護持会費を納めるためにお寺さんに向かう途中、用水沿いを歩きながらの桜鑑賞。この日は曇天で、満開の桜は白っぽい空に溶け込んでしまっていた。タワマンと桜。植えられて間もないと思われる御衣黄の小さな木も数えるほどだが花を咲かせていた。今ま

  • 雪花見-なんか変だぞ今年の桜

    3月に雪が降るのはそれほど珍しいことではないのかもしれないが、前日の気温が20度超えだったのに翌朝が雪というのも珍しい。漸く満開になっ近所の児童公園の桜も雪と共に散り始めてしまった。ふっくらと膨らみ始めてきた庭の芍薬の蕾も湿った雪の重みにじっと耐えていた

  • 日本の美味しい疎開生活-『ちそう』三度

    ポルトガル記事はまだまだ続くが、とりあえず近況報告。2月下旬に帰国したタヌ子に遅れること1週間、3月上旬から合流していたポン吉。日に日に悪化するフランスの状況を憂いつつも日本での生活を謳歌し、帰国便がキャンセルにならないかな…と密かに期待していたようが、

カテゴリー一覧
商用