プロフィールPROFILE

xxゆみxxさんのプロフィール

住所
宮崎市
出身
宮崎市

自由文未設定

ブログタイトル
動物たちの未来のために
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/
ブログ紹介文
宮崎県内で「看取り」中心に活動してるホスピタル保護施設。「リスペクト介護法」を取り入れてます。ハンデのある猫たちの「保護猫カフェ」も施設内に創設。
更新頻度(1年)

56回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2007/10/07

読者になる

xxゆみxxさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/15 12/14 12/13 12/12 12/11 12/10 全参加数
総合ランキング(IN) 8,296位 8,591位 8,305位 8,899位 9,612位 8,900位 9,232位 980,748サイト
INポイント 30 20 40 50 30 50 20 240/週
OUTポイント 70 130 110 40 130 120 120 720/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
犬ブログ 1,098位 1,137位 1,111位 1,156位 1,211位 1,158位 1,199位 58,108サイト
犬 ボランティア 14位 14位 14位 14位 14位 14位 14位 355サイト
今日 12/15 12/14 12/13 12/12 12/11 12/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 12,031位 11,743位 11,522位 11,100位 10,427位 8,726位 6,426位 980,748サイト
INポイント 30 20 40 50 30 50 20 240/週
OUTポイント 70 130 110 40 130 120 120 720/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
犬ブログ 1,211位 1,197位 1,170位 1,129位 1,077位 910位 664位 58,108サイト
犬 ボランティア 20位 19位 20位 19位 18位 17位 13位 355サイト
今日 12/15 12/14 12/13 12/12 12/11 12/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,748サイト
INポイント 30 20 40 50 30 50 20 240/週
OUTポイント 70 130 110 40 130 120 120 720/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
犬ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 58,108サイト
犬 ボランティア 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 355サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、xxゆみxxさんの読者になりませんか?

ハンドル名
xxゆみxxさん
ブログタイトル
動物たちの未来のために
更新頻度
56回 / 365日(平均1.1回/週)
読者になる
動物たちの未来のために

xxゆみxxさんの新着記事

1件〜30件

  • レスキューした猟犬その後…​​

    ​​2019/10/08記事 ​https://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/diary/201910080000/ ​ 「バカ犬」と呼ばれ続けた猟犬 ご報告が遅くなり申し訳ございません。 私は、この犬と自分を重ね合わせすぎて 「

  • 記事を書いた7時間後…

    ・ヘルニアのМダックス ・腫瘍のシーズー ・緑内障のクロネコ 先日のブログ記事で レスキューサポートをお願いした 3匹のご報告です。 ​あのブログを書いた7時間後…​​​​​​​​​​​ 副代表が愛護センターに

  • 陰部腫瘍のシーズー・ヘルニアのMダックス・緑内障の黒猫

    ​​​早期レスキューが必要な子達。​ この仔は10才前後だと思います。 陰部に大きな腫瘍があり、 オシッコもなかなか出せないようで、 何度も腰をかがめ辛そうでした…。 何度もお産したであろう

  • 自傷行為の柴犬その後…

    ​11日「自傷行為の柴犬」記事中で、 こう呼びかけさせて頂きました。 「体に問題をいくつも抱えてるモミに 手術を受けさせてあげたい…。 無駄かどうかは分かりませんが、 少しでも可能性を信じたいんです。

  • 生き地獄の愛護センター

    ​​​​​​​​​​「これは…生き地獄やわ!」 愛護センター収容猫たちを見て、 正直、そう感じました。 収容猫たちに「飢え」はありません。 清潔なトイレや毛布もあります。 湿度も温度も管理されてま

  • 自傷行為の柴犬

    ​​​​愛護センターに収容された柴犬。 おそらく交通事故でしょう… 下半身不随でした。 愛護センター職員さん総出で お世話にあたったようですが… 威嚇と咬む行為があるため、 お世話にかなり

  • 最終章

    愛護センターで出会った ​​「ワカコ」という老犬。​ 当時、私はこう思った。 冷暖房完備だし、 自分だけのスペースもあるし、 飢えはないし、 優しい職員さんがついてくれてる。 だか

  • ボロボロの犬

    ​​​​​​その犬は、ボロボロだった。 命のカウントダウンが 静かに動き始めた。 7日間…。 この犬に残された時間だった。 一言も声を発することはなかった。 「諦め」ではない。 「覚

  • 困難なレスキュー道 ※前編

    ​​​​先ずは…支援者様へ ご説明させていただきます。 ​●保護場所のご支援願い​ 補強工事を予定してた保護場所は… 廃材やベニヤ板造りの壁を壊し、 ゼロからの、大がかりな工事が必要。 (ドッグラン側から

  • めずらしく「怒」

    ​​ ■ 食 物 連 鎖 ​​​​ 「子猫がキャリーのまま捨てられてる!」通報の電話がありました。 いつもならば… 医療費、時間、場所、 保護に関する「責任」を保護主さんに 必ずひとつ、背負って頂きます。 丸投

  • 「群れ」

    ​​​​​​​​​​ ■ケンカはあります​  ​ いのちのはうす保護家は、朝~夕方まで、 犬たちはドッグランでフリーです。 『長時間、犬だけのフリー状態で ケンカはないんですか?』 よく聞かれますが、

  • バカ犬

    ​​​​50才、女性、専業主婦、山下由美です! 今日のブログは、 「いのちのはうす保護家」代表ではなく、 動物愛護関係者でもなく、 1人の人間、山下由美として書きます。 ​​​ ​​■頭から離れ

  • 事故の引き金 part2

    ​​​​​​​​​​​​※ 事 故 の 引 き 金 part 1 続編​​ ↓ ↓ ↓ ↓ ​ ■ ケ ン カ ​ ​興奮がMaxになった犬たち。 相性の悪い犬同士のケンカが 起きてしまいました。 いつもならば、 すんなりとめられ

  • 事故の引き金 part1

    ​​​​​  ■ 雨天時の犬たち  ドッグランの犬たち、少々の雨ならば、 軒下やテントで雨宿りするものの… 広さが限られてるので、 雨の日ばかりは、 相手のパーソナルエリアなんて 各自守っていられません。

  • 2頭レスキューご報告

    ​ ​ ↓ 2019/9/6 ブログ記事転載 ↓   この仔は、室内で大事にされてた老犬。​ それなのに「持込み」 飼主さんが、癌で入院したとのことでした。 それ以上は聞きませんでしたが、 どんな思いでこの仔を

  • ボニー最期の判定

    ​前記事つづき→2019/09/27 「人間を判定する犬」​ ​​ ■ 恐 怖 心​  ​​​​ ボニーは、気付きました。 自分の体が衰えはじめたことに…。 ボニーは賢い犬だから、 脳の処理能力が衰えてることが、

  • 人間を判定する犬

    ​​​​■「絶望」から「希望」​​​ 2016年3月25日 動物保護管理所の檻に 収容された1匹の老犬。 この老犬から感じたものは「絶望」 全てのことに疲れ切ってるような 諦めの感情だった。 だ

  • 奇跡の再会

    ​​​​■ 安 楽 死​ 愛護センターで、1匹の老犬をめぐる 殺処分議論が交わされていました。 殺処分すべきだとの意見。 それも「尊重」があるからこそだと、 思えてなりませんでした。 「排除」という意味で

  • 副代表の怒り

    ​​​私が思う話、 個人的な記事になりますが… ある日の夕方、 副代表が、電話口で怒ってました。 「愛護センターには、治療やケアできる 獣医師がいないと?」 「センター職員誰一人、

  • 愛護センターで待つ老犬

    ​​​​​■ 持 込 み 老 犬 の 背 景​​ ​実は… ワカコ、ちはる母子、子猫達、 ​8/9のレスキュー​は、 始まりに過ぎませんでした。 宮崎県の愛護センターは、 宮崎県と宮崎市、 別々に運営管理しています。

  • 子猫11匹レスキュー

    ​​■ 譲 渡 猫 室​ 「ここ数週間、猫の譲渡(県管轄)がゼロなんですよ…​ 譲渡室の猫たちがあふれかえってるんです」県管轄獣医師さんから相談を受けました。 譲渡猫室に入ると… 「あせり」の意味が分かりま

  • お乳が止まりそうな母犬

    ​愛護センターに収容されてた母犬。 生後10日位の子犬6匹を抱えていました。 その割には、お乳に張りがない… おっぱいがあまり出てないことに、気付きました。 このままだと、乳腺が閉じてしまう… 母子犬

  • 託された18匹の命

    8月9日​「昨日、亡くなりました」​を書き終え、 愛護センターに向かいました。 愛護センターの道中約1時間。​​​​​ずっと、ずーっと、 あの子が頭から離れませんでした。 この日、この時間、本当ならば、 あ

  • 昨日、亡くなりました

    ​申し訳ございません。 昨日、亡くなりました。 愛護センターで、 最期を迎えさせてしまいました。 「なんとかなる」そう決心し、先日書いたブログは、 私とこの仔の時系列、ひとつの物語でした。

  • 収容された下半身麻痺の犬

    ​​■ ひ き 逃 げ​ 7月31日 19:00、 1匹の犬が、車にはねられました。​​​​​​​​​​​ 頭と口から血を流し、 立ち上がることすら、できない。 逃げることすら、できない。 どんなに怖かったことか… 7月3

  • 奪われた脚、奪われるであろう脚。

    ​​​​■ 奪 わ れ た 脚​ なにかの恐怖から逃げるように 車のボンネット中へ、 身を隠したのでしょうか。 恐怖から逃げきり、 ホッとしたのもつかの間 子ネコに待っていたのは さらなる恐怖だった。

  • 頭が割れた子ネコ

     ■ 頭 が 割 れ た 子 ネ コ ​​ なんども、なんども、立たされる情景がある。 私だったら、死んでるだろうな… 痛み、恐怖、絶望に、耐えれず。 ​交通事故で、頭が割れた子ネコ。 左眼球も、つぶれてい

  • あの日の真実

    ​​1・時が止まったままの仔 https://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/diary/201907290001/ 2・ケンジが過ごした看取り期 https://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/diary/201907310000/ この記事は3回に分けて

  • ケンジが過ごした看取り期

    ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​2018年4月18日 ​ケンジ​は ​​​「看取り期」​​​に入りましたが・・・ ​同じ日に​「看取り期」​に入った​ ​​​「サンペイ」​​がいました。​ サンペイは、人

  • 時が止まったままの仔

    ​​昨年4月から時間が止まったままの 老犬ホスピスの​「ケンジ」​ ​​↓ 約 一 年 前 の 記 事 転 載 ↓​​ (少し編集してます) ​老犬ホスピスの「ケンジ」は、​​2017/5/27に、 都城管理所からレスキューし

カテゴリー一覧
商用