searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

森生さんのプロフィール

住所
日高市
出身
鎌倉市

自粛生活20余年 不要不急なじじぃです

ブログタイトル
林住記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/rinjuki
ブログ紹介文
寝言・うわごと・独り言 のようなもの
更新頻度(1年)

218回 / 365日(平均4.2回/週)

ブログ村参加:2007/08/20

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、森生さんをフォローしませんか?

ハンドル名
森生さん
ブログタイトル
林住記
更新頻度
218回 / 365日(平均4.2回/週)
フォロー
林住記

森生さんの新着記事

1件〜30件

  • 自動車保険

    代理店から電話があり、車の保険を継続した。コロナのため、今年も電話契約です。昔、損害保険代理店資格を取る時、契約は面談、と覚えた。電話だけでいいのかなぁ。2年前、ブロック塀に突っ込んだ時▲、運転は止めるつもりだった。だけど塀の持ち主に慰められ、損害は保険で対処できました。このまちでは、車が無ければ達磨同然です。歯科大病院へのタクシー代は、片道4200円もする。医療費控除を申告しても、全額還付されるわけではない。病院への近道は畑の中の細道で、すれ違いが難しい。病院下の木橋は、ゲートにサイドミラーがコツンとぶつかります。おまけに対向車が続き、気合を入れないと、なかなか渡れない。ここ数年、視力が一層衰えた。運転は明るい内だけにしています。池袋母子殺害事故の高齢の加害者は、禁固5年の実刑判決だった。代理店はドライブカメ...自動車保険

  • 100人当たり

    よく「コロナ感染者数が10万人当たり何人」と報道されますよね。けれども森生の脳味噌は、使用期限を超え過ぎた。県では広過ぎ、10万人では多過ぎてピンとこない。そもそも、わが日高市の総人口は55000人余りです。100人当りくらいでないと、実感が湧かない。そこで100人当りの感染者数を割り出そうとしたら.......。あらら、計算式を忘れてる。もちろん10万人当りもね。10日あまり、考えましたね。ところが昨夜、パッと閃めいた。脳内電線が繋がったのです。日高市感染率✖100人=日高市民100人当り感染者数ってこと。違ってないですよね。感染率の計算式は覚えていました。感染者数÷総人口数=感染者比率そこでわが日高市の感染率と、100人当り感染者数を算出してみた。感染者572人÷総人口55019人=感染者比率0.01041...100人当たり

  • レガシーを活かす

    猛暑の後に長雨が続き、家に閉じ籠っていた。その結果、ブログのネタ切れ。困ってます。そこでここ数日の新聞を見直したところ、面白い記事を発見。9月7日朝日朝刊埼玉版で、見出しは、診察室から嫌われ虫の恵み医療や農業でハエが大活躍であります。しみしめ。これを叩き台にして林住記の記事にしよう。と企みましたが、この新聞記事、まとまりが悪いね。作文に不慣れな、小児外科の先生が書いたからか。さぁどうしよう、と考えているうちに、そうだ、昔、似た記事を書いた。ことを思い出した。で、このブログ内で検索してみると、ありました!何と14年も前の記事ですよ。零細ブログの過去記事なのに、最近の新聞記事と内容に大差がない。これを殆どそのまま転記しよう。レガシイは活用すべきでアル。と考えたが、原文は小児科先生と較べ、どっちもどっち。ごちゃごちゃ...レガシーを活かす

  • 雨あがりに

    長雨がようやく雨が上がり、午後、薄日が差してきた。長い家籠り。衰えた脚を鍛えるつもりで、町内をパトロール。SC裏のすすきは秋を忘れず、もぅ穂を出している。帰り道、音入に寄り道した公園内も、追加のパトロール。強くて増えるつるぼうが咲き揃い、怪しいきのこがにょっきりと。葉桜を過ぎ、黄~桜。.....なんていう酒と歌があったような。濡れ落葉はわが姿。小一時間のブラ散歩。また蒸し暑さが戻り、僅か3千歩でぐったり。本当の秋になったら、今度こそ本気で頑張らなくちゃ。210910雨あがりに

  • 月とすすきと団子

    この秋の中秋の名月は、9月21日。晴れればいいな。お月さんに、すすきと団子をお供えする場合、月を中心に、左側がすすき、右側が団子、が決まりなのだそうだ。日付も、決まりやその理由も、こちらのブログで知りました。カボチャ騒ぎより、月を見て、しんみりしたい。日本人だもの。210908月とすすきと団子

  • 投げ出す

    人事のスカと言われたスカのこと。コロナはさておき、手練手管を尽くすはず、と見ていた。が、アベに続きあっさりと投げ出した。最後の相談役があの、軽~い進次郎ひとりだったとは......。ま、何はともあれ、スカが去ることはいいことだ。コロナ専念なんて言わず、さっさと消え去ってもらいたい。政治空白は、ずっと続いてきたことだ。高市・岸田・河野・その他。後継候補は、どれもアベウィルスの感染者だ。しかも、二階・麻生の臭い息がかかっているらしい。対する石破は、党内の嫌われ者とか。だったら野党第一党の枝野かと言えば、普段どおりの文句だけ。国会が開かれない場合の世論を動かす術を考えていない。つまり、現状満足安住派ということ。共産党と五輪大臣のオット先生が、わが団地に宣伝車を走らせた。共産党は「困りごとは何でも聴いてあげる」だった。...投げ出す

  • 梨を切り分ける

    今年の桃・梨・蒲萄は、指を咥えて見るだけだった。玉蜀黍の丸齧りなんか、とんでもないことだった。ようやく入歯が出来上がり、ブロックにした西瓜を食べてみた。だけど入歯が歯茎に食い込み、痛くてたまらない。泣く泣く半分残してしまった。そんな状態ですが、ナルホドな梨の切り方を見つけました。名人・清水ミチコさんの切り方です。ミチコさんのブログから、図を拝借しました▼梨は、もぅ間に合わないけど、林檎にも使えますよね。ところで、森生が発明したキーウィーの食べ方です。二つに輪切りし、断面をスプーンで掬い、食す。皮を剥く手間が省け、果肉の無駄が出ないよ。210903梨を切り分ける

  • 集く虫の音

    まとまった雨が降り、肌寒くなった。ゆうべの夜更け、耳を澄まし、集く虫の音を聴いた。鳴いているのは閻魔蟋蟀(えんまごおろぎ)か▼♫虫時雨集く(すだく)虫などが多く集まって鳴く。虫時雨(むししぐれ)多くの虫が鳴いていて、時雨の降るようであること。時雨(しぐれ)初冬の頃、寒冷前線がもたらす驟雨。驟雨(しゅうう)俄か雨。夕立。今年も、あと4か月。今宵は雨なので、虫も鳴かないだろう。そこはかとなく侘しい初秋です。210902集く虫の音

  • 今日の入歯

    朝、ポリデント液に漬けておいた入歯を装着しようとした。人工歯茎部分は、一晩水に浸かっていたのにカチカチに固い。上の入歯は、10回目にカチッと音がし、嵌まった。だけど下は全くダメ。何度もやったけど、残った歯に嵌める針金が鳴らない。嵌まったようなので、バ・カ・タ・レと呟いてみる。と、レでぱっくり外れてしまう。努力しても嵌めれば快適か、というと昨日は違った。モノをしっかり噛めるようになったわけでもなかった。入歯を飲み込みそうで、薬が飲めなかった。会話が不自由だ。特にサ行が。口笛が吹けない。等々不都合・不愉快が多かった。で、今日は入歯を嵌めないことにしました。歯科大学病院は、町医者より丁寧に入歯を作ってくれた。それなのに何故びったり合わないのか。じじぃが素人なりに考えてみた。3D技術を応用し、歯型をとり入歯を作る。歯茎...今日の入歯

  • 口中の拳骨

    入歯が出来上がった。完成品は、殆ど総入れ歯に見える。新しい歯は、10代の少年のように小さく、綺麗に揃っている人工歯茎部分は分厚く、口蓋を覆い隠す大きさだ。話し方は優しい若先生ですが、試着脱作業は荒っぽい。残した歯が折れるか抜けるか、顎が外れるか。冷や汗が出たほど痛かった。小一時間、あちこちを微調整した結果、入歯はカチッと収まりました。薄紙(?)カチカチで試したので嚙み合わせもできるはず。だけど拳骨を口に含まされた気分です。慣れるまで時間がかかります。頑張って下さい。あと、何度か調整しますから、来週またね。と励まされて帰宅。この夏は、桃も蒲萄も西瓜もまだだった。そこで帰宅途中、スーパーでカット西瓜を買いました。ところが夕食後、噛めると思った西瓜が噛めないのね。我慢して噛むと、入歯の分厚い土台が、痩せた歯茎に食い込...口中の拳骨

  • 無理矢理エッジ

    無理矢理割り込んできたエッジを、うっかり触ったらしい。強引なエッジに、パソコンを占拠されてしまった。そしてエッジは、長年馴染んだエクスプローラを、追い出した。その結果、自分のブログがなかなか開けない。お気に入りが不安定で、諸先輩のブログが簡単に見られない。中央の幅が広くなったり狭くなったりし、画面はガチャガチャ。見た目が第一の林住記なので、ほとほと困っています。昨夜、友だちが駆けつけ、色々処置してくれた。たけどじじぃ一人になると、また上手くゆかないのね。ネット業界は強引ですよね。とんだ災難だ。これまでMS社はエッジを執拗に推奨していた。まんまと罠に嵌められたようですが、どうにもなりません。居座ったエッジに慣れるしかない。そういうわけで、色々試しています。しばらくの間、記事更新が不規則になります。見た目も内容もご...無理矢理エッジ

  • 危険な熱さに

    朝7時半。居間の温度計は既に28度、湿度80%だ。気象予報士は、外出を控えた方がいい危険な暑さ、と嬉しそうに言う。はいはい分かってるよ、危険じゃなくても暑い日はステイホームだわさ。9時半。早くも30度・湿度84%。エアコンを点け、脳味噌の沸騰を防ぐ。ぼったくりバッハが国賓待遇で再来日している。オリンピックでは、よほどいい思いをしたのだろう。どんより眼に明かりが灯ったスカから、お返しの勲章を授かるつもりかな?尾身会長がバッハ再来日を痛烈に批判した。だけど後の祭り。感染爆発の責任は尾身会長にもある。後手後手の専門家だった。正午。玄関先の日陰に置いた温度計は、33度、50%。食欲が無く、昼食は柔らかなコーンスナックと冷やした甘酒のみ。先のことは考えず、さぁ昼寝だ。210827危険な熱さに

  • ブルーベリー

    時々昼飯に行く、団地SCにあるカフェの店外席。脚長じぃさんが、採りたてのブルーベリーの選別をしていた。脚長じぃさんは、団地内に配置したベンチ作りも一段落。今日も暇なので、農園作業で孤軍奮闘する店長のお手伝いというわけ。選別作業で、目が良くなったそうです。店長はブルーベリー農園を経営し、このカフェで直販している。採れ採れの新鮮だから、散歩の途中に立ち寄り、お買い上げ下さいね。暑さがぶり返し、店外席は居たたまれないので、涼しい店内へ。店内は、数人のおばぁさんたちがガヤガヤと談笑中。おばぁさんたちは、コロナにも歳にも負けず、物凄く元気だ。(それに反し、おばぁさんちのおじぃさんはお留守番?)森生は黒一点(いや白だな、頭は)になり、隅の席で畏まる。そして、噛まずに吞み込める特製のぶつ切り冷やし饂飩で昼食です。仕上げにバナ...ブルーベリー

  • 遥かな海 遠い空

    おととしの暮のこと。久し振りに、懐かしい湘南海岸を巡るつもりになった。鵠沼海岸から城ヶ島まで、最後になるかもしれない小さな旅。それが泡と消えました。学生時代、アルバイトをした逗子海岸の寂しい海開きを、この夏の始めにテレビで見た。海岸に自動車道路が開通し、ビルが立ち並んでる。あまりの変わりように唖然呆然。当時の逗子海岸には、大きな建物は2軒だけ。木造2階建てで、国鉄海の家と、古ぼけたなぎさホテルだった。それが..............。あの頃はこの頃のような猛烈な暑い日は無く、潮風が心地よかった。暑かったのは夕凪のいっときだけ。昼飯はドカ弁だった。逗子駅から海岸まで木のサンダルをつっかけ、同僚と速足で歩けた。コロナなぞ考えたことも無かった。遥かな海、遠い空。あの頃の思い出を書いた過去記事が沢山あります。このブロ...遥かな海遠い空

  • 鼻に角柱?

    ネタ探しにgooブログのニュース画面を開く。と、おぞましい広告が目に飛び込んでくる。これが絵なら、まだ我慢ができる。しかし円らな瞳の女性の鼻先に、ビッシリ付いた角柱の写真だ。ああいうブツブツが並んだ不気味な写真は、見たくない。茶毒蛾の卵を連想させられ、蕁麻疹が発生する。女性の鼻先には毛穴があり「角柱」が埋まっているのだそうだ。人によっては4cmもある、って信じられますか?そもそも女性は、鼻の頭に毛が生えるのだろうか。心臓なら納得しますよ。これはライザップCMの弛んだ腹以上に不快な広告だ。広告料を払えば何を見せてもいいい、という考えは暴力だ。gooブログ事務局さん、早く止めて下さい。林住記は広告を遮断している。そうしていないブログには、記事の下に時々これが現れます。だから広告は遮断した方がいいと思う。広告遮断方法...鼻に角柱?

  • おあずけを食う

    皿の上の重ね合わせた入歯は、新発売のハンバーガーのようだった。まだ蝋細工の段階で、これを基に入歯の完成品を作るそうだ。歯科大学付属病院は街なかの歯科医と異なり、手間暇をたっぷりかける。補綴科の先生は、温めた歯型を何度も口に出し入れし40分。慎重に歯型を取った。結局、完成品は月末に完成する。それでもまだ何回かの微調整必要とか。この日は、たまたま84回目の誕生日だった。入歯完成のお祝いに、夕食は吉野家で鰻重にするつもりだった。期待していた入歯。今日はお預け、というわけだワン。まとめて6本抜歯して2週間あまり。噛めず、食事制限が続いた。おかげで体重は2㎏減り63~4kg。BMIは22台に落ちた。何故か腹周りだけは以前のままですが。写真はネットから拝借しました。入歯はいわき市城東歯科医院さま、わんこはこいぬすてっぷさま...おあずけを食う

  • 帰省にも大義名分

    煩い自粛要請にも拘わらず、帰省した人々が多かったようだ。選挙区回りや、未だに会食する先生たちがいては、非難はできない。スカはかれらに大義名分を与えてやった。無能なスカも、時には役に立つ。以下、帰省した彼らの言い分を記録しました。・中止の考えはなかった。強い警戒感を持って、帰省に臨んだ。・バブル方式で帰省した。感染拡大の恐れはないと認識していた。・コロナに打ち勝った証しとして帰省した。・帰省中止はいちばん簡単な事、楽な事だ。帰省に挑戦する事が国民の役割だ。・安心安全な帰省に向けて、全力で取り組んだ。アハハハハ・・、その結果が感染爆発だからね。いよいよパラリンピックも開催するらしい。デルタ株が猛威を振るい、より凶暴なラムダ株が上陸したにも関わらず、だ。まさに暴風雨の中の大運動会。気違い沙汰。もはや付ける薬が無く、死...帰省にも大義名分

  • 今日の料理

    一度に下の歯を6本も抜いたので、モノが噛めない。食事は流動食や介護食、舌の上で溶けるモノに限られる。お粥やシチュウやドーナッツにも飽きた。そこで今日のお昼は、冷凍のスパゲッティナポリタンにした。紳士はスプーンを使いフォークにスパを絡めて食する。じじぃは割り箸で、饂飩を啜るように食う。だけど今日はスプーンだけで食しましたよ。不思議でしょ?でも窮すれば通ず。ぼけ頭も使いよう。レンジで温めた冷凍のスパゲティやウィンナを、料理鋏で切り刻む。そうすると、割り箸よりもスプーンの方が便利というわけ。この2週間、日に3食、何をどう食したかを記録している。これを始めてみると、次は何をどう加工すれば美味く(=巧く)食せるか。何を加えれば、十分に栄養が撮れるか。他に食材はないか。等々課題が見つかり、歯が無くても食事が愉しくなる。例え...今日の料理

  • パンツがない

    パンツが、見つからない。ご同輩が普段穿いているデカパンじゃありませんよ。ボクサーパンツ型トランクスといい、シックなチャコールグレイ色だ。洗濯し、強烈な太陽光で乾燥させたパンツは心地いい。他のパンツは長雨のため、全部、洗濯機の中で湿っている。いま、穿くパンツがないのだ。古沈では社会の目がある。猫額亭は外から丸見えなのだ。幼児に還ったようだけど、じじぃはじじぃだ。そうだ!明治百年記念で手に入れた越中褌があるはずだ。あれは股間を涼しい横風が吹き通ひ、乾くのが早い。まことに優れた伝統的下着です。現代では日陰もののようだが、すっぽんぽんよりはマシ。それに、昔は湘南海岸でも普通の水着だった。・・・あ、海水パンツをまだ捨ててないはずだ。だから断捨離は慎重に。●●をのせて重たき団扇哉........正岡子規敢えて●●と伏字にし...パンツがない

  • 葛湯

    4,5日前のあの猛烈な熱さはどこへ行ったのだろうか。涼しさ以下、肌寒ささえ感じる今日この頃。長袖長ズボンに着替え、麦茶は冷蔵庫に入れたまま。友だちに頂いた、暖かい葛湯を飲んでおります。製造販売元は、群馬県は富岡市の田島屋。富岡は、あの富岡製糸工場がある町。熱いお湯で溶いた葛湯はとろ~りと仄かに甘く、身体が温まる。結構結構。子供の頃、よく腹を壊した。絶食させられ、ビオフェルミンか置き薬の苦い熊の胆を飲まされた。回復期になると、先ず腹に入れたのは葛湯だった。ビオフェルミンの粉薬も甘く、美味かった。あの頃、母がどういう葛粉を使ったのかは知らない。だけどこの甘さはあの時のもの。懐かしい味だ。そこで友達には、言ってある。また富岡に帰ったら、お土産に頼むね、お返しは、鎌倉豊島屋の鳩サブレだ▲母は月に1回早起きして、本店で壊...葛湯

  • しろうと目線

    敗戦直後、全国にあった軍関係の病院が、厚生省に移管された。まさに財政と医療が逼迫した時代である。当時の亀山孝一厚生次官は活用法に困り、松村厚生大臣に指示を求め、医療事務に慣れたくろうとには、果断な方策が立ちません。大臣のようなしろうとが、思い切った絵図を書いて下さい。松村大臣は、決めた。大都市に2か所、普通の府県には1か所程度の国立病院にする。他は全て民間に開放する。日曜に想うの筆者・曽我豪編集委員は続けて書く。既存の権力と価値観が崩壊した混沌の夏、国民に対する誤魔化しを拒み、国民と同じ素人の目線に立とうとした首相・閣僚・官僚がいた。コロナ禍が続く76年後の夏、混沌の最中は同じでも、為政者の心構えの彼我の差は、改めて書くまでもない。・・・・・・・・・そのほか詳しくは、8月15日朝日朝刊の「日曜に想う」をお読みく...しろうと目線

  • 敗戦記念日

    8月15日は敗戦記念日だった。普通、敗戦を終戦というが、敗戦が適切だと思う。朝日新聞の日曜朝刊に「日曜に想う」という囲み記事がある。この記事の15日の見出しが、終戦とは誤魔化しの言葉だとあったので読んでみた。・・・・・敗戦直後の首相に就いた東久邇宮稔彦が就任後初閣議を開いた。その閣議で国民に向け「今後に対処する覚悟」という声明を出す事を決めた。原文は内閣書記官長(現在の官房長官)に就いた緒方竹虎が起草した。そこにある終戦という言葉を東久迩首相は、終戦とは誤魔化しの言葉だ。終戦では徒に国民の覚悟を弛緩させるだけだ。敗戦の事実を認め、敗戦とすべきだ。と修正を求めた。だがまだ存続していた陸軍大臣が強硬に反対し、原文どおり終戦になった。当時厚生大臣だった松村謙三は後に、敗戦の方が国民に敗戦の認識を正しく与え、復興精神を...敗戦記念日

  • 制御不能

    デルタ型コロナウィルスが、爆発的に感染拡大している。もはや制御不能、とか。ワクチンも、ダブル抗体治療法も、絵にかいた餅で、実際は間に合わない。ワクチン2回接種済みでも感染し、病床は足りない。自宅療養では家族に感染し、感染爆発が抑えられないことは明白だ。田舎住まいなので高を括っていた森生も、恐ろしくなってきた。病床不足なら、呑気に夏休中の国会議事堂を、臨時の集中病棟にせよ。ベッドは選手村で使った段ボールベッドを転用する。医療には町医者・医学生・引退した人々を充てる。医師法違反だとしても非常時だ。責任はスカと厚労大臣かとれ。制御不能だったバッハぼったくり男爵が、8日、帰国した。1泊250万円とも言われる宿泊費は、どこが負担したのか。おためごかしの広島訪問時警備費379万円は広島県・市の負担となった。東京では銀ブラ警...制御不能

  • バ・カ・タ・レ

    嚥下障害が始まったようだ。以前は、ルル3錠くらいは水無しで飲めたのが、近頃は......。毎朝毎晩、食後、薬局が出す薬に、サプリメントを加えて服用する。2~3回に分け、水と共に飲み下しても、数錠が口中に残ることがある。喉に引っ掛かった時には、激しく噎せたりする。朝、パン食の時、飲むつぶつぶコーンスープ。とろとろ部分は飲み干しても、つぶつぶコーンが口中に残る。現在、歯が無い所為もあるけれど、これは明らかに嚥下障害だ。嚥下障害にはアイウエオがいいと、どこかで聞いたことがある。聞いた当座はやってみるものの、即効性がないので、3日坊主だった。ところが、いい対策があった。バ・タ・カ・ラと言うことです。これは93歳になった大先輩が、ブログに書いた嚥下障害改善策。なるほど、と思ったけれど、森生はこれを、バ・カ・タ・レに改変し...バ・カ・タ・レ

  • あれれ 6本だった!

    抜歯後1週間経ち、抜糸した。抜糸は簡単で、10分もかからなかった。抜歯は5連ブリッジ4本(ほかに偽歯1本)と思っていた。ところが実際は、この他に2本抜いたんですね。ビックリした。いえね、2~3日前から舌先で傷口を触ると、どうもあるはずの歯がない。鏡で確かめればいいけれど、臆病なのでそれができなかった。抜糸後、先生に確かめると、そうですよ、6本でした。およよ!まぁ仕方がない。もともと土台が悪かった歯だから。抜歯直後、抜いた歯はこれです。持ち帰りますか?と言われたけど、口腔内の惨劇に怯えきっていたので、チラッと見ただけだった。金歯だったら頑張ったけど。よく「80歳になった時、自分の歯を20本残しておこう」と言われる。いわゆる「80-20目標」ですね。森生の場合、83で、上9本・下7本、計16本だった。それが、もうす...あれれ6本だった!

  • お若い所さん

    所ジョージさんは、いつの間にか66歳なんですねぇ。なのにシミやシワ一つ無く、驚いた▲暑さにバテバテ、って毎日テレビで言ってるけど、この若さですよ。秘密は経口補水液のOS-1らしい。そこで、アクエリやポカリに較べると大分高いけど、飲んでみました。う~む。・・・・・・・人間、70までだねぇ。所さん、タイヘンですよ。所さんにご注進する吉田鋼太郎さんは62歳。こちらは、それなりですかね。210811Bお若い所さん

  • なで肩がいい

    虫歯は1本も無かったんです。だけど若い頃から歯周病があり、歯を次から次へと抜きました。それで、歯磨きや歯ブラシには、贅沢をしているつもりです▲(写真はほんの一部です)ところが根がケチなもんで、モノは最後の最後まで、使いきりたい。で、最後はチューブを絞り、ペーストを楊枝で穿り出しています。そのチューブときたら、ここ100年、全て怒り肩だね。これでは耳かきを使っても、完全に使い切れません。チューブは全て撫で肩にすべき、です。ところで、日本水泳界は歴史的な惨敗だった由。それもそのはず。選手たちは鍛え過ぎて、全員怒り肩だ。イカを見習い、選手も撫で肩がいいと思うよ。210811なで肩がいい

  • ぐったり

    洗濯物を干し終えて、ぐったりしてます。9時。室内は、既に29度、湿度72%。外は、目が眩む殺人光線に、熱風。猛暑・酷暑・炎暑・惨暑・・・灼熱地獄。昨夜の予報では、熊谷市は40度だった。いやはや。リポビタンを飲んで、エアコン点けて、今日はこれでお終い。生きてたら、また明日ね。そういうわけで、写真はネットからお借りしました。210810Bぐったり

  • ワクチン外交

    日本はワクチンが不足しているけれど、けっこう他国へ提供してるんですね。提供量は米中に次ぎ3位で、4位はインド、ロシアは微々、EU諸国はゼロ。こういう競争は、カネ塗れのオリンピックより、ずっとマシ。外交には瘦せ我慢も必要です。特に台湾ほか東南アジア諸国とは仲良しでいたい。朝日新聞、8日付け朝刊1面先頭記事は、水面下ワクチン外交だった。詳細は読んで頂くとして、2面に載せた「主要国のワクチン外交図」が巧い▼分かり易く綺麗で、一発でじじぃの頭に入りました。ところで、朝日のオリンピック報道は、NHKに較べれば抑制的だった。税金のように視聴料を徴収するNHKは、スカの狙いに協力した。許せない。210810ワクチン外交

  • 爽快 ヨットレース

    ほかの放送はやってないので、仕方なくオリンピックを見ます。大学病院の待合室で見たヨットレースは素晴らしかった。場所は江の島沖、相模湾です。なにしろ病院なので、消音・字幕入り。字幕は弁慶読みだったけれど、勝敗なんかどうでもよかった。青い海、青い空、色とりどりの帆に、かっこいい選手たちが爽快だった。それに、片瀬・鎌倉・葉山など三浦半島の緑の連なりも。横たわる緑は、最近のバラバラな建築群に大分浸食されていた。しかし遠景なので、地中海沿岸のようにきれいだった。昔、チャーチルが持っていたシナーラ号に乗り、江の島沖合を漂ったことがある。あれは上司の企画で、もちろん接待費の流用だったはずです。あの時は、曇天無風で海はべた凪。周りは灰色一色。それでも山家育ちの上司ほか同乗者たちは、閉店間際の鯖状態に。ぐったりと、横たわっており...爽快ヨットレース

カテゴリー一覧
商用