searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

takyapon01さんのプロフィール

住所
埼玉県
出身
埼玉県

見世物学会”公式”ホームページ近日OPEN、乞うご期待!

ブログタイトル
猫蔵の見世物小屋
ブログURL
https://blogs.yahoo.co.jp/takyapon01
ブログ紹介文
見世物学会会員・猫蔵による、見世物ミシュラン&見世物小屋追っかけブログ。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2007/08/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、takyapon01さんの読者になりませんか?

ハンドル名
takyapon01さん
ブログタイトル
猫蔵の見世物小屋
更新頻度
集計中
読者になる
猫蔵の見世物小屋

takyapon01さんの新着記事

1件〜30件

  • 「見世物」の令和

    「見世物」が事実上見られなくなって、令和の世を彷徨っている俺は亡者。 あんな凄いもの見てしまったら、他のものなんて見ちゃいられない。 幸か、不幸か。 俺は不幸な、幸せ者。 令和の世の、「見世物」は何処だ?

  • 異人見世物論 連載1

    ■チョーラカ  南インドには、チョーラカと呼ばれる古い芸能集団が現存しています。彼らのパフォーマンスは非常にユニークで、なんと自らの肉体を鞭でバシバシと叩き、時には短刀で二の腕を切り裂いたりします。一見野蛮で原始的な芸ですが、文明人である僕...

  • 京都造形大にて「見世物」の特別講義やります。

    4月8日(水)、京都造形大学にて「見世物論」の特別講義をさせて頂きます。取材映像多数。”見世物”にとって外すことのできない要素である「禁忌」について、日本のみならず海外との比較からクローズアップを試みる所存。 On Wednesday, A...

  • 見世物学会シンポジウム『見世物と暗黒舞踏』!

    日本で唯一の“見世物”研究団体である 「見世物学会」 の総会、および記念シンポジウムが今年も開かれます。たくさんのゲストをお招きする今回のシンポジウムのテーマは 『見世物小屋』 、 『土方巽と演劇』 です。みなさまのご参加お待ちしています。...

  • 見世物学会総会2014開~宴

    見世物小屋がいまの形(仮設&巡業の興行スタイル)で確立されたのは、実は室町時代から。 以来600年、見世物は「芸術に洗練されぬ芸能」として庶民に受け継がれてきた。 その血脈がいま人知れず絶えようとしている。 その喪失を止めることが叶わないの...

  • 「ガロ」の時代。丸尾、根本と奇形慕情

    9月25日刊の本『「ガロ」という時代』(青林堂刊)に、猫蔵名で寄稿をさせて頂きました。 小生はリアルタイムの読者ではありませんが、丸尾末広や根本敬の漫画をとり上げ、その「奇形」性について言及・執筆。つまるところ、やっぱ自分には「奇形見世物」...

  • 見世物小屋はポップなんだからね!

    初対面の女子のいる飲みに同席した際、自分の嗜好を理解させるのに、実はけっこう苦労する。当然、同好の志である「見世物学会」の”飲み”でもなければ、母校「ニチゲー」の同窓会的な”飲み”でもない。いわゆる、世間一般の、健全な、至極ノーマルな”飲み...

  • サディスティックサーカス2014来る!

    毎年恒例”真夜中の見世物小屋”こと『サディスティックサーカス』が今年も来る!このたび、パンフレットに猫蔵名で拙文を書かせて頂きました。見世物ラブ!僕は14日(日)に参加致します。特に海外のサイドショーが楽しみ!21世紀の見世物精神&好事家魂...

  • ~第二回「見世物学会・談話会」開催 「“見世物”って、一体なに?」

    昨年に引き続き、今年も浅草公会堂にて見世物学会・談話会を開催します。 いま、「見世物小屋」不動のアイドルであって、二十一世紀の見世物小屋のアイコンにも等しかった蛇女の小雪太夫がセミリタイア状態になっているニッポンの“見世物”。 それにも拘ら...

  • 奇形見世物の復権

    8月24日、浅草にて見世物シンポジウムの開催が決定。僕は奇形見世物およびインドの見世物芸について語らせていただきます。詳細は後ほどUP!ご興味のある方はお立ち寄り下さい。麦茶と青汁用意して待ってます。 August 24. The hold...

カテゴリー一覧
商用