searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE
ブログタイトル
モンゴル情報クローズアップ!
ブログURL
http://mongol.blog.jp/
ブログ紹介文
モンゴルに関する最新話題、旅行、ビジネス、投資など幅広い情報をお届けします。
更新頻度(1年)

78回 / 365日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2007/08/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、モンゴルの虎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
モンゴルの虎さん
ブログタイトル
モンゴル情報クローズアップ!
更新頻度
78回 / 365日(平均1.5回/週)
読者になる
モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの虎さんの新着記事

1件〜30件

  • 映画音楽「朝露の中」、とてもいいです(仙台市・森修)

     私はYouTubeでモンゴルの音楽を聴いている。たまたまフェイスブックで見つけた「Shuuder Dunduur」(シューデル・ドンドゥール)、日本語で「朝露の中」という作品は、とても気に入りました。皆さん、ぜひ聴いてみてください。 チンバトというエベルブレー(モンゴルのクラリ

  • モンゴル情報はYouTubeチャンネルで強化します

    まいど、編集長のタケシです。みなさんにご報告です。最近ブログの更新は少ないが、今後YouTubeチャンネルに積極的に動画配信していきたいと思っています。もちろん当サイトでの情報発信もしますが、ブログで言えない話時事ネタ自分の考えモンゴルの話モンゴル豆知識などをYo

  • 【新書】モンゴルの親族組織と政治祭祀(楊海英 著)

    まいど、編集長のタケシです。新書「モンゴルの親族組織と政治祭祀」(楊海英 著)のご紹介です。目次目次内容 目次まえがき第1章 モンゴルの親族組織に関する記録と研究  1 モンゴル人の記録と記憶  2 モンゴルの親族組織に関する人類学的研究  3 日

  • 子どもでも分かるイラスト付き布マスクの使い方・手の洗い方(モンゴル語)

    まいど、編集長のタケシです。毎日、コロナのニュースで本当に疲れてきましたね。でも、もう少し我慢しましょう。自分や家族のためにも命を大切にしないとね。ストレスになるかもしれませんがあまり人の多いところ行ったり、会ったりしない方がよいかと思います。少なくてわ

  • 速報!内モンゴル出身の力士 蒼国来が引退を発表

     まいど、編集長のタケシです。たった一人の内モンゴル出身の力士蒼国来関がついに引退することになりました。蒼国来は内モンゴルの赤峰市バイリン右旗出身で、引退後は年寄・荒汐を継承襲名し、荒汐部屋を継承することを発表しています。実はいうと、けっこう前にこの情報

  • モンゴル国南部で銅-金の共同探鉱契約を締結

     JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:細野 哲弘)はモンゴル国南部のオユトウラーン地域において、銅-金を対象とした新規の共同探鉱を開始しました。JOGMECは、2020年3月23日付けで豪探鉱ジュニア企業のXanadu Mines Ltd.(以下、「Xanadu社」)およびモンゴル企業のEnkh Tu

  • 【新書】草原の制覇-大モンゴルまで(岩波新書-シリーズ 中国の歴史)

    まいど、編集長のタケシです。新書「草原の制覇 大モンゴルまで」(古松崇志 著)のご紹介です。目次本の内容目次いま、中国史をみつめなおすために――シリーズ 中国の歴史のねらい(執筆者一同)はじめに序 章 ユーラシア東方史と遊牧王朝 一 中央ユーラシアの騎馬遊牧民

  • 中国に奪われたモンゴル文字を復活させるその意味とは?

    まいど、編集長のタケシです。現在の公文がキリル文字のみになっていますが、モンゴル政府は2025年から現在内モンゴルで使われているモンゴル文字を、キリル文字と併用して全面的に使うと発表しました。徐々にモンゴル文字の復活と普及に取り込んでいくそうです。目次モン

  • 【書評】〈画文集〉第70代横綱日馬富士 相撲道

    まいど、編集長のタケシです。世界中がコロナ騒ぎでたいへんです。モンゴルにも、入国した外国人と海外にいたモンゴル人らがウィルスを持ち込みました。下記のリンクから時系列で配信しているので気になる方は読んでみて下さい。〈画文集〉第70代横綱日馬富士 相撲道を読み

  • モンゴル滞在中の帰国困難な日本人へ

    毎度、編集長のタケシです。ついに、モンゴルではコロナ感染者が確定されました。時系列で、新型コロナウイルスに関するモンゴル最新情報は下記のページで随時更新しています。なお、国際線定期便の運航停止が3月28までも延長されたため、日本からモンゴルの入国はもちろん

  • 速報!モンゴルの匈奴ロックバンドThe HUの来日公演が延期決定

    毎度、編集長のタケシです。さくねん当サイトで紹介した、モンゴルの匈奴ロックバンドThe HUの来日公演が延期決定となりました。延期なので、再開日時及び払い戻しの詳細は再度発表されるそうです。<公演延期のお知らせ> 2020.03.093月12日(木) 新宿BLAZE、3月13日(金) 梅

  • ハワリンバヤル2020開催中止のお知らせ

    写真:ハワリンバヤル2019毎度、編集長のタケシです。毎年、光が丘公園にて開催されてたモンゴル春祭り、ハワリンバヤルが今年は中止になりました。運営側の公式サイトで正式に発表されました。Шинэ коронавирус COVID-19 халдварын тархалт

  • 新型コロナウイルスに関するモンゴル最新情報のまとめ(随時更新中)

    毎度、編集長のタケシです。今、世界中で新型コロナウイルスが非常に注目され、各国がウィルスに負けないように様々な努力をしていますが、我々の通常生活から社会全体に影響を与えています。新型コロナウイルスの感染防止のためモンゴルはどいち早く国境閉鎖という対策を取

  • モンゴル産のコンブチャを飲んでみた(動画あり)

    毎度、編集長のタケシです。既にピークが過ぎたかもしれませんが、海外セレブの間大流行しているコンブチャを飲んでみました。コンブチャは元々モンゴル由来だと知り、私は友人に頼んでモンゴルから持ってきてもらいました。目次そもそもコンブチャ(KOMBUCHA)とは?コンブ

  • 『NAGISA Salon Concert 2020 モンゴルの風 新春コンサート』のお知らせ

    毎度、編集長のタケシです。国際的に活動・活躍している友人の馬頭琴演奏者NAGISAさんのコンサートのご案内です。『NAGISA Salon Concert 2020 モンゴルの風 新春コンサート』公演日時2020年3月17日(火)開場:18:00~ 開演18:30~公演場所サン・ミケーレ 東京都港区

  • 負の遺産「モンゴル抑留」を未来志向に変えられないか(仙台市・森修)

    【写真】嶌信彦著「伝説となった日本兵捕虜」(角川新書)と胡口靖夫著「ウズベキスタン『ナボイ劇場』建設の真実」(同時代社)の表紙 嶌信彦著「伝説となった日本兵捕虜―ソ連四大劇場を建てた男たち」(角川新書)を読んだ。いわゆるシベリア抑留の日本人の中に、中央アジアの

  • (保存版)モンゴルの祝日カレンダー2020年

    毎度、編集長のタケシです。私は先日内モンゴルでツァガンサル(旧正月)を過ごしてきましたが、もう少したらモンゴル国のツァガンサルが始まります。モンゴルの正月ツァガーンサルとは?なぜ内モンゴルより遅れるのか?詳しく知りたい方は下記の記事を。ということで、今日は

  • 新型コロナウイルス感染防止にモンゴル政府が国境を閉鎖!

    ▲高速の入口が封鎖された内モンゴル毎度、編集長のタケシです。昨夜内モンゴルのフフホトから帰ってきました。新型コロナウイルスは内モンゴルでも感染者が数人います。どちらも武漢に滞在してたそうです。そういえば、内モンゴルのとある地方の市場に行ってみました。新型

  • 新モンゴル小中高の校長が交替(仙台市・森修)

    ウランバートルの私立学校「新モンゴル小中高」の校長が2月1日付で交替した。ナランバヤル校長は、6月に予定される国会議員選挙に立候補するために辞職し、後任に「新モンゴル子ども園」の園主を務めるズラゲレルさんが就いた。 ナランバヤルさんは、モンゴル・ナショナル労

  • ホロンバイルは天国、シベリアは地獄(仙台市・森修)

    【写真】堺六郎著「シベリアのラーゲリを逃れて―ホロンバイルからシベリアへ」(筑摩書房)の表紙 娘が立って行って十能のようなものに牛糞の燠(おき)を置き、その上に香を振りかけて各人に廻してよこした…蒙古の奥地で埃にまみれながら嗅ぐ抹香の匂いは、なんともすがすが

  • 内モンゴルの問題は日本にも責任(仙台市・森修)

    【写真】ミンガド・ボラグ著「草はらに葬られた『日本特務』―日本人による『内モンゴル工作』とモンゴル人による『対日協力』の光と影」(関西学院大学出版会)の表紙 中国の内モンゴル自治区から日本に来たモンゴル人と話したことがある。モンゴルが北と南に分かれた原因は

  • 冬のモンゴルは安くて暖かいAmazonだけで完全防寒しよう【レディース・メンズ】

    毎度、編集長のタケシです。日本にも本格的な冬がやってきましたね。お正月ということもあった、最近モンゴル行く人が結構いるようです。そしてよく聞かれるのは冬のモンゴル、どんな服を着ていけばよいのでしょうかと。それもそうだよね。ほとんど零度すら行かない東京の人

  • 2019年当ブログ経由で売れた本ベスト5を発表!

    毎度、編集長のタケシです。毎年、恒例の記事です。モンゴルなう!経由で買われた本のトップ5を紹介します。目次墓標なき草原――内モンゴルにおける文化大革命・虐殺の記録ゼロから話せるモンゴル語地球の歩き方 モンゴル 2017~2018遊牧民から見た世界史旅の指さし会話帳16

  • 内モンゴル初の地下鉄 フフホトメトロ1号線が試運転しました

    毎度、編集長のタケシです。内モンゴル初の地下鉄フフホトメトロ1号線の工事が完了し、抽選で当たった1000人が乗車し、試験運転を行いました。正式な開通は来年の末の予定です。細かい調整が必要だそうです。フフホトメトロ1号線(呼和浩特地铁1号线)、東京でいうと東西

  • メリークリスマス!モンゴル版ジングルベル

    毎度、編集長のタケシです。メリークリスマス!ジングルベルのメロディーは子どもからお年寄りまで一度は聴いたことがあるかと思います。モンゴルのアルタイバンドからモンゴル風にアレンジしたジングルベルが独特すぎてみてて楽しいです。スタジオじゃなくて野外で演奏して

  • 【映像】行くぞ!最果て!秘境×鉄道「モンゴル 絶景列車」

    ウランバートル鉄道でモンゴル縦断。これを見たら日本の鉄道ファンも乗りたくなるんじゃないかな。今度乗馬の旅ではなく、モンゴル鉄道の旅を企画しよう。(笑)日本人が知らない満洲国の真実 封印された歴史と日本の貢献 (扶桑社新書) [新書]宮脇 淳子扶桑社2017-12-24

  • ウランバートルはモンゴルなのか?(仙台市・森修)

    【写真】モンゴルの都市環境の変容をテーマにしたシンポジウムのパンフレット ウランバートルはモンゴルではありません―。モンゴル国立大のバトフー教授の言葉だ。モンゴルを知るには、田舎に行かないと駄目だという意味なのだが、東北大で開かれた「モンゴルの都市環境:変

  • 100万円ローンで番号を購入!?モンゴルの電話事情

    モンゴルで暮らすならもちろん、旅行者にも必要な携帯電話。遊牧生活が基本のモンゴルでは、固定電話の普及よりも先に携帯電話が一般的になったと言っても過言ではない。日本と違って端末はSIMフリー。各キャリアでSIMカードのみ購入し、中古の端末に挿して使っている人が多

  • モンゴルの匈奴ロックバンドThe HU、2020年に待望の来日公演が決定

    毎度、編集長のタケシです。モンゴル出身のロックバンドTHE HU、もはやロックの業界では知らない人いないでしょう。THE HUとは?どんなバンド?THE HU、モンゴル語で人間という意味です、彼らは自分たちはHunnu Rock(匈奴ロック)と言ってます。匈奴(きょうど)は、紀元前4世

カテゴリー一覧
商用