プロフィールPROFILE

outbackさんのプロフィール

住所
大阪府
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
シーカヤック釣り 海をてくてく
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/outback_1964
ブログ紹介文
足漕ぎシットオントップで釣りしてます。関西でも適した海が沢山。
更新頻度(1年)

144回 / 320日(平均3.2回/週)

ブログ村参加:2007/07/19

outbackさんのプロフィール
読者になる

outbackさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(IN) 25,237位 23,818位 20,974位 20,976位 23,933位 26,329位 21,055位 980,082サイト
INポイント 0 10 0 10 10 10 20 60/週
OUTポイント 0 10 0 20 10 0 10 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 1,691位 1,661位 1,567位 1,576位 1,700位 1,780位 1,602位 43,460サイト
国内旅行 113位 104位 94位 95位 110位 112位 101位 3,610サイト
釣りブログ 973位 959位 950位 949位 988位 1,025位 944位 17,209サイト
ソルトルアーフィッシング 49位 49位 47位 48位 49位 50位 47位 1,868サイト
アウトドアブログ 439位 413位 396位 396位 411位 455位 406位 11,946サイト
ハイキング 13位 13位 12位 12位 14位 13位 12位 369サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(OUT) 46,894位 48,513位 48,449位 45,667位 52,035位 52,278位 48,856位 980,082サイト
INポイント 0 10 0 10 10 10 20 60/週
OUTポイント 0 10 0 20 10 0 10 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 3,013位 3,121位 3,119位 2,962位 3,543位 3,538位 3,209位 43,460サイト
国内旅行 196位 197位 191位 175位 225位 215位 192位 3,610サイト
釣りブログ 2,364位 2,430位 2,414位 2,365位 2,659位 2,681位 2,495位 17,209サイト
ソルトルアーフィッシング 147位 150位 150位 144位 162位 161位 157位 1,868サイト
アウトドアブログ 997位 1,030位 1,022位 971位 1,116位 1,130位 1,030位 11,946サイト
ハイキング 21位 21位 24位 20位 24位 22位 21位 369サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,082サイト
INポイント 0 10 0 10 10 10 20 60/週
OUTポイント 0 10 0 20 10 0 10 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,460サイト
国内旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,610サイト
釣りブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 17,209サイト
ソルトルアーフィッシング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,868サイト
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,946サイト
ハイキング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 369サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、outbackさんの読者になりませんか?

ハンドル名
outbackさん
ブログタイトル
シーカヤック釣り 海をてくてく
更新頻度
144回 / 320日(平均3.2回/週)
読者になる
シーカヤック釣り 海をてくてく

outbackさんの新着記事

1件〜30件

  • 龍安寺をてくてく

    続いて龍安寺。ここは初めてですが、石庭を見てみたかった。見頃の木があちこちに点在しています。大きな池があり、その周囲の紅葉が綺麗です。御存じ石庭。見頃の紅葉とコラボです。ジワリと奥に行くほど、壁の高さが短くなり、より広い枯山水の庭に見せてます。人の多い奥より、入口に戻って見るのがベスト。以下、ウィキペディア引用。イギリスのエリザベス2世が1975年に日本を公式訪問した際、龍安寺の拝観を希望し、石庭を絶賛したことが海外のマスコミでも報道された。そのため、昨今では世界各地での日本のZEN(禅)ブームと相俟って、世界的にも知られるようになった。御朱印はズドンと石庭。一見、ただの手洗いは、蹲踞(つくばい)と言って、茶室の前に置いて、手を清めるためのものとか。デザインは、「吾唯足知」われただたるをしると読むらしく、今の己...龍安寺をてくてく

  • 北野天満宮をてくてく

    気温の上がる日曜日、嫁さんの洗濯干しを待って、北野天満宮の紅葉苑をてくてく。他も回って、いつも午後遅く来るのですが、阪急大宮駅のバス停で急遽変更し、先に見ることにしました。どこまで乗っても230円なんで損得考えず、時刻表と路線を見て、即決できるのが京都バスの良いところ。北野天満宮。子供二人の就職も無事決まり、ありがとうございました。お昼はたこ焼き。キャベツがグッド。これで400円。紅葉苑。見頃の情報が続いてますが、やや終わりかけ。画角1枚の中に、緑、黄、赤、茶のグラデーション。竹林が絡む紅葉が好きです。やや見ごろ過ぎなので、全般的に順光では赤が茶色に見えてしまう。少しでも日の当たる赤の葉の下側から撮るとオレンジっぽくなって良いけど、全般的に逆光で上手く対応できません。もう一週間前に来れたら良かったかな。でもシー...北野天満宮をてくてく

  • 下賀茂神社をてくてく

    出町柳まで帰ってきたけど、まだ15時半。ずっとどんより曇りだったので、やや先を急ぎ過ぎた気がします。で、〆は下賀茂神社。桜並木の紅葉も見ごろ。お化粧上手で別嬪さんになれる河合神社。縁結びの神様、下賀茂神社。いつも大賑わいです。健康だ仕事だ遊びだの、ごく普通のお願い事をしました。願い事を書いて濡らすか何かすると、願いが叶う見たいです。小豆入りソフト。500円ですが、ガッツリ詰まっていて、程よい甘さで食い応えも十分。宣伝が控えめだったので、凄く得した気分。来週も、後一回は、京都のどこかをてろてろしたい、てくてくでありました。下賀茂神社をてくてく

  • 金福寺をてくてく

    松尾芭蕉が訪れたと言われる芭蕉庵。山の中には与謝野蕪村のお墓がありました。一乗寺から、可愛らしい1車両だけの電車で、出町柳へ。金福寺をてくてく

  • 圓光寺、詩仙堂をてくてく

    続いて圓光寺。独特の枯山水が迎えくれます。紅葉以外の時期でも、映えます。苔で出来た御朱印をパチリ。徳川家康が建てたとのこと。結構、庭園が広くて、決まった順路もなく、いい写真の画角を求めて、自由に歩けます。ちょっとした高台があり、眺めが良い。良い感じのワンショット。これもなかなか。竹林越しの紅葉。皆さん頑張って撮ってたのは、この寺の紹介に出てくる、縁側のワンショット。部屋の中から、距離を取ると画角が広く取れて最高ですが、室内はほぼ満員。人の頭をトリミングで切っていくと、ちょっと窮屈になってしまいました。続いて詩仙堂。ここは綺麗にそろえた濃い緑と枯山水、紅葉の3つの組み合わせ。狸谷山不動院の手前まで行きましたが、駐車場のおばさんに紅葉はあまり・・。と言われたので、しんどいし、途中で引き返してしまいました。後で調べる...圓光寺、詩仙堂をてくてく

  • 曼殊院をてくてく

    続いて曼殊院。修学院から比叡山に上がる雲母坂コースの手前まで行きます。奥に見えるのは比叡山。自分はいつも銀閣寺前から入るのでこのコースは来た事なし。境内の庭園は綺麗な枯山水と紅葉のコラボ。寺周辺の紅葉も実に綺麗。てろてろと次へ。曼殊院をてくてく

  • 赤山禅院をてくてく

    修学院方向へ行く人の流れについていくと、赤山禅院へ。あれっ?と思ったけど、降りてくる人の満足げな顔を見て、期待して入って行く。なるほど納得の見応えでした。参道の雰囲気が良い感じ。何かのモデルさんを借景しました。のんびり見れるし、枝ぶりがあまり人の手が入ってない感じで良い。本日まったくの予定外でしたが、御朱印はここで頂きました。少し戻って修学院離宮入口に行くと、本日は定員終了とのこと。見学2回、1回35人だけ。先着順、もしくはネットで予約とのこと。普通の寺のつもりで来たけど、京都御所と同じで皇居なんですね。来年はネット予約して嫁さんとリベンジします。入口から見える庭園の一部。手前の松が邪魔なんで、ほんの少しだけ入って良いですか?と、受付の女性に聞くと、皇宮警察に捕まります。とのこと。いやはや。ひと声かけて、正解で...赤山禅院をてくてく

  • もみじのトンネルをてくてく

    日曜日、天気予報、雨が夕方以降にずれ込むとのこと。で、夕方切り上げられる内容で、叡山電鉄周辺の紅葉散策コースを新規開拓。まずは、一乗寺を目指しましたが、せっかくなんで二ノ瀬まで乗って、もみじのトンネルを通過してみる。滅茶混みでしたが、二ノ瀬で降りる。さすがに午前中の折り返しは空いてるだろう。皆さん駅周辺をかなり遠くまで歩き回って写真撮ってます。反対からの空いた社内からじっくり見る。結構見頃でゆっくり行ってくれるけど、距離はそれほどでも。地図を見ると、修学院離宮が結構見ごたえありそうなので、予定変更。修学院で降りて、京阪のお勧めの散策コースの反対から巡っていく。もみじのトンネルをてくてく

  • 鳳凰堂をてくてく

    鳳凰堂。皆さんご存知10円玉のお寺です。午後、強烈な逆光で意外と正面から良い写真が撮りにくい。ウルトラセブンでこんな逆光を逆手に利用したシーン、見たような気がします。人は遠くから見るとこんだけいます。正面の砂利は人が歩くとホコリが・・。嫁さんに足をずって歩くのをやめろと注意されました。言われればなるほど、ズーズー歩いてましたわ。本堂の中を見る券は、昼過ぎ既にソウルドアウト。スタバでスィーツ。クラッシュのクッキーとナッツ、ホワイトチョコのなんとか。暖かく、まったり過ごせた午後でした。鳳凰堂をてくてく

  • 三室戸寺から宇治をてくてく

    本日快晴。明日は午後雨の予報。で、紅葉特集第2週、宇治をてくてく。嫁さんがちょっと腰が痛いとのことで、天ヶ瀬ダムまで登る登らんの下りははなから却下。ツツジと紫陽花は何度も来たが、紅葉は始めての三室戸寺。見頃の状態は2週間前から継続中。これからから見ごろ過ぎまで、全色揃ってます。いちょうの黄色が良いアクセント。本日のベストショット。花の時期は気にも留めいない庭園でしたが、見所満載。年間を通じて、参拝してもらうための努力を感じるお寺です。てろてろと宇治川へ。いつもの氏神神社。ネズミグッズあれこれあります。可愛いのがわりと作りやいと思います。宇治川沿いを少しだけ歩く。興聖寺へ上がる参道手前になぜか料金所があり、はてなと思って出口側から覗いてみると、なんとなく茶色で見ごろ過ぎ。境内より参道がメインなんで今年はパス。昼飯...三室戸寺から宇治をてくてく

  • 永観堂をてくてく

    個人的には東山の一番。永観堂。池の周りは見頃とのこと。池回りの赤が深く、来週では茶色くなりそう。でも、山側はまだ緑が多いので、かなり長く楽しめそうです。イチョウと紅葉のコラボ。いやはや。色の洪水。大満足の大満腹。今日も2万歩は歩きました。少し下ってバスに乗り、祇園四条から一旦出町柳まで出て、始発京阪特急でゆったり休んで帰りました。永観堂をてくてく

  • 南禅寺をてくてく

    続いて、南禅寺。天授庵が見頃とのことで入る。いやはや凄いのなんの。初めて入りましたが、池もあってかなりの奥行と変化にとんだ絶景でありました。法堂の龍。水路閣。赤いのは一本だけで、まだまだこれから見頃となります。南禅寺本坊も良い感じ。天授庵、これからは毎年マークしたいと思います。南禅寺をてくてく

  • 知恩院をてくてく

    知恩院の馬鹿でか三門も見頃。地味にしんどい階段。今年もありました。冬桜。ねじリンマンボウを潜って、南禅寺へ。オレンジが良い。知恩院をてくてく

  • 高台寺をてくてく

    続いて、高台寺。豊臣秀吉の奥方、寧々様に会いに。御朱印が空いていたので、書いてもらいました。見本と全然違う・・。そこそこ見頃でありました。このアングルがカッコいいのです。春、名物となる枝垂桜。下の砂絵は要らないかな。お茶で有名な千利休。豪商でもあります。秀吉の側近までなったけど、何かの理由で逆鱗に触れ、最後は切腹を言い渡される。未だ解明されていないけど、自分の像の下に秀吉を通らせたとか、徳川方の誰かに武器を調達したとか。不憫に思ってか、寧々様が、高台寺に移築した茶室が2つあります。円山公園も見事なグラデーション。公園の中まで見てる余裕はない。てろてろ歩いて、次へ。高台寺をてくてく

  • 清水寺をてくてく

    今年は、京阪の紅葉情報より、「そうだ京都行こう」の紅葉情報の方が写真もあって当てに出来そう。真っ赤より、グラデーション好きとしては、見頃より、もうすぐ見頃がゴーサイン。昼からですが、嫁さんと京都。まずは清水寺。充分見頃です。スヌーピーのカフェ。混んでるところはパスしていると、ずっとパス。お茶の子さいさいで、ゆず七味とマツコの知らない世界でやってた、ラー油ふりかけをゲット。デカいホテルが出来てました。高そうで縁はなさそうですが。てろてろと何とか坂を下がって、寧々様の道へ。清水寺をてくてく

  • 嵐山をてくてく

    六丁峠からてろてろ降りて、嵯峨鳥居本。この時期、有名な撮影スポット。紅葉と屋根の苔と朱色の鳥居。鳥居は残念ながら修復中。来年の干支はネズミさんです。京都トレイルに沿って行けば、次々有名スポットを通過します。竹林です。田舎育ちの嫁さん曰く、休みの日、タケノコ掘りで早朝起こされる嫌な場所とのこと。公園ついて少し登ると展望台着。この時点で薄暗く、自動補正でバッと色が出てくる状況。メイン通りに出るとへたすれば牛歩。公園からそのまま川へ逸れる。京阪の紅葉情報では色づきはじめとなってましたが、自分的には既に見頃。今週末で一気に進んだみたいです。今年は終わるのが早いかも。最後、少しの距離ですが、色とりどりを堪能しました。駅前の肉まん。特大サイズで300円。牛もありますが、私は豚。ホクホク旨し。17時嵐山、自宅19時前着。毎年...嵐山をてくてく

  • 高山寺から六丁峠をてくてく

    続いて、高山寺。ここは普段、寺の中に入らず、無料の境内を一周するのですが、台風で大きな被害を受けて通行止めがいまだに続いてます。応援の意味で、お金を払って中に入る。ここは一番奥ですが、紅葉は少し遅いです。ウサギやカエルなどの動物が、とっくみあったりまるで人のように振る舞う様子の巻物。高山寺を代表する宝物とのこと。鎌倉時代に、今のディズニー的な発想をする人がいたんですね。実は今のディズニー、これのパクリだったりして。境内のうっそうとした背の高い巨木がかなり台風でやられて、なくなっています。以前は、この角度からは空は見えず、境内はすべて巨木の懐の中でした。これからは、明るい高山寺散策となりそうです。てろてろと、清滝まで下っていく。午後になると低い位置の紅葉は影の中。ヒンヤリしてきて、1人だとちょっと寂しい。清滝に戻...高山寺から六丁峠をてくてく

  • 西明寺をてくてく

    続いて西明寺。いたるところで全色配合。入ってすぐの紅葉が凄かった。でも、真っ赤はちょっと写真では茶色っぽくなってしまいました。左、西明寺の御朱印を頂きました。若い娘さんが複数で捌いてましたが、数年前、お母さんが書いてくれた御朱印は、剛柔あらゆる字体を使い分けており、見事なものでした。右は8月の剣山。御朱印帳、登山しかしない人も、リュックにひとつ入れとくことをお勧めします。自分は並ぶほど混んでると、待つ時間が惜しいのであっさりパス。行った先々でコンプリートせず、ゆるくしたほうが、時間が有効に使えます。もう一つ、奥の寺へ。西明寺をてくてく

  • 神護寺をてくてく

    神護寺の境内への階段を上がる。川の反対側に駐車場があり、その周りの紅葉が燃えていました。嵐山から杉の中をあがるコースだと、この駐車場廻りの紅葉に最初に圧倒されます。川沿いの店は高級店ですが、ここでは、うどんやおでん、丼ぶりなどでお手頃にランチが出来ます。嵐山から登ってくるとこの階段がラスボスですが、今回は清滝からなので余裕のよっちゃん。京阪の情報通り、なるほど見頃です。オレンジが特にいい。赤はへたすると茶色に近く見えるので、このぐらいが一番好きです。後ろの濃い緑も、実にいい仕事をしています。奥の院の裏から、高雄山に行けます。覗いてみましたが、ずっと杉の中みたいなので、時間がおしくて今回はパス。後で調べると展望もないみたい。少し日が進むと、この芝生が散紅葉で真っ赤になります。清滝からのハイキングルートを望む。いや...神護寺をてくてく

  • 清滝をてくてく

    神護寺など高雄の寺の紅葉が見頃とのこと。嫁さんを誘いましたが、歩き倒しはノーサンキュー。今日は一人で紅葉狩り。嵐山に8時40分頃着。いつもは直指庵から菖蒲池経由で高雄に上がるけど、高雄まであまり写真撮らないし、紅葉が綺麗な清滝が午後になって、やや暗くなってしまう。バスの時刻を見ると9時12分に清滝行きのバスが出ているので、それに乗って清滝まで上がり、清滝から高雄の寺を巡る。清滝着。写真撮りまくり。やはり午前のほうが綺麗かも。全色配合のグラデーション。一緒にバスに乗った登山客達とは、月輪寺経由、愛宕山への分岐でお別れ。高雄に続くほぼ平坦な道へ、ややオーバーな登山スタイルの自分1人、逸れていく。対岸のご飯やさんの橋を借景。明るい谷筋の紅葉狩りに満足。神護寺へ。境内に続く敷地を借りて、京都大学のカレー部が、カレーを3...清滝をてくてく

  • 曽爾高原をてくてく

    今日、3つ目の散策。曽爾高原。昨年、すぐに駐車場に入れて、倶留尊山まで往復したけど、大人気で40分近く駐車場前で渋滞。3時前から散策。下にはススキがありますが、上のほうは既に終わっています。スカッとした見晴らしを楽しむ。倶留尊山まで行かず、手前の二本ボソまで行って引き返そうかと同僚に相談しましたが、反対側の亀山の稜線を、池を観ながら巻いて降りようとのこと。いつも2択があればしんどいほうを言ってくるけど、今回は珍しい。風も出てきたし、露天風呂が暗くなったらもったいないで意見が一致。池を横から。過去何回か来ましたが、こんなに水面が大きいのは初めて。稜線はそこそこアップダウンがあり、鎖場もあるけど、デートの人達が楽しそうに歩いていく。前回夕陽を撮るため、寒い中上で待ってましたが、スマホの写真は今一つ。露天風呂も真っ暗...曽爾高原をてくてく

  • 香落渓をてくてく

    続いて、車で移動。香落渓谷へ。3か所ほど、車を停められる場所があり、河原に降りて写真を撮る。日中、日の高いときに来ないと、谷が切り立っているため、ほぼ影になります。13時前後にきて、河原でお握り。香落渓は杉の木を植えたいけど、急すぎて諦めた場所が、紅葉の名所として残っています。ちょっとでも傾斜が緩いと杉が植わっています。左の柱状節理に、ロッククライミングの人がいます。取り着きまでも結構急。真っ赤な赤も所々にあり、良い感じ。グラデーション好きなら今。続いて次へ。香落渓をてくてく

  • 赤目四十八滝をてくてく2

    日が一番高くなってからの光りの差し込み方の違いを観ながら降りていく。淵の色が登りと違って良い感じ。川ムツがいっぱい。一番上の滝の下ですが、途中の滝はすべてクリアして上がってきたのか、はたまた滝が切り込む前からいるのか。誰かが運んできたのか。岩魚やアユの稚魚と混ざって運ばれる可能性もあるけど、ここは釣りできないし。ヤフーの質問探しても、雑魚に関してはほぼ質問すらありませんでした。四万十川の支流では、ミノーのトゥイッチでタケバス、ヤマメに混じって大きいのが釣れます。淵に射す木漏れ日が午前中の登りと違って綺麗。千畳敷の岩に細かい穴。小型動物の足跡の化石?そうしか見えないけど、ネットではヒットせず。どうも、下のほうが紅葉が早いようです。降りるにつれて、赤みが増してくる。大型バスがどんどん来るようで、階段のすれ違いでお互...赤目四十八滝をてくてく2

  • 赤目四十八滝をてくてく

    赤目四十ハ滝が色づきはじめとのことで、同僚を誘って9時到着。入口のオオサンショウウオに挨拶。成長が遅く、中国では養殖して食用だけと、採算合うのかな。好きなグラデーション状態。これから先が楽しみです。最近の雨もなく、水量は少ないものの、水は綺麗。ズバリ滝と紅葉を1枚に収めるには時期が早かったようです。午後になると、遊歩道にぞろぞろ人が連なる写真になるので、早めがお勧めです。ここいら一帯は、地中でゆっくり溶岩が冷めて、柱状節理と言う岩で構成されています。それが、紀伊半島深くのプレートの鬩ぎあいで隆起した山。で、火山はないけど、強いプレート同士の摩擦で温泉は湧くのです。この柱状節理、モアイみたい。ちゃんと名前の付いた滝なんだけど、モアイの鼻水に見えてきた。昼近くなると、木漏れ日が淵に射す。めっちゃ綺麗です。紅葉はイマ...赤目四十八滝をてくてく

  • 天王寺をてくてく

    2か月に一度の検診。調子に乗って出張で飲み倒したツケが怖かった。ま、体重だけは80kgまで下げて臨む。8時半採血して、13時に結果を聞く。その間、天王寺をてくてく。まずはハルカス16階。時間潰せず。で、天芝へ。途中、消防訓練イン天王寺駅。天芝。店はコンビニ以外は開店前。桜の紅葉が良い感じ。天王寺美術館で、仏像の特別展示を見ました。時間潰せず。で、茶臼山登山。あっと言う間に登頂。文章が長いけど、時間潰せず。冬の陣では、徳川陣営。夏の陣では、真田陣営。豊臣の家紋はありません。徳川VS豊臣ではないとのこと。豊臣秀頼さん、どの大河みても、可哀想すぎます。まだ、時間潰せず。天王寺動物園は様々な制服来た幼稚園児がひっきりなしに入って行くのでパス。で、アベノアポロで映画。「ジョーカー」を観ました。様々な事情が重なって、護身の...天王寺をてくてく

  • 花博をてくてく

    続いていつもの園内散策。少し色づいてます。山はドングリ不作で熊がどうこうのニュースをよく見ますが、ここは豊作の様です。バラは見頃です。風車はコスモスが良い感じ。マリーゴールドも真夏はぐったりでしたが、また満開。植えてる期間が長いので、雑草も全開状態。肉肉しい蘭、色とりどりのバラとコスモス、桜の紅葉、黄色のポプラ。散策する時は風も落ちて、のんびりまったりのてくてくでした。花博をてくてく

  • 咲くやこの花館をてくてく

    連休最後。山のつもりが木枯らし1号で、晴天なれど、登山としてはB評価。で、今度は嫁さんと、午後から花博。自転車ですが、向かい風で結構しんどかった。これも蘭。葉っぱと根っこの規模からは不釣り合いな、ニクニクしい花。イカ?どっちが正面かもわかんないけど。ド派手。蘭展ではもっと奇抜なのが沢山展示されます。ワタの花。結構な期間、良い感じで咲いています。ラメ入りの百合。写真が旨く撮れない。ちょっとラメが見えます。続いて、園内散策。咲くやこの花館をてくてく

  • 奈良公園をてくてく

    奈良公園で、こだわりランチのイベント。紅葉も色づきはじめとのことで、散策ついでに行ってきた。ピザなどの長蛇の店をパスして、空いてる店を探していると、ステージで盛り付け実演みたいのをやっていた。時間制で出展者が変わるらしく、13時開店のカレー屋さんで数人しか並んでなかったのでそこに決定。見た目スパイシー。でも、相当抑えてあり、野菜煮かカレーか微妙な味付け。量が少なく、男性はコレ一食では少ないと思います。で、九州鶏の炭火焼きをつまんで散策。今の時期は毛並みが綺麗です。人といっしょにぞろぞろり。ちょっと先で目が合うけど、鹿センベエ持ってないと分かると、すぐに向うを向いてしまいます。色づき始めている木も。今回テーマ。鹿と紅葉。東大寺は外から見るだけ。二月堂の上の森も良い感じ。若草山。登りたかったけど、却下されました。超...奈良公園をてくてく

  • 出張でバクバク

    仕事で淡路島。高速バスであっという間。打ち合わせ後、旅館で豪華な食事。ビジネスホテルや夜の居酒屋はあまりなく、宿泊出張は温泉旅館がメインとなります。これで9千円はかなりお得。朝から夕方まで、ほぼ歩き通し。順調に進んだこともあって、気分良く、洲本城で夕陽を楽しむ。帰りは明かりが必要ですが、ほぼ車で上がれるし、なかなかいい場所です。翌晩も、そこそこ豪華。一日歩いた後なので、今日の方がビールが染みる。玉ねぎの丸煮。甘いです。タイがやっぱり有名で、美味しい。タコ飯と玉ねぎ焼酎。2日目も無事終了。週末、今度は岡山。居酒屋で飲んで、電車でも。調子に乗りすぎの一週間でありました。気が付いたら予定なしの三連休。紅葉が微妙なので、色々検索してもピンと来ない。何かして体重落とさないと・・。出張でバクバク

  • 白浜をてくてく

    じっくり海岸線を写真撮りながら行くか迷いましたが、既に昼過ぎ。無料高速区間で朝来た道を白浜まで戻る。と言っても、自動追従させて足は床、ハンドルに手を置くだけ。無料スポティファイの音楽をディザリングで楽しむ。フリード、ほぼ意味のない4WD付のガソリン車ですが、14km/l台を初めて見ました。三段壁着。写真撮った後、時間潰せず。土産物屋街が超寂しい。千畳敷へ少し移動。ここも、土産物屋街が寂しい。新しいカフェ兼土産物屋に押されて、昔からの店はシャッターを落としてる。サザエつぼ焼きやイカ焼きなど、鼻をくすぐられて迷う楽しみが欲しいところ。どこの観光地も、昔の記憶よりだいぶ縮んでる感じがしてしまう。昔、ヒラスズキは釣りたいけど、磯へのアプローチが分からない時、この下で投げたことがあります。後ろに集まってきた人の視線に耐え...白浜をてくてく

カテゴリー一覧
商用