searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ヒジハラさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

近代は維新から昭和に至る政治史全般、特に政軍関係。 海軍好きなので海軍の話題が多め。 軍人では広瀬武夫、政治家では伊藤博文、原敬、浜口雄幸が大好き。 たまに江戸時代の話。 町奉行等の政治機構や中期後期の知識人階層の繋がり、そして幕末。

ブログタイトル
Para Bellum
ブログURL
https://murakumo1868.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
明治・大正の軍人・政治家の話を気楽にやってます。特に海軍と広瀬武夫がメイン。 たまに江戸時代。
更新頻度(1年)

19回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2007/05/12

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ヒジハラさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ヒジハラさん
ブログタイトル
Para Bellum
更新頻度
19回 / 365日(平均0.4回/週)
フォロー
Para Bellum

ヒジハラさんの新着記事

1件〜30件

  • 接種2回目

    副反応がインフルエンザと同じ症状とか聞いてない。ワクチン接種はインフルエンザだった…?9/3 10:40 接種 体調に変化なし 夕方頃~ 腕が痛くなってくる9/4 04:00頃 頭痛で起床 37.0 昼までに37.6迄上がる。1日7.6で一定。頭痛と倦怠感が酷い 腕が腫れてると思ったらモデルナアームになってるw お風呂には入るけどセミロングを洗って乾かす元気はない程度にしんどい 一日しんどい9/5 頭痛も倦怠感大分マシ 37.2の辺...

  • つれづれ

    何冊か手元に来ているので、ぼちぼち本も読み始めようかと思っとります。思うだけで終わるかも笑読みたい本の内の一冊が地元になく県立図書館にもなく。結局大阪で借りることにしました。府立図、近畿住み歴オタのメンタルを何度も救ってくれた広域貸出OK歴史系強強図書館です。所蔵数半端なく(国会図書館の次らしいよ)、学生時代から本当にお世話になり続けてる。ワクチン接種後に借りて帰ります(会場から近いの)。いやー…部...

  • フェアウェル

    みなもと太郎さんの訃報に驚きました。『風雲児たち』がとうとう未完の大作になってしまいましたね…連載中であった幕末編は私全然読んでいなかったのですが(幕末離れて久しいので気が向いたらと思っていた)、本編は本誌でリアタイで読んでいました。中々すごくない?これ。当時梅田の漫画専門店にも置いてなかったコミックトムが地元の本屋にあったのだ…一冊だけ…コミックトムはほぼ歴史好き向けの雑誌で、今思うと連載していた...

  • 伊能忠敬展@神戸市立博物館

    先々週に行ってきました。先日書いていたスペシャルトークの抽選には当たっていたのですが、大阪で緊急事態宣言が出たのを見てこちらは辞退しました。兵庫はマンボウですが、こればかりは県境で区切る事にあまり意味を感じないと言うか、実質阪神間の話だと思うので流石に…ううう…涙を飲んだ…行きたかった…ただ遠方からのゲスト(どこかの先生)が2名とも欠席というアナウンスが来たので、これはトーク自体が無くなったと思おうと...

  • ワクチン打ってくる(予定

    自衛隊の集団接種に滑り込めたので週末にワクチン打ってきます。でもツイッタランドとか周囲から伝え聞くモデルナの副反応見て怯えてる(笑両親はもう2回接種済みで、君も早よ行けと言われていたのですが、いや、早よ言われても。周辺の診療所は現状60歳以上しか受け付けてないし、地元の集団接種は一瞬で消えるし(実際頑張って探しても空きがないので、メディアで若い世代が打たないからと言ってるのを聞くと腹が立つw)どうし...

  • 生きてます(小声

    生きてます!生きてます!ごめん!最後に書いたブログがななみんっちゅうのは歴史ブログとしてはちょっとどうかと思うの…冗談はさておきちょっと体調が悪かった(※コロナではない)気候が半月ほど早くなって、特に春が短くなっているのが思う以上に堪えているようで片頭痛が酷かった。流石に今は大分ましになってきました。体調の切り替えがうまくいかないままずるずる夏を迎えてしまった。4月に入ると急に日差しがきつくなるので...

  • 徒然

    お久しぶりです生きてます!(大声)(笑)放置し過ぎすいません。生きてます。生存確認を入れて下さった皆様ありがとうございます。元気です。笑お正月に更新してから音沙汰なしとは…流石にアカーンと思いつつ、思いつつ…二ヶ月ぐらい過ぎてる…すまん…3月4月は体調的にも1年の内一番しんどい時期で、余計にサボってしまった。今とてもモチベが下がっています。本当に申し訳ない。ただ半休眠状態でもメール頂いたり、押すだけ感想...

  • あけましておめでとうございます

    あけましておめでとうございます。昨年はブログサイトまで遊びに来ていただきましてありがとうございました!頂いた拍手やメッセージはどれも非常にありがたく励みになっております(ちょっと更新は止まり気味ではありますが)。これからもよろしくお願いいたします。ご無沙汰しておりますが、皆様お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。夏場に一旦マシになったかと思いきや、更なる拡大感染ということで特に都市にお...

  • 15期の人々(再々

    海兵15期はクラスヘッド(主席卒業者)が財部彪です。次席が小杉辰三。小杉は調べていて本当に驚いた人物で、この方実父が細田十太夫、養父が小杉政之進です。あの鴉組の細田十太夫です。驚きすぎて、え?見間違いかな?と思って、正直何度見かしました…かなり変わった経歴の持ち主で、明治36年という早い段階で海軍を辞めています。日露戦争前に辞めてしまった。製鋼事業に先を見出しそちらの方向に行ったのですが、国家の基幹に...

  • 15期の人々(再び笑

    前の続き。秋山真之の他に明確に大本教信者であると分かっている海軍将校がいるという話。秋山の大本教入信に大きな影響があった浅野和三郎には兄がいました。浅野正恭といって海軍軍人です。和三郎は大本入信の際、当時横須賀田浦にあった海軍機関学校の英語教師をしていましたが、これは兄正恭の斡旋であったようです。弟が大本教に入った際は反対したけれど後正恭も入信、大正10年に和三郎と共に脱会しています。入信した時期は...

  • あれこれ編集

    週末にサイトのAboutとかLinkの触っても誰も気付かないだろうという所を触りました。この際なので不要な記述や代替可能なリストマーク、罫線などの画像は切ってしまってシンプルにしようと思いまして。そしてこういう時にいつも悩むメール送信の際の注意事項(問い合わせの際の注意事項)も、最近は困る事も少なくなってきたので失くしてしまおうかと思っていたのですが、今日来たメールを見て置いておくことにしました。このブロ...

  • 秋山真之のこと(続々)

    恐らくかなりの短スパンで宗教ジプシーを繰り返していた秋山真之が最後に行きついたのは大本教でした。正式には「大本」ですが「大本教」と言われる事の方が多い気がする。大本教は現在では恐らく秋山真之絡みでしかほぼ名前を知られていないと思います。大正期から昭和初期にかけて大規模な信徒を抱え、余りに大きくなりすぎて大正10年、昭和10年と2度の弾圧を受け、国家に潰された当時の新興宗教です。昭和10年の日本の人口7000...

  • サイト16年

    ちょっと聞いて下さる?一昨日10月10日ですが、サイトの16回目の誕生日でした…2004年から初めて今年で16年。正直な所、ここ迄続くとは思っていませんでした。続けられたのは自分の努力の賜物だと思いますが(はっきり言う。笑)、読んで下さる方、コメントや感想、拍手を下さる方がいるからこそだと思います。お付き合い頂きまして本当にありがとうございます。最近は更新が少しさぼり気味になっていて申し訳ないなとは思っている...

  • 秋山真之のこと(続)

    秋山真之の話続きです。 秋山真之のことみんな大好き秋山真之。秋山については先日紹介した「追憶」の他にもサイトに幾つか話があります。ただ何と言うか…ファンの心をくすぐる話は少ないでしょう…どちらかというと日露戦争後の話の方が多いかな。日露戦争辺りの話は他にサイトさんが多くあるので、まあ別に私が書く事もないだろうと思う所がある。『坂の上の雲』に出てくる人物の印象は強いもので、「明治は良かった」的な司馬...

  • つれづれ

    MVさん、アガサクリスティなんか人気あるみたいで今図書館にない…(いきなり私信から始まるw)おすすめしていただいた本がね、読みたい時に限ってないという。最近きっちりとした読書からちょっと離れてしまって、これはいかんと思いながらいるわけです。つ、積読が…そろそろ手を付けなければと思いつつ、日露戦争辺りの本を正に自分の隣に積んでいる。比較的最近読んだのが『十二単を着た悪魔』で、内容は源氏物語へ現代人がまさ...

  • メモ

    歴史の話ではありません。書いておかないと後々分からなくなるので自分メモです…***※画像圧縮:①squoosh(google)複数圧縮不可。トップレベルで圧縮率が高い模様。②あっしゅくまsquooshと同じアルゴリズムで圧縮、1-2%の誤差で30枚一括処理可。pngも可。※テキスト圧縮:gzip圧縮実行fc2ホームページは可能だったみたい。.htaccessで実行。FC2ホームページサンプルサイトを参照。※高速化対応「.htaccessでできるウェブサイト高...

  • 秋山真之のこと

    みんな大好き秋山真之。秋山については先日紹介した「追憶」の他にもサイトに幾つか話があります。ただ何と言うか…ファンの心をくすぐる話は少ないでしょう…どちらかというと日露戦争後の話の方が多いかな。日露戦争辺りの話は他にサイトさんが多くあるので、まあ別に私が書く事もないだろうと思う所がある。『坂の上の雲』に出てくる人物の印象は強いもので、「明治は良かった」的な司馬遼太郎の姿勢もあってか、日露戦争で名前を...

  • 大王と努力する天才

    割と有名な話ですが、海軍は「こういった人間が欲しい」と現場が出した要望、また士官本人の要望に沿って配置するのがかなり上手かったようです。マッチングの名手。これは『海軍反省会2』でも言及があり、若手~中堅士官の間でも不満を感じる者はほぼいなかったらしい。海軍の考課表は年に1度作成されていましたが、それがこの人事の基本資料になっている。この考課表が中々面白い…というか、凄いもので、滅茶苦茶細かいのですよ...

  • 米沢海軍の系図

    ふっと調べ忘れていた事に気が付いて『海軍王国の誕生』を借りました。理由は「Naval Tribe」で出した米沢出身の海軍軍人の家族図なのですが、よく分からない人がいるのですよ。随分前にコメントを頂いたのをすっかり忘れていました…下の系図の4段目、宮島誠一郎の妻やよが忠直と兄妹(姉弟)なのか、親子なのか、本によって表記が違っていてよく分からない。コメント頂いた方からは忠直とやよは兄妹と『海軍王国』にもあると指摘...

  • 奈良観光

    奈良に行ってきました。と言ってもこの写真は先月のお盆の東大寺です。今日行ってきたのは興福寺。阿修羅像が見たくてさー。今日は流石にやや混みの状態でしたが、お盆に行った時はガラガラでした…本当に驚きまして、あんなに人のいない奈良は初めてでした。分かります?上の写真、全然人が写っていないんですよ…早朝に撮った観光用写真みたいじゃない?奈良には時々博物館、美術館に行くのですが、東大寺行こうかな~…混んでるわ…...

  • 海軍のリストラ

    これはサイトの振り返りなのかという感じになってきました。第11回。大佐から少将に進級するのは大変という話。進級にはいくらかの条件、資格を満たす必要がありその中のひとつが大艦の艦長経験がある事。ただそれを満たさずに将官になった人物もいて、それが山本信次郎になります。山本信次郎については「ダイバーシティ(山本信次郎)」をどうぞ。笑こちらの目次を見れば瞭然ですが、山本は海軍士官としてはかなり経歴が特異で、...

  • 提督の話

    サイト振り返りの第10回。今日は提督繋がりで「火焔燃ゆ ~上村彦之丞と山本権兵衛」。上村も山本もメジャー過ぎてこれも本当にしんどい話でした。連載は大体しんどい。日露戦争の頃に活躍した提督では、上村彦之丞が好きです。いやあ…しかしまあ何と言うか、実際に自分の傍にいたら大変だろうなとは、思います。大変だろうとは、思うのよ。笑(山本権兵衛にも同じ感想を抱く)あの財部彪の縁談関係とか、若い頃の数々のエピソード...

  • 日露戦争の頃の艦長たち

    サイト読み返し、その9!山梨勝之進の回顧には、古い時代の提督の名前も沢山あります。一般的には無名に近いであろう人々で、中でも私が好きなのは坂本一。海兵7期で加藤友三郎、島村速雄、藤井較一、吉松茂太郎、伊地知季珍、伊地知彦次郎、松本和らが同期。本当にこれはねえ…山梨さんの『歴史と名将』を読んでみて欲しい。 この本を読んでいると本当に何と言うか、明治の提督達に強い郷愁を感じます。山梨さんの語り口もあると...

  • 海軍の人々、あれこれ

    間が空きました。ごめんなさい。サイト読み返しその8です。 その7で書いたように、大正期を代表する政治家のひとり原敬は非常に上手く伊東巳代治をあしらっていました。伊東にはそれなりの地位と肩書があり完全に排除するとややこしいので、差し障りのない部分を触らせて、重要な所には関わらせなかった。これはOdd Priorityの第3章でも書いています。ヘソを曲げさせないようにする。笑 Odd Priority~内閣の鬼門伊東巳代治台...

  • 大体終了

    サイトのメンテナンス大体終わったと思う(思うという辺りがなんとも)。まず先日も書きましたが、サイトに掲載している画像を圧縮しました。これがかなり大きく、画像の容量が大体6~8割減りました。またテキスト圧縮も行いましたので、ページの表示スピードが速くなったはずです。PCでもちょっと早くなったかと思う感じですが、スマホだと体感で半分程になっているページもあるように思います。流石にびっくり。あたし頑張った…先...

  • メンテ終了の筈が

    既にお気づきでしょうがブログのテンプレートを変更しました。雰囲気が結構変わったと思います。慣れて下さい。笑前回と同じ作者様のテンプレですが、デフォルトカラーを赤系から青系にチェンジしました。この辺りは好みが出てきますね。その昔サイトを茶系で纏めた事もあったのですが、結局寒色の方に戻ってしまった。笑寒色でなくてもいい色の組み合わせがあれば知りたい(センスがなくて辛いブログの方はまだ調節を要する箇所が...

  • 加藤高明と原敬、伊東巳代治

    サイト読み返し、その⑦写真を見る度イケメンだなと思うのは伊東巳代治です。そしてこれまたかっこいいわと思うのは加藤高明。そして前田正名。(前列中心)しかし前田正名の事はあまりよく知らない。笑加藤高明については割と頻出でしょうか。広瀬武夫の兄広瀬勝比古の妻春江の従兄になります。幼少期から非常に優秀で、地元愛知の教育では全然間に合わず、上京したいと言うのを両親が大反対。それを言葉を尽くして説得したのが春...

  • 進撃の巨人兵(続)

    え、進撃の巨人兵続いてるの…?はい、土持家叔父と甥の話が非常にツボにはまりまして。甥っ子いくつ位かなあ…甥の平左衛門はまだ大分若いのではないかと思います。十代後半か二十代前半じゃないか。勝手に辺見十郎太(当時19歳)位かなと思っている。病院掛であるという事は書きましたが、あまり納得してでの役職ではなかったのか、やや不満はあった模様。前線に行きたい!ワナ ゴーバック フロントライン。土持佐平太宛て土持平左...

  • 海兵15期の人々、向井弥一、鈴木虎十郎@サイト

    サイトの読み返し⑥15期広瀬武夫の親友向井弥一。向井ちゃんについては既にサイトにコーナーを作っている。笑works>近代MTS>向井弥一今まで大体紹介しているけれど、まだなのは「消息」かしら…同期同士が仲良くて嬉しくなる。笑この人について調べ始めて驚いたことのひとつは、父の従兄が江藤新平という事でした…江藤大好きな私歓喜。笑ただ向井は江藤に会った記憶はないみたい。両親から話は聞いていたようですが。江藤と近い親...

  • 海兵15期の人々@サイト

    サイトの読み返し、その⑤前に出したこちらの写真(日露戦争直前2/5の15期同窓写真)は前列右から4番目に座っている向井弥一のひ孫様から頂いた写真です。こちら、非常に貴重な写真で、印刷物ではどこにも出ていません。その後一度だけヤフオクに出ているのを見ましたが、恐らく荒西(前から2列目左端)のアルバムの流出です。私このひ孫様には本当にお世話になっていて、お返しできないほどの恩恵を受けている。頂いた写真:「栴...

カテゴリー一覧
商用