金鷲の夢(示せ猛禽類最強の意地!)
読者になる
住所
兵庫県
出身
兵庫県
ハンドル名
山川世界さん
ブログタイトル
金鷲の夢(示せ猛禽類最強の意地!)
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/yamakawa930/
ブログ紹介文
東北に舞い降りた一羽の金鷲が、その鋭く研いだ爪で狙った獲物をわしづかみ。 天下を獲るぞイーグルス!
自由文
「藤田を出すような球団に未練はない!」 40年以上の腐れ縁を絶ちきり、イーグルスを応援し始めた2013年、いきなり歓喜の日本一を味わう。 典型的な書斎派で、雰囲気よりもプレーのディテールにこだわりを持ち、感性と理論のハイブリッド分析を得意とするが、時々かやらかすので『取り扱い注意』である。 俺様口調の断定的な文体が『2ちゃんねる』あたりでは大人気で、現在も『アンチ山川』は絶賛増殖中とのこと。
更新頻度(1年)

94回 / 365日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2007/04/30

山川世界さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(IN) 5,290位 5,695位 6,374位 7,982位 7,770位 8,122位 9,058位 975,112サイト
INポイント 8 88 80 23 49 35 98 381/週
OUTポイント 568 1,640 1,080 447 350 413 1,071 5,569/週
PVポイント 336 1,360 936 820 553 469 777 5,251/週
野球ブログ 83位 90位 95位 107位 108位 111位 122位 8,521サイト
東北楽天ゴールデンイーグルス 6位 7位 7位 9位 9位 9位 9位 197サイト
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 2,175位 2,573位 3,475位 4,353位 4,238位 4,438位 4,794位 975,112サイト
INポイント 8 88 80 23 49 35 98 381/週
OUTポイント 568 1,640 1,080 447 350 413 1,071 5,569/週
PVポイント 336 1,360 936 820 553 469 777 5,251/週
野球ブログ 104位 112位 134位 145位 151位 155位 163位 8,521サイト
東北楽天ゴールデンイーグルス 7位 8位 11位 11位 12位 13位 13位 197サイト
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(PV) 3,946位 4,143位 4,637位 5,021位 5,140位 5,405位 5,706位 975,112サイト
INポイント 8 88 80 23 49 35 98 381/週
OUTポイント 568 1,640 1,080 447 350 413 1,071 5,569/週
PVポイント 336 1,360 936 820 553 469 777 5,251/週
野球ブログ 46位 48位 52位 55位 57位 58位 59位 8,521サイト
東北楽天ゴールデンイーグルス 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 197サイト

山川世界さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、山川世界さんの読者になりませんか?

ハンドル名
山川世界さん
ブログタイトル
金鷲の夢(示せ猛禽類最強の意地!)
更新頻度
94回 / 365日(平均1.8回/週)
読者になる
金鷲の夢(示せ猛禽類最強の意地!)
  • エンドランは采配力をはかるバロメーター

    エンドランはあらゆる状況と確率を頭に入れる必要があるため、サインを出すタイミングが難しく、加えて失敗すると監督の責任となるので、能力の低い監督は闇雲な送りバントや「行ければ行け」などという、選手任せの盗塁に逃げてしまう。前任者などまさにそれで、エンド

  • しがらみがないGMだからこその強み

    他球団出身のGMらしいドライな編成◎ 生え抜き監督をサクッとクビに二軍統括などという取ってつけたようなポストが、体のいい“お払い箱”であることは本人も理解したようで、飼い殺しにされるよりも退団することを選んだ。二軍監督はおろかコーチですら要らない

  • レジームチェンジ

    平石監督の退任が正式決定し、後任には巷間噂されていた三木二軍監督の昇格が確実となった。そもそも平石政権は、デーブを傀儡にしてオーナー自らが采配を揮ったり、フロントが獲得したトンデモ助っ人の起用を現場に押し付けたりという、球団やオーナーの悪行が目に余ったた

  • ブログ休止のお知らせ

    もはや観る価値なしの平石野球。月々700円足らずの楽天TVの料金とはいえ、二千万円の老後資金を持ち合わせていない庶民は、無駄なものにかかる費用を極力始末しなければならないため断捨離することになりました。したがって観戦レビューが中心のこのブログも、新監督

  • またひとり腐った

    ロッテ4ー3楽天相変わらず初回から送りバントをするチンケな野球をしているが、この試合ではもっと大きな問題があった。 山崎の送球をジャンプして捕らなかったことを、怠慢プレーとして銀次を懲罰交代させたベンチ。急造一塁手ならともかく、守備の意識が高い

  • あーあ、またやってるよ

    ロッテ9-7楽天初年度の防御率が5点台で昨年が7点台という菅原を先発に立てていながら、ストライクが入らず先頭の茂木を歩かせた佐々木に対し、山崎に送りバントのサインを出す平石のバカ采配。インサイド情報欲しさに無能な監督批判もロクにできない腐れマスコミは、こ

  • 勝ちたくないのはどっちだ

    ロッテ3ー6楽天相変わらず二木を打てない楽天打線に、自他ともに認める不調の真っ只中にいる石川を差し出して、「どうぞ勝ってください」言わんばかりのロッテに、何度失敗しても学習しない銀次への送りバント失敗で、楽天が勝ち星を押し返すという、まるでレジ前で支

  • 今のソフトバンクにカード勝ち越しだけでは物足りない

    楽天1ー0ソフトバンク楽天2ー4ソフトバンク土曜日は釜田が四回まで投げたところで一杯になったが、美馬の完投勝ちのお陰で休めたリリーフ陣が、五回以降を無失点で凌ぎきり、六人もの継投で完封を成立させた。落ち目の鷹を叩く絶好のチャンスとなった第3戦は

  • クセ馬が本領発揮

    楽天5-1ソフトバンク 今宮もグラシアスもおらず、4連敗で東北にやってきたソフトバンクを美馬が返り討ちにした。 八回までひとりの走者も出さず、あわや完全試合か?と思わせるピッチングだったが、結局、パーフェクトはおろかノーノーも完封勝ちも消えてしまった。 

  • 打線への期待が二回以降の辛島の踏ん張りに繋がった

    オリックス3ー7楽天辛島が初回の3失点だけで踏ん張っている間に、二回から五回まで着実に得点した楽天が逆転勝ち。辛島がチーム勝ち頭となる6勝目をマークした。また翌日が休みの松井裕樹は、三振ふたつを奪うピッチングで疲れのピークは越えたか?と思わせる内容

  • この時期(都市対抗)に山岡と対戦した則本の不運

    オリックス1ー0楽天初回の不運な失点だけで、7回を1失点にまとめた則本だったが、味方がゼロ行進では今季初黒星もやむなしというところ。「生涯楽天」を宣言させたフロント、とりわけ石井GMは、復帰後、安定したピッチングを披露した則本を見て、少なくともここ

  • 三代目現る

    オリックス2ー6楽天先発予定の塩見が腰の張りを訴えたため、菅原が急遽先発することになった。これが良かったのか、前回の予告先発時にはグダグダだった菅原が、五回2失点と代理先発としては上々の結果で今季初勝利。困った時のボブはトムへと受け継がれ、そして今季、三

  • 一戦必勝のツケがまたひとつ

    楽天6ー7オリックス毎度おなじみの1点差敗け。選手はプロだから、ハッキリとした敗け試合は切り替えもできるが、競った試合を落とし続けると、打者は踏み込む勇気が持てなくなるし、投手は集中力が続かなくなる。永年の勤続疲労がある上に、今季すでに40試合

  • 普通に連敗脱出

    楽天6ー1オリックス則本が復帰戦を白星で飾り、チームの連敗を10で止めた。ブラッシュの豪快な21号3ランは映像で観たが、正直、平石野球には興味が持てず、最下位のオリックス相手に則本が大人げないピッチングをして、勝つべくして勝ったという感想だけであ

  • 早くも白けムードが漂ってきた

    楽天3ー6日ハム8連敗で菅原を先発させるとは、余裕なのかシーズンを諦めたのか解らないが、毎回のように失点する予想通りの内容でサクッと9連敗。「過去よりも未来が大事」という敗戦の弁を読むと、過去を分析・反省できないことをポジティブと言い換える、思考

  • 情けない敗走

    楽天2ー日ハム4打線元気なく7連敗。前半戦の闘いぶりからいずれこうなるとは思っていたが、意外に早かった。たとえば●●□●□●●●は敗け試合□はどちらに転んでもおかしくない試合とする。采配のうまい監督なら□を、二試合ともに勝利に導いて●●○

  • 戦力差を埋める監督が欲しい

    ソフトバンク6ー3楽天つまらないジグザグにこだわって、またブラッシュを初回に打順が回らない五番に落としたり、利き手の違いだけで、今季不調の青山をグラシアスにぶつけてみたり、手垢のついた時代物の戦法しか思いつかないのでは、戦力に優るソフトバンクには勝て

  • またもや勝ちパターンで逆転敗け

    ソフトバンク8ー6楽天八回表に茂木の2ランで逆転し意地を見せたが、調子落ちのブセニッツが前回に続き打ち込まれて再逆転敗け。これで楽天は引き分けを挟んで4連敗となり、中盤戦の踏ん張りどころを迎えた。原因は判っており、打線も活発なため心配するほど

  • 0と100の間に答えはある

    楽天2ー2ロッテ茂木と銀次のホームランが幻にならなくて、引き分けなら仕方がないかというゲームで、特にコメントはない。この二試合ともに野球をやる天候ではないのだが、ドーム球場を本拠地にするチームとの消化数の開きがあまり大きくならないために強行したの

  • 中村ひとりにやられた

    楽天5ー6ロッテ1点差でも、ある程度の信頼感を持って送り出せる二枚(ブセニッツ・松井)で4点獲られて逆転敗け。 八回裏に相手のバッテリーエラーで再度勝ち越した展開は、勝ってくださいという流れだったが、松井が二死から3連続四球で満塁のピンチを作り、前

  • 今度は九里に完封を喫する

    楽天0ー3広島九里亜蓮に完封を許し、二試合連続完封敗けという後味の悪い形で交流戦を締めくくった。楽天の先発は3年目の菅原。4回2失点は平凡な内容で、制球力のない投手には厳しい、嶋のボール球を使ったリードから解放されても、カウントに追われるピッチ

  • ゼロ封リレーで守り敗け

    DeNA3ー0楽天先発の上茶谷に6回を0で抑えられ、勝ちパターンのリリーフからはノーヒットと、完全に守り敗けだった。上茶谷は中日の吉見に似た、スリークオーター気味のモーションから、右打者には内のツーシームと外のカットボール、左打者には膝もとに落ちるカ

  • もうそろそろ先を見た起用・采配を

    楽天戦ですら充分に観る時間がない生活環境で、バカ高いスカパーや使いづらいDZONなど契約する気にならないので、ハイライト映像はないか?と探していたら、DeNA/楽天/ハイライト/で動画検索したところ、全打席ハイライトがヒットしたので、これでチェック。映像

  • 阪神内野陣の乱れをつき逆転で三タテ達成!

    阪神2ー3楽天草野球並みのプレーを連発した阪神が、自滅したことで、先発の高橋を打ちあぐねた楽天に三タテが転がり込んだ。先発の石橋は7回を投げて2失点。坂道を転げ落ちる相手に対するピッチングを、過大評価するわけにはいかないが、低めに投げる意識の強

  • パ・リーグ首位の意地で逆転勝ち

    阪神4ー9楽天阪神が大山の3ランと近本の内野ゴロの間に点をあげると、楽天はブラッシュのホームランとタイムリーで追いあげ、辰己が決める。両軍、昨日と同じ選手しか活躍していないような気がするが気のせいなのか?美馬が初回から簡単に失点して、一方的な

  • 星野チルドレン対決は楽天の勝ち

    阪神3ー5楽天ウィラーの3打点と辰己の攻守に渡る活躍で、阪神に勝利した楽天が交流戦の勝率を五割に戻した。メッセンジャーの老獪なピッチングに、一二番が翻弄されたため苦しんだが、まだ脇を固めるレベルの大山を四番に置かざるを得ない阪神と、31本塁打の実

  • この際、スクイズも禁止ということで

    楽天2ー4広島八回の一死一三塁で銀次にセフティースクイズのサインを出して失敗。バントがうまくない、むしろ下手と言ってもいい銀次に、高校野球のノリで“とりあえず同点”のサインを出していてはどうしようもない。プロ野球は140試合以上を、限られた戦

  • スチュアートはなぜ日本球界入りを選択したのか

    ソフトバンクが、メジャーの一巡目指名が確実な、カーター・スチュアートを獲得したというニュースは、「赤鬼ホーナー」に日米間格差を思い知らされた昭和のプロ野球ファンとしては、まさに隔世の感がある。メディカルチェックで故障のリスクを指摘され、買い叩かれた、

  • セの絶対王者・広島を往復ビンタからのコンボ攻撃で撃沈!

    楽天11-2広島一回裏、茂木が広島の先発、床田の立ち上がりを叩く7号ソロをライトスタンドに放り込むと、続く島内と浅村がお膳立てをして四番のブラッシュがドカン!さらに二死から不振を極めていたウィラーまでもが12号ソロをお見舞いして、怒涛の5得点だ。その裏、

  • 松井温存の綱渡り継投ならず

    楽天3-11ヤクルト七回まで釣り合っていた天秤が、ワイルドピッチで同点にされてから、ヤクルト側へガタンと傾いた。旧いファンなら、青山がスライダーを引っ掛けて、それを嶋が横倒しになって死守するシーンを何度か見ているが、経験の浅い堀内にはその“青山名物”が頭

カテゴリー一覧
商用