searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

山川世界さんのプロフィール

住所
兵庫県
出身
兵庫県

「藤田を出すような球団に未練はない!」 40年以上の腐れ縁を絶ちきり、イーグルスを応援し始めた2013年、いきなり歓喜の日本一を味わう。 典型的な書斎派で、雰囲気よりもプレーのディテールにこだわりを持ち、感性と理論のハイブリッド分析を得意とするが、時々かやらかすので『取り扱い注意』である。 俺様口調の断定的な文体が『2ちゃんねる』あたりでは大人気で、現在も『アンチ山川』は絶賛増殖中とのこと。

ブログタイトル
金鷲の夢(示せ猛禽類最強の意地!)
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/yamakawa930/
ブログ紹介文
東北に舞い降りた一羽の金鷲が、その鋭く研いだ爪で狙った獲物をわしづかみ。 天下を獲るぞイーグルス!
更新頻度(1年)

105回 / 365日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2007/04/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、山川世界さんの読者になりませんか?

ハンドル名
山川世界さん
ブログタイトル
金鷲の夢(示せ猛禽類最強の意地!)
更新頻度
105回 / 365日(平均2.0回/週)
読者になる
金鷲の夢(示せ猛禽類最強の意地!)

山川世界さんの新着記事

1件〜30件

  • いよいよ解禁です

    ソフトバンク1-3楽天18日で開幕から丸三か月が経ったため、新監督でも経験を活かした采配ができるものと考えて、封じてきた采配批判を解禁する。采配もリードもセンスだから、何年やってもダメなものはダメ。まず気になったのは小深田と田中の打順が逆ではないかという

  • 根腐りの原因を突き詰めると、結局は「あの人」

    ソフトバンク9ー3楽天打線はメジャーでシーズン17勝の実績を持つムーアに沈黙、投手陣は池田と津留崎以外の4投手が失点する展開では勝ち目なし。今更の「自力優勝消滅」だが、他力優勝があるのかと言えばそれもない。楽天のメンバーを見れば一目瞭然なのだが

  • あえて弱い勝ち方をして敵を油断させているに違いない

    オリックス4ー5楽天村林といい茂木といい、ピッチャーがガッツポーズの準備をしているところでやらかすから困ったものだ。杉本がダボハゼのように喰らいつくタイプでなければやられていた試合で、上昇気配が感じられず、一息つくのが精一杯というイメージだ。チ

  • あえて責任を問うとしたら監督だが

    オリックス2ー0楽天確かに田嶋のデキは年イチと言えるほど良かったようだが、チャンスすら作れないのは、楽天の野手が皆、疲れ切っているからだろう。過密日程のため、雨天中止になると月曜日に振り替えられて、ますます強行軍になる悪循環。一度もフルシーズン

  • 今季終了、オフはコーチ陣に粛清の嵐が吹く

    オリックス5ー1楽天足立の抹消理由を調べようと、「足立」「登録抹消」のワードで検索したら、足立区の廃車手続きの検索結果がずらりと出て苦笑。先日、局部や骨の折れやすい脇腹に球を当てていたので、スラパンが履けないとか、実は骨折していたとかという理由か

  • 17安打14得点の大逆転勝ち!マグマ打線が再噴火か?

    楽天14-6日ハム復帰登板の岸が一気の6失点で試合が壊れかけたが、結果を出していない選手や不振の選手を一掃したスタメンが大爆発して、久々の快勝。岸には珍しく四球を連発したことで制球に問題があるように見えるが、ストレートが打者の手元で失速するため、狙ったと

  • 茂木えらい!

    楽天5ー4日ハム

  • 4連敗で振り出しに戻る

    楽天2ー9ソフトバンク岩見のプロ入り初ヒットが先制のホームランで、鈴木のタイムリーでもう1点獲ったところまでは良かったが、松井が柳田の3ランであっさり逆転を許すと、その後は楽天屋の残塁定食でお腹いっぱい。監督のコメントも「いろんなことがあった、も

  • とうとう貯金「0」、そろそろ生贄が必要か

    楽天1-8ソフトバンク涌井は前々回の登板あたりからストレートが行かなくなっていたから、序盤戦のような内容は期待できないだろうとは思っていたが、5回8失点は想定を下回る打たれようだったが、打線がほぼ完封敗けでは、プレイボール前から勝ち目のない試合だったと言

  • 完封リレーを喰らい3タテ消滅

    楽天0ー2ソフトバンク千賀から森に直結リレーされて完封敗け。以前も言ったように新人監督の采配批判は、試運転の三ヶ月を過ぎてからと決めているので、三回裏、スクイズ失敗の場面で自分ならどうしたのかを考えてみた。足立の打力と千賀の能力差なら、2ー0か

  • ひとりに5点も獲られちゃ勝てません。

    楽天6ー9オリックス吉田に2本塁打を浴びて完敗。今季の福井は勝ち運がなく、好投するも援護なしが続き、援護もらうと今度は自身がKOとチグハグでいまだ勝ち星なし。高卒ルーキーの黒川が初安打がタイムリーになるなど、スタメン起用に結果で応えたが、基本、

  • 浅村復調、右で2本の田中も本調子に

    楽天6ー5オリックス結局1点差になるあたり、まだ上位球団相手では苦戦するレベルのチーム状態なのだろうが、ピークを越えた塩見で勝てたことは大きい。田中で3点、浅村で3点獲っただけだから、まだ打「線」としては機能していない。打撃に目をつぶって起用し

  • 則本こけたら足立が打った

    楽天4ー3オリックス披露宴の祝辞で昔よく使われた「三つの坂」、上り坂に下り坂、そして最後のオチで出てくる「まさか」が同点の五回に飛び出した。足立が振るバットの軌道にピンポイントで命中させた山岡のコントロールが凄いのかもしれないが、贔屓目のファンか

  • 1イニング7連打が一転、翌日は寄ってたかって1安打

    日ハム4ー0楽天終わってみれば小深田の1安打だけで完封敗け。チーム全体が疲れ切っている状態では、技術うんぬんや打線の並びでどうにかなるものではない。例年なら雨天中止で与えられる休日も、今季は屋外球場の試合の時にはそれほどの雨も降らず、特に打線の

  • 技あり、浅村の三味線打法が奇跡を呼んだ

    日ハム3ー5楽天藤浪病のシャギワと、配球のパターンが完全に読まれている太田が抹消されて、青山と捕手の石原が登録された。先に上がっていた下妻を加えて3人プラス、捕手登録の岡島だから、六回以降なら捕手にバンバン代打を出して、万が一、使い果たして延長と

  • ここで試される指揮官の胆力

    日ハム8ー1楽天足立推しのファンですら下を向いてしまうほど、バットを持った途端、ただの一般人に成り下がってしまう捕手と、配球パターンを丸裸にされて、隙を見せたら連打を浴びる捕手をどう組み合わせればいいのか…。i have a アダチ i have a オオタ、うん

  • 藤田が登録抹消、いよいよ〇〇か?

    藤田が登録抹消になった。下で調整して劇的に復調するようなら再登録もありえるが、おそらくこのまま引退だろう。セ・リーグでも控えだった選手が、移籍後7年以上現役であり続けただけても立派だが、多分身体はボロボロでいい潮時といえる。日本一のメンバーだか

  • 最後で大見得を切った太田には「よっ!ヒカリ屋!」という空耳が聞こえたのか

    楽天2ー3西武あと1球まできて悪夢の逆転敗け。昨年半ばから正捕手の座を獲得して、今季も序盤までは打撃も好調で「不動」の冠がつく捕手になりそうな流れだったが、大向こう受けを狙った歌舞伎リードをやり出してから歯車が狂った。この日は無難にリードしてき

  • あえて正捕手を決めないという選択肢もアリか?

    楽天3ー6西武コロナの影響で得意の春先がカットされてしまった割には頑張っていた塩見も、そろそろ球の力がなくなってきたようで、足立のリードは極限までスローカーブを多用して、煙に巻くつもりだったようだが、高めに浮いたストレートを柘植に2ラン、スパンジェン

  • 今度はブルペンが再生過程に入ったか?

    楽天2ー1西武松井に続き則本も軌道に乗ったことを証明するピッチングで、今季5勝目を挙げた。100球に満たない、わずか87球での降板だったので、どこか痛めたのかと案じたが、山川への四球の出し方、茂木の好守に救われたようなイニングの終わり方にベンチが

  • 足立の好リードで松井が今季初勝利。

    楽天15ー0ロッテ3安打2失点の涌井をまさかの見殺し。目の前に大連敗の暗闇が、ブラックホールのように拡がっている絶体絶命のピンチに立ちはだかったのは、「先発適性なし判定」寸前で踏みとどまった、未だ今季勝ちなしの松井裕樹。スタメンマスクは、前回、

  • 涌井でも止められず。今季最大の危機到来か?

    楽天0ー2ロッテ涌井が3安打2点で抑えながら、打線が見殺しにする最悪のパターンでの敗戦。ようやく辰己をスタメンから外したと思えば、下水流を入れる冗談のようなオーダー。しかし監督としては明らかに自らの首を締める起用で不自然さが残るが、選

  • そろそろ一軍の将らしく

    楽天4ー8ロッテ3点差をはね返し、一時は4ー3と1点のリードまでしたが、五番手のシャギワが不調で再逆転敗け。八月、太田がスタメンでマスクを被り、相手チームを3失点以内に抑えた試合は、涌井が先発の時と8月6日の松井が先発した試合のみで、あとはすべて

  • 塩見は立ち直るも、有原がよく完敗

    日ハム5-1楽天三回からやるサクサク投法を初回からやってしまった塩見が、わずか6球で3点を失い、有原のデキからこれが致命傷となってしまった。あらゆる球種を正確にど真ん中に集める塩見のコントロールも逆に凄いが、松井と則本でサクサクやられた日ハムも、プロとし

  • Dr.アダチの処方箋

    日ハム1-4楽天一塁側に流れる則本のピッチングフォーム修正のため、足立が選択したのはチェンジアップの連投。ボールをカットするスライダー系に比べ、チェンジアップは押し出すようなイメージで投げるため、腕が横振りになりづらい。序盤はストレートとチェ

  • 驚き桃ノ木うなぎ犬?

    日ハム3-3楽同点3ランを期待した浅村が三振に終わった時点で、実質、勝負あったという感じで、いい投球をした時に限って援護がないとは、今季の松井は運もないのか?と思っていたら、島内が真ん中高めのストレートを豪快にかっ飛ばして、起死回生の同点3ラン。

  • 涌井エースの貫禄、苦手の札幌ドームも乗り越え開幕8連勝

    日ハム2-12楽天ライフジャケットを重ね着して大船にのり、左うちわで右扇風機というくらいの超大楽勝だった。ストレートは絶好調の中田ですら振り遅れているし、変化球はめったに甘く入らないし、抜き球はストレートとの球速差が大きすぎて、バット振ることもで

  • ハムキラーの弓削が返り討ちに、チームは3連敗で三位転落

    日ハム9-4楽天小深田、鈴木でサクッと先制したが、その後は先発の弓削が一方的に打たれるサンドバック状態。6連戦の初戦のため、先発のデキがいくら悪くてもブルペン総動員で玉砕するわけにもいかず、打率稼ぎとリリーフの温存という、こちらがやりたかったことを

  • エンタメ・ゴシップ紙のほうが信用できるってどうよ

    パ・リーグで首位争いを演じる楽天の編成を統括する石井一久取締役GM(46)の評価が東北でうなぎ上りだそうだ。 石井GMは2018年1月に急逝した星野仙一氏の後を引き継ぐ形で同年9月、現職に就任。もともと東北には縁がなく、就任当初から「常に優勝できるチーム

カテゴリー一覧
商用