プロフィールPROFILE

春巻さんのプロフィール

住所
東京都
出身
東京都

自由文未設定

ブログタイトル
春巻雑記帳
ブログURL
https://springroll.exblog.jp/
ブログ紹介文
映画・本を中心に好き勝手に感想をつづる電子雑記帳。
更新頻度(1年)

57回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2007/04/01

読者になる

春巻さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 12/04 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,221サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,793サイト
おすすめ本 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,241サイト
映画ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,676サイト
華流・アジア映画(韓国以外) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 70サイト
外国映画(洋画) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 684サイト
今日 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 12/04 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,221サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,793サイト
おすすめ本 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,241サイト
映画ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,676サイト
華流・アジア映画(韓国以外) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 70サイト
外国映画(洋画) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 684サイト
今日 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 12/04 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,221サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,793サイト
おすすめ本 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,241サイト
映画ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,676サイト
華流・アジア映画(韓国以外) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 70サイト
外国映画(洋画) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 684サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、春巻さんの読者になりませんか?

ハンドル名
春巻さん
ブログタイトル
春巻雑記帳
更新頻度
57回 / 365日(平均1.1回/週)
読者になる
春巻雑記帳

春巻さんの新着記事

1件〜30件

  • 棉を収穫しました

    今年のゴールデンウィークに棉のタネを手に入れたという話を以前しました。タネまきの仕方を間違えてぎゅうぎゅうに植えてしまった上に、今年は雨が多くて本当に育つ...

  • Catch and Kill: Lies, Spies, and a Conspiracy to Protect Predators

    11月上旬は、そういえばこの本を読んで戦慄していたのだった。『Catch and Kill: Lies, Spies, and a Conspiracy ...

  • 『The Friend』

    『The Friend』Sigrid Nunez著、Riverhead Books2018年全米図書賞受賞作。主人公の「わたし」は物書きであり大学の教授で...

  • ある妊婦の秘密の日記:東京国際映画祭2019

    『ある妊婦の秘密の日記(The Secret Diary of A Mom to Be/Baby復仇記)』監督:ジョディ・ロック/陸以心広告代理店でバリバ...

  • ラ・ヨローナ伝説:東京国際映画祭2019

    『ラ・ヨローナ伝説(La Llorona)』監督:ハイロ・ブスタマンテグアテマラの映画。かつてグアテマラでは内戦があり(終結は1996年)、多くのマヤ人が...

  • 動物だけが知っている(東京国際映画祭2019)

    今年の私のTIFF動物枠*。すごく面白かった! 強いて言うなら内田けんじの映画のようにひとつの出来事を複数の視点で見せていって、最後に驚きの事実が明らかに...

  • ファストフード店の住人たち(東京国際映画祭2019)

    今年の東京国際映画祭は全部で4本だけ。最初はこれでした。『ファストフード店の住人たち(i'm livin' it/麥路人)』監督:ウォン・シンファン/黃慶...

  • Where the Forest Meets the Stars:星からやってきた少女

    『Where the Forest Meets the Stars』Glendy Vanderah著、Lake Union Publishing母を亡くし...

  • ボーダー 二つの世界

    『ボーダー 二つの世界(Gräns)』監督:アリ・アッバシ原作・脚本は『ぼくのエリ』の原作者ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト。『ぼくのエリ』がそうだった...

  • ジョン・ウィック:パラベラム

    最近はどうもだらだらと日々を過ごしてしまっていて、仕事でもなんでもずるずるやっている悪いパターンにはまっているために、積んでる映画や本は山となり、感想を書...

  • The Boy At the Back of the Class:クラスにやってきた難民の子

    『The Boy At the Back of the Class』Onjali Q. Raúf著、Hachette Children's Groupずっ...

  • Sadie:2019年 MWA賞(エドガー賞)YA部門受賞作

    『Sadie』Courtney Summers著、Wednesday Books2019年 MWA賞(エドガー賞)YA部門の受賞作です。いやあ、いい本だと...

  • Invisible Women: Data Bias in a World Designed for Men:男性中心の社会で見えない女性

    すっごく面白いです。目からウロコの1冊なので、みんな読むべき! 『Invisible Women: Data Bias in a World Design...

  • Ban This Book(邦訳:貸出禁止の本を救え!)

    毎年、米国図書館協会(ALA)は、禁書申し立てを受けた本のベスト10を発表しているのですが、先日もそんなニュースを見て思い出したのがこの本。良書ゆえにブロ...

  • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

    やや居心地の悪さも感じつつも、とても面白かった。居心地の悪かった点も下の方で説明するので、この感想の途中からネタバレして内容に触れます。それにしてもタラン...

  • The House with Chicken Legs:バーバ・ヤーガをモチーフにした児童書

    "バーバ・ヤーガ" は個人的な興味対象なので、タイトルだけで読むのを決めた児童書。『The House with Chicken Legs』Sophie ...

  • 『ザ・ボーイズ シーズン1(The Boys Season 1)』

    この夏はNetflixもHuluもお休みしていて、もっぱらアマゾンプライムで(忙しいとそんなに観られないので、配信サービスはこまめに休んだり、再開したりし...

  • 夏のお出かけ その2:鈴木信太郎記念館

    これは7月に行った場所で、なかなかよい建物だったので書いておく。鈴木信太郎記念館(URL)東京都豊島区東池袋5-52-3開館時間:午前9時から午後4時30...

  • 夏のお出かけ:民家園と縄文の村

    夏のお出かけ、博物館めぐり。お盆に訪れたのは、いわゆる「田舎のおばあちゃんち」っぽさが漂う野外博物館2箇所。最初はこちら。川崎市立日本民家園(サイト)神奈...

  • 渋谷の博物館さんぽ

    連日暑くて生きてるだけで熱中症になりそうな8月ですが、世間のお盆休みには蒸し暑い中、出かけました。まずは渋谷近辺の博物館。渋谷区ふれあい植物センター(UR...

  • Miracle Creek:事故が起きたあの日、本当は何があったのか

    『Miracle Creek』Angie Kim著、Sarah Crichton Booksヴァージニア州の小さな町。韓国人の移民の夫婦パクとヨンが、高気...

  • Gods of Jade and Shadow:マヤ神話をモチーフにしたファンタジー

    なかなかおもしろい本を読みました。『Gods of Jade and Shadow』Silvia Moreno-Garcia著、Del Rey1920年代...

  • ゴールデン・リバー

    1か月近くずーーーっと曇りや雨の、沼の底にいるような東京でしたけど、やっと晴れたよ!ちょっと前にこの映画を観たのだった。グッバイ、父権制! 『ゴールデン・...

  • アゲハようちえん2019と棉

    7月に入ってからずっとお天気が悪い東京ですよ。人間は風邪を引くし、猫も高齢のせいもあって調子が今ひとつである。数年前の夏のはじめに1か月近く雨続きだったこ...

  • 塩田千春展:魂がふるえる:森美術館

    先月の反省(会期終了ぎりぎり駆け込んだり、結局見逃したりという)をふまえて、早々に観に行きました。塩田千春《静けさの中で》2008年/2019年「塩田千春...

  • パドマーワト 女神の誕生

    ディーピカー・パードゥコーン主演の豪華絢爛、目のご馳走のような映画を観たことを記しておくのを忘れていました。『パドマーワト 女神の誕生(Padmaavat...

  • 6月の展覧会

    6月はばたばたと合間を縫って駆け込むようにいろいろな展覧会に行ったのだった。書いとかないと忘れるので、メモ。「世紀末ウィーンのグラフィック」公式サイト会期...

  • Ohio

    『Ohio』Stephen Markley著、Simon & Schuster Paperbacksオハイオ州北東にある小さな町New Canaa...

  • ジョゼフ・コーネル コラージュ&モンタージュ:DIC川村記念美術館

    展示替えもあるというので本当は2回行きたかったけど、もたもたしているうちに終わっちゃう!とあわてて行ったジョゼフ・コーネル展。とてもよかった!!「ジョセフ...

  • 壁の向こうの住人たち―アメリカの右派を覆う怒りと嘆き

    『壁の向こうの住人たち―アメリカの右派を覆う怒りと嘆き』A・R・ホックシールド著、布施由紀子訳、岩波書店2016年の全米図書賞ノンフィクション部門にノミネ...

カテゴリー一覧
商用