searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

hiougiさんのプロフィール

住所
長野県
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ひだまりの花々
ブログURL
http://hiougi.blog93.fc2.com/
ブログ紹介文
身の周りの花や鳥たちと自然、そして日頃思うこと感じること考えたこと
更新頻度(1年)

411回 / 365日(平均7.9回/週)

ブログ村参加:2007/03/28

参加カテゴリ

写真ブログ / 野鳥写真

花・園芸ブログ / 季節の花

美術ブログ / 彫刻

※ランキングに参加していません

フォロー

ブログリーダー」を活用して、hiougiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
hiougiさん
ブログタイトル
ひだまりの花々
更新頻度
411回 / 365日(平均7.9回/週)
フォロー
ひだまりの花々

hiougiさんの新着記事

1件〜30件

  • ハナショウブ(花菖蒲) ~ボールペン~

    ボールペンを買うために隣の市の文具店に行った。外出用のバッグにいつも手帳とともに携帯しているそれがない。思いつく所を探してみたが出てこない。いつどこで失くしたかまるでわからない。濃緑色の軸で少し重みがあって気に入っていた。ショーケースを見ていると若い女性の店員が声をかける。「何かお探しですか?」「ボールペンを……」すると中のいくつかのに目をやっていて、光沢のある黒いのを取り出した。「こちらはとても書...

  • クリ(栗・丹沢) ~花の香り~

    それぞれに季節を象徴する花の香りがある。梅雨時の場合、それは栗。特有の強い青臭さは、少し離れていても鼻に飛び込む。今、木を覆う黄白色の花から辺り一面に発せられる。びっしりと猫の尾のように穂状になって長く垂れ下がるのは雄花。その基部にちょこんとある小さな丸い形のが雌花。毎秋たくさんの実を付けてくれるこの木は、若い頃に植えた“丹沢”という大実の品種。少し前にだいぶ枝を切った。今年の実りはどうだろう。遙か...

  • キバナヤマボウシ(黄花山法師) ~初鳴き?~

    黄花山法師も開く。ヒラヒラした花びらに見えるのは総苞片。その中に塊となってまとまり咲くのが真の花。蕊も小さいながらちゃんと元気に。ホトトギスが鳴いた。今年初めてきくか。   六月や鳥に秘めた言葉を聞きなして一人 (奈美あや)...

  • クジャクサボテン(孔雀仙人掌) ~鮮やか色の孔雀の翅~

    しばらく前から孔雀仙人掌が咲いている。艶のある鮮やかなグラデーションの赤い花びらを大きく広げて。名はその様を孔雀の翅に見立てたものだろうか。中にのぞくたくさんの雄蕊と長く伸びた1本の雌しべはイソギンチャクを思わせる。その両手を合わせた程の優雅な姿は大体2~3日。すでにしおれてだらりのも。もう20年近くになるベテランの花。まだ大小の蕾がいくつかある。あと10日程は順々に玄関先で客人たちをおもてなししてく...

  • ニワフジ(庭藤) ~河川清掃~

    年に一度の町内一斉河川清掃があった。自治会ごとに、場所と範囲が割り当てられている。川原に降り、伸びた葦などを刈り取る。そしてそれを川岸に引き上げ、町の草捨て場に車で運ぶ。例年より少し短かく、一時間弱で作業は終わった。小さな穂状の庭藤が咲いている。花はピンクと白のやさしい色合わせ。四十雀が李にやってきて明るい声で歌ってくれた。   いっぽいっぽと鳥は歌うこの六月はことに長く  (実野滸人)...

  • シモツケ(繍線菊・下野) ~想いを編み込むごとく~

    淡紅色の花が散房状にむらがり咲く。それは毎年六月の繡線菊。素朴で物静かに。花序に目を近づけると、たくさんの小さな5弁花。そしてその中からはそれぞれに伸び出す自由な蕊。外から“見ている”だけでは分からない世界の中に、心を寄せて”見つめる”とまったく違う景色が現れたりする。   繡線菊(しもつけ)は想いを編み込むごとくそっとそっと  (奈美あや)...

  • アマチャ(甘茶) ~雨が……~

    しばらく雨がない。なかなか梅雨入り宣言が出ない。水やりをする。甘茶が咲いた。中の真花からはたくさんの蕊が飛び出して。庭に雀が降りてきて、ぴょんぴょん。...

  • セイヨウオダマキ (西洋苧環) ~クロワッサン~

    義姉の車が入ってきた。そして、小さな紙袋を手に、「昨日はビワをありがとう」と。「伊那の方に用事があって行ってきたの。これお土産」道の駅に評判のパン屋さんがあり、そこのクロワッサンだという。すぐ売り切れる程の人気らしい。そういえば去年だかもやはり同じのをいただいたような気がする。それにしても行動半径が広い義姉である。三月の初めに咲いた西洋苧環がまた咲いている。   コゲラ来て桜の幹を上に登るギーッギ...

  • ビワ(枇杷) ~とりあえず一回目~

    枇杷が色づく。とりあえず一回目の収穫をしよう。毎年、夜に白鼻心に食べられる。木は二階の屋根に届く程の高さ。脚立を立て、木に登って、色の濃いのを選んで。一籠分、100個程になった。数日は収穫できそうだ。さっそくに大きいものを30個程選んで義姉に届けた。喜んでくれた。   母と子のごとく見るからにやさしき枇杷熟れて夏  (奈美あや)...

  • ウツギ(空木・卯の花) ~そろそろじゃない?~

    夕食時に家人が言う。「ね、蛍はそろそろじゃない?」「そうだなあ」近くに蛍の生息地がある。地区の方々がその環境を大事に守っている。6月中旬になると、家族で見に行く。毎年、我が家の夏の夜の楽しみとなっている。今年は梅雨入りが遅れている。生育状況はどうなんだろう。「15日頃に行ってみようか」「そうね、様子で2度行ってもいいし」庭ではウツギも咲いている。四十雀が大きな声で鳴いている。   卯の花見て歌詞とメ...

  • バイカウツギ(梅花空木・ベルエトワール) ~“桑の実がおやつです”~

    庭の一角で甘い香りがする。それは白いベル・エトワールが放つもの。たとえるなら、マンゴーか。いやジャスミン?いずれにしても強くていい香りだ。花の中心はわずかに紅色に染まる。知人からメールが届いた。“ウグイスに励まされながらの草と竹退治。桑の実がおやつです”と。   草のたくましきこと六月心にも脳にも汗をかけ (実野滸人)...

  • アスチルベ(Astilbe・泡盛草) ~「造形活動を……」~

    子ども食堂や高齢者サロン、ママカフェの運営に携わっているNPO法人代表の知人から電話があった。「ボランティアとして不登校生徒に造形活動をしていただけませんか」と。学校に通えない中学生の支援をもしているらしい。自身が幼い子どもさんを抱えながら、地域のために頑張っている若い彼女である。「私の立体表現の経験が少しでも皆さんのお役に立つのであれば」と受託した。さっそく打ち合わせに出かけ、第一回目は18日(金)...

  • ユキノシタ(雪の下・鴨足草) ~言葉を交わすようにして~

    草取りをする。時々水分を補給しながら。頭上にピーピヒヨロピヒョロ、ピーピヒヨロピヒョロ……。手を休めて見上げると二羽のトンビが比較的低いところで旋回していた。一羽が右へくるりとするともう一羽も後を追ってくるり。今度は左回転で同じように。ピーピヒヨロピヒョロ、ピーピヒヨロピヒョロの声を出しながらゆったりと繰り返す。つがいだろうか、まるで互いに言葉を交わすかのようにして。そして徐々に高さを上げながら遠ざ...

  • サラサウツギ(更紗空木) ~感謝しつつ、学びと成長の場に~

    先日美術博物館に出かけた。そこの図書室にお勤めの知人に資料をお届けするためだった。常に多くの書物に触れているだけあって、知識が豊富な方である。また美術関係のイベントなども随時把握しておられる。人脈も多方面にわたり、こじんまりのほほんと生きている私にとっては様々な情報源になるありがたい存在だ。一方では二紀会所属の画家としての顔もあり、幅広く活動しているアクティブな生き方には多くの刺激をいただく。いろ...

  • バラ(薔薇・オールドローズ キング・ジョージ四世) ~君が花~

    ベッドに横たわりながら『石川啄木詩集』を読んでいた。昔からいつも寝るときには本を開く。私にとっては寝る為の一連の儀式のようなものである。しかし瞼は長く持たず、数ページで閉じる。それは実際には脳を睡眠に導く薬になっている。   君が花 君くれなゐの花薔薇、 白絹かけてつつめども、 色はほのかに透きにけり。 墨染衣袖かへし 掩へども掩へどもいや高く 花の香りは溢れけり。 ああ秘めがたき色なれば、 頬に...

  • ヒペリカム(Hypericum) ~新しい長靴~

    たくさんの蕊を持つ黄色い花はヒペリカム。そして花は散ると、それは艶やかな赤い実に。今ちょうどその対照的な二つの姿が。ヒラタアブが飛んできた。うん、君も一緒に楽しもう。そうそう、作業用の新しい長靴も買った。暑くなる前に草を取るとするか。   取る草の名を知らず手はひたすら掘りあげ積み上げ (居山聞涛)...

  • バラ(薔薇・ピンクノックアウト) ~薔薇の言葉~

    薔薇も少しずつ。ピンクノックアウトは甘い香りを届けてくれる。そして色もまた魅力的で。薔薇はいくつも駄目にした。なかなか上手に育てられない。でもこれだけはずっと咲いてくれる。かなり長い付き合いだ。いいかげんな私に気を遣ってうまくあわせてくれているのかもしれない。   薔薇に言葉があるのなら私をどう思っているのか聞いてみたい金曜日 (上武旋転子)...

  • バイカウツギ(梅花空木) ~「思い出」~

    梅花空木も咲く。その白い花はほんのりとした香りがする。名前は梅の花に似ているからなのだろう。そのやさしい形に穏やかになる。蕊の上で夢中になっているのはハナアブだろうか。梅花空木の花言葉をひもとけば「思い出」を見つける。そういえば薔薇の溢れ咲く安曇野の美術館へ行ったのは今頃だったか?   六月の思い出楽しいことも辛いこともすべては過去かこカコ (郷羽三夜子)...

  • サルナシ(猿梨) ~のんびりと横切った~

    昨日、近くの道を一匹の猿がんびりと横切った。徐行すると、彼(?)は一端立ち止まって振り返り、私の顔を見た。優しい顔をしていた。周りは果樹園、何か餌でも探しに来たのだろうか。猿梨にたくさんの白い花。中からは放射状に蕊が伸びて。これらのすべてが秋には楕円形の実に。   六月を奇麗な水が流れるそんな日ばかりじゃない  (実野滸人)...

  • カルミヤ(Kalmia) ~明るい花~

    カルミアは明るい花。色も形も。どこを見てもどれも見ても。金平糖のような蕾。パラソウルのような角のある花。中に描かれる赤い線模様。カルミアは明るい花。   小綬鶏の呼ぶ声に一人「ハイ」と答えた朝心も大きくなって  (上武旋転子)...

  • マメガキ(豆柿・小柿) ~その名の通りの小さな~

    マメガキにもたくさんの花。大きさは1㎝ほど。秋にはその名の通りの小さ実となる。指先ほどのの丸い実は、はじめは茶色く渋い。それが時間の経過とともに黒紫に変わり、渋は抜けて甘く変わる。ややねっとりして糖度も高く、和菓子のような感じになる。そんな秋の楽しみを思い浮かべながら、見上げる。   テレビの人が言う人に裏切られても自分は人を裏切らないと六月初めの茶の時間  (居山聞涛)...

  • シロアヤメ(白菖蒲) ~小さな安らぎを~

    シロアヤメも咲く。ふつうのアヤメの半分程の丈しかない。あまり飾りもなく。楚々として。ふえることもせず。それがまたいい。   白菖蒲に日常の交錯した感情を解きほぐす言葉聞く (郷羽三夜子)...

  • イボタノキ(疣取木、水蝋樹) ~「六月……」~

    白い小さな花を密集してつけているのはイボタノキ。花は筒状で先を四裂し垂れて咲く。ほんのりとした芳香がある。さて六月。もう、六月か。そう、六月なんだ。   内向きになりそうな六月という響きに手で考え足で思う  (上武旋転子)...

  • ハコネウツギ(箱根空木) ~花の時間と人の刻~

    木に白い花があり、ピンクの花があり、赤い花がある。その色混じりに咲くのは箱根空木の花。それぞれの色は、それぞれの花の時間。白く咲いてだんだんに赤みの色を得ていく。見ていて楽しくなる。   移ろいのはこねうつぎに浮かぶ日々 (奈美あや)...

  • カキ(柿の花) ~五月が行く~

    甘柿の木がある。今、それにクリーム色の花。その中でアリたちが遊んでいる。何かいいことがあるのか。蕾を見れば四角い。実の形と同じように。今年秋はどのくらい生ってくれるか。   今年はなぜか五月が行くのがさびしい空は青いのに  (居山聞涛)...

  • ナツロウバイ(夏蝋梅) ~木漏れ日の中で~

    夏蝋梅は白木蓮の下。花はほんのりと薄桃色を帯びて。大きな葉に隠れるようにして下向きに。中には黄色くやわらかに膨らむ蘂。そこは人目に付かない庭の西隅。静かに、ひっそりと。   「そこでで咲くの」と微笑み返す木漏れ日の夏蝋梅  (郷羽三夜子) ...

  • サクラウツギ(桜空木) ~五月の風の下で~

    部屋にあるカネノナルキを植え替えました。その生長に伴い、高さや樹形と鉢とのバランスが取れなくなっていました。ずっと気になっていたのです。一回り大きなサイズの新しい鉢を用意し、土も入れ替えて。見た目にも調和と安定感あり、よかったと思います。近くにホオジロがやってきて、ピッチチチィーチュルピィーピリリーと明るく軽やかに鳴いています。山茱萸の下では一房のサクラウツギが咲いています。気持ちのいい風が吹く爽...

  • キショウブ (黄菖蒲) ~広がらないように~

    キショウブが咲いている。花姿は和の趣を見せるような美しさがあるが、実は外来植物。明治期に観賞用として導入されたものらしい。繁殖力が強いので、ほかの草花に影響を与えないように注意しなければならない。花が終わったら、根茎を掘りあげて株を半分ほどにする。   鎌動かす黄菖蒲の元蛇が行く  (実野滸人)  ...

  • シャクヤク(芍薬・氷点) ~優雅と繊細~

    白い芍薬がある。重なる花びらのさまは牡丹にも見まがう。優雅で、繊細で。花はすべてが白というわけでなく、わずかに紅をまとう部分がある。それはまるで恥じらい隠れるようにして。   芍薬に杜鵑鳴きし朝の庭  (奈美あや)...

  • ピラカンサ(Pyracantha・タチバナモドキ) ~自由だなあ~

    ピラカンサにたくさんの小さな白い花。その中には可愛い蕊がちょんちょんちょん。そこにいろいろな虫たちがやってきて。気ままに。その上を燕が颯爽と飛び交う。自由だなあ。   手を広げ燕の空に心干す (奈美あや)...

カテゴリー一覧
商用