プロフィールPROFILE

isakoさんのプロフィール

住所
各務原市
出身
伏見区

自由文未設定

ブログタイトル
FPの家で暮らす
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/isako_2007
ブログ紹介文
物は増やしたくないけど、暮らしに便利なガジェットは取り入れていきたい。インテリアは白黒赤が基調のシンプルモダン。ガーデニングは宿根草メインの持続可能な庭。思い立ったらすぐに出かけられるひとり旅のおみやげは写真。本・映画・海外ドラマが好き。
更新頻度(1年)

135回 / 365日(平均2.6回/週)

ブログ村参加:2007/03/26

isakoさんのプロフィール
読者になる

isakoさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 全参加数
総合ランキング(IN) 23,854位 24,479位 24,474位 24,461位 24,481位 24,513位 24,550位 978,435サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 1,135位 1,167位 1,169位 1,161位 1,157位 1,161位 1,172位 66,442サイト
ポジティブな暮らし 8位 7位 8位 9位 9位 9位 10位 1,224サイト
今日 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,435サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,442サイト
ポジティブな暮らし 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,224サイト
今日 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,435サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,442サイト
ポジティブな暮らし 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,224サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、isakoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
isakoさん
ブログタイトル
FPの家で暮らす
更新頻度
135回 / 365日(平均2.6回/週)
読者になる
FPの家で暮らす

isakoさんの新着記事

1件〜30件

  • ロボット掃除機のバッテリー交換

    最近、ルーロの稼働時間が短くなった。前は1時間くらいかけて掃除していたのが、45分くらいで終えてしまう。そのせいか、ほこりの吸い残しもあるようだ。使い始めてもう4年半になるから、バッテリーの寿命かと思い、(3~5年が寿命らしい)新しいバッテリーを購入することにした。ちょうどペイペイモールで、20%還元セールをやっていたから、ここで注文。バッテリー代金が13,779円。初回購入クーポンで20円引き。還元額は、PayPayボーナスライトが3158円(23%)PayPayボーナスが137円(1%)Tポイントが137ポイント(1%)合計3432円(25%)にもなったのだった。ルーロと今日届いた新しいバッテリー。裏側のこの部分にバッテリーが入っている。ネジを2個外すだけでOK。新しいバッテリーを接続。あっという間に交換終...ロボット掃除機のバッテリー交換

  • 今日のフェイジョアの収獲

    フェイジョアの実は、雨が降ると落ちる。風が吹いても落ちる。昨夜から今日にかけての雨風で、今日はたくさん実が拾えた。実が落ちてもわかりやすいように、フェイジョアの周りにはあまり草花を植えていないのだが、緑のディコンドラがカーペットのように広がっているので、しっかり見ないと見過ごしてしまう。今日もうっかりひとつ踏んづけてしまった。ハナミズキの紅葉は今が見ごろ。手前の緑の葉をつけた枝はフェイジョアだ。今日のフェイジョアの収獲

  • オリーブの木をドミノ移植

    ウッドデッキの角に植えたオリーブ。植えてからなんと6年になるというのに、まったく育たない。背はなんとか10~15センチくらいは伸びたものの(そもそも植えたときに1mはあった)、枝が横に広がらない。ほかの地植えのオリーブは、6年経ったころにはかなり大きくなっていた。そこで、このオリーブを抜いて、鉢植えのオリーブをこの場所へ植えることにした。鉢植えのオリーブは、庭にまだ木がなくて眺めがよすぎたころ、視線を遮るためにデッキの上に置いていたものだ。今は庭の周囲の木も大きくなった。一方、オリーブの鉢植えは、ちょっと強い風が吹くと倒れることもしばしば。台風のときなどは、柱にしばりつけていた。これを地植えすれば、そういう手間が省けることになる。デッキ角のオリーブを掘りあげてみたら、びっくりするくらい根鉢が小さくて、これじゃあ...オリーブの木をドミノ移植

  • 和だんすの中の戸を捨てる!

    和だんすの上の扉を開けたとき、さらに中の引き戸を右へ動かしたり、左へ動かしたり、なんかもう習慣になってしまっていたが、いつも面倒だなあとって思っていた。今日、中を整理していて、ふと気づいた。こんなの、取っ払ってしまえばいいんだ!誰に見せるわけでもない。自分の使い勝手だけ考えればいいのだ。取ってみたら、格段に使いやすくなった。その下のトレイは一段の幅が狭い。今はそのまま使っているが、かさのあるものを入れるようになったら一段おきに抜いてしまってもいいと思っている。ツワブキが咲いた。こぼれ種で芽生えて3年、去年は初めて花が咲いたが、1本だけだった。今年は3本に増えた。和だんすの中の戸を捨てる!

  • 古~いホットサンドトースター

    バルミューダ・ザ・トースターで作るトーストサンドがおいしいので、しまいっぱなしのホットサンドトースターはもう使わないかな、と思った。捨てるかどうか決める前に、一度ホットサンドを作ってみることにした。これはなんと33年前に買ったもの。古いわりにはきれいだし、どこも悪くない。最近の製品はワッフルなども作れるが、これはホットサンドだけ。急に思いついたので、ハムとチーズだけのシンプルなホットサンドになった。これはこれで、なかなかおいしい。まだ捨てずに、中身をいろいろ替えて、積極的に使おうと思った。古~いホットサンドトースター

  • フェイジョアの収獲はじまる

    去年の日記にフェイジョアの収獲が始まったと書いてあったので、落ちた実を探してみたら、あった、あった!落ちた実はすぐには食べられない。追熟するまで数日必要。枝についている実。今年もけっこう豊作だ。でも、うちのは小粒。キウイフルーツくらい大きくなるそうだが――フェイジョアは鳥に狙われないので助かる。春に芽が出て、エキナセアかと思ったが、葉が他のエキナセアよりはるかに大きい。何だろうとずっと花が咲くのを待っていたら、エキナセア・マグナスだった。葉は親の株と比べて巨大だが、花のサイズは同じだった。いつとは決まっておらず、気が向いたときに咲くガーベラ。フェイジョアの収獲はじまる

  • 焼き芋の秋 ランプの秋

    事務のパートがまたひとりやめると朝礼で言われた。この人は続かないだろうなと思っていたので驚きはなかった。むしろ半年以上続いた方に驚く。これから暮れにかけて忙しくなるのに、先日は入ったばかりの人がやめたし、どうなることやら。焼き芋は電子レンジで簡単に作ってしまいがちだったが、レンジでも解凍モードでゆっくり加熱するとおいしいと聞いたので、やってみた。キッチンペーパーとラップで二重に包み、最初600Wで2分、その後150Wで加熱。ようすを見ながら、10分少々でできあがった。たしかに、こちらの方がおいしいかも。10分ほどの差なら、やってみる価値はある。涼しくなって、虫が少なくなってきたので、また、ランプを出してきた。小樽のおみやげだ。ダウンライトを消して、ブラケットとこれに。暖かな雰囲気がいい。焼き芋の秋ランプの秋

  • 着物を処分した

    これまでに普段着のウール着物や、正絹着物のうちあまり好きではないものなどを処分して、和箪笥の半分くらいまで減っていた。今回、娘にほしい着物があるか見てもらい、残りのすべてを処分した。テレビで盛んにCMをやっているバイセルに来てもらった。(ネットで口コミをチェックしたら、一番評判がよかったので)これだけあった中で、着物4枚、帯4枚が買取となった。計2400円だった。ちなみに、バイセルは説明もわかりやすく丁寧、着物もしっかり見てくれて、とても好感が持てた。さらには、訪問した社員に不満はなかったかというアフターフォローの電話もかかってきた。前回は、郵送して査定してもらうシステムだったが、たしか数百円にしかならなかった。それに比べるといい方だと思う。残りは古着回収ステーションへ持って行った。着物がなくなっただけでも、和...着物を処分した

  • 下呂の温泉街と 合掌村

    次の日は宿を出て、下呂の温泉街を散策。娘がぜひ食べたいと言っていたゆあみ屋の温玉ソフトを食べに。名前のとおり、ソフトクリームに温泉卵が添えてある。話を聞いたときは、あまりおいしそうには思えなかった。どちらかというと、きもちわるそう……見ても、その印象は変わらない。恐る恐る食べてみたら、これがけっこう合う。クリームと卵を混ぜ合わせるとカスタードの味わいなのだ。おいしく平らげてしまった。下呂の街を縦断している飛騨川と下呂大橋。飛騨と言えば、さるぼぼ。そのあと、車で少し走って、下呂温泉合掌村へ。白川郷などから移築した合掌造りの民家10棟で集落を再現した野外博物館だ。旧遠山家の板倉。倉とはいえしっかりとしたかやぶき屋根だ。そのため登録有形文化財となっている。外の壁にはいろいろな道具が下げてある。メインとなる国指定重要文...下呂の温泉街と合掌村

  • 登録有形文化財の宿 湯之島館

    急に下呂へ行こうということになって、娘が予約してくれたのが湯之島館だった。最後の一部屋とのことで、ラッキーだった。下呂の多くの宿は川沿いの温泉街にあるが、ここは少し山の中へ入った斜面にある。と言っても、5分ほどで行けちゃうのだが。樹齢数百年の木に囲まれた、風情のある宿。チェックインすると、女性はゆかたを選ぶように言われる。10種類以上の中から選んだら、なんと!娘と同じ柄だった。それは落ち着いた緑系。違うのにしようよと言うので、一番カラフルな柄に替えた。これ↓羽織を着ると、派手な感じはしない。このレトロな電話機は、実際に使える公衆電話だ。部屋から見る日が暮れる前の庭。すばらしくおいしい料理を食べ、下呂の街を見下ろせる露天風呂を楽しんだあと、館内を巡るスタンプラリーをやってみた。これはとてもいい趣向だった。スタンプ...登録有形文化財の宿湯之島館

  • 飛騨小坂の厳立峡

    帰省した娘と下呂温泉へ一泊旅行してきた。往路、下呂を通り過ぎて飛騨小坂まで足を伸ばし、厳立峡へ行ってきた。厳立峡と書かれているケースが多いが、この看板は巌立峡となっている。遊歩道が整備されていて、そのうちの30分コースを歩いただけだが、それだけでも、見所いっぱいで、十分に堪能できた。駐車場に車を止めると、まず、この大きな岩がでーんとそそり立っている。高さ72m、幅120m。これは5万4千年前、御嶽から流れ出た溶岩流の断面。溶岩流はこちらの小厳立とつながっていたが、数万年のあいだに浸食作用で分断された。岩の節理が波打ったり、ぶつかり合ったりしていて、大自然の力を実感する。この川が岩を削った。溶岩流もすごいが、水の力もすごい。渓流沿いに遊歩道が延びている。もう紅葉が始まっている。一つ一つの滝は大きくはないが、連なっ...飛騨小坂の厳立峡

  • コメダの話題のシロノワール

    娘が帰省中。外出先でお茶して、気になっていたコメダのシロノワールを初めて食べた。温かいデニッシュとソフトクリームの組み合わせが美味。食べるときはさらに上からシロップまでかける。これはセットメニューのミニノワールなのだが、それでもおなかいっぱいに。注文前は、本来のシロノワールがこれくらいのサイズだと想像していた。通常サイズはどれくらいなのか?あとで調べたら、直径16センチだとか。ひとりで食べるのではなく、シェアして食べる人が多いというのも納得。おみやげのひとつ、とーとつにエジプト神のマスコットフィギュア。大好きなアヌビス神だ!好みがじつによくわかってるなぁ。コメダの話題のシロノワール

  • 子どもが熱を出しまして……

    事務所で今日は、ふたりのパートさんが、子どもの具合が悪いと言って休んだ。始業前に電話がかかってくると、すでに出社している全員がまたか、と頭を抱える。新聞やテレビではよく、子どものいるお母さんが会社勤めをする難しさについて話題になる。たしかに、子どもが急に熱を出すのは仕方のないことだ。そのために休むお母さんを責められない。でも、うちの会社のように少ない人数で多くの業務をこなしているところではひとり欠けるだけで、残った者の負担はものすごく大きくなる。周りが理解して、穴埋めしてあげましょう、などというのは中小企業の現状がわかっていない人の理想論だ。忙しさのせいで、上司の機嫌が悪くなるのもうっとうしい……カーテンに大きな虫の影。大きなバッタがガラスにとまっているのだった。庭にたくさんいるおんぶバッタではなく、本物のバッ...子どもが熱を出しまして……

  • 庭の赤いキノコ&しらす丼

    雨上がりの庭に、小さな赤い点々が目についたので、近寄って見たらキノコだった。かさの直径が1センチくらいという、とても小さなキノコなんだけど、色がきれい。クリーム色で背の高いキノコはよく見かけるが、これは初めて。久しぶりに買ったしらすで、しらす丼を作ってみた。おいしかったけど、ごま油を入れすぎたかな。さいごの方はちょっとくどかった……庭の赤いキノコ&しらす丼

  • 昭和のかおり 赤玉

    サントリーのサイトでくじを引いたら当たったので、コンビニでもらってきた。赤玉ポートワインというと、子どものころ、母が飲んでいたのを覚えている。子どもだったから、もちろんわたしは飲まなかった。大人になってからも、なんとなく本モノのワインじゃないような先入観があってやっぱり飲んだことはなかった。じつは大正時代に発売されたんだそう。ポートワインという名称が使えなくなって、今は赤玉スイートワインになった。その赤玉スイートワインをソーダで割ったのが赤玉パンチ。缶にプリントされたキャッチコピーによると「酒場で人気」のワインサワーが家で飲めるのが赤玉パンチなのだそうだ。今回のキャンペーンは、9月にリニューアルした赤玉パンチが出たからのようだ。甘口ワインが好きなわたしに向いていそうだ。話は変わるが、先週入社したばかりのパートさ...昭和のかおり赤玉

  • 『十二国記』に新作!

    シリーズものの小説で、好きなシリーズはたくさんあるけれど、一番好きなシリーズと言えば、やはり小野不由美の『十二国記』だ。日本のファンタジーとしては、上橋菜穂子の『守り人シリーズ』もいいが、一番はやはり『十二国記』の世界に軍配が上がる。その最新作が18年ぶりに出ると言う。そして、これが長編としては最後の作品になるらしい。18年ぶりとはいえ、わたしは最初に出てからかなり経ってから一気に読んだ。(それ以前もシリーズ名は聞こえていたけれど)だが、それも5年前になる。せっかくだから、新作を読む前にもう一度読み直して見ることにした。今は新潮文庫の方が知られているようだが、わたしが読んだのは講談社X文庫だった。いつ頃からか小説にマンガタッチの表紙イラストがつくようになったが、どうにもイメージが違うような気がして、わたしはあま...『十二国記』に新作!

  • フレンチトーストと シリアル

    バルミューダを買ってから、パンはついついトーストにしてしまう。サンドイッチだって、トーストしたパンで作った方がだんぜんおいしい。でも、今日は久しぶりにフレンチトーストにしてみた。もうずっと、フレンチトーストはフランスパンで作るのがふつうだったが、食パンで作るととてもソフトで、これも悪くないなと思う。ところで、朝食と言えば、パンのほかにシリアルもあるが、最近、ついにこれは!というシリアルを見つけた。もう長いこと、いろんなフルーツグラノーラを買ってみて、その中ではカルビーのフルグラが一番だったのだが、それでももう他に替えるつもりはないというほどではなかった。ネットショップで、独自ブレンドしたグラノーラを買ってみたこともあるが、ナッツざくざくなのはいいとして、主となる穀物シリアルが好みではなかった。あとは、ごろっとグ...フレンチトーストとシリアル

  • スマートEXなら並ばなくても

    ニュースを見ていたら、台風のため、乗車券の払い戻しや変更のため、駅の窓口に人がずら~と並んでいて、最長40分待ちだと言っていた。そういえば、先月USJに行ったとき、スマートEXを初めて使ったが、これだと、スマホやPCから変更や払い戻し手続きも簡単にできるはずだ。以前は、新幹線チケットを買うのに、JRの駅まで行って、窓口で購入したものだ。いろいろ、便利になったなあと思う。雪の宿の安納芋味を見っけ!「濃厚な甘さ」と書いてあるとおり、ふつうの雪の宿より甘かった。ふつうの味も好きだけど、これもいい。スマートEXなら並ばなくても

  • こんな上司は迷惑

    今日、会社である書類を作って、上司に見てもらったら、ある箇所を指してここになんで記入がないの?と言う。わけがわからず、「変更がない場合は書かなくていいのでは?」と言うと、口答えするな、と言う。口答えじゃないんですけど……これじゃ相手の会社にわからんだろう、と上司は重ねて言う。でも、今までずっと記入せずに提出して、それで大丈夫だったものなのだ。説明もせず、一方的にまくしたて、「はい」と言って直せばいいんだ、と言う。しかし、今後のためにどう変わったか知っておかないと困る。わたしが休みのあいだに決まりが変わったのかと思って、昨日出勤だった同僚に確かめてみたが、彼も知らないと言う。今、初めて聞いた、と。思うに、怒り始めてから、説明していないことに気づいたのかもしれないが、もう引っ込みがつかなくなり、こちらの言うことは無...こんな上司は迷惑

  • ふとんの入れ替え&マットレスのローテーション

    ようやく夜涼しくなったので、夏ふとんから春秋ふとん(うちは真冬もずっとこれだが)に替えることにした。こういった節目にはマットレスのローテーションも行うことにしている。上下、あるいは裏表を入れ替えるのだ。こうすれば、特定の箇所ばかりへこむことが避けられる。動かした折には、全面に掃除機もかける。ふとん専用の掃除機ではないが、これでも部屋のほこりとはまた違う、すごく細かいほこりが取れる。天気がいいので、洗った夏ふとんは1日で乾くだろう。ベッドパッドも日に干した。明日から近所で家の取り壊しが始まるので、しばらくふとん干しができない。洗濯物も干せないかも……ふとんの入れ替え&マットレスのローテーション

  • 断捨離の盲点

    うちはけっこう整理されてる方だと思うし、無駄な物のため込みも少ないと思う。でも、盲点があった。あるブログを読んでいて気づかされた!それはネガだ。アルバムに比べたら嵩は大したことないので、書庫の棚の片隅で長年忘れられていた。この頃のカメラは、フィルムの枚数が限られているし、現像代や焼き増し代もかかるので、デジタルカメラと違って、厳選してシャッターを切ったものだ。だから、撮った写真は、ごくわずかのピンぼけ写真を除いてすべてアルバムに貼った。娘たちそれぞれのアルバムは、家を離れたあとも押し入れに眠っていたが、数年前、業者に頼んでデジタル化してもらった。冊数が多かったから、1年以上かけたプロジェクトだった。おかげで、今や、それらの写真をプリントアウトしたいと思えば、娘たちに渡したDVDからできるようになった。テレビやパ...断捨離の盲点

  • アンソニー・ホロヴィッツ 『カササギ殺人事件』

    ミステリーのおもしろさを説明するのはとてもむずかしい。下手するとネタバレになってしまうからだ。この小説は、編集者が人気探偵小説の最新作の原稿を読み始めるところからスタートする。その探偵小説は、1950年代を舞台に、ドイツ人アティカス・ピュントを主人公にしたアガサ・クリスティを彷彿とさせるような正統派「フーダニット」だ。これだけでも、ベルギー人探偵のエルキュール・ポワロを思い出してにやりとしてしまう。だが、この作品はそんなに単純ではない。探偵小説の作者、アラン・コンウェイと編集者たちを巻き込むもう一つの事件、現代の殺人事件が起きるのだ。しかも、探偵小説は単なる作中作にとどまらない。現代の事件でこれが重要な小道具として使われるのである。なんというみごとな入れ子構造!「本屋大賞」「このミステリーがすごい!」をはじめ、...アンソニー・ホロヴィッツ『カササギ殺人事件』

  • ペイペイ20%還元デーの買い物

    今日はペイペイ20%還元デーなので、あちこち買い回りしてきた。食品スーパーでは、通常の品目のほかに買い置きのきく品もあれこれ。ここはつい最近ペイペイが使えるようになったばかり。レジで計算してもらったら、なんと6290円。このスーパーではいつも月曜は全品1割引きになるのだけど、そういう日でもこれほどまとめ買いしたことはなかった。ちょっとまずかったかな、と思った。というのも、1回につきキャッシュバックは最高千円なので、5千円以上買っても意味がない。ところが、ここで驚くことが!精算したら、全額ポイント還元が当たったのだ。これだけの買い物がなんと無料に!!これまでもペイペイの全額還元に当選したことはあったが、コンビニなどで2~300円程度の買い物のときだった。テレビのニュースを見ていたら、先月末の増税前にトイレットペー...ペイペイ20%還元デーの買い物

  • 旅かご

    以前は、旅行の準備をするとき、リスト(一覧をPCに保存してあり、行き先や季節によって少し変更してからプリントアウト)を見ながら、仕舞ってある場所から出してきて、帰るとまた元の場所に片づけていた。ポーチ類、カメラ・アクセサリー、温泉用品、雑貨、それぞれ別の収納場所があった。でも、あるとき、思いついた。普段はほとんど使わず、ほぼ旅専用の物は1ヵ所にまとめておいた方がいいと。最初は間に合わせの段ボール箱に入れていたのだけど、家電店でもらったこのボックスに今はまとめている。中はこんな感じ。日帰り旅行のときは、このうちの一部だけを日帰り旅行リストに従って取り出すだけ。帰ってきたときの片づけも、衣類は洗濯に、スマホやサイフなどの必要品は元の置き場所へ、そして、残りのほとんどはここへ放り込めばいいのですごく楽になった。旅かご

  • 日帰り木曽ツアー2

    御嶽で古くから作られている百草丸。それを製造している会社のひとつ、日野百草本舗で小休止して甘酒やお茶の試飲。じつは、甘酒というものを、今年になるまでわたしは飲んだことがなかった。少し前に能登で地元の甘酒を初めて飲んでみたが、おいしいとは思えなかった。でも、ここで飲んだ甘酒はあっさりして、なかなかおいしかった。甘酒にもいろいろあるようだ。このころになると、雲が多くなってきた。とはいえ、雨が降りそうなほどではない。次に降りたのは油木美林(あぶらぎびりん)。ここは御嶽山四合目にあたる。森の中を渓流沿いにこもれびの滝まで歩いた。なかなか豪快な滝だ。次に、五合目の御岳ロープウェイのりばへ。センターハウス前のお花畑には「令和」の花文字が。眺める場所が低めなので、令の字がよく見えない。下の鹿ノ瀬駅から飯森高原駅までは15分。...日帰り木曽ツアー2

  • 日帰り木曽ツアー1

    先日、日帰りツアーで木曽へ行ってきた。10日間予報が出たときは晴になっていたので、勇んでツアーに申し込んだら、その後、曇時々雨に変わってしまった。行き先が山や渓谷なので、雨だとけっこうつらいものがあるのだけど、買ったばかりのクニルプスを使うチャンス!とも思っていた。雨模様の予報はずっと続いたのだけど、ツアー2日前になって急に晴に戻った。そして、実際とてもいい天気だった。ラッキー!参加者は40人以上乗れるバスに17人だけ。そのうえ、座席幅が広い後部席だったので、とてもゆったりできた。最初の訪問地は阿寺(あてら)渓谷。阿寺と言えば、阿寺断層。地質学の授業で何度も耳にしていた。でも、阿寺渓谷は阿寺断層に沿っているわけではなかった。阿寺渓谷の空。晴れているのはけっこう重要。水の色がきれいに見えるかどうかの分かれ目だから...日帰り木曽ツアー1

  • バードバスに困った飛来鳥

    おとといは1輪しか咲いていなかった彼岸花。あっという間に満開に。白い秋明菊はぎっしり固まって咲いているが、ピンクはまばらな感じ。ブラックベリーのつるを今年は去年までと反対側に誘引した。ここがちょうど玄関前になる。誘引してから気づいたのだけど、このちょうど真ん前にバードバスがあるんだった。今年はあまりブラックベリーが狙われずにすんだが、これじゃあ食べてくださいと言わんばかりだ。困った……そのバードバス、姿は見ていないのだけど、このところどうやらカラスかヤマバトのような大きめの鳥が飛来して、食べ残しを水の中にたくさん放置していくようなのだ。水を替えても、すぐに汚くよごされてしまう。以前、南の庭の小型のバードバスにカラスが飛来するようになったときは、同じように水を汚されただけでなく、食べ残しの子モグラ(爪などの硬い部...バードバスに困った飛来鳥

  • 彼岸花の季節

    エキナセアの陰に隠れて花茎が伸びているのにまったく気づかなかったリコリス。わかりやすく言えば、彼岸花のなかまだ。なので、葉はまだない。4年前に植えて、年々花数が増えている。他の色も植えたいなあと、花が咲くと思う。球根ならもっと早く行動しないと……。でも、この株も開花苗だったので、見かけたらゲットしよう。この季節に、珍しく花の多い一角。ピンクのゼフィランサスは春からずっと咲いているが、暑い夏のさなかはやはり花数が減っていた。彼岸花の季節

  • クニルプスの折りたたみ傘

    先日北陸へ行ったとき持って行った晴雨兼用折りたたみ傘。もうかなり前に買ったもので、案の定小雨にもかかわらず雨が染みてきた。用心して、前日に防水スプレーを吹きかけておいたにもかかわらず。UV効果も経年劣化するというし、新しい傘を買うことにした。自動で開閉する折りたたみ傘も最近はあるが、重いし大きくなる。それに、ニュースで、勝手に開いて怪我をした事例があると聞いた。それで、手動にした。ネットでいろいろ比較して、クニルプスX1に決めた。じつは、今回調べるまで、クニルプスというブランドを知らなかった。ドイツの会社で、折りたたみ傘の代名詞としてヨーロッパでは有名らしい。クニルプスのトラベル用はさらに軽く小さいけれど、X1の方が形状がきれいだったので、こちらにした。今回、楽天ポイントが8000近くあったので、全額ポイントで...クニルプスの折りたたみ傘

  • キャラメルコーンの期間限定品に手がのびる

    キャラメルコーンって、元々の味で十分おいしくてリピートしてしまうのだけど、期間限定のいろんな味を見かける。少し前、ミルキーとコラボしたのを買った。これはちょっと甘すぎたかな。今回は、秋の味覚サツマイモと栗の2種。「鳴門金時大学いも味」は、封を切ったとき、焼き芋のいい匂いが。食べたときも、大学芋というよりは、焼き芋の味だった。もし大学芋そのままの味だと甘すぎると思うので、この方がいい。「和栗モンブラン味」は、たしかに封を開けると和栗の香りがする。味は、続けて食べていると、それほど栗を感じない。匂いの方が主張が強い。この匂いで思い出した。このピノの和栗が同じ匂いだ!栗の味はこっちの方が強い。サツマイモ仲間の安納芋味のエリーゼも買い置きがあった。これはまだ味見していない。いつも食べているお菓子でも、違う味があると楽し...キャラメルコーンの期間限定品に手がのびる

カテゴリー一覧
商用