searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ふるちんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/full-chin/
ブログ紹介文
今までになかったブログ。全てがオリジナル。一貫したテーマゼロ。日替わりのアホネタ&恋愛だのマジメだの
更新頻度(1年)

174回 / 365日(平均3.3回/週)

ブログ村参加:2007/03/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ふるちんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ふるちんさん
ブログタイトル
ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」
更新頻度
174回 / 365日(平均3.3回/週)
読者になる
ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」

ふるちんさんの新着記事

1件〜30件

  • 『口福のレシピ』原田ひ香

    祖母が理事長、母が校長を勤める料理学校の跡取りになるのが嫌で家を飛び出し、SEの仕事と時短料理の写真をネットに載せて話題になってる女性。実家との軋轢はどうなるのか。並行して、昔料理学校を経営する家に女中としてやって来た女性が、主人の意向で難しい料理に挑戦することになる・・・美味しそうな料理が沢山登場する。特に冷や汁が美味しそうだった。インスタグラム、ツイッターなどの現代的な話題と旧仮名遣いを使うような時代。どんな関係があるのか読み進めていくと段々明らかになる。その辺とても巧い。口福のレシピ原田ひ香小学館今日の一曲TheWeekndで、"BlindingLights"では、また。『口福のレシピ』原田ひ香

  • 『移植医たち』谷村志穂

    米国ピッツバーグ大で、臓器移植を学び、初期の日本の臓器移植之先駆けとなった医師たちの苦闘を描く。フィクションだそうだが、かなりの部分が本当にあった事ではないかと、思ってしまう。物凄く面白かった。いつ脳死が発生するか分からず、常に待機していなければならないとか、10時間にも及ぶ手術に耐えられる気力体力が必要だったりする激務。医者なんて高い給料もらいやがってと思っていたけれど、登場する医者たちはそれだけの仕事をしていた。他にも免疫抑制剤の開発や移植コーディネーターの活躍など読みどころ多し。移植医たち(新潮文庫)谷村志穂新潮社今日の一曲亡くなった筒美京平作曲。岩崎宏美で「ロマンス」では、また。『移植医たち』谷村志穂

  • 『灯台からの響き』宮本輝

    牧野康平、62歳、東京板橋でラーメン屋を経営するがずっと一緒にいた妻蘭子に先立たれやる気を失っていた・・・本の中からこぼれ落ちたのは30年以上前の葉書。妻あてのもので、大学生小坂が灯台巡りをしたとある。しかし妻は小坂など知らないと言っていた・・・近所に住む友達カンちゃんの突然死。灯台を見ようと旅する康平に、何が待っているのか・・・読後放心状態に。もし輪廻転生というものが本当にあり、たまたま今は自分がニンゲンであるのだとすれば、ニンゲンで良かった、本当にそう思った。(最近物凄く嫌な事が立て続けであったけど全て霧散するほど)全編に炸裂するは宮本輝節。基本的にニンゲンは良いものだというスタンス。嫌な奴は出て来るけれど、結局許せてしまう。我々が生きる小さな生活範囲でも、ギスギス怒れば、怒るのが当たり前の空間になるし、怒...『灯台からの響き』宮本輝

  • アメリカドラマ「HOMELAND/ホームランド シーズン8」ついに完結

    超弩級ドラマがついに完結した。基本的にテロとの戦いを描いている。オフィシャルサイトからコピペすると、エミー賞最優秀ドラマ賞受賞1回、ノミネート3回最優秀脚本賞受賞2回最優秀主演女優賞“クレア・デインズ(キャリー・マティソン役)”受賞2回、ノミネート3回最優秀主演男優賞“ダミアン・ルイス(ニコラス・ブロディ役)”受賞1回、ノミネート1回助演男優賞“マンディ・パティンキン(ソール・ベレンソン役)”ノミネート4回助演女優賞“モリーナ・バッカリン(ジェシカ・ブロディ役)”ノミネート1回ゲスト男優賞“ルパート・フレンド(ピーター・クイン役)”ノミネート1回ゲスト男優賞“F・マーリー・エイブラハム(ダール・アダール役)”ノミネート2回ほか、2012年の6冠をはじめ、最優秀キャスティング賞、撮影賞、音響賞など受賞・ノミネート...アメリカドラマ「HOMELAND/ホームランドシーズン8」ついに完結

  • アメリカドラマ「HOMELAND/ホームランド シーズン8」ついに完結

    超弩級ドラマがついに完結した。基本的にテロとの戦いを描いている。オフィシャルサイトからコピペすると、エミー賞最優秀ドラマ賞受賞1回、ノミネート3回最優秀脚本賞受賞2回最優秀主演女優賞“クレア・デインズ(キャリー・マティソン役)”受賞2回、ノミネート3回最優秀主演男優賞“ダミアン・ルイス(ニコラス・ブロディ役)”受賞1回、ノミネート1回助演男優賞“マンディ・パティンキン(ソール・ベレンソン役)”ノミネート4回助演女優賞“モリーナ・バッカリン(ジェシカ・ブロディ役)”ノミネート1回ゲスト男優賞“ルパート・フレンド(ピーター・クイン役)”ノミネート1回ゲスト男優賞“F・マーリー・エイブラハム(ダール・アダール役)”ノミネート2回ほか、2012年の6冠をはじめ、最優秀キャスティング賞、撮影賞、音響賞など受賞・ノミネート...アメリカドラマ「HOMELAND/ホームランドシーズン8」ついに完結

  • 『雨の中の涙のように』遠田潤子

    堀尾葉介という俳優と関わりのある人を巡る連作短篇集。ネタバレになるので詳しいことは語りたくない。騙されたと思って「小説好き」なら是非読んで欲しい。と言ってもまだ欲しがる人には少し説明。大部屋役者が堀尾の努力に感心、嫉妬する。堀尾がテレビ番組で美味しいと言った卵焼き屋さんの悲喜こもごも。幼い時の堀尾。などなど、深い人間ドラマが繰り広げられる。最終章は、何だよこういう終わらせかたかよとがっかりしていたら、どんでん返しがあり、やっぱり遠田潤子はええなと呟いてしまった。雨の中の涙のように遠田潤子光文社今日の一曲たまたま見つけた。TakuyaKurodaで、"Moody"では、また。『雨の中の涙のように』遠田潤子

  • 『特捜部Q アサドの祈り』ユッシ・エーズラ・オールスン

    シリーズ8作目。特捜部Qのメンバーのアサドの過去が明らかになる。実は昔、アフガニスタンやイラクで痛い目にあっていた。以下省略。なぜなら、長い。長すぎるので、後半読み飛ばしてしまった。のでレビューする資格なし。(だとすると、これはレビューではないのだろうか)(ちゃんと読んで堪能して人ごめんなさい)(まあたまにはそういうこともあるさ)(いやたまにじゃなくて焼酎じゃない)(いやしょっちゅうじゃない)特捜部Q―アサドの祈り―(ハヤカワ・ミステリ)ユッシエーズラオールスン早川書房今日の一曲最近見つけて、うまいなーと思った。たぶん「夜もヒッパレ」でサンタナの「ブラック・マジック・ウーマン」その他を演奏する場面。モト冬樹のギターがいい。高中正義とモト冬樹のギターの音色の違いは、ヤマハのSG2000とギブソンのレスポールの音の...『特捜部Qアサドの祈り』ユッシ・エーズラ・オールスン

  • 店名にツッコんでください247

    店名にツッコんでください247店名にツッコんでください247

  • 映画「TENET テネット」

    いつだったか劇場でだいぶ前に観た映画の始まる前の予告編で、なんじゃこのアクション映画は!と思って、気になっていた。すると時間を逆行する難解な話らしい。どうしようかと思ったけれど、なかなか劇場で観る気になる映画がないので思い切って行ってみた。クリストファー・ノーラン監督はIMAX、実写にこだわっているので、公開が延期されてもオンラインの上映は拒否したらしい。となれば、IMAXレーザーで観ようと109シネマズ川崎まで。冒頭はオペラハウスでの襲撃事件。主人公たちは何かを探してたらしい。かと思ったら、線路横で拷問されていたり、第三次世界大戦を防ぐことがミッションだと言われたり。ストーリーは正直3割ぐらいしか理解できなかった。時間逆行の物理的システム(エントロピーの減少とか量子力学とか)は理解できなくても問題ないけれど、...映画「TENETテネット」

  • 『葬られた勲章』リー・チャイルド

    一度も読んだことのないシリーズ、本作は傑作であるとのことで読んでみた。凄腕の元軍人ジャック・リーチャーは列車内で女性が自殺するのを目撃する。すると怪しげな政府機関の者たちから、何か受け取らかなったかと訊かれる。彼女は政府機関に勤務していて、メモリースティックを持っていたらしい。しかし彼は受け取っていない。そして下院議員の名前も聞かなかったか訊かれる。過去にデルタフォースにいたことが自叙伝に書かれているが、なぜ勲章を受け取れたか詳しいことは書いていない。どうもこの件に関した情報がメモリースティックに入っているのか。さらに怪しい外国人が乱入し、凄まじいアクションが繰り広げられる。かなり面白かった。皆が探す情報とは何か?分かった時に上手いなあとつぶやいてしまった。また銃器に関するディテールが、好きモノには堪らない。(...『葬られた勲章』リー・チャイルド

  • 『宿無し弘文 スティーブ・ジョブズの禅僧』柳田由紀子

    スティーブ・ジョブズが信奉したという、乙川弘文という僧侶に迫るドキュメント。京大の大学院から、永平寺を経て、アメリカで禅堂を開く。酒を飲み、女性と関係を持つ。超リベラルで何でも受け入れ、誰に対しても同じように接する。何というか、①こういう人になりたい②仏教や禅について、もちっと勉強したいという気持ちになった。全編インタビュー形式で書かれているので、ちょっと奇異な感じがしたが、これもアリなんだと思う。宿無し弘文スティーブ・ジョブズの禅僧(集英社インターナショナル)柳田由紀子集英社今日の一曲岸部さんが亡くなりました。ザ・タイガースで、「色つきの女でいてくれよ」では、また。『宿無し弘文スティーブ・ジョブズの禅僧』柳田由紀子

  • 『三分間の空隙』アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム

    アメリカ下院議長がコロンビアの麻薬ゲリラPCRに拉致された。スウェーデン警察に協力していた凄腕スパイ、ピートが、今はアメリカDEAのスパイとしてPCRに潜入している。アメリカは麻薬戦争で、コロンビアの悪人を殺害リストに挙げているが、ピートの名前がそこに入ってしまった。事態収拾のため白羽の矢が立ったのはスウェーデンのグレーンス警部だった。長いはずなのにそう感じさせない一気読み。「三秒間の死角」の続編だそうだけれど、何も覚えてなかった。特に問題なく楽しめた。※以下ネタバレピートは、人工衛星が捉えていない三分間の間に人質をアメリカの軍艦まで連れて来るという荒業を成功させる。しかし、副大統領と首席補佐官はDEA長官のメンツを潰す。ピートが人質を奪還したら暗殺リストから外すと明言したのになかったことにした。仕方ないので、...『三分間の空隙』アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム

  • 『法廷遊戯』五十嵐律人

    底辺ロースクールで行われるのは「無辜ゲーム」授業とは関係のないところで、学生間で起こった事件について、学生が検事、弁護人、裁判官を演じる。というリアリティのないふわふわしたお遊びみたいな第一部。読むのやめようかと思ったけれど、第二部では人が死ぬ。非常にややこしい仕掛けで、死ぬヒトあり、痴漢冤罪あり、長期の恨みあり。面白かった。読後何も残らない、エンターテインメントとして最高だった。法廷遊戯五十嵐律人講談社今日の一曲TaylorSwiftで、"betty"では、また。『法廷遊戯』五十嵐律人

  • Netflix映画「ハーフ・オブ・イット 面白いのはこれから」

    Netflixアメリカの田舎。小遣い稼ぎにクラスメイトの宿題の代筆をする内向的な女の子エリー。男子ポールからラブレターの代筆を頼まれる。アスターは教養があり素敵な女性で、自分の方が好きになってしまい・・・町山智浩氏がラジオで勧めていたので観た。久しぶりにドラマ「ホームランド」を観たら、タリバン、アフガニスタン、ロシアの事がさっぱり訳分からなくなってしまい、言わば、箸休め(味変え?)的な気分で観たらなかなか面白かった。アメリカの田舎のリアル青春物語。笑えて感心した。↓予告編では、また。Netflix映画「ハーフ・オブ・イット面白いのはこれから」

  • 店名にツッコんでください246

    店名にツッコんでください246店名にツッコんでください246

  • 『52ヘルツのくじらたち』町田そのこ

    とてつもなく壮絶で、しかし果てしなく清々しい物語。貴瑚は祖母の住んでいた家に越し一人で暮らすことにした。閉鎖的な大分の町では風俗上がりかとかヤクザに斬り付けられたとか根も葉もない噂を立てられる。たまたま出会った少年は口がきけず、親にムシと呼ばれ虐待されていた。この子を守りたいと思うようになった。「この子からは、自分と同じ匂いがする。親から愛情を注がれていない、孤独な匂い」貴瑚の過去。(以下少しネタバレ)(一番下にさらにネタバレ)21歳、義父の介護だけの人生。母から強制され介護させられていた。そんな人生から抜け出ささせてくれたのはアンさん。友達の会社の先輩。仲良くなり、そして貴瑚を介護人生から脱却させてくれた。しかし...うーむ。今年ナンバーワンかも知れない。虐待のような痛々しい話がトゲのように突き刺さる。しかし...『52ヘルツのくじらたち』町田そのこ

  • 『深夜航路 午前0時からはじまる船旅』清水浩史

    午前0時から3時の間に出航する日本のあちこちの定期航路14を紹介するエッセイ。淡々として癖のない文章が心地よい。乗ったことのあるのは、大洗から苫小牧と、鹿児島から桜島。自分の見たものをこんな風に表現できるとプロの文章になるんだなと納得。瀬戸内海の直島の近く、騙された五人の盲人の伝説、五人宗谷の話が興味深かった。深夜航路:午前0時からはじまる船旅浩史,清水草思社今日の一曲RADWIMPSで、「夏のせい」では、また。『深夜航路午前0時からはじまる船旅』清水浩史

  • Netflixドラマ「梨泰院クラス」

    高校生パク・セロイは転校した日に、いじめをしていたグンウォンを殴る。しかし彼の父親は巨大外食企業長家の会長でセロイの父親の上司チャンだった。父はクビ。自分の店を開こうと奮闘する。(以下軽くネタバレ)しかし、グンウォンの運転する車に轢かれてしまう。復讐のためグンウォンを暴行したセロイは逮捕、刑務所へ。出所後金をためて居酒屋を開く。チャンと息子のグンウォンへの復讐を胸に秘めながら。非常に好みのドラマだった。長大な復讐譚。しかも恨みは深く、なぜ恨むのかよく理解できる。登場人物も素晴らしい。曲がった事が嫌いなパク・セロイ。美人の同級生スアの事がずっと好き。彼女は長家に勤めている。多分彼女がセロイのスパイになって長家を潰すようは話なのだろうと想像していたらそんな単純な話じゃなかった。後にセロイの店で働くことになる女性イソ...Netflixドラマ「梨泰院クラス」

  • 『見仏記2 仏友篇』いとうせいこう みうらじゅん

    みうらじゅんといとうせいこうのおじさん二人による仏像見学の旅、第二弾。相変わらずの高いクオリティ。今回は滋賀や四国、鎌倉、新潟。仏像の目が江波杏子に似てるなどの「仏像表現」も面白いのだが、二人の言動がまた堪らない。なんというか、もっと肩のチカラ抜いて生きていこーと思わせてくれる、ある種の師匠と呼びたい。「ねえ、あれ、板垣の銅像かなあ」とタクシーの窓に鼻をつけて言った。みうらさんは眠そうな声で答えた。「ああ、死すとも?」「あんた、そういう締め方はないでしょう。『笑っていいとも』じゃないんだから。板垣死すともって、偉いことを言った人だよ、相手は」そう叱ったものの、ついみうらさんに呼びかけてしまう。「それじゃ明日、死んでくれるかな?」すると、みうらさんはかったるそうに料手を上げて答えた。「死すともー!」見仏記〈2〉仏...『見仏記2仏友篇』いとうせいこうみうらじゅん

  • 『逆ソクラテス』伊坂幸太郎

    小学生や中学生から見た日々の生活や「事件」を描いた短編集。どの話もやや教訓めいたものがあるのだけれど、それが意外と嫌じゃなかった。「型に嵌めようとするする指導者は多いよ。だって、一番効率的な教育は、型に嵌めることだから」「抽象的な言葉を大声で叫んで怒るのは、独裁者の手法だよ。具体的な理由が分からず、恐怖を与えられると、次からはその人の顔色を窺うしかなくなるから」「バスケの世界では、残り一分を何というか知ってるか?永遠だ」逆ソクラテス(集英社文芸単行本)伊坂幸太郎集英社今日の一曲カシオペアで、"ASAYAKA"では、また。『逆ソクラテス』伊坂幸太郎

  • 『裁きの曠野』C・J・ボックス

    ワイオミング州猟区管理官ジョー・ピケットシリーズ第5弾。広大な土地を所有するオパール・スカーレットが失踪。遺産を狙う息子アーレンとハンクはお互いを攻撃し合う。ジョーの娘シェリダンはハンクの娘ジュリーと仲がよくお泊まりに行きたいと言う。ジョーの家の周囲に動物の遺骸が置かれ、何者かが脅迫しようとしている。そして遠くから殺人鬼がジョーを狙ってやって来た...安定した品質。このシリーズは間違いない。ずっと講談社から出ていたシリーズが、諸般の事情で出なくなってしまったのが、最新作「発火点」は東京創元社から出た。評判がいいので楽しみ。裁きの曠野狩猟区管理官シリーズ(講談社文庫)C.J.ボックス講談社今日の一曲昔。だいぶ昔。弟の車を借りると、オーディオの電源を入れた。カセットテープだったのか、MDだったのか忘れたけれど、弟オ...『裁きの曠野』C・J・ボックス

  • 店名にツッコんでください245

    店名にツッコんでください245店名にツッコんでください245

  • 『コックファイター』チャールズ・ウィルフォード

    フランク・マンスフィールドはアメリカ南部で闘鶏の世界に生きる。そして最優秀闘鶏家賞を取れるまで口をきかないという願を立てた。ハードボイルドな男の明暗は…1962年に書かれ闘鶏の細かい技法や調整法、細かい金勘定をびっしりと伝えてくれる。それが退屈どころかすごく面白く、またフランクの内面もストーリーも良かった。最初はクライムノベルかと思っていたけれど、一応ハードボイルドの範疇に入るかと思う。女性にモテるフランクの女性観もちょっと興味深かった。コックファイター(海外文庫)チャールズ・ウィルフォード扶桑社今日の一曲最近のお気に入り。Blu-Swingで、"sunset"では、また。『コックファイター』チャールズ・ウィルフォード

  • 『女帝 小池百合子』石井妙子

    小池百合子の半生を綿密な取材をもとに描いた力作ドキュメント。エジプト人すらついていけない高レベルの授業のカイロ大学を首席で卒業したというキャッチフレーズで日本のテレビに登場したが、証拠を見る限り卒業すらしていないようだ。以降、特に政治信条もなく時の権力者(細川、小沢、小泉)にすり寄り、そして敵を見つけて攻撃するだけで、参議院議員、衆議院議員、そして都知事にまでなった。一人と人間が冒した愚行を興味深く読むとともに、90年代以降政治がどのように進んでいったかを知る本としてもとても良かった。(彼女のした良い事については書かれていないので、やや偏った評伝かも知れないけれど)「結局、二十五年近く国会議員をしてきて、若狭さんみたいな頼りない政治家未満の人と、野田みたいなチンピラしか小池さんの傍にはいない。しがらみがない、孤...『女帝小池百合子』石井妙子

  • 『マカン・マラン 二十三時の夜食カフェ』古内一絵

    古民家のような一軒家、昼間はダンスファッションの専門店、夜はその人に合わせた料理を出してくれるカフェ。経営者は巨体のドラァグクイーンのシャール。短編集に登場するのは、早期退職の話が出た広告代理店に勤める人。シャールの同級生で中学教師は、偏食生徒に悩む。隠れ家カフェを探すライター。シャールを慕う後輩。料理そのものも美味しそうなのだけれど、悩みの解決の仕方、ストーリー展開がとても良かった。自分の体や体調に合わせた食事ってあまり意識したことないけど、きっと良いものなのだろう。「でも、あなた、さっき自分の見てきたものは錯覚だったんじゃないかって言ってたけどね、世の中なんて、元々全部、その人の錯覚なんじゃないの?」私鉄と地下鉄を乗り継ぎ、さくらは新橋に戻ってきた。夕刻のニュー新橋ビル前の広場は、オヤジでごった返している。...『マカン・マラン二十三時の夜食カフェ』古内一絵

  • 『やわらかい砂の上』寺地はるな

    駒田万智子、24歳。鳥取から大阪に出てきて税理士事務所で働いている。ひょんなことから、ウエディングドレスを作る女性円城寺了子の手伝いも兼務するようになった。内向的で自分の見た目や内面にコンプレックスを持っていた万智子が、了子たちとの出会いを通して少しずつ変わる。男性と付き合ったことがなかったがいいなと思う人が出てきた。しかし…久しぶりに、読み終わりたくない、ずっと続いて欲しいと思った。万智子の融通がきかないが真っ直ぐな性格がいい。丁寧な内面描写がいい。万智子が感じる周囲に対する違和感が大いに納得できるものだったり、あるいは周囲に言われてハッとするようなこともまたこちらもハッとする。「なんで受け流さなあかんの。受け流せないことやから、万智子は何年もずっと覚えていたし、気にしてたんやろ?」早田さんと一緒にいるあいだ...『やわらかい砂の上』寺地はるな

  • 『パパは脳研究者 子どもを育てる脳科学』池谷裕二

    池谷先生に娘が産まれた。彼女を通して、子育てと脳について考えるエッセイ。ためになることが沢山あった。・赤ちゃんに話しかけないと死んでしまう。フリードリヒ二世の実験・IQテストは遺伝的なものだけをテストしようとするもの(知らなかった)・一歳児がベイズ推定を見出す。・記憶力は正確すぎると実用性が低下する。覚えていない部分を想像力で補てんすべし。・「才能のある人」とは反射力を上手に使える人。その場に応じて、瞬発力と即興性を持った合理的な判断ができる。何かに躓いたら、適切なアイデアを出して打開するとか、揉めた時どう発言すれば穏やかに解決できるかを、素早く思いつく。パパは脳研究者子どもを育てる脳科学池谷裕二クレヨンハウス今日の一曲サイダーガールで「メランコリー」では、また。『パパは脳研究者子どもを育てる脳科学』池谷裕二

  • 『早稲女、女、男』柚木麻子

    早稲田の女子学生=早稲女の早乙女香夏子は、身を飾ることに興味がないけど美人でサッパリした性格。留年を続ける生活力のない彼氏長津田とはうまくいっていない。出版社から内定が出ると先輩から交際を申し込まれた。香夏子の高校からの友達や彼氏を取られた人など彼女を巡る連作短編集。早稲田の女はこうこうと決めつける事に若干の違和感を覚えなくもないけれと、話はかなり面白かった。ストレートなラブストーリーとして。裏表がなく本音に生きる香夏子がとても魅力的。彼女に対する女性の嫉妬やコンプレックスが沢山詰め込まれてる。連作としても上手。早稲女、女、男(祥伝社文庫)柚木麻子祥伝社今日の一曲早稲田と言えばやはりこの人。広末涼子で、「MajiでKoiする5秒前」では、また。『早稲女、女、男』柚木麻子

  • 店名にツッコんでください244

    店名にツッコんでください244店名にツッコんでください244

  • 『江戸の長者番付』菅野俊輔

    将軍や町奉行、越後屋、大奥の女中、歌舞伎役者、町人らの収入や暮らしを教えてくれる。金1両を16万2000円を前提にして、徳川吉宗の年収はなんと1294億円、加賀藩前田家も同じぐらい。大岡越前守が2億などなど。とっても面白く読んだ。江戸の長者番付(青春新書インテリジェンス)菅野俊輔青春出版社今日の一曲BOØWYで、"B・BLUE"では、また。『江戸の長者番付』菅野俊輔

カテゴリー一覧
商用