ハンドル名
saayananodaさん
ブログタイトル
中山農園の秘密
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/saayananoda/
ブログ紹介文
横浜市にある農業体験ファーム「中山農園」の野菜作りのノウハウや愛犬などを紹介しています。
自由文
-
更新頻度(1年)

154回 / 148日(平均7.3回/週)

ブログ村参加:2007/03/08

saayananodaさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 04/19 04/18 04/17 04/16 04/15 04/14 全参加数
総合ランキング(IN) 47,817位 47,519位 46,897位 46,618位 46,468位 46,316位 46,319位 957,139サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
OUTポイント 20 40 50 50 50 60 50 320/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
犬ブログ 4,162位 4,181位 4,174位 4,176位 4,204位 4,176位 4,177位 58,418サイト
キャバリア 79位 78位 76位 77位 76位 76位 75位 1,326サイト
PC家電ブログ 278位 273位 275位 275位 265位 257位 262位 6,440サイト
パソコン・周辺機器 53位 50位 53位 53位 53位 52位 51位 1,642サイト
花・園芸ブログ 1,361位 1,368位 1,359位 1,365位 1,365位 1,356位 1,350位 19,358サイト
果樹のみ(家庭菜園) 27位 27位 30位 29位 30位 30位 32位 715サイト
今日 04/19 04/18 04/17 04/16 04/15 04/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 23,390位 23,753位 24,252位 24,733位 25,762位 28,133位 31,191位 957,139サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
OUTポイント 20 40 50 50 50 60 50 320/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
犬ブログ 4,097位 4,100位 4,120位 4,196位 4,330位 4,469位 4,793位 58,418サイト
キャバリア 75位 78位 78位 79位 79位 81位 92位 1,326サイト
PC家電ブログ 148位 147位 153位 152位 169位 177位 197位 6,440サイト
パソコン・周辺機器 17位 18位 20位 20位 22位 24位 27位 1,642サイト
花・園芸ブログ 608位 617位 627位 644位 665位 708位 787位 19,358サイト
果樹のみ(家庭菜園) 8位 8位 8位 9位 9位 10位 10位 715サイト
今日 04/19 04/18 04/17 04/16 04/15 04/14 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 957,139サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
OUTポイント 20 40 50 50 50 60 50 320/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
犬ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 58,418サイト
キャバリア 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,326サイト
PC家電ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 6,440サイト
パソコン・周辺機器 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,642サイト
花・園芸ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 19,358サイト
果樹のみ(家庭菜園) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 715サイト

saayananodaさんのブログ記事

  • 堆肥置場の囲い作り

    ●今週末の農作業は以下の通り。・2回目の消毒(ニンニク)・追肥(スナップエンドウ)・堆肥置場の囲い作り・敷き均し、黒マルチ(キュウリ)・片付け、耕耘(ナバナ、春菊)・収穫(春菊、カキナ、ナバナ、ワケギ)(出来なかったこと)・防草シート・ボカシ肥、乾燥、保管●牛糞堆肥をトラックから下ろす時に、段差により勢いがついて周囲に広がってしまう。毎回、それをスコップで集めるのだが、これが結構な重労働だった。我々もそう若くはない。メンバーは70歳代1名、60歳代2名、50歳代3名で、50歳代の人だけにこの作業を押し付ける訳にはいかない。●そこで、堆肥置場に囲いを作って堆肥が拡散しないようにした。これまでは資材がなかったが、幸いな事に小屋を改造(解体)する時にベニヤ板などが沢山出たので、それを使える。ということで、これが出来る...堆肥置場の囲い作り

  • 犯人は・・・

    ●今秋の大澤農園の農作業は次のとおり。・マルチ張り(枝豆)●いつもどおりに、まず足踏みをしてからレーキで敷均し、メジャーで測量しながら畝の4隅にポールを立てた。畝幅は70cmで通路は50cmで統一。全部で30m程だから25畝になる。一期目とポール立ては最初の半分を私が、残りをK川さんがやった。●変わって直ぐにK川さんが疑問を呈した。「あれぇー、おかしいなぁ・・・」どうしたんですか?「70+50だから偶数で終わるはずだけど奇数になる」●確かに言われるとおりだ。きっと、K川さんが途中で間違ったんだろう。最後にポールを立てた位置から遡って確認していくと・・・間違っていたのは私だった!嗚呼・・・犯人は・・・

  • ドリルのバッテリー

    ●長尺物を保管するための資材置場の棚が2段では足りないので、下の段を下げて真ん中にもう1段増設した・・・と書きたいのだが、単管も継ぎ手も足りない。資材は山下グループで調達してもらうことになっているので、棚の一を確認するためと不足数を把握するために横パイプを仮設置した。●手前の横パイプが終わり奥の方を付けようとしたら、G津さん所有のドリルのバッテリーが無くなった。古くなってバッテリー能力が低下しているようだ。「予備バッテリーを持ってる人が多いみたいだよ」とH田さん。まだ今後もドリルを使うようなら会費で予備バッテリーを買おうかな?ドリルのバッテリー

  • 1束50円のネギの現在

    ●11月にスーパーのお買得コーナーで1束50円で買った万能ネギの葉を食べた残りをプランターで植えていたのが、こんなに大きくなった。密集気味のため、半分を新たなプランターに移し替えた。これでもう少し大きく育ててから・・・どうしよう。ワケギのように、また同じことを繰り返そうか?1束50円のネギの現在

  • ネギの種を蒔いた

    ●予定より1週間ほど遅れたが、4種類のネギの種を蒔いた。今年の種類は一本ネギが2種類、分けつネギが2種類で品種は南側から次のとおり。・根深一本ねぎ・石倉一本太ネギ・汐止めネギ・九条太ネギ●草取りをサボると大澤農園のように草に負けてしまうので、マメに草取りと追肥が必要だ。数ヶ月ほどしたら植え替えをするのだが、今年も上手く育ってくれるだろうか?ネギの種を蒔いた

  • 犯人はネズミ?

    ●既報の通りキャベツが齧られていたので全て収穫することにした。まだ、少し小さくて成長できるのもあったが仕方ない。●誰かが藁の近くでネズミを見たという。藁に残っているコメを餌にしているのではないかとのことだった。もし、ネズミがキャベツの犯人だとしたら全部収穫して正解だ。犯人はネズミ?

  • ボカシ肥を作ってから1ヶ月

    ●2月下旬にボカシ肥を作ってから約1ヶ月が過ぎた。毎週、散水してかき混ぜているが1週間後に見られた白カビが出ない。●おかしいなあと思って調べ直すと・・・「楽して儲かる農業見つけた」というサイトに次にように書いてあった。『食品を好気醗酵して有機物を分解するとしたら、どんな物でも1ヶ月が目安になる』そう言えば、大規模な下水処理場は早く分解させるために好気性だった。●前回は、毎週かき混ぜれば数ヶ月後には出来上がりと書いたが、それは嫌気性発酵で好気性発酵の場合は1ヶ月で出来るようだ。ということは、既に発酵済みということか・・・後はベニヤ板の上に広げて乾燥させるだけだな。ボカシ肥を作ってから1ヶ月

  • 土壌改良資材 ユーキフルペレット

    ●こんなの初めてみるなぁと思っていたら、大澤さんも初めて使うと言ったのがユーキフルペレット。使うのに手間がかかる牛糞堆肥の代わりに使うのだそうだ。ただ、20kg入り1袋が3千円と化成肥料並みの値段がネックだとか。●本当に効果があるのかを確認するためには、畑の半分をこれにして残りを堆肥にして比較する必要がある。さらに、評価項目を何にするかも決めないといけない。散布前後にpHや電気伝導度を測るとか・・・マメな大澤さんも流石にそこまでやろうとは言わなかった。土壌改良資材ユーキフルペレット

  • ああ勿体無い

    ●今秋の大澤農園の農作業は次のとおり。・鳥除け紐の取付(ソラマメ、スナップエンドウ)・除草(同上、旧中山農園)・片付け(キャベツ、ロマネスコ)・施肥、耕耘●キャベツとロマネスコの片付けをした。キャベツは取り残しが10数個残っていて山分けしたのだが、ロマネスコの方は大部分が未収穫のまま蕾が開いていた。引き抜きながら、みんな口々に「勿体無い、ああ勿体無い」●中山農園のロマネスコも成長が遅くて最後の日にようやく小さめのが収穫できたのだが、大澤農園ではほぼ完全に忘れられて本当に勿体無いことをしてしまった。1ヶ月前なら丁度良い大きさだっただろうに・・・ああ勿体無い

  • 畝の測量し直し

    ●今週末の農作業は以下の通り。・3回目の追肥(玉ネギ)・播種、不織布(ネギ4種)・2列目の播種、不織布掛け(レタスミックス)・支柱棚の横棒増設・畝の測量し直し・敷地境に紐張り・収穫(春菊、カキナ、ナバナ、ワケギ、春キャベツは全て収穫)(出来なかったこと)・2回目の消毒(ニンニク)→アミスター・残渣置場の囲い作り・防草シート張り・ボカシ肥、かき混ぜ●雨天のため作業時間を1時間ずらして開始したが、しとしと雨はなかなか止まずやり残しが沢山出てしまった。●栽培計画と実際の畝にずれがあったので、測量しなおした。畝幅70cm、通路50cmにしているのだが、やはり去年スイカを作っていた11番の畝辺りから少しずつずれていた。●それ以降は既にニンニクや玉ネギが植わっているため、それらを収穫する5月〜6月までは動かすことが出来ない...畝の測量し直し

  • キャベツが齧られた

    ●昨日、池辺農園へ行ったら先週末とは別のキャベツが何者かに齧られていた。畝の周囲を回って観察したが、ネットに潜り込んだ形跡はない。●先週の1個目の時には穴あきのビニールトンネルをしていたので、ひょっとしたら小さな鳥が中に入ったのかもしれないというのがN田さんの推理だった。実際、N田さんが借りている別の畑ではトンネルの中に入って出られなくなってしまった鳥を目撃したそうだ。一体、犯人はどんな動物なんだろう・・・キャベツが齧られた

  • 2回目のワケギ収穫

    ●2回目のワケギ収穫をした。1周間で10cmほど伸びていた。●ワケギは収穫後、根元に牛糞堆肥を一掴みほど乗せておく。そうすると次の葉が伸びてきて数階収穫できる、なかなか大阪人好みの野菜だ。ねぎを全部取り終わった後に重宝している。2回目のワケギ収穫

  • バジルなどの再播種

    ●バジルやパセリなどの種が発芽しないので、種袋を見たら発芽時期は15〜20度と書いてあった。まだ少し早過ぎたか?でも、念の為にもう一度種を蒔いてラベルを付けておいた。今週は気温が上がるので期待できそうだ。バジルなどの再播種

  • 姿勢測定

    ●横浜市のスポーツセンターで姿勢測定をしてもらった。ここ数ヶ月ほど、左肩が痛くて整形外科へ行ったり、整骨院に通ったりしていたのだが完治しない。TVを見ていたら筋膜リリースで改善できるというので、やってみたがやはりダメだった。ひょっとしたら体に歪みがあり、それが原因で筋肉が凝っているのでは無いかと思い、たまたま見つけた測定を申し込んだ。●腰、膝、足首にマーカー(目印)をつけ、正確に両足の位置決めをした後で、横向き・正面・屈位姿勢で写真を撮る。そのデータをコンピュータで解析したら終了。この間、10分ほど。●やはり、体に歪みがあった。腰骨が斜めになっていて、その反対方向へ両肩が傾いていた。さらに、片方の膝が内向きになっていた。それらが数cm単位で表示され、真っ直ぐにするにはどのようにすれば良いかのアドバイスの受けられ...姿勢測定

  • 春キャベツを初収穫

    ●暖かくなってきたので春キャベツのビニールトンネルを外した。押して硬ければ収穫時、確認すると充分な固さだったのでこの日は1人1個ずつの6個だけ初収穫。●それはいいのだが・・・1個だけ何者かに喰われていた。去年もヤラれたと言ったらG津さんが「一昨年でしょ」と言う。そうだったかなぁ・・・●確認すると・・・やはり、去年のことだった。https://blog.goo.ne.jp/saayananoda/e/c937dd9a24ec8ae7eda4c0d43efb2a03ただ、G津さんの名誉のために言うと、一昨年もやられていた。https://blog.goo.ne.jp/saayananoda/e/5e9d44d6bf5755120868e7f711723edcさらに遡ってみると、3年前にも・・・https://blo...春キャベツを初収穫

  • 海外旅行の相談

    ●夕食前で腹が減っている時にスマホの電話がなり、嫌な予感がした。経験から電話のベルが鳴ると碌な事がない。予感が的中した。同じ会社で務めていた先輩U村さんからだった。A岡さんと同じで話が長いのだ。こちらは腹が減っているのに・・・●用件は、海外旅行を計画しているがお金をどうすればよいかだった。ヨーロッパの田舎へ行くとクレジットカードが使えないことが多いので、少しの現金とATMでお金を下ろすことを薦めた。大金を持ち歩くとスリに狙われたり紛失したりする危険性があるので、違う種類のクレジットカード2枚と国際キャッシュカード1枚を持っていくことを薦めた。●次に航空券の買い方だが、これはスカイスキャナーなどのチケット情報サービスを利用すること。スカイスキャナーでは、利用月と目的地を入力して登録すると、毎日のように価格変動をメ...海外旅行の相談

  • 飲み会

    ●先週は飲み会が重なった。送別会の前は池辺農園10周年、その前は元いた会社の飲み会。会社の飲み会はオッサンばかりのため気が進まなかったが、今回は久し振りに会う人が来るというので参加した。●大阪時代に一緒だったのでかれこれ20数年ぶりになる。「今何してるんですか?」「去年まで働いてました。今年で72歳ですよ」「ええー?若いなぁ!」「どこで働いていたんですか?」「研究所です」「ああ、隔離病棟ね」●先輩だけど失礼なことを言える仲だ(と自分では思っている)。それから、昨年亡くなった同僚の話や、仙台・神戸・宮城沖地震の時にどこにいて何をしていたなど、話が盛り上がった。●幹事のA岡さんから、各々不要なものを人数分持ってくるようにと言われていたので、考えて余り種と土をポットに入れて持って行ったのだが、他に持ってきたのは幹事だ...飲み会

  • 悪循環

    ●今日の農作業は以下の通り。・資材の整理・支柱立て、ネット張り(スナップエンドウ)・ボカシ肥、かき混ぜ・トンネルビニール外し(ダイコン)・追肥、中耕(春キャベツ)・収穫(春菊、カキナ、ナバナ、ワケギ、春キャベツ)(出来なかったこと)・支柱などを資材置場へ・堆肥置場と残渣置場の囲い作り・畝幅の測量し直し・播種、不織布(ネギ4種)・2列目の播種、不織布掛け(レタスミックス)・敷地境に紐張り●人数が少なかったのとスナップエンドウのネット張りに以外と手間がかかったため、出来なかったことが多くなってしまった。●そのネット張りだが、支柱を立てる地面が通路のためか固くて深く挿せない。その結果、先端が高くなる→手が届かない→作業性が悪くなり、時間がかかるという悪循環。フー・・・既に白い花が咲いていた。悪循環

  • 除草、除草、除草!

    ●今日の大澤農園の農作業は以下のとおり。・古いダイコンの片付け、除草、耕耘・新しいダイコンのトンネル外し、除草・ホウレンソウ、小松菜の不織布外し●ダイコン畑の除草にて間取り、予定していた玉ネギの追肥が出来なかった。何故手間取ったかというと、昨年の台風で防草シートが剥がれてしまったのが原因。●私はスペインを歩いていたので全く覚えはないのだが、どうしてシートをかけ直して置かなかったのか。そうしておけば、こんなに苦労しなくても良かったのに。でも、結果的に防草シートの効果が良く分かった1日だった。除草、除草、除草!

  • 春の悩み

    ●春夏野菜の栽培計画を立てていて、畝数がおかしいことに気付いた。去年まで20畝しかないのに、今年は21畝に増えているのだ。うーん・・・●こういう時には現場へ行け、だ。畑で北側から順番に写真を撮ってみると・・・1〜17までは良いのだが、それ以降が怪しい。●上の図をじっくり眺めて気がついた、去年まではスイカを植えていて、この畝だけが例外で1.5〜2倍の幅があったのだった。今年はスイカを作らないから、その分余ったのが原因だな。●さらに、畝幅は70cm、通路は50cmで統一しているのだが(標準化が大事)前々回に撤去した茎ブロッコリーの畝幅が狭い。ダンポールの長さ70cm(これも統一している)+20cmしかない。今週末は測量のし直しをしなきゃ。春の悩み

  • チキンラーメンまんじゅう

    ●送別会で開けたのは、先日、カップヌードル・ミュージアムで買ってきたお土産。饅頭なんだけどデザインが可愛くて・・・●しかも、裏側を見るとこんな注意が書いてあった。「まんじゅうなので丼鉢に入れてお湯をかけてはいけない」チキンラーメンまんじゅう

  • 2度目のイタリアン

    ●家内の甥一家が転勤で引っ越すことになったので、この前に行ったイタリアン・レストランで送別会をした。同じく都内に住んでいる甥の兄一家と合わせて大人7人、子供4人。決して子連れ向きの店ではないが、店長に事前に了解をもらっていた。大騒ぎにならないか心配したが、親の躾が行き届いていてホッとした。お行儀よく?靴が脱いであった。●引越し先は信州松本。信州大学があって良い所らしい。でも、レオパレス事件の余波で引越し業者が全然決まらず、仕方ないので段ボール箱を買って荷造りを始めているという。とんだトバッチリだ。●レオパレスの前はスルガ銀行、その前は都筑区にある三井不動産のマンション。不動産関係は次々と問題が明らかになる。氷山の一角か・・・2度目のイタリアン

  • レーキの修理

    ●以前からレーキの柄が腐って外れてしまい修理できなくて困っていたが、捨てるのが惜しくてそのまま保管していたのがあった。昔ならボルト・ナットで固定されていたのが、最近は作る手間を省くためか、それともユーザーに修理させないで買い換えさせようと言う魂胆か、リベットでかしめてある。ボルトなら腐った部分を切り取って再利用できるのに・・・●そう思っていたら、Y崎さんが「これ、修理してきましょうか」と言って持って帰って、その日のうちに治してくれた。●この前は倉庫の扉がギクシャクする原因は車輪の軸が曲がっている為だとこれも修理してくれたし、その前は耕耘機も整備してくれた。何と便利な男なんだ。●宴会の時にどんな仕事をしているのかと聞いたら、機械関係の設計だという。なるほど・・・便利な人が仲間になってくれて良かった。レーキの修理

  • 池辺農園10周年記念懇親会

    ●昨夜は中山農園グループと山下農園グループの合同で池辺農園10周年記念懇親会があった。あれからもう10年も経つのか・・・と感慨にふけったが、良く聞くと始めたのは10年前のGWだったのでまだ10年経っていない。でも、年寄りは待てないのだ。●宴会前に来賓の大澤さんから4つのお願いがあった。一つやさしく愛して二つわがまま言わせて・・・なら、ちあきなおみだが、大澤さんのお願いはそんなに色っぽくはない。●その内の一つが、中山農園から運んだ倉庫と改修した小屋が農地に当たらないと国税庁が判断した場合には、即刻、どこかへ移動して欲しいというもの。これは前から聞いていたが、左の耳から右の耳へ抜けていて、具体的にどこへ運ぶかは全然考えてもいなかった。山下農園の人達と酒を飲みながら頭をひねったが良い案が思い浮かばない。●で、また改め...池辺農園10周年記念懇親会

  • 小屋の改造、棚作り

    ●今日の農作業は以下の通り。・小屋の改造、棚作り・ボカシ肥、かき混ぜ・追肥、中耕(春菊、カキナ)・主枝の摘芯(カキナ)・不織布掛け(レタスミックスの畝)・ネギ跡地の施肥、耕耘・収穫(春菊、カキナ、ナバナ、ワケギ、フキノトウ)・マルチの在庫確認●小屋を改造して長尺物を収容するための棚を作った。当初計画では、ここの畑を借りている4つのグループ毎に各々4つずつの棚を作る予定であったが、資材不足もあり2段にして共有することになった。勿論、資材も共有である。●組み立てていたG津さんから「長尺物だけなら棚板は要らないんじゃないの?」という質問が出た。道具箱を置いたりするかもしれないので1段だけでも板を乗せたいと返事をしたが・・・●試しに幅90cmの板を入れようとすると板幅が大き過ぎるため板を切るか、組み上げた単管をずらして...小屋の改造、棚作り

  • ガスの火が・・・

    ●週に数回、家内が外出する日は私が夕食を作っている。この日は名古屋味噌を使ったおでん。これは簡単で美味しくて気に入っている。●そこまでは良かった。ガスレンジで温めなおした鍋を食卓に持っていき、食べようとした時にしゃもじを忘れたので家内が台所へ取りに行った。その時にガスの火を止めていないことに気付いた。嗚呼・・・●亡母もそうだった。薬缶で湯を沸かしていることをすっかり忘れて、水を蒸発させたことがあった。歴史は繰り返す・・・だ。危ない危ない。ガスの火が・・・

  • ソラマメにアブラムシ

    ●今朝起きたら体が筋肉痛だった。大澤さんは腰が痛かったらしい。それもこれも昨日の牛糞堆肥運搬のせいだ。軽そうに見えて意外と重かった。●さて、今日の大澤農園は昨日の続きのスナップエンドウのネット掛けとソラマメの転倒防止ロープ張り。ソラマメの腐食を剥がしたら早くもアブラムシが集っていた。一体どこから侵入したんだ。ソラマメにアブラムシ

  • スナップエンドウ用のネットが見当たらない

    ●今日の大澤農園の農作業は以下のとおり。・旧中山農園の堆肥を池辺へ運搬、散布・スナップエンドウの追肥、ネット掛け●日曜日にホームセンターへスナップエンドウ用のネット(実際にはキュウリ用)を買いに行ったのだが、2軒とも売り切れていた。さらに昨日も宮前平へ行ったついでに駅前の別のホームセンターへ行っても欲しいサイズがなかった。一体、誰が買い占めているんだ、こんなもの・・・●今日、大澤農園のネット掛けをした時に大澤さんが言った。「このネット、農協で最後のだったんですよ、ラッキー!」私をアンラッキーにした犯人を見つけた。スナップエンドウ用のネットが見当たらない

  • シャッターが開かなくなった

    ●リビングのシャッターが開かなくなった。よく見ると片側は数cmほど上がっている。扉の内側中央にあるストッパーのレバー操作で空けるのだが、そこから左右に伸びている棒の片側が上手く作動していないようだ。●ネットで検索しても詳しい修理方法は載っていなかった。仕方がないのでハウスメーカへ修理を依頼したら数日後に三和シャッターの人が来た。状態を見る前にその方が言った。「これ、ウチの製品じゃないので修理できません」●製造年度によってメーカーが変わるので時々、ハウスメーカが間違うのだそうだ。「でも、暗いと不便でしょ」と言って、横側のパネルを開けてシャッターを開けてくれた。しかし、修理ができないと閉まらないので用心が悪い。●それから1週間後に文化シヤッターから修理に来てくれた。やはりストッパーのレバーが壊れていて交換して、さら...シャッターが開かなくなった

  • ボカシ肥、1週間後の様子

    ●先週、作ったボカシ肥の様子を見たら白カビと青カビが付いていた。白カビは有機物を分解して肥料にしてくれるのだが、青カビは臭い臭いを出すので除去。水を追加して混ぜて蓋をしておいた。●好気性発酵はこれを毎週繰り返す必要があるのだが、空気を入れずに密封する嫌気性発酵なら手間は省けるらしい。しかし、適当な容器がないので仕方がない。ボカシ肥、1週間後の様子