chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
夢見
フォロー
住所
兵庫県
出身
福岡県
ブログ村参加

2007/01/15

1件〜100件

  • 堂場瞬一著「悪の包囲 ラストライン5」 (文春文庫)

    悪の包囲ラストライン5(文春文庫)堂場瞬一文藝春秋54歳の刑事の岩倉剛には実に20才年下の女優の恋人の赤沢実里(あかざわみのり)がいるまだ一緒には暮らしていない物語は岩倉が情報源にもしている元刑事の平野明彦の店から始まる記憶力が異常に良い岩倉について研究したいとしつこく言っていたサイバー犯罪対作課の福沢が殺されたと連絡が入る誰に殺されたのか調べていくと福沢と繋がりある記者の塩山も姿を消しているとわかる尾行され襲撃を受け負傷する岩倉塩山の恋人も襲われ一緒にいた女性刑事も負傷同じ著者の別シリーズの主人公や常連登場人物も顔を見せるかつて岩倉が関わった組織が絡んだ事件であることが分かってくる狙われていたのは岩倉だった組織の親玉の姿は見えないまだ完全に安心できる日々は戻っていないのだ堂場瞬一著「悪の包囲ラストライン5」(文春文庫)

  • 熱闘 試合も残り少なく

    甲子園高校野球の試合結果愛工大名電(愛知県)2-6仙台育英(宮城県)高松商(香川県)6-7近江(滋賀県)大阪桐蔭(大阪府)4-5下関国際(山口県)聖光学院(福島県)10-5九州学院(熊本県)準決勝8月20日仙台育英(宮城県)聖光学院(福島県)近江(滋賀県)下関国際(山口県)どこが優勝するのかは全く読めませんただ敗れた学校が去っていく姿は寂しくもあります頂点に立つはただ一校熱闘試合も残り少なく

  • 百田尚樹著「野良犬の値段」上・下巻 (幻冬舎文庫)

    野良犬の値段(上)(幻冬舎文庫ひ16-10)百田尚樹幻冬舎野良犬の値段(下)(幻冬舎文庫ひ16-11)百田尚樹幻冬舎野良犬の値段百田尚樹幻冬舎ツィッターが趣味の佐野はあるサイトを見つけ注目される快感を覚えその誘拐サイトの関係者のようなツィートを繰り返す誘拐サイトが行う実験彼らの本当の目的とはー誘拐された人質はホームレスたち裕福な親戚もいない彼らがどうして「人質」となり得るのか誘拐犯が身代金を要求したのは大新聞にテレビ局当然のように請求された側は支払を拒む人質が一人殺された続いて二人目もやがて読者には犯人側の正体も事情も明かされる警察の捜査は何処まで彼らに及ぶかそして恨まれているマスコミ側は犯人の人生にどう影響を与えていたのか全てが終わって退職した一人の刑事が犯人にたどり着く刑事でなく一人の人間に戻った男は...百田尚樹著「野良犬の値段」上・下巻(幻冬舎文庫)

  • ふるさとは 父の教へる 祖母の味

    お盆に故郷まで墓参りに行った知人からお土産を頂いた美味しいお豆腐なのでまずは冷ややっこでいただこうかなと取り敢えずお昼は焼きそば夕飯にはいきなり団子熊本県出身の亡き父が時々作ってくれたのは皮をむいて輪切りにしたサツマイモを耳たぶ状の柔らかさの薄力粉の皮で包んだものこれを鰹節たっぷりの出汁に醤油で味付けした汁で煮る後年サツマイモと餡子を包んだのがいきなり団子として熊本名物なのだと知りましたが父の母はこのサツマイモを包んだ団子を入れた汁物を「いきなり団子」と呼んでいたと父が作ってくれていたいきなり団子は私とおばあちゃんをつなぐ味でもあります団子を包む衣が余ると父はそれでうどんに仕立てたりしていました父が父の母を偲んで作っていた料理を思い出しながら時々材料を買いに行きます鰯の団子だったり魚の煮つけだったりイカ飯...ふるさとは父の教へる祖母の味

  • ーとある想い出

    長男の北海道土産の夕張メロンが届きましたこれは「空港で買った」そう丁度15日が食べごろと表示ありお昼にいただくことに♪保存方法は常温ででないとメロンが成長しないからーとあり食べる数時間前に冷やしてほしい説明書も懇切丁寧初心者でも安心?!なさて夕張メロン現在でこそ一般的になりましたが私が初めて食べたのは20代「すかいらーく」ででした(ーここで注意事項〇十年前の話しだ?!とつっこんではいけない計算してもいけない・爆)わ♪なんて美味しいんだーと感動した覚えがあります以来すかいらーくに入るたびにある間はこれを食べていました当時メロンは青色果肉のものが主流で赤色果肉のメロンは珍しかったんです昨今は赤色果肉メロンを栽培する地域は増えておりますが先日も青森県産で赤色果肉メロンがありましたとね年寄りの昔話でした・笑まあな...ーとある想い出

  • 堂場瞬一著「宴の前」 (集英社文庫)

    宴の前(集英社文庫)堂場瞬一集英社五輪にて銅メダルをとった経験ある中司涼子は衰える出身県を憂い県知事選に立候補する経験ある選挙ブレーン同じ出身校の人間達の応援もあり選挙は有利に進んでいく一方引退を決めた現職知事の安川は後継者選びに苦慮していた自身の後継者として選んだ副知事にイマイチこう響かないものを感じていたがその副知事が急死する最初に声かけた男は既婚者との不倫ーつまりW不倫をしているとういう瑕があった二人目もある事情から出馬を断念これといった候補者がおらず安川は自身が出馬することを決意安川が不正に関与していたという記事も出てそれは逆風かと思えたが選挙後凉子を認める安川からある提案がなされるそれに対して凉子はー解説はノンフィクションライターの松本創(はじめ)さん堂場瞬一著「宴の前」(集英社文庫)

  • お盆二日目

    焚き込みご飯仏壇にも御供えをお昼はナポリタンとサラダ長男が宿泊したホテル「グリーンピア大沼」で買って送った土産品その1が届きました殻付き牡蠣(1袋に10個入っていました)といか飯水洗いした牡蠣の殻の縁を料理はさみで切り耐熱皿に並べ電子レンジ500Wで8分手を切らないように軍手をはめて殻の端に尖ったものをさしいれこじ開けて殻を一枚外して食べやすく甲子園高校野球の試合結果横浜(神奈川県)2-3聖光学院(福島県)二松学舎大付⦅東東京)7-5社⦅兵庫県)大阪桐蔭(大阪府)19-0聖望学園(埼玉県)お盆二日目

  • 虫の声 静かに響く 夜優し

    盆・正月にはせめて生臭モノは食べないようにしていた亡き父(父の父ーつまり私のおじいちゃんはとても信心深くお寺さんの話も聞きに出向く人であったと)完全にはできないけれど鶏肉と魚介類はいいーなんて自分なりの大甘目ルールで料理しています夕飯から酒・すりおろした生姜・味醂・醤油のタレに漬けこんでおいた鶏肉に溶き卵を揉み込み小麦粉をまぶしてから揚げたもの鶏肉の下には野菜サラダきんぴら牛蒡南瓜と平天の煮たのハム・干椎茸・人参・海老・グリンピースに溶き卵を流し込んだスープ旅先では飲む機会がなかったからと長男が買ってきた大沼ビール甲子園高校野球の試合結果有田工(佐賀県)3-5浜田(島根県)九州学院(熊本県)14-4帝京五(愛媛県)智辯和歌山(和歌山県)3-5国学院栃木(栃木県)敦賀気比(福井県)8-6市船橋(千葉県)虫の声静かに響く夜優し

  • ーとある ささやかな猫達の攻防

    長男の姿に転がりながら器用に体を動かしすり寄っていく瑠奈さん遂に長男の足にたどり着くと歓喜のころころの速度が激しくなるそういう瑠奈とは逆にたとえ荷物を置かれてもいつも長男が座る椅子の隣で待機の麦丸ひとしきり足で瑠奈に構った長男は椅子に座る隣の椅子に控える麦丸に対抗するかのように瑠奈は座った長男の胸の上にへばりついた「お兄ちゃんの傍にいるのは私御寵愛は渡さないわ」と言いたげに敗北した麦丸は台所にいる私の足元にやってきたーとあるささやかな猫達の攻防

  • 暑い日も 仏壇ばかりは 涼しそう

    いよいよお盆ーってことで御供えの果物を姑の家の仏壇に置いてきました仏壇の中の皿には梨の幸水胡瓜と茄子も置いて(手抜きで足は爪楊枝・笑)御供えの果物はメロンとシャインマスカット主人に届けたおかずから豚肉の生姜焼きとロールチキン自宅も同じように胡瓜の馬と茄子の牛を置いて蓮の蕾が欲しかったのだけど手に入らず適当に選んで買ってきたお花予定通り長男が無事に帰宅持ち帰ったお土産からあと残りは宅配便にて送ったそうな何を買ってきたのやら宿泊したホテルの食事が良かったそうです朝食バイキングここぞとばかりに連日海鮮丼を食べまくったそうな参加者全員にてジンギスカンもそりゃあとっても美味しかったそうです長男が座る足元から離れない瑠奈甲子園高校野球の試合結果明豊(大分県)7-5一関学院(岩手県)八戸学院光星(青森県)5-6愛工大名...暑い日も仏壇ばかりは涼しそう

  • お供えも 自分の食い意地で 選びます・笑

    仏壇の中の皿には梨(福岡県産)幸水を置き別にお供えとして小玉スイカとメロンを買ってきましたこれ「ピノ・ガール」タネまで食べられるスイカタネを小さく品種改良したマイクロシード・スイカですーとあります中がどうなっているのかお供えからさげて食べる日が楽しみです甲子園高校野球の試合結果仙台育英(宮城県)10-0鳥取商(鳥取県)高松商(香川県)14-4佐久長聖⦅長野県)明徳義塾(高知県)1-2九州国際大付⦅福岡県)下関国際(山口県5-0富島(宮崎県)お供えも自分の食い意地で選びます・笑

  • 信じてる 僕らは待つんだ 待つんだよ

    明日は帰宅するのだけれど長男が「因数方程式論サマーセミナー」なるものに参加し数日不在そこでお兄ちゃん帰宅待ちの猫達昼の間いつもなら長男が居る椅子の隣に居座り麦丸朝になると長男が起きてこないかと迎えに行くもその姿はないそれでもひたすら待っている瑠奈は洋間のソファーの上にほぼ一日帰宅の呼び鈴が鳴れば玄関にすぐ迎えに出られる場所で待機いつか帰ってくるお兄ちゃんの姿が見られるーと待ち続けている外の犬達は長男が居れば庭に運動に出る夕方頃はずっと庭に出る窓の前でたむろ暗くなってもマリーは長男が遊んでくれると信じて窓の前を離れないいいんだお前達どうせ私はお前達には慕われていないよーとひがみたくなるのでした・笑信じてる僕らは待つんだ待つんだよ

  • 薄紅き 無花果の実の 甘きこと

    昼に来客の予定があるので朝一番に庭の水撒き犬の飲み水入れ替えざざっと庭掃除見つけた無花果をもいで幾つかは自分が食べて比較的綺麗なのを仏壇にお供え奥様がご病気になられたりして閉店した近所の花屋さんがお店の裏でいちじく園もなさっていて朝とれ無花果を売っておられたのを思い出しました美味しかったので競争率高くって午前中に行かないとたいてい売り切れ花屋さんに寄って買えた時は嬉しかったものですその頃花屋さんの御主人も汗かきながら無花果をもいでおられたのだろうなと花屋さんといちじく園が無くなった跡地には大きなスーパーができていますやがては花屋さんがあったことすら忘れられていくのかもしれませんまあそんなこんなで汗をかき服もそこそこ濡れたのでまだ化粧してなかったのを良い事に朝シャワーしましたついでに浴室お掃除汗をかいてもシ...薄紅き無花果の実の甘きこと

  • 暑さは猛き夏の日々

    以前なら一度に私の方と主人の方と二か所の墓地のことは一日で済ませていたのですがこの暑さーー;昨日は私の方のお墓で暑さに根性尽きて(もともと根性なしですし)今日は主人の方の代々のお墓掃除に行ってきました姑の家にも寄って仏壇用のお花を届けてこちらも同じように玄関の下駄箱の上に鬼灯を置いて仏壇横の棚にお供えを少し置いて仏壇におまいりして次は12日に果物なども置こうと思っています帰りに叔母に電話したら居るよーとのことで祖母にも御供えのお菓子と果物を届けてきました叔母へのお土産に買ったのはスーパーのお惣菜3種類と持ち帰りできるうどん屋さんの冷たいぶっかけうどんと天麩羅(揚げ立て海老と烏賊♪)マグドのハンバーガー・フライドポテト・チキンナゲット・期間限定ドリンク2種類(叔母はジャンクフードが大好きなのですが叔父は嫌い...暑さは猛き夏の日々

  • 色形(いろかたち) 童心誘う ほおずきよ

    子供の用事で出かけないといけないことあって出たついでに両親の墓掃除してきました霊苑は道路が狭いので混雑する時期を避けようと思ってついでに鬼灯も買ってきて迎え火代わりに玄関の下駄箱の上に鬼灯一つ掌に乗せ紙風船のようにひい・ふう・みーと投げ上げ遊びしたくなります(さすがにやりませんけれど・・・ね・笑)甲子園高校野球の試合結果海星(長崎県)11-0日本文理(新潟県)天理(奈良県)2-1山梨学院(山梨県)敦賀気比(福井県)13-3高岡商(富山県)興南(沖縄県)5-6市船橋(千葉県)色形(いろかたち)童心誘うほおずきよ

  • 雷鳴る日が増えています

    このところ毎日雷が鳴る音を聞いているような気がします午前1時を過ぎたあたり割と盛大に鳴っていましたそして雨も降ったようおかげで朝の庭はちょっとだけ涼しかったです暑いので日に幾度も台所に立ちたくない!食後の片付けついでに思い付いているおかずは大体仕上げておく使う材料を切っておいたり策や水に漬けておいた小豆を朝食用意の傍ら煮ておいた小豆が煮える間に南瓜を切っておくパックの細い鰹節・砂糖・醤油・味醂で味付けして南瓜を加えて煮る南瓜と小豆のいとこ煮小豆が食べたくなると作るおかずです使用したのはストウブの鍋じっくり煮たい料理に適した鍋です宇和島の安岡蒲鉾店の「じゃこつみれ」を使ってお吸い物牛蒡のささがき(近所で冷凍食品あり便利)・人参の細切り・葱を加えて昆布と細い鰹節・酒・味醂・醤油・味の素を入れています使い回しの...雷鳴る日が増えています

  • 「若林美樹傑作選」(メディアックス)

    若林美樹傑作選2022年09月号[雑誌]メディアックス絵柄と作風が好きで作品が掲載されたりすると買ってしまう漫画家さんの一人です「花ざかりのマーチ」挙式前日に死んだ婚約者両親が亡くなり親戚に厄介者と思われて育ちやっと得られそうだった家族婚約者の祖母のミドリがオーナーの店で婚約者の姪のルリと共にマチコは家族のように暮らしている死んだ婚約者が店(花屋)を頼むと言ったから女三人それなりの気楽な暮らしには終止符が打たれることにルリの母美咲子が遺産相続の分け前を現金で寄越せと弁護士立てて言ってきたのだ3000万円・・・・・店を続けたきゃ作らないといけないしかしそうそう金持っていそうな男との出会いなんてーだが出会いはあってもマチコさん他の女との結婚を勧めたり機会に乗じきれないそんなマチコが気になる弁護士の神崎水ぶっか...「若林美樹傑作選」(メディアックス)

  • 今夜は月が綺麗です

    朝食片付けの後溶き卵・蜂蜜・牛乳・バニラエッセンス入れた袋の中に漬けて置いた昼食用のパンあとはオーブントースターで焼くだけフライパンにオリーブ油入れて薄切りした南瓜・さつまいも・ズッキーニ・ピーマンなど入れて蓋して蒸し焼き塩胡椒とドレッシングで味付け夕食のトンカツに添える予定のキャベツ切ってから氷水に漬けて置いて水切りする主人に届けたおかずからハンバーグは両面焼き色つけてからソースの中に入れて煮込みハンバーグにサバも焼いてから生姜スライス・酒・味醂・砂糖・醤油・赤味噌を煮た出汁で少し煮る焼き鯖味噌煮と呼んでいます料理はあれこれ同時進行で天麩羅用の野菜も切っておきます使った南瓜は庭でとれたの♪ごろごろ転がっていたので一部収穫まだまだ成っていて育つのが楽しみです味噌汁の実・揚げ物・蒸し物・焼き物・煮物・・・・...今夜は月が綺麗です

  • 夏川草介著「臨床の砦」 (小学館文庫)

    臨床の砦(小学館文庫)夏川草介小学館本の帯に「小さな病院は、命がけでコロナに立ち向かった」とあります「神様のカルテ」シリーズも有名な著者は現役の医師ですあとがきにありますが著者は自分の本を世に送り出す時に「少しでも世の中が良くなるように」いつもそんな思いを託しているのだとかただ「臨床の砦」だけはこういった思いを維持するゆとりすらなかったとコロナ禍に直面した人間がその実体験をドキュメントとして書くこともできただろうそれはそれで生々しいものになっただろう小説の体裁をとってさえ読みながら本のあちこちに栞をはさまずにいられなかったTV出演される一部の方々を別として医療に関わる方々はその実際を余り語らない労苦を喧伝しはしない4歳年下の内科医の従弟がいる持病ある私の事を案じて時々メールや電話をくれる自分の仕事がどんな...夏川草介著「臨床の砦」(小学館文庫)

  • ひたすらに暑い・・・

    お外での用事も終わったらささっと帰宅車から買ってきた荷物を下ろす間も洗濯物を干すのも取り入れるのも庭の水撒きも料理も何していてもー暑い!!!!!!夕飯用意も早めに冷麺の具だけ早々と作っておいて麺だけは諦めて(笑)食べる前に茹でるグリルで焼いた野菜を天つゆみたいな出汁に漬けておくお吸い物は豆腐食べる前にとろろ昆布を入れる夫婦二人暮らしになった叔母が電話で言った「真面目にご飯の支度してるの?」真面目じゃないけど・・・作らないわけにもいかないでしょ目いっぱい力抜いて作っております長男用の晩御飯から目先を変えてもち麦ごはんでおにぎりを入れた具は大きい方が明太子小さい方がしそひじきの佃煮冷麺の他は鰹のたたきわかめ・タコ・胡瓜の辛子酢味噌和えひたすらに暑い・・・

  • 帰り道に外ご飯

    予定通りにワクチン接種4回目を受けてきた帰りには水分を多くとって下さいねーその方が副反応をおさえられますーと大塚製薬のボディメンテか何か要するにスポーツ飲料めいたものもいただいた予約が正午頃だったので帰り道主人と長男と一緒にお昼は外ご飯今年になって近所にできたコメダさんに寄ってきたまだ新しいので店内も綺麗おしぼりにも模様入りお冷やのグラスにも同じ模様がありました主人はビーフシチュー私はかき氷♪ミニサイズのフルーツミックスが丁度良かったですそしてデザートセット長男は普通サイズのかき氷アロエマスカット中のアロエが美味しかったそうですそしてみそカツパン中々ボリュームあったみたいです長男がパンが美味しかったと言うのでパンを買って帰りました明日のお昼に食べる予定です姑の家に一人帰る主人にもお土産にパンをコメダさん他...帰り道に外ご飯

  • 堂場瞬一著「鷹の系譜」 (講談社)

    鷹の系譜堂場瞬一講談社焦土の刑事(講談社文庫)堂場瞬一講談社動乱の刑事(講談社文庫)堂場瞬一講談社沃野の刑事(講談社文庫)堂場瞬一講談社日本の警察シリーズ昭和編三部作「焦土の刑事」「動乱の刑事」「沃野の刑事」の捜査一課の高峰と公安の海老沢その息子達も同じく捜査一課と公安の刑事になった息子たちは互いの父親たちが幼馴染で一緒に捜査をしたこともあるが壁ができてしまっていることも知らず同じ大学警察は同期で友人として交流もある昭和の終わり年号が平成に変わる直前ある殺人事件がー被害者は学生運動に参加したこともある人間だった一応調べたが公安はただの殺人事件とみなし手を引き捜査一課が事件に取り組むことになる男は何故殺されたのか一方海老沢が使うS(情報元)の人間からおおがかりなテロが行われようとしているーと情報がところがそ...堂場瞬一著「鷹の系譜」(講談社)

  • 夏の朝 蝉の鳴き声 命なり

    庭で生まれた何代目かのカマキリさんこのコはキウイの枝がお気に入り蝉の抜け殻はよく枇杷の葉っぱにあって根元を見ると地面にぽつぽつ穴があいております朝早く庭に水をまいていればどっからか近い場所で蝉の声見上げれば蝉の姿ここに居るよーと言いたげに鳴いているのでした夏の朝蝉の鳴き声命なり

  • 首タオル 汗拭きながら 歩く庭

    生ゴミを庭に埋めているーと芽吹いてくれるコもいてね一面かぼちゃ畑のようになっているけれど他のはっぱもあってね実るのがとても楽しみですお花さんたちそして無花果ミニトマトかと思っていたら育てばトマトだった花壇にトマトを植えた覚えは無いんだけどな^^;くつろぐマリーさん別の涼しい場所にいるラン午後から雨の降る可能性60パーセントとか降って少しは涼しくなると良いのだけれど首タオル汗拭きながら歩く庭

  • 夏スイカ 暑さしのぎに ビール飲む

    いつもは小玉スイカを買うのだけれど大きな西瓜と小玉が400円違いでついつい大きな方を買ってしまった売られていたのは鳥取の大栄すいか大きく栄えるって名前も縁起良いし重かったけど^^;冷蔵室の棚は西瓜でいっぱいになった仏壇にも御供えを松山の道後ビールちょっと味見しました色が綺麗夏スイカ暑さしのぎにビール飲む

  • 猫たち

    珍しく瑠奈が浴室の窓に上がっていてそれを麦丸が見つけて寄ってきたらーすぐに瑠奈が移動降りてきてしまったこのあと瑠奈はさっさか和室に向かい浴室で麦丸はしばらく途方に暮れていたーおねえちゃんぼく来ちゃいけなかったーというようにそして夕方食欲の化身となったかのような猫達おやつばかりかフードにもがっつく一匹が食べ始めると負けじともう一匹も食べ始める食べ終わると麦丸は鳴きながら二階へしかし瑠奈は二階には居ない長男のいる部屋へ行ったよ猫たち

  • 蒲焼は 焼ける匂いも ご馳走で

    23日は土曜日で土用丑の日外テントで焼き立てを売るお店に鰻の焼ける匂いもたのしみで買いに出かけます姑の家で暮らす主人にも土用丑の日だからとメモ添えて届けてきました仏壇には土用でおはぎも置いてついでに主人の好きなカレーパン2種類もまあ飢える心配はない⦅笑)でしょう抹茶と栗と普通のとあれば買ってくるお菓子これ好きなんです土用は「う」が付くモノを食べるとよい「鰻」「牛(肉」」「梅干し」などとお店の広告にあったので種を除いた梅干しに紫蘇に梅干しに入っている赤紫蘇も刻んで鶏ひき肉と合わせて餃子に蜆は味噌汁に鰻の蒲焼を買って帰宅するまで車の中はその匂いでいっぱいですっかりお腹が空きました昨日病院帰りに買ってきたアップルパイ眼科受診の日は電車で往復するので帰りにちょっとデパ地下に寄るのが楽しみなんです同じくデパ地下で買...蒲焼は焼ける匂いもご馳走で

  • 今夜は少し飲もうかな

    最初に買ったのはもう20年近い昔じゃこ天の実演販売幾度か買ううちに実店舗もあるんですーと店の住所を教えてくれて時々送ってもらうようになっただけど母が死んでからは途絶えていたけれどお店からこんな商品ありますとお知らせが届くようになって時たま買っている安岡蒲鉾さん「いっぺんきさいや宇和島へ」って言葉があってねうん方言いいよねーとなりますお店の広告にも旅情をそそられるのでしたじゃこつみれはささがきごぼうとお吸い物にすると美味しいんです冷凍保存もできますし道後ビールも3種類♪道後温泉に行った気分で^ー^冷蔵庫を開けて長男が喜んでおりましたお味噌も美味しそう鯛めし♫まずは出汁と卵を混ぜて鯛を入れてご飯にかける鯛めしに敬意をひょうしてー大好きな星川窯さんの器で今夜は少し飲もうかな

  • 中山七里著「死にゆく者の祈り」 (新潮文庫)

    死にゆく者の祈り(新潮文庫)中山七里新潮社浄土真宗の僧となり教誨師として囚人に接することもする高遠顕信は大学時代同じサークルに属し己の命の恩人でもある関根と再会する彼は死刑囚となっていた衝動的にアベックを殺しその後自首したと関根の人柄を知る高遠には納得いかない事件だったあの関根がわけもなく人を殺すはずがないかつてこの事件担当した文屋の協力を得て高遠は関根の事件を調べてやがて意外な事実に突き当たる関根には認知していない子供がいたのだどんでん返しを得意とする中山七里さん物語の結末近く予想外の真犯人をだしてきます犯罪被害者の家族にとって事件は何処で終わるのかーたとえ犯人が死刑になっても失われた時間や命は戻ってこない物語の中ではそうしたことにも触れていますいつか心の傷は癒えるのかぽっかり空いた穴は開いたままか人は...中山七里著「死にゆく者の祈り」(新潮文庫)

  • そこで 私は諦めた・・・

    日曜日の朝のテレビの某番組で長野県諏訪湖近くだったかの蕎麦団子の入るぜんざいを出すお店が紹介されていた子供の頃時々父がそば粉を練って砂糖醤油をつけて食べたりそば粉で作った団子を入れたぜんざいも作ってくれたことがあったのを思い出しやたらと食べたくなったけれどその時家には金時豆しか無くてまあとりあえず数時間水に漬けて置いて煮たで翌日割と大きなスーパーに出掛けたが小豆はあったがそば粉の棚がカラ!!!!そば粉が無いーー;しかし諦めず帰宅途中にある別系列のスーパーに寄った無かった・・・・・買ってきた小豆は水に漬けておいて翌朝煮たそう小豆さえ煮ておけばそば団子は後から入れればいいまたまた別系列のスーパーを選び違う方向でお買い物2軒回ったが・・・・・やっぱりそば粉がない黄な粉も白玉粉もはったい粉もあるのにそこで私の根性...そこで私は諦めた・・・

  • 文月二十日

    うまい具合に雨があがってくれた粗大ごみを捨てる日の早朝捨てるモノをカートに積んで捨てに出ようとしていたらー電話がかかってきました主人の従姉さんからで長く寝たきりであった伯母が亡くなったとのこと時節柄家族葬でと言われるのででは時期を外して伺いますーと言うととても穏やかな笑っているよな顔で亡くなったー会いに来てほしいーと少し前にいよいよこの夏を越えることは無理かもしれないーとお医者様に言われたと聞いてちょっとだけ顔を見に寄ったのでしたここ数年主人の従姉さんは看護師の資格持つ妹達も手伝って自宅介護看病を続けてこられました連休で一族揃ってわいわい話しているなかふうっと大きく息それから亡くなられたと長男と二人訪ねると本当に穏やかな表情笑んでいるかのような口許お元気な頃はとても気さくで出先で会えば「また家においでね」...文月二十日

  • しとしと雨が降っています

    午前中子供が先週受けた検査結果を聞いてきました異状なしとのことほっとしました♪明日は粗大ごみを集める日この雨がやんで明日は晴れるといいのだけれどしとしと雨が降っています

  • 連チャン墓掃除

    昨日は私の方のお墓そうじを雨の合間を縫ってちょこちょこ今日は姑の家で暮らす夫に作ったおかずを届けがてらそちらの墓そうじを私の両親の月命日が12日と18日舅の月命日が16日だから同じ日に行ったり近い日にちで行くことになります夫に届けたおかずからさつまいもと牛肉を甘辛く煮たの茄子とピーマンを焼いてからすりおろした生姜を入れた天つゆみたいなので少し煮たのいとよりの綺麗なのがあったので煮ました抹茶塩をふりかけて柚子ポン酢かけて焼いただけの鮭友人が気休め程度だけどーとこんな可愛いものをくれました病気除けにとアマビエのチャームですなにより案じてくれる友人の気持ちが嬉しくて連チャン墓掃除

  • 西條奈加著「大川契り  善人長屋」 (新潮文庫)

    大川契り:善人長屋(新潮文庫)奈加,西條新潮社「善人長屋」シリーズ第三作「泥つき大根」千七長屋の差配で表の商売は質屋裏の稼業は故買品扱いの千鳥屋の儀兵衛とお俊夫婦には今も家に居るお縫の上に姉と兄がいるわけあって姉娘とは疎遠になっているがお縫の兄の倫之助は養子に行って主人におさまっており時々顔を見せる家付き娘の嫁もできた人だ嫁の母のお杉も家付き娘で養子をとりーその夫が亡くなり後家なのだが自分よりも随分と年下のいっそ母子ほども年の離れた男と一緒になりたいーそう言い出しているのだと倫之助が相談にやってきた相手の若い男がどんな錦絵から抜け出したかのようないい男かと思えばこれは泥つき大根のような男お杉は男の子をなくしたことがありその男の子も泥つき大根のようであったと他人と思えずお杉はその男にできるだけのことをしてあ...西條奈加著「大川契り善人長屋」(新潮文庫)

  • 西條奈加著「閻魔の世直し 善人長屋」(新潮文庫)

    閻魔の世直し:善人長屋(新潮文庫)西條奈加新潮社「善人長屋」シリーズ第二作名だたる裏世界の頭目たちが手下や妾ともども殺されることが続く殺された人間たちは善人長屋の住人も知る・・・・・そして同心見習い白坂長門「善人」とふたつ名持つ長屋をそのままにはとれず探るような言葉をもらしお縫の心は波立ついつもなら善人か悪人か見分けられるのに長門のことは分からない会えば憎まれ口喧嘩ばかりの文吉もいつもと違うお縫が案じられ善人長屋とはいわくある厄介な人物もひそかに江戸に戻ってきていたお縫の父は腹をくくり好きな人は人殺しの一味なのか走り出してしまうお縫人探しをしていた長門悪者退治のつもりが悪人に利用されていた若者たちーこんなはずではなかったのだろうにせんからかなわぬ恋もある方向を間違えてしまった正義感世の不条理それはいつの時...西條奈加著「閻魔の世直し善人長屋」(新潮文庫)

  • 西條奈加著「善人長屋」 (新潮文庫)

    善人長屋(新潮文庫)西條奈加新潮社NHKBSプレミアムにて先日から放送が始まったドラマの原作になりますドラマが面白かったので原作も読みたくなりました裏稼業持つ人々が暮らす千七長屋は何故か「善人長屋」と呼ばれているこの善人の呼び名を信じて越してきたのは加助長屋の面々は加助を人違いしていた善人と悪人を見分ける目を持っている娘のお縫は最初加助の正体が掴めないどうみても善人にしか見えず二つ名ある悪人とは思えないそして真実加助は底抜けの善人お人好しだった長屋の人々が善人と信じ次から次へ厄介事・面倒事を拾っては長屋の面々が動くことになる加助にも事情があったのだが「善人長屋」人違いで名うての悪党と思われて長屋に住むこととなった加助いきがかりから長屋の人々はお腹に恋人の子供がいるのにー断れない先の若旦那との縁談に困ってい...西條奈加著「善人長屋」(新潮文庫)

  • 蝉歌う 季節になりし 地面燃ゆ

    検査の結果が出るのはまだ一週間先ですが取りあえず長男の内視鏡検査が無事に終わりほっとしています検査三日前から繊維質ある食品は食べては駄目とか色々制約もあったので検査当日も病院からのお薬を飲み続けて検査が受けられる状態の体にして検査当日は絶食だった長男朝とお昼と抜きでしたので帰りに「何が食べたい?」と訊いたら「焼肉!と言いたいところだけど用心して」と長男「じゃあお蕎麦かうどんあたりで手を打つ?」そんなやりとりのあと時々寄る出石皿そばのお店に寄って早目夕食をいただきましたお皿の絵柄も可愛くてお医者様いわく「あくまで念の為」の検査異状なしであることを祈るばかりです検査明けの今日は家に居ることにした長男に買って帰ったお昼雑用済ませた帰り道モスバーガーさんでテイクアウト南国パインシェイク美味しかったです庭の枇杷の木...蝉歌う季節になりし地面燃ゆ

  • 「無法松の一生」 (1958年 日本映画)

    無法松の一生三船敏郎子供の頃父が好きな映画として挙げたのはバンツマこと坂東妻三郎主演1943年の映画でした無法松の一生阪東妻三郎ところがこの映画は占領軍や内務省などの検閲により幾つかのシーンもカットされ監督の稲垣浩氏としては不本意なものでしたいまふうに言えば同じ監督が出演俳優を変えてのリベンジが1958年作品になります結果ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞音楽では團伊玖磨氏が参加です村田英雄さんの歌「無法松の一生」や「無法松の一生度胸千両入り」などは現在もカラオケでも人気がありますし多くの歌手が歌ってもおられます坂本冬美さんの「あばれ太鼓」も無法松を歌ったものです原作は岩下俊作氏の小説「富島松五郎伝」貧しい家に育ち継母に叱られて父親が働く遠い場所まで歩いていく途中夜になり揺れる木々の枝にこわいものを見...「無法松の一生」(1958年日本映画)

  • 降る雨に 緑美(うるわ)し 夏の朝

    久しぶりに天気予報通りに雨になりましたここ数日「雨」の予報はあれど雨なしな日が続いていたので雨の合間に庭からとってきた桃仏壇にも御供えにちょこっと置きましたぽろぽろごろごろ実が落ち始め見れば虫食いさんも多くて虫さんがついていないのを捜してもいできました母が好きだったので小玉だけどスイカも置いています(しかも安売り980円の・笑)今年二度目の花をつけている紫陽花のコンペイトウ蕾が出てきてえ?!と思っていたら咲き始めています来年は咲かなかったらどうしようちょっと心配(笑)ですごろごろ瑠奈さん夜私が寝室に上がるとついてきてベッドに私が横になると肩や腕の上に横になりしばらくして私が瑠奈側に寝返りを打ってみせると「よし寝かしつけた」と思うのか私の足元へ移動していき寝ています瑠奈の毎日の儀式のようにそして夜中私がトイ...降る雨に緑美(うるわ)し夏の朝

  • 「幕末」(1970年 日本映画

    幕末ー日本の歴史の内江戸幕府の政権末期の頃を指すーのだとか映画では坂本竜馬が暗殺されるまでの半生が描かれます当時の錚々たる俳優が出演しておりますwikipediaさんよりコピー↓坂本竜馬:中村錦之助(萬屋錦之助のこと)低い身分ながら拓けた考えで敵対する長州・薩摩が手を取り合うように説得また勝海舟の世界を見据えた思いに感銘を受けさらに日本という国の将来を考えるようになり新しい日本の国の為に尽力するも志半ばで暗殺される宮本武蔵役も演じた俳優さんなので斬り合い場面では(心の中でそりゃあ強いよね宮本武蔵だったもん・笑)ーといけない観方してました^^;TVドラマでは「破れ傘刀舟」「長谷川平蔵」などの役でも人気がありました後藤象二郎:三船敏郎ー竜馬の意を受け大政奉還に向けて動く中岡慎太郎:仲代達矢ー竜馬の盟友竜馬と一...「幕末」(1970年日本映画

  • 忙しい日だったけれど

    4時起きして朝食の支度神棚仏壇の細々済ませ洗濯物干して5時過ぎに長男が出て行くと主人に届けるおかずを仕上げて9時過ぎ姑の眼科受診送迎で姑の居る施設へ向かう姑の病院行きが終わった帰り道クリーニング店に寄り一度帰宅して主人へのおかずを車に積み込みささっとご飯をかきこんで犬と猫におやつあげて主人が暮らす姑の家へ向かう途中施設で言われた姑に必要な品も買って姑の名前も書き込み主人へのおかずを冷蔵庫に片付け主人からの野菜を受け取ってそれから書類上の手続きで姑の本人確認をしたいと言う某機関の方を迎えに行き再び姑のいる施設へ安倍元総理の撃たれたことを知ったのはその道中の車内ででした「安倍元総理撃たれて危ないらしいよ」と後部座席の女性がおっしゃる耳を疑いました・・・・・全ての用事が終わって帰宅すれば郵便受けの夕刊には大きく...忙しい日だったけれど

  • 群ようこ著「パンチパーマの猫」 (文春文庫)

    単行本「先人たちの知恵袋」改題とのことパンチパーマの猫(文春文庫)群ようこ文藝春秋著者が周囲の人々身近で起きた出来事などに諺をからめて書いたエッセイ集若い頃はオッサンたちはおばさんてねえーなどと思っていたけれど年を重ね今日日の若いもんはーと嘆息ししかし己の若い頃を振り返ればそれこそ恥の多い人生だったかもしれないと感じたりこれからの人生についても考える考えてもままならないことも多いのだがおよそ20年前に世にでた本この本が出てから20年ぶん世の中は変わっているしかし良くなっていると言えるのかしらん群ようこ著「パンチパーマの猫」(文春文庫)

  • 週半ば

    用心の為らしい大きな病院での検査予約それでも子供のことだけに気にはかかるのですが気を揉んでもしょうがない検査予約の帰り道やや遅い昼食を中華料理屋さんで長男検査三日前から野菜や果物は食べてはいけないなど規制もあって検査前日には三食病院指定のセットを病院内のコンビニで購入当日も数回に分けて薬を飲んで準備午後から検査結果が分かるのは検査日から一週間後今週は月曜日は午前中私がいつもの内科行き月曜日午後は長男が歯科医行き火曜日は長男の検査予約に出かけ週後半は姑を眼科に送り迎えーと姑絡みの書類手続きも同じ日毎日ちょぼちょぼ(笑)ちびっと出掛けておりまする納戸の洋服掛けの上に登ったりそこから箪笥の上に移動したりーとやんちゃ麦丸「おりろ」と言っても降りてこない猫おやつの袋をカサカサさせてみたら食欲に負けて♪降りてきました...週半ば

  • 新川帆立著「倒産続きの彼女」 (宝島社)

    倒産続きの彼女新川帆立宝島社「元彼の遺言状」「剣持麗子のワンナイト推理」の剣持麗子も登場しますが主役は美馬玉子弁護士剣持と同じ山田川村・津々井法律事務所で働いています化粧をすればそれなりに可愛いが麗子のように生まれついての美人ではありません早くに両親が亡くなり祖母との二人暮らし忙しい弁護士業務の傍ら高齢の祖母の世話をし祖母の為に干し柿を作り祖母が必要になった時に少しでもいい施設に入れるように貯金にも励んでいる津々井弁護士から剣持と共に命じられたお仕事はある投書の真偽を確かめるというもの近藤まりあという女性が働く会社は悉く倒産してきたらしい美馬と剣持が近藤まりあと話している隣の部屋で只野が首を切って死体に津々井弁護士事務所の川村弁護士も刺される何が起きているのか再婚を宣言した美馬の祖母は入院傾いた四つの会社...新川帆立著「倒産続きの彼女」(宝島社)

  • 新川帆立著「剣持麗子のワンナイト推理」 (宝島社)

    剣持麗子のワンナイト推理新川帆立宝島社「元彼の遺言状」の剣持麗子弁護士が帯の言葉を借りるならー今夜も徹夜で謎解きー「家守の理由」綾瀬はるかさんが剣持麗子を演じた連続ドラマでも使われたエピソード武田信玄というふざけた源氏名を持つ若者は不動産経営の男性殺しの容疑がかかり亡くなった弁護士の仕事を継いだ剣持にお鉢が回ってくる剣持の尽力で警察から解放された信玄は庭を掘る「手練手管を使う者は」信玄の先輩ホスト光秀が信長殺しで疑われるやっぱり犯人は犯人なのだがこの犯罪が起きるように考えたー企んだ人間もいるようで「何を思うか胸のうち」剣持が所属する弁護士事務所の弁護士が奇妙な死に方をするそこで一体何が起きたのか「お月様のいるところ」老女からヨウコちゃんと間違えられた剣持老女の服にあった住所を訪ねるとそこには死体が警察に保...新川帆立著「剣持麗子のワンナイト推理」(宝島社)

  • 口をつくのは「暑い」「しんどい」「どっこいしょ」・笑

    網干メロン網干区興浜で収穫のものだとか地物商品を売るコーナーに置いてありました子供の頃には瓜と呼んでいた記憶がありますあっさりした甘味が好きです毎日暑くて庭の水撒きもさぼりたい気分ですが枯れるのは嫌なので諦めて?!できるだけ早い時間に済ませるようにしています庭ではムクゲの花が咲いていましたカンナの花もいっぱいそして南瓜の花も主人に届けたおかずから茄子は両面焼いて鰹だし・味醂・醤油・砂糖・白味噌の汁でサツマイモを煮た中に焼いた茄子を加えたもの卵焼き煮物(鶏肉・大根・人参・筍)焼いた魚暑いせいか木陰や庭の涼しい場所を捜して移動するマリーさん水撒きを終えた庭で呆れたことに南瓜の真ン中に居座っておりましたマリー南瓜の葉に埋もれて窓際に立つ私を見ていますーもう暑いから暫く出て行かないよーけれどマリーって私がそう思っ...口をつくのは「暑い」「しんどい」「どっこいしょ」・笑

  • 堂場瞬一著「沃野の刑事」 (講談社文庫)

    沃野の刑事(講談社文庫)堂場瞬一講談社「焦土の刑事」「動乱の刑事」と続いた昭和の刑事を時代と共に描く日本の警察シリーズ第三作幼馴染で仲が良かった三人の男達公安の海老沢捜査第一課の高峰記者の小嶋昭和27年から3人で会うこともなくなりー長い月日が流れたそれぞれに進む道は分かれところが小嶋の息子が自殺した通夜に出向いた海老沢の胸倉を掴み小嶋は言う「公安のせいだ」小嶋の息子和人には学生運動に参加しすぐに釈放されたが逮捕されたことがあった会うことも無くなっていたが小嶋が大切な友人であることに変わりはない海老沢も高峰もそれぞれ和人の死について調べ始める和人は警察OBの政治家の汚職問題で名前が挙がっていると言うそして高峰は和人の遺したー苦悩の日記にも辿り着く幼い頃から英語の勉強をし英語が堪能であった和人は通訳としても重...堂場瞬一著「沃野の刑事」(講談社文庫)

  • 堂場瞬一著「焦土の刑事」 (講談社文庫)

    焦土の刑事(講談社文庫)堂場瞬一講談社本の帯にー日本の警察大河シリーズ待望の文庫化第一弾ーとあります焦土の刑事動乱の刑事沃野の刑事ーと三作続くのです戦時中に起きた殺人事件が二つ首を斬られた女性の死体が防空壕で見つかるーというものこの頃東京では空襲で日々多くの人が亡くなっておりました出所が分からない命令ながら上からこの殺人は無かったことにするーそんな無茶な命令が下ります人心を乱すからーなんて謎理由捜査にあたっていた高峰は荒れます戦時下であっても正義は貫かれるべきだ罪は裁かれねばならない妨害にもめげず単身捜査を続けようとする高峰でしたが空襲は激しくなりやがて終戦しかし事件は続いていましたまだ埋められていない防空壕からまたも同じ手口で殺された女性の死体が見つかったのですそして高峰の幼馴染で親友の海老沢の妹の安恵...堂場瞬一著「焦土の刑事」(講談社文庫)

  • 堂場瞬一著「動乱の刑事」 (講談社文庫)

    動乱の刑事(講談社文庫)堂場瞬一講談社「日本の警察」シリーズ「焦土の刑事」に続く第2作敗戦後国として日本が復活しようとする時代仲良く酒を飲んでいた3人の男捜査一課の高峰公安一課の海老沢記者の小嶋彼らは映画と芝居で結びついた子供の頃からの親友だった一緒に酒を飲んでいる店に高峰への電話それは駐在所が爆破され警察官が死んだ・・・・この事件に公安が絡んでいたことから平行線をたどるようになる高峰と海老沢ネタを求め時には警察の鼻を明かそうとする小嶋まで相いれない領域壁を持つようになってしまうそれぞれの生きる道暴力による革命を求め平和な会社に潜り込み暴動を起こさんとする共産主義かぶれ阻止するためには叩き潰す為には醜い謀略も是とする一派友情か正義か苦悩する海老沢は答えを見出すもそれは正解だったろうかそれでも別れの時海老沢...堂場瞬一著「動乱の刑事」(講談社文庫)

  • 連日 暑いです

    内科の検査で朝食抜きだった長男に病院帰りのほぼほぼお昼「何が食べたい?」と尋ねたら「お寿司」とのお答えそれでいつもの回転ずしに行ってきましたいつもの楽しき残骸・笑しめには久しぶりにソフトクリーム30度超えの暑い日美味しかったです先日浅田真央さんの料理本を真似て作ってみました丁度八角も家にあったし使いさしのが豚バラ肉塊を茹でて切って角切りにした玉葱と煮て柔らかくなったらゆで卵とかも加えて煮る冷蔵庫のスペースを無理矢理あけては西瓜を入れています勿論切って仏壇にも御供えに亡き母がスイカが大好きで私がお腹にいて悪阻がひどい時もスイカなら食べられたとのこと私は12月生まれですが父は母の為にスイカを捜して駆けまわったそうです赤ちゃんの時の私は半分くらいはスイカでできていたのかもしれません連日暑いです

  • 車に残る唐揚げの匂い

    午前中子供の用事で外出お昼食べるにはやや早い中途半端な時間に用事が終り以前から気になっていたーいつか行きたいと思っていた比較的最近できたお店中津しょうゆからあげ専門店「鶏笑」英賀保店に行ってきました(持ち帰り専門店です)メニューには「とり天」もあってね昔別府駅前で食べたとり天はとても美味しかったのでいつか行こうと思って新聞に入っていた広告を大切に取っておいたんです買う品も決めてメモして♪お店の外と中にも座って待てるように椅子が並べてあります待ち時間退屈しないようにテレビも置いてあります電話予約できるので事前に注文しておけば待ち時間なしに受け取れますすぐにテイクアウトできるメニューにはない商品も6月限定商品のコロッケとかも長男は並んでいる中から鶏皮の揚げたのを選んでましたいまふうに出前館やウーパーイーツの取...車に残る唐揚げの匂い

  • 土曜日も晴れ そして暑い!!!!です

    有難いことに主人が植えている野菜の収穫が始まり姑の家で暮らしている主人が電話で言う「おかず持ってきてくれたら野菜を袋に入れて冷蔵庫に入れておくから持って帰って」それで物々交換のようにおかずやお菓子・飲み物など置いて野菜室に袋一杯の胡瓜・茄子・オクラ・ピーマン・ミニトマトなどを持ち帰るひどく大雑把な主人は野菜を全部同じ袋に入れるので帰宅したらまずはそれぞれに分けて洗うことから始める行くたびに大きなボウルいっぱいのミニトマトまあトマト好きだからいいけれどいっそトマトを主食にしようかな庭に生ゴミを埋めていてそこからジャガイモ・南瓜・スイカなんか色々と育ってきています去年花壇にミニトマトを植えていたのですがこぼれ種が育ってきていたのを見つけたので取りあえず囲ってみました酒・生姜・梅干し・味醂・醤油で煮た鰯昔山口美...土曜日も晴れそして暑い!!!!です

  • まずは ひと仕事

    朝長男が出かけるとまずは姑の家で暮らす主人に届けるおかずを作ります鯛は煮つけにタレに漬けていた手羽先に片栗粉をまぶして揚げてから煮詰めていた漬けダレに煮絡めるだけのシロモノできあがれば容器に詰めて♪鮭は柚子ポン酢に漬けてから焼いたものNHKテキスト「きょうの料理」7月号36頁ーなすとさけのオイスターがらめーを参考に作りました参考にーというのはいささか変更も加えて作ったので^^;鮭の代わりに「もうざめ」を使ってみました(安かったし買ってきました買う動機大いに不純です・爆)魚の身炒め混ぜ合わせる時にぽろぽろしては嫌なので切って片栗粉まぶしてから揚げておきました(丁度手羽先を揚げた油があるので引き続きの使用です)使う材料も切りそろえ調味料も合わせておきます茄子とピーマンを炒めて調味料(すりおろしたニンニク・酒・...まずはひと仕事

  • 買った品で遊んでいるーー;

    花が咲き終わり花枝を切り落とした紫陽花のコンペイトウするとねまた蕾が出てきましたちょっと驚いております今季二度目の花になります一人のお昼は簡単に電子レンジ数分でできるバナナチョコジャム輪切りにしたバナナにグラニュー糖混ぜて電子レンジで加熱1分半板チョコ混ぜるだけトーストにのっけて残り物のサラダそのまま食べるのも味気ない気がして^^;これに中途半端に残っていた天かすをぶっかけてみた・笑ドレッシングを買ってきたらそれぞれ産地(会社)がケンコーマヨネーズ「クリーミーナッツ」神奈川県厚木市ごま野菜サラダの素石川県小松市リケンサラダデュオ「ごまわさびドレッシング」東京都新宿楽しくなって(どういう精神状態だ!?・笑)お味噌も見てみた無添加円熟こうじみそひかり味噌会社長野県諏訪郡お魚はほぼ地元播州室津直送の真鯛スイカは...買った品で遊んでいるーー;

  • 堂場瞬一著「決断の刻(とき)」 (創元推理文庫)

    決断の刻(創元推理文庫)堂場瞬一東京創元社高校の時にラグビ―選手だった原青年はある選手のプレイに感銘を受けていた負けている試合をひっくり返し勝利に導く選手ー今川大学を卒業してもラグビーを続けることを期待された今川だがー彼は就職した選手と観客接点ないままに終わるかと思えた二人だが会社の不正を今川が告発し捜査二課にいた原がその窓口になりそれから20年今川は日兼コンサルタントの社長になっている原と今川の付き合いは友人として続いておりラグビーの試合を一緒に観戦したりもするその今川の会社の社員が殺された続けて会社の女性も行方不明に原の部下の刑事の吉岡も姿を消した吉岡は日兼コンサルタントについて調査していたらしいいっぽう今川も会社の不正を知りその対応に苦慮していた調査チームも作った今川だが親会社の社長の急死で思う方策...堂場瞬一著「決断の刻(とき)」(創元推理文庫)

  • 横着者は楽な方へ進みがち♪

    コインランドリーもあるけれど炬燵布団や炬燵敷カバー冬敷物そこそこに重いしかさばるし畳んで車のトランクに積み込みそうだ♫横着しようクリーニング屋さんに頼んでしまおうとしかし普段お願いしているお店はショッピングモールの中一度には運べず数回往復しないと持っていけない駐車場からお店までが遠いし車で横づけできるお店がいいやーと根性無しの私駐車場ありの初めていくお店に回ったら・・・・・なんということでしょうそこは・・・・・ドライブスルー方式のお店♪♪♪車のトランクから荷物をおろす店のお姉さんに渡すこれを数回繰り返し新規なのでメンバーカード数分でできて次に使える秋まで「お預かり」も別料金でありますとけれど粗忽者の私お預けしたら預けていることを忘れ去る自信はある!だからそれは受け取りにきますとなおこのお店では布団当日洗い...横着者は楽な方へ進みがち♪

  • ウルトラマンの裏側では

    「ウルトラQ][ウルトラマン」「怪奇大作戦」いずれも円谷プロダクションと呼んでいたけれど円谷英二の名前は子供でも知っていたけれど子供達ばかりか大人も夢中にさせた番組の制作にまだ沖縄返還前沖縄から日本(本土)へはパスポートが必要だった時代「沖縄人」が関わっていたとは知らなかった「ふたりのウルトラマン」という番組を観るまでは上原正三(佐久本宝)は既に円谷特撮で働く同じ沖縄出身の金城哲夫(満島真之介)を頼り東京へ彼は日本人(やまとんちゅー)に負けるかパスポートを持って東京に来たからにはもう沖縄へは帰れないー覚悟と決意で円谷の会社の門を潜るテンション高く出迎えてくれた金城この時の金城はとても明るい希望にも溢れている円谷英二(綾田俊樹)の長男の円谷一(青木崇高)とも血を分けた兄弟のように仲が良い心が通じているアイデ...ウルトラマンの裏側では

  • どんどん暑くなります

    予定通りお昼はラーメンちょっとシナチクが食べたくなってどっさり(笑)入れましたラーメンだけじゃバランス悪いかなーとサラダも夜は先日煮ておいた牛すじ・じゃがいも・こんにゃくを煮たのを入れたお好み焼15年以上愛用のタイガーグリル鍋「もういちまい」まあ焼肉用プレートと鍋物も焼きもOKな鍋がついているというー結構便利です壊れないし♪ただね収納に場所をとるので古い方の台所に仕舞っているからー僅かな距離だけど取りにいくのが面倒ーー;(どれだけモノグサやねん・笑)だったりします同じ古い木のワゴンにホットプレートとたこ焼き器も置いていたりする袋に入れて箱に仕舞って中の具は他に刻んだキャベツ・竹輪青のり・けずり節・とんかつソース・マヨネーズなどぶっかけてーお化粧してーいただきます食べたかったんですすじがたんと入ったお好み焼...どんどん暑くなります

  • やっぱり不肖の娘です・笑

    牛すじのたっぷり入ったお好み焼が食べたくて肉屋さんで牛すじを買ってきた子供の頃店先では駄菓子を売り奥ではおでんやお好み焼が食べられる勿論持ち帰りもOKでだけど鉄板の上で食べるお好み焼はとても美味しかったそんなお店は近所に幾つもあったのだいつの間にかお好み焼すらご近所で気軽に食べられるものではなくなってしまったそれだけ個人のお店が減ったということなのだろう食べたい味のお店が無くなったなら自分で作るしかないそうして自分で作ってみてわかるすじ肉は手間がかかるのだ小さく切るにはよく切れる包丁も必要だ(出刃包丁を愛用中)駄菓子や兼お好み焼屋の店主はごくごく普通の女性ー子供の目から見たらおばちゃんやおばあちゃん的な人が多かった店の奥では大きな鍋ですじ肉とかもろもろの何かが煮込まれていてああこんなにいっぱいの手間をかけ...やっぱり不肖の娘です・笑

  • 観たものから

    BSテレ東にて水曜日深夜に放送中の「鉄オタ道子、2万キロ」遅い時間の放送なので録画かけて観ています木曜日の朝は4時起きの私にはリアル視聴は無理です主役の大兼久道子(おおがねくみちこ)は玉城ティナさんが演じます東京の家具販売会社勤務会社では隠しているが(本人は隠しているつもり)鉄道オタク旅の記録を雑誌「旅と鉄道」にーYUI名義で寄稿玉城ティナさん「極主夫道」のドラマでーあいい個性あるーと思った女優さんスタイルも足が長くて綺麗です今回は仕事の帰りで会社の後輩女子の荒木ひかり(高石あかり)が一緒なのでいつものように列車のなかでもあちこち動いて写真を撮ることもできませんしかもひかりさんてば仕事中から溜息ばかりで列車の中でも溜息ばかり気にして道子が声をかけます「私でよければ話を聞くよ」乗っていたのは鹿児島県の川内(...観たものから

  • 不肖の娘なんです

    作る料理が決まっている時にはまず材料を揃えることから始めます切るものは切る茹でるものは茹でるというように手順段取りを考えてサバ缶利用のポテトサラダじゃがいもを洗って皮ごと茹でる間に胡瓜を切ります洗ってまな板にのせて(主人が育てた胡瓜ですじゃんじゃん使っております)ピーラーでとげとげさん部分を除去へたと端っこは切り落とし切り落としたへたで先端部分をぐりぐり(こうすると苦味が消えるとか)塩かけて板摺し輪切りにしておきますある程度茹でているじゃがいもに火が通った頃かなと思ったら卵を加えて数分茹でて火を止めます冷めるまでは余熱任せで放置少し冷めたらじゃがいもの皮をむきます指でつるりとむけます包丁いらずゆで卵のカラもむいておきますじゃがいもを潰し鯖缶を汁ごと加えて混ぜますゆで卵と胡瓜も加えて混ぜて味付けは塩胡椒と黒...不肖の娘なんです

  • 火曜日は雨

    梅雨らしい一日です主人情報では11日に田んぼに水が入る予定が遅れていてー昨日もまだ水が来ていない田んぼのお世話をお願いしている会社では16日しろかき18日田植えの予定で苗を管理して下さっているとのこと主人も連日田んぼに水が入ったか気にして少し早い時間に退社し田んぼの様子を見にいっているようですがー私も気になって朝から田んぼの様子を覗いてきました隣の区角の田んぼまでは水が来ているので今日中には遅くとも明日には水が入るような気がしますレタスと鶏肉団子のスープ鍋にガラスープ・酒・すりおろし生姜を入れて煮立てて刻んだレタスと鶏ひき肉・卵白・片栗粉・長芋をすりおろしたのを入れて混ぜたのをスプーンで入れる塩胡椒と醤油で味付け牛バラ肉・刻んだキャベツ・海老に塩胡椒して炒めるーA卵と水で溶いた薄力粉に青のり・パックの鰹節...火曜日は雨

  • 週の始まりは

    さしたることもしていないのに早寝体質になってしまってドラマや映画は保険かけて録画していますでも朝はやっぱり眠い・笑主人の側の家の墓は舅の月命日が16日なので毎月15日までにお墓の掃除に行くようにしています晴れている間にと午前中姑の家の車庫に車を置いてとことこお墓まで歩いてここんとこ(と言っても二カ月ばかりですが)主人が草むしりとかほこりすぎた木など枝を切ってくれています主人用に届けたおかずや飲み物も冷蔵庫に入れておいたので夕方主人から電話がありましただから褒めておきました「お墓綺麗にしてくれてて助かったありがと」と他にも田植えが近いのに田んぼにまだ水が入ってないから田植えをお願いしているところに連絡しなきゃーとかさてお墓掃除を終えて帰宅したら今度は姑に関する支払の請求書が届いていてまた銀行その他数軒回っs...週の始まりは

  • 「鎌倉殿の13人 THE BOOK 2」 東京ニュース通信社

    NHK2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」THEBOOK2東京ニュース通信社東京ニュース通信社鎌倉殿の13人後編NHK大河ドラマ・ガイドNHK出版NHK出版鎌倉殿の13人前編NHK大河ドラマ・ガイドNHK出版NHK出版NHK2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」続・完全読本(NIKKOMOOK)産経新聞出版NHK2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」THEBOOK(TVガイドMOOK)東京ニュース通信社NHK大河ドラマ歴史ハンドブック鎌倉殿の13人:北条義時とその時代(NHKシリーズNHK大河ドラマ歴史ハン...NHK出版NHK出版NHK大河ドラマるるぶ鎌倉殿の13人(JTBのムック)るるぶ旅行ガイドブック編集部ジェイティビィパブリッシングNHK2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」完全読本(NIKKO...「鎌倉殿の13人THEBOOK2」東京ニュース通信社

  • 庭の紫陽花

    紫陽花の花は咲きながら色が変わっていきます最初蕾の時にはこんなに地味だったけーなどと(笑)思ったりするのですがたとえばこれはディープパープル濃い紫色の花になりますが最初蕾で出てきたときは暫く白色が続いてえっと~~~去年は紫色だったよねーと不安^^;になりますやっと少し紫色が出てきましたこれから濃いはっきりした紫色に変化していきますこちらのガクアジサイ(品種はわかりません)も最初は白一色でした全部同じ紫陽花なのですが中の小さな花(こちらが本当の花になるのですが)白から紫色になっていきますこれも同じ紫陽花「卑弥呼」品種名はわかりませんがー紫陽花ですよく見ると外側の装飾花(がくが変化したものとか)の花びらの形も品種により形も違うのですよね6月は紫陽花の咲く季節のはずーですが庭植えの紫陽花でまだ蕾もつけていないコ...庭の紫陽花

  • 作ったものから

    朝食に引き続き作っておいたサンドイッチ具を食パンにはさんだらまな板二枚使いではさんでいます重石まな板で中のパンは見えませんが^^;具は適当に小さく切った胡瓜をマヨネーズで和えそこに炒り卵を加えて混ぜ混ぜしたもの食パンには粒入りマスタードとバターを混ぜたものを塗っています合わせたものは簡単ポトフ鍋にオリーブオイル入れて玉葱とニンニク炒めて人参キャベツじゃがいも(トマト適当にあり合わせ野菜をぶちこみブイヨンスープを加えて煮て野菜が柔らかくなったらウインナーを加え塩胡椒で味付けをこれは夕食用の鶏肉焼き鳥のタレに漬けておいて焼き炒めこれを別鍋で煮ている人参たまねぎ小松菜に加えます出汁は鰹節でとったのに味醂酒醤油砂糖で味付けしたの鶏肉を加えて溶き卵でとじます作ったものから

  • 猫二匹

    姑の家で暮らす主人に作ったおかずを届けて帰宅したらーパソコンの椅子の上で寄り添う二匹私を二匹揃って見上げた顔を写したかったのだけれどねままならずそのうち瑠奈が麦丸を守るようにずずいっと前に出てきた「なんか文句ある?」と言いたげな瑠奈さん文句?!いえそんな恐ろしいことできませんって光速猫パンチという秘技をお持ちの瑠奈様に・笑おまけ主人に届けたおかず猫二匹

  • 田村由美 作 「ミステリと言う勿れ」11巻 フラワーコミックス・小学館

    ミステリと言う勿れ(11)(フラワーコミックスα)田村由美小学館常人だと思い付かない事象について考えるし博識でもある久能整(くのうととのう)クン今回相良レンにより謎のバイトに誘われるそれは埋めた場所が分からなくなったタイムカプセルを見つけること痴呆症により共通の想い出も記憶も消えていく失われていってしまう初恋幸せ整クンはライカさんと商店街で楽しいひと時を過ごし人助けも遂にライカとガロ氏の遭遇ガロ氏も今回危地に陥ります相手は上手(うわて)ゆえにあくどいのですが菅田将暉さん主演でドラマ化されドラマはこれからどうなるーなんてところで不思議な終わり方をしましたが原作の漫画は作者さんの言葉によればまだ道半ばーだそうです巻末のあとがきにはドラマ化でのちょっとしたお話なども描かれています田村由美作「ミステリと言う勿れ」11巻フラワーコミックス・小学館

  • そこそこに・・・暑いです

    今日はお墓掃除と姑の入っている施設へ梅干し・うがい薬・入れ歯安定剤・入れ歯洗浄剤その他モロモロ^^;と夏向きの着替えも数点届けてきました助手席はほぼ荷物置き場・笑昨日美味しかったので今日もローソンに寄ってシトラスティー購入運転のお伴です暫く飲まないでいたらコーヒーを胃に重く感じるようになってしまったコーヒー大好きだったのに・・;ちょっと悲しひ・・・・・昨日と同じお店に寄ったので「昨日美味しかったからまた買いに来ちゃった」とカウンター中のお嬢さんに話しかけたら笑顔で「美味しいですよね私も大好きです」と♪若い娘さんのぱっと明るくなる笑顔に元気もらって用事を片付けられました姑の入所している施設の入り口で戸惑っているみたいな女性の二人連れがいてね「どうなさいましたか?」と声をかけたら「施設見学に予約しているのです...そこそこに・・・暑いです

  • 飲み物に 氷嬉しき 季節なり

    予定外に忙しくなった日でした午前中は姑の眼科受診で介護用タクシーで施設から病院まで送り迎え施設で姑が必要とする品が幾つかあると聞き帰り道にお買い物施設へ届ける品には名前を書かないといけないので一度帰宅遅いお昼を済ませてそれから今度は家のあれこれお買い物帰宅すればほぼ夕方急いで庭の水やり犬のおやつにご飯にそうこうするうち長男帰宅で急いで夕飯用意食事以外はほぼ休みなしで動いていた一日でした明日は名前を書いた姑用に買った品を届けて両親のお墓参りを予定です動きまわると暑くて喉が渇きローソンさんへ飛び込みシトラスティー購入♫コップも夏向きで涼しそう美味しかったですお買い物先のリバーシティ店の通路で売られていた高級食パン普段は売ってないのでつい手を出してしまいました^^;食べるのが楽しみです先日は浅田真央さん「私のお...飲み物に氷嬉しき季節なり

  • 新川帆立(しんかわ ほたて)著「元彼の遺言状」 (宝島社文庫)

    元彼の遺言状新川帆立宝島社ちなみにシリーズ作品剣持麗子のワンナイト推理新川帆立宝島社倒産続きの彼女新川帆立宝島社自分を殺した犯人に巨額の遺産をーという遺言状はどうして書かれたのか病死ではなかったのか犯人がいるのか真相に至るまでのごたごた犯人の次なる殺人を防ぐ為に奮闘結果警察署内の留置所に入れられてしまう麗子さんむしろ警察は彼女に感謝すべきだと思うけれどテレビドラマ化もされています綾瀬はるかさん演じる剣持麗子さんが中々痛快美人で大食らい強気自己愛強くひどく切れるドラマの中での食べっぷりが素晴らしいですそんなドラマに惹かれて原作小説も購入登場人物の外見などはドラマとは違うし色々異なる部分もありますそこはまた原作小説ではこうだったのかーと読みながら面白いです物語の始まり麗子さんは付き合っていた男からのプロポーズ...新川帆立(しんかわほたて)著「元彼の遺言状」(宝島社文庫)

  • おかずから

    豆の収穫の季節姑の家で暮らす主人から連絡が入るとった野菜を冷蔵庫に入れているから寄って持って帰り絹さやスナップえんどうインゲン煮物の彩りにサラダに炒め物に頑張って色々無駄にしないように使っているそれなりに考えて・・・・・すると日曜日主人がまた届けてきた「いよいよ来週には収穫も終わり豆たちを片付ける」実ったら摘みたい主人はまだあまり赤くなっていないミニトマトもまだ熟れていない色の枇杷ももいできた「置いといたら鳥が食べる」それがイヤらしいそのくせ庭の木に鳩が巣を作ったと喜んでいる鵯・椋鳥・烏は許せないが鳩はいいらしいよくわからない主人の判断基準だ袋いっぱいのスナップエンドウを見ていた私は思い付いたそうだ!ポタージュスープにしてみよう鍋にバターを溶かし薄切りした玉葱とスナップエンドウを炒めブイヨンスープ・耳を落...おかずから

  • 庭から

    午前中は晴れていましたが昼前から曇り始め午後3時あたりから風も強く吹いて雨が落ちてきました私はがくあじさい系が好きなようで(外が装飾花中の小さい集まりが本当の花になるのだとか)家にある紫陽花は手毬咲きの方が数が少ないです手毬咲きのこんもりした感じも好きなのですけれどこれはディープパープルという品種の紫陽花花が濃い紫色に変化していきますカンナの花が咲き始めると一気に夏が来たーって毎年思いますまだ梅雨も始まっていないのに・笑カンナの蕾ぐんぐん伸びてきています百合の蕾ですこちらはグラジオラスの蕾です球根を植えたものの何の花だったかは忘れてしまった花って咲けばもちろん嬉しいのですが蕾ができて咲くまでが本当に楽しみで♪春からずうっと健気に咲き続けてくれているキンギョソウピンクと赤は咲き終わったのにこの黄色のコはまだ...庭から

  • 作ったものから

    身だけの魚をポン酢と昆布に漬けておくフライパンにバターを入れて溶かすフライパンに魚を並べ昆布をのせて焼くある日の夕食肉じゃがタコと胡瓜の酢味噌和え茄子・薄揚げ・葱の味噌汁絹さやとキャベツの卵とじこのところ愛用中の浅田真央さん「私のおうちごはん」を参考にビーフシチューを作ってみました既製品のルーを使わずに作るブールマニエバターをクリーム状に練って小麦粉を加えて混ぜビーフシチューのスープを混ぜて伸ばしビーフシチューに加えて混ぜるだけ味付けに使うのはカットトマト缶・ローリエ(ローレル)・ニンニク・砂糖・塩・胡椒・赤ワインくどくなく優しい味に仕上がります黄色いご飯はターメリックライスみじん切りのニンニクと生姜をバターで炒め香りを出し米を加えターメリック・カレー粉をふりかけ炒めてからブイヨンスープを加えて炊きます休...作ったものから

  • NHK連続テレビ小説「ちむどんどんレシピブック」 (NHK出版)

    NHK連続テレビ小説ちむどんどんレシピブックNHK出版NHK出版放送中の朝ドラ「ちむどんどん」に出てくる数々の美味しそうな料理のレシピ掲載朝ドラ情報もついて場面場面を懐かしむこともできますNHK連続テレビ小説「ちむどんどんレシピブック」(NHK出版)

  • 安眠妨害ーー;

    夜目が覚める肩が重いこの時は左肩を下にして右肩を上に横向きに寝ていた布団の上(私の右肩の位置)に瑠奈がのっかっていた布団に入るほどの寒さではないが少し温もりが欲しかったらしい猫にアンカ代わりにされてしまった画像は私の上にのっかっている瑠奈左手で枕横のスマホを取り写すのはかなり難しかった安眠妨害ーー;

  • 夕刊の向こうで猫のすることはーー;

    私は夕刊を読んでいたするとぺちゃぺちゃぴちゃぴちゃという音が聞こえてくる新聞をずらして前を見れば・・・・・私のカップから瑠奈が水を飲んでいるこの光景に呆れつつ証拠写真を撮ってやる!とスマホを私が構える間に・・・目の前の光景は変化していた年上猫の瑠奈を慕ってテーブルの上に来た麦丸に瑠奈がカップを譲り自分の真似をする麦丸を「そうそういいコね」とばかりに舐めてやっている麦丸そういうことは真似しなくていいお前達の水はちゃんといつもの場所にあるでしょ人間の飲むものが美味しそうに見えているのかしらん取り敢えずカップは取り上げ漂白剤につけておいた全く油断も隙もーーーーカワイイけれど・笑夕刊の向こうで猫のすることはーー;

  • 観たモノから

    NHK22時45分から23時(月~木放送)「カナカナ」(原作は西森博之氏作の漫画です)主演の眞栄田郷敦さんが「あさイチ」に出演し番組紹介もされていたので興味をそそられ録画をかけておいて観るようになった佳奈花(加藤柚凪)は人の心を読める娘この力を利用し金儲けを企む沢田(武田真治)はどうにか佳奈花を取り戻そうと悪巧み今回は日暮正直(マサ)(眞栄田郷敦)さんに片思い中の沙和(白石聖彼女の誕生祝いの会の準備中の店に食中毒になったという嫌がらせの男達を送り込む佳奈花には沢田の心の声が聞こえてきます「その店を出て自分のところにくれば男達は撤退させるこのままではお前が大好きなマサが大変なことになるそいいのか」ここでケンカになったら滅法強く怪物のようなマサがキレたら大変なことになると焦る沙和いちゃもんつけ一団に近寄るマサ...観たモノから

  • 作ったものから

    ロールチキン中に人参・インゲン・牛蒡を巻き込んでいますーと言っても使ったのは冷凍食品のインゲンとささがき牛蒡(しっかり手抜きしています・笑)漬け汁は別の鍋で煮込み切り分けたロールチキンにかけますそして主人に届けるおかず類主人は魚料理は面倒がって作らないので煮魚・焼き魚・漬け焼きなど届けることが多いです主人が暮らす姑の家の庭の栗の木数年前植木屋さんにお願いして半分の高さに短くしていただいたのですがー木の元通りになろうとする力かー以前以上の大きさになっています今年は栗の花が多いですこの白く細長いのが栗の花たち主人が植えたとうもろこし茄子も順調に育っているようです絹さやえんどうもいっぱい収穫中作ったものから

  • 庭と台所から(工夫の無い題だーー;)

    早く咲く品種もあればーまだ蕾を持っていないコもいる庭植えの紫陽花たち葡萄のベリーA今年は房を多くさげています実ができるのはまだこれから先ですがドクダミの花6月を迎えると一気に咲いてくれますそろそろ終わりと思いつつ切り惜しんでいる薔薇かれいの煮付けを作ってみましたもう一品青椒肉絲もこちらは本にある具が買い置きになかったので味付けのみ参考にしましたやはり「私のおうちごはん」を参考にして焼いたもの鶏もも肉を皮目を下にしてフライパンに入れて焼くのですがその上にアルミホイルを被せ水を入れた鍋で重しすると皮がパリッとするという付け合わせにじゃがいもレモンなど添えます「私のおうちごはん」の本から26頁麻婆豆腐を作ってみました人参のみじん切りを入れるのが珍しかったですもう一品は南瓜を蒸し焼きし両面に焼き色をつける切った牛...庭と台所から(工夫の無い題だーー;)

  • 作ったものから

    「私のおうちごはん」からオムライスを作ってみました料理する時に汚れた手で触って本を汚したくないので作り方は他の紙にざっとメモした・笑中のライスに使う具が玉葱の切り方が薄切りでピーマン・マッシュルームというのも面白くて作っていて楽しかったですオムライスに使ったライス型子供達が小さな頃購入気が付けば〇十年使っていますマセドアンサラダ(野菜の角切りサラダ胡瓜・茹でたじゃがいも・人参を檸檬の絞り汁とマヨネーズで和えただけ)スナップエンドウのソテーフライパンにオリーブイルを入れて加熱茹でたスナップエンドウを入れて炒め味付けは塩胡椒)白和えすり鉢に胡麻・水切りした豆腐・からし・だし(めんつゆでも)・砂糖を混ぜて茹でたサツマイモ・水菜・海老を入れるだけ作ったものから

  • 5月最後の日 晴れました

    のびてきたので少しは手を入れなきゃと思っている鉢植え下手にいじると枯らしそうでこわくはあるけれどシルクサファイアという品種の紫陽花です植えた土で色が変わりピンク系の花になるとコットンキャンディという名前になるのだとか夜NHKで短い時間で月曜から木曜まで放送されている「カナカナ」録画していたのをまとめて観たのですが笑わせてくれる場面も多くほっこりしますやんちゃ(喧嘩に強くまっすぐな気質)青年が居酒屋していてひょんなことから遠縁の幼い娘を預かることになるその娘には人の心が読めるという力があり幼いながらに娘はその力を異端と隠している少し前にその娘を連れまわしていた狡い男が卑劣にも娘に言い込んでいるからその為に友達も作ってはいけないーと幼い娘かなかは思い込んでいる真っ直ぐな青年は幼い娘の父親になろうと奮闘娘に友達を作ろ...5月最後の日晴れました

  • ちょっとした想い出

    入力していて「余り手のー」と打ちたかったのが変換で「手」が平仮名となり「余りてのー」となったふと浮かんだのが百人一首の下の句「あまりてなどか人の恋しき」上の句が浮かばず(アホになっているーー;)検索かけて調べた(いまはー便利だ)↓浅茅生のをののしの原しのぶれどあまりてなどか人の恋しき|小倉山荘(ブランドサイト)|京都せんべいおかき専門店長岡京小倉山荘(ogurasansou.jp.net)参議等(さんぎひとし)作「浅茅生(あさぢふ)の篠原しのぶれどあまりてなどか人の恋しき」恋の歌だそうです人を思って篠竹の生える野原で風が吹きさらさらもしくはさやさやと葉の擦れる音がするこんなに寂しい場所で葉の立てる音にも我慢できず想いが募る恋しくて仕方ないのは何故だろう子供の頃父に作法を父に教わり従弟たちと取り合いをしたものです...ちょっとした想い出

  • おかずから

    おかずあり合わせ材料でよく思い付きで作っています適当にあるものを組み合わせて主人がスナップエンドウをいっぱいくれたのでスナップエンドウと人参は茹でておく縦に切った茄子をごま油で炒め別の大きめの炒め鍋に移す塩胡椒しておいた牛ばら肉を炒めスナップエンドウと人参の茹でたのを加えてさっと炒め茄子を入れている鍋に移す[牛ばらでも豚ばらでも合い挽きでも豚ミンチでもなんでも良かったりするその時家にあるもので野菜も同じく)酒・味醂・砂糖・赤味噌を混ぜたものを加えて少し煮る(赤味噌の代わりに刻んだ生姜と醤油でもその日の気分で)南瓜・えのき茸・葱の味噌汁おかずから

  • 庭から

    そろそろ薔薇も終わりなのですがまだまだ咲いてくれるコもいてディスタントドラムスと言う品種です次から次に蕾をつけて一度に複数の花が咲きます球根で植えていたダリアが咲きました紫陽花南天の花白い花と薄紅色の花があるようです春から咲き続けているキンギョソウ柘榴の蕾庭から

  • おかずから

    主人の弟さんが野菜を届けてくれた中にソラマメがあったのでソラマメご飯に味付けは出し醤油酒塩で筍の煮物は行きつけの理髪店の奥様からのいただき物♫亡き母・私・子供達とお世話になっています読売新聞の「読売Lie」の記事を真似して作ってみました鶏ささみのフリッターささみを三等分に切り塩胡椒して薄力粉・片栗粉・ベーキングパウダー・粉チーズ・刻んだ靑しそ・卵を混ぜたものをまぶして揚げるついでにパプリカも揚げて付け合わせに野良猫さんですが実に大胆不敵で大型犬三頭いる塀の中へ堂々と入ってきて・・・犬達のご飯を食べていますちょっと遠くからなので分かりにくいですが犬達が気付かないように気配を消しているのかなまあ気付かないウチの犬達が大間抜け♪♪♪なのですがおかずから

  • 浅田真央「私のおうちごはん」ORANGEPAGE

    [ネット書店限定]浅田真央私のおうちごはん(書籍未収録レシピDL特典つき)浅田真央オレンジページオレンジページにて連載された浅田真央さんが料理を作る記事が一冊の本になりましたお料理だけでなく浅田真央さんのエッセイもどの料理も「これ作ってみたい」「作れそう」「作れるかも」ーと頁をめくりながら材料を買いに行きたくなるものばかりです雑誌連載時と同じで浅田真央さんが作る様子その料理を作るコツワンポイントなどもコラムとなってあるので読んでいてとても楽しいです作りたい料理が決まったら・・・必要な品をメモして買い物に出かけたくなります浅田真央「私のおうちごはん」ORANGEPAGE

  • おかずから

    おかずを作る時料理本とかテレビ新聞記事色々なものを参考にする同じ料理でも作り方は色々違うところもあるので鮭の幽庵焼き参考にしたのはリビング姫路の記事酢水にくぐらせた鮭の切り身を醤油・レモン・味醂・おろし生姜を入れた袋で半時間ばかし放置グリルで焼いたまあ主人に届けるおかずなのだけれど鯛は煮つけで暑いのでぶっかけ素麺干椎茸は漬けておいてお出汁作って冷やして素麺に乗せる具作り干椎茸・鶏むね肉・海老を煮たの卵焼き庭で摘んできた靑しそ刻んだ胡瓜それから素麺を茹でて冷やしておくそして自分のお昼ご飯は料理の合間に焼いたパンにマーマレード塗って青汁入れた牛乳とリンゴそれでも主人に届けるおかずができるとほっとしますまた次に何を作ろうかと思いながらの日々ですおかずから

  • 自己満足

    外出する時には軽くオーデコロンを振る高価なものには手を出せないけれど香りはすぐに消えるからほぼ自己満足の為だけに近所の店で買っていた品が売り場に無くてそれでまあなんでもいいやと香り試しをしていたらそのうち分からなくなり(笑)迷っていることにも疲れてきた適当に二つ選んで買っただけど売り場を離れる私は各種コロンの匂いが混じってすごいことになっていただろうなと苦笑い翌日買ってきた品を使ってみたうん嫌いなえぐい匂いでなくて良かったなと若い頃読んだ本に「いいトシをして香りもしない」とかあって書かれていた本も忘れたのにその言葉だけが頭に残っているふわっと優しく上品な香り外出前の一瞬だけでも楽しみたい無駄遣いといえば無駄遣いではあるけれど自己満足

  • 昨日の幸せ

    宝塚歌劇団の情報が得られる月刊誌「宝塚GRAPH]「歌劇」などは行きつけの本屋さんで扱っているけれど「LeCINQ」(ル・サンク)は仕入れない時も多いそれで読みたい時にはネット注文になるまあ好きなスターさんが出ていない舞台にはほぼ興味が無いので観たかった舞台宙組「ネバーセイグッバイ」のブルーレイとル・サンク一年に一度出る「宝塚おとめ」宙組特集「ザ・タカラヅカ」まとめて届きましたブルーレイの中の♪↓スペイン内戦を扱った物語女性や子供達までもが銃を持って戦うことを選択するそれが現在のーロシアに襲い掛かられているウクライナと重なるようでーと感想を書かれているツイートやブログも多く拝見しました物語はカメラを置いて銃を取り戦うことを選択したカメラマンのジョルジュの死で終わりますが宝塚歌劇団独特の続くフィナーレが華やかで楽...昨日の幸せ

  • 庭から

    庭植えの紫陽花がちびっと色づいてきました品種によるのかまだ蕾を持っていないコもあります南天の花もこれからですそろそろ終わりの薔薇伸びてきたカンナの葉に負けそうですどうにかしなきゃ^^;咲き終わった薔薇の花や伸びすぎた枝を切る私を眺めている犬たち少し待ちくたびれている表情のラン庭の水やりのあとちょっと遊ぶのでごめんねもうちょっと待っていてね庭から

  • 寄り添ひて 風をたのしむ 涼み猫

    浴室の窓辺で入る風に吹かれる猫二匹やがて夜になると少し寂しくなったのか交替で膝の上に甘えにきました実に不思議な角度で甘えてくる麦丸瑠奈は普通に丸まる寄り添ひて風をたのしむ涼み猫

  • 入る風 猫も楽しむ 季節なり

    浴室の窓を風通しに開けていたら涼む猫の姿あり寒い間は開けた窓に寄り付きもしない瑠奈ですが猫にとっても涼しさが恋しい季節になったもようです入る風猫も楽しむ季節なり

  • 料理本から

    NHKテキスト「きょうの料理」6月号から20頁「焼きしゃぶと香り野菜のごま酢かけ」庭のしそが使えるぞと摘んできました他の材料も至って庶民的♫ちぎったレタスと靑しその上に白胡椒振り胡麻油で焼いた豚肉をのっけてごま酢(白のすり胡麻・酢・砂糖・醤油)をかけるだけ紫蘇とレタスには胡麻酢をかけて乗せるお肉は塩胡椒して薄切り玉葱と炒め味付けは株式会社マナの「とんてきのたれ」利用(素直にレシピ通りに作らない私・笑)52頁から「コロコロトーストのガスパチョ」切った野菜にトースト混ぜるだけオリーブ油とレモン汁すりおろしニンニクなどで味付けを野菜が好きな人に向き不向きのあるお味かとは思います冷蔵庫で少し冷やしてから食べたほうが味が馴染んで美味しいかと姑の家の庭の梅を主人が少しだけ届けてくれたのでシロップ煮にしましたこちらは梅を煮た...料理本から

  • 安心して少し夜更かしできる金曜日

    長男が少し遠い所でお仕事なので週に二日は4時起きの私で体を慣らそうと普段も早寝生活が続いておりますその上今日は転院後初めての眼科受診日でした長男が家を出てから庭の水撒き犬の飲み水交換ついでにおやつも少しあげて主人に届けるおかずも少し作っておいててくてく歩きで駅までそれから病院へ・・・・・・検査診察目薬を病院の敷地内の薬局でいただいて・・・・それからデパ地下の食料品売り場で少しお惣菜買って電車に乗ってまた駅から家まで荷物ぶら下げテクテク歩きで帰宅すれば午後3時過ぎ主人に届けるおかずとデパ地下で買った品も幾つか車に積んで主人が暮らす姑の家まで届けてそのついでに書店とスーパーに寄ってお買い物♫夜主人から電話があって「苺もいい色になっていたから摘んで帰れば良かったのに」ーあのね私はしんどかったのよ昨日主人から「そろそろ...安心して少し夜更かしできる金曜日

  • 作ったものから

    毎日のおかず作りに飽きると手持ち料理本眺めてこの材料あるからこれは作れるー今度これ作りたいーとかどんどん目印栞を挟んでいく家族は私が気紛れに作ったものを食べさせられる羽目になる^^;レタスクラブ4月号から34頁「新じゃがのドライカレー」新じゃがを半分に切り耐熱皿に並べ電子レンジで加熱5分フライパンにオリーブ油を入れて新じゃがの皮がこんがりするまで炒めて少し端へ寄せて豚ひき肉を入れて炒めカレー粉コーンケチャップウスターソースを加えて炒め煮そのまま食べてもいいし好みでご飯を添えてもーと本にありますオレンジページの付録本から豚こまと豆腐のとろみ煮フライパンにごま油を入れて加熱豚薄切り肉を炒めてすりおろした生姜を加えてさらに炒める醤油・味噌・砂糖で味付け木綿豆腐を加えて煮て水溶き片栗粉を加えてとろみをつける味付けで味噌...作ったものから

  • 重松清著「たんぽぽ団地のひみつ」 (新潮文庫)

    たんぽぽ団地のひみつ(新潮文庫)清,重松新潮社住人も減り老朽化し取り壊しが決まっている団地があるかつてはドラマの舞台にもなったのに子供たちがいた今は古びた団地もぴかぴかの時代があった視聴率が良くなく打ち切りになったドラマ最終回の場面も変えられたいじめられている子供いじめている子供生意気な女の子団地には様々な人が住んできた団地への郷愁ととるか団地舞台のファンタジーとして読むか物語の創り手は読者に魔法ー目くらましをかける重松清著「たんぽぽ団地のひみつ」(新潮文庫)

  • 観たモノから

    ダウト~偽りの代償~(字幕版)マイケル・ダグラス「ダウト偽りの代償」(2009年アメリカ映画)オリジナルは1956年作品邦題は「条理ある疑いの彼方に」目隠しした女性が居て質問を受けていますコーヒーの味の優劣仕切っていたのはニコラス(ジェシー・メトカーフ)見るからに胡散臭い笑顔収録を終え彼は裁判所へ先に来ていた友人のフィンリーと裁判の傍聴をニコラスは連戦連勝のハンター検事が後ろ暗いことをしているだろうとスクープ狙いその為にハンター検事の部下の検事補のエラ・クリスタル(アンバー・タンブリン)に近づきます検事補ならば自分に近づく男の思惑を疑ってもいいのに・・・・・彼女はハンター検事の扱った事件の取り調べ画像をニコラスに渡しばかりか関係も持つのです(男を見る目のない尻軽女ーと観ていて思ってしまった挨拶代わりに男と寝るん...観たモノから

  • 作ったものから

    鰆の子珍しがって買ってきて食べやすい大きさに切ってさっと湯通しそれから酒・味醂・砂糖で甘辛く煮るいつもの味付けちょっと味見を鯛の子は時々買ってきて煮るのですが鰆の子がこんなに大きなものだとは知りませんでした南瓜と小豆のいとこ煮小豆が食べたくなると作りますこれは子供のお昼ごはん安売りのステーキ肉塩胡椒して焼いてめんつゆ・わさび・味醂・砂糖を煮立てたたれに浸しバターとマヨネーズを塗った食パンにはさむ電子レンジでホットサンドが作れる「ベイクイット」にはさみ片面加熱3分ひっくり返して3分それだけですミスって画像はありませんがひき肉に卵と白玉粉を混ぜて団子にし白菜・水菜・きのこと煮ただけの鍋鰹節と昆布の出汁に酒・味醂・醤油で味付け生姜のすりろしたのをたっぷり加える作ったものから

  • 庭から

    いいお天気です気持ちよく晴れて一年中これくらいの気温だと良いのに・・・・・柑橘類も咲き始め良い匂いがしますうつぎの花もぼちぼち咲いていますもとからの木は枯れて半ば諦めていたのですが根元から新しい若い枝が伸びて蕾を持ってくれました5月といえば薔薇の季節これでもかというくらいに(笑)咲いてくれています無事に熟れてくれるかしら大きくなりかけの桃の実紫陽花品種は銀河咲きながら色が変化していくひな祭り買った時には白い花で縁が赤でした中の小さな花が咲くと今度はピンクに玄関側の鉢植えの紫陽花コンペイトウと星てまりこちらが星てまりこちらがコンペイトウのんびり転がっているラン同じくごろりのマリー庭から

ブログリーダー」を活用して、夢見さんをフォローしませんか?

ハンドル名
夢見さん
ブログタイトル
夢見るババアの雑談室
フォロー
夢見るババアの雑談室

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用