searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
木花咲耶姫様の御神示
ブログURL
https://kaminomiya.net/
ブログ紹介文
高度精神成長時代のメッセージ
ブログ村参加
2006/11/20
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、カミノミヤさんをフォローしませんか?

ハンドル名
カミノミヤさん
ブログタイトル
木花咲耶姫様の御神示
フォロー
木花咲耶姫様の御神示

カミノミヤさんの新着記事

1件〜30件

  • 創造・転位・光の洗礼

    創造人も含む生命全て、根底は同じ遺伝子なり。なれば、この世の生命は全て元一つ。神にて繋がるるなり。人は元ある物質を操作はできても生み出すことはできぬ。遺伝子も物質なれば、その大元生み出すは人間業になし。その神秘に気づかば偉大なる存在に自ずと

  • 覚醒の時

    覚醒の時これより先、人の価値観が大きく変化せんとす。これまでの常識が覆り、少しずつ人の進化が促されん。なれば、いつでも柔軟に世の中の変化に対応し、これまでの在り方に固執するなかれよ。魂を磨き、高みに登りてこの世を見つめらば、己のあるべき姿、

  • 神ながらの科学・地球はまだ若き星

    神ながらの科学この世は物質世界、三次元の世界なり。四次元なるは三次元に最も近しき次元にてあの世の始まり。三次元と四次元の境に四方の神、日の神・水の神・死の神・地の神おわし生死を司り、この世を動かされん。四次元の世界は波長合わばその世界を見る

  • 人としての進化

    人としての進化立て替え立て直しの今この時、人は器を広げねばならぬ。人を思いやり、優しく許容する大きな器へと己を育てよ。人同士が許し合い、認め合えば争いなど起こらぬ。全ての人が放つ気にて世界は創造され、知らぬ人同士も助け合い生かさるるがこの世

  • 畏れ入り奉る心・罪と罰

    畏れ入り奉る心自然の全てに神の御意図宿れり。川も海も山も谷も雨も風も地球内部に眠りし石油もガスにも全て意味ありなん。なれば、自然を穢し汚し資源をむさぼるは神への冒涜ならん。何一つ人間の創り出したる物にあらず。わが物とばかりに自然を穢すは大罪

  • カミ失い・神話

    カミ失い今この時、環境全てを見直さねばならぬ。現代にては水道もガスも電気も日常の生活にありて当然なるものなれど、便利過ぎる生活は人の本来の能力、本来の心を失わすものなり。神から与えられたる恵みは疎かにされ、人は神から遠くに離れゆく。火は浄化

  • 生き直す

    生き直す人は負に傾きやすきもの。負の気は同調し増幅しやすく、今の世は負の要素が多すぎる故、致し方なし。なれど、そを終わらせるは己自身なり。負の気発さず同調せず、正の気の循環を起こす者が立て替え立て直しを実現す。未だ人は邪気をぶつけ合い、足を

  • 異常気象

    異常気象今、地球の循環乱れ、異常気象として現象化せん。そは、人の波動の乱れの表れなり。さなれば、災害のみならず、異常なる事件事故も多発することとならん。四季による気候の変化、梅雨も台風も全ては有難き宇宙の仕組みなり。必要な時に暑くなり、寒く

  • 正しく生きよ

    正しく生きよ加護厚く生きたしと願うならば、正しくあるべけれ。世の中には理不尽な事も多きなり。さにても腐らず正しく生きるがよからん。なれど、正しさを過つなかれよ。神の正しさは如何なるや。思いを馳せ真の正しさを模索し、間違いあれば素直に反省し、

  • 日本人の誇り・これからが大事

    日本人の誇り人として生まれ出づるは奇跡なり。なれば日本人として生まるるはさらなる奇跡ならん。世界の雛形として、魂清く誠実に生きるを義務づけられし民族なり。日の元の国には順序重んずる礼節ある道徳心、素晴らしき伝統文化あり。言霊も文字も美しく、

  • 神話の真実に迫る27・28

    神話の真実に迫る・その27お話は少し前に戻ります。16才の時から長い間、ヒタカミのヤマトミヤで祖父のトヨケを師として学んでこられた天子(アメミコ)が帰還されました。フタカミをはじめ諸臣、タミは大喜びでした。お迎えするための新宮を何年もかけて

  • 来る年1

    来る年1火風水の勢い益々激しく、自然はさらに荒ぶるなり。山火事、大きな火事、工場の爆発、火山の噴火、火の勢い増し、水も、この年よりさらに強く、雨少なき季節に、梅雨の如き雨降るなり土砂崩れも増え、山の麓、崖の下に家建つものは、用心が必要ならん

  • 真の信仰

    真の信仰真の信仰過つなかれ。何事も過ぎたれば道過つなり。神仏に近づかんとするがゆえに、あまりに強き信や、一つの神、一つの宗教に傾きすぎるは己を失う元なり。真の信仰は自然なり。構えることなく、とらわるることなく、なれど決して道を外すことなく、

  • 宿命の道・清き美しき夜明けを

    宿命の道人には天から与えられし宿命ありなん。なれば、その宿命に沿いて生きるが神の意に乗る生き方なり。人には表と裏ありて魂汚さば、宿命見えず神ながらの道より離れんとす。なれば、己の裏をこそ見つめるべけれ。さにて己の欠け素直に認め、いかに生きる

  • 道を開くには

    道を開くには人は他者や環境から影響を受け生きるもの。さにて大きく運命が動くこともありなん。なれど、ただただ流され、他者の邪気も引き受ける生き方は避けねばならぬ。己の身に起きたる事を人や社会に責任転嫁したるも己の魂穢すばかりなり。人生は己の在

  • 心配り・想念の世界・言霊と地球

    心配り今、魂の浄化が望まるる時。何より他者の痛みを分かる人間となれよ。被災の苦しみ、大病の苦しみは体験者にしか真の辛さは分からぬ。なれど、決して他人事と思うなかれよ。他者の痛みを己の痛みと感じ、心を配るがよからん。己に苦しきことありとて、わ

  • 正義も行き過ぎれば悪

    正義も行き過ぎれば悪神が人に求めるは、ただただ正しくあることなり。なれど己の正義をただ貫くが正しさとは限らぬ。正義も行き過ぎれば悪となることもあり。正しさがぶつかり合いて争いになるは本末転倒なり。全ては調和。正しさにも調和が必要ならん。宇宙

  • 浄化6・7

    浄化6この地球には様々なる生命の存在あり。全ては循環の中にありて、無駄なる生命は一つも無し。なれどその中にて人は環境破壊し循環を乱す唯一の存在なり。そのツケは大きく、地球存亡の危機を呼び、人のみになく他の生命体も巻き込まんとす。今人はいかに

  • 調和を目指す

    調和を目指すこれより先、立て替え立て直しにて、全てにおいて調和のとれた世界へと変わりゆかん。不調和を正す過程にては痛みも伴うなれば、人々の覚悟も求められん。皆々が調和を目指し生きるが今必要な事なり。宇宙との調和、地球との調和、人同士の調和。

  • 【『彩万』のおいのり】お祈りを始めたきっかけ

    【『彩万』のおいのり】お祈りを始めたきっかけあるとき、お客様が経営する会社の従業員の事でご相談がありました。急に怒りだして、手がつけられなくなる事があり、社内の空気も悪くなり困っているという事でした。しかし、仕事の上では必要な人材で、それを

  • 浄化4・5

    浄化4自らを浄化するには神仏に好かるる人とならねばならぬ。神仏に好かるるには、穏やかにて芯の強き信仰心を養うべけれ。人に信仰心は必要なれど、あまりに深き偏りある信仰は目を曇らすばかりなり。神とは宇宙の意思なれば、世界の神は元一つ。いつも心に

  • 人の欠けを見るのは自分の欠点

    人の欠けを見るのは自分の欠点いつでも知性と品のある生き方を目指し、自尊心を養うべけれ。人はいつでも先人から学ぶもの。成長の近道は真似る事なり。尊敬できる人物の在り方を真似て自分のものとし、いつか自分も人の手本となれよ。人の良き所を見て吸収す

  • 浄化3

    浄化3人の感情は複雑なり。人には欲と我が与えられるなれど、そは己の負の感情と戦い、打ち克ちて、人としてさらに向上するための感情ならん。欲・我なくば人は成長もできぬ。文明の発展もまた、欲あればこそなれど、欲と我にとらわれるばかりにて成長伴わぬ

  • 全ては一つ

    全ては一つこの世に存在するもの全て、大元の神より生み出されしものなり。なれば、全てが神にて、全てが一つ。己自身も隣人も神なり。己の想いは神の想い。他者の想いも同じなり。様々な想いがこの世を創造し、今の地球がありなん。なれば、一人一人が想い正

  • 浄化1・2

    浄化1浄化とは全てのゴミ・汚物・負の感情・過剰な金銭・よざる物質を捨て去り排出し、新しき美しきものを取り入れることなり。今、地球も人も邪気強く、波動悪しきなり。なれば、排出し元に戻す作用働くは自然の摂理ならん。人は毒に汚染さるる食物、薬、健

  • 覚悟と気付き

    覚悟と気付きこの地球の抱える病は人の考え以上に重病なり。なれば、地球は再生せんと、その働き活発となり、浄化作用強く起こらんとす。神は、今この時の到来を長き時をかけ警鐘を鳴らし、人に伝え続けられん。そこにあるは神の愛ならん。人が地球の病に気づ

  • 神話の真実に迫る24・25・26

    神話の真実に迫る・その24イサナギ、イサナミをはじめ、トヨケ、すべての人の希望を一心に背負い誕生された御子はイミナをワカヒトと名付けられました。ワカヒトの外祖父である五代目、タカミムスビのイミナ、タマキネのトヨケはヒタカミの政り事の改革に取

  • 継子ワカヒトの誕生

    継子ワカヒトの誕生長年待ち望まれていた継子が誕生し、トヨケ、イザナギ、イサナミ、諸臣、民の喜びはひとしおで、ヨロトシ(バンザイ)ヨロトシ(バンザイ)の声となり、国中に広がっていきました。国中の期待を一身にあびて、誕生された天子はトヨケから、

  • 継子ワカヒトの誕生

    継子ワカヒトの誕生長年待ち望まれていた継子が誕生し、トヨケ、イザナギ、イサナミ、諸臣、民の喜びはひとしおで、ヨロトシ(バンザイ)ヨロトシ(バンザイ)の声となり、国中に広がっていきました。国中の期待を一身にあびて、誕生された天子はトヨケから、

  • 愛無き文明の果て・生かされし有り難さ

    愛無き文明の果てこの地球には、全ての生命繋ぐに必要なる物質資源、充分に与えられたり。なれど我欲にて利を求める人間は、神の御意図に反し、必要以上に物質を浪費し、土地の姿変え、毒にて汚染し穢しめる。肉体ある以上、人の命は何にも代え難い大切なもの

カテゴリー一覧
商用