searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

チカさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
美肌日記
ブログURL
http://genoafun.blog53.fc2.com/
ブログ紹介文
安心して使える化粧品について! ゼノア化粧品の美容ブログです。
更新頻度(1年)

117回 / 365日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2006/11/20

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、チカさんをフォローしませんか?

ハンドル名
チカさん
ブログタイトル
美肌日記
更新頻度
117回 / 365日(平均2.2回/週)
フォロー
美肌日記

チカさんの新着記事

1件〜30件

  • 美は食にあり!

    私たちの体の構造は簡単に説明するとパイプ構造になっていて、外側の皮と内側の皮があります。 外皮とは肌、つまり皮膚のことで身体の保護・体温の調節などのはたらきをしています。 内皮は喉から胃腸をへて肛門にいたる消化吸収の働きをする機構で、すべての生物に共通している生命の維持になくてはならない機構なのです。 肌を健康的に保つには、身体の内側からしっかりと栄養を吸収する方が効果的なのです。 クリームや化粧...

  • シワは何故消える!!

    巷には様々な化粧品が溢れかえっていますよね。美白化粧品とかしわに効く化粧品とか、お悩み別になっているものが多いですよね。 このような化粧品の乱用は肌への負担が大きく、一時しのぎにしかなりません。 医療でいえば対症療法と考え方は同じです。 まず最初に“界面活性剤”とは、水と油のように混ざらないものの「界面」にはたらき、二つを馴染ませることができる物質のことを指します。 水と油をコップに入れると、混ざり...

  • 子供の肌を考える

    美しい肌の代名詞に「赤ちゃんのような肌」という表現があります。 確かに赤ちゃんの肌って、柔らかくてマシュマロみたいですね。 思わず触りたくなってしまいますよね。 代謝が盛んな赤ちゃんや子供は乾燥知らず!! と思いがちですが、実は赤ちゃんや子供はどちらかといえば乾燥しやすく、敏感肌に似ているともいえます。 赤ちゃんや子供の肌はとっても角質層が弱いのです。 弱いと言うより、非常に薄いと言ったほうが良い...

  • 肌のキレイさはは角質層で決まる!

    私達が見ているお肌とは、いわゆる「角質層」と言われ、一番重要と言っても過言ではない部分です。 お肌の表面では、皮脂膜(天然のクリーム)が水分の蒸発を防いで 、みずみずしいお肌を保つ事につながっているのです。 角質層は、皮膚の最上層にあって、その厚みは0.02ミリほどしかない層なのですが、肌を保湿して保護するという肌のバリア機能の大切な役割を担っています。 その角質層で水分を保つために重要なはたらき...

  • pHバランスってどういう意味?

    気温がグングン上がりそろそろ洗顔料やボディーソープなどのスキンケア商品が活躍する季節になりますね。 最近では、“お肌にやさしい弱酸性”とうたわれているスキンケア商品もすっかりおなじみになりました。 「お肌にやさしい・・・」というキャッチフレーズで販売される弱酸性商品ですが、なぜお肌に優しいのしょうか・・・と問われると、答えられない方が多いのでは?  それは一言で言うと、私達の肌は健康な状態のpH(ペーハー...

  • 化粧品の成分「鉱物油」の安全性

    「鉱物油」と書くと肌に悪そうなイメージですが、その一方「ミネラルオイル」と書くと何だか肌に良さそうなイメージですよね。 じつは「鉱物油」も「ミネラルオイル」も同じものなのです。 「鉱物油」とは石油を分留・精製した油のことをいい、代表的なものに皮膚科でよく処方されるワセリンやベビーオイルに使われている油として有名ですね。 鉱物油を使用している化粧品を使用することで、お肌が「油焼けやシミになってしまう...

  • 「浸透」する化粧水!?

    化粧品の広告なんかで、よく目にする文言!『ぐんぐん浸透する!』とか『肌にしみこむ~』とか書かれていますよね。 確かに化粧水の多くは肌に乗せた時にスッと染みこんで肌にうるおいをもたらしてくれます。 けど皆さん、知っていましたか? 肌に塗ってる化粧水やクリーム、いわゆる基礎化粧品は角質層までしか浸透出来ません。 何故ならそれは、薬機法(旧 薬事法)で、化粧品は角質層までね!と決められているからなんです...

  • 40代の肌をきれいにする方法

    40代のお肌は、皮脂の分泌が衰え保湿機能が徐々に低下し乾燥が進みやすくなります。 シミ・しわなどといったお肌の老化が急に目立ちはじめる年代です。 皆さんアラフォーになっても若い頃と同じスキンケアをしてはいませんか? 一般的に40代は新陳代謝(ターンオーバー)の機能も、より衰えるので角質が厚くなりがちです。 お肌のクスミが、今まで以上気になり始めるのもこの年代からだといえます。 いつまでも若々しい...

  • 30代の肌はスキンケアで決まる!

    30代になってお肌が変わった…と感じることはありませんか? 30代はお肌の分岐点とも言われ、この時期から肌年齢と実年齢の差がだんだん広がっていきます。 特に30代は、20代後半の頃よりもぐっと水分量が減りTゾーンとUゾーンの肌状態に大きく差が出る時期ともいわれています。 新陳代謝が衰え老廃物の排出が滞りがちになるため、お肌の衰えが肌表面に現れ始めます。 肌の抵抗力も徐々に弱くなり、肌質の変化も著しいのが3...

  • 20代女子に向けて

    20代のお肌は10代の頃とは違うお肌の悩みにも直面ことが多くなり、一般的に、肌荒れや乾燥肌で悩む年齢といわれています。 「25歳はお肌の曲がり角」と言われるぐらい10代や20代前半とは違い、肌の機能や新陳代謝のスピードが低下し始める年齢ともいえます。 今はまだ実感がないからと言ってスキンケアを怠っていると、5年後・10年後の素肌に影響して後悔することに! 20代の素肌をそのまま維持できればすばらしいこ...

  • 10代だって油断大敵!

    中学生までは自分の肌についてあまり意識しなかった方でも、高校生になってお肌に関心を持つようになった人は少なくないですよね。 お肌をきれいに保つため、不可欠なのは毎日のスキンケアです。 そこで、20代を迎える前に身に着けておきたいのが、正しいスキンケア方法。 若いからと言ってスキンケアをお座なりにしていてはいけません。 今のうちにしっかりと肌の基盤を作っておけば、歳を重ねてもキレイな肌をキープできます...

  • 石鹸シャンプーを使いこなすアイテム

    「石鹸シャンプーが頭皮に安全とは判っているけれど、どうも洗いにくくて・・・」と、石鹸シャンプー使うことをためらっているかたは多くいらっしゃるのではないでしょうか この悩みを解決するため、ゼノアは「コールドローション」を考案しました 使い方は、洗顔法の場合の「無水型コールドクリーム」と同じで簡単です。 1「コールドローション」を頭皮にすりこんで、蒸しタ オルで10分ぐらい蒸します。 2.シャンプ...

  • 現在の自分の肌

    今日の横浜は良い天気! と言うより暑いぐらいですね💦 5月は私的にはとても快適な季節ですが、素肌にとってこの時期は乾燥の影響をとても受けやすい季節でもあるのです。 現在の自分の肌を確認してみることも大切なことですね。 石けんでの洗顔後何もつけない状態で乾いた肌が、まさしく今現在の自分の肌の状態です。 さほど乾燥が気にならないのならば、お肌が自然に潤っている証拠です。 もしツッパリ感がいつまでも...

  • 化粧品を選ぶ際に気を付ける事

    【ゼノア化粧品】の想い 化粧品の良し悪しは10年~30年 (長期間) 使用してお肌が健康であるかどうかにあるとゼノアは考えております。 女性は、基礎化粧品やメイク化粧品を長い間使い続けるので、化粧品を単にイメージや使用感だけで選んではいけません 化粧品を選ぶ際には肌の未来のことも考えて配合成分にまで拘る事も大切です。 薬事法によると、化粧品とは本来「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又...

  • コロナ禍を生き抜く!

    早いもので今年ももう4月も終わり。 大体の方は昨日からGWに入られた方も多いのではないでしょうか。 今年は平日3日間を休むとなんと11連休となるゴールデンウィーク(GW)! 長いですよね・・・ 大都市を中心に「まん延防止等重点措置」が出され、旅行延期の呼びかけがなされる中で、皆さんはどのように過ごす予定ですか。 今年はコロナ ウィルスの影響で予定がない、という人も多いと思います。 自分が感染するリスク...

  • 日焼け止めクリームの種類

    UVカット化粧品には、大きく分けて2種類あることはご存知ですか? それは、紫外線散乱剤配合のものと、紫外線吸収剤配合のものです。  チョッとお話がかたくなってしまいそうですが、聞いてくださいね。 紫外線散乱剤は、その名の通り肌の表面で紫外線を反射・散乱させ、紫外線をブロックするものです。「酸化チタン」や「酸化亜鉛」などの天然顔料がお肌に当たる前に紫外線を跳ね返すものなので、お肌への負担は少ない...

  • 日々のメイクで肌は疲れています!

    肌は、一日のメイクの汚れなどでとっても疲れています。特に春は、花粉やホコリがお肌について汚れやすくなり、肌にとってはとてもストレスに感じられる季節です。 疲れたときは早く寝巻きに着替え、お布団で眠りたいと思いますよね。 あまりに疲れて服のまま寝てしまったときは、何だかグッスリとは眠れず、逆に体がとても疲れてしまっているように感じられます。 薄着(寝巻き)になるということは、体がリラックスをすること...

  • 界面活性剤と合成界面活性剤

    一般的に私たちが毎日使っている化粧品には、化学成分である合成界面活性剤、タール系色素や香料、・・・などがたくさん使われているのをご存知ですか? そのよう化粧品を長い間肌に塗り続けていると、肌バリアが崩れそれによってシミができたり、肌は水分がたもてなくなり乾燥肌に傾きトラブルの原因につながってしまいます。 化粧品の成分の中最もお肌によくないといわれているのが合成界面活性剤です。 界面活性剤とは、本来...

  • 化粧品の原料

    化粧品にとってその使用感は、化粧品を選ぶ時にとても重要視されることです。 しかしそればかりにこだわっていると、本当の意味での化粧品の良し悪しがわからなくなってしまうのではないでしょうか。 特に柔らかくてさっぱりとしたクリームは、使い心地がとても気持ちいいですね。 このようなクリームの原材料はいったいなんでしょう・・・ 皆さんは考えたことがありますでしょうか このクリームの原料として使用されるも...

  • 化粧品は肌を治す薬ではありません!

    最初に一言。『美容』について、化粧品にすべてを求めるのは間違いです。 健康な肌を手に入れるためには外側からのケアだけでなく、生活習慣を改善した内側からのケアを行うことが重要になります。 乱れた食生活のなかで、肌のニキビや吹き出物を治そうと高価な化粧品を使用しても効果は無いものです。 化粧品に頼る前に、ちょっと、チェックしてみてください。 先ず生活は、規則正しいですか? 寝不足、運動不足ではありませ...

  • 合成ポリマーを含まないファンデーション

    汗をかいても化粧崩れしにくく、メイクも長持ち‼ とゼノア化粧品をお使いのお客様にも評判の良い日焼け止めファンデーション。 更に皮膚の環境まで守ってくれるのでとても安心して使うことができますね(*^_^*) ゼノアのサンスクリーンファンデーションは、紫外線を散乱・反射・分散させ肌を保護する顔料を主成分とした、日焼け止め用のメイクアップベースです。 それにオールシーズン使用出来るという点でもお得ですね。 ...

  • バリア機能を高めてマスク荒れ無縁な肌へ

    昨日と今日は雨のせいか結構寒いですね! 雨が降るとさらに温度差が激しいので、風邪を召されませんよう皆さま気をつけ下さいね。 ところで去年から新型コロナウイルス感染の流行を機にマスクをつけることが習慣化。 一方、マスクによる「バリア機能」の低下で肌荒れや肌ダメージを感じる方が増えています。 そもそも皮膚のバリア機能とは、化学物質や細菌・ダニ・ハウスダストなどのアレルゲンや異物が体内に侵入しないように...

  • コールドクリームが刺激に

    今でも幅広い年齢層の人たちに愛されているコールドクリーム。 コールドクリームは、クレンジング類の中でも肌に負担の少ない化粧品と言われています。 それはコールドクリームは油を主体としてつくられているからです。 しかし中には負担の少ない低刺激なコールドクリームを使用していても肌トラブルを起こしてしまう方がいらっしゃいます。 どうしてそのようなことが起きてしまうのでしょうか・・・ そもそも油を主体として...

  • オールインワンゲル

    様々なメーカーで売り出されている、愛用者続出のオールインワンゲル。 オールインワンゲルの成分は、主に水、合成ポリマー、合成界面活性剤、防腐剤。 そして、ゲル状のトローン感を出す成分が”合成ポリマー”。、または合成樹脂と呼ばれるものです。 オールインワンゲルに表示されている代表的な成分として 「アクリル酸アルキル~」・「~コポリマー」・「~クロスポリマー」・「~メチコン」・「~ジメチコン」・「トリメチ...

カテゴリー一覧
商用